2022-04

スポンサーリンク
2022年製作

映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」

映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」映画『ホリック xxxHOLiC』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ホリック xxxHOLiC』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ホリック xxxHOLiC』の作品情報・概要 『ホリック xxxHOLiC』2022年の日本映画。創作集団「CLAMP」の大ヒットコミック「xxxHOLiC」を、「Diner ダイナー」「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督が実写映画化。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が見えてしまう男子高校生・四月一日君尋(ワタヌキ・キミヒロ)を主軸に展開。神木隆之介(映画『ノイズ』や映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』や映画『君の名は。』)、柴咲コウ(映画『燃えよ剣』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』や映画『クルエラ』)、松村北斗、玉城ティナ(映画『竜とそばかすの姫』や映画『Diner ダイナー』)、趣里(映画『空白』や映画『生きてるだけで、愛。』)、DAOKO、シモトーラ世理奈、西野七瀬(映画『あなたの番です 劇場版』や映画『孤狼の血 LEVEL2』)、大原櫻子(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』)、てんちむ、橋本愛、磯村勇斗(映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、吉岡里帆(映画『見えない目撃者』や映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)らが出演。
2022.05.16
アニメーション

映画『崖の上のポニョ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿原作・脚本・監督作品」感想「人間になりたいポニョ」結末「声優は神月柚莉愛(奈良柚莉愛)」

映画『崖の上のポニョ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿原作・脚本・監督作品」感想「人間になりたいポニョ」結末「声優は神月柚莉愛(奈良柚莉愛)」映画『崖の上のポニョ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『崖の上のポニョ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『崖の上のポニョ』の作品情報・概要『崖の上のポニョ』英題『Ponyo』スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。宮崎駿原作・脚本・監督作品。海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳の少年・宗介の物語。声優は奈良柚莉愛、土井洋輝、山口智子、長嶋一茂、天海祐希(映画『カイジ 人生逆転ゲーム』や映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『ザ・マジックアワー』)、所ジョージ(映画『トイ・ストーリー3』)、柊瑠美(映画『千と千尋の神隠し』や映画『コクリコ坂から』や映画『劇場版 アーヤと魔女』)、矢野顕子、吉行和子(映画『小さいおうち』や映画『あいつと私(1961)』)、奈良岡朋子(映画『ふりむけば愛』や映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『ホタル』)、左時枝(映画『大コメ騒動』)、竹口安芸子、山本与志恵らが担当。
2022.05.11
LGBT映画

映画『人生はビギナーズ』ネタバレ・あらすじ「悩むユアン・マクレガー」感想「マイク・ミルズ監督」結末「オスカー獲得!クリストファー・プラマー 」

映画『人生はビギナーズ』ネタバレ・あらすじ「悩むユアン・マクレガー」感想「マイク・ミルズ監督」結末「オスカー獲得!クリストファー・プラマー 」映画『人生はビギナーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『人生はビギナーズ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『人生はビギナーズ』の作品情報・概要 『人生はビギナーズ』原題『Beginners』2010年に製作されたマイク・ミルズ監督・脚本作品。アメリカ合衆国の映画。ユアン・マクレガー主演(映画『ドクター・スリープ』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)。クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ビシュニックらが出演。クリストファー・プラマーは第84回 アカデミー賞(2012年)に於いて、助演男優賞獲得。38歳のイラストレーターが母の死と余命わずかな父のカミングアウト「ゲイである」と聞いて、自らの人生を歩き出す物語。
2022.05.11
いじめ・陰湿映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ネタバレ・あらすじ「邦画アニメの歴史が変わった」感想「庵野秀明総監督降臨」結末「碇シンジ・緒方恵美 」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ネタバレ・あらすじ「邦画アニメの歴史が変わった」感想「庵野秀明総監督降臨」結末「碇シンジ・緒方恵美 」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の作品情報・概要『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.)2007年9月1日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督・脚本を務める。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第1作にあたる。スタジオカラー設立第1回作品でもある。 画コンテは樋口真嗣が担当。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『SING シング ネクストステージ』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、三石琴乃、山口由里子、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』や映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人(映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』)、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子、麦人、西村知道、宇垣秀成、中博史、丸山詠二、大原さやか(『君の名は。』)、永野広一 らが担当。
アニメーション

映画『魔女の宅急便(1989)』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督」感想「荒井由実(ユーミン)楽曲」結末「クロネコヤマト業績アップ」

映画『魔女の宅急便(1989)』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督」感想「荒井由実(ユーミン)楽曲」結末「クロネコヤマト運輸業績アップ」映画『魔女の宅急便(1989)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『魔女の宅急便(1989)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『魔女の宅急便(1989)』の作品情報・概要『魔女の宅急便』英題『Kiki’s Delivery Service』スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品。スタジオジブリにおける宮崎駿監督の長編映画としては初の、他者の原作による作品である。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。略称は「魔女宅」(まじょたく)原作は角野栄子の児童文学『魔女の宅急便』ヤマト運輸がスポンサーとなっている。声優は高山みなみ(映画『耳をすませば(1995)』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、佐久間レイ、信沢三恵子、戸田恵子(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ザ・マジックアワー』や映画『トイ・ストーリー4』)、山口勝平、関弘子(映画『紅の豚』や映画『太陽の季節』)、三浦浩一、加藤治子(映画『ハウルの動く城』や映画『霧の旗(1977)』)、斉藤昌、土井美加、浅井淑子らが担当している。
2022.04.27
2022年製作

映画『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」

映画『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」映画『マリー・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリー・ミー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マリー・ミー』の作品情報・概要『マリー・ミー』原題『Marry Me』アメリカ合衆国製作のロマンティック・コメディ映画。カット・コイロ監督作品。ジェニファー・ロペス製作・主演(映画『ハスラーズ』)。オーウェン・ウィルソン(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『ミッドナイト・イン・パリ』)、マルーマ(映画『ミラベルと魔法だらけの家』)、ジョン・ブラッドリー、サラ・シルバーマン、クロエ・コールマン(映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』)、サミシェル・ブトー、カリル・ミドルトン、カット・カニング、ウトカルシュ・アンブドゥカルらが出演。
2021年製作

映画『ハッチング 孵化』ネタバレ・あらすじ「ハンナ・ベルイホルム監督の感性」感想「北欧ホラーを牽引」結末「ドッペルゲンガー映画」

映画『ハッチング 孵化』ネタバレ・あらすじ「ハンナ・ベルイホルム監督の感性」感想「北欧ホラーを牽引」結末「ドッペルゲンガー映画」映画『ハッチング 孵化』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハッチング 孵化』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハッチング 孵化』の作品情報・概要『ハッチング 孵化』原題『Pahanhautoja』フィンランド製作のホラー映画。ハンナ・ベルイホルム監督作品。母親の愛を渇望し、困惑する少女の自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種である「ドッペルゲンガー(自己像幻視)」映画。シーリ・ソラリンナ、ソフィア・ヘイッキラ、ヤニ・ボラネン、レイノ・ノルディンらが出演。北欧ホラーというジャンルを開拓した。
2021年製作

映画『カモン カモン』ネタバレ・あらすじ「ホアキン・フェニックス」感想「マイク・ミルズ監督の演出冴える」結末「子どもは社会の鏡」

映画『カモン カモン』ネタバレ・あらすじ「ホアキン・フェニックス」感想「マイク・ミルズ監督の演出冴える」結末「子どもは社会の鏡」映画『カモン カモン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カモン カモン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『カモン カモン』の作品情報・概要『カモン カモン』原題『C’mon C’mon』2021年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。マイク・ミルズ監督作品。主演は第92回アカデミー賞主演男優賞受賞のホアキン・フェニックス(映画『ジョーカー』や映画『ドント・ウォーリー』や映画『ゴールデン・リバー』)。ウッディ・ノーマン、ギャビー・ホフマン(映画『めぐり逢えたら』)、スクート・マクネイリー(映画『ストレイ・ドッグ』)、モリー・ウェブスター、ジャブーキー・ヤング=ホワイトらが出演。
2022.04.27
2021年製作

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』ネタバレ·あらすじ「高山みなみ最高!」感想「コナンがいるから事件が起きる?」結末「金ロー視聴率は?」

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』ネタバレ·あらすじ「高山みなみ最高!」感想「コナンがいるから事件が起きる?」結末「金ロー視聴率は?」映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』のあらすじ·ネタバレ·解説·感想·評価から作品概要·キャスト·予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』公式サイト·IMDbサイト· Rotten Tomatoesサイトにて作品情報·キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の作品情報·概要『名探偵コナン 緋色の弾丸』2021年4月16日公開のアニメ映画。青山剛昌の人気コミックをアニメ化した大ヒットシリーズ「名探偵コナン」の劇場版24作目。キャッチコピーは「一家(ファミリー)、集結──」「引き裂かれた運命――― いま〈世界〉が動き出す」「この真相、最高機密(トップシークレット)」。高山みなみ(映画『耳をすませば(1995)』)、山崎和佳奈(映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、小山力也(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、池田秀一、緒方賢一、岩居由希子、高木渉、大谷育江(映画『となりのトトロ』)、林原めぐみ(映画『SING シング ネクストステージ』)、浜辺美波(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』や映画『君の膵臓をたべたい(2017)』や映画『アルキメデスの大戦』)らが出演。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン綺麗になった」感想「ダニエル・ラドクリフはもう大人」結末「J・K・ローリングの印税が気になる」

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン綺麗になった」感想「ダニエル・ラドクリフはもう大人」結末「J・K・ローリングの印税が気になる」映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』原題『Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 2』デビッド・イェーツ監督作品。J・K・ローリングによる世界的ベストセラーシリーズを映画化した最終章2部作の完結編。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』や映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』) ルパート・グリント(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』や映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』) エマ・ワトソン(映画『チャーリーとチョコレート工場』) レイフ・ファインズ(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『オフィシャル・シークレット』や映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』) マイケル・ガンボン(映画『ジュディ 虹の彼方に』) マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』) アラン・リックマン ロビー・コルトレーン ヘレナ・ボナム・カーター ボニー・ライトらが出演。
2022年製作

映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』ネタバレ・あらすじ「BUMP OF CHICKEN主題歌」感想「渋谷大パニック?」結末「コナンに最強の敵あらわる」

映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』ネタバレ・あらすじ「BUMP OF CHICKEN主題歌」感想「渋谷大パニック?」結末「コナンに最強の敵あらわる」映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の作品情報・概要『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』2022年4月15日公開のアニメ映画。満仲勧監督作品。青山剛昌原作の大ヒット映画『名探偵コナン』シリーズ劇場版25作目にあたる。キャッチコピーは「永遠の愛、誓ってもいいよね?」「真実を守り抜け─ 火が灯された運命のスクランブル!!」
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン可愛い」感想「J・K・ローリングの印税が気になる」結末「ダニエル・ラドクリフ成長」

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン可愛い」感想「J・K・ローリングの印税が気になる」結末「ダニエル・ラドクリフ成長」映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』原題『Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1』J・K・ローリングの児童小説を映画化した大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」の最終章前編。ヴォルデモートの復活により魔法界に暗雲がたちこめるなか、打倒のカギとなる“分霊箱”を探す旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニーたちの成長を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、レイフ・ファインズ(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『オフィシャル・シークレット』)、マイケル・ガンボン(映画『ジュディ 虹の彼方に』や『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、ヘレナ・ボナム・カーター、ボニー・ライト、ジェームズ・フェルプス、オリバー・フェルプスらが出演。
2022.04.19
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』の作品情報・概要 『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』多田俊介監督作品。過去にアニメ化もされた田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第2章。
2022年製作

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ネタバレ・あらすじ「マッツ・ミケルセン絶賛演技!」感想「ジュード・ロウの存在感」結末「J・K・ローリング才能に驚愕!」

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ネタバレ・あらすじ「マッツ・ミケルセン絶賛演技!」感想「ジュード・ロウの存在感」結末「J・K・ローリング才能に驚愕!」 映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の作品情報・概要 『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 原題『Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore』2022年のファンタジー映画。「ファンタスティック・ビースト」シリーズの3作目。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年)の続編。J・K・ローリング原作。デヴィッド・イェーツが監督作品。ローリングとスティーヴ・クローヴスが脚本。エディ・レッドメイン(映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』や映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)、ジュード・ロウ(映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ポップスター』)、マッツ・ミケルセン(映画『アナザーラウンド』)、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、ジェシカ・ウィリアムズ、カラム・ターナー、ビクトリア・イエイツ、ウィリアム・ナディラム、キャサリン・ウォーターストン(映画『mid90s ミッドナインティーズ』)らが出演。
2022.04.19
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフ成長している」感想「エマ・ワトソン可愛い」結末「J・K・ローリング印税は?」

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフ成長している」感想「エマ・ワトソン可愛い」結末「J・K・ローリング印税は?」映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと謎のプリンス』原題『 Harry Potter and the Half-Blood Prince』イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが2005年に発表した、ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第6巻を2009年に映画化された。ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となった魔法使いのハリー・ポッターが、史上最悪の魔法使いヴォルデモートとの対決に備え、ヴォルデモートの過去と弱点に迫る一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、マイケル・ガンボン、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、ジム・ブロードベント、トム・フェルトン、ボニー・ライト、イバナ・リンチ、デビッド・シューリス(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ナタリア・テナ、ヘレナ・ボナム・カーター(映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
2022.04.18
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ・あらすじ「アルフォンソ・キュアロン監督作品」感想「エマ・ワトソン可愛い」「J・K・ローリング印税は?」結末。

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ・あらすじ「アルフォンソ・キュアロン監督作品」感想「エマ・ワトソン可愛い」「J・K・ローリング印税は?」結末。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の作品情報・概要『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』原題『Harry Potter and the Prisoner of Azkaban』J・K・ローリングが1999年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの第3巻を映画化。ホグワーツ魔法魔術学校の3年生となったハリー・ポッターが、魔法牢獄アズカバンから脱走した囚人の騒動を通じて、両親の死にまつわる真相を知らされる1年間を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、デビッド・シューリス ティモシー・スポール、エマ・トンプソン、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッド、リー
トム・フェルトンらが出演。
2022.04.18
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末 映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと秘密の部屋』原題『Harry Potter and the Chamber of Secrets』イギリスの作家、J・K・ローリングが1998年に発表した、ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第二弾の映画化。ホグワーツ魔法魔術学校の2年生となったハリー・ポッターが、親友とともにホグワーツ城で起こった「秘密の部屋」事件を解決するまでの1年間を描く。J・K・ローリングの世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズ映画化第2作。
2022.04.18
アクション映画

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと賢者の石』原題『Harry Potter and the Philosopher's Stone』イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが生活保護を受けながら1997年に発表した、子供向けファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第1巻。同年のカーネギー賞佳作(commended)に選出。その他、数々の賞を受賞。2001年には映画化された。誰もが幼い頃、「魔法使いに憧れた」ことをファンタジー映画として描き世界中の子どもたちと熱狂させた。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』や映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、リチャード・ハリス(映画『許されざる者(1992)』)、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、イアン・ハート(映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、ゾー・ワナメイカー、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッドリーらが出演。
2022.04.18
2018年製作

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ネタバレ「豪華俳優共演ジョニデも」あらすじ「ハリポタ金ロー」感想「J・K・ローリング脚本」結末

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ネタバレ「豪華俳優共演ジョニデも」あらすじ「ハリポタ金ロー」感想「J・K・ローリング脚本」結末映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の作品情報・概要『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』原題『Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald』2018年のファンタジー映画。「ファンタスティック・ビースト」シリーズの2作目。「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当「魔法ワールド」フランチャイズの10作目の作品。舞台はイギリスとフランス。エディ・レッドメイン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)、キャサリン・ウォーターストン(映画『mid90s ミッドナインティーズ』)、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラビッツ(映画『THE BATMAN ザ・バットマン』)、
カラム・ターナー、カルメン・イジョゴ(『イット・カムズ・アット・ナイト』)、クローディア・キム(映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ウィリアム・ナディラム、ケビン・ガスリー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ(映画『グッバイ、リチャード!』や映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
2022.04.18
2021年製作

映画『英雄の証明』ネタバレ・あらすじ「犯罪者から英雄へ」感想「SNSの恐怖」結末「イラン映画の巨匠アスガー・ファルハディ」

映画『英雄の証明』ネタバレ・あらすじ「犯罪者から英雄へ」感想「SNSの恐怖」結末「イラン映画の巨匠アスガー・ファルハディ」 映画『英雄の証明』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『英雄の証明』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『英雄の証明』の作品情報・概要 『英雄の証明』原題『A Hero』原題・ペルシア語『 قهرمان』イランのドラマ映画。アスガル・ファルハーディー監督・脚本作品(映画『誰もがそれを知っている』)。出演はアミール・ジャディディ、サハル・ゴルデュースト、モーセン・タナバンデなど。2021年7月に第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、グランプリを獲得。第94回アカデミー賞国際長編映画賞にイラン代表作として出品された。SNSやメディアの歪んだ正義と不条理によって、人生を根底から揺るがす事態に巻き込まれていく男の姿を描く。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました