香港映画

スポンサーリンク
2020年製作

映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』ネタバレ・あらすじ「谷垣健治監督を応援したい」感想「中国人はすごい!」結末

映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』ネタバレ・あらすじ「谷垣健治監督を応援したい」感想「中国人はすごい!」結末映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』の作品情報・概要『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』原題『肥龍過江 Enter the Fat Dragon』は2020年香港製作のアクションコメディ映画。主演は『イップ・マン『』シリーズや『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』で活躍するア世界的なアクション俳優のドニー・イェン。監督は日本を代表するアクション監督の谷垣健治。熱血刑事が婚約者に捨てられ、仕事も左遷され、自暴自棄の末に激太り。ひょんなんことから日本人の犯罪者を移送して名誉挽回を試みる。映画『カツベン!』の竹中直人、映画『ホテルローヤル』の丞威、映画『望み』の渡辺哲、映画『事故物件 恐い間取り』のバービーらが出演。初代デブゴンのサモ・ハン・キンポーに敬意を払っている。
2021.02.17
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました