恐竜映画

地球に実在した巨大生物である恐竜を主軸に描いた映画の紹介。

スポンサーリンク
2022年製作

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」映画『死刑にいたる病』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『死刑にいたる病』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『死刑にいたる病』の作品情報・概要『死刑にいたる病』白石和彌監督作品(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『凪待ち』)。櫛木理宇による長編サスペンス小説を映画化。連続殺人鬼である榛村大和から手紙を受け取った大学生の筧井雅也。彼から「罪は認める。しかし最後の1件だけは冤罪だ。最後の1件を誰が行ったかを調べてほしい」と依頼を受けて奔走する。DV・虐待、養護施設問題、さらに死刑制度へ是非についても提起している。サイコキラーがいかにして人の心をコントロールして描写が良い。主演の阿部サダヲ(映画『MOTHER マザー』)の怪演が背筋を寒くさせる。岡田健史(映画『望み』や映画『そして、バトンは渡された』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、岩田剛典(映画『空に住む』や映画『ウェディング・ハイ』)、宮崎優(映画『うみべの女の子』)、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト(映画『あの頃。』)、吉澤健(『麻雀放浪記2020』)、音尾琢真、岩井志麻子、コージ・トクダ、中山美穂(映画『ラストレター』)らが出演。
2022.05.16
アニメーション

映画『耳をすませば(1995)』ネタバレ・あらすじ「近藤喜文監督」感想「柊あおい原作」結末「何かを作る」少年少女の青春劇

映画『耳をすませば(1995)』ネタバレ・あらすじ「近藤喜文監督」感想「柊あおい原作」結末「何かを作る」少年少女の青春劇 映画『耳をすませば(1995)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『耳をすませば(1995)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『耳をすませば(1995)』の作品情報・概要 『耳をすませば』英題『Whisper of the Heart』近藤喜文監督作品。1995年にスタジオジブリが制作したアニメーション映画作品。オリジナルは柊あおいの漫画作品。『りぼん』1989年8月号 から11月号にて連載された。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました