2022年製作

2022年製作の映画の紹介です

スポンサーリンク
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の作品情報・概要映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』は田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作により新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のフォースシーズン「策謀」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)、22年のサードシーズン「激突」(第25~36話)に続く物語で、フォースシーズン全12話(第37~48話)を3章に分けて上映するうちの第1章。宮野真守(映画『ミニオンズ フィーバー』や映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』や映画『竜とそばかすの姫』)、鈴村健一(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』や映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、梶裕貴(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』や映画『ONE PIECE FILM RED』や映画『天気の子』)、諏訪部順一(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』)、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、坂本真綾、花澤香菜、手塚秀彰、野島健児、小原雅人、岩崎征実、大塚芳忠、園江治、石川界人、山路和弘、三宅健太、丹沢晃之、鈴木達央、安元洋貴、上村祐翔らが声優。
2022年製作

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」映画『沈黙のパレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『沈黙のパレード』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『沈黙のパレード』の作品情報・概要『沈黙のパレード』東野圭吾の推理小説を映画化。西谷弘監督作品(映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』や映画『マチネの終わりに』)。福山雅治(映画『ラストレター』や映画『三度目の殺人』や映画『万引き家族』)、柴咲コウ(映画『燃えよ剣』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、北村一輝(映画『ヘルドッグス』)、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、岡山天音(映画『キングダム2 遥かなる大地へ』や映画『ホテルローヤル』や 映画『新聞記者』)、川床明日香、出口夏希、村上淳(映画『うみべの女の子』や映画『ある船頭の話』)、吉田羊、檀れい(映画『奥様は、取り扱い注意』)、椎名桔平らが出演。  
2022年製作

映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」

映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」映画『ヘルドッグス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヘルドッグス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヘルドッグス』の作品情報・概要『ヘルドッグス』原田眞人監督作品。深町秋生による小説を映画化。岡田准一(映画『燃えよ剣』や映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』)、坂口健太郎(映画『余命10年』や映画『海街diary』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)、松岡茉優(映画『万引き家族』や映画『蜜蜂と遠雷』)、MIYAVI、北村一輝、大竹しのぶ(映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『借りぐらしのアリエッティ』)、金田哲、木竜麻生、中島亜梨沙、杏子、大場泰正、吉原光夫、尾上右近、田中美央、村上淳、酒向芳、赤間麻里子、吉田壮辰、小柳アヤカらが出演。
2022年製作

映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」

映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブレット・トレイン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブレット・トレイン』の作品情報・概要 『ブレット・トレイン』原題『Bullet Train』は2022年公開のアメリカ合衆国のアクション・コメディ・スリラー映画。デヴィッド・リーチ監督作品。主演はブラッド・ピット(映画『ザ·ロストシティ』や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『アド・アストラ』)。ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(映画『エターナルズ』や映画『ジョーカー』)、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン(映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)、バッド・バニー、ザジー・ビーツ、ローガン・ラーマン、福原かれん 、サンドラ・ブロックらが出演。原作は伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』  
2022年製作

映画『HiGH&LOW THE WORST X』ネタバレ・あらすじ「川村壱馬vs吉野北人vs佐藤流司」感想「若手俳優大活躍」結末「パンフレットが欲しい」

映画『HiGH&LOW THE WORST X』ネタバレ・あらすじ「川村壱馬vs吉野北人vs佐藤流司」感想「若手俳優大活躍」結末「パンフレットが欲しい」映画『HiGH&LOW THE WORST X』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『HiGH&LOW THE WORST X』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『HiGH&LOW THE WORST X』の作品情報・概要 『HiGH&LOW THE WORST X』平沼紀久監督作品。高橋ヒロシ原作による不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」のクロスオーバー作品「HiGH&LOW THE WORST」の続編。川村壱馬、吉野北人、佐藤流司、神尾楓珠、福山康平、龍、鈴木昂秀 、うえきやサトシ、中島健、森崎ウィン、前田公輝 、中本悠太、三山凌輝、永沼伊久也、比嘉涼樹、藤原樹、岡宏明、長谷川慎 、陣、今村謙斗、志尊淳らが出演。
2022年製作

映画『NOPE ノープ』ネタバレ・あらすじ「ジョーダン・ピール監督の世界観」感想「意味は?」結末「ラストはすっきりする」

映画『NOPE ノープ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『NOPE ノープ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。
2022年製作

映画『ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナック...
2022年製作

映画『TANG タング』ネタバレ・あらすじ「二宮和也くんポンコツ?」感想「グッズが欲しい」結末「京本大我くんに注目!」

映画『TANG タング』ネタバレ・あらすじ「二宮和也くんポンコツ?」感想「グッズが欲しい」結末「京本大我くんに注目!」映画『TANG タング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『TANG タング』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『TANG タング』の作品情報・概要『TANG タング』は、2022年8月11日に公開された日本映画。三木孝浩監督作品(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)。二宮和也主演(映画『浅田家!』や映画『硫黄島からの手紙』)。デボラ・インストールの小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を原作とし、舞台をイギリスから日本に移す形でアレンジしたものとなる。満島ひかり(映画『モテキ』)、市川実日子(映画『罪の声』や映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)、小手伸也(映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』や映画『事故物件 恐い間取り』)、奈緒(映画『余命10年』や映画『あなたの番です 劇場版』)、京本大我、山内健司(映画『バズ・ライトイヤー』)、濱家隆一、景井ひな、武田鉄矢(映画『居酒屋兆治』)らが出演。
2022年製作

映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」

映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカ」感想「ヤマト」結末「海賊やめる?」 映画『ONE PIECE FILM RED』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ONE PIECE FILM RED』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ONE PIECE FILM RED』の作品情報・概要『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督作品。2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。FILMシリーズの第4作目。原作連載25周年記念作品。原作者である尾田栄一郎が総合プロデューサーを務める。田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 宝亀克寿 名塚佳織 Ado  津田健次郎 池田秀一 山田裕貴 粗品 せいや 新津ちせ 梶裕貴 田原アルノ 土門仁 小林通孝 斎藤志郎 小野健一 中村浩太郎 島田敏  二又一成 緑川光 中田譲治らが出演。
2022年製作

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』原題『Jurassic World: Dominion』2022年のアメリカ合衆国のSFアドベンチャー映画。コリン・トレヴォロウ監督作品。エミリー・カーマイケル脚本。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)の続編。「ジュラシック・パーク」フランチャイズの第6作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第3作目であり、完結編である。クリス・プラット(映画『ソー ラブ&サンダー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『パーフェクト ワールド』)、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、B・D・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ、ジャスミン・チウ、エルバ・トリルらが出演。
2022年製作

映画『グレイマン』ネタバレ・あらすじ「ライアン・ゴズリングはイケメンだ」感想・結末。

映画『グレイマン』ネタバレ・あらすじ「ライアン・ゴズリングはイケメンだ」感想・結末。 映画『グレイマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『グレイマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『グレイマン』の作品情報・概要『グレイマン』原題『The Gray Man』アンソニー・ルッソ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)とジョー・ルッソ(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が監督。2009年に出版されたマーク・グリーニーの『暗殺者グレイマン』に始まる小説シリーズをもとに映像化。クリストファー・マーカス(映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』)、スティーヴン・マクフィーリーが共同で脚本を執筆。マイク・ラロッカと共同で製作するアメリカのアクションスリラー映画である。Netflixオリジナル作品として配信されている。製作費は2億ドルと、Netflix史上最も高額な作品である。ライアン・ゴズリング(映画『ソング・トゥ・ソング』や映画『ファースト・マン』)、クリス・エバンス(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』)、アナ・デ・アルマス、ジェシカ・ヘンウィック(映画『マトリックス レザレクションズ』や映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』)、レジ=ジーン・ペイジ、ワグネル・モウラ、ジュリア・バターズ(映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)、ダヌーシュ、アルフレ・ウッダード(映画『ライオン・キング』)、ビリー・ボブ・ソーントン、シェー・ウィガム(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』や映画『ジョーカー』や『バイス』)、デオビア・オパレイ(映画『キャッシュトラック』)、ロバート・カジンスキー、ダズ・クロウフォード、カラン・マルベイ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、エミ・イクワーカーらが出演。  
2022年製作

映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」

映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミニオンズ フィーバー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミニオンズ フィーバー』の作品情報・概要『ミニオンズ フィーバー』原題『Minions: The Rise of Gru』は、2022年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・コメディ映画。カイル・バルダ監督作品。共同監督はブラッド・アブルソンとジョナサン・デル・ヴァル。イルミネーション製作。2015年に公開された『ミニオンズ』 の続編。『怪盗グルーシリーズ』の5作目。グルー役はスティーヴ・カレル(映画『ビューティフル・ボーイ』や映画『マーウェン』や『バイス』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)、ミニオン役はピエール・コフィン。他はタラジ・P・ヘンソン、ミシェル・ヨー(映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』)、RZA(映画『デッド・ドント・ダイ』)、ジャン=クロード・バン・ダム、ルーシー・ローレス、ドルフ・ラングレン、ダニー・トレホ、ラッセル・ブランド、ジュリー・アンドリュース、アラン・アーキンらが声を担当。日本語版は笑福亭鶴瓶(映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、市村正親(映画『そして、バトンは渡された』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』や映画『ハケンアニメ!』)、渡辺直美、LiSA(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、田中真弓 、速水奨、大塚明夫、立木文彦、宮野真守、鈴木拡樹らが担当
2022年製作

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』ネタバレ・あらすじ「山崎賢人大成長」感想「吉沢亮は美形すぎる」結末「大沢たかおのゲイっぽさが最高だ!」

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』ネタバレ・あらすじ「山崎賢人大成長」感想「吉沢亮は美形すぎる」結末「大沢たかおのゲイっぽさが最高だ!」映画『キングダム2 遥かなる大地へ』の作品情報・概要映画『キングダム2 遥かなる大地へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キングダム2 遥かなる大地へ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『キングダム2 遥かなる大地へ』佐藤信介監督作品。原泰久の人気漫画を実写化した2019年公開の大ヒット映画「キングダム」の続編。キャッチコピーは「命をたぎらせ、生きろ。」主演は山崎賢人(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』)。他に吉沢亮(映画『キングダム』や映画『さくら』や映画『青くて痛くて脆い』)、橋本環奈(映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』や映画『今日から俺は!!劇場版』)、清野菜名、満島真之介(映画『三度目の殺人』)、岡山天音(映画『王様になれ』や映画『ホテルローヤル』)、三浦貴大(映画『大綱引の恋』や映画『流浪の月』や映画『望み』)、濱津隆之、真壁刀義、山本千尋、豊川悦司(映画『ラストレター』)、高嶋政宏(映画『燃えよ剣』)、要潤、加藤雅也、高橋努、渋川清彦(映画『孤狼の血 LEVEL2』)、平山祐介、玉木宏、小澤征悦、佐藤浩市(映画『楽園』や映画『太陽は動かない』や映画『南極物語(1983)』)、大沢たかお(映画『世界の中心で、愛をさけぶ』)らが出演。
2022.07.18
2022年製作

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ソー ラブ&サンダー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報・概要『ソー:ラブ&サンダー』原題『Thor: Love and Thunder』マーベル・コミックのキャラクター「ソー」をベースとする、2022年公開予定のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。タイカ・ワイティティ監督作品(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『彼らは生きていた』)。脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン。出演はクリス・ヘムズワース(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ジェイミー・アレクサンダー 、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウ(映画『アオラレ』や映画『ある少年の告白』)、ナタリー・ポートマン(映画『ポップスター』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)、クリス・プラット(映画『ジュラシック・ワールド』)、ブラッドリー・クーパー(映画『リコリス・ピザ』)や『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』) 、ビン・ディーゼル (映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、デイブ・バウティスタ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフらが出演。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。
2022.07.09
2022年製作

映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」

映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」映画『エルヴィス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エルヴィス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『エルヴィス』の作品情報・概要『エルヴィス』原題『Elvis』2022年公開のアメリカ合衆国の映画。エルヴィス・プレスリーの生涯を描いた伝記映画。バズ・ラーマン監督。主演はオースティン・バトラー(映画『デッド・ドント・ダイ』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)。他にトム・ハンクス(映画『めぐり逢えたら』や『ハドソン川の奇跡』)、ヘレン・トムソン、リチャード・ロクスバーグ(『ブレス あの波の向こうへ』)、オリビア・デヨング、ヨラ、ションカ・デュクレ、リトル・リチャード、ケルビン・ハリソン・Jr.、ゲリー・クラーク・Jr.、デビッド・ウェンハム、ルーク・ブレイシー、デイカー・モンゴメリー、ナターシャ・バセット、ゼイビア・サミュエル、コディ・スミット=マクフィー、レオン・フォード 、ケイト・マルバニー、ガレス・デイビス、チャールズ・グラウンズ 、ジョシュ・マクコンビル、アダム・ダンらが出演。
2022.07.01
2022年製作

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
2022.07.02
2022年製作

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」映画『ベイビー・ブローカー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベイビー・ブローカー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベイビー・ブローカー』の作品情報・概要映画『ベイビー・ブローカー』原題『Broke』韓国製作。是枝裕和監督作品(映画『海街diary』や映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』や映画『真実』)。設置された「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」から赤ちゃんを盗み横流しする二人の男。赤ちゃんを捨てたが取り戻しに来る女。そして女刑事たちが繰り広げる物語。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、主演のソン・ガンホ(映画『パラサイト 半地下の家族』や映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』)が韓国人俳優初の男優賞を受賞。また、人間の内面を豊かに描いた作品に贈られるエキュメニカル審査員賞も受賞した。是枝裕和監督にとって、『真実』に続き外国製作作品2本目となる。
2022.06.24
2022年製作

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」映画『PLAN 75』の作品情報・概要映画『PLAN 75』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『PLAN 75』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『PLAN 75』2022年6月17日に公開された映画作品。早川千絵監督作品。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。75歳以上の高齢者に対して自らの生死の権利を保障し、支援する制度「PLAN 75」の施行に伴う制度の対象者たちや市役所の職員、スタッフの苦悩を描く。主演は本作が9年ぶりの映画主演作となる倍賞千恵子(映画『ハウルの動く城』や映画『小さいおうち』や映画「天気の子」)。磯村勇斗(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、たかお鷹(映画『MOTHER マザー』や映画『決戦は日曜日』)、河合優実(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『サマーフィルムにのって』)、ステファニー・アリアン、大方斐紗子(『あなたの番です 劇場版』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、串田和美(映画『誰も知らない』)らが出演。
2022年製作

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』ネタバレ・あらすじ「ディーン・フジオカvs岩田剛典」感想「美しすぎる」結末「シリーズ化決定でしょ!」

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』ネタバレ・あらすじ「ディーン・フジオカvs岩田剛典」感想「美しすぎる」結末「シリーズ化決定でしょ!」 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』の作品情報・概要 『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』2022年6月17日に公開の日本映画。西谷弘監督作品。主演はディーン・フジオカ。岩田剛典、新木優子、広末涼子、村上虹郎、渋川清彦、西村まさ彦、山田真歩、佐々木蔵之介、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平らが出演。アーサー・コナン・ドイルが執筆した『シャーロック・ホームズシリーズ』の長編小説の一作『バスカヴィル家の犬』を原作にしている。
2022年製作

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』の作品情報・概要『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』英題『 Dragon Ball Super: SUPER HERO』2022年6月11日に公開された日本のアニメーション映画。アニメ『ドラゴンボール』シリーズの劇場版21作目。キャッチコピーは「レッドリボン軍 超極秘作戦、開始!」「鳥山明 渾身の、超バトルアクション誕生!」。野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう、久川綾、草尾毅、皆口裕子、田中真弓、伊藤美紀、神谷浩史、宮野真守、入野自由、ボルケーノ太田、竹内良太らが声優を演じる。
2022年製作

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ「吉岡里帆vs中村倫也」感想「柄本佑適役!」結末「好きを、つらぬけ。」って大事!

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ「吉岡里帆vs中村倫也」感想「柄本佑適役!」結末「好きを、つらぬけ。」って大事!映画『ハケンアニメ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハケンアニメ!』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハケンアニメ!』の作品情報・概要『ハケンアニメ!』直木賞作家・辻村深月(映画『朝が来る』)がアニメ業界で奮闘する人々の姿を描いた小説「ハケンアニメ!」を映画化。吉野耕平監督作品。地方公務員からアニメ業界に飛び込んだ新人監督・斎藤瞳は、デビュー作で憧れの天才監督・王子千晴と業界の覇権をかけて争う。吉岡里帆(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『見えない目撃者』や『パラレルワールド・ラブストーリー』)、中村倫也(映画『ウェディング・ハイ』や映画『ファーストラヴ』や映画『私をくいとめて』)、柄本佑(映画『青くて痛くて脆い』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』)、工藤阿須加、小野花梨(映画『Ribbon』や映画『Bittersand』)、高野麻里佳、前野朋哉、矢柴俊博、新谷真弓、松角洋平、水間ロン、前原滉、みのすけ、古舘寛治、徳井優、六角精児(映画『すばらしき世界』や映画『大怪獣のあとしまつ』)、梶裕貴(映画『天気の子』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)らが出演。
2022年製作

映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ・あらすじ「トップ・オブ・エンタメ作品決定!」感想「トム・クルーズ“驚異と狂気“!」結末「次回作は宇宙で撮影!」

映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ・あらすじ「トップ・オブ・エンタメ作品決定!」感想「トム・クルーズ“驚異と狂気“!」結末「次回作は宇宙で撮影!」映画『トップガン マーヴェリック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『トップガン マーヴェリック』の作品情報・概要『トップガン マーヴェリック』原題『Top Gun: Maverick』2022年公開予定のアメリカ合衆国のアクション映画。1986年の『トップガン』の続編。ジョセフ・コシンスキー監督作品。脚本はアーレン・クルーガー、エリック・ウォーレン・シンガー、クリストファー・マッカリーが務めている。トム・クルーズ(映画『トップガン』や映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、ジョン・ハム(映画『リチャード・ジュエル』や映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』)、グレン・パウエル(映画『ガーンジー島の読書会の秘密』)、ルイス・プルマン、チャールズ・パーネル、バシール・サラディン、モニカ・バルバロ、ジェイ・エリス、ダニー・ラミレス、グレッグ・ターザン・デイビス、エド・ハリス 、バル・キルマー(映画『ソング・トゥ・ソング』)、リリアナ・ウレイ、アンソニー・エドワーズ、メグ・ライアン(映画『めぐり逢えたら』)らが出演。
2022.06.21
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』多田俊介監督作品。ベストセラー作家・田中芳樹による大長編SF小説で過去にアニメ化もされた「銀河英雄伝説」を、Production I.Gが新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第3章。
2022.05.26
2022年製作

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」映画『死刑にいたる病』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『死刑にいたる病』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『死刑にいたる病』の作品情報・概要『死刑にいたる病』白石和彌監督作品(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『凪待ち』)。櫛木理宇による長編サスペンス小説を映画化。連続殺人鬼である榛村大和から手紙を受け取った大学生の筧井雅也。彼から「罪は認める。しかし最後の1件だけは冤罪だ。最後の1件を誰が行ったかを調べてほしい」と依頼を受けて奔走する。DV・虐待、養護施設問題、さらに死刑制度へ是非についても提起している。サイコキラーがいかにして人の心をコントロールして描写が良い。主演の阿部サダヲ(映画『MOTHER マザー』)の怪演が背筋を寒くさせる。岡田健史(映画『望み』や映画『そして、バトンは渡された』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、岩田剛典(映画『空に住む』や映画『ウェディング・ハイ』)、宮崎優(映画『うみべの女の子』)、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト(映画『あの頃。』)、吉澤健(『麻雀放浪記2020』)、音尾琢真、岩井志麻子、コージ・トクダ、中山美穂(映画『ラストレター』)らが出演。
2022.05.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました