2022年製作

2022年製作の映画の紹介です

スポンサーリンク
2022年製作

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」映画『ベイビー・ブローカー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベイビー・ブローカー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベイビー・ブローカー』の作品情報・概要映画『ベイビー・ブローカー』原題『Broke』韓国製作。是枝裕和監督作品(映画『海街diary』や映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』や映画『真実』)。設置された「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」から赤ちゃんを盗み横流しする二人の男。赤ちゃんを捨てたが取り戻しに来る女。そして女刑事たちが繰り広げる物語。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、主演のソン・ガンホ(映画『パラサイト 半地下の家族』や映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』)が韓国人俳優初の男優賞を受賞。また、人間の内面を豊かに描いた作品に贈られるエキュメニカル審査員賞も受賞した。是枝裕和監督にとって、『真実』に続き外国製作作品2本目となる。
2022.06.24
2022年製作

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」映画『PLAN 75』の作品情報・概要映画『PLAN 75』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『PLAN 75』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『PLAN 75』2022年6月17日に公開された映画作品。早川千絵監督作品。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。75歳以上の高齢者に対して自らの生死の権利を保障し、支援する制度「PLAN 75」の施行に伴う制度の対象者たちや市役所の職員、スタッフの苦悩を描く。主演は本作が9年ぶりの映画主演作となる倍賞千恵子(映画『ハウルの動く城』や映画『小さいおうち』や映画「天気の子」)。磯村勇斗(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、たかお鷹(映画『MOTHER マザー』や映画『決戦は日曜日』)、河合優実(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『サマーフィルムにのって』)、ステファニー・アリアン、大方斐紗子(『あなたの番です 劇場版』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、串田和美(映画『誰も知らない』)らが出演。
2022年製作

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』ネタバレ・あらすじ「ディーン・フジオカvs岩田剛典」感想「美しすぎる」結末「シリーズ化決定でしょ!」

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』ネタバレ・あらすじ「ディーン・フジオカvs岩田剛典」感想「美しすぎる」結末「シリーズ化決定でしょ!」 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』の作品情報・概要 『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』2022年6月17日に公開の日本映画。西谷弘監督作品。主演はディーン・フジオカ。岩田剛典、新木優子、広末涼子、村上虹郎、渋川清彦、西村まさ彦、山田真歩、佐々木蔵之介、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平らが出演。アーサー・コナン・ドイルが執筆した『シャーロック・ホームズシリーズ』の長編小説の一作『バスカヴィル家の犬』を原作にしている。
2022年製作

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』の作品情報・概要『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』英題『 Dragon Ball Super: SUPER HERO』2022年6月11日に公開された日本のアニメーション映画。アニメ『ドラゴンボール』シリーズの劇場版21作目。キャッチコピーは「レッドリボン軍 超極秘作戦、開始!」「鳥山明 渾身の、超バトルアクション誕生!」。野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう、久川綾、草尾毅、皆口裕子、田中真弓、伊藤美紀、神谷浩史、宮野真守、入野自由、ボルケーノ太田、竹内良太らが声優を演じる。
2022年製作

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ「吉岡里帆vs中村倫也」感想「柄本佑適役!」結末「好きを、つらぬけ。」って大事!

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ「吉岡里帆vs中村倫也」感想「柄本佑適役!」結末「好きを、つらぬけ。」って大事!映画『ハケンアニメ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハケンアニメ!』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハケンアニメ!』の作品情報・概要『ハケンアニメ!』直木賞作家・辻村深月(映画『朝が来る』)がアニメ業界で奮闘する人々の姿を描いた小説「ハケンアニメ!」を映画化。吉野耕平監督作品。地方公務員からアニメ業界に飛び込んだ新人監督・斎藤瞳は、デビュー作で憧れの天才監督・王子千晴と業界の覇権をかけて争う。吉岡里帆(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『見えない目撃者』や『パラレルワールド・ラブストーリー』)、中村倫也(映画『ウェディング・ハイ』や映画『ファーストラヴ』や映画『私をくいとめて』)、柄本佑(映画『青くて痛くて脆い』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』)、工藤阿須加、小野花梨(映画『Ribbon』や映画『Bittersand』)、高野麻里佳、前野朋哉、矢柴俊博、新谷真弓、松角洋平、水間ロン、前原滉、みのすけ、古舘寛治、徳井優、六角精児(映画『すばらしき世界』や映画『大怪獣のあとしまつ』)、梶裕貴(映画『天気の子』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)らが出演。
2022年製作

映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ・あらすじ「トップ・オブ・エンタメ作品決定!」感想「トム・クルーズ“驚異と狂気“!」結末「次回作は宇宙で撮影!」

映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ・あらすじ「トップ・オブ・エンタメ作品決定!」感想「トム・クルーズ“驚異と狂気“!」結末「次回作は宇宙で撮影!」映画『トップガン マーヴェリック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『トップガン マーヴェリック』の作品情報・概要『トップガン マーヴェリック』原題『Top Gun: Maverick』2022年公開予定のアメリカ合衆国のアクション映画。1986年の『トップガン』の続編。ジョセフ・コシンスキー監督作品。脚本はアーレン・クルーガー、エリック・ウォーレン・シンガー、クリストファー・マッカリーが務めている。トム・クルーズ(映画『トップガン』や映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、ジョン・ハム(映画『リチャード・ジュエル』や映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』)、グレン・パウエル(映画『ガーンジー島の読書会の秘密』)、ルイス・プルマン、チャールズ・パーネル、バシール・サラディン、モニカ・バルバロ、ジェイ・エリス、ダニー・ラミレス、グレッグ・ターザン・デイビス、エド・ハリス 、バル・キルマー(映画『ソング・トゥ・ソング』)、リリアナ・ウレイ、アンソニー・エドワーズ、メグ・ライアン(映画『めぐり逢えたら』)らが出演。
2022.06.21
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』多田俊介監督作品。ベストセラー作家・田中芳樹による大長編SF小説で過去にアニメ化もされた「銀河英雄伝説」を、Production I.Gが新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第3章。
2022.05.26
2022年製作

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」映画『死刑にいたる病』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『死刑にいたる病』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『死刑にいたる病』の作品情報・概要『死刑にいたる病』白石和彌監督作品(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『凪待ち』)。櫛木理宇による長編サスペンス小説を映画化。連続殺人鬼である榛村大和から手紙を受け取った大学生の筧井雅也。彼から「罪は認める。しかし最後の1件だけは冤罪だ。最後の1件を誰が行ったかを調べてほしい」と依頼を受けて奔走する。DV・虐待、養護施設問題、さらに死刑制度へ是非についても提起している。サイコキラーがいかにして人の心をコントロールして描写が良い。主演の阿部サダヲ(映画『MOTHER マザー』)の怪演が背筋を寒くさせる。岡田健史(映画『望み』や映画『そして、バトンは渡された』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、岩田剛典(映画『空に住む』や映画『ウェディング・ハイ』)、宮崎優(映画『うみべの女の子』)、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト(映画『あの頃。』)、吉澤健(『麻雀放浪記2020』)、音尾琢真、岩井志麻子、コージ・トクダ、中山美穂(映画『ラストレター』)らが出演。
2022.05.16
2022年製作

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」映画『流浪の月』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『流浪の月』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『流浪の月』の作品情報・概要『流浪の月』李相日監督作品。2020年の本屋大賞に輝いた凪良ゆうの小説『流浪の月』を映画化。誘拐事件の“被害女児”だった女性と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生の物語。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”というレッテルを貼られながらも惹かれあう2人を描いた作品です。主演は広瀬すず(映画『いのちの停車場』や映画『海街diary』)、松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『新聞記者』)。横浜流星(映画『嘘喰い』や映画『あなたの番です 劇場版』)、多部未華子(映画『空に住む』)、趣里(『生きてるだけで、愛。』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、三浦貴大(映画『大綱引の恋』や映画『大コメ騒動』)、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明(映画『ある船頭の話』や映画『ノイズ』や映画『セーラー服と機関銃』や映画『楽園』)らが出演。
2022.06.26
2022年製作

映画『劇場版ラジエーションハウス』ネタバレ・あらすじ「テレビ映画はポンコツ」感想「脚本酷し」結末「キャストが可哀想」

映画『劇場版ラジエーションハウス』ネタバレ・あらすじ「テレビ映画はポンコツ」感想「脚本酷し」結末「キャストが可哀想」映画『劇場版ラジエーションハウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『劇場版ラジエーションハウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『劇場版ラジエーションハウス』の作品情報・概要『ラジエーションハウス』原作:横幕智裕、作画:モリタイシによる日本の漫画を『劇場版ラジエーションハウス』として2022年4月公開。鈴木雅之監督作品。X線撮影などで病変を写す診療放射線技師と画像診断をする放射線科医の活躍を描く。2019年にフジテレビ系「月9」枠にてテレビドラマ化され(全11話+特別編1話)、2021年には第2作が放送[3]。2022年には劇場版が公開されることも発表された。2022年3月時点で累計部数は230万部を突破している。主演は窪田正孝(映画『決戦は日曜日』や映画『えんとつ町のプペル』)。他に本田翼(映画『天気の子』や映画『新聞記者』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)、広瀬アリス、浜野謙太 、丸山智己、矢野聖人、鈴木伸之、佐戸井けん太 、浅見姫香 、遠藤憲一(映画『誰も知らない』)、キムラ緑子(映画『海街diary』や映画『すばらしき世界』)、和久井映見(映画『さんかく窓の外側は夜』)らが出演。
2022.05.11
2022年製作

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』の作品情報・概要『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』マーベル・コミックのキャラクター「ドクター・ストレンジ」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。サム・ライミ監督作品(映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』)脚本はジェイド・バートレットとマイケル・ウォルドロン、出演はベネディクト・カンバーバッチ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『1917 命をかけた伝令』)、エリザベス・オルセン(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメスら。『ドクター・ストレンジ』(2016年)の続編でシリーズ2作目、また「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品。
2022.05.11
2022年製作

映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」

映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」映画『ホリック xxxHOLiC』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ホリック xxxHOLiC』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ホリック xxxHOLiC』の作品情報・概要 『ホリック xxxHOLiC』2022年の日本映画。創作集団「CLAMP」の大ヒットコミック「xxxHOLiC」を、「Diner ダイナー」「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督が実写映画化。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が見えてしまう男子高校生・四月一日君尋(ワタヌキ・キミヒロ)を主軸に展開。神木隆之介(映画『ノイズ』や映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』や映画『君の名は。』)、柴咲コウ(映画『燃えよ剣』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』や映画『クルエラ』)、松村北斗、玉城ティナ(映画『竜とそばかすの姫』や映画『Diner ダイナー』)、趣里(映画『空白』や映画『生きてるだけで、愛。』)、DAOKO、シモトーラ世理奈、西野七瀬(映画『あなたの番です 劇場版』や映画『孤狼の血 LEVEL2』)、大原櫻子(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』)、てんちむ、橋本愛、磯村勇斗(映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、吉岡里帆(映画『見えない目撃者』や映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)らが出演。
2022.05.26
2022年製作

映画『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」

映画『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」映画『マリー・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリー・ミー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マリー・ミー』の作品情報・概要『マリー・ミー』原題『Marry Me』アメリカ合衆国製作のロマンティック・コメディ映画。カット・コイロ監督作品。ジェニファー・ロペス製作・主演(映画『ハスラーズ』)。オーウェン・ウィルソン(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『ミッドナイト・イン・パリ』)、マルーマ(映画『ミラベルと魔法だらけの家』)、ジョン・ブラッドリー、サラ・シルバーマン、クロエ・コールマン(映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』)、サミシェル・ブトー、カリル・ミドルトン、カット・カニング、ウトカルシュ・アンブドゥカルらが出演。
2022年製作

映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』ネタバレ・あらすじ「BUMP OF CHICKEN主題歌」感想「渋谷大パニック?」結末「コナンに最強の敵あらわる」

映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』ネタバレ・あらすじ「BUMP OF CHICKEN主題歌」感想「渋谷大パニック?」結末「コナンに最強の敵あらわる」映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の作品情報・概要『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』2022年4月15日公開のアニメ映画。満仲勧監督作品。青山剛昌原作の大ヒット映画『名探偵コナン』シリーズ劇場版25作目にあたる。キャッチコピーは「永遠の愛、誓ってもいいよね?」「真実を守り抜け─ 火が灯された運命のスクランブル!!」
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』の作品情報・概要 『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』多田俊介監督作品。過去にアニメ化もされた田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第2章。
2022年製作

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ネタバレ・あらすじ「マッツ・ミケルセン絶賛演技!」感想「ジュード・ロウの存在感」結末「J・K・ローリング才能に驚愕!」

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ネタバレ・あらすじ「マッツ・ミケルセン絶賛演技!」感想「ジュード・ロウの存在感」結末「J・K・ローリング才能に驚愕!」 映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の作品情報・概要 『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 原題『Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore』2022年のファンタジー映画。「ファンタスティック・ビースト」シリーズの3作目。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年)の続編。J・K・ローリング原作。デヴィッド・イェーツが監督作品。ローリングとスティーヴ・クローヴスが脚本。エディ・レッドメイン(映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』や映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)、ジュード・ロウ(映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ポップスター』)、マッツ・ミケルセン(映画『アナザーラウンド』)、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、ジェシカ・ウィリアムズ、カラム・ターナー、ビクトリア・イエイツ、ウィリアム・ナディラム、キャサリン・ウォーターストン(映画『mid90s ミッドナインティーズ』)らが出演。
2022.04.19
2022年製作

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『モービウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『モービウス』の作品情報・概要『モービウス』原題『Morbius』マーベル・コミックの同名のキャラクターをベースにした、2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。ダニエル・エスピノーサ監督作品。コロンビア ピクチャーズとマーベル・エンターテインメント製作。「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の第3作目。ジャレッド・レト(映画『ハウス・オブ・グッチ』)、マット・スミス(映画『ラストナイト・イン・ソーホー』や映画『オフィシャル・シークレット』)、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』)、マイケル・キートン(映画『スパイダーマン ホームカミング』や映画『バットマン』)らが出演。血液の病気を持っている天才医師のマイケル・モービウスは自身を実験台にして吸血鬼化していく。
2022.04.02
2022年製作

映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」

映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」映画『アンビュランス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アンビュランス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンビュランス』の作品情報・概要『アンビュランス』原題『Ambulance』2022年公開のアメリカ合衆国のアクションスリラー映画。 マイケル・ベイ製作・監督作品(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)。脚本はクリス・フェダック。主演はジェイク・ギレンホール(映画『ゴールデン・リバー』や映画『ワイルドライフ』)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(映画『マトリックス レザレクションズ』)、エイザ・ゴンザレス(映画『マーウェン』)。マイケル・ベイ監督の圧倒的な演出と展開の特徴である「ベイ・ヘム(Bay-hem)」健在。カーチェイス、爆発、銃撃、炎上が休みなく続く。
2022年製作

映画『映画 おそ松さん』ネタバレ・あらすじ「アイドルの顔は綺麗すぎる」感想「クズ兄弟でも許せる」結末「ジャニーズ最強「Snow Man」」

映画『映画 おそ松さん』ネタバレ・あらすじ「アイドルの顔は綺麗すぎる」感想「クズ兄弟でも許せる」結末「ジャニーズ最強「Snow Man」」 映画『映画 おそ松さん』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『映画 おそ松さん』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『映画 おそ松さん』の作品情報・概要 『映画 おそ松さん』2022年製作の邦画コメディ。英勉監督作品。ギャク漫画の王様・赤塚不二夫の名作漫画「おそ松くん」に登場する6つ子たちが、自堕落な生活を送るニートの大人になった姿を描いて人気を集めたギャグアニメ「おそ松さん」を、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「Snow Man」の主演で実写映画化。向井康二、岩本照、目黒蓮、深澤辰哉、佐久間大介、ラウール、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、高橋ひかる、前川泰之、桜田ひより(映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、濱田マリ(映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)、光石研(映画『セーラー服と機関銃』や映画『蜜蜂と遠雷』や映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)らが出演。 
2022.03.27
2022年製作

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」 映画『SING シング ネクストステージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『SING シング ネクストステージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『SING シング ネクストステージ』の作品情報・概要 『SING/シング: ネクストステージ』原題『Sing 2』ガース・ジェニングス脚本・監督作品。2021年のアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ジュークボックス・ミュージカル・コメディ映画。『SING/シング』の続編。声優はマシュー・マコノヒー(映画『ジェントルメン』)、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マッチポイント』や映画『ブラック・ウィドウ』)、タロン・エガートン(映画『ロケットマン』)、トリー・ケリー、ニック・クロール、ガース・ジェニングス、ピーター・セラフィノヴィッツ、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』)など。物語は「15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手、クレイ・キャロウェイを出演させるために奮闘を描く」クレイ・キャロウェイは英語版では「U2」のボノ、日本語版では「B’z」稲葉浩志が演じている。  
2022.03.24
2022年製作

映画『ウェディング・ハイ』ネタバレ・あらすじ「おバカ映画万歳!」感想「ドタバタうるさい」結末「小学生には受ける!」

映画『ウェディング・ハイ』ネタバレ・あらすじ「おバカ映画万歳!」感想「ドタバタうるさい」結末「小学生には受ける!」映画『ウェディング・ハイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ウェディング・ハイ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ウェディング・ハイ』の作品情報・概要『ウェディング・ハイ』2022年3月12日に公開された日本映画。大九明子監督作品(映画『私をくいとめて』や映画『美人が婚活してみたら』)。脚本はバカリズム。主演は篠原涼子。中村倫也(映画『人数の町』や映画『ファーストラヴ』)、関水渚(映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『カイジ ファイナルゲーム』)、岩田剛典(映画『空に住む』)、中尾明慶(映画『今夜、ロマンス劇場で』)、浅利陽介(映画『奥様は、取り扱い注意』)、前野朋哉(映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』や映画『一度死んでみた』)、泉澤祐希(映画『マスカレード・ナイト』や映画『今日から俺は!!劇場版』)、佐藤晴美、宮尾俊太郎、六角精児(映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『すばらしき世界』)、尾美としのり(映画『翔んだカップル』や映画『37セカンズ』)、池田鉄洋、臼田あさ美(映画『蜜蜂と遠雷』)、片桐はいりらが出演。結婚式見られる“あるある”をふんだんに詰め込んだドタバタコメディ映画。
2022.05.26
2022年製作

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」映画『THE BATMAN ザ・バットマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の作品情報・概要『THE BATMAN-ザ・バットマン-』原題『The Batman』DCコミックスの「バットマン」を主人公とした2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。マット・リーヴス監督・脚本作品。ピーター・クレイグも脚本を務めている。ロバート・パティンソン(映画『ハイ・ライフ』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、コリン・ファレル(映画『ジェントルメン』)、ポール・ダノ(映画『ワイルドライフ』)、ゾーイ・クラビッツ(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ジョン・タトゥーロ(映画『ハスラー2』)、アンディ・サーキス(映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』や映画『ブラックパンサー』)、ジェフリー・ライト(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『パブリック 図書館の奇跡』)らが出演。青年ブルース・ウェインがバットマンになろうとしていく姿と、社会に蔓延する嘘を暴いていく知能犯リドラーによってブルースの人間としての本性がむき出しにされていく様を描く。シリーズ化必至。
2022.03.24
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説』は田中芳樹による大長編SF小説(累計発行部数が1500万部を超える)。小説からアニメ、漫画、コンピューターゲーム、朗読、オーディオブック、舞台、そして映画などのメディア展開・商品化が大成功している。略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。本作はProduction I.Gの制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のサードシーズン第1章となる。
2022.03.06
2022年製作

映画『ブルーサーマル』ネタバレ・あらすじ「グライダーにかける青春」感想「意味は上昇気流」結末「異母姉と仲良くしたい」

映画『ブルーサーマル』ネタバレ・あらすじ「グライダーにかける青春」感想「意味は上昇気流」結末「異母姉と仲良くしたい」映画『ブルーサーマル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブルーサーマル』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブルーサーマル』の作品情報・概要『ブルーサーマル』橘正紀監督作品。漫画家・小沢かなが『月刊コミック@バンチ』(新潮社)2015年6月号から2018年1月号まで連載された作品をアニメ映画として製作。舞台は埼玉県熊谷市にある妻沼滑空場。大学(青凪大学)の航空部を描いた青春映画。タイトルの「ブルーサーマル」とはスカイスポーツ用語で「雲などを伴わず、目に見えない上昇気流」という意味。声優は堀田真由(映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)、島崎信長(『君の名は。』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』)、榎木淳弥(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、小松未可子(映画『劇場版 呪術廻戦 0』)、小野大輔(映画『この世界の片隅に』)、白石晴香、大地葉、村瀬歩、古川慎、高橋李依(映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』)、八代拓、河西健吾、寺田農(映画『天空の城 ラピュタ』や映画『セーラー服と機関銃』)、阿部華也子ら。
2022.03.05
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました