映画『オットーという男』ネタバレ・あらすじ「キャスト最強!」感想「猫が可愛い」結末「名優トム・ハンクス」

映画『オットーという男』ネタバレ・あらすじ「キャスト最強!」感想「猫が可愛い」結末「名優トム・ハンクス」 2022年製作
スポンサーリンク

映画『オットーという男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『オットーという男』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『運だぜ!YouTube

note 仮面座ラッキー

『オットーという男』
2022年製作/126分/G/アメリカ
原題:A Man Called Otto
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【監督】マーク・フォースター【製作】フレドリク・ビークストレム・ニカストロ リタ・ウィルソン トム・ハンクス ゲイリー・ゴーツマン【製作総指揮】マーク・フォースター レネ・ウルフ ルイーズ・ロズナー デビッド・マギー ティム・キング スティーブ・シェアシアン セリア・コスタス【原作】フレドリック・バックマン【オリジナル脚本】ハンネス・ホルム【脚本】デビッド・マギー【撮影】マティアス・クーニクスビーザー【美術】バーバラ・リング【衣装】フランク・フレミング【編集】マット・チェシー【音楽】トーマス・ニューマン【主題歌】リタ・ウィルソン

【出演】トム・ハンクス マリアナ・トレビーニョ マヌエル・ガルシア=ルルフォ レイチェル・ケラー トルーマン・ハンクス

スポンサーリンク

映画『オットーという男』外部リンク

HPサイト】
映画『オットーという男』公式サイト

【予告映像】
映画『オットーという男』トレーラー

【公式Twitter
映画『オットーという男』

IMDbサイト】
映画『オットーという男』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『オットーという男』

スポンサーリンク

映画『オットーという男』のオススメ度は?

4.0

星4つです

間違いなく「感動」します

「涙腺決壊」映画です

アカデミー賞は微妙

スポンサーリンク

映画『オットーという男』の作品情報・概要

『オットーという男』原題『A Man Called Otto』2022年のアメリカ合衆国のコメディドラマ映画。フレドリック・バックマンの小説『幸せなひとりぼっち(スウェーデン語版)』を原作とした2015年のスウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』のハリウッドリメイク。マーク・フォースター監督作品。トム・ハンクス主演兼製作。他にマリアナ・トレビーニョ、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、レイチェル・ケラーらが出演。

スポンサーリンク

映画『オットーという男』の受賞歴

無し(2023年3月現在)

スポンサーリンク

映画『オットーという男』のあらすじ・ネタバレ

映画『オットーという男』のあらすじ・ネタバレ:起

堅物のオットーはスーパーでロープを買い、退職を機に家でひっそりと息を引き取ろうとしていました。

天井からロープで輪を作り、首を吊ろうとしますが向かいの家で駐車しようと騒いでいる夫婦を見かけて外に出ます。

マリソルは夫の縦列駐車の指示をしていましたが上手くいかず、オットーは見かねて車を運転して駐車。

マリソルは感謝しつつ、差し入れなどを持っていくようになります。

映画『オットーという男』のあらすじ・ネタバレ:承

オットーは亡き妻と会うために死のうとしており、放っておいて欲しいという面持ちで接しました。

しかし、マリソルの接し方は変わらず、夫と共に色々と貸して欲しいと言うこともしばしば…。

そんなある日、マリソルは夫がハシゴから落ちて救急車で運ばれたため、オットーに病院に連れて行って欲しいとお願いします。

ちょうどオットーはガレージで車を使った一酸化炭素中毒の自殺をしようとしていましたが、ガレージを叩く音で目覚め、仕方なくマリソルを連れて行くことになるのでした。

その後、電車にひかれて命を終えようとするオットーですが、隣に立っていた男が線路に落ちたため急いで救出。SNSでオットーは話題を呼びます。

映画『オットーという男』のあらすじ・ネタバレ:転

なかなか死ねずにいたオットーは、マリソルから「車の免許の講師をして欲しい」と言われて仕方なく請け負います。

自身の車を運転させますがマリソルの運転は上手くいかず、オットーは励ましつつも1時に喫茶店に到着。

そこで亡くなった妻のことを少し話すのでした。

亡き妻を思い出すオットーは、彼女の元に逝こうと銃を取り出して構えますが…。

そこに妻の教え子だったマルコムが訪ねて来て泊めて欲しいと言うのです。

親ともめてしまったとのことでマルコムを泊めつつ、翌朝には地域のパトロールについて教えます。

映画『オットーという男』のあらすじ・ネタバレ:結

この地域の扱う不動産「ダイ&メリカ」は、オットーの近所の家の老夫婦を追い出そうとしていました。

老夫婦の病について不動産会社が詳しかったことを踏まえ、話を聞こうとするオットー…。

その際にマリソルの力を借り、彼女に亡き妻のことを詳しく説明します。

不動産会社は老夫婦の元に家を明け渡すよう言いに来て、そこにオットーの件で訪ねてきたSNSのジャーナリストが詳細を聞こうとします。

老夫婦の病気を知っていた理由を聞かれた不動産会社はバツが悪そうに退散オットーかジャーナリストを呼んだおかげで夫婦は助かったのです。

その後、マリソルは第3子を産み、オットーは贈り物をしつつその後もみんなと良好な関係を築きます。

3年後、オットーはベッドの上で亡くなり、マリソルたちはお葬式をしつつ故人を悼むのでした。

スポンサーリンク

映画『オットーという男』の感想・内容

オットーが自殺を試みるたびに、少しずつ亡き妻・ソーニャとの過去が明かされていくのが見どころでしたね。

軍人になれなかったオットーがソーニャと出会い、工学系の道を進むという過去は温かさを感じました。

一緒にデートをしつつ、結婚後にナイアガラの滝を見て回っていた際には、ソーニャは妊娠していた…。

子供が産まれたら仲睦まじい一家となりそうだと思って見ていると、驚きの展開が繰り広げられます。

旅行の帰りに事故に遭い、子供を亡くしたソーニャは下半身に麻痺が残った…。

オットーはソーニャを支えつつ共に過ごしていたこともあって、彼女の後を追うようにして死のうと考えていたのです。

自殺を試みる理由がわかってから、悲しさと共に感動的な展開を迎えていくのが今作の見どころと言えるでしょうね。

スポンサーリンク

映画『オットーという男』の考察・評価

オットーは向かいの家に引っ越してきたマリソルを邪険にしていましたが、彼女は構わずクッキーなどを差し入れします。

それだけでなく、娘たちの面倒を任せたり、車の講師をお願いしたり気が強いということもありますが、有無を言わせぬ態度を示すのが印象的でした。

マリソルはオットーに冷たくされることがある中、オットーが心配だったこともあって家を訪ね続けた…。

オットーはソーニャのことを話すと思い出してしまうようで、マリソルを追い払うようにしていましたね。

その後、老夫婦が家を取られそうになった際に関係が修復できたのが良かったです。

マリソルはソーニャのことを聞き、オットーが話してくれたことで少し安心したのかもしれません。

老夫婦の一件が解決した後、オットーは心臓の持病により病院に運ばれてしまい、生き方を改めるキッカケにもなったようです。

いつ亡くなっても不思議ではないことから、マリソルのために手紙を遺していたオットー。

亡くなった後にマリソルが手紙を読むと家や車を譲るという件や、お葬式についてなどが書かれており、このシーンが一番感動を覚えました。

スポンサーリンク

映画『オットーという男』の結末

オットーが変わらないままだったら、お葬式に参列していた近所の人たちも少なかったり、涙を流してなかったりしたと思います。

SNSジャーナリストがオットーが線路で男性を救った時に付き合いがあったと思いますが、お葬式に来て参列者にオットーのことを聞いていたのも印象的。

オットーが多くの人と関わってきたことを思わせました。

人生の幕を閉じるタイミングについて考えさせられる中、周囲との関係も色々と学べた映画!感動的な展開が多く、涙を流すこと間違いなしの作品です。

スポンサーリンク

映画『オットーという男』のキャストについて

オットー・アンダーソン(トム・ハンクス)
マリソル(マリアナ・トレビーニョ)
トミー(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)
ソーニャ(レイチェル・ケラー)
若き日のオットー(トルーマン・ハンクス)

スポンサーリンク

まとめ 映画『オットーという男』一言で言うと!

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ホロコーストの罪人』ネタバレ・あらすじ「ユダヤ人とは?」感想「なぜノルウェーがナチスに加担したのか?」結末「恐怖のアウシュビッツ」
映画『サムライ』ネタバレ・あらすじ・結末。美しき男アラン・ドロンは犯罪者が似合う。フランス・フィルムノワールには破滅的な雰囲気がある。
映画『カサブランカ』ネタバレ・あらすじ。イングリッド・バーグマンの「美貌」が世界に衝撃「プロパガンダ映画」で成功!感想・結末は「アメリカ万歳!」
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『ホタル』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん悲痛」「反日メディア製作の虚飾映画」感想「特攻の母も泣いている」結末
映画『霧の旗(1977)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“悪女”なら許せる」感想「三浦友和さん必死の“告白”も虚しい」結末「松本清張vs西河克己」
映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」
映画『ブルーサーマル』ネタバレ・あらすじ「グライダーにかける青春」感想「意味は上昇気流」結末「異母姉と仲良くしたい」
クリント・イーストウッド最高映画『許されざる者(1992)』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の写し絵“悪人”しかいない世界」感想・結末

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【】

スポンサーリンク

映画『オットーという男』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マーク・フォースター
製作
フレドリク・ビークストレム・ニカストロ リタ・ウィルソン トム・ハンクス ゲイリー・ゴーツマン
製作総指揮
マーク・フォースター レネ・ウルフ ルイーズ・ロズナー デビッド・マギー ティム・キング スティーブ・シェアシアン セリア・コスタス
原作
フレドリック・バックマン
オリジナル脚本
ハンネス・ホルム
脚本
デビッド・マギー
撮影
マティアス・クーニクスビーザー
美術
バーバラ・リング
衣装
フランク・フレミング
編集
マット・チェシー
音楽
トーマス・ニューマン
主題歌
リタ・ウィルソン
オットー・アンダーソン(トム・ハンクス)
マリソル(マリアナ・トレビーニョ)
トミー(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)
ソーニャ(レイチェル・ケラー)
若き日のオットー(トルーマン・ハンクス)
2022年製作/126分/G/アメリカ
原題:A Man Called Otto
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

タイトルとURLをコピーしました