映画『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」

スポンサーリンク
映画『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」2021年製作

映画『ベルファスト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ベルファスト』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ベルファスト』
(2021年製作/98分/G/イギリス)
原題:Belfast
配給:パルコ
【監督】
ケネス・ブラナー
【製作】ローラ・バーウィック ケネス・ブラナー ベッカ・コバチック テイマー・トーマス【脚本】ケネス・ブラナー【撮影】ハリス・ザンバーラウコス【美術】ジム・クレイ【衣装】シャーロット・ウォルター【編集】ウナ・ニ・ドンガイル【音楽】バン・モリソン
【出演】
カトリーナ・バルフ ジュディ・デンチ ジェイミー・ドーナン キアラン・ハインズ コリン・モーガン ジュード・ヒル

(C)2021 Focus Features, LLC.

スポンサーリンク
  1. 映画『ベルファスト』外部リンク
      1. 【反戦映画】『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』ネタバレ・あらすじ「ヒトラー驚愕の歴史的作戦」感想「死体が大活躍」結末「コリン・ファースは渋くなった」
  2. 映画『ベルファスト』のオススメ度は?
      1. 映画『紅の豚』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿の夢物語」感想「戦争反対」結末「『魔女の宅急便』のプレッシャーがあった」
  3. 映画『ベルファスト』の作品情報・概要
      1. 【反戦映画】『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」
  4. 映画『ベルファスト』の受賞歴
    1. トロント国際映画祭
      1. 受賞:観客賞
    2. ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞
      1. 受賞:助演男優賞 キアラン・ハインズ
    3. ゴールデングローブ賞
      1. 受賞:脚本賞 ケネス・ブラナー
    4. 第94回アカデミー賞7部門ノミネート
      1. 【反戦映画】『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
  5. 映画『ベルファスト』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【反戦映画】『ホロコーストの罪人』ネタバレ・あらすじ「ユダヤ人とは?」感想「なぜノルウェーがナチスに加担したのか?」結末「恐怖のアウシュビッツ」
  6. 映画『ベルファスト』の感想・内容
      1. 【反戦映画】『哀愁』ネタバレ「ビビアン・リーに同情」あらすじ「勇気ある反戦映画」感想・結末
  7. 映画『ベルファスト』の考察・評価
      1. 【反戦映画】『ある人質 生還までの398日』ネタバレ・あらすじ「後藤健二さんを思い出してしまう」感想「イスラム国側の視点も欲しい」結末
  8. 映画『ベルファスト』の結末
      1. 【反戦映画】『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能に完落ち」結末
  9. 映画『ベルファスト』のキャストについて
      1. 【反戦映画】『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
  10. まとめ 映画『ベルファスト』一言で言うと!
      1. 映画『FUNAN フナン』ネタバレ・あらすじ「善悪がテーマではない」感想「母親の物語」結末
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【美少年が観られる映画】
      1. 映画『ハニーボーイ』
    2. 映画『永遠に僕のもの』
    3. 映画『仮面の男』
      1. 映画『エデンの東』
      2. 映画『明日に向かって撃て!』
      3. 映画『勝手にしやがれ』
      4. 映画『若い人(1962)』
      5. 映画『さよなら くちびる』
  13. 映画『ベルファスト』の作品情報

映画『ベルファスト』外部リンク

HPサイト】
映画『ベルファスト』公式サイト

【予告映像】
映画『ベルファスト』トレーラー

【公式Twitter

映画『ベルファスト』
IMDbサイト】

映画『ベルファスト』

Rotten Tomatoesサイト】

映画『ベルファスト』

【反戦映画】『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』ネタバレ・あらすじ「ヒトラー驚愕の歴史的作戦」感想「死体が大活躍」結末「コリン・ファースは渋くなった」

映画『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』ネタバレ・あらすじ「ヒトラー驚愕の歴史的作戦」感想「死体が大活躍」結末「コリン・ファースは渋くなった」
映画『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』ネタバレ・あらすじ「ヒトラー驚愕の歴史的作戦」感想「死体が大活躍」結末「コリン・ファースは渋くなった」映画『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』の作品情報・概要『オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体』原題『Operation Mincemeat』は2022年のイギリスの戦争ドラマ映画。ジョン・マッデン監督作品。コリン・ファース、マシュー・マクファディン、ケリー・マクドナルド、ペネロープ・ウィルトン、ジョニー・フリン、ジェイソン・アイザックスらが出演。第二次世界大戦中におけるイギリス軍の「ミンスミート作戦」を描いたベン・マッキンタイアーの著書に基にしている。
スポンサーリンク

映画『ベルファスト』のオススメ度は?

4.0

4つ半です

「芸術的」です

「宗教」と「平和」について考えてしまう

白黒映像が「伝えること」

映画『紅の豚』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿の夢物語」感想「戦争反対」結末「『魔女の宅急便』のプレッシャーがあった」

スポンサーリンク

映画『ベルファスト』の作品情報・概要

『ベルファスト』原題『Belfast2021年製作のアイルランド・イギリス合作のドラマ映画。ケネス・ブラナー監督作品(映画『ナイル殺人事件』)。主演はジュード・ヒル。カトリーナ・バルフ(映画『フォードvsフェラーリ』)、ジュディ・デンチ(映画『キャッツ』『J・エドガー』『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)、ジェイミー・ドーナン(映画『プライベート・ウォー』)、キアラン・ハインズ (映画『アナと雪の女王』や映画『ファースト・マン』、コリン・モーガンらが出演。俳優・監督・舞台演出家として世界的に活躍するケネス・ブラナーが、自身の幼少期の体験を投影して描いた自伝的作品。出身地である北アイルランドのベルファストが舞台。激動の時代に翻弄されるベルファストの様子や、困難の中で大人になっていく少年の成長などを、力強いモノクロの映像で描いている。アカデミー賞の前哨戦として名高い第46回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞。第94回アカデミー賞でも作品賞、監督賞ほか計7部門にノミネートされている。

【反戦映画】『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」

映画『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」
映画『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」 映画『キングスマン ファースト・エージェント』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キングスマン ファースト・エージェント』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください映画『キングスマン ファースト・エージェント』の作品情報・概要『キングスマン:ファースト・エージェント』原題『The King's Man』2021年公開のイギリス・アメリカ合衆国のアクションスパイ映画。マシュー・ヴォーン監督作品。脚本はヴォーンとカール・ガイダシェク。レイフ・ファインズ(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』や映画『オフィシャル・シークレット』)、ハリス・ディキンソン、ジャイモン・フンスー(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』や映画『チャーリーズ・エンジェル』)、ジェマ・アータートン、リス・エバンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ』や映画『ノッティングヒルの恋人』や映画『オフィシャル・シークレット』)、トム・ホランダー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』や映画『ボヘミアン・ラプソディ』)、チャールズ・ダンス(映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』)、マシュー・グード、ダニエル・ブリュール、バレリー・パフナー(映画『名もなき生涯』)、ジョエル・バズマン、アーロン・ボドボス、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブランカ・カティチ、イアン・ケリーらが出演する。「キングスマン」シリーズでは3作目となる。第一次世界大戦前夜の時代を舞台に、イギリスのスパイ機関「キングスマン」の誕生の秘話を描く。
スポンサーリンク

映画『ベルファスト』の受賞歴

トロント国際映画祭

受賞:観客賞

ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞

受賞:助演男優賞 キアラン・ハインズ

ゴールデングローブ賞

受賞:脚本賞 ケネス・ブラナー

第94回アカデミー賞7部門ノミネート

作品賞

監督賞 ケネス・ブラナー

助演男優賞 キアラン・ハインズ

助演女優賞 ジュディ・デンチ

脚本賞 ケネス・ブラナー

音響賞

主題歌賞

【反戦映画】『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」映画『DUNE デューン 砂の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『DUNE デューン 砂の惑星』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。  映画『DUNE デューン 砂の惑星』の作品情報・概要『DUNE/デューン 砂の惑星』原題『Dune、別題: Dune: Part One』2021年のアメリカ合衆国のSF映画。ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本執筆。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾。ティモシー・シャラメ主演。レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に追い込まれた。リドリー・スコットも企画したが断念。1984年にはデイヴィッド・リンチ監督が映画『デューン/砂の惑星』を発表したがファイナルカットの権利がもらえず上映し、惨敗している。
スポンサーリンク

映画『ベルファスト』のあらすじ・ネタバレ

1969年、北アイルランドのベルファスト。この町で生まれ育った9歳の少年バディ(ジュード・ヒル)は、決して豊かではないが、優しい家族と友達に囲まれ、伸び伸びと暮らしていた。バディは音楽と映画を愛する少年であった。彼にとっては完璧な世界だった。しかし、1969815日、プロテスタントの武装集団がカトリック住民への攻撃を始めてから一転する。穏やかだったバディの世界は突如として悪夢へと変容する。今まで宗教が違えど、ベルファストの住民たちは仲良く暮らしていたのに反目しあうようになる。そして人々は分断され、暴力が暴力を繰り返すようになる。そして父(ジェイミー・ドーナン) は家族を連れて故郷を離れる決意をする。

【反戦映画】『ホロコーストの罪人』ネタバレ・あらすじ「ユダヤ人とは?」感想「なぜノルウェーがナチスに加担したのか?」結末「恐怖のアウシュビッツ」

スポンサーリンク

映画『ベルファスト』の感想・内容

「いま観るべき映画」となります。人間というのは永遠に争いを繰り返す生き物だと思わざる得ない出来事が起きています。

ロシアとウクライナの戦争です。人が人を「支配したい」感情って、動物の本能だからと諦めそうになってしまいます。

本映画『ベルファスト』がこの2022年のタイミングで世界に公開されることは大歓迎です。本映画『ベルファスト』を観て、平和の大切さを噛み締めたいと思いました。

さて、本映画『ベルファスト』はケネス・ブラナー監督の自伝的映画です。

彼が幼少の頃過ごした北アイルランドのベルファストは寄せるノスタルジーと「平和とは何か」の双方をうまく融合させています。

さらにケネス・ブラナーが育った環境には音楽と映画愛が溢れており、のちの巨匠を生んだ土台になったのがこのベルファストという町であったわかります。

9歳のバディ(ジュード・ヒル)は貧しいけれど、暖かい家族と友人に囲まれ伸び伸びと暮らしていました。

音楽と映画が大好きで、学校の成績も上位です。しかしある日、事件が起きます。暴徒化したプロテスタントがカトリック教徒を襲ったのです。

するとそれまで仲良くしていた住民たちが憎しみ合うのです。近所も学校でも。まだ宗教の相違についての見識がなかったバディは戸惑うのです。

そして彼はこの事件をきっかけに大きく人生のベクトルが変わっていくのです。

わたしたち日本人は他の国や民族と違って、「宗教観が薄い」と言われています。

ですからプロテスタントとカトリックの争いと聞いてもピンときません。

キリスト教とイスラム教の争いであるのなら、互いに異教徒同士なのでイメージできます。

でもプロテスタントともカトリックも同じキリスト教なのです。

簡単に説明するとカトリック教の古い価値観から脱却したのがプロテスタントです(詳細は省きます)

この宗教争いがいまでも北アイルランドで起きています。北アイルランドは古くからカトリック教徒が多い土地でした。

しかしプロテスタント率いるイギリスによって、支配されてしまいます。これが北アイルランド紛争を招いているのです。

元々、両者は民族的には同じか近いところにあります。

しかし、宗教の違いによってもう数百年も血みどろの争いと続けているのですから、恐ろしささえ感じます。

世界中に布教しているほとんどの宗教は「平和」を掲げています。

でも、世界中で起きている紛争や戦争の多くは「宗教争い」が元になっていますから、摩訶不思議です。

【反戦映画】『哀愁』ネタバレ「ビビアン・リーに同情」あらすじ「勇気ある反戦映画」感想・結末

スポンサーリンク

映画『ベルファスト』の考察・評価

さて、本映画『ベルファスト』に話を戻します。これは決して「キリスト教賛歌」の映画ではありません。

ケネス・ブラナーの自伝的物語です。彼が如何に家族と音楽、映画などの芸術を愛しているかを訴求してきます。

映像表現を白黒で表していますが、映画を観る場面はカラーになっています。この切り替えが絶妙だと思います。

当時の悲惨な出来事の雰囲気を出すために白黒映像にしたとブラナーは語っています。

しかしながら、争いと関係ない音楽や映画の場面はカラーにしています。つまり芸術は明るく平和的だということです。

ただ、白黒映像ってものすごく強いと感じさせます。わたしたちの脳みそにこびり付いて離れません。

本映画『ベルファスト』を観て、アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』を想起した人も多いと思います。

こちらも1970年代のメキシコで起きた争いをテーマしています。偶然ではありますが、残酷かつ悲劇的な物語を白黒で捉えるとより一層、心の琴線を刺激する効果があるようです。

適切な表現かわかりませんが、ホラー映画などの恐ろしい映像に軽やかなクラシック音楽が付けれると恐怖感が増すのと同じ効果があるのかもしれません。

あるいはわたしたち日本人は毎年、終戦記念日が近づくと第二次大戦の白黒映像を見て、「暗い気持ち」と「懺悔感」に襲われるのも同様の効果なのかもしれません。

【反戦映画】『ある人質 生還までの398日』ネタバレ・あらすじ「後藤健二さんを思い出してしまう」感想「イスラム国側の視点も欲しい」結末

映画『ある人質 生還までの398日』ネタバレ・あらすじ「後藤健二さんを思い出してしまう」感想「イスラム国側の視点も欲しい」結末
映画『ある人質 生還までの398日』ネタバレ・あらすじ「後藤健二さんを思い出してしまう」感想「イスラム国側の視点も欲しい」結末 映画『ある人質 生還までの398日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ある人質 生還までの398日』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ある人質 生還までの398日』の作品情報・概要実話映画。デンマークで体操選手として活躍していたダニエルが、足を負傷して新たな夢である写真家を目指す。当時24歳だったダニエルはシリアへ取材へ向かう。そして2013年5月から翌2014年6月まで、398日間にわたってシリアで過激派組織IS(イスラム国)に拉致・監禁される。デンマーク政府は「テロリストとは一切交渉しない」ため家族がダニエル救出のための身代金を集める。そして奇跡の生還を果たす。ダニエルと共に監禁されていたアメリカ人ジャーナリスト・ジェームズ・フォーリーの人柄も描かれている。また人質救出の専門家という“特殊な存在”の人物の活躍も描かれている。ニールス・アルデン・オプレブ監督作品
スポンサーリンク

映画『ベルファスト』の結末

ということは本映画『ベルファスト』をカトリック、プロテスタントの人たちが観ると、より一層、心にズシリと響くことがわかってきます。

わたしたち日本人以上に重たくのしかかってくるのではないでしょうか。ケネス・ブラナーの自伝的映画を通して、自らの出自と過去への郷愁と反省。

そして、「争いは無益なこと」「共に平和を築こう」と思わたことが世界中でヒットしているのだと思います。

さて、本映画『ベルファスト』の撮影技術はとても素晴らしいと思います。

本来ならフィルムで撮りたかったとのことですが、ブラナーの自伝的映画ということで、予算が集まらなかったそうです。

ですから、デジタルで白黒で撮影しています。撮影に於いては、ほとんど自然光を用いているのではないでしょうか。

バディ(ジュード・ヒル)とじいちゃん(キアラン・ハインズ)が病院内で会話する場面でわかります。

二人の顔を交互に捉えるのですが、じいちゃんの背景の光が不安定なのです。おそらく外光、つまり太陽に雲などがかぶったりして、明暗が出ているのだと思います。

もしスタジオ撮影でしたら、光は一定に保たれますから、このような現象起きません。それはそれで良いと思います。

それと美しいボケ感も特徴的です。人物の背景はとても気持ちよくボケています。被写界深度も浅いです。

開放値まではいっていないところがミソです。レンズも極端なワイドレンズを使っていないと思います。

左右の歪みがまったくありません。移動ショットはクレーンと手持ちを駆使しているのが、印象的でした。

美術品、調度品も当時のものをうまく配置していたと思います。わたしは衣装に目がいきました。

母さん(カトリーナ・バルフ)のミニスカートです。女性のミニスカートは社会進出の象徴と言われています。1960年代はイギリスも北アイルランドでも、女性が「声をあげる」時代だったと言われています。

そのアイコンがツイッギーのミニスカートです。彼女に影響された女性たちは「前で出ても良いのだ」と一斉に自己主張のためにミニスカートを履いたと思います。

これは素晴らしいですね。

それとバディの短パン姿に「貧しさ」が出ていました。個人的な経験ですが、わたしの幼少時代、貧乏な家の子どもは年中短パンでした。

【反戦映画】『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能に完落ち」結末

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能に完落ち」結末
映画『ライフ・イズ・ビューティフル』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊!」感想「ベニーニの才能の完落ち」結末映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ライフ・イズ・ビューティフル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ライフ・イズ・ビューティフル』の作品情報・概要『ライフ・イズ・ビューティフル』原題『La vita è bella』英題『Life Is Beautiful』1997年のイタリア映画。ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演作品。共演は妻のニコレッタ・ブラスキ。第二次世界大戦の始まりから終結のイタリアが舞台。ナチスドイツのユダヤ人迫害(ホロコースト)を、ユダヤ系イタリア人の親子の視点から描いた愛が溢れた映画。第51回カンヌ国際映画祭(1998年)で審査員グランプリを受賞。第71回米国アカデミー賞(1999年)で作品賞ほか7部門にノミネートされ、主演男優賞、作曲賞、外国語映画賞を受賞。ロベルト・ベニーニは外国語でのアカデミー主演男優賞を受賞した初めての男優となる。
スポンサーリンク

映画『ベルファスト』のキャストについて

母さん(カトリーナ・バルフ)
ばあちゃん(ジュディ・デンチ)
父さん(ジェイミー・ドーナン)
じいちゃん(キアラン・ハインズ)
コリン・モーガン
バディ(ジュード・ヒル)

【反戦映画】『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。

スポンサーリンク

まとめ 映画『ベルファスト』一言で言うと!

「映画って芸術です」

映画『FUNAN フナン』ネタバレ・あらすじ「善悪がテーマではない」感想「母親の物語」結末

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子最高!」感想「三田佳子vs世良公則&高木美保共演」結末「蜷川幸雄絶好調」その後『バブルの悲劇』が日本を襲う

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【美少年が観られる映画】

映画『ハニーボーイ』

ノア・ジュプとルーカス・ヘッジズは綺麗な顔です

映画『ハニーボーイ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。シャイア・ラブーフ自伝「“毒親”と“PTSD”との戦いは終わるのか」映画で立ち直るしかない。
映画『ハニーボーイ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。シャイア・ラブーフ自伝「“毒親”と“PTSD”との戦いは終わるのか」映画で立ち直るしかない。映画『ハニーボーイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハニーボーイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハニーボーイ』の作品情報・概要『ハニーボーイ』原題『Honey Boy』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。アルマ・ハレル監督作品。主演はルーカス・ヘッジズ。俳優のシャイア・ラブーフの自伝的映画であり、本作の脚本を書き上げた。子役スターの栄光と挫折を“毒親”と関係から派生したPTSDを克服する様も描いている。Honey Boyはラブーフの子供時代のニックネーム。

映画『永遠に僕のもの』

ロレンソ・フェロ&チノ・ダリンの純愛ゲイ物語

映画『永遠に僕のもの』実話はロレンソ・フェロ&チノ・ダリンの純愛ゲイ物語。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ペドロ・アルモドバル製作
1971年、アルゼンチンで起きた凶悪事件をモチーフに描かれています。犯人は若く美しい少年であった。残虐な手口ががさらに神秘性を高めた。本作はペドロ・アルモドバルが製作し、主演に新鋭ロレンソ・フェロを迎えて作られました。すでにアルゼンチンでは大ヒットしています。本作のテーマにはLGBTQへの理解も込められています。

映画『仮面の男』

レオナルド・ディカプリオが一番輝いている時代

映画『仮面の男』ネタバレ・あらすじ・感想・まとめ。レオナルド・ディカプリオが一番輝いている時代。作品はコケました。
映画『仮面の男』公式サイトにて作品情報・キャスト等の紹介をしています。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『仮面の男』(132分/アメリカ/1998) 原題『The Man in the Iron Mask』 ...

映画『エデンの東』

「ジェームズ・ディーンは永遠なり」

映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ「聖書を読めば深く理解できる物語」感想「ジェームズ・ディーンは永遠なり」結末
映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。聖書を読めば深く理解できる物語。ジェームズ・ディーンは永遠なり。映画『エデンの東』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エデンの東』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『エデンの東』の作品情報・概要『エデンの東』原題『East of Eden』1955年公開のアメリカ映画。監督は『欲望という名の電車』『波止場』のエリア・カザン。原作はジョン・スタインベックの同名小説。主演はジェームズ・ディーン。本作で世界の大スターになるが、公開後、事故死。共演がジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、ジョー・ヴァン・フリート、リチャード・ダヴァロス、バール・アイヴス。音楽はレナード・ローゼンマン。第28回アカデミー賞で監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞にノミネート。ジョー・ヴァン・フリートがアカデミー助演女優賞を受賞した。第8回カンヌ国際映画祭劇映画賞も受賞している。アメリカ人が愛する映画。

映画『明日に向かって撃て!』

ニューマン&レッドフォードの哀愁歌

映画『明日に向かって撃て!』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。バート・バカラック「雨にぬれても」がニューマン&レッドフォードの哀愁歌
映画『明日に向かって撃て!』公式サイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。本映画のネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を書いています。ジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードが組んで第42回アカデミー賞で撮影賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞を獲得しました。実在の強盗ブッチ・キャシディの生涯を描いています。アメリカン・ニューシネマの代表的な作品です。

映画『勝手にしやがれ』

フランス一番のイケメンはジャン=ポール・ベルモンド

映画『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末
映画『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末映画『勝手にしやがれ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『勝手にしやがれ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画映画『勝手にしやがれ』の作品情報・概要『勝手にしやがれ』原題『À bout de souffle』英題『Breathless』1959年製作のフランスの映画。ジャン=リュック・ゴダール長編デビュー作。1960年、ベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞)受賞。原案はフランソワ・トリュフォーで、実際にあった事件をモチーフに製作された。「ヌーヴェルバーグ」の先駆け的映画。石原慎太郎著作・脚本『狂った果実』の影響あり。

映画『若い人(1962)』

石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」

映画『若い人(1962)』ネタバレ・あらすじ・感想。教師の石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」の浅丘ルリ子との三角関係。
映画『若い人(1962)』ネタバレ・あらすじ・感想。教師の石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」の浅丘ルリ子との三角関係。 映画『若い人(1962)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『若い人(1962)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『若い人(1962)』の作品情報・概要 『若い人』は、石坂洋次郎の長編小説を映画化。映画化は本作を含めて4作品。テレビドラマにおいても数本ある人気作。ミッションスクールの男性教員と女子生徒と同僚の教員との三角関係を交えて映像化。監督は『伊豆の踊子(1974)』『潮騒 しおさい(1975)』 『絶唱(1975)』の西河克己。主演は『あいつと私(1961)』などの石原裕次郎と『キューポラのある街』の吉永小百合。共演は『夜霧よ今夜も有難う』などの浅丘ルリ子。

映画『さよなら くちびる』

成田凌くんは良い男だ

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

 

スポンサーリンク

映画『ベルファスト』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ケネス・ブラナー
製作
ローラ・バーウィック ケネス・ブラナー ベッカ・コバチック テイマー・トーマス
脚本
ケネス・ブラナー
撮影
ハリス・ザンバーラウコス
美術
ジム・クレイ
衣装
シャーロット・ウォルター
編集
ウナ・ニ・ドンガイル
音楽
バン・モリソン
母さん(カトリーナ・バルフ)
ばあちゃん(ジュディ・デンチ)
父さん(ジェイミー・ドーナン)
じいちゃん(キアラン・ハインズ)
コリン・モーガン
バディジュード・ヒル
2021年製作/98分/G/イギリス
原題:Belfast
配給:パルコ

タイトルとURLをコピーしました