アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』は巨匠、フェリーニ、ビスコンティーを彷彿される芸術映画だ。ネタバレ、感想、評価

スポンサーリンク
2019年製作
ROMA/ローマ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
政治的混乱に揺れる1970年代のメキシコ。ひとりの家政婦と雇い主一家の関係を、アカデミー賞受賞監督アルフォンソ・キュアロンが鮮やかに、かつ感情豊かに描く。

 

『ROMA/ローマ』(135分/メキシコ・アメリカ/2018)

原題『Roma』

監督 アルフォンソ・キュアロン

 

スポンサーリンク

トップカットからエンドカットまですべてが計算された芸術映画である。その中で展開する人間の心情もまた芸術である。

キュアロンの映像美は1970年代のメキシコROMAに起因するのだろう

とにかくこの映画は全編、全分が芸術だ。構図も美術も脚本も演技も全てが美しい。美しいから芸術性が高いのかと聞かれたら、迷わずこの映画は「そうだ」と言い切る。トップカットがすごい。かすかに鳥のさえずりと共にタイル地の床が映し出される。そのタイルに水が流される。音で掃除しているのがわかる。タイルを流れる水が太陽に照らされて湖の水面のように光る。そこに映し出されて、また水が流されて消える映像の数々にこれから登場する人たちの心情が見えてくる。そして飛行機がその水面を横切って行く。とてもキザだ。でもキュアロンならでは映像美だ。うっとりしてしまう。

固定ショットと移動ショットに込められている意味が深い

そしてだ、先ほどまできっちりと固定で撮られていたショットが手持ち映像に変わる。その動きが曖昧な雰囲気で、しかも長回しをしているから、観ているこちらはどこか不安な気持ちになってくるのだ。これもキュアロンの狙いだと思う。実際、物語は終始ナイフのエッジでも歩いているような危機感を含みながら進んでいくのだ。

混乱の1970年代のメキシコ、その時代に生きた市井の人々は、、、。

物語は1970年代のメキシコ。インディオのクレオは医者であるアントニオ一家の家政婦として働いている。朝から晩まで休みなく働く。幸い妻のソフィアとその子供4人、祖母は皆優しいのが救いだ。大抵、この時代は白人過程で働くインディオの人たちの待遇は良くない。しかし、この夫婦の関係はすでに破綻している。夫は出張と言って女のところへ言ってしまう。クレオも恋人が出来て妊娠するが、恋人に捨てられてしまう。ソフィアとクレオはその点で気持ちが交差するのだろう。

自分が置かれている現状をどう打破するのかが大事

当時のメキシコは政府に対して若者が抗議活動を行っていた。クレオとソフィアの心情を平坦に表しながらも、時代が変わる激しさの中で生きて行く様子を丁寧に描いている。無責任な言い方かもしれないが、自分の外で起きていることより、自身に起きていることの方が遥かに大切なことだと痛感する。そりゃそうだろう。若者が必死に国を良くしたい気持ちはわかるが、今自分が置かれている現状をどうやって乗り切るかの方にエネルギーを費やすの正常だと言える。

メキシコはメキシコのままである。変わらない、いや変わる必要なない

メキシコは何度か行ったことがある。ずっとメキシコはメキシコなのだ。何も変わらないのだ。変わって欲しくない。初めてメキシコへ行った時、出会った人たちは「明日はもっと豊かになる」と言っていた。五年後行ってみたら、相変わらず貧乏で何も変わってなかった。でも彼らはとても陽気でハッピーだった。さらに数年後行ってみても何も変わっていなかった。それがメキシコだと納得したのだ。

フェリー二とヴィスコンティーを彷彿させるキュアロンの映像世界にため息がでる

さて、この『ROMA/ローマ』を観ていてフェリー二の『道』とヴィスコンティー『若者のすべて』を思い出した。なぜだろう。前者はザンパーノがジェルソミーナを捨てる場面、後者は貧しくとも懸命に生きる若者の姿にだ。黒白映画だからだと思うが、どことなくもの悲しさが伝わってきて目頭が熱くなってしまったのだ。

映画はクレオの妊娠、死産、喪失とソフィアの離婚、苦悩、復職を最後の最後でうまくまとめている。映画の各所に飛行機が飛んでいく。それがまた良い演出だ。冒頭に水面の飛行機の意味がわかる。それは明日への希望かもしれないし、ひょっとしたらここから脱出したいというメッセージかもしれない。

以下、スペイン語繋がりの映画

『誰もがそれを知っている』(133分/西・仏・伊/2018)

ペネロペ・クルス主演映画『誰もがそれを知っている』ネタバレ、あらすじ、評価。知らないフリをするのが優しさ。
映画『誰もがそれを知っている』は人間とは人の秘密を知りたい生き物である、それとも秘密を知ることで自分と他者を比べることで自己満足する生き物なのであるとのメッセージにも聞こえる。秘密を知った感情をコントロールすることはとても重要であり、それが決壊すると全ての調和が崩れ、もう元には戻れない危険性を帯びている。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末
映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』ネタバレ・あらすじ「平野紫耀vs橋本環奈の美男美女」感想「焦れったいすぎる」結末「もう続編ないでしょ!」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『第三夫人と髪飾り』ネタバレ・あらすじ「一夫多妻の時代“愛のレッスン”は芸術的“官能美”」感想「新しい才能アッシュ・メイフェア監督登場」結末「現代ベトナム女性は自由?」

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメ芸術感満載の映画】

映画『ばるぼら』

2020年一番の芸術映画間違いなし!

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。映画『ばるぼら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ばるぼら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ばるぼら』の作品情報・概要『ばるぼら』は手塚治虫が『ビッグコミック』(小学館)で1973年(昭和48年)7月10日号から1974年(昭和49年)5月25日号まで描いた大人向けの漫画である。当時の手塚治虫の苦悩を投影したと言われている。手塚の実子でヴィジュアリストであり、映画監督の20手塚眞が実写化し2020年11月20日に公開された。主演は稲垣吾郎と『人間失格 太宰治と3人の女たち』『糸』二階堂ふみ。共演は『37セカンズ』『閉鎖病棟 それぞれの朝』の渋川清彦、『人数の町』『楽園』石橋静河、美波、大谷亮介ら。撮影監督は『ある船頭の話』クリストファー・ドイル。

映画『サスペリア』

最強芸術映画です

最恐芸術『サスペリア』はリメイクはオリジナルを凌駕する。映画館は沈黙に包まれた。
ルカ・グァダニーノ監督の『サスペリア』は1997年のリメイクとされているが最早オリジナル作品だ。ジャンルはホラーとか芸術とか分けがちだが、凌駕している。映画館でこの作品を観るときは沈黙に包まれ、スクリーンからの光を浴びて心地よい。後日まで心身に残る。映画とはこう言うモノだと知らしめてくれる映画だ。ネタバレしない記事です

映画『マリッジ・ストーリー』

男女の距離感がとても芸術的です

映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。
映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。映画『マリッジ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリッジ・ストーリー』公式サイトを紹介し作品情報・キャスト情報もご確認できます。j映画『マリッジ・ストーリー』の作品概要『マリッジ・ストーリー』原題『Marriage Story』2019年の米英合作のコメディドラマ映画。ノア・バームバック初監督作品。主演はアダム・ドライヴァーとスカーレット・ヨハンソン。ローラ・ダーン、アラン・アルダ、レイ・リオッタ共演。2020年(第92回)アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、作曲賞、脚本賞にノミネートされた。製作会社 ヘイデイ・フィルムズ、Netflix。

映画『ゴッドファーザー』

陰影が恐ろしさを助長します

映画『ゴッドファーザー』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。コッポラvsブランドvsパチーノが描く「家族愛」世界最高映画。支配の先に光は見えず。
映画『ゴッドファーザー』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。コッポラvsブランドvsパチーノが描く「家族愛」世界最高映画。支配の先に光は見えず。 映画『ゴッドファーザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ゴッドファーザー』の作品情報・概要 ゴッドファーザー』原題『The Godfather』1972年に公開されたアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督作品。マーロン・ブランド主演。マリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』を映画化。公開されるや否や大ヒット。当時の興行記録を塗り替える。第45回アカデミー賞でアカデミー賞で「作品賞・主演男優賞・脚色賞」を受賞した。1990年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。当時としてはタブーであったマフィアネタを映画として真正面から扱った画期的な作品。マーロン・ブランドは落ち目であったが本作出演で絶対的な地位を確立した。

映画『レイジング・ブル』

スクリーンに引き込まれるほど美しくて怖い

映画『レイジング・ブル』ネタバレ・あらすじ・作品情報・評価。マーティン・スコセッシvsロバート・デ・ニーロのボクシング映画最高傑作。
映画『レイジング・ブル』ネタバレ・あらすじ・作品情報・評価。マーティン・スコセッシvsロバート・デ・ニーロのボクシング映画最高傑作。映画『レイジング・ブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レイジング・ブル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『レイジング・ブル』の作品概要 『レイジング・ブル』原題『Raging Bull』1980年公開のアメリカ映画。監督はマーティン・スコセッシ(映画『アイリッシュマン』)主演はロバート・デ・ニーロ。第53回アカデミー主演男優賞を獲得。実在のプロボクサー、ジェイク・ラモッタの自伝を元にポール・シュレイダー(『魂のゆくえ』)とマーディク・マーディンが脚本を担当した。かつてボクシングの世界ミドル級チャンピオンであったジェイク・ラモッタの半生を映画化。ジェイクを取り巻く人間関係、弟、妻、マフィアなどを通してジェイクの波乱万丈の人生を描く。暴力について訴求している。

映画『ミリオンダラー・ベイビー』

死の瞬間はこれほど美しいのだろうか
https://undazeart.com/million-dollar-baby/

映画のことなら映画.comより引用

 

スタッフ

監督 アルフォンソ・キュアロン
製作 ガブリエラ・ロドリゲス 
アルフォンソ・キュアロン ニコラス・セリス
製作総指揮 ジェフ・スコール

キャスト
ヤリッツァ・アパリシオ クレオ
マリーナ・デ・タビラ ソフィア
マルコ・グラフ
ダニエラ・デメサ
カルロス・ペラルタ

作品データ
原題 Roma
製作年 2018年
製作国 メキシコ・アメリカ合作
上映時間 135分
映倫区分 R15+

タイトルとURLをコピーしました