映画『罪の声』実話?ネタバレ・あらすじ「団塊の世代はfossil(化石)」「学生運動」の残党が真犯人?感想「小栗旬は俳優最盛期と言える」結末「身勝手な正義を強要した悲劇」

スポンサーリンク
映画『罪の声』実話?ネタバレ・あらすじ「団塊の世代はfossil(化石)」「学生運動」の残党が真犯人?感想「小栗旬は俳優最盛期と言える」結末「身勝手な正義を強要した悲劇」2020年製作

映画『罪の声』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『罪の声』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『罪の声』
(142分/G/日本/2020)

【監督】
土井裕泰
【原作】
塩田武士
【脚本】
野木亜紀子
【プロデューサー】
那須田淳 渡辺信也 進藤淳一
【撮影】
山本英夫
【照明】
小野晃
【録音】
加藤大和
【美術】
磯見俊裕 露木恵美子
【編集】
穗垣順之助
【音楽】
佐藤直紀
【主題歌】
Uru
【出演】
小栗旬
星野源
松重豊 古舘寛治 宇野祥平 篠原ゆき子
原菜乃華 阿部亮平 尾上寛之 川口覚
阿部純子 市川実日子 火野正平 
宇崎竜童 梶芽衣子
【HPサイト】
映画『罪の声』公式サイト
【予告映像】
映画『罪の声』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『罪の声』のオススメ度は?
  2. 映画『罪の声』の作品情報・概要
  3. 映画『罪の声』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『罪の声』の感想・内容
    1. 原作者・塩田武士さんの想像力と創造性に驚愕する
    2. 「子どもが巻き込まれた」ことを想像するとなんとも痛ましい事件だと言える
    3. 脚本家・野木亜紀子さんの才能と技量も素晴らしい
    4. 小栗旬と星野源はまさにはまり役の「見事な演技」
    5. 「自分の声が犯罪に使われていたとは、、、」という衝撃
    6. 阿久津英士(小栗旬)は上司の水島洋介(松重豊)と鳥居雅夫(古舘寛治) から「『ギン萬事件』を取材しろ」と命令される
    7. 俊也は「一体誰が俺の声を録音したのか?」阿久津は「事件の首謀者は誰なのか?」
    8. 小栗旬の冷静と淡々とした“怒り”に震えを覚える
  5. 映画『罪の声』の結末・評価
    1. 犯人像を学生運動の残党に選んだことが良い“団塊の世代”の人たちです
    2. 身勝手な正義「警察や社会に見せつけたかった」と言うが「何も変わらなかった」
  6. 映画『罪の声』のキャストについて
    1. 阿久津英士(小栗旬)
    2. 曽根俊也(星野源)
    3. 水島洋介(松重豊)
    4. 鳥居雅夫(古舘寛治)
    5. 生島総一郎(宇野祥平)
  7. まとめ 映画『罪の声』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【ジャーナリストが活躍する映画】
      1. 映画『コクリコ坂から』
      2. 映画『ライブリポート』
      3. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
      4. 映画『トゥルー・クライム』
      5. 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』
      6. 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
      7. 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』
      8. 映画『スキャンダル』
      9. 映画『リチャード・ジュエル』
      10. 映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』
      11. 映画『マチネの終わりに』
      12. 映画『新聞記者』
      13. 映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』
  9. 映画『罪の声』の作品情報

映画『罪の声』のオススメ度は?

4.0

4つです

面白いです

原作がしっかりしています

脚本も良いです

もちろん役者陣も素晴らしい

小栗旬「ステキ」

星野源「真面目」

引き込まれる映画です

スポンサーリンク

映画『罪の声』の作品情報・概要

『罪の声』(つみのこえ)塩田武士のサスペンス小説。講談社にて2016年発表。『グリコ・森永事件』をモチーフに子どもの声を主軸に解き明かす物語。塩田武士が大学生時代に本事件関連の書籍を読み「自分と同世代の子どもの声が」に衝撃を受けて構想を練る。実に20年近くかけて書き上げる。映画化には土井裕泰監督で小栗旬と星野源のW主演で公開。

スポンサーリンク

映画『罪の声』のあらすじ・ネタバレ

京都でテーラーとして生業を立てる曽根俊也(星野源)は、押入れの中から懐かしい子ども時代の歌声の入ったカセットテープを見つけ聴いていた。亡き父親の声も入っている。しかし途中で「きょうとへむかって いちごうせんを にきろ ばーすてーい じょーなんぐちの べんちの こしかけ」に変わる。聞き覚えのある声だ。そう、かつて日本中を恐怖のどん底に陥れた『ギン萬事件』の子どもの声だ。「まさか自分が、、、」の衝撃から独自に調査を始める。「誰が録ったのだろう」を求めて。一方、大日新聞の文化部でペラペラの記事を書いていると上司からからかわれている阿久津英士(小栗旬)は突如、『ギン萬事件』を洗い直せと命令される。「過去を掘り起こして何になる?」と固辞するが仕方なく取材することに。すると次々と新たな真相が浮かび上がってくることに。そして阿久津はかつて社会部の記者であったかのように夢中になって取材を重ねることに、、、。

スポンサーリンク

映画『罪の声』の感想・内容

原作者・塩田武士さんの想像力と創造性に驚愕する

『罪の声』観ました。「とても素晴らしい映画」でした。まず原作がすばらしいと思います。塩田武士さんです。

事件の家族あるいは関係者であろう子どもの声を主軸に描いた作品です。原作者・塩田武士さんが子どもの声を主軸に物語を書くと言う発想が作家としての素晴らしさを表しています。

本映画『罪の声』は昭和最大の未解決事件である『グリコ・森永事件』をモチーフにした作品です。この事件を元に書かれた小説はたくさんあります。

しかし本映画『罪の声』のように子どもの声を主軸に描いたものはありません。

「子どもが巻き込まれた」ことを想像するとなんとも痛ましい事件だと言える

ゆえに原作者の塩田武士さんの想像力の高さに驚かされたのです。

確かに「もし自分があの声の持ち主であったのなら」大きな葛藤を抱えて人生を過ごしていると思います。もちろん幼少時の記憶はないかもしれません。

いまどこかで「わたしの声かも」と思い当たる人がいるのであれば、本映画『罪の声』の三人の子どものように心中は苦しいのではないでしょうか。

「子どもが巻き込まれた」ことを想像するとなんとも痛ましい事件だと言えます。

さらにこの大事件に巻き込まれてリストラされた人々、連鎖倒産に追い込まれた人たち、自ら命を絶った人や未だに心に闇を抱えている人もいるのだろうと改めて思うと胸が痛みます。

脚本家・野木亜紀子さんの才能と技量も素晴らしい

さて本映画『罪の声』は原作も良いのですが脚本も素晴らしいといえます。脚本は野木亜紀子さんです。野木さんが2時間22分に纏め上げています。

原作から読み取るとテレビドラマにして、ワンクール並みの内容です。また映画にするのなら4時間くらいの尺が必要になる物語です。

野木さんの手腕で要所要所を拾い集めて見事、2時間22分人まとめあげています。才能もありますが技量の高さに驚かされました。

小栗旬と星野源はまさにはまり役の「見事な演技」

そして俳優陣。小栗旬と星野源はまさにはまり役でした。見事な演技です。

特に小栗旬は「一番脂がのっている時期」に、この新聞記者という役を演じた事は大きな意義があるのではないでしょうか。

今後の役者人生にどう活かされるのかとても楽しみです。

星野源はミュージシャンですが最近テレビドラマに出演してコミカルな演技で注目を集めています。

映画においてはまだまだ未知数だと思っていましたが、見事に罪の声の当事者をやりきっていたと思います。

彼は体が細く動きも繊細なのでテーラーという職人の生き方が「なんてステキなのだろう」と思わせてくれました。

「自分の声が犯罪に使われていたとは、、、」という衝撃

さて本映画『罪の声』は二人の人物がそれぞれの問題を解決しようと単独で動いてますが、最終的には考えが一致して解決する物語構成となっています。

間違いなくバディムービーです。

曽根俊也(星野源) はテーラーとして妻と娘、そして末期ガンの母と京都で暮らしています。素朴な男です。

ある日、押入れの中から古いカセットテープを見つけました。再生すると懐かしい自身の歌声が聴こえてきます。

しかし直後に「きょうとへむかって いちごうせんを にきろ ばーすてーい じょーなんぐちの べんちの こしかけ」という声です。

記憶にはないが間違いなく自分の声です。しかも聞き覚えがある内容です。そうです。世間を騒がせ恐怖のどん底に陥れた『ギン萬事件』です。

当時の俊也は幼くて知りませんでしたが、あまりにも有名な事件なのである程度は知っていました。

それから俊也は「自分の声が犯罪に使われていたとは、、、」と衝撃を覚えます。

阿久津英士(小栗旬)は上司の水島洋介(松重豊)と鳥居雅夫(古舘寛治) から「『ギン萬事件』を取材しろ」と命令される

一方、大日新聞の文化部でペラペラの記事を書いている阿久津英士(小栗旬) に上司の水島洋介(松重豊)と鳥居雅夫(古舘寛治) から「『ギン萬事件』を取材しろ」と命じられます。

今さら35年前の事件を調べたところで何の価値もないと固辞しますが、命令ですからやらざるを得ません。

上司たちは当時、首謀者である「くらま天狗」と名乗る犯人グループに散々と舐めらた忸怩たる思いがあります。

犯人を追い詰めるどころが翻弄されて終わった事件です。その事件の真相を暴かない限り新聞社としての名誉は保てないと考えているのです。

それをもう一つ、かつて社会部で敏腕記者だった阿久津にもう一度奮起してして欲しいという気持ちもありました。

俊也は「一体誰が俺の声を録音したのか?」阿久津は「事件の首謀者は誰なのか?」

こうしてそれぞれの事情から曽根俊也(星野源) と阿久津英士(小栗旬) は『ギン萬事件』追及へと踏み込んでいきます。そして二人は出会うのです。

俊也は「一体誰が俺の声を録音したのか?」が本題です。阿久津は「事件の首謀者は誰なのか?」になります。

二人の集めた情報を精査すると次々と犯人像が浮かんできます。しかしながらすでに故人も多く、中々進展しません。

俊也にとってもうひとつ重要なことは「他の子どもたちの安全」があります。それを阿久津に託します。

小栗旬の冷静と淡々とした“怒り”に震えを覚える

本映画『罪の声』は松本清張の『点と線』あるいは『砂の器』を彷彿させるように、ひとつ一つの事実を積み重ね交差させながら進展していくので、とてもスリリングです。

全く飽きさせません(ただ会話劇中心なのが少し気になります)最終的には事件の「首謀者」と「誰が録音したのか」がわかります。

事件を起こした人物に怒りをぶつける阿久津が素晴らしいです。

「あなたの身勝手な思い込みのせいで」とか「あなたの権力への逆恨みから」とか「あなたの正義の犠牲になった子どもたちがいる」などと投げつけます。

観ているわたしも怒りを張り上げたいのですが、演じる小栗旬さんがあまりにも冷静に淡々に語る方が説得力があるのです。素晴らしかったです。

スポンサーリンク

映画『罪の声』の結末・評価

犯人像を学生運動の残党に選んだことが良い“団塊の世代”の人たちです

本映画『罪の声』はもちろんフィクションですが、犯人像を学生運動の残党に選んだことがとても良いと思います。

つまり団塊の世代です。

彼らほど役に立たない人たちはいません。本当に彼らは後の世代に負の遺産しか残していません。

自分たちの正義を押し付けることで「脅しビジネス」を展開して良い人アピールをしている人たちです。

体制や権力に反対することで真の民主主義の実現、もしくは共産革命を目指しているわけですが、結局のところ毎日がお祭りで何も日本の財産になるものは残さなかったのです。

おそらく原作者の塩田武士さんは新聞記者時代に団塊の世代の残党たちと言われる上司に悩まされたのではないかと思います。

「過去の墓起こしをして何になるのか?」と阿久津が言い放つ場面でわかりました。

報道に自由とか、真実は何かなどと綺麗事を並べ立てる新聞社やテレビ局などのマスコミこそ旧態然としていて「人の不幸をエンタメ化して商品として儲けている」だけなのです。

本映画『罪の声』では阿久津がかつて社会部時代の自分を語る場面で明らかにしています。

身勝手な正義「警察や社会に見せつけたかった」と言うが「何も変わらなかった」

本映画『罪の声』の結末で阿久津が曽根達雄(宇崎竜童)が「警察や社会に見せつけたかった」と言った言葉に対して「それで何かが変わったのですか?何も変わりません」

さらに「あなたは子どもの運命を変えてしまった」と言います。続けて「(甥の)俊也さんから伝言があります。私は決してあなたのようにはならない、決して!」

それを聞いて達雄は絶句します。ここの場面は震えました。

そして俊也も幼い自分の声を録音した人物と対決、いや対話します。

母・曽根真由美(梶芽衣子)です。彼女は達雄と同じく学生運動に没頭していました。

理由は父親が窃盗の罪を被せられて自殺したことに対する恨みからです。権力への恨みです。しかし俊也の父に出会って闘争をやめます。

俊也も生まれて幸せな日々でしたが、そこへかつての仲間である達雄が現れて「声を録ってくれ」と頼まれます。

最初は躊躇したけれど、何か弾けます。「奮い立った」そうです。

父を失った悲しみと怒り、そして学生運動へ闘志を燃やしていたあの頃の想いを思い出して「奮い立った」のです。

それを聞いて俊也は「そんなことのために俺の声を録音したのか」と冷静に言います。

もう母は死期が近いので厳しいことは言いません。

しかしその表情には「この声の子どもたちはずっと苦しんでいる」というメッセージは伝わってきました。

とても良い映画でした。 

スポンサーリンク

映画『罪の声』のキャストについて

阿久津英士(小栗旬)

大日新聞文化部記者。かつては社会部。上司の命令で『ギン萬事件』を取材することに。最初はやる気なさげだが、次第にのめり込んでいく。この取材をきっかけに社会部へ戻ることに。小栗旬さん「ステキ」でした。もう最高に素晴らしかったです。俳優人生の最盛期ではないでしょうか。また新たな境地に達した感がありました。

曽根俊也(星野源)

職業はテーラー。妻と娘あり。母は末期ガンで入院中。押入れの奥からカセットテープを発見。再生すると自分の声が。あの『ギン萬事件』の子どもの声だった。独自に調査を開始する。

水島洋介(松重豊)

大日新聞・元社会部記者。かつて『ギン萬事件』を取材していた。しかし結局は犯人グループに翻弄されて終わり。忸怩たる想いがある。新聞社としての名誉を挽回したい。

鳥居雅夫(古舘寛治)

大日新聞社会部デスク。『ギン萬事件』当時は新人記者だった。 阿久津英士をなんとか社会部へ戻したい思いから指名する。

生島総一郎(宇野祥平)

子どもの声の男の子の一人。事件後、父は殺され、母と姉ととらわれの身になる。逃亡生活に入る。目も見えなくなる。

スポンサーリンク

まとめ 映画『罪の声』一言で言うと!

「恐るべし!塩田武士」

本当に面白い物語だと思います。まず子どもの声に主軸を置くところが秀逸です。塩ただんが大学生の頃から温めてきた作品ということも驚きました。一時書こうと編集者に相談したところ「筆力がまだ足りない」と言われてストップしたそうです。その後、自身に子どもが生まれたことも良い作品に繋がったそうです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ジャーナリストが活躍する映画】

映画『コクリコ坂から』

間違いなく将来は「ジャーナリスト」になるでしょう

映画『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。
映画『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。 映画『コクリコ坂から』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コクリコ坂から』公式サイトおよび、IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『コクリコ坂から』の作品情報・概要『コクリコ坂から』英題『From Up On Poppy Hill』は、佐山哲郎の原作、高橋千鶴の作画による日本の漫画をスタジオジブリがアニメ映画として製作。宮崎駿と丹羽圭子が脚本制作。監督は宮崎吾朗。1963年の横浜を舞台に織りなす恋愛青春映画。朝鮮戦争によって生まれた禁断の愛と若者の生き方を描いている。“団塊の世代”への郷愁映画とも言える。声優は長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子ら。主題歌を手嶌葵が唄う

映画『ライブリポート』

新しいスタイル「生配信」を確立した女性たち

映画『ライブリポート』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「さすがハリウッド!」文化・芸術に投資する心意気を評価!
映画『ライブリポート』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「さすがハリウッド!」文化・芸術に投資する心意気を評価!映画『ライブリポート』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ライブリポート』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ライブリポート』の作品情報・概要『ライブリポート』原題『Line of Duty』2019年制作のイギリス・アメリカ合衆国のクライム・スリラー映画。アーロン・エッカート主演・製作総指揮。コートニー・イートン、ディナ・メイヤー共演。犯罪を追いかける警察官が犯人逮捕までを“生配信”で放送するで女性ジャーナリトの姿を描いている。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

年老いたサッチャーを取材して

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報・概要『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』原題『The Iron Lady』メリル・ストリープ主演で、第84回アカデミー賞においても主演女優賞を受賞。英国首相のマーガレット・サッチャーに“なりきり”演技が注目を集めた。共演はジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、リチャード・E・グラント、オリビア・コールマン、アレクサンドラ・ローチら。

映画『トゥルー・クライム』

クリント・イーストウッドがスケべな「新聞記者」を演じてます

映画『トゥルー・クライム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。等身大のクリント・イーストウッド。「死刑制度」「黒人差別」を正面から捉えた名作。
映画『トゥルー・クライム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。等身大のクリント・イーストウッド。「死刑制度」「黒人差別」を正面から捉えた名作。映画『トゥルー・クライム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トゥルー・クライム』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『トゥルー・クライム』の作品情報・概要『トゥルー・クライム』原題『True Crime』1999年のドラマ映画。クリント・イーストウッド監督・主演作品。作家アンドリュー・クラヴァンの小説『真夜中の死線』(True Crime, 1995年)の映画化。当時の恋人フランシス・フィッシャーと愛娘フランチェスカも出演している。黒人差別問題と冤罪と死刑制度について言及している名作。

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』

祝・彼は名物「新聞記者」になりました

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』の作品情報・概要。『カセットテープ・ダイアリーズ』原題『Blinded by the Light』2019年に公開されたイギリスのドラマ映画。『ベッカムに恋して 』のグリンダ・チャーダ監督作品。主演はヴィヴェイク・カルラ。原作はガーディガン紙のジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの自叙伝『Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll』イギリスで暮らすパキスタン移民、人種・宗教差別と若者の夢と希望をブルース・スプリングスティーンの名曲にのせてつぶさに描いている。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

ジャーナリスト希望の彼女は晴れ女です

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは?
映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは? 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の作品情報・概要.。『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』原題『A Rainy Day in New York』2019年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。ウディ・アレン監督作品。主演はティモシー・シャラメとエル・ファニング。共演はセレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーなど。1935年生まれで85歳のウディ・アレンがマンハッタンへ戻ってきた話題作。雨のニューヨークで繰り広げられる若者の恋物語。Me Too運動の影響でアメリカでは公開されていない。

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』

ジャーナリストを乗せて北から南へ疾走

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ソン・ガンホ主演(アカデミー賞作品『パラサイト』主演)タクシーが民主化を運んだ。
映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ソン・ガンホ主演(アカデミー賞作品『パラサイト』主演)タクシーが民主化を運んだ。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』の作品情報・概要 『タクシー運転手 約束は海を越えて』英題『A Taxi Driver』2017年公開の韓国映画。監督はチャン・フン。ソン・ガンホ主演。トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル共演。1980年の光州事件時の実話をモチーフに描いている。ドイツのジャーナリスト、ユルゲン・ヒンツペーターとタクシー運転手の友情物語も内包。第90回アカデミー賞外国語映画賞韓国代表作品。韓国、日本でも大ヒット、興行収入958億ウォン。

映画『スキャンダル』

真実の報道って一体何だろうか、、、

映画『スキャンダル』ネタバレ・あらすじ・感想。成功している美女ばかりで心寄せられない。自己顕示欲の圧力が半端ない。
映画『スキャンダル』ネタバレ・あらすじ・感想。成功している美女ばかりで心寄せられない。自己顕示欲の圧力が半端ない。映画『スキャンダル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スキャンダル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。映画『スキャンダル』の作品情報・概要『スキャンダル』原題『Bombshell』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。ジェイ・ローチ監督作品。主演はシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーのハリウッドを代表する女優。ジョン・リスゴー、ケイト・マッキノン、コニー・ブリットン、マルコム・マクダウェル、アリソン・ジャネイらが共演。アメリカ4大ネットワークのFOXテレビで起きた実際のセクハラ事件をモチーフに製作された。

映画『リチャード・ジュエル』

スクープを取るためには「何か」を売らなければいけないのか

映画『リチャード・ジュエル』ネタバレ・あらすじ・感想。メディアと国家権力とSNS時代の恐怖をクリント・イーストウッドが警鐘。
映画『リチャード・ジュエル』ネタバレ・あらすじ・感想。メディアと国家権力とSNS時代の恐怖をクリント・イーストウッドが警鐘。映画『リチャード・ジュエル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『リチャード・ジュエル』公式サイトを紹介して、作品・キャスト情報も確認できます。映画『リチャード・ジュエル』の作品概要 『リチャード・ジュエル』原題『Richard Jewell』2019年のアメリカ合衆国の伝記ドラマ映画。監督はクリント・イーストウッド。主演はポール・ウォルター・ハウザーとサム・ロックウェル。アトランタ五輪の際、警備していた人物が爆破物を発見して多くの人命を救ったのに関わらず犯人扱いされた。メディアと国家の狂気を描いている。  

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』

記者の僕が恋したのは女性大統領候補って?

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』ネタバレ・あらすじ・結末。シャーリーズ・セロンの美しさにため息が出る映画。
映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認できます。映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』の作品概要 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』原題『Long Shot』2019年のアメリカ合衆国映画。才色兼備な女性が世界を飛び回り、アメリカ発の女性大統領を目指す中で繰り広げられるロマンティック・コメディ映画。監督はジョナサン・レヴィン、主演はシャーリーズ・セロンとセス・ローゲン。

映画『マチネの終わりに』

フランスでジャーナリストとして活躍する石田ゆり子

【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『マチネの終わりに』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ・あらすじ・結末を記述。作家・平野啓一郎の原作。2015年3月から2016年1月まで毎日新聞朝刊及びnoteにて連載された。福山雅治、石田ゆり子主演で2019年に映画版が公開。有名なギタリストが自身の音楽活動に悩んでいる時にジャーナリスト洋子が現れ恋に落ちる。しかし洋子にはフィアンセがいた。恋にルールはない。洋子をものにしようとパリまでいく。

映画『新聞記者』

間違いなく日本映画界に「風穴」を開けた一品でした

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

戦争が意図的に作られたとは、、、

実話『バイス』と『記者たち 衝撃と畏怖の真実』でイラク戦争の嘘が見えてくる。ネタバレ、感想、評価
イラク戦争とはなんだったのか?この映画は9.11を機にイラク戦争へと向かうアメリカ合衆国と国民、そして世界を翻弄する情報を流す人々を描く映画である。多勢に無勢となると人間は多勢の方に流れてしまう。嘘、デマがまかり通り、罪のない多くの人の命が消え、国家自体も消滅の危機に陥ることもある。情報を信じるのも自己責任である。
スポンサーリンク

映画『罪の声』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
土井裕泰
原作
塩田武士
脚本
野木亜紀子
プロデューサー
那須田淳 渡辺信也 進藤淳一
撮影
山本英夫
照明
小野晃
録音
加藤大和
美術
磯見俊裕 露木恵美子
衣装
宮本まさ江
編集
穗垣順之助
音楽
佐藤直紀
主題歌
Uru
助監督
藤江儀全
記録
加山くみ子
制作担当
吉田智 間口彰
キャスティング
おおずさわこ
ラインプロデューサー
橋本靖
阿久津英士(小栗旬)
曽根俊也(星野源)
水島洋介(松重豊)
鳥居雅夫(古舘寛治)
生島総一郎(宇野祥平)
生島千代子(篠原ゆき子)
生島望(原菜乃華)
生島秀樹(阿部亮平)
曽根光雄(尾上寛之)
若き日の達雄(川口覚)
若き日の真由美(阿部純子)
水澤紳吾
山口祥行
堀内正美
木場勝己
橋本じゅん
桜木健一
浅茅陽子
高田聖子
佐藤蛾次郎
佐川満男
宮下順子
塩見三省
須藤みち正司照枝
沼田爆
岡本麗
若葉竜也
須藤理彩
曽根亜美市川実日子
河村和信火野正平
根達雄宇崎竜童
曽根真由美梶芽衣子
閉じる
2020年製作/142分/G/日本
配給:東宝

タイトルとURLをコピーしました