映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。

スポンサーリンク
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。イギリス映画

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
(105分/G/イギリス/2011)
原題『The Iron Lady』

【監督】
フィリダ・ロイド
【脚本】
アビ・モーガン
【製作】
ダミアン・ジョーンズ
【出演】
メリル・ストリープ
ハリー・ロイド
ジム・ブロードベント
アンソニー・ヘッド
リチャード・E・グラント
ロジャー・アラム
スーザン・ブラウン
オリビア・コールマン
ニック・ダニング
ジュリアン・ワダム
アレクサンドラ・ローチ

【HPサイト】
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』IMDbサイト
【予告映像】
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』NHK BSプレミアム放送 7月27日(月)午後1時00分〜2時46分
    1. 7月27日(月)午後1時00分〜2時46分
  2. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のオススメ度は?
  3. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報・概要
  4. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の感想・内容
  6. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の結末・評価
  7. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のキャストについて
  8. まとめ 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【障害を乗り越えるオススメ恋愛映画】
      1. 映画『ロミオとジュリエット』
      2. 映画『伊豆の踊子(1974)』
      3. 映画『潮騒 しおさい(1975)』
      4. 映画『絶唱(1975)』
      5. 映画『マディソン郡の橋』
      6. 映画『美女と野獣(1991)』
      7. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
      8. 映画『ラストレター』
      9. 映画『アパートの鍵貸します』
      10. 映画『マチネの終わりに』
      11. 映画『ボーダー 二つの世界』
      12. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      13. 映画『秒速5センチメートル』
      14. 映画『マーウェン』
      15. 映画『ほしのこえ』
      16. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』
      17. 映画『リヴァプール、最後の恋』
  10. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』NHK BSプレミアム放送 7月27日(月)午後1時00分〜2時46分

7月27日(月)午後1時00分〜2時46分

すごい女性がいました。通称“鉄の女”です。

全世界の指導者と対等に渡り合いました。一切の妥協は許しませんでした。

凋落したイギリスの威信を復活させました。

メリル・ストリープが三度目のオスカーを獲得しました。

スポンサーリンク

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のオススメ度は?

2.0

星2つです

メリル・ストリープだけの映画です

鉄の女の姿は見えず、、、

スポンサーリンク

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報・概要

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』原題『The Iron Lady』メリル・ストリープ主演で、第84回アカデミー賞においても主演女優賞を受賞。英国首相のマーガレット・サッチャーになりきり演技が注目を集めた。共演はジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、リチャード・E・グラント、オリビア・コールマン、アレクサンドラ・ローチら。

スポンサーリンク

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のあらすじ・ネタバレ

イギリス・ロンドンの雑貨店。スカーフを巻いた老婦人マーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)がミルクを買おうとしている。ミルクの値段に驚き家路へ着く。夫デニス・サッチャー(ジム・ブロードベント) に愚痴をこぼす。実際には夫はいない。マーガレットは痴呆を患っている。彼女だけにしか見えない夫と人生について語る。小さな食糧雑貨商で生まれ、父の影響で政治家を志し、やがてデニスと結婚し、双子を授かる。政治への意欲が強く英国史上初の女性首相になる様子を痴呆症を患うマーガレット目線から描いている。

スポンサーリンク

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の感想・内容

実在した政治家を主人公に映画を作るのは非常に気を遣うのではないかと思わざる得ない作品です。

マーガレット・サッチャーは言わずと知れた英国史上初の女性の首相です。鉄の女で有名です。

本映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』では名優・メリル・ストリープが演じていますが、本当のサッチャーの姿はオブラートに包まれているような気がするのです。

もちろんメリルの演技は良いと思いますが、「サッチャーが何をやったのか?」あるいは「母として妻としてのサッチャーはどんな人?」というのが描ききれていないのです。

政治家としては強硬路線をとり続けたことは新聞・テレビなどのその他のメディアからいくらでも拾い出せます。

そんなことは知っていますから、映画の中では「わたしたちが知らない首相サッチャー」を描いて欲しいのです。

イギリスの政治世界の隠された闇とか、鉄の女も涙を流すとか、あるいはウイスキーを死ぬほど飲んでいたとか、、、。

そして自身の息子であるマークを溺愛していた事実などです。実際、マークはサッチャーの目の上のたんこぶで、犯罪すれすれのことばかりしてサッチャーを困惑させてます。

本映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』はメリル・ストリープだけが、支えている作品です。彼女の演技力だけで105を突っ走りました。

しゃべり方も歩き方も仕草も相当、研究したそうです。俳優というのはやっぱり役になりきることが、人々の魂を震わせるのだなあと実感しました。

繰り返します。この『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は真のサッチャーが描かれていないと思います。

メリル・ストリープのなりきりパフォーマンス映画です。

スポンサーリンク

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の結末・評価

それでは何が足りないかについて書いていこうと思います。まずサッチャーは小さな食糧雑貨商の家に生まれ、父アルフレッド・ロバーツの影響で政治家を志すようになりますが、「なぜ、政治家なのか?」についての描写が弱いのです。

あっと言う間にオックスフォード大学へ進学します。そして選挙に出て、落選し、すぐさま結婚です。この流れの説明も一瞬です。ここが勿体無いのです。

普通の政治家なら選挙に出て落選したのであれば、落胆が大きいはずです。ですからここの場面で「挫折」「復活」「挑戦」「達成」を描くべきなのです。

サッチャーという人間性に興味を持ち、共感するにはもってこいの落選だったのです。それをデニス・サッチャーが「成功した実業家の妻なら、当選できる」という言葉で結婚してしまうのは浅はかだと思うのです。

もっと言うなら政治信条のかけらもない、尻軽女というイメージに行き着くのです。非常に勿体無いです。

それから議会の中で労働党とやり合う場面も、もっと激しく描いて欲しかったです。おそらく誹謗中傷すれすれの議論が展開されたと思います。

さらに保守党の中でサッチャーが孤立していく過程こそ、丁寧に描かないといけないと思います。

きっかけは全イギリス人の税金を平等にするという案からですが、周囲の政治家たちはサッチャーを恐れて何も言えません。

でも、サッチャーは孤立しているのです。ここは思いっきりサッチャーを悪役にするべきだったと思います。

また鉄の女・サッチャーが遂に朽ち果てる場面を観たかったのです。周囲がサッチャー降ろしで暗躍する中での心模様を観たかったです。

また家庭人としてのサッチャーはほとんど描かれていません。双子のキャロルとマークがいます。

キャロルは作家・ジャーナリストです。彼女は老齢のサッチャーの面倒を看ています。出番はわずかで物語に影響は与えていません。

そして息子のマークは幼少の頃だけで全く姿を表しません。ここなんです。ここ。

サッチャーはマークのことでずっと頭を抱えていたそうです。バカ息子、いや「大バカ息子」だからです。(ネットで調べてください)

母としてマークのことで悩む姿を描いてこそ、サッチャーの魅力が伝わると思うのです。鉄の女にも弱点があったのです。

映画は痴呆症になったサッチャーが現在、過去の回想を交えながら展開しますが、政治家としての構成よりも、母親として悩みながらも一国の首相を遂行する強さをアピールして欲しかったのです。

冒頭に実在する政治家の映画を作るのは難しいと言ったのは、現実では描けない、いや「描いてはいけない」ことに気を使う必要があるからです。

本映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』では鉄の女と言われ強い女性のイメージではあったけれど、本当の私生活は苦悩し、涙し、そして恵まれなかったこと描いて欲しかったです。

そう言った方向に意識を向けさせなかったメリル・ストリープにはあっぱれです。

スポンサーリンク

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のキャストについて

マーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)
若き日のデニス(ハリー・ロイド)
デニス・サッチャー(ジム・ブロードベント)
ジェフリー・ハウ(アンソニー・ヘッド)
リチャード・E・グラント
ゴードン・リース(ロジャー・アラム)
ジューン(スーザン・ブラウン)
キャロル・サッチャー(オリビア・コールマン)

スポンサーリンク

まとめ 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』一言で言うと!

「“鉄の女”は幸せだったのか」

近世イギリスで歴史的な偉業を残したことは間違いありません。賛否両論こそがその証です。すべてが良い結果に結びついたかはわかりませんが、強いイギリスを世界にアピールしたことが最大の功績だと思います。しかしプライベートでは幸せだったのかは不明です。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【障害を乗り越えるオススメ恋愛映画】

映画『ロミオとジュリエット』

映画『ロミオとジュリエット』ネタバレ・あらすじ・感想。恋愛映画のヒットの法則を学べる。オリヴィア・ハッセーとレナード・ホワイティングが輝いている。
ウィリアム・シェイクスピアの著名な戯曲を映画化。フランコ・ゼフィレッリが脚色・監督。イギリス出身のレナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセーが主演した。イタリアで撮影。当時16歳のハッセーがヌードシーンを演じていることも大いに話題となった。音楽はニノ・ロータ。恋愛映画の金字塔的存在。

映画『伊豆の踊子(1974)』

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

映画『潮騒 しおさい(1975)』

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。

映画『絶唱(1975)』

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『マディソン郡の橋』

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『美女と野獣(1991)』

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。
映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報・概要 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』原題『Disobedience』2017年に制作された愛米英合作のドラマ映画である。セバスティアン・レリオ監督作品。主演はレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムス。本作はナオミ・アルダーマンが2006年に上梓した小説『Disobedience』を原作としている。厳格なユダヤ教徒の女性の恋愛物語。もはや人間において性を分ける必要はない。

映画『ラストレター』

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。

映画『アパートの鍵貸します』

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ・あらすじ・感想。ジャック・レモン&シャーリー・マクレーンの姿に時代が見える。
映画『アパートの鍵貸します』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アパートの鍵貸します』IMDbサイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認...

映画『マチネの終わりに』

【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『マチネの終わりに』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ・あらすじ・結末を記述。作家・平野啓一郎の原作。2015年3月から2016年1月まで毎日新聞朝刊及びnoteにて連載された。福山雅治、石田ゆり子主演で2019年に映画版が公開。有名なギタリストが自身の音楽活動に悩んでいる時にジャーナリスト洋子が現れ恋に落ちる。しかし洋子にはフィアンセがいた。恋にルールはない。洋子をものにしようとパリまでいく。

映画『ボーダー 二つの世界』

映画『ボーダー 二つの世界』あらすじ・ネタバレ・作品情報・感想・評価。LGBTをも凌駕した多様性の映画。美しい心になれる映画
映画『ボーダー 二つの世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報を記載しています。またネタバレ・あらすじ・感想・評価・まとめについても書いています。北欧デンマークから新たな映画が届きました。監督はイラン系デンマーク人です。容姿による差別・偏見、さらに性差別の問題についても大きなメッセージを感じ取ります。多様性の時代が到来しました。認め合うことが21世紀を生きるテーマ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『秒速5センチメートル』

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

映画『マーウェン』

映画『マーウェン』ロバート・ゼメキスvsスティーブ・カレルが描くトラウマを乗り越える人間成長物語に感動。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
些細な発言により暴行され、過去の記憶を失ったマーク・ホーガンキャンプ。トラウマを抱え、救いを人形アニメの撮影に向けた。町の人の助けによってトラウマを克服。監督はロバート・ゼメキス。主演にスティーブ・カレル。アメリカに根付くヘイトクライムをテーマに、困難を乗り越えて戦う人間成長物語を実写と人形アニメを用いて描く。

映画『ほしのこえ』

新海誠監督 映画『ほしのこえ』ミカコとノボルの宇宙恋愛物語の結末。感想・評価・ ネタバレ・あらすじ
日本を越えて世界に衝撃を与えた作品である。『ほしのこえ』は新海誠がたった一人で作り上げた。会社勤めをしながらも映画制作への情熱が消えず昼夜を通して作ったという。若き日の新海誠の情熱がほとばしる素晴らしい作品である。本映画は数々の賞を獲得した。そして新海は空高く羽ばたいた。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想
本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。

映画『リヴァプール、最後の恋』

女優グロリア・グレアムの最後の恋『リヴァプール、最後の恋』あらすじ・ネタバレ・感想・評価。年齢差を超えた悲哀。
かつてアカデミ助演女優賞をとった名女優の最後の恋を映画いた作品。今や落ち目となったグロリア・グレアムは渡英しチャンスを伺っていた。そんな時、若き無名の俳優ピーターと出会い激しく恋に落ちる。二人はニューヨークに移り生活を共にするが、グロリアに悲劇が訪れる。二人は別れる事になるが、グロリアはピーターを追って再びイギリスへ向かう

 

 

スポンサーリンク

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
フィリダ・ロイド
製作
ダミアン・ジョーンズ
脚本
アビ・モーガン
美術
サイモン・エリオット
撮影
エリオット・デイビス
編集
ジャスティン・ライト
衣装
コンソラータ・ボイル
マーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)
若き日のデニス(ハリー・ロイド)
デニス・サッチャー(ジム・ブロードベント)
ジェフリー・ハウ(アンソニー・ヘッド)
リチャード・E・グラント
ゴードン・リース(ロジャー・アラム)
ジューン(スーザン・ブラウン)
キャロル・サッチャー(オリビア・コールマン)
ジム・プライアー(ニック・ダニング)
ジュリアン・ワダム
若き日のマーガレット(アレクサンドラ・ローチ)
マイケル・ペニントン
デビッド・ウェストヘッド
リチャード・ディクソン
ヒュー・ロス
2011年製作/105分/G/イギリス
原題:The Iron Lady
配給:ギャガ

タイトルとURLをコピーしました