映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・あらすじ「普通に楽しめる」感想「岡田准一くん“笑み”なし」結末「堤真一さんの“怪演”が必見!」

スポンサーリンク
映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・あらすじ「普通に楽しめる」感想「岡田准一くん“笑み”なし」結末「堤真一さんの“怪演”が必見!2021年製作

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
(2021年製作/131分/G/日本)

【監督】
江口カン
【原作】南勝久【脚本】山浦雅大 江口カン【製作代表】高橋敏弘 沢桂一 藤島ジュリーK. 菊川雄士 有馬一昭 角田真敏 田中祐介 坪内弘樹 昆野俊行 加藤智啓 森要治 小櫻顕 廣瀬健一【エグゼクティブプロデューサー】吉田繁暁 伊藤響【プロデューサー】藤村直人 宇高武志 佐藤満【共同プロデューサー】谷生俊美【ラインプロデューサー】下村和也【監督補】川井隼人【アクション監督】横山誠【ファイトコレオグラファー】岡田准一【撮影】

直井康志【照明】田中洵【録音】田辺正晴【美術】小泉博康【装飾】池田亮平¥【スタイリスト】伊賀大介【ヘアメイク】沢田久美子【特殊メイク造形】中田彰輝【編集】和田剛 板倉直美【整音】反町憲人【音響効果】北田雅也【音楽】グランドファンク【主題歌】レディー・ガガ アリアナ・グランデ【助監督】猪腰弘之【スクリプター】吉田純子【ガンエフェクト】納富貴久男【操演】鳴海聡【カーアクション】西村信宏【VFXスーパーバイザー】小坂一順【音楽プロデューサー】茂木英興【キャスティング】北田由利子【制作担当】小坂正人

【出演】
岡田准一 木村文乃 平手友梨奈 安藤政信 黒瀬純 好井まさお 橋本マナミ 宮川大輔 山本美月 佐藤二朗 井之脇海 安田顕 佐藤浩市 堤真一

【HPサイト】
映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公式サイト

【予告映像】
映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』トレーラー

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のオススメ度は?

2.0

星2つです

何も考えずに観ることができます

アクションはオッケー

「格闘技術」を見せたかったのでは?

一人くらい死んでいてもおかしくない

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の作品情報・概要

南勝久が『週刊ヤングマガジン』で連載漫画を岡田准一主演(映画『コクリコ坂から』)で実写映画化した「ザ・ファブル」のシリーズ第2作。江口カン監督作品。裏社会で誰もが恐れる伝説の殺し屋ファブルだが、ボスからの命令で「1年間誰も殺さず普通に暮らせ」と命じられ、佐藤アキラという偽名を使い、相棒の佐藤ヨウコ(木村文乃(映画『小さいおうち』)) と兄妹を装って一般人として暮らすことになる。しかし数年前に行った殺人事件に紐づく女性と出会って、再び裏社会へ足を踏み入れる。堤真一(映画『望み』や映画『一度死んでみた』)の怪演は必見!

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のあらすじ・ネタバレ

裏社会において「伝説の殺し屋・ファブル/佐藤アキラ(岡田准一) 」は、どんな相手も6秒以内に仕留めることができる。ある日、ボス(佐藤浩市) から「一年間誰も殺すな!」と命令される。佐藤アキラの偽名で、相棒・佐藤ヨウコ(木村文乃) と兄妹を装って生活することに。バイト先はデザインスタジオ。ファブルが暮らす町は一見、平和そうに見えるが、裏社会の人間が暗躍していた。表向きは子どものためのNPOを率いる宇津帆(堤真一)は若者を殺すことで利益を上げている。宇津帆はかつてファブルの弟を殺されており、強い憎悪に燃えていた。4年前、ファブルは宇津帆の弟を殺害する際、家出少女である佐羽ヒナコ(平手友梨奈)を巻き添えにしてしまった。車椅子生活になったヒナコとまさかの再会で事件へと発展していく。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の感想・内容

「普通に面白い映画」となります。あれだけの乱闘なら「一人くらい死んでいるだろう」と思ってしまいました。裏社会映画というカテゴリーになりますが、安心して鑑賞できます。「えっ、犯罪映画なのに?」と思うくらいリラックスしながら観ることができるので、お子さんも一緒に楽しめます。「うーん」でも、ここまでコメディ色を強くする必要があるのか否かって考えると微妙な感想になります。映画ってヒットすることを本命としています。ましてやジャニーズの岡田准一くんが主演ですから、上からの至上命令がかかっていると思うのです。逆にそちらの世界の方からのプレッシャーの方が怖いと思います。

本映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は南勝久作の人気コミックをモチーフにして製作されています。『週刊ヤングマガジン』連載ですから、中高生も読んでいると思われます。G指定ですから誰でも観ることができます。もちろん、アクションシーンの流れ残虐な殺人行為はありますが、それを中和するためにコメディ演出を多用したようなイメージを持ってしまいます。実際、ファブル/佐藤アキラ(岡田准一) は一切笑いませんが、そのシュールな佇まいに「クスっ」としてしまうのです。でも、これは岡田くんのキャラクターをテレビ等で知っているわたしたち日本人だから笑えるのです。いわゆる「内輪のギャグ」なんです。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の考察・評価

わたし自身、ジャニーズの俳優たちを高く評価しています。特に二宮和也くんはダントツです(映画『浅田家!』映画『硫黄島からの手紙』)彼の演技は共演者を輝かせることで、自身の存在を高めます。世界に出ていくべき人材です。一方、岡田くんは身体表現を用いて、勝負している俳優さんですが、いまひとつ「羽ばたけていない」と感じるのです。本映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』でのアクションシーンはすべて岡田くんが演じていると言われていますが、正直言って俳優に徹するべきではないかと思うのです。アクションはアクション俳優に任せた方が良いと。

まず第一にファブルがマスクを被っているので、「本当に岡田くんなのか」と思わざるを得ません。これが一番勿体無いのです。今や押しも押されぬアクション俳優ナンバーワンのトム・クルーズって、ほとんど素顔で演じています。それはやっぱりハンサムな顔を見たいからです。岡田くん、めっちゃハンサムですよね。「なんで顔隠すの?」って突っ込んでしまうのです。ド派手なアクションシーンを演じている時の顔って、必死だと思うのです。その必死な顔にわたしたちは共感を覚えるのです。ここが勿体ないのです。そして、劇中の所々で展開される「コントかい」的なギャグで、一気に冷めてしまうのです。何も笑えないのです。日本人だけが笑います。本映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は世界へ出してもヒットしないでしょう。アクションもハリウッドあたりではありきたりです。リュック・ベッソン脚本の『YAMAKASI』を彷彿させる場面は良かったです。

本映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の岡田くん、まったく笑っていないところが仇となるのではないでしょうか。キャラクター設定もわかりますが、「笑顔にスランプなし」だと思うのです。トム・クルーズだって、どんなに激しいアクションや、残虐なシーンを演じても、どこかで満面の笑みを見せてくれるのです。アメリカと日本の映画製作の違いと言うか、邦画が世界に出ていけない現状をはっきりと垣間見た気がします。決して笑顔で媚を売れと言っているのではありません。ネットが普及した現在、人々の心を掴むためには共感が一番と言われています。SNSでも多用されている言葉です。共感を得られる一番は笑顔なんですよ。ですからアメリカ映画などは、時代を徹底的に分析して、ヒットに繋げる方程式をちゃんと持っています。韓国映画も同様です。ここに邦画が世界に通用しない原因があるのです。とにかく「日本国内でウケればいいや」という島国思想なんです。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の結末

さて、かなり酷評しましたが、本映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』にはまったく良いところがないような印象を持ちますが、それを打ち消してくれる怪演をみせてくれたのが、宇津帆演じる堤真一さんです。この人は本当に懐の深い演技をみせてくれます。恐ろしかったです。喜怒哀楽を全部出しますが、全部が「怖い」のです。得体の知れない生き物というか、どんな人生を背負っているのかを考えると寒気がしてきました。適役といえば適役ですが、出来れば劇中で完全に「キレて」欲しかったです。一瞬で良いのです。感情のメーターを振り切って欲しかったですね。

佐羽ヒナコ演じる平手友梨奈さんも良い味を出していました。「震える演技」にこちらも力入りました。映画『さんかく窓の外側は夜』の怪演も記憶に新しいので、これから期待できる女優さんです。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のキャストについて

ファブル/佐藤アキラ(岡田准一)
佐藤ヨウコ(木村文乃)
佐羽ヒナコ(平手友梨奈)
鈴木(安藤政信)
井崎(黒瀬純)
貝沼(好井まさお)
アイ(橋本マナミ)
ジャッカル富岡(宮川大輔)
ミサキ(山本美月)
田高田(佐藤二朗)
黒塩(井之脇海)
海老原(安田顕)
ボス(佐藤浩市)
宇津帆(堤真一)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』一言で言うと!

「笑顔にスランプなし!」

映画という大スクリーンでは俳優の顔のアップを見たくなります。自己顕示欲の強い俳優たちにとっては共感を得る最大のチャンスだと言えます。世界のフィルムメーカーたちの映画製作を参考にしてほしいです。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『めぐり逢えたら』ネタバレ・あらすじ「ラブコメの女王決定!」メグ・ライアン可愛い「欲求不満男」トム・ハンクス。感想「エンパイアーステートでハッピー」結末。
映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」
映画『第三夫人と髪飾り』ネタバレ・あらすじ「一夫多妻の時代“愛のレッスン”は芸術的“官能美”」感想「新しい才能アッシュ・メイフェア監督登場」結末「現代ベトナム女性は自由?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」
映画『ヤクザと家族 The Family』ネタバレ・あらすじ「家族愛が描けてない」感想「勉強不足では?」結末

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメコメディ映画】

映画『とんかつDJアゲ太郎』

北村匠海くん最高コメディー!

映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレ・あらすじ「北村匠海くんDJ王へ」感想「コロナも吹っ飛ぶ作品」伊藤健太郎&伊勢谷友介「人生やり直せるよ!」 結末
映画『とんかつDJアゲ太郎』ネタバレ・あらすじ「北村匠海くんDJ王へ」感想「コロナも吹っ飛ぶ作品」伊藤健太郎&伊勢谷友介「人生やり直せるよ!」 結末映画『とんかつDJアゲ太郎』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『とんかつDJアゲ太郎』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『とんかつDJアゲ太郎』の作品情報・概要『とんかつDJアゲ太郎』は『少年ジャンプ+』(集英社)にて、イーピャオと小山ゆうじろうによって書かれた漫画を原作としています。脚本・監督は『チワワちゃん』の二宮健氏。主演は『思い、思われ、ふり、ふられ』『君の膵臓をたべたい(2017)』の北村匠海。共演は『宇宙でいちばんあかるい屋根』『今日から俺は!!劇場版』の伊藤健太郎。『マチネの終わりに』『翔んで埼玉』の伊勢谷友介ら。

映画『デッド・ドント・ダイ』

ジム・ジャームッシュの笑える「ゾンビ映画」は超芸術的

映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。映画『デッド・ドント・ダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『デッド・ドント・ダイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『デッド・ドント・ダイ』の作品情報・概要『デッド・ドント・ダイ』原題『The Dead Don't Die』は2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。監督はカンヌ映画祭常連の現在の映画芸術の最高作家ジム・ジャームッシュ。主演はビル・マーレイ。アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、イギー・ポップ、トム・ウェイツ共演。現代人が今世において固執する物欲に対して痛烈なメッセージを送っている。芸術性の高い作品。

映画『今夜、ロマンス劇場で』

綾瀬はるかさんは「コメディー」も「シリアス」もイケる!

映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。
映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。ロケ地情報ならびに主題歌情報。映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要 『今夜、ロマンス劇場で』2018年2月10日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎のコメディーラブストーリー。映画を愛しる青年が映画から抜け出してきた女性と恋愛する。ウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』に酷似していると言われている。ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』にもインスパイアーされていると言われている。

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』

こんなに痛快な「コメディー映画」は久しぶりです

直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。
直腸陥没映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』ネタバレ・感想。「時にはバカになれ」絶叫すると平和な気持ちになる。映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』公式サイトをご紹介して作品・キャスト・上映館・お時間などのご確認もできます。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の作品概要フィンランド映画。村でバカにされているヘヴィメタルバンド四人組が一念発起してノルウェーで開催されるフェス出場を目指し珍道中を「繰り広げる。監督はユーソ・ラーティオ ユッカ・ビドゥグレン。原題『Hevi reissue』友情、青春、恋愛、夢などのテーマが盛り込まれている秀作。

映画『翔んで埼玉』

埼玉県人ってひょっとして「おバカさん?」ってツッコミたくなる

映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。
映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想・ロケ地。ディスって大ヒット。GACKT &二階堂ふみの大仰演技に抱腹絶倒。うまいうますぎる!海が欲しい埼玉県愛溢れる作品です。映画『翔んで埼玉』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んで埼玉』公式サイトを紹介し、作品・キャストもご案内。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

祝・完結!テリー・ギリアムは「コメディーをやりたかったのか?」

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじ・ネタバレ・感想。アダム・ドライバーのアクションコメディ必見&歌声を聴こう。
映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじ・ネタバレ・感想。アダム・ドライバーのアクションコメディ必見&歌声を聴こう。映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』公式サイトを紹介し作品・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の作品概要『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』原題『 The Man Who Killed Don Quixote』テリー・ギリアム監督による2018年のファンタジー・アドベンチャー・コメディ映画。企画発案から30年で完成。頓挫すること9回。『ロスト・イン・ラマンチャ』の悲劇から18年。ギリアム自身がドン・キホーテだった。

映画『カイジ ファイナルゲーム』

カイジに日本の未来を託したくないよ!

【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。映画『カイジ ファイナルゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カイジ ファイナルゲーム』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『カイジ ファイナルゲーム』の作品概要福本伸行の人気コミック「カイジ」シリーズの3作目。1作目『カイジ 人生逆転ゲーム』2作目『カイジ2 人生奪回ゲーム』で本作が最終章。  

映画『カツベン!』

成田凌くんの俳優魂に「驚愕」

映画『カツベン!』ネタバレ・あらすじ・結末。周防正行&成田凌主演。活動弁士へ愛を込めて。大正時代へGO。日本映画の原点。
映画『カツベン!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カツベン!』の作品概要『カツベン!』は、2019年12月13日公開の日本映画[。周防正行監督作品。主演は成田凌。大正時代、映画は活動写真と呼ばれていた。映画の上映に合わせて解説を入れる弁士たちの腕によって興業の成否が問われていた。周防監督が当時の世相、風俗を再現して挑んだ作品。

映画『シンクロ・ダンディーズ!』

切なすぎるほど笑える「頑張れ!大人」と言いたくなる

映画『シンクロ・ダンディーズ!』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。中年男がシンクロで人生の生き甲斐をつかんだ!妻よ、振り返れ!
映画『シンクロ・ダンディーズ!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報の記載。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価について書いています。冴えない中年男たちがシンクロナイズドスイミングをはじめ夢中になる。仲間との間に友情も芽生え世界大会に出場。見事メダルを獲得。仕事に家庭に行き場がない男たちの会心の一撃がある。イギリス映画らしいブラックジョークも満載。

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』

「おバカさん」映画を創る人は「知的生物」当確!

映画『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』監督ティモ・ブオレンソラは偉大だ。世界情勢がわかる映画。ネタバレ・あらすじ・評価・感想
監督ティモ・ブオレンソラの創造性には驚かされる。前作『アイアン・スカイ』が大ヒットしての第二弾だが、これは紛れもなく未来に起きる物語だと言える。監督はもはや“現代のノストラダムス”だ。地球の歴史上、悪人と称される人物が登場している。彼らを映画にすると確かに悪役が似合う。キャスティングしたセンスは最高だ。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

イタリア人て本当に「家族愛」が強い!

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。
スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
江口カン
原作
南勝久
脚本
山浦雅大 江口カン
製作代表
高橋敏弘 沢桂一 藤島ジュリーK. 菊川雄士 有馬一昭 角田真敏 田中祐介 坪内弘樹 昆野俊行 加藤智啓 森要治 小櫻顕 廣瀬健一
エグゼクティブプロデューサー
吉田繁暁 伊藤響
プロデューサー
藤村直人 宇高武志 佐藤満
共同プロデューサー
谷生俊美
ラインプロデューサー
下村和也
監督補
川井隼人
アクション監督
横山誠
ファイトコレオグラファー
岡田准一
撮影
直井康志
照明
田中洵
録音
田辺正晴
美術
小泉博康
装飾
池田亮平
スタイリスト
伊賀大介
ヘアメイク
沢田久美子
特殊メイク造形
中田彰輝
編集
和田剛 板倉直美
整音
反町憲人
音響効果
北田雅也
音楽
グランドファンク
主題歌
レディー・ガガ アリアナ・グランデ
助監督
猪腰弘之
スクリプター
吉田純子
ガンエフェクト
納富貴久男
操演
鳴海聡
カーアクション
西村信宏
VFXスーパーバイザー
小坂一順
音楽プロデューサー
茂木英興
キャスティング
北田由利子
制作担当
小坂正人
ファブル/佐藤アキラ(岡田准一)
佐藤ヨウコ(木村文乃)
佐羽ヒナコ(平手友梨奈)
鈴木(安藤政信)
井崎(黒瀬純)
貝沼(好井まさお)
アイ(橋本マナミ)
ジャッカル富岡(宮川大輔)
ミサキ(山本美月)
田高田(佐藤二朗)
黒塩(井之脇海)
海老原(安田顕)
ボス(佐藤浩市)
宇津帆(堤真一)
2021年製作/131分/G/日本
配給:松竹

タイトルとURLをコピーしました