映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。

スポンサーリンク
映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。お茶の間映画館

映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイト
綾瀬はるか・坂口健太郎 初共演!!完全オリジナル脚本で挑む、とびきりロマンティックなラブストーリー!Blu-ray & DVD 8月17日発売!
映画『今夜、ロマンス劇場で』TVCM(Story編)【HD】2018年2月10日(土)公開

『今夜、ロマンス劇場で』(108分/G/日本/2018

【監督】
武内英樹
【脚本】
宇山佳佑
【製作】
石原隆 堀義貴
【出演】
綾瀬はるか
坂口健太郎
本田翼
北村一輝
中尾明慶
石橋杏奈
柄本明

スポンサーリンク
  1. 映画『今夜、ロマンス劇場で』地上波フジテレビ 土曜プレミアム5月16日(土) 21:00~23:15 放送
    1. 5月16日(土) 21:00~23:15 放送(地上波フジテレビ 土曜プレミアム)
  2. 映画『今夜、ロマンス劇場で』のオススメ度は?
  3. 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要
  4. 映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『今夜、ロマンス劇場で』の感想・内容
    1. もうすぐ「春が来ます!」Stay home状態もあとわずかです
      1. 『アナと雪の女王2』を観ると元気がでます
    2. 映画ファンからのメッセージを本映画に送ります
      1. 薬師丸ひろ子さんの演技が素晴らしい
    3. 「パクリ」を消そうと他の作品要素を入れ過ぎたばかりの悲劇
      1. ベトナムの女性監督の映画愛が溢れた作品
    4. 「パクリ」を極めればオリジナルになるはず
      1. 映画『一度死んでみた』よりは救われる
    5. 「パクリ」イコール悪行ではない
      1. 黒澤明監督作品こそ映画の教科書です
  6. 映画『今夜、ロマンス劇場で』の評価・結末
    1. 人間成長物語が描かれていない
      1. アメリカ映画史上最高傑作!脚本の勉強になります
    2. 脚本が陳腐すぎる、もう少し創造性が欲しい
      1. アメリカのテレビ局のスキャンダルを暴露した映画
    3. “処女伝説”とか“アイドル崇拝”は男性の妄想
    4. 支配から抜け出せない女性がいます
    5. 人の弱み漬け込み善意を売り物にするのは、、、
      1. 大森立嗣監督が描く世界はキツイ
    6. 完全なる男目線から描かれた映画
      1. 映画『マーウェン』
    7. 製作陣の女性の地位や立場に対する認識がズレている点
  7. 映画『今夜、ロマンス劇場で』主題歌情報
      1. 主題歌『奇跡』を歌っているのはシェネルさんです。マレーシア生まれだそうです。
  8. 映画『今夜、ロマンス劇場で』のキャストについて
    1. 美雪(綾瀬はるか)
    2. 牧野健司(坂口健太郎)
    3. 成瀬塔子(本田翼)
    4. 俊藤龍之介(北村一輝)
    5. 本多正(柄本明)
    6. 病室の老人(加藤剛)
  9. 映画『今夜、ロマンス劇場で』のロケ地
      1. こちらに詳しく載っています。
    1. 旧足利東映プラザ
    2. あしかがフラワーパーク
    3. 赤煉瓦工場 トチセン
    4. 松村写真館
  10. 映画『今夜、ロマンス劇場で』興行収入は?
  11. まとめ 映画『今夜、ロマンス劇場で』一言で言うと!
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【逞しい女性を描いたオススメ映画】
      1. 映画『アナと雪の女王2』
      2. 映画『Wの悲劇』
      3. 映画『37セカンズ』
      4. 映画『たちあがる女』
      5. 映画『プライベート・ウォー』
      6. 映画『RBG 最強の85才』
  13. 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報

映画『今夜、ロマンス劇場で』地上波フジテレビ 土曜プレミアム5月16日(土) 21:00~23:15 放送

5月16日(土) 21:00~23:15 放送(地上波フジテレビ 土曜プレミアム)

綾瀬はるかさん主演映画です。

映画のスクリーンから現実世界へ時空を超えて登場します。

坂口健太郎くんと恋に落ちます。しかし秘密がありました。

スポンサーリンク

映画『今夜、ロマンス劇場で』のオススメ度は?

1.5

星1つ半です

綾瀬はるかさんは綺麗です

綾瀬はるかさんは可愛いです

綾瀬はるかさんはエレガントです

綾瀬はるかさんは上品です

綾瀬はるかさんは優しいです

男の願望に溢れています

映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要

『今夜、ロマンス劇場で』2018210日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎のコメディーラブストーリー。映画を愛しる青年が映画から抜け出してきた女性と恋愛する。ウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』に酷似していると言われている。ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』にもインスパイアーされていると言われている。

映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ

映画を愛する青年・牧野健司(坂口健太郎) は映画監督を目指している。今は監督の雑用に忙しい。夜の終演の映画館『ロマンス劇場』へ行き、懇意にしてくれる支配人・本多正(柄本明) に頼み込んで昔の映画を特別に見せてもらうのが楽しみだ。彼は映画の女性・美雪(綾瀬はるか)に恋している。そんなある日、映画の中の美雪が実際に目の前に現れる。二人は一緒に住むことになる。なぜ美雪が現れたのか、そして美雪の秘密とは、、、。牧野は映画を撮るチャンスを貰うが、果たして夢を叶えられるのか、、、。

映画『今夜、ロマンス劇場で』の感想・内容

もうすぐ「春が来ます!」Stay home状態もあとわずかです

こんにちは、ラッキーマスクマン3号です。みなさんお元気でしょうか?Stay home充実していますでしょうか?

いやいや、もうだいぶ解除されていますね。でも油断は禁物です。くれぐれも三密を守りましょう。

今はまだ映画館へはいけませんよね。是非ともStay homeで動画配信ならびにテレビで映画を楽しんでください。もうすぐ「春が来ます!」

『アナと雪の女王2』を観ると元気がでます

映画ファンからのメッセージを本映画に送ります

さて、わたしが登場したということはすでにお分かりかと思います。そうです、キツイ評価、つまり酷評しなければいけません。

本当はツライのですよ。

映画が好きだからこそ、映画の良いところをクローズアップして評価するのが人の道なのですが、やっぱりクソ映画にはちゃんとした映画ファンからのメッセージを送らないといけないと思うのです。

と言ってわたしが映画を作るわけでもないから「お前が偉そうなこと言うな」とか「彼らだって一生懸命作っているのに批判するな」などの意見を頂くこともあります。

でもそれってフェアーじゃないんです。

なぜならばテレビや映画や音楽等の表現活動を生業にしている人たちはそもそも最初から「批評されることが仕事」の世界なのです。

評価、酷評を覚悟で、それにへこたれず突き進んでいくのが彼らの世界、つまり目立ちたがり屋の性なのです。

ですから世間の批難や酷評を言っても良いのです(ちなみにわたしは目立つのが嫌いなのでひっそりと生きています)

それとわたしは女優さんの綾瀬はるかさんが大好きなので酷評するのは本当に気が引けますが、彼女のことはなるべく批判しないように書きます。

薬師丸ひろ子さんの演技が素晴らしい

「パクリ」を消そうと他の作品要素を入れ過ぎたばかりの悲劇

さて、映画『今夜、ロマンス劇場で』ですが、もうネットで検索すれば「パクリ」ってワードがたくさん出てきます。

特にウディ・アレン監督の『カイロの紫のバラ』です。

次に『ニュー・シネマ・パラダイス』『カラー・オブ・ハート』『ローマの休日』などです。

正直言って、これらの映画をまとめて一つにしようとした作品であることは否めません。

でも結局まとめきれなかったと言えます。

特に主人公の牧野健司(坂口健太郎)の映画愛を前面に出そうとしていますが、全く映画愛は伝わってきませんでした。

ベトナムの女性監督の映画愛が溢れた作品

「パクリ」を極めればオリジナルになるはず

表現芸術の世界で作品を創り出すと言うことはそれ相当の労力が必要になります。

作家たちは過去の芸術家が制作した作品からインスパイアーを受けてオリジナルへと昇華させるわけですから、最初からパクリを否定してはいけません。

音楽なんてとても顕著でビートルズに影響を受けた人はどことなくビートルズに似てしまうじゃあないですか。

ただそれだと単なる盗作になってしまう可能性があります。

盗作にならないような何かが必要なのです。それはデザインの世界でも文章芸術の世界でも同じです。

ですから本映画『今夜、ロマンス劇場で』をパクリと断罪する気持ちはありません。

映画『一度死んでみた』よりは救われる

「パクリ」イコール悪行ではない

そう考えると本映画『今夜、ロマンス劇場で』は『カイロの紫のバラ』の夜のパクリと言われないようにあらゆる作品の雰囲気を取り入れることで、打ち消そうとしたのが逆に目立ってしまったと言う皮肉な結果になってしまったとしか言いようがありません。

念の為『カイロの紫のバラ』について説明します。アメリカの巨匠監督ウディ・アレン作品です。

映画が大好きな女性が毎日映画館に通っているとスクリーンから俳優が出てきて、恋に落ちるドタバタラブストーリーです。

男女を逆にすれば『今夜、ロマンス劇場で』そのまんまです。

『ニュー・シネマ・パラダイス』は映画を愛する少年が故郷を捨てて、映画監督になって、古い友人の葬儀のため何十年ぶりに帰郷する話です。

この作品からそんなにパクっていませんが、映画に登場するロマンス劇場の支配人の柄本明さんがパラダイス座のアルフレッドのイメージを与えます。

そして音楽がエンニオ・モリコーネ調なのです。お涙を誘うメロディーは良しですが、あまりも「やりすぎでしょ」ってツッコミを入れてしまい、映画に入っていけませんでした。

『カラー・オブ・ハート』は逆にテレビの中へ入り込んでしまう話です。

そして『ローマの休日』ですが、これはスクリーンからではなく、王室という窮屈な世界から飛び出したプリンセスの物語です。

『今夜、ロマンス劇場で』のツンデレ女・美雪(綾瀬はるか)の性格を模倣していると思われます。

でもわたしが思うに美雪は黒澤明監督『隠し砦の三悪人』の雪姫(上原美佐)に近い印象を受けました。

という文字を入れたのは意味があるのでしょうか。

ご存知の通り本映画の雪姫をモチーフにしてジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』のレイア姫を思いつきます。

ですから一概にパクリイコール悪行ではないのです。インスパイアーされた事実が結果として秀逸なオリジナリティーに繋げれば賞賛されるのです。

黒澤明監督作品こそ映画の教科書です

映画『今夜、ロマンス劇場で』の評価・結末

人間成長物語が描かれていない

こうやって映画作品を並べてみるとどれも傑作なのですが、それらエッセンスを切り取っても良い作品にならなかったことが如実にわかります。

なぜ本映画『今夜、ロマンス劇場で』が良い作品にならなかった理由は簡単です。「人間成長物語」が観られなかったからです。

主演の牧野健司(坂口健太郎) は映画が好きで好きで堪らない人間です。とにかく映画を「撮りたい、撮りたい」と常日頃から考えています。

これは『ニュー・シネマ・パラダイス』のトトに通じます。でもトトは信念を貫き映画を撮ります。そして大成功します。

しかし牧野は映画ではなく美雪(綾瀬はるか)を選ぶのです。

アッサリです。本当にアッサリと選んだので拍子抜けしました。

映画に対する思いは「そんなものだったの?」とツッコミを入れてしまいます。もうそこで牧野の人間としての成長物語は終わっているのです。

わずか30歳そこそこで終わっているのです。彼は結局、与えられた映画監督のチャンスをつかめませんでした。

人生の終末期の病院で、脚本を執筆できず、それを悔いた人生を送っているかのようです。

ここがつまらないのです。過去を悔いて生きる人間にあまり魅力がないのです。

美雪(綾瀬はるか)にとって嫌じゃないですか。「わたしを選んだばかりに映画監督になれなかった」と思っちゃいますよ。

このような陳腐な脚本にしたことがパクリ作品を昇華できかった力不足なのです。

アメリカ映画史上最高傑作!脚本の勉強になります

映画『ゴッドファーザーPARTII』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。アメリカ人が最も愛する映画。家族愛がテーマ。ヴィトーとマイケルの明暗とは?
映画『ゴッドファーザーPARTII』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。アメリカ人が最も愛する映画。家族愛がテーマ。ヴィトーとマイケルの明暗とは? 映画『ゴッドファーザーPARTII』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ゴッドファーザーPARTII』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ゴッドファーザーPARTII』の作品情報・概要 『ゴッドファーザー PART II』原題『The Godfather Part II 』1974年に公開されたアメリカ映画。監督はフランシス・フォード・コッポラ。脚本はコッポラとマリオ・プーゾの合作。『ゴッドファーザー』の続編。9歳でアメリカへ逃れ、マフィアのドンになったヴィトー・コルレオーネの成長と光、そしてファミリーの2代目ドンであるマイケル・コルレオーネの同じく成長と影の双方を対比しながら描いている。キューバ革命を舞台にしたことも秀逸。ヴィトーは家族・友人から好かれている温情な人物として描いているが、マイケルは家族のために犯罪を犯す冷酷非道な人間として描いている。

脚本が陳腐すぎる、もう少し創造性が欲しい

わたし的に牧野は映画を撮るべきであったのです。

美雪を犠牲にする映画を撮るのです。美雪なんぞ消えてしまえば良いのです。消え去っていく映画を撮るのです。それを映画にするべきだったのです。

そこから牧野の人生の戦いが始まる映画を観たかったのです。愛してしまった女性を犠牲にして映画を撮った悔恨の念と戦い悩み葛藤するのです。

そして、牧野はどうやって映画と共に生きていくのかを描いて欲しかったです。

わたしだったらこんな物語を紡ぎます。消えてしまった美雪を追いかけて今度は牧野が映画の中に入って一緒になれば良いのです。

これこそ究極のですよ。死んで映画になって愛する人とフィルムに残れるんですよ。これって最高でしょ。

それくらいの発想が欲しかった映画です。

製作陣がテレビ局系の人たちばかりで、スポンサーのご機嫌をとるブラウン管ビジネスに長けてますが、映画に夢を観たい人たちの銀幕ビジネスに疎かったのが残念です。

アメリカのテレビ局のスキャンダルを暴露した映画

“処女伝説”とか“アイドル崇拝”は男性の妄想

さて、本映画『今夜、ロマンス劇場で』について違う観点から見てみましょう。

この映画は男の願望を主軸にした作品と言えます。いわゆる処女伝説とかアイドル崇拝です。

一歩間違えると女性差別あるいは男尊女卑になります。

自分が好きになった女性に処女性にこだわる男性は少なからずいます。それは男の支配欲から来る本能でしょう。

処女イコール純粋という勝手な妄想を作ります。特に宗教が絡むとさらに複雑です(世界のあちこちで女性の性に関する問題の多さに胸を痛めます)

本映画の美雪は牧野にとって女神であります。でも実は拘束している存在なのです。「誰にも渡したくない」「ずっと僕だけの側にいてほしい」という願望は実は表面上の優しさだけで、実際は嫉妬心・支配欲の裏返しなのです。

支配から抜け出せない女性がいます

人の弱み漬け込み善意を売り物にするのは、、、

これが気持ち悪いのです。人の弱み(消えてしまう)につけ込んで善意を売り物にする人間が、、、。

そして30歳そこそこで映画監督の夢を捨て、スクリーンから出てきた女のために人生を捧げるというのが、、、。全く共感を得ません。

しかも「触ると消えてしまう」女性ですよ。そんな女性と生涯暮らす男は気持ち悪いのです。

もちろん映画ですからアリなんですが、ここなのです。この触れない問題を解決するためになぜ、牧野は動かなかったのかを描かないと。

この映画『今夜、ロマンス劇場で』がもっと良作になる可能性があちこちにあったのに、非常にもったいないです。

大森立嗣監督が描く世界はキツイ

完全なる男目線から描かれた映画

もっと言うなら牧野にとって美雪はラブドールなんですよ。いわゆる性的玩具なんですよね。

実際に肉体関係はありませんが、処女伝説を守るアイドル崇拝者にとっては何もしないことが究極の奉公で、目的になっているのです。

オタクのオタクの超オタクの世界です。

その世界を突き止めて描くのも面白い展開になったのかもしれません。

映画『マーウェン』

結構なオタクの世界です

映画『マーウェン』ロバート・ゼメキスvsスティーブ・カレルが描くトラウマを乗り越える人間成長物語に感動。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
些細な発言により暴行され、過去の記憶を失ったマーク・ホーガンキャンプ。トラウマを抱え、救いを人形アニメの撮影に向けた。町の人の助けによってトラウマを克服。監督はロバート・ゼメキス。主演にスティーブ・カレル。アメリカに根付くヘイトクライムをテーマに、困難を乗り越えて戦う人間成長物語を実写と人形アニメを用いて描く。

製作陣の女性の地位や立場に対する認識がズレている点

もうひとつ気になるのはやっぱり女性の地位や立場に対する認識がズレている点です

もう女性は男性のお飾りではありません。男のために結婚して子どもを産む機械でもありません。

男を陰で支えると言う古いステレオタイプの人たちが作ったことが残念です。

ディズニーの女性キャラクターを観ればわかることです。

もはやプリンセスはハンサムな王子様に嫁ぐことに興味はありません。

ラプンツェルは泥棒と結婚し、国の安定に尽くします。

エルサは強くたくましく、男女問わず愛を注ぎ、一人で生きていく女性です。

世界は女性の地位向上にとても積極的です。LGBTQ問題にもです。

そういった風潮の中で本映画『今夜、ロマンス劇場で』を観ると「やっぱり日本は男女平等社会が実現しない理由わかるわ」となるのです。

綾瀬はるかさんファンとしてはちょっと残念な作品でした。

*ラストで美雪(綾瀬はるか)が年老いた牧野(加藤剛)に別れをいうシーンですが、そこはやっぱり単に「触れる」のではなく「キス」で終わらせないといけないと思います。

挑戦する女性を描いた名作

映画『今夜、ロマンス劇場で』主題歌情報

映画『今夜、ロマンス劇場で』主題歌PV シェネル-奇跡-【HD】2018年2月10日(土)公開

主題歌『奇跡』を歌っているのはシェネルさんです。マレーシア生まれだそうです。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
1983年3月10日にマレーシアに生まれる。父親はマレーシアの華人、母親はインドとオランダの混血。10歳からオーストラリアで育つ[1]。現在はロサンゼルスを拠点とするR&Bシンガー[2]。
2005年、MySpaceに公開していたデモを発掘され、キャピトル・レコーズとの契約。2006年にはカニエ・ウェストのオーストラリア・ツアーの前座に抜擢される。
2007年、シングル「ラブ・ウィズ・DJ」でデビューを果たす。日本国外では芳しい反響は得られなかったが日本でブレイクし[3]、1stアルバムが日本国内でオリコン洋楽チャート1位を獲得した。「ファースト・ラブ」「フィール・グッド」を収録した2ndアルバムを日本で2010年に発売。
ソングライターとしても精力的に活動しており、最近ではレオナ・ルイスなどへの楽曲提供も手掛ける。
久保田利伸の「Missing」の英語カヴァーのロング・ヒットを受けて、自身初となるカヴァー・アルバム『ラブ・ソングス』を日本でのみ発売し、累計35万枚を売り上げる[4]。同アルバムに収録されたTEEの「ベイビー・アイラブユー」の英語カヴァーは、レコチョクコール2011年6月28日付週間ランキングにて総合1位、「レコチョク洋楽・フル」および「レコチョク洋楽・うた」の2011年6月28日付週間ランキングにて1位を記録し、累計ダウンロード件数は160万件に達する[4]。
「ビリーヴ」は2012年7月13日に公開された映画『海猿』の第4作・『BRAVE HEARTS 海猿』の主題歌に抜擢され[5]、RIAJ有料音楽配信チャート(2009年4月より実施)では「祈り 〜涙の軌道」(Mr.Children)以来3ヶ月ぶり通算3曲目となる4週連続1位を獲得した。
2013年、6年ぶりにアメリカでの音楽活動を再開した[3]。同年、バックダンサーと結婚した。英語、中国語、マレー語が話せる。日本語の歌を歌いこなすが、話すことはまだあまりできない。

映画『今夜、ロマンス劇場で』のキャストについて

美雪(綾瀬はるか)

昭和初期あたり?の古い時代に活躍した女優。フィルムに収められいる。性格はきつい、わがまま、自分勝手。次第に牧野に思いを寄せる。綾瀬はるかさんは自身のおっとりしたイメージとは違う役に挑戦したと思います。しかし如何せん、育ちが良いのか本映画の言葉使いが最後まで違和感を覚えました。あまりはまり役ではなかった気がします。美しさは圧倒しています。ファッションがいいですね。

牧野健司(坂口健太郎)

映画を愛してやまない青年です。「いつか映画監督に!」を目指しています。ロマンス劇場に通って古い映画を観ています。フィルムの美雪に恋しました。彼女のために映画監督を諦めたようです。

成瀬塔子(本田翼)

牧野に思いを寄せる女性。映画会社のご令嬢。本田翼さん、あまり出ていませんでした。演技的にはいつも通りです。あの「ポカーン顔」は健在です。できれば牧野と美雪の恋路の邪魔をして欲しかった。

俊藤龍之介(北村一輝)

破天荒な大スター。小林旭、または『蒲田行進曲』の銀ちゃん演じた風間杜夫をモチーフにしているとか、、、。北村一輝さんのコミカル路線は笑えます。

本多正(柄本明)

ロマンス劇場の支配人。映画好きな牧野を応援します。正直、この作品に必要なキャラクターだったのかわかりません。でも柄本明が出るだけで空気が締まる感じがするのでオッケーです。

病室の老人(加藤剛)

年老いた牧野。終末期で入院している。若い頃、完結まで書けなかった脚本を病室まで持ち込んでいる。後悔しているのか、、。加藤剛さんを観ていると痛々しかったです。実際もご病気だったそうで。本作が遺作となったそうです。

映画『今夜、ロマンス劇場で』のロケ地

『今夜、ロマンス劇場で』のロケ地についてネットで話題になっています。いくつか調べてみました。

栃木県が多いようです。

こちらに詳しく載っています。

旧足利東映プラザ

住所 栃木県足利市通2丁目

あしかがフラワーパーク

住所 〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
TEL.0284-91-4939 FAX.0284-91-4587

赤煉瓦工場 トチセン

住所 足利市福居町1143
TEL.0284-71-2175

松村写真館

住所 〒326-0812 栃木県足利市大門通2371
TEL.0284-41-2664

映画『今夜、ロマンス劇場で』興行収入は?

映画『今夜、ロマンス劇場で』興行収入は期待された割には伸びなかったです。

興行収入 10.2億円です。

綾瀬はるかさん主演映画の興行収入を下記します。

『本能寺ホテル』(2017)
興行収入10.1億円

『海賊とよばれた男』(2016)
興行収入 23.7億円

『海街diary』(2015)
興行収入 16.8億円

フジテレビが全面になって製作されたのですが、いまひとつ伸びなかった理由はやはりオリジナリティーに欠けるからではないでしょうか。

まとめ 映画『今夜、ロマンス劇場で』一言で言うと!

「映画とは労働である」

フランスの巨匠ジャン=リュック・ゴダールが言ったとされる名言です。素晴らしいです。この一言で気持ちが楽になります。労働とは人の役に立つもの、社会の役に立つものです。映画が労働である限り、フィルムメーカーには役に立つような作品を作って欲しいです。

合わせて観たい映画

【逞しい女性を描いたオススメ映画】

映画『アナと雪の女王2』

やっぱりエルサは強く・たくましく・知性的だ

【ネタバレ考察】映画『アナと雪の女王2』あらすじ・解説・結末。オラフ声優武内駿輔さんOK。
ディズニー映画『アナと雪の女王2』ネタバレ・あらすじ・解説・結末まで書いています。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作によるアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。『アナと雪の女王』(2013年)の続編。2019年11月22日に日米同時公開。キャッチコピーは「なぜ、エルサに力は与えられたのか」前作ではアナが主人公だったが本作ではエルサが主人公となっている。

映画『Wの悲劇』

スキャンダルを武器にスター街道まっしぐらのはずが、、、

映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。 映画『Wの悲劇』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『Wの悲劇』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『Wの悲劇』の作品情報・概要 『Wの悲劇』(ダブリューのひげき)は、1984年12月15日に公開された日本の青春映画。澤井信一郎監督作品。薬師丸ひろ子主演。カラー・108分。三田佳子、世良公則、三田村邦彦、高木美保共演。夏樹静子原作小説をモチーフにしている。舞台劇を構成を取りながらスターを目指す女優の恋愛、成功、失敗物語を内包した秀逸の脚本となっている。芸能界のタブー的な要素も盛り込んで話題となった。

映画『37セカンズ』

女優・佳山明さんは本当に勇気ある女性だ

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。
映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。映画『37セカンズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトへ案内し、作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『37セカンズ』の作品情報・概要『37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督は大阪出身で在アメリカのHIKARI。主演は佳山明。神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、萩原みのりらが出演。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性。母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門の観客賞及び国際アートシアター連盟賞受賞作。

映画『たちあがる女』

たった一人で巨大組織と戦う女性

アイスランド映画『たちあがる女』ネタバレ、感想、評価。たった一人で地球を守るために戦う女性の物語。過激思想であるが絶対的に共感して応援したくなる女性だ。
ベネディクト・エルリングソン監督曰く「この映画は、我々の世界に差し迫っている脅威をテーマにした英雄物語です」しかもおとぎ話でありながらも、強いメッセージを持った構成になっている。我々は利便性を求めるばかり、失っていく大切なものがあるとこに気がつく必要がある。特に『自然』自然の存在を思考しなければ子どもたちの未来は守ることができない。

映画『プライベート・ウォー』

戦場こそが私の生きる場所

映画『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。
映画『プライベート・ウォー』公式サイトにて作品情報・上映館情報の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末について記述しています。隻眼のジャーナリスト、メリー・コルビンの半生を映画化。世界に紛争、戦争があると取材に行くのが戦争ジャーナリスト。命をかけて取材するが時には自身も傷つく。片目を失明。そして悲惨な戦争を見すぎてPTSDに陥る。それでも何度も戦地を訪れて世界に真実を発信する。最後はシリアでアサド政権の残虐性を放送して死ぬ。なぜ彼女は戦地へ行ったのか、なぜ書きたかったのか、そこには人間としても尊厳があったのだろう。

映画『RBG 最強の85才』

この女性弁護士の世界中は感謝するしかない

映画『RBG 最強の85才』弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグの尽力でアメリカ女性の社会進出が加速した。あらすじ、ネタバレ、評価
アメリカ合衆国の法曹会で活躍する女性弁護士のドキュメンタリー映画である。あらゆる差別を撤廃するために弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグは半生を通して戦ってきた偉大な人物。性差別、人種差別、労働差別と日常生活から社会生活の隅々に渡り目を凝らし、弱き人々の声に耳を澄まし法律の改正を今なお積極的に行なっている。

映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
武内英樹
脚本
宇山佳佑
製作
石原隆 堀義貴
企画
稲葉直人
プロデュース
稲葉直人
プロデューサー
上原寿一 菊地美世志
アソシエイトプロデューサー
大澤恵 根本智史
ラインプロデューサー
宮崎慎也
撮影
山本英夫
照明
小野晃
録音
加藤大和
美術
原田満生 岡田拓也
衣装
宮本まさ江 伊藤佐智子
ヘアメイク
豊川京子
ヘアメイクデザイン
中野明海
装飾
茂木豊
編集
松尾浩
音楽
住友紀人
主題歌
シェネル
スクリプター
渡辺美恵
VFXプロデューサー
赤羽智史
ミュージックエディター
小西善行
サウンドエディター
伊東晃
助監督
洞功二
制作担当
嘉藤博
美雪(綾瀬はるか)
牧野健司(坂口健太郎)
成瀬塔子(本田翼)
俊藤龍之介(北村一輝)
山中伸太郎(中尾明慶)
吉川天音(石橋杏奈)
本多正(柄本明)
病室の老人(加藤剛)
2018年製作/108分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

タイトルとURLをコピーしました