映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー

スポンサーリンク
映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピーお茶の間映画館

映画『天使にラブ・ソングを』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『天使にラブ・ソングをIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

Sister Act (1992) - IMDb
Directed by Emile Ardolino. With Whoopi Goldberg, Maggie Smith, Kathy Najimy, Wendy Makkena. When a worldly singer witnesses a mob crime, the police hide her a...

 

Sister Act
Theatrical Trailer from Touchstone Pictures

 

『天使にラブ・ソングを』(100分/アメリカ/1992)
原題『Sister Act』

【監督】
エミール・アルドリーノ
【脚本】
ジョセフ・ハワード
【製作】
テリー・シュワルツ
【出演】
ウーピー・ゴールドバーグ
マギー・スミス
ハーベイ・カイテル
キャシー・ナジミー
ウェンディ・マッケナ

スポンサーリンク
  1. 映画『天使にラブ・ソングを…』日本テレビ 金曜ロードSHOW! 22020.5.15 よる9時~10時54分放送
    1. 2020.5.15 よる9時~10時54分放送
  2. 映画『天使にラブ・ソングを…』のオススメ度は?
  3. 映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報・概要
  4. 映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『天使にラブ・ソングを…』の感想・評価・内容・結末
    1. 強い、面白い、上手い、そして優しい人間ウーピー・ゴールドバーグ
      1. ミュージカルと言ったらディズニー映画です
    2. アメリカエンタメきってのマルチな才能を持つ人
      1. 日本のミュージカルも負けてません
      2. オードリー・ヘプバーンのキレキレのダンス
    3. 「ロス暴動」直後の公開
      1. エルトン・ジョンも差別・偏見に悩みました
    4. アメリカ社会にも変化が訪れていた
      1. 女性の地位向上に貢献する強い弁護士
      2. アメリカには根深い人種差別が存在する
  6. 映画『天使にラブ・ソングを…』のキャストについて
    1. Deloris(ウーピー・ゴールドバーグ)
    2. Mother Superior(マギー・スミス)
    3. Vince La Rocca(ハーベイ・カイテル)
  7. まとめ 映画『天使にラブ・ソングを…』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【差別をテーマにした映画】
      1. 映画『ナイチンゲール』
      2. 映画『黒い司法 0%からの奇跡』
      3. 映画『ブラック・クランズマン』
      4. 映画『ビール・ストリートの恋人たち』
      5. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      6. 映画『ジョジョ・ラビット』
      7. 映画『ゴッズ・オウン・カントリー』
      8. 映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』
      9. 映画『存在のない子供たち』
  9. 映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報

映画『天使にラブ・ソングを…』日本テレビ 金曜ロードSHOW! 22020.5.15 よる9時~10時54分放送

2020.5.15 よる9時~10時54分放送

痛快な映画です。マフィアが登場しますが、恐ろしくないです。笑えます。そして気持ちが明るくなります。

やっぱりアカデミー賞女優・ウーピー・ゴールドバーグの演技が素晴らしいです。この人を見ていると悩みなど吹っ飛んでしまいます。

元気が出ます。勇気が出ます。幸せな気持ちになれます。

スポンサーリンク

映画『天使にラブ・ソングを…』のオススメ度は?

3.0

3つです

楽しくなれます

明るくなれます

元気が出ます

勇気をもらえます

ストレス発散になれます

スポンサーリンク

映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報・概要

1992年製作のアメリカのコメディー映画。閉鎖的なイメージの修道院で繰り広げられるドタバタコメディーだが、友情、挑戦、変革等の要素を上手く取り入れている。主演のウーピー・ゴールドバーグの絶賛演技。ハーヴェイ・カイテルの座った演技とコミカルな雰囲気も素晴らしい。アメリカでは6ヶ月のロングランを記録。

スポンサーリンク

映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじ・ネタバレ

小さなクラブで歌手として糊口をしのぐデロリスにはマフィアのボス・ヴィンスの愛人である。ヴィンスの愛が本当かは疑わしいが、妻と別れる気持ちがないことも承知の上で付き合っている。仕事を紹介してくれるし。しかし毛皮のコートを贈られ狂喜したのもつかの間、奥さんの名前の刺繍が、、、。これにて一気に気持ちが冷めてヴィンスに別れを言いに行くと、そこは殺人現場だった。デロリスは警察に助けを求めたが証拠不十分で無理。身を守ってもらう先を紹介されたのは修道院。厳格な規則と窮屈な日々の中、聖歌隊の指揮者に任命され、、、、大成功する。しかしヴィンスたちマフィアの追跡の手が迫ってくる。

スポンサーリンク

映画『天使にラブ・ソングを…』の感想・評価・内容・結末

強い、面白い、上手い、そして優しい人間ウーピー・ゴールドバーグ

大女優です。しかも才女です。

誰のことかというとウーピー・ゴールドバーグのことです。

日本ではそれほど有名ではありませんが、アメリカでは絶大なる人気を博したスターです。近年は映画よりテレビ番組の出演が多いです。

彼女はニューヨーク大学を卒業してから役者の道に入りました。

黒人であること、そして差別されることへの抵抗として女優を目指したと言ってもいいでしょう。

本当に心の優しい人という噂です。

ミュージカルと言ったらディズニー映画です

アメリカエンタメきってのマルチな才能を持つ人

当初、舞台でスタンダップ・コメディーを行なっています。

しかも歌手としてアルバムを出していきなり第28回グラミー賞最優秀コメディ・アルバム賞受賞します。

その勢いのまま『ゴースト/ニューヨークの幻』に出演しアカデミー助演女優賞を受賞します。運がいいといえばそうなりますが、やっぱり演技が良かったと思います。

しかも彼女のすごいのはエミー賞、グラミー賞、オスカー(アカデミー賞)、トニー賞4つの賞をすべて受賞した人物(EGOT)だということです。

大変、稚拙ではありますが、日本に当てはめると日本アカデミー賞、日本レコード大賞、文化庁芸術祭賞、上方演芸大賞となるのでしょうか。

そんな女優を起用してヒットしないはずがありあません。アメリカでは6ヶ月に渡ってのロングランとなりました。

こんなマルチな才能を持った人はアメリカのエンタメ業界でも稀有な存在です。

日本のミュージカルも負けてません

さて、映画の内容はとても簡単です。簡単だからヒットしたとも言えます。

  • 売れないゴスペル歌手→夢は大スター
  • 恋人は世帯を持ったギャング→つまり不倫
  • 別れを切り出そうと行った先で殺人を目撃→恐怖&死にたくない
  • 警察へ逃げる→神にすがる思い
  • 修道院に隠れる→退屈・窮屈・人間関係のトラブル
  • ヘタクソ聖歌隊に歌を教える→特技が人のためになる・やり甲斐を感じる
  • 「まさか」の高評価→女性修道女の地位向上に貢献
  • ローマ法王の前で歌う計画が上がる→退所するかも
  • ギャングに誘拐される→絶体絶命
  • 聖歌隊の仲間が救出→友情
  • ローマ法王の前で歌う→大成功

となります。

本映画『天使にラブ・ソングを』はコメディー要素が強くなったはもちろん主演のウーピー・ゴールドバーグの賜物ですが、実際にこの映画を分析すると結構深い作品だと言えます。

まず黒人女性であるデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)が修道女になるという設定です。

映画を観ているとお気づきになったかと思いますが、他の修道女はすべて白人です。これがとても大きな意味があると思うのです。

また監督のエミール・アルドリーノ狙いもあったのではないかと思うのです。その狙いとはアメリカ社会の永遠のテーマ差別との戦いです。

ちなみにアルドリーノは同性愛者でエイズに死にます。彼の差別・偏見で悩んでいたことは間違いありません。

アメリカ社会にはいまだに有色人種に対する差別はあります。1992年なんてもっとひどい時代です。ロサンゼルス暴動があった年です。

オードリー・ヘプバーンのキレキレのダンス

「ロス暴動」直後の公開

これはアメリカの歴史に大きな汚点を残しています。

黒人男性ロドニー・キングがスピード違反を犯して、それを取り調べた白人警官20人が無抵抗のキング氏に暴行を加えました。

しかし裁判で白人警官たちは無罪になったのです。それに激怒した黒人たちがロサンゼルスで大暴動を起こしたのです。

1992429日です。そして本映画『天使にラブ・ソングを』は暴動が若干収まった1992529日から全米で公開されました。

黒人たちにとっては痛快でしょう。

エルトン・ジョンも差別・偏見に悩みました

アメリカ社会にも変化が訪れていた

白人を従えるウーピー・ゴールドバーグに熱狂したことは間違いありません。

しかも黒人たちが作り出したゴスペルを白人たちが熱唱しているのです。

ゴスペルのような激しいリズムは神様を愚弄しているという聖職者もいたほどですから。

でも人権派の白人たちはちゃんと許容したことが素晴らしいのです。

映画の中で修道院長のキャサリン(マギー・スミス)は最初は怪訝な顔をして敵対しますが、最後は手を取り合って感謝の念を伝えている場面がまさに心の変化を表していると思います。

(もちろん彼女は人種差別思想なないと思うます。伝統を重んじる保守派の存在です)

女性の地位向上に貢献する強い弁護士

 

一概には言えませんが、「ロス暴動」でガス抜きされたアメリカ社会。でも暴動の陰で多くの犯罪が行われたのも事実です。

キリスト教は懺悔すれば罪は赦されます。

神をテーマに持つ『天使にラブ・ソングを』を観に行くことで赦しを求めた人もいたと思います。

そう考えると騒乱状態になったアメリカ社会を沈静化するのに一役も二役もかった映画であると言えます。

本当に映画のエンディングを観るとアメリカ人が一斉に歌って踊っています。

まるで一致団結しているように見えます。ただし、観客に黒人の姿は少ないのが残念です(映画撮影は「ロス暴動」の前です)

アメリカには根深い人種差別が存在する

「コロナ禍」も少しは収束へと向かっていますが、やはり相当なストレスを負ったと思います。

体を動かすこと、人と会うこと、しゃべることの大切さが身にしみてわかりました。

本映画を観て大声で歌いたくなります。もうすぐその日が来ます。

それまでみなさん、頑張りましょう!スカッとする映画でした。

スポンサーリンク

映画『天使にラブ・ソングを…』のキャストについて

Deloris(ウーピー・ゴールドバーグ)

売れない歌手。ギャングの愛人。性格は明るい。前向き。強制されたり命令されることが大っ嫌い。修道院で歌手としての才能を発揮。聖歌隊を率いて市民から好感をもらう。ウーピー・ゴールドバーグは言うことないですね。この人を見ているどんな悩みなどたいしたことない、乗り越えられると思えてきます。

Mother Superior(マギー・スミス)

典型的な修道女。規律に厳しい。修道女育成に熱心。最初はデロリスに手を焼いていました。でも新しい時代の到来を感じて受け入れていきます。マギー・スミスはとても熟練された演技でした。抑えた感が素晴らしい。

Vince La Rocca(ハーベイ・カイテル)

ギャングのボス。デロリスを愛人にしている。犯罪者。ハーベイ・カイテルです。もう有名ですよね。マーティン・スコセッシ監督の常連です。ロバート・デ・ニーロとも共演作が多いです。遅咲きの俳優です。『ピアノ・レッスン』を思い出します。

スポンサーリンク

まとめ 映画『天使にラブ・ソングを…』一言で言うと!

「どんな時も笑って行こうぜ!」

ウーピー・ゴールドバーグを見ているとこんな言葉が去来します。彼女はやはり黒人差別に悩まされた人生だったと思います。人種への偏見を乗り越えて有色人種に大きな勇気を与えてくれました。でも有色人種であることが劣等な存在ではありません。白も黒も黄も同じ人間だと思います。みんなで笑い飛ばせばいいのです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【差別をテーマにした映画】

映画『ナイチンゲール』

ジェニファー・ケント監督が描く#MeToo映画最高傑作

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『黒い司法 0%からの奇跡』

ここはアメリカですか?

映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」
映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」 映画『黒い司法 0%からの奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『黒い司法 0%からの奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『黒い司法 0%からの奇跡』原題『Just Mercy』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。デスティン・ダニエル・クレットン監督作品。主演はマイケル・B・ジョーダン。本作はブライアン・スティーヴンソンが2014年に発表したノンフィクション『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作としている。ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演。人種差別と死刑制度問題を絶妙に内包する物語。

映画『ブラック・クランズマン』

黒人差別をコミカルに描いた名作

スパイク・リー監督『ブラック・クランズマン』は人種差別問題をコメディータッチで描くことで痛烈なメッセージ送った。ネタバレ、あらすじ、感想。
スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』はカンヌ国際映画祭でグランプリ獲得、さらにアカデミー脚色賞獲得した名作。ようやくアメリカ映画界もスパイク・リーの功績を評価し始めたと言える。遅すぎた春だ。本作は人種差別という重たいテーマをコミカルに描くことで痛烈なメッセージを投げかけてきた。このメッセージを未来に繋げたい。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』

若い二人の恋愛に差別の障害が、、、涙が止まりません

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は差別が運命を狂わす物語。若い二人の美しさに潜む悲劇に胸が痛む。感想と評価。ネタバレ。
ニューヨークの美しい街並みで繰り広げらる二人の恋物語。黒人であるがゆえに無実の罪を着せられ、刑務所に送り込まれた青年。彼を助けたい少女と家族。しかし黒人と言う理由だけで差別と偏見がたち隔たる。やがて新しい命が誕生するが、時は残酷に現実を刻んでいく。この二人、いや家族には、希望があるのか。いつか救世主が現れるのだろうか。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インドのカースト制度は終わらない

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『ジョジョ・ラビット』

ユダヤ人差別が凄まじい

映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。
映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。映画『ジョジョ・ラビット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイトを紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間の案内もしています。映画『ジョジョ・ラビット』の作品概要『ジョジョ・ラビット』原題『Jojo Rabbi』2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。タイカ・ワイティティ監督。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。共演はトーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン。少年の成長を通して戦争のおぞましさを訴求している。

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』

LGBT映画の最高作品

美しきゲイ映画『ゴッズ・オウン・カントリー』LGBTの差別・偏見なき世界を願う名作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
イギリス、ヨークシャーで家業の牧場で日々働く青年ジョニーは毎日鬱屈した日々を過ごしている。時折街出て、男を買う。ある日、ルーマニアから来た青年と出会い、恋に落ちる。彼との出会いで鬱屈した生活から抜け出し、仕事にも人生にも前向きに生きていくことを決意する。愛があれば恋愛は異性であろうと同姓であろうと関係ない。

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

ネイティブインディアンのために戦う白人

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。
映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』下記サイトにて作品情報・キャスト等をご確認ください。ケビン・コスナー、製作・監督・主演の最高傑作です。アメリカ先住民との交流を見事に描いています。先住民を善として描いています。人権も動物も大事にして映画製作されているのも評価されている理由でしょう。

映画『存在のない子供たち』

存在さえ認められないとは酷すぎます

映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督がレバノンの幼児虐待、人身売買、児童労働、難民、不法移民、不法就労、不当搾取を鋭利に描く。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
存在のない子供とは出生証明書が国などの機関に提出されていない子供たち。世界を見渡すと実に多いという。存在が認められていないため病院にも行けず、学校にも行けない。しかも幼い頃から児童労働させられ、金品も搾取されている。女の子は売られていく。負のオンパレードしかない。一番大切なのは大人の教育。レバノンの女性ナディーン・ラバキー監督が描いた。

 

 

スポンサーリンク

映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
エミール・アルドリーノ
脚本
ジョセフ・ハワード
製作総指揮
スコット・ルーディン
製作
テリー・シュワルツ
撮影
アダム・グリーンバーグ
美術
ジャクソン・デ・ゴビア
音楽
マーク・シェイマン
編集
リチャード・ハルシー
衣装デザイン
モリー・マギニス
字幕
太田直子
Delorisウーピー・ゴールドバーグ
Mother Superiorマギー・スミス
Vince La Roccaハーベイ・カイテル
Mary patrickキャシー・ナジミー
Mary Robertウェンディ・マッケナ
Mary Rozarusメアリー・ウィックス
Eddie Southerビル・ナン
Joeyロバート・ミランダ
Willyリチャード・ポートナウ
Mary AlmaRose Parenti
1992年製作/100分/アメリカ
原題:Sister Act
配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

タイトルとURLをコピーしました