映画『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。

上映中
スポンサーリンク

映画『プライベート・ウォー』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。
YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画「プライベート・ウォー」
提供:ポニーキャニオン/ハピネット 配給:ポニーキャニオン
映画『プライベート・ウォー』予告編

『プライベート・ウォー』110/イギリス・アメリカ合作/2019
原題『A Private War

スポンサーリンク

映画『プライベート・ウォー』のオススメ度は?

3つ半

日本は世界の極東であることを認識できます。

世界では今日も紛争が続いています。

ジャーナリストとは一体なんなのか?

どうして危険な場所へ行くのか?

何を伝えたいのか。

友だち、恋人と観に行ってください。

スポンサーリンク

映画『プライベート・ウォー』の作品概要

戦地、紛争地を中心に取材するメリー・コルビンさんの半生を映画化しています。ロザムンド・パイクの熱演が素晴らしい。メリーは20122月、シリア取材中に死亡した。

スポンサーリンク

映画『プライベート・ウォー』のあらすじ・ネタバレ

スリランカ取材中に左目を負傷し失明。以後、隻眼のジャーナリストとして多くの戦地、紛争地を取材。数々のスクープを獲得するが、実生活ではアルコール依存症、とPTSDで苦しむ。子どもが欲しかったが二度の流産。新しいパートナーができるがメリーは戦地へ向かう。

スポンサーリンク

映画『プライベート・ウォー』の感想・評価・内容・結末

メリー・コルビンという勇気あるジャーナリストがいた事実

恥ずかしながらメリー・コルビンさんというジャーナリストのことはまったく知りませんでした。

戦地を取材するジャーナリストは男性が圧倒的に多いです。それはやはり女性の場合、拉致されて乱暴される可能性が高いから行きたくないと思います。

でもこのメリー・コルビンは戦地・紛争地に好んで取材に出かけて殉職しました。本映画ではなぜ彼女が紛争地へ行き取材をし続けたのかを描いています。

日本人ジャーナリストと外国人ジャーナリスの違い

個人的ではありますが、数年前にあるテレビ局(受信料で成り立っている会社です)のカメラマンと話す機会がありました。

彼は2004年頃、イラクに赴いて現地で取材を行っていました。社内から選ばれた百戦錬磨のカメラマンが数ヶ月おきに交代しながらの取材だったそうです。

現地は本当に破壊され尽くしてひどい状況で、いつ殺されるかわからないような日々だったそうです。

しかし首都のバクダットは割と安全でちゃんとしたホテルに泊まり、取材の際はセキュリティー会社の護衛の元、安全な場所にだけ行ってカメラを回していたそうです。

もちろん、外国人記者でスクープを追いかけるツワモノの多さに驚き、彼らの命を張る姿に日本のジャーナリストを重ねることは出来なったそうです。

戦争とは本当に心を壊す出来事である。PTSDは恐ろしい。

それで、彼は無事帰国しますが、それからが大変だったと言っていました。

ずっと緊張状態が続いていて、眠れない日々を過ごしていると。しかもちょっとした大きな音にびっくりしてしまうと。

現地では数分おきに銃声や砲撃の音が聞こえていたそうで、日本へ帰国しても周囲を見回してドキドキしているとのこと。

この映画を観てメリーがPTSDに陥るのは当然のことだと思います。

本当に地獄にいる日々だったのでしょう。でも、普通だったらもう二度と戦地へ行かないと思います。彼女は普通ではないから戦地へ何度も足を運んだのです。

恐怖の果てで得られる快感が存在するそうだ

おまけに彼女はアル中でセックス依存症です(ドラッグもやっていたような描写もありました)常にタバコをくゆらしています。

それも戦争というストレスから逃れるために身につけた手法、もしくは習性にしてしまったのではないでしょうか。

ジャーナリスの多くは戦地から戻るとしばらくは平和な生活に幸せを感じるそうですが、でもすぐに飽きて再び戦地が懐かしくなるそうです。

自身の存在理由は戦地にあるのです。

あの生きるか死ぬかの状況の中でアドレナリンが身体中を駆け巡り快感状態になるのだそうです。

頭上を銃弾、砲弾が飛び交い、いつ殺されるかわからない状況は地獄ですが、一瞬の天国も味わえるらしいのです。

天国と地獄を両方味わって帰還し記事や写真を発表すると多くの人から賞賛されます。

人間は人に認めれらたい承認欲求が強いですからさらなる快感が包まれるのです

そうなると次回の戦争が楽しみになるのです。おそらくメリーもそうだったのでしょう。これは冒険家と同じですね。未知なる時代のアマゾンの探検を想像してみてください。

真実を書くのがジャーナリストというが、創作もある

映画の中でメリーが記事を書く場面にとても興味を持ちました。もちろん正確な取材をしていますが、良い表現を掴むために格闘しています。

部屋の中を歩き回り、モノを壊したり、さらに酒を浴びるように飲んだりと、、、。

そして言葉を掴むのですが、それはある種創作が多く含まれていることを示唆していました。その創作の中には善悪が設けらています。

話は逸れてしまいますが、ジャーナリストの筆次第で事実が捻じ曲げられてしまう恐ろしさもあるのです。

最後のシリア取材で放った大スクープは世界を震撼させた

本映画でホッとしたのはメリーが最後の取材先のシリアでも出来事で、当初、世界中の「人はシリアを破壊しているのはイスラム原理主義者達と思っていましたが、実際は政府であるアサドが一般市民を多数殺していた事実を明らかにしたところです。

この事実が世界にも報じられたことがメリーにとって一番嬉しいことだったのではないでしょうか。

あの報道の前と後ではシリアの情勢はとても大きく変わったと思います。

アメリカ、イギイスを始め多くのメディアは虚像の報道をしてきました。メディアによって引き起こされた戦争は数多くありました。

メリーの報道姿勢は常に弱い女性や子どもの立場を優先するモノでした。それはとても素晴らしいことです。

 

結果、メリーはシリアで砲撃を受けて死にます。

彼女にとって生きる目的は「スクープを取る」ことが全てであり、実際に数々のスクープをとり多くの賞を獲得しています。

言い方は適切かどうかわかりませんが、自身の選んだ仕事先で死ねたのは本望ではないでしょうか。

エベレスト初登頂はエドモンド・ヒラリーとネパールのテンジン・ノルゲイです。

ヒラリーに「なぜ、山を登るのか?」と尋ねたら「そこに山があるからだ」という名言がありますが、メリーにとっても同じで「そこに争いがある」と答えるのではないでしょうか。

勇気をもらえる映画でした。

スポンサーリンク

映画『プライベート・ウォー』まとめ 一言で言うと!

本当の恐怖は全てが終わってから訪れる。

この言葉は映画の中でメリーが言っていました。全てが終わってからとは戦争が終わってからという意味でしょうか。終わったのになぜ恐怖が来るのでしょうか。それは彼女自身のことで、戦地から帰ってきた後に訪れるPTSDのことを指すのでしょうか。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【紛争やテロをテーマにした映画】

映画『 ホテル・ムンバイ』

インドとパキスタンの終わらない憎悪

映画『 ホテル・ムンバイ』ネタバレ・感想・評価。少年テロリスト誕生の理由。宗教・民族争いの根源は?日本の平和に感謝。
映画『ホテル・ムンバイ』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想について記述。インドは多民族、他宗教の人たちが共存しています。隣国のパキスタンはイスラム教で両国の関係は良好ではありません。この映画はイスラム原理主義の思想を植えつけられた少年たちがムンバイのタージマハル・パレス・ホテルを急襲し殺戮の限りを尽くします。狙われたのは欧米系の金持ちたち。ホテルの従業員たちは宿泊客を守るべくあの手この手で活躍します。

映画『存在のない子供たち』

無国籍の子どもと無責任な大人、移民、差別

映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督がレバノンの幼児虐待、人身売買、児童労働、難民、不法移民、不法就労、不当搾取を鋭利に描く。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
存在のない子供とは出生証明書が国などの機関に提出されていない子供たち。世界を見渡すと実に多いという。存在が認められていないため病院にも行けず、学校にも行けない。しかも幼い頃から児童労働させられ、金品も搾取されている。女の子は売られていく。負のオンパレードしかない。一番大切なのは大人の教育。レバノンの女性ナディーン・ラバキー監督が描いた。

映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』

地球はどこへ向かっているのか考えてしまう

映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』中国の現代美術家・社会運動家のアイ・ウェイウェイが世界を漂流する
中国人現代美術家であり人権活動家のアイ・ウェイウェイ(艾未未)が世界の難民施設を撮影する。映像は固定ショットが多く美しい。しかしこう言った映画に美しさは必要かどうかについて疑問を感じる。難民の現状を映し出すがどこか無機質に感じる。傍観者になりそうだ。

【中東地域に関係した映画】

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

正義のジャーナリストは必ずいるはずだ

実話『バイス』と『記者たち 衝撃と畏怖の真実』でイラク戦争の嘘が見えてくる。ネタバレ、感想、評価
イラク戦争とはなんだったのか?この映画は9.11を機にイラク戦争へと向かうアメリカ合衆国と国民、そして世界を翻弄する情報を流す人々を描く映画である。多勢に無勢となると人間は多勢の方に流れてしまう。嘘、デマがまかり通り、罪のない多くの人の命が消え、国家自体も消滅の危機に陥ることもある。情報を信じるのも自己責任である。

映画『バイス』

なぜイラク戦線が起きたか、誰が起こしたか!

チェイニー副大統領モデルの実話『バイス』を観れば現在の世界の争いが見えてくる。ネタバレ、評価。
ジョージ・W・ブッシュ大統領時代に副大統領として仕えたディック・チェイニーについて描いた作品である。世界はこの人間を中心に動いた。そして現在の悲劇をもたらしたと言っていい。当時はメディアも盲目的になり、イスラムへの敵意を増長させてしまった責任も大きい。情報を自在に操ることで悪を正義に変える恐ろしさも伝えている。

 

スポンサーリンク

映画『プライベート・ウォー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マシュー・ハイネマン
製作
ベイジル・イバニク マリッサ・マクマホン マシュー・ジョージ マシュー・ハイネマン シャーリーズ・セロン
製作総指揮
エリック・リー ジョナサン・ファーマン アシュリー・シュライファー ジェフリー・ソブラト ジョー・ゲルシオン ベス・コノ A・J・ディックス デビッド・ディナースタイン ジェイソン・レスニック ウィリアム・サドラー ウェイン・マーク・ゴッドフリー ロバート・ジョーンズ
原作
マリエ・ブレンナー
脚本
アラッシュ・アメル
撮影
ロバート・リチャードソン
美術
ソフィー・ベッカー
衣装
マイケル・オコナー
編集
ニック・フェントン
音楽
H・スコット・サリナス
音楽監修
ローラ・カッツ
主題歌
アニー・レノックス
メリー・コルビン(ロザムンド・パイク)
ポール・コンロイ(ジェイミー・ドーナン)
ショーン・ライアン(トム・ホランダー)
トニー・ショウ(スタンリー・トゥッチ )
2019年製作/110分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:A Private War
配給:ポニーキャニオン