映画『愛と死の記録』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。渡哲也&吉永小百合「悲恋を通して核兵器反対」を描く名作。広島と長崎を忘れてはいけない。

スポンサーリンク
映画『愛と死の記録』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。渡哲也&吉永小百合「悲恋を通して核兵器反対」を描く名作。広島と長崎を忘れてはいけない。お茶の間映画館

映画『愛と死の記録』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『愛と死の記録』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『愛と死の記録』
(92分/日本/1966)

【監督】
蔵原惟繕
【脚本】
大橋喜一 小林吉男
【企画】
大塚和
【出演】
渡哲也
吉永小百合
中尾彬
浜川智子
佐野浅夫
滝沢修
【日活公式サイト】
『愛と死の記録』
【HPサイト】
映画『愛と死の記録』IMDbサイト
【予告映像】
映画『愛と死の記録』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『愛と死の記録』NHK BSプレミアム放送 8月21日(金)午後1時00分~2時33分
    1. 8月21日(金)午後1時00分~2時33分
  2. 映画『愛と死の記録』のオススメ度は?
  3. 映画『愛と死の記録』の作品情報・概要
  4. 映画『愛と死の記録』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『愛と死の記録』の感想・内容
    1. 渡哲也さんと吉永小百合主演の「悲恋」はキツすぎる
      1. 日本映画最高傑作「平和を願う」映画です
    2. 原爆投下の広島が舞台
      1. 吉永小百合さんが沖縄で、、、
    3. 青年は「白血病で死」へ向かう
      1. やっぱり広島で描かれると胸が締め付けられる
    4. 若い男女の恋は成就せず
      1. まさ戦争の匂いがかすかに残る時代
    5. 私生活の渡哲也さんと吉永小百合さんも破局
      1. 渡哲也の親分の石原裕次郎の名演を観よ!
  6. 映画『愛と死の記録』の結末・評価
      1. 平和で自由で安心な国を作りたいと切望している映画です
    1. 映画『愛と死の記録』の演出について
      1. ジブリ作品には「反戦」へのメッセージがある
    2. 映画『愛と死の記録』のキャストについて
    3. 三原幸雄(渡哲也)
    4. 松井和江(吉永小百合)
    5. 藤井(中尾彬)
    6. ふみ子(浜川智子)
    7. 岩井(佐野浅夫)
    8. 原爆病院長(滝沢修)
  7. まとめ 映画『愛と死の記録』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【被爆地・広島を舞台にしたオススメ映画】
      1. 映画『父と暮せば』
      2. 映画『この世界の片隅に』
    2. 【反戦をテーマにしたオススメ映画】
      1. 映画『あゝひめゆりの塔』
      2. 映画『絶唱(1975)』
      3. 映画『硫黄島からの手紙』
      4. 映画『父親たちの星条旗』
      5. 映画『彼らは生きていた』
      6. 映画『1917 命をかけた伝令』
  9. 映画『愛と死の記録』の作品情報

映画『愛と死の記録』NHK BSプレミアム放送 8月21日(金)午後1時00分~2時33分

8月21日(金)午後1時00分~2時33分

渡哲也さんがお亡くなりになりました。

偉大な俳優でした。

ご冥福をお祈ります。

本映画の渡哲也さんの演技を観てください。

吉永小百合さんもです。

等身大の二人がいます。

「核兵器反対」映画です。

スポンサーリンク

映画『愛と死の記録』のオススメ度は?

4.0

4つです

とても重たい映画です

「死」が繰り返されます

悲劇的な恋愛映画です

「核兵器反対」「戦争反対」のメッセージがあります

若き渡哲也さんと吉永小百合さんの等身大の演技

スポンサーリンク

映画『愛と死の記録』の作品情報・概要

『愛と死の記録』1966年製作の日本映画。吉永小百合、渡哲也主演。中尾彬、芦川いづみ、浜川智子共演。蔵原惟繕監督作品。原作は大江健三郎の「ヒロシマ・ノート」の中で紹介された実話をベースにしている。当初は浜田光夫だったが右目を負傷し、渡哲也が代役となった。本映画で共演した吉永小百合と渡哲也は私生活でも恋愛に発展したことで話題となる。

スポンサーリンク

映画『愛と死の記録』のあらすじ・ネタバレ

終戦から21年経った1966年の広島。印刷会社で働く三原幸雄(渡哲也)はバイクが好きな青年だ。ある朝の出勤時、危うくバイクで女性を轢きそうになる。レコード店に勤務する松井和江(吉永小百合) だ。その際、レコードを割ってしまう。弁償としてお金を渡すが、二人には共通の友人がいて交際に発展する。デートを重ね結婚を意識するようになる二人。しかし幸雄の親代わりである岩井(佐野浅夫)が難色を示す。理由は幸雄は被爆者であり、いつ「発症するか」がわからないから。幸雄の体は次第に弱っていく。和江は懸命に看病するが、、、、、

スポンサーリンク

映画『愛と死の記録』の感想・内容

渡哲也さんと吉永小百合主演の「悲恋」はキツすぎる

正直申し上げて本映画『愛と死の記録』は「キツイ」映画です。もっと言うなら「重たい」映画であり、「救いようがない」映画です。

と言うのは完全なバッドエンドなのです。ハッピーエンドへ向かう雰囲気が一切ありません。死、死、死の繰り返しが強烈です。

もちろん時代が1960年代の発展する日本を舞台に美男美女の若手俳優たちが、輝きを描くことで悲劇性がより強調されると言う狙いもあったのでしょう。

それが見事に成功していると思われます。この映画の言いたいことは明確です。「核兵器反対」「戦争反対」です。それを心して観ることをオススメします。

そして何よりも渡哲也さんが死去して間もない最中で、本映画『愛と死の記録』を観るとより一層、死の気配を強くしているのです。さて、以下になぜ本映画がこれほどズシリとわたしの心にのしかかるかを分析してみました。

1、渡哲也さんの死
2、原爆投下の広島が舞台
3、青年は「白血病で死」へ向かう
4、若い男女の恋は成就せず
5、私生活の渡哲也さんと吉永小百合さんも破局

などが挙げられます。本当は原爆投下地の広島に哀悼の意を込めて、一番最初に書かなければいけないのですが、直近の渡哲也さんの死去のニュースの方が強いのでご了承ください。

でも言い方は悪いのですが、2020年のこの夏に本映画『愛と死の記録』がテレビで放映されることは被爆地・広島な長崎を忘れないためにはグッドタイミングと捉えれば良いのではないでしょうか。

わたしは原爆も核兵器も大反対です。

日本映画最高傑作「平和を願う」映画です

原爆投下の広島が舞台

さて、2の原爆投下の広島が舞台ですが、映画の端々に1966年の広島の光景が出てきます。町は一見、復興を遂げたように見えますが、まだまだ未整理の場所もチラホラを見えます。

松井和江(吉永小百合)が住んでいる家の周囲はバラック小屋が多いですし、道も未舗装です。

もちろん、大きな道路には車や電車が走り交通網の整備は充足しています。でもです。

若き二人、三原幸雄(渡哲也)と 松井和江(吉永小百合)デートを重ねたり、重要な告白をする場面で平和記念公園、原爆ドーム、供養塔、原爆の子像、原爆慰霊碑、原爆病院、そして原爆ドームの内部が用いられています。

この演出が最後まで効いてくるのです。どう効いてくるかと言うと「原爆は恐ろしい」となります。

吉永小百合さんが沖縄で、、、

青年は「白血病で死」へ向かう

次に3の青年は「白血病で死」へ向かうですが、タイトルが「愛と死」って入ってますから、「ああ、この幸雄は死ぬんだ」とわかってしまうところが勿体無いです。

でも新進気鋭俳優の渡哲也さんが良い味を出しています。

冒頭から飛びっきりの笑顔で登場します。藤井(中尾彬)とジャレ合います。 動きも軽くて、超健康的な青年をイメージさせます。バイクも乗り回します。

でもこの青年の体には、、、。と言う展開が少しずつ忍び寄ってきます。最初は過労でダウンしますが、右足に異常をきたします。

そして圧巻だったのは原爆ドーム内で和江に「俺の体には放射能があるんだ」と叫ぶ場面です。これはキツかったです。

全被爆者の心情を吐露しているセリフかと思いますが、今から50年前にこの言葉を映画で言ったことは大きな勇気が必要だったことでしょう。

幸雄の体は徐々に弱っていきます。もう「死へ一直線」なんです。どんな治療をしても助かることは不可能です。

医者も白血病に対しての治療法はないと諦めています。その死へ向かう幸雄を懸命に愛する和江の美しさがさらに悲劇を助長するのです。

後半に向かうにつれて和江にものイメージが重なってきます。幸雄を亡くして、一時的には失意に落ちますが、和江は元気を取り戻します。

でもです、でもなんです。まさかの結果に、、、

やっぱり広島で描かれると胸が締め付けられる

若い男女の恋は成就せず

次に4の若い男女の恋は成就せずですが、映画の構成的に成就しない方がヒットすると考えたのではないと思います。

実際に被爆した人の恋愛を調査、取材して盛り込んでいるはずです。

被爆した人たちはやはり自分の体のことがとても心配だったでしょうし、恋愛し、結婚した後で体調に異変が起こり、亡くなった方も多いと思います。

若い恋人たちも相手が原爆の後遺症で苦しんだり、亡くなった方も多いでしょう。

ですから本映画『愛と死の記録』を観ていると「これは実際にあった物語だ」と痛感させられます。

そして渡哲也さんと吉永小百合さんを通して、その背後の多くの「原爆の影響による死者」たちの叫び声が心に重たくのしかかってくるのです。

それが本当に悲しいし、やるせないし、許せない気持ちになるのです。結果的に二人の恋の成就を阻んだのは「原爆」「戦争」であったのです。キッツイです。

まさ戦争の匂いがかすかに残る時代

私生活の渡哲也さんと吉永小百合さんも破局

そして5は蛇足かもしれませんが、私生活の渡哲也さんと吉永小百合さんは恋愛関係にありました。

本映画『愛と死の記録』での共演がきっかけとのことです。映画の中でのお二人のお芝居は本当に新鮮です。お似合いのカップルです。

ハンサムな渡さんと美人な吉永小百合さんという申し分ないカップルです。こんな二人が街を歩いていたら二度見どころではありません。

二人の恋愛は順調だったそうです。特に渡さんは性格的に「一直線」ですから吉永さんに誠心誠意尽くされていたそうです。

でも結果的には二人は別れます。若荒れた原因は多々あると思いますが、外部の人たちの反対からだそうです。

別れた原因が二人のものでしたら、何も言いません。でもそれが他者からの妨害というのがさらに悲劇を誘ってくるのです。

恋愛映画の名作は「障害を乗り越えて」という作品が多いです。成就した時は大きな感動を得ます。

でも実は成就しなかった方が観客の心に深く残るのです。

となると二人の私生活での恋愛も成就せず、本映画『愛と死の記録』も成就せず、というダブルパンチなんです。

これって結構、効いてきます。ボディーブローを打たれたように、、、。

渡哲也の親分の石原裕次郎の名演を観よ!

映画『太陽の季節』ネタバレ・あらすじ・結末。石原慎太郎衝撃のデビュー作で芥川賞受賞作品。若者のエネルギーの爆発と新時代の生き方を表現。
石原慎太郎の短編小説を映画化。(湘南あたりの)裕福な家庭に育った若者の無軌道な生活を通して、暴走化する感情が物質化する新世代・新時代を描いた作品。文學界新人賞を受賞。翌年1956年(昭和31年)1月23日には、第34回(1955年下半期)芥川賞を受賞。その後フランスのヌーヴェルバーグのゴダール、トリフォーに影響を与えたと言われている。
映画『嵐を呼ぶ男』ネタバレ・あらすじ・結末。時代が石原裕次郎だった。昔から芸能界は恐ろしかった。
映画『嵐を呼ぶ男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『嵐を呼ぶ男』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予...
映画『夜霧よ今夜も有難う』ネタバレ・あらすじ・感想。裕次郎も良いが浅丘ルリ子さんがめっちゃチャーミング。
映画『夜霧よ今夜も有難う』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『夜霧よ今夜も有難う』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 ...
スポンサーリンク

映画『愛と死の記録』の結末・評価

さて、それでなんですが、、、、。実は6があるんです。

上記してませんが、これが奈落の底に突き落とされて「立ち上がれなくなる」ほどの衝撃があるのです。「ここまでやるのか」って愕然とします。

もちろん、若き二人の恋愛映画ですが、最後の最後で蔵原惟繕監督からの痛烈なメッセージを受け止めるのです。

松井和江(吉永小百合) が後追い自殺します。服毒自殺です。三原幸雄(渡哲也)を失って人生を止めてしまうのです。

これはキツイです。いやあ、本映画『愛と死の記録』は、もちろん良い映画です。

間違いなく「核兵器反対」「戦争反対」映画ではあります。改めて今ある平和に感謝しなければいけません。

平和で自由で安心な国を作りたいと切望している映画です

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。

映画『愛と死の記録』の演出について

冒頭の不穏な音楽がちょっと怖い印象です。また平和の象徴であるハトの群れを登場させていますが、飛び立った後の二羽残っているショットは秀逸です。しかも一羽は傷ついています。これから始まる映画は「そんなに甘くないぞ」をうまく表しています。

幸雄がバイクに乗る場面はとても素晴らしかったです。若者とバイクがとても時代を象徴しています。

「自由」を追い求める若者と無鉄砲だけど、「未来」へ夢も表されていました。

そしてもうひとつ、やはり渡哲也演ずる幸雄がバイクを乗り回す姿「刹那的」な雰囲気も現れていました。疾走イコール喪失も描写していると思われます。

幸雄が死んで和江が、原爆病院長(滝沢修)との会話ですが、頻繁に「神様しかわからない」という言葉出てきます。

その際、和江が「卑怯」という場面があります。確かに全てを神様に委ねたら答えになりません。このやり取りはとても面白いです。

和江が親友のふみ子(浜川智子)と愛について語る場面も面白いです。「愛とは、、、愛である」です。

その言葉が意味深で最後の自殺をイメージさせる伏線です。

ジブリ作品には「反戦」へのメッセージがある

https://undazeart.com/from-up-on-poppy-hill/

映画『愛と死の記録』のキャストについて

三原幸雄(渡哲也)

原爆で両親を亡くし自らの被爆。印刷会社で働いている。バイクが好き。次第に体が弱っていく。渡哲也さんの演技は本当に「まっすぐ」でした。一本筋が通ってました。

松井和江(吉永小百合)

レコード店で働いている。大家族。兄がうるさい。「幸雄、幸雄」の連呼が切ない。吉永小百合はもうこの時はベテランの域だったのではないでしょうか。健気な女性を見事に演じていました。

藤井(中尾彬)

三原幸雄の同僚。ふみ子(浜川智子)と恋愛関係。中尾彬さん、意外とカッコいいです。演技も飄々としています。バイクで駆けつけた場面は危なかった。

ふみ子(浜川智子)

和江の同僚で藤井と恋愛関係。浜川智子さんは綺麗ですね。笑った顔がちょっと小悪魔ぽくて良かったです。

岩井(佐野浅夫)

幸雄の親代わり。幸雄のことを気にしている。佐野浅夫さんの演技は圧巻ですね。ちょっと意味深な雰囲気が「この人悪者?」って思わせるところが良かったです。

原爆病院長(滝沢修)

医者。死について語る。滝沢修さんはお医者さんぴったりです。無神論者なのか崇拝者なのかわからないような演技が良かったです。

スポンサーリンク

まとめ 映画『愛と死の記録』一言で言うと!

「やっぱり核兵器はダメだ」

世界唯一の原爆被爆国の日本はやっぱり「核兵器反対」と声高に言い続ける必要がああると思います。この映画を観ていると本当にキツイ気持ちになりました。いまだに原爆の後遺症で苦しんでいる方々の気持ちもわかりました。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【被爆地・広島を舞台にしたオススメ映画】

映画『父と暮せば』

宮沢りえさんが亡霊となったお父さんと原爆の悲劇を描く

映画『父と暮せば』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。好演・宮沢りえvs圧巻・原田芳雄 が描く黒木和雄監督「反戦映画」8月6、9日は絶対に忘れない。
映画『父と暮せば』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。好演・宮沢りえvs圧巻・原田芳雄 が描く黒木和雄監督「反戦映画」8月6、9日は絶対に忘れない。映画『父と暮せば』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『父と暮せば』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『父と暮せば』の作品情報・概要。『父と暮せば』作家・井上ひさしによる戯曲を黒木和雄監督が映画化。主演・宮沢りえ。共演は原田芳雄と浅野忠信。原爆投下後の1948年の広島を舞台に被爆した父の亡霊と娘を描いた二人芝居。舞台劇の構成で展開していく。原爆で破壊された広島の街はCGで再現。撮影箇所は父娘の家と図書館くらいである。宮沢りえと原田芳雄の演技が素晴らしい。

映画『この世界の片隅に』

邦画史上最高傑作「反戦映画」誕生!

映画『この世界の片隅に』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。こうの史代+片渕須直×のんちゃんで邦画史上最高映画決定!「いま“片隅”にある平和に感謝したい」
映画『この世界の片隅に』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。原作こうの史代+片渕須直×のんちゃんで邦画史上最高映画決定!「いま“片隅”にある平和に感謝したい」映画『この世界の片隅に』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『この世界の片隅に』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『この世界の片隅に』の作品情報・概要『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)作家・こうの史代の同名漫画を映画化。『アリーテ姫』『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督・脚本の長編アニメーション映画。資金調達に困窮し、クラウドファンディングを募って資金を集める。2016年11月12日に日本国内63館で封切られた。しかしすぐに公開規模を累計484館(2019年10月31日時点)まで拡大してロングランとなる。

【反戦をテーマにしたオススメ映画】

映画『あゝひめゆりの塔』

沖縄での悲劇も忘れてはいけない

映画『あゝひめゆりの塔』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。吉永小百合さんの“涙”に「不戦を誓う」ひめゆり学徒隊を忘れてはいけない。
映画『あゝひめゆりの塔』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。吉永小百合さんの“涙”に「不戦を誓う」ひめゆり学徒隊を忘れてはいけない。映画『あゝひめゆりの塔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『あゝひめゆりの塔』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『あゝひめゆりの塔』の作品情報・概要『あゝひめゆりの塔』1968年9月21日に公開された日本の映画である。舛田利雄監督作品。主演は吉永小百合。浜田光夫、和泉雅子、遠山智英子共演。太平洋戦争末期の沖縄を舞台に沖縄師範学校の女子学生たちの悲劇を描く。

映画『絶唱(1975)』

家父長制度と戦争に翻弄された二人

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『硫黄島からの手紙』

「妻子に会いたい」その気持ちで生き延びた

映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。映画『硫黄島からの手紙』の作品情報・概要『硫黄島からの手紙』原題『Letters from Iwo Jima』2006年のアメリカ合衆国の戦争映画。『父親たちの星条旗』(原題『Flags of Our Fathers』)と企画された「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品となる。栗林忠道陸軍大将が本土の妻子に当てた手紙『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)に基づいて脚本を練られている。監督は『父親たちの星条旗』と同じくクリント・イーストウッド。

映画『父親たちの星条旗』

勝利の星条旗には秘密があった

映画『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く。
映画『父親たちの星条旗』ネタバレ・あらすじ・感想。“硫黄島の戦い”英雄にされた三者三様の人生を描く。 映画『父親たちの星条旗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『父親たちの星条旗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『父親たちの星条旗』の作品情報・概要 『父親たちの星条旗』原題『Flags of Our Fathers』2006年公開のアメリカ映画。クリント・イーストウッドが監督作品。ジェームズ・ブラッドリーが父ジョン・“ドク”・ブラッドリーの半生を彼の知り合いたちを取材し、ロン・パワーズとまとめたノンフィクション本『硫黄島の星条旗』(原題: Flags of Our Fathers)を元にしている。脚本は『ミリオンダラー・ベイビー』のポール・ハギスを迎えている。スティーヴン・スピルバーグが率いるドリームワークスらが製作。太平洋戦争の最大の激戦と言われている硫黄島の戦いを本作と『硫黄島からの手紙』の「硫黄島プロジェクト」を立ち上げ、本作はアメリカ側からの視点で描いた名作である。

映画『彼らは生きていた』

第一次世界大戦の悲惨な塹壕戦を描く

映画『彼らは生きていた』ネタバレ・あらすじ・感想。「賢者は歴史に学べ!」ピーター・ジャクソンの作家性に驚嘆。映画史を変える名作。
映画『彼らは生きていた』ネタバレ・あらすじ・感想。「賢者は歴史に学べ!」ピーター・ジャクソンの作家性に驚嘆。映画史を変える名作。映画『彼らは生きていた』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『彼らは生きていた』公式サイトを案内し作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『彼らは生きていた』の作品情報・概要『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのピーター・ジャクソン監督作品。イギリスの帝国戦争博物館が所蔵する2,200時間を超える第一次世界大戦を記録した映像を最新のデジタル技術で修復・着色・3D化して制作している。退役軍人のインタビュー音声も交えて戦争、主に塹壕戦のおぞましさを伝えている。

映画『1917 命をかけた伝令』

スマホもなかった時代は塹壕を「走った」

映画『1917 命をかけた伝令』ネタバレ・あらすじ・感想。塹壕戦の恐怖。ワンカット風に撮影した戦争映画。アカデミー賞3冠。
映画『1917 命をかけた伝令』ネタバレ・あらすじ・感想。塹壕戦の恐怖。ワンカット風に撮影した戦争映画。アカデミー賞3冠。 映画『1917 命をかけた伝令』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『1917 命をかけた伝令』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。 『1917 命をかけた伝令』原題『1917』2019年制作のイギリス・アメリカ合衆国の戦争映画。第一次世界大戦の塹壕戦を舞台に2人の若きイギリス兵が伝令を届ける一日を全編ワンカット風に撮影している。サム・メンデス監督。第92回(2020年)アカデミー賞では撮影賞、視覚効果賞、録音賞の3冠。
スポンサーリンク

映画『愛と死の記録』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
蔵原惟繕
脚本
大橋喜一 小林吉男
企画
大塚和
撮影
姫田真佐久
美術
大鶴泰弘
音楽
黛敏郎
録音
紅谷愃一
照明
岩木保夫
編集
丹治睦夫
スチール
目黒祐司
三原幸雄(渡哲也)
松井和江(吉永小百合)
藤井(中尾彬)
ふみ子(浜川智子)
岩井(佐野浅夫)
病院長(滝沢修)
和江の兄(垂水悟郎)
和江の母(三崎千恵子)
和江の義姉(鏑木はるな)
近所の娘(芦川いづみ)
看護婦長(漆沢政子)
患者A(日野道夫)
患者B(河瀬正敏)
恩師(宇野重吉)
看護婦(萩原光子)
1966年製作/92分/日本
配給:日活

タイトルとURLをコピーしました