映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。

スポンサーリンク
映画『ファヒム パリが見た奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。移民が「パリで生きるのはもっと厳しいでしょ!」もっと現実的に描いて欲しかった作品。2019年公開

映画『ファヒム パリが見た奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ファヒム パリが見た奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ファヒム パリが見た奇跡』
(107分/G/フランス/2019)
原題『Fahim』

【監督】
ピエール=フランソワ・マンタン=ラバル
【脚本】
ピエール=フランソワ・マンタン=ラバル チボー・バンユール フィリップ・エルノ
【製作】
デボラ・ベナッター パトリック・ゴドー
【出演】
アサド・アーメッド
ジェラール・ドパルデュー
ミザヌル・ラハマン
イザベル・ナンティ

【HPサイト】
映画『ファヒム パリが見た奇跡』公式サイト
【予告映像】
映画『ファヒム パリが見た奇跡』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『ファヒム パリが見た奇跡』のオススメ度は?
  2. 映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報・概要
  3. 映画『ファヒム パリが見た奇跡』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ファヒム パリが見た奇跡』の感想・内容
    1. 予定調和の映画ですがもっと「移民問題」を掘り下げて欲しかった
      1. 移民問題をテーマにしている映画です
    2. 「亡命したい」理由をもっと詳細に描くべき
    3. バングラディシュの置かれている現状も知りたい
      1. エル・ファニングがポーランド移民の“歌手”の卵を演じてます
    4. フランス人は「そんなに優しくない」という現実も描いて欲しい
  5. 映画『ファヒム パリが見た奇跡』の結末・評価
    1. 良い物語にするには“悪”の存在を描かないと際立たない
      1. 近年のフランス映画最高傑作!
    2. ファヒム親子の本当に敵とは?
    3. 映画には多少の脚色はあっても良い
      1. フランス版「金八先生」は移民が多い学校に転任
    4. 映画には「人間成長」が観られるかどうかが鍵になる
      1. ルーマニア移民の青年とイギリス青年の愛
  6. 映画『ファヒム パリが見た奇跡』のキャストについて
    1. ファヒム・モハンマド(アサド・アーメッド)
    2. シルヴァン・シャルパンティエ(ジェラール・ドパルデュー)
    3. ヌラ(ミザヌル・ラハマン)
    4. マチルド(イザベル・ナンティ)
  7. まとめ 映画『ファヒム パリが見た奇跡』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【超オススメのフランス映画】
      1. 映画『レ・ミゼラブル』
      2. 映画『12か月の未来図』
      3. 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』
      4. 映画『私の知らないわたしの素顔』
      5. 映画『男と女 人生最良の日々』
      6. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』
      7. 映画『サムライ』
      8. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      9. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』
      10. 映画『田園の守り人たち』
      11. 映画『北の果ての小さな村で』
      12. 映画『アマンダと僕』
  9. 映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報

映画『ファヒム パリが見た奇跡』のオススメ度は?

3.0

3つです

予定調和です

背景描写が弱い

移民問題にもっと焦点を!

フランス人て「そんなに優しい?」

スポンサーリンク

映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報・概要

『ファヒム パリが見た奇跡』原題『Fahim2019年制作のフランスのドラマ映画。バングラデシュでチェスで有名になったため妬み・僻みやあ嫌がらせを受けた息子を守るためフランス・パリへ逃れる。パリでチェスの頭角を表す。不法移民として国外退去にされそうになるが、ジュニアのフランスチャンピオンになることで父子ともに滞在許可を得る。原作はファヒム・モハンマドの書籍、“Un roi clandestine”(ファヒムの書籍/「もぐりの王様」監督はピエール=フランソワ・マンタン=ラバル。アサド・アーメッド主演。ジェラール・ドパルデュー、ミザヌル・ラハマン、イザベル・ナンティ共演。

スポンサーリンク

映画『ファヒム パリが見た奇跡』のあらすじ・ネタバレ

世界的も最貧国バングラディシュで暮らすファヒム・モハンマド(アサド・アーメッド) はチェスの名人として国内では有名になっていた。しかし心無い人たちからの誹謗中傷、さらには命を狙われる危機に、、、。父親はファヒムを連れて国外へ逃れることを決意。インドへ経てフランス・パリにたどり着く。お金も仕事もない父親。ファヒムはチェス教室へ通い師となるシルヴァン・シャルパンティエ(ジェラール・ドパルデュー) と出会う。そしてフランス最大のチェスの大会へ出場する。しかし父親が不法滞在で逮捕。自身も国外退去の可能性がある中、順調に勝ち上がっていく、、、。

スポンサーリンク

映画『ファヒム パリが見た奇跡』の感想・内容

予定調和の映画ですがもっと「移民問題」を掘り下げて欲しかった

実話をベースにいた映画です。正直な感想は「いまひとつ」です。

映画ですから予定調和で展開するのはオッケーなのですが、もっと人間を掘り下げて欲しかったのです。

ファヒム親子はバングラデシュからの移民です。バングラデシュでチェスが活躍したことで、迫害を受けます。

そして迫害から逃れるためにフランス・パリへ逃げますが、果たしてこんなに簡単にフランスは入国させてくれるのが疑問です。

もちろんバングラディッシュから陸路でインドへ行き、そこから空路でフランス入りします。トントン拍子です。

移民問題を掘り下げるべきと感じています。

移民問題をテーマにしている映画です

「亡命したい」理由をもっと詳細に描くべき

こんなことを書くと偏見かもしれませんが、バングラデシュは世界最貧国のひとつで、平均月収も2、3万円程度です。

主演のファヒム・モハンマド(アサド・アーメッド) の父親の仕事は消防士でしたが、果たして亡命にかかる多大な費用をどうやって捻出したのかが気になるのです。

そこは違法なことで稼いでいても絶対に描くべきでした。

ひねくれた感想ではありません。違法なことをしてまでも「他国に亡命したい」という気持ちを描くことでこの映画の原作者であるファヒム・モハンマドの「移民に目を向けて欲しい」という目的が達成されるからです。

公式サイトのインタビューではっきりと言っています。ですから「亡命したい」理由をもっと詳細に描くべきだったと思います。

バングラディシュの置かれている現状も知りたい

本映画『ファヒム パリが見た奇跡』はチェスで有名になって、フランス国籍を取得するまでの戦いのような雰囲気で進みますが、真相はもっと根深いところにあるのです。

それはバングラディシュの政治から社会情勢、差別、貧困問題などが絡み合っっているのです。

映画で使われたバングラディシュ映像はおそらく資料映像かと思いますが、今でもバングラディシュは民主国家とは言えない圧政であることは明確です。

面積は日本の4割程度なのに人口が1億7000万人もいます。イスラム教徒が多いです。日本の企業もその労働力を頼りに多く進出しています。アパレル関係が多いです。

わたしとしてはバングラディシュの置かれている現状も知りたいのです。

エル・ファニングがポーランド移民の“歌手”の卵を演じてます

フランス人は「そんなに優しくない」という現実も描いて欲しい

さて、そんなバングラディシュ出身の親子を描いた映画ですが、主人公ファヒム・モハンマド(アサド・アーメッド) と父親がパリに来てからも順風満帆に見えてしまうのです。

私的な見解ですが、フランス人は「そんなに優しくない」と思うのです。正直、移民に対してもっと厳しい目線を向けていると思います。

先の映画『レ・ミゼラブル』はそれを見事に描いています。

世界を席巻している新保守主義にも見られるように、やはり白人というのは他の人種を下に見る人が多いと思うのです。

実際、フランスを旅行した人もフランス人からバカにされたような態度をとられた経験がある人も多いと思います。

スポンサーリンク

映画『ファヒム パリが見た奇跡』の結末・評価

良い物語にするには“悪”の存在を描かないと際立たない

でも本映画『ファヒム パリが見た奇跡』ではファヒムのチェスの師匠であるシルヴァン・シャルパンティエ(ジェラール・ドパルデュー) も学校の事務員であるマチルド(イザベル・ナンティ)も、チェス教室の友だちもみんな好意的なのです。

ここが問題であり、勿体ないのです。美しいものを描くときは汚いものと比較する必要があります。

映画とて同じです。良い物語にするにはの存在を描かないと際立たないのです。

その存在がバングラディシュの政治であるのか、それともパリの住民であるのかを見極めるのが監督の力量なのです。

近年のフランス映画最高傑作!

ファヒム親子の本当に敵とは?

悪の存在的な役として師匠のシルヴァン・シャルパンティエが若い時からの宿敵が登場します。彼もまた弟子をフランスチャンピオンにしようと目論んでいます。

とても嫌味な人間です。その弟子の少年も嫌なやつでファヒムをからかいます。でもこの二人を悪にするのは安易だと思うのです。「とってつけた感」があります。

本当のファヒム親子の敵とは違うです。ここです。ここなんです。

映画には多少の脚色はあっても良い

やはり映画ですから多少の脚色はあっても良いと思うのです。チェスの試合に勝つのですが、バングラディシュを離れていても、迫害があるとか、、。

例えばパリに逃れてきた同じバングラディシュ人たちからの嫉妬とか、あるいは故郷に残してきた母と妹、弟の身に危険が迫っているとか、、、。

「負ければ助けてやる」などのプロットが欲しかったです。

もちろん、実話をベースにしていますから、非常識な表現はダメです。でも原作者のファヒム・モハンマドの目的を享受するのであれば多少の創作は必要であったと思います。

フランス版「金八先生」は移民が多い学校に転任

映画には「人間成長」が観られるかどうかが鍵になる

映画を観るときに期待するのは「人間成長」が観られるかどうかに重きを置いています。

主人公ファヒムは大きな成長を遂げているのは事実です。

その成長過程に絶対的に必要な苦悩、葛藤、失敗、挫折、復活、挑戦、獲得、達成といった要素が乏しかったのです。

そこが残念な映画と言わざる原因です。

ルーマニア移民の青年とイギリス青年の愛

スポンサーリンク

映画『ファヒム パリが見た奇跡』のキャストについて

ファヒム・モハンマド(アサド・アーメッド)

主人公のファヒムはチェスの才能があり、妬みからバングラディシュから逃れます。アサド・アーメッドも実際にバングラディシュから逃れてきた移民とのこと。本映画の撮影3ヶ月前に。フランス語を覚えて挑んでいます。演技的には「まあまあ」ではないでしょうか。

シルヴァン・シャルパンティエ(ジェラール・ドパルデュー)

チェスの先生。過去に若干トラウマあり。若き日に試合で臆病風に吹かれてしまった。熱血漢です。ジェラール・ドパルデューのどっしりとした体がいい味を出していました。

ヌラ(ミザヌル・ラハマン)

ファヒムの父親。パリへ逃れます。お金も仕事もありません。ミザヌル・ラハマンももうひとつでした。

マチルド(イザベル・ナンティ)

チェス教室の事務員。とても温かくファヒム親子をも守ります。イザベル・ナンティはいい演技だったと思います。

スポンサーリンク

まとめ 映画『ファヒム パリが見た奇跡』一言で言うと!

「パリで生きるのは厳しいでしょ!」

フランスは世界で初めて人権宣言をした国です。博愛主義の国です。でもフランス人はちょっと意地悪な人が多いです。実際はもっと嫌な出来事にあっていると思います。もう少し移民側に寄り添って製作して欲しかったです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【超オススメのフランス映画】

映画『レ・ミゼラブル』

パリで生きるのはそんなに甘くない

【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。
【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。映画『レ・ミゼラブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レ・ミゼラブル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レ・ミゼラブル』の作品情報・概要文豪ビクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユで撮影された映画。移民・難民・貧困・差別・暴力・無教養・無寛容にならざるを得ない人間模様を通して無限地獄へと誘う。人はこれほどまでに愚かな生き物かをまざまざと見せつけられる。監督のラジ・リは生まれがモンフェルメイユで現在も住んでいる。フランス・パリの華やかな世界とは裏腹に移民国家である実情が力強く表現されている。

映画『12か月の未来図』

フランス版「金八先生」も涙の授業を行います

映画『12か月の未来図』は嫌みなフランス人教師が金八先生に変身する物語。
ちょっと嫌みなフランス人教師が落ちこぼれの生徒を教えることで少しずつ心情光景が変化していく様を生き生きと描いている。まるで金八先生のようになる。出来の悪い生徒ほど可愛いというが、それは万国共通のようだ。とりわけ多民族国家、そして移民を受け入れる国家としては深刻な問題も提起しているところが秀逸だ。最後の最後まで応援し続けた映画だ。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

めちゃくちゃ頭を使う映画です

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』ネタバレ・あらすじ・感想。脳みそフルスロットルの105分。脚本が最高!
映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』ネタバレ・あらすじ・感想。脳みそフルスロットルの105分。脚本が最高! 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』の作品情報・概要 『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』『Les traducteurs』2019年のフランス・ベルギーのスリラー映画。 レジス・ロワンサル監督作品。ランベール・ウィルソン、オルガ・キュリレンコ出演。『ダ・ヴィンチ・コード』のダン・ブラウン原作『インフェルノ』出版の際、海賊行為と違法流出を防ぐために出版元が各国の翻訳家を地下室に隔離して翻訳を行なったとの実話をベースに創作された。フィクションにノンフィクションの脚本を重ねた名作と言える。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ジュリエット・ビノシュに恋すると大変な目に遭う

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

映画『男と女 人生最良の日々』

初恋の人に再会って結構「恐ろしい」かも

映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。
映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。映画『男と女 人生最良の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトもご紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間情報もご確認できます。映画『男と女 人生最良の日々』の作品概要 クロード・ルルーシュ監督が1966年に発表しカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『男と女』原題『 Un homme et une femme』主人公二人、アンヌとジャン・ルイの53年後の物語。タイトルは『男と女 人生最良の日々』主演はアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。音楽はフランシス・レイ。

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

たった一人で夢の宮殿を作り上げました

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ネタバレ・あらすじ・結末。寡黙な男は宮殿を作ることで愛を語った。
映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認ください。フランス南東部の自然豊かな田舎町に実在する建築物がある。今では観光地となっている。この建築物はひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」である。本作は実話に基づいて映画化された。主演はジャック・ガンブラン。 その他レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コクが共演。

映画『サムライ』

若き日のアラン・ドロンに気絶しそうです

映画『サムライ』ネタバレ・あらすじ・結末。美しき男アラン・ドロンは犯罪者が似合う。フランス・フィルムノワールには破滅的な雰囲気がある。
映画『サムライ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『サムライ』は、1967年制作のフレンチ・フィルム・ノワール。アラン・ドロン主演。サムライの生き様を彷彿させる暗殺者を演じている。後世の映画作品に大きく影響を与えた。共演のナタリー・ドロンの映画デビュー作品。孤独な殺し屋。この映画で表しているのは正にこのひとことでは無いでしょうか。原題は『Le Samouraï』監督はジャン=ピエール・メルビル。

映画『パリに見出されたピアニスト』

「ピアノが弾きたい」でもお金がない

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

笑いあり涙ありの傑作映画!

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック最高演技。中年男が人生を再始動させる感動作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(122分/フランス/2018) 原題『Le grand bain』 映画...

映画『田園の守り人たち』

男は戦争にとられた「農地は女が守る」

映画『田園の守り人たち』土地を守る女の戦い。ミシェル・ルグラン監督とミレー。ネタバレ・あらすじ・感想・内容。農業の近代化到来。女が自立する力強さも描く。ナタリー・バイとローラ・スメット母娘共演。
『田園の守り人たち』(135分/フランス・スイス合作/2017) 原題『Les gardiennes』 映画『田園の守り人たち』のオススメ度は? 星三つ半 絵画好きな人は是非とも観てください。 確かにミレーっぽ...

映画『北の果ての小さな村で』

とってもほっこりする映画です

映画『北の果ての小さな村で』ほっこり映画。自分探しの旅の答えを教えてくれたイヌイット。郷に入れば郷に従え。ネタバレ・あらすじ・感想・内容
北の果ての小さな村で(94分/フランス/2018) 原題『Une annee polaire』 映画『北の果ての小さな村で』のオススメ度は? 星4つ半 とってもオススメです。 子どもと観に行くのが一番です。 もち...

映画『アマンダと僕』

泣かないと決めていても「泣いちゃいます」

映画『アマンダと僕』バンサン・ラコストと子役イゾール・ミュルトリエが父子になっていく様を見届けたい映画 応援したい ネタバレ・あらすじ・感想・評価
フランス映画の未来を担うミカエル・アース監督が今もっとも注目されるバンサン・ラコストと組んで作り上げた家族愛の物語。子役のイゾール・ミュルトリエが最高に可愛い。大切な人を失った時、人はどうやって再生していくのか。立ち直ること、希望を持つこと、人生は光に包まれている。諦めない、挫けない、頑張れ!と応援したくなる映画です。
スポンサーリンク

映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ピエール=フランソワ・マンタン=ラバル
製作
デボラ・ベナッター パトリック・ゴドー
脚本
ピエール=フランソワ・マンタン=ラバル チボー・バンユール フィリップ・エルノ
撮影
レジス・ブロンド
美術
フランク・シュワルツ
編集
レナルド・ベルトラン
音楽
パルカル・ランガニュ
ファヒム・モハンマド(アサド・アーメッド)
シルヴァン・シャルパンティエ(ジェラール・ドパルデュー)
ヌラ(ミザヌル・ラハマン)
マチルド(イザベル・ナンティ)
2019年製作/107分/G/フランス
原題:Fahim
配給:東京テアトル、STAR CHANNEL MOVIES

タイトルとURLをコピーしました