映画『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。

スポンサーリンク
映画『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。アニメーション

映画『コクリコ坂から』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『コクリコ坂から』公式サイトおよび、IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『コクリコ坂から』
(91分/G/日本/2011)
英題『From Up On Poppy Hill

【監督】
宮崎吾朗
【原作】
高橋千鶴 佐山哲郎
【脚本】
宮崎駿 丹羽圭子
【プロデューサー】
鈴木敏夫
【製作】
星野康二
【出演】
長澤まさみ
岡田准一
竹下景子
石田ゆり子
柊瑠美
風吹ジュン
内藤剛志
風間俊介
大森南朋
香川照之

【公式HPサイト】
映画『コクリコ坂から』
【HPサイト】
映画『コクリコ坂から』IMDbサイト
【予告映像】
映画『コクリコ坂から』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『コクリコ坂から』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2020.8.14 よる9時~10時54分放送
    1. 2020.8.14 よる9時~10時54分放送
      1. 父・宮崎駿監督の名作は永遠のヒット作
  2. 映画『コクリコ坂から』のオススメ度は?
      1. 石原裕次郎には「学生運動は似合わない」
  3. 映画『コクリコ坂から』の作品情報・概要
  4. 映画『コクリコ坂から』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『コクリコ坂から』の感想・内容
    1. ジブリ作品では異色「ファンタジー色」が一切ないアニメ
      1. 今夏最大にヒット映画は中島みゆきさんの楽曲『糸』をモチーフ
      2. 金ローで放映されて「気持ち悪い」と酷評された映画
    2. 宮崎吾朗監督の“肝っ玉の大きさ”を痛感できる映画
      1. 片渕監督のかつてジブリにしました
    3. 時代設定が1963年“団塊の世代”への郷愁映画である
      1. 吉永小百合さん主演「北朝鮮人帰還事業」について描かれています
    4. “団塊の世代”を前面に出さなかったからヒットしたと言える
      1. 団塊の世代の人たちと三島由紀夫のドキュメンタリー
    5. “団塊の世代”こそ人生を謳歌している人たちはない
  6. 映画『コクリコ坂から』の結末・評価
    1. 正直「兄妹恋愛」って古すぎるからもっとひねりが欲しかった
      1. 兄妹恋愛をテーマにすると安っぽくなる代表的映画
    2. “毒親”をテーマにしているのであれば宮崎吾朗監督は偉大
      1. 奇しくも長澤まさみちゃんが最高最悪の“毒親”を演じています
    3. 従来の「兄妹恋愛」物語とは違う
      1. 山口百恵と三浦友和は本映画以後テレビで兄妹恋愛を演じます
    4. 宮崎吾朗「いま、自分たちはどういう時代に生きているのか!」
      1. 「目指すは天下の大将軍!」この若者の生き方には共感します
  7. 映画『コクリコ坂から』その後の松崎海(長澤まさみ) 風間俊(岡田准一)
  8. 『コクリコ坂から』宮崎吾朗監督が参考にした映画
  9. 映画『コクリコ坂から』の音楽について
  10. 映画『コクリコ坂から』のキャストについて
    1. 松崎海(長澤まさみ)
      1. 長澤まさみちゃんの懐の大きさに驚きます
    2. 風間俊(岡田准一)
    3. 松崎花(竹下景子)
    4. 北斗美樹(石田ゆり子)
      1. 驚きの50歳越えの美貌の持ち主
    5. 広小路幸子(柊瑠美)
    6. 松崎良子(風吹ジュン)
  11. 映画『コクリコ坂から』の興行収入
  12. まとめ 映画『コクリコ坂から』一言で言うと!
  13. 合わせて観たい映画
    1. 【障害を乗り越えて成就するオススメ恋愛映画】
      1. 映画『ロミオとジュリエット』
      2. 映画『伊豆の踊子(1974)』
      3. 映画『潮騒 しおさい(1975)』
      4. 映画『絶唱(1975)』
      5. 映画『マディソン郡の橋』
      6. 映画『美女と野獣(1991)』
      7. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
      8. 映画『ラストレター』
      9. 映画『アパートの鍵貸します』
      10. 映画『マチネの終わりに』
      11. 映画『ボーダー 二つの世界』
      12. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      13. 映画『秒速5センチメートル』
      14. 映画『マーウェン』
      15. 映画『ほしのこえ』
      16. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』
      17. 映画『リヴァプール、最後の恋』
  14. 映画『コクリコ坂から』の作品情報

映画『コクリコ坂から』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2020.8.14 よる9時~10時54分放送

2020.8.14 よる9時~10時54分放送

金ローです。ジブリです。

宮崎吾朗監督作品です。

子ども向けのファンタジー映画ではありません。

団塊の世代への郷愁映画と言えます。

禁断の兄妹恋愛という設定は安っぽいですが、最後にハッピーエンドになります。

主題歌を歌う手嶌葵さんがとても素晴らしい。

父・宮崎駿監督の名作は永遠のヒット作

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』のオススメ度は?

4.0

4つです

1963年を舞台にしたのが良かったです

団塊の世代の人たちへの郷愁映画です

ファンタジー色がないのが良いです

石原裕次郎には「学生運動は似合わない」

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』の作品情報・概要

『コクリコ坂から』英題『From Up On Poppy Hill』は、佐山哲郎の原作、高橋千鶴の作画による日本の漫画をスタジオジブリがアニメ映画として製作。宮崎駿と丹羽圭子が脚本制作。監督は宮崎吾朗。1963年の横浜を舞台に織りなす恋愛青春映画。朝鮮戦争によって生まれた禁断の愛と若者の生き方を描いている。団塊の世代への郷愁映画とも言える。声優は長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子ら。主題歌を手嶌葵が唄う。

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』のあらすじ・ネタバレ

港南学園の2年生・松崎海(長澤まさみ)はアメリカ留学中の母に変わって妹、弟の面倒を見ながら家である「コクリコ荘」を切り盛りしている。日課は家族と下宿人の朝食作りから掃除までと多岐に渡る。そして横浜港が見える庭に信号旗を掲げる。朝鮮戦争に巻き込まれて亡くなった父を悼み、さらに船舶の安全も祈念している。風間俊(岡田准一)はその様子を海の上から見ていた。風間は港南学園の3年生で、学校新聞「週刊カルチェラタン」の編集長である。人一番正義感が強くカルチェラタン取り壊し反対運動のリーダーである。そんな二人が急接近して恋に落ちる。相思相愛であったが風間が海から避けるようになる。理由は「兄妹」だから。涙にくれる海であったが、風間の出生の秘密を知る船乗りが横浜港にくる。しかし間も無く長い旅に出てしまう、。二人は急いで港まで駆けつけて出生の秘密を聞く、、、、。

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』の感想・内容

ジブリ作品では異色「ファンタジー色」が一切ないアニメ

本映画『コクリコ坂から』はジブリ作品の中では異色な存在と言えるかもしれません。

お得意のファンタジー要素が少なく、子どもにとってはとっつきにくい作風になっているからです。実際、大人向けの作品と言えます。

わたし的には「とても素晴らしい」作品だと思っています。戦後、日本がどこへ向かおうとしているかについてつぶさに描かれているのが良いのです。

今夏最大にヒット映画は中島みゆきさんの楽曲『糸』をモチーフ

金ローで放映されて「気持ち悪い」と酷評された映画

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。DAOKO×米津玄師が歌う楽曲『打上花火』が切ない&全部持って行った。
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。DAOKO×米津玄師が歌う楽曲『打上花火』が切ない&全部持って行った。「気持ち悪い」と酷評されている理由は?映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の作品情報・概要。DAOKO×米津玄師が歌う楽曲「打上花火」のメロディーが心に残るアニメ映画。岩井俊二監督が1993年フジテレビで発表した実写版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をアニメ化。設定は小学生から中学生になっている。総監督・新房昭之、監督・武内宣之。脚本は大根仁。企画・プロデュースは新海誠の『天気の子』川村元気。広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子、浅沼晋太郎、豊永利行ら。

宮崎吾朗監督の“肝っ玉の大きさ”を痛感できる映画

監督は宮崎吾朗。偉大なる宮崎駿の息子さんです。

デビュー作『ゲド戦記』はもうすったもんだでした。賛否両論の嵐でした。相当痛い思いをしたのではないかと心中察しますが、おそらく吾朗氏はそんなことでへこたれるような玉ではなかったですね。

確かテレビのドキュメンタリーで、あの偉大なる父と対等に喧嘩し合っている様を見たことがあり、その時は「意地っ張り」とか「無駄な抵抗」と思ってしまいましが、間違いでした。

宮崎吾朗さんは相当肝が座っている人物であると本映画『コクリコ坂から』を観てヒシヒシと伝わってきました。

片渕監督のかつてジブリにしました

時代設定が1963年“団塊の世代”への郷愁映画である

何故ならば、子ども相手にアニメ作品を作るジブリにとって本映画『コクリコ坂から』は間違いなく団塊の世代の物語なのです。

舞台が1963年、高校2年生の松崎海(長澤まさみ)が生まれたのは1946年です。そしてこれは絶対に忘れてはいけないのが「朝鮮戦争」について描かれている点です。

「朝鮮戦争」という言葉は劇中に何度も発せられています。朝鮮戦争は1950625 – 1953727日(休戦中)に行われています。現在は継続中であり、韓国と北朝鮮はいまだに戦時下にあるのです。

さらに高校生たちが守るカルチェラタンの攻防は1969年の『東大安田講堂事件』を彷彿させます。

1945生まれの風間、46年生まれのメルが成長したらドンピシャで234の学生になっています。全共闘の学生です。

まさしく団塊の世代が生きる道とこれから訪れるであろう「革命の失敗」の双方を絶妙に描いていると言えます。

吉永小百合さん主演「北朝鮮人帰還事業」について描かれています

“団塊の世代”を前面に出さなかったからヒットしたと言える

ただ、こういった時代性を全面に出すと映画はヒットしないでしょう。ジブリは子どもの夢を描くのが使命ですから。

これは吾朗監督にとってはとても難しい演出になったと思います。脚本が宮崎駿ですから、あえてこの難易度の高いテーマに挑戦させているような気がします。

もし、団塊の世代の青春に主軸を置いていたら映画はヒットしなかったと思います。多くの人は朝鮮戦争や学生運動に全く興味がありません。

今の世代の人は団塊の世代の人にも興味がありません。ましては60年代は良かったというノスタルジックな押し付けも好みません。

“団塊の世代”に興味がある人は“団塊の世代”の人だけだからです。よって本映画それを面に押し出さなかったから成功したと言えます。

団塊の世代の人たちと三島由紀夫のドキュメンタリー

“団塊の世代”こそ人生を謳歌している人たちはない

団塊の世代の人たちの特徴として自慢する”“人の話を聞かない”“お説教くさいというのがわたし的な印象です。結構面倒臭い人が多いです。

「俺たちはベビーブーマーで大変だった」とか「お前たち若者は覇気がない」などと言われたことがあります。

そりゃあ、大変だったかもしれませんが、わたしから見れば「めっちゃ楽しんでるじゃん!」となります。

学生運動の映像を観ると「お祭りとかパーティーと一緒だよね」と思うのです。学校へ行かず、毎日、機動隊とぶつかって「革命だ」と叫んでいますが、めっちゃ楽しそうじゃあないですか。

今でいうとクラブで盛り上がっているのと同じでしょう。それであれだけ盛り上がって「革命だ」と息巻いていた学生運動から「嘘のように」身を引いて普通のサラリーマンになっていくんです。羊になっちゃいました。

多少の不景気はありました、バブル到来で団塊の世代は最高潮のハッピーライフを迎えます。

会社の経費を使って散々に飲み食い遊んで、愛人と海外旅行も行きまくって、郊外に持ち家を建てて、、、、。良いことづくめですよ。

バブルが終わったあたりは中間管理職に収まっていて、リストラ担当になっていたりです。今の若者のように正社員になれず、派遣切りの恐怖に怯えることもないのです。

リーマンショックの余波も軽傷で終わるし、退職したらそれなりの年金も貰えるし、、、。つまり“団塊の世代”の人たちほど、恵まれた人生はないのです。

ごめんなさい、話が逸れました。わたし、団塊の世代の人たちが嫌いなんです。いえ「大っ嫌い」なんです。

未だにあらゆる仕事のジャンルに君臨している老害が多いからです。

なんとかこちらが頑張っても、裏から手を回して潰そうとする姑息な人も多いです。そろそろ表舞台から立ち去って、後進に道を譲って欲しいのです。

そうしないと旧態然で、なんの変化が起きない退屈な日本になってしまいます。

あの時のアイドルは石原裕次郎さん

映画『太陽の季節』ネタバレ・あらすじ・結末。石原慎太郎衝撃のデビュー作で芥川賞受賞作品。若者のエネルギーの爆発と新時代の生き方を表現。
石原慎太郎の短編小説を映画化。(湘南あたりの)裕福な家庭に育った若者の無軌道な生活を通して、暴走化する感情が物質化する新世代・新時代を描いた作品。文學界新人賞を受賞。翌年1956年(昭和31年)1月23日には、第34回(1955年下半期)芥川賞を受賞。その後フランスのヌーヴェルバーグのゴダール、トリフォーに影響を与えたと言われている。
映画『嵐を呼ぶ男』ネタバレ・あらすじ・結末。時代が石原裕次郎だった。昔から芸能界は恐ろしかった。
映画『嵐を呼ぶ男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『嵐を呼ぶ男』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予...
映画『夜霧よ今夜も有難う』ネタバレ・あらすじ・感想。裕次郎も良いが浅丘ルリ子さんがめっちゃチャーミング。
映画『夜霧よ今夜も有難う』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『夜霧よ今夜も有難う』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 ...

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』の結末・評価

正直「兄妹恋愛」って古すぎるからもっとひねりが欲しかった

さてさて、あまり日本の史実に興味がない、あるいは歴史とか苦手な女性や子どもには本映画『コクリコ坂から』は恋愛映画の視点から観ることをお勧めします。

禁じられた恋愛です。兄妹という立場で恋愛という安っぽい映画と思わせながらも、最終的には一応、ハッピーエンドになりますからご安心ください。

ただですね、この兄妹での恋愛映画って本当に世界中にありふれていて、使い古されているのですよ。わたし的には非常に残念です。

もっとひねっても良いと思うのです。今であったならLGBTQをテーマにするとか。

兄妹恋愛をテーマにすると安っぽくなる代表的映画

“毒親”をテーマにしているのであれば宮崎吾朗監督は偉大

松崎海(長澤まさみ) はコクリコ荘を切り盛りする高校生です。勉強もしますが、本当によく働きます。

母親の松崎良子(風吹ジュン)がアメリカに留学中のためですが、ジブリ映画では子どもが働く描写が非常に多いです。

『天空のラピュタ』『となりのトトロ』なんかもそうですが、それって海外の人が観たら、今だったら間違いなく「児童労働」になり得るでしょう。

家事手伝いをさせるってことは、すなわち育児放棄であり、まさしく海の母親は毒親なんですよ。

一見、本映画『コクリコ坂から』は松崎ファミリーは幸せそうですが、とんでもない仮面家族であることがわかってくるのです。

製作した当時に吾朗監督の頭の中に「毒親についても描こう」という発想があったのなら救われます。

奇しくも長澤まさみちゃんが最高最悪の“毒親”を演じています

従来の「兄妹恋愛」物語とは違う

風間俊(岡田准一) 君には気持ちが同調できます。やっぱり未来へ向かって頑張ってる姿が良いです。

おそらくですが、将来はジャーナリストになるのではと想像してしまいます。正義感が強いのが良いですね。

カルチェラタン存続のために先陣を切って理事長に直談判に行く男気が良いです。もちろん海が好きなのですが、禁断の愛であることを迷うことなく告げるのがもっと良いです

過去の兄妹恋愛映画はそれを伝えるまで、時間を引っ張ります。これでもかって引っ張るのが特徴でしたが、本映画『コクリコ坂から』は実にアッサリと伝えたことに好印象を持ちました。

山口百恵と三浦友和は本映画以後テレビで兄妹恋愛を演じます

宮崎吾朗「いま、自分たちはどういう時代に生きているのか!」

ただ、本映画『コクリコ坂から』の中に兄妹の禁断の恋愛を入れなければ映画はヒットしなかったと言えます。

60年代を背景にしていますが、映画の随所に発展していく日本の描写がつぶさに描かれています。

発展こそが全てであり、人々の顔には「もはや戦後ではない」と書いてあります。

古い物がどんどん取り壊されています。工場からは煙がモウモウと吹き出していますし、車も多く所狭しと走り回っています。

劇中の風間に現れています「古いものを壊すことは過去の記憶を捨てることと同じじゃないのか!」「新しいものばかりに飛びついて歴史を顧みない君たちに未来などあるか!」です。

カルチェラタン取り壊し反対に対する生命ですが、これが確かに現代でも通じるところがあります。吾朗監督的に、わたしたちに伝えたいことは「いま、自分たちはどういう時代に生きているのか!」だと思います。

「目指すは天下の大将軍!」この若者の生き方には共感します

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』その後の松崎海(長澤まさみ) 風間俊(岡田准一)

もう血縁的に兄妹ではないとわかったからおそらく二人は健全なお付き合いをしたと思います。ただし、戸籍上は兄妹となっているので、それを変更することにも尽力したでしょう。

なぜならば風間俊はジャーナリスト気質が強いからです。そして二人は大学へ行ったと思います。全共闘へと歩を進めたことでしょう。

ひょっとしたら安田講堂にも行ったかもしれません。間違っても赤軍派の一味には加わっていないと思います。

風間俊はおそらく大手の新聞社に入って記者になっていると思います。海も女性として社会で活躍したのではないでしょうか。

母親を同じく大学の教員になっているのではないでしょうか。戸籍を変更したのであれば、結婚もしたでしょう。

スポンサーリンク

『コクリコ坂から』宮崎吾朗監督が参考にした映画

本映画『コクリコ坂から』を製作するにあたり宮崎吾朗監督は1960年代の日活青春映画を多く観たとのこと。特に吉永小百合主演映画です。『赤い蕾と白い花』(1962)、『青い山脈』(1963)、『雨の中に消えて』(1963)、『美しい暦』(1963)

これらの作品から宮崎吾朗監督が学んだことは、当時の若者たちの話し方が、テンポが速いこと、相手に迷いや躊躇もなく想いを伝えること、さらに裏がない会話、などを活かしたそうです。確かに海の喋り方はまっすぐです。とにかく自分の意思を伝えることが先決なイメージです。ストレートです。自分が傷つこうが構いません。もちろん多少は相手のことを慮りますが、相手もストレートなので構いません。現代のように「空気を読む」必要がなかった時代です。これは声優を担当した長澤まさみさんと岡田准一さんに活かされていると思います。実際、長澤には「無愛想」、岡田には「無器用」という助言を出しています。

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』の音楽について

主題歌は「さよならの夏~コクリコ坂から~」歌:手嶌葵

森山良子の「さよならの夏」(歌:森山良子、作詞:万里村ゆき子、作曲・編曲:坂田晃一)を父親の宮崎駿が推薦し、作詞家・万里村ゆき子が2番の歌詞を書き足しました。そして歌手の手嶌葵さんが唄っています。

挿入歌は以下です。
「上を向いて歩こう」歌:坂本九
作詞:永六輔 作曲:中村八大
「朝ごはんの歌」歌:手嶌葵
作詞:宮崎吾朗・谷山浩子 作曲:谷山浩子
「初恋の頃」歌:手嶌葵
作詞:宮崎吾朗・谷山浩子 作曲:谷山浩子 編曲:武部聡志
「白い花の咲く頃」歌:手嶌葵
作詞:寺尾 智沙 作曲:田村 しげる
「紺色のうねりが」歌:手嶌葵
作詞:宮崎駿 宮崎吾朗
「赤い河の谷間」
作詞・アメリカ民謡:小林幹治

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』のキャストについて

松崎海(長澤まさみ)

港南学園高校2年生。松崎家の長女。母が海外留学のためコクリコ荘を切り盛りしている。父は朝鮮戦争の時に死亡。しっかり者。几帳面。風間に恋するが失恋。でも恋を貫く。

長澤まさみちゃんの懐の大きさに驚きます

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。映画『MOTHER マザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『MOTHER マザー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『MOTHER マザー』の作品情報・概要。大森立嗣監督・脚本作品。港岳彦も脚本。主演は長澤まさみ。阿部サダヲ、夏帆、皆川猿時、 仲野太賀、土村芳、荒巻全紀、大西信満、木野花らが共演。新人の奥平大兼はオーディションを受けての映画デビューとなる。実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て製作。企画・製作は『新聞記者』『宮本から君へ』などを手がけ脚光を浴びた河村光庸。 制作はスターサンズ。
映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「友情」と「夢」実現に向かって生きる若者が美しい。山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈らの好演技は必見!
映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「友情」と「夢」実現に向かって生きる若者が美しい。山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈らの好演技は必見! 映画『キングダム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キングダム』公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『キングダム』の作品情報・概要 原泰久原作マンガの『キングダム』を映画化(『週刊ヤングジャンプ』(集英社)連載中)実写化不可能と言われていたが、佐藤信介監督によって実現。脚本に原泰久も加わりわかりやすい構成にしたことがヒットを後押しした。
映画『コンフィデンスマンJP』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ魅力大全開!こんな美人詐欺師なら騙されたい!
映画『コンフィデンスマンJP』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ魅力大全開!こんな美人詐欺師なら騙されたい!詐欺師も成功すれば大物だ。みんなが集まってくる。でも失敗すれば犯罪者。奈落の底だ。この映画では詐欺師を異常なほど、美化しているように思われる。が、勘違いしてはいけない。彼らは弱者を相手に詐欺を働いていない。絶えず強い存在からお金を騙し取っている。お金を取ることが目的でもあるが、詐欺という舞台を楽しむために行なっている愉快犯だ。

風間俊(岡田准一)

港南学園高校3年生。学校新聞「週刊カルチェラタン」の編集長。正義感が強い。赤ん坊の頃、風間家の養子になった。

松崎花(竹下景子)

海、空、陸の祖母。コクリコ荘の主人。優しい人柄。

北斗美樹(石田ゆり子)

コクリコ荘の下宿人の女性で医者の卵。コクリコ荘を出ていく。

驚きの50歳越えの美貌の持ち主

広小路幸子(柊瑠美)

広小路幸子は、コクリコ荘の下宿人の女性。画家を目指している。メガネがトレードマーク。海の絵を描いている。

松崎良子(風吹ジュン)

海、空、陸たちの母親。子どもを残してアメリカへ留学中。父・澤村雄一郎との結婚に反対され、駆け落ちした過去がある。

小野寺善雄(内藤剛志)

水沼史郎(風間俊介)

風間明雄(大森南朋)

徳丸理事長(香川照之)

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』の興行収入

44.6億円

スポンサーリンク

まとめ 映画『コクリコ坂から』一言で言うと!

「好きになったら止まらない」

若い時の恋愛って本当に「一直線」だと思うのです。どんな障害でも乗り越えていく力があると思うのです。でも流石に兄妹で恋愛はショックです。ただそれは生物学的に子孫に影響が出るから「禁止」となっていますが、ひょっとしたら近い将来はそれが廃止になるかもと思うこの頃です。何故ならばLGBTQも昔は禁止されていた時代がありました。たとえ兄妹でも自由に恋愛が可能になる時代は来るかもしれません。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
created by Rinker
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント
スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【障害を乗り越えて成就するオススメ恋愛映画】

映画『ロミオとジュリエット』

映画『ロミオとジュリエット』ネタバレ・あらすじ・感想。恋愛映画のヒットの法則を学べる。オリヴィア・ハッセーとレナード・ホワイティングが輝いている。
ウィリアム・シェイクスピアの著名な戯曲を映画化。フランコ・ゼフィレッリが脚色・監督。イギリス出身のレナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセーが主演した。イタリアで撮影。当時16歳のハッセーがヌードシーンを演じていることも大いに話題となった。音楽はニノ・ロータ。恋愛映画の金字塔的存在。

映画『伊豆の踊子(1974)』

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

映画『潮騒 しおさい(1975)』

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。

映画『絶唱(1975)』

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『マディソン郡の橋』

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『美女と野獣(1991)』

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。
映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報・概要 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』原題『Disobedience』2017年に制作された愛米英合作のドラマ映画である。セバスティアン・レリオ監督作品。主演はレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムス。本作はナオミ・アルダーマンが2006年に上梓した小説『Disobedience』を原作としている。厳格なユダヤ教徒の女性の恋愛物語。もはや人間において性を分ける必要はない。

映画『ラストレター』

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。

映画『アパートの鍵貸します』

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ・あらすじ・感想。ジャック・レモン&シャーリー・マクレーンの姿に時代が見える。
映画『アパートの鍵貸します』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アパートの鍵貸します』IMDbサイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認...

映画『マチネの終わりに』

【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『マチネの終わりに』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ・あらすじ・結末を記述。作家・平野啓一郎の原作。2015年3月から2016年1月まで毎日新聞朝刊及びnoteにて連載された。福山雅治、石田ゆり子主演で2019年に映画版が公開。有名なギタリストが自身の音楽活動に悩んでいる時にジャーナリスト洋子が現れ恋に落ちる。しかし洋子にはフィアンセがいた。恋にルールはない。洋子をものにしようとパリまでいく。

映画『ボーダー 二つの世界』

映画『ボーダー 二つの世界』あらすじ・ネタバレ・作品情報・感想・評価。LGBTをも凌駕した多様性の映画。美しい心になれる映画
映画『ボーダー 二つの世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報を記載しています。またネタバレ・あらすじ・感想・評価・まとめについても書いています。北欧デンマークから新たな映画が届きました。監督はイラン系デンマーク人です。容姿による差別・偏見、さらに性差別の問題についても大きなメッセージを感じ取ります。多様性の時代が到来しました。認め合うことが21世紀を生きるテーマ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『秒速5センチメートル』

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

映画『マーウェン』

映画『マーウェン』ロバート・ゼメキスvsスティーブ・カレルが描くトラウマを乗り越える人間成長物語に感動。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
些細な発言により暴行され、過去の記憶を失ったマーク・ホーガンキャンプ。トラウマを抱え、救いを人形アニメの撮影に向けた。町の人の助けによってトラウマを克服。監督はロバート・ゼメキス。主演にスティーブ・カレル。アメリカに根付くヘイトクライムをテーマに、困難を乗り越えて戦う人間成長物語を実写と人形アニメを用いて描く。

映画『ほしのこえ』

新海誠監督 映画『ほしのこえ』ミカコとノボルの宇宙恋愛物語の結末。感想・評価・ ネタバレ・あらすじ
日本を越えて世界に衝撃を与えた作品である。『ほしのこえ』は新海誠がたった一人で作り上げた。会社勤めをしながらも映画制作への情熱が消えず昼夜を通して作ったという。若き日の新海誠の情熱がほとばしる素晴らしい作品である。本映画は数々の賞を獲得した。そして新海は空高く羽ばたいた。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想
本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。

映画『リヴァプール、最後の恋』

女優グロリア・グレアムの最後の恋『リヴァプール、最後の恋』あらすじ・ネタバレ・感想・評価。年齢差を超えた悲哀。
かつてアカデミ助演女優賞をとった名女優の最後の恋を映画いた作品。今や落ち目となったグロリア・グレアムは渡英しチャンスを伺っていた。そんな時、若き無名の俳優ピーターと出会い激しく恋に落ちる。二人はニューヨークに移り生活を共にするが、グロリアに悲劇が訪れる。二人は別れる事になるが、グロリアはピーターを追って再びイギリスへ向かう

 

 

スポンサーリンク

映画『コクリコ坂から』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
宮崎吾朗
原作
高橋千鶴 佐山哲郎
脚本
宮崎駿 丹羽圭子
企画
宮崎駿
プロデューサー
鈴木敏夫
製作
星野康二
キャラクターデザイン
近藤勝也
撮影
奥井敦
音楽
武部聡志
音響
笠松広司
アフレコ演出
木村絵理子
主題歌
手嶌葵
挿入歌
坂本九
アニメーション制作
スタジオジブリ
松崎海(長澤まさみ)
風間俊(岡田准一)
松崎花(竹下景子)
北斗美樹(石田ゆり子)
広小路幸子(柊瑠美)
松崎良子(風吹ジュン)
小野寺善雄(内藤剛志)
水沼史郎(風間俊介)
風間明雄(大森南朋)
徳丸理事長(香川照之)
2011年製作/91分/G/日本
配給:東宝

タイトルとURLをコピーしました