映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「友情」と「夢」実現に向かって生きる若者が美しい。山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈らの好演技は必見!

スポンサーリンク
映画『キングダム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「友情」と「夢」実現に向かって生きる若者が美しい。山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈らの好演技は必見!お茶の間映画館

映画『キングダム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『キングダム』公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画「キングダム」公式サイト
映画「キングダム」公式サイト 2019.4.19 FRI Roadshow 山﨑賢人 吉沢 亮 長澤まさみ 橋本環奈 本郷奏多 満島真之介 阿部進之介 深水元基 髙嶋政宏 要 潤 橋本じゅん 坂口 拓 宇梶剛士 加藤雅也 石橋蓮司 大沢たかお 監督:佐藤信介 脚本:黒岩 勉 佐藤信介 原 泰久 原作:「キングダム」原 ...
映画『キングダム』プロモーション映像(インターナショナルVer.)
Kingdom (2019) - IMDb
Directed by Shinsuke Sato. With Kento Yamazaki, Ryô Yoshizawa, Masami Nagasawa, Kanna Hashimoto. In ancient China, a young boy dreams of becoming the greatest ...

映画『キングダム』(134分/G/日本/2019

【監督】
佐藤信介
【脚本】
黒岩勉 佐藤信介 原泰久
【製作】
北畠輝幸 今村司 市川南 谷和男 森田圭 田中祐介 小泉貴裕 弓矢政法 林誠 山本浩 本間道幸
【出演】
山崎賢人
吉沢亮
長澤まさみ
橋本環奈
本郷奏多
満島真之介
高嶋政宏
大沢たかお

スポンサーリンク
  1. 映画『キングダム』「金曜ロードSHOW!」(NTV系)地上波初放送!本編ノーカット!5月29日(金) よる9時00分~11時39分
    1. 5月29日(金) よる9時00分~11時39分
  2. 映画『キングダム』のオススメ度は?
  3. 映画『キングダム』の作品情報・概要
  4. 映画『キングダム』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『キングダム』の感想・内容
    1. 原泰久原作『キングダム』完全実写化に成功!
      1. 綾瀬はるかさんは一番稼げる女優さんです
    2. 映画館で観る映画の代表作
      1. 広瀬すずさんの可愛さ全開映画必見!
    3. 「友情」と「夢」をテーマにした名作
    4. 「天下の大将軍」という見果てぬ夢を追いかけて
      1. アナとエルザの青春も輝いています
    5. 「夢」と「友情」があったからこそ下僕でも耐えられた
    6. 漂の死を受け入れて大王・嬴政に使える決意
      1. 薬師丸ひろ子さんは日本を代表する青春女優!
    7. 若い二人には明確な目的があったから心をひとつにした
      1. トムクルーズは50歳から全力疾走しています。
  6. 映画『キングダム』の評価・結末
    1. スケールは大きいが脚本がわかりやすい
      1. 三島由紀夫という“時代”がありました
    2. 若者の未来を大事にする人たちに安堵します
      1. 佳山明さんに生き方は本当に美しい!
    3. 人生を豊穣にするには「夢」があったほうが良い
      1. 14歳で第三夫人として嫁いだ女性のお話
  7. 映画『キングダム』のキャストについて
    1. 信(山崎賢人)
    2. 嬴政 / 漂(吉沢亮)
    3. 河了貂(橋本環奈)
    4. 楊端和(長澤まさみ)
    5. 成蟜(本郷奏多)
    6. 昌文君(高嶋政宏)
    7. 王騎(大沢たかお)
  8. まとめ 映画『キングダム』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【夢に向かって頑張っている映画】
      1. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      2. 映画『レディ・マエストロ』
      3. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      4. 映画『さよなら くちびる』
      5. 映画『王様になれ』
      6. 映画『風をつかまえた少年』
      7. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      8. 映画『ガラスの城の約束』
      9. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      10. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
      11. 映画『旅のおわり世界のはじまり』
      12. 映画『トールキン 旅のはじまり』
      13. 映画『チワワちゃん』
      14. 映画『芳華-Youth-』
  10. 映画『キングダム』の作品情報

映画『キングダム』「金曜ロードSHOW!」(NTV系)地上波初放送!本編ノーカット!5月29日(金) よる9時00分~11時39分

5月29日(金) よる9時00分~11時39分

山崎賢人 、吉沢亮、 長澤まさみ、 橋本環奈、 本郷奏多等の若手俳優が生き生きと演技しています。

さらにベテラン俳優の大沢たかお、宇梶剛士、加藤雅也、石橋蓮司 、六平直政等が脇を固めます。これは必見です。

スポンサーリンク

映画『キングダム』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

スケールが大きい

デッカすぎるくらい

「友情」と「夢」がテーマ

頑張っている人を応援したくなります

映画『キングダム』の作品情報・概要

原泰久原作マンガの『キングダム』を映画化(『週刊ヤングジャンプ』(集英社)連載中)実写化不可能と言われていたが、佐藤信介監督によって実現。脚本に原泰久も加わりわかりやすい構成にしたことがヒットを後押しした。

映画『キングダム』のあらすじ・ネタバレ

戦争孤児である信(山崎賢人)は下僕として農家に売り渡された。そこにはもう一人同じ戦争孤児である 漂(吉沢亮)がいた。二人の性格は真反対だが、下僕から抜け出し「天下の大将軍」の夢を持ち剣術に励む日々を送っていた。ある日、昌文君(高嶋政宏)が現れ漂だけを王宮へ連れて行った。一人残された信は剣術に励んでいた。ある夜、傷ついた 漂が訪れ地図を手渡し「ここへ行け」と言って絶命。信は真夜中、無我夢中で駆け出し、たどり着いた先で待っていた人物を見て驚愕する。

映画『キングダム』の感想・内容

原泰久原作『キングダム』完全実写化に成功!

原泰久原作マンガ、『キングダム』を映画化した作品です。

実写化不可能と言われていましたが、佐藤信介監督によって実現しました。

正直、スケールが半端無いです。デッカいです。ロケは中国の浙江省に巨大なオープンセットと作り20日あまりかけての撮影。

国内でも静岡、千葉、熊本、宮崎、栃木などを横断的に行ったという近年映画では最も大規模です。出演俳優も日本の俳優を全部集めたのでは!と思わせるほど豪華です。

興行収入も57億円を叩きだした超大作です。

綾瀬はるかさんは一番稼げる女優さんです

映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。
映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。ロケ地情報ならびに主題歌情報。映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要 『今夜、ロマンス劇場で』2018年2月10日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎のコメディーラブストーリー。映画を愛しる青年が映画から抜け出してきた女性と恋愛する。ウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』に酷似していると言われている。ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』にもインスパイアーされていると言われている。

映画館で観る映画の代表作

この映画はまさしく劇場で観る映画の筆頭だと思います。もちろんテレビで鑑賞する際はできるだけ大きな画面で観ることをお勧めします。

というのは画面の右から左、上から下に渡るまで、中国の春秋時代のままに作られています。

もちろんCGも使われていますが、やはり王宮のセットは必見です。

「よくぞ、ここまで作り上げた」と拍手しました。しかも撮影は中国で行なっています。

中国はもはや映画製作においては日本を追い抜いています。

でも中国で映画の撮影するにはとても厳しく、さらにお金がかかります。権利問題とかもクリアーしていることを祈るばかりです。

広瀬すずさんの可愛さ全開映画必見!

実話映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!
実話映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』チアダン・ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!チアダン 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報・概要 『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(チアダン じょしこうせいがチアダンスでぜんべいせいはしちゃったホントのはなし)2017年3月11日公開の青春映画。広瀬すず主演。監督は河合勇人。脚本は林民夫。福井県立福井商業に赴任した女性教員が女子生徒とチアダンスチーム『JETS』を結成し、全米チアダンス選手権大会で優勝するまでの実話を脚色して映画化。スポ根青春映画。中条あやみ、 山崎紘菜、 富田望生 、福原遥、真剣佑、天海祐希ら出演。

「友情」と「夢」をテーマにした名作

さて、本映画『キングダム』は漫画家・原泰久さん原作の物語です。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて20069号から連載が始まっています。

まだまだ終わりそうにありません。あまりにもスケールが壮大です。

ジャンプですから「友情」というテーマが基本となっています。

若者が下僕として育ち共に「天下の大将軍になる」ことを夢見ています。

「下僕のままでは終わらない」「努力すれば夢は叶う」というテーマがさらに重なることで圧倒的な支持を得ています。

「天下の大将軍」という見果てぬ夢を追いかけて

実際、二人は下僕として育てられます。

下僕とは召使いという意味以上にどちらかというと奴隷に近いです。下僕の身であるなら一生涯その身分で生きなければいけない時代の話です。

普通、下僕に生まれたのであれば、その身分から脱却しようとは思いません。

幼少の頃より「下僕は下僕」と洗脳されて育てられます。

でも本映画『キングダム』の場合、頭の良かった漂(吉沢亮)が上の世界を知っていたのが功を奏しました。

信(山崎賢人)は下の世界しか知らなかったのに漂に誘われて上を目指します。

上とは「天下の大将軍」のことです。

アナとエルザの青春も輝いています

「夢」と「友情」があったからこそ下僕でも耐えられた

二人は毎日、田畑や山林へ行き働きます。もちろん報酬はありません。

合間を縫って剣術を磨きます。我流です。毎日が真剣勝負です。数年過ごします。

粗末な衣服と住居で囚われての身となっています。

とても辛い環境ですが、二人が耐えられたのはやはりがあったこと、そして友情があったからでしょう。

ある日、漂(吉沢亮)だけが王国に身請けされることになります。ここで二人は初めて離れ離れになりますが、互いの夢を再確認で別れます。

漂の死を受け入れて大王・嬴政に使える決意

物語は残された信(山崎賢人)を中心に展開して行きます。信は来る日も来る日も一人で剣の練習をします。

ある日の深夜、何者の気配で目を覚ますと、それは傷ついた漂(吉沢亮)でした。

そして「この場所へ行け」と行って地図を託して絶命します。ここから物語は急展開して行きます。

元々は猪突猛進タイプの信ですから「思い立ったら止まりません」地図の場所へと目指します。

山賊を撃破したどり着いた先にはなんと死んだはずの漂がいました。実際は大王・嬴政 (吉沢亮)です。漂にそっくりです。

ここで信はようやく事の次第を理解します。漂は大王の影武者として王国に行ったのです。

しかし、そのために漂が死んでしまったことが許せません。下僕の存在ながら大王・嬴政 をぶちのめします。

薬師丸ひろ子さんは日本を代表する青春女優!

若い二人には明確な目的があったから心をひとつにした

嬴政は世界を見ています。

たったひとり影武者の死など大勢にはちっぽけである事、漂は自らの命を犠牲にすることにためらいがなかった旨を伝えます。

最初は憤りを感じていた信ですが、大王・嬴政 が放つ冷静かつ未来を見る洞察力に感化され、次第に心が惹きつけられて行きます。

こうして二人は一緒に逃避します。

そこに加わったのが 河了貂(橋本環奈)という山の民の子孫です。フクロウの被り物をまとっています。

地理に明るいです。最初はお金目的で二人の道案内をしますが、次第に嬴政の気高さに惹かれて行きます。

そして山の民の女王・楊端和(長澤まさみ)と連携を組みます。それからクーデターを起こした成蟜(本郷奏多)と対決するのです。

トムクルーズは50歳から全力疾走しています。

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

映画『キングダム』の評価・結末

スケールは大きいが脚本がわかりやすい

ザッと映画『キングダム』の序章を書きましたが、正直申し上げて「とても面白い」です。

中国の史実もの映画はたくさんあります。『三国志』などは代表的ですが、やはりお隣中国の物語なので中々理解するのが難しいです。

「でも、でもです」この映画『キングダム』はとてもわかりやすいのが特徴です。

その理由はテーマが「友情」と「夢」に絞られているからです。

史実ものの登場人物の多さには圧倒されますが、キャラクターを際立たせているので、「この人誰だっけ?」とか「どっちも味方?」などと考える必要がありません。

稚拙ですが「この人は良い者でこの人は悪者」ってすぐわかっちゃいます。

それが良いですね。

もちろん、本映画『キングダム』の続編になると裏切りや掟破りの謀反なども登場しますが、本作では全くありません。

それがヒットを後押しした要因かと思います(子どもや女性はやっぱり歴史物には弱いですから)

つまり脚本が素晴らしいです。

三島由紀夫という“時代”がありました

若者の未来を大事にする人たちに安堵します

さてさて、「友情」と「夢」をテーマにしていますが、二つばかり見逃せないところ場面があります。

昌文君(高嶋政宏)が信(山崎賢人)を認める場面と王騎(大沢たかお)が漂(吉沢亮)に感心する場面です。

前者は年老いた昌文君が下僕であっても若くて勢いのある信(山崎賢人)に期待するところ、後者は漂(吉沢亮)の「天下統一」に対して応援したくなある気持ちを表すところです。

通常なら出る杭は打つ的ないつまでも自分が主役気分の先輩風を吹かして邪魔をしますが、二人はしません。

それが良かったです。「国の未来は若者が作るのだ」「若者を応援するのが我らの役目」的な優しさを垣間見ることができました。

佳山明さんに生き方は本当に美しい!

人生を豊穣にするには「夢」があったほうが良い

このようなご時世、日本も世界も若者たちが未来を描けない苦悩にあふれています。

好きなことをやろうとしても旧態然の鎖にとらわれて身動きができない社会があります。

時代は新しい人たちに変わらなければいけないのです。現状では中々、思うように進みません。

その中で本映画『キングダム』は微かではありますが、確実に希望の光で照らしてくれました。

「友情」とは尊い感情であること、「夢」を追いかけることが人生を豊穣にすることを教えてくれた映画でした。

14歳で第三夫人として嫁いだ女性のお話

映画『キングダム』のキャストについて

信(山崎賢人)

物語の主人公。戦災孤児で農民に拾われる(買われる)。下僕として育つ。偶然、漂も囚われており、兄弟のように暮らす。素人であるが互いに剣術を磨く。夢は「天下の大将軍」性格的には明るく、元気がある。空気を読めないタイプ。いつもポジティブ思考。剣の腕前は一級品。山崎賢人さんの演技は弾けてました。信のキャラクターは単純なようで難しいと思います。感情を正直に出すため下手すれば「絶叫男」のイメージが固まってしまいます。そうなると観ている方も心を寄せられません。喜怒哀楽の明暗をうまく表現していたと思います。

嬴政 / 漂(吉沢亮)

未来の始皇帝と下僕・漂の二役です。弟のクーデターにより逃げています。漂は影武者として人生を捧げます。信と同じく農民に拾われ(買われる)、共に「天下の大将軍」を目指し剣術を磨いていた時に影武者としてスカウトされます。その後、死亡。嬴政は中華初の天下統一を目指しています。カリスマ性が半端なく高いです。吉沢亮さんの演技は素晴らしかったですね。終始、冷静沈着な佇まいがスクリーンを締めてくれました。「これぞ王様」って感じです。性格的に信(山崎賢人)と対比なところが良かったと思います。吉沢亮さんの雰囲気が中性的で妖艶なのも良かったです。

河了貂(橋本環奈)

山の民の子孫。フクロウの被り物をしている。「お金が欲しい」ことから嬴政と信の道案内をする。料理もできる。体は小さい。頭が良い。橋本環奈さんに適役だったと思います。ずっと被り物を被っていましたが、存在力はあったと思います。コミカルな演技が多かったと思いますが、嬴政や信に心寄せていく心情がうまく表されていたと思います。「優しさ」が溢れる演技でした。

楊端和(長澤まさみ)

中華の西の西にある山の民の国の女性の王。カリスマ性が高い。400年前に秦国と争って以降は交流を持たない。武術もある。長澤まさみさん、良かったです。仮面と外した時のギャップが良かったです。そして剣術も良かったと思います。コミカルな演技は一切ありませんでした。それが良かったです。

成蟜(本郷奏多)

嬴政の弟。高貴な血筋を誇りに持っており、平民の女の血をひく嬴政を嫌悪している。皇帝の座を奪おうとクーデターを起こす。冷血な人間。本郷奏多さんの演技も良かったです。終始、冷血な弟です。血も涙もありません。青白いメイクが残忍さを際立たせていました。最後の命乞いの場面は笑えましたが「権力喪失」した人間の悲哀を表すには十二分でした。

昌文君(高嶋政宏)

嬴政に使える家臣。義理人情に厚く一度使えた主君には命をかけて守り抜く。武術に優れており部下を束ねる能力の高い。 漂を影武者にした張本人。信と武術対決して負ける。高嶋政宏さんはあやっぱり武将の役が似合いますね。落ち着いた雰囲気が出ていました。今風で言えば体育会系の「高級官僚」って感じです。自身の年齢のこともわかっている武将で、若者の未来を大事にするキャラクターであることが伝わってきました。

王騎(大沢たかお)

秦国六大将軍の一人。とにかく圧倒的な存在感があります。剣術・武術が天下一品。誰もが認めてひれふします。秦の怪鳥と恐れられています。性格的に誰の指図を受けないタイプですが、今回の戦の背景では手ぐすねを引いていたと判明します。大沢たかおさんが役作りのために筋力トレーニングしたことが話題となりました。確かに上腕二頭筋がすごかったです。演技的にはちょっとおかまチックな雰囲気全開で笑えました。セリフはそんなに多くありません。やっぱり存在力ですね。登場する場面は「待ってました!」と言いたくなるほどの千両役者ぶりでした。

まとめ 映画『キングダム』一言で言うと!

「夢に向かって生きている姿が美しい」

夢があるうちがと言われる理由がわかってきた歳になりました。わたしも若かりし頃は夢を持っていました。でもいつの間にか拗ねた大人になってしまって、夢を描くことを忘れてしまった人間です。叶うとか叶わないとかは別にして何か目標に向かって生きる姿はやっぱり美しい人だと思うこの頃です。

合わせて観たい映画

【夢に向かって頑張っている映画】

映画『パリに見出されたピアニスト』

夢の叶え方がわからない少年に手を差し伸べる人

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『レディ・マエストロ』

女性指揮者のパイオニアが困難を乗り越えて夢を実現する物語

実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。
映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館情報を記載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの実話物語です。貧困・差別・蔑視・嘲笑に負けず指揮者になる夢を掴んだたくましい女性。女性差別、ジャンダー、毒親問題も描いている。人生は困難なことが起きるが必ず乗り越えられると教えてくれる映画。素晴らしい。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『風をつかまえた少年』

両親、村、この国の役にたちたい。若者は挑戦しました

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『ガラスの城の約束』

毒親の妨害を振り切って夢はまっしぐら

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

映画『旅のおわり世界のはじまり』

異国の地で歌手になることを決意した女の子

女優前田敦子vs黒沢清監督 映画『旅のおわり世界のはじまり』 ネタバレ・あらすじ・感想・評価「本当の自分」が始まる物語
カンヌ常連監督、黒沢清最新作は前田敦子を迎えてウズベキスタンへ。テレビレポーターとしての仕事に疑問をもち、ウズベキスタンの街、自然、人々を通じて本当にやりたいことを見つける人間成長物語。前田敦子は女優だ。もうAKBの面影は見えない。黒沢監督の新境地と言える作品。新しい世界はいつも始められる。

映画『トールキン 旅のはじまり』

仲間と未来の夢を語り合う青年たち

映画『トールキン 旅のはじまり』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。『ホビットの冒険』『指輪物語』は四人の友情物語から始まった。
映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想を紹介。トールキンのSF冒険小説の最高傑作と言われる『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生秘話が明かされます。一番は友情です。四人の親友から名作は生まれたと言っても過言ではありません。友情の大切さをヒシヒシと描いています。

映画『チワワちゃん』

青春の儚いエネルギーが大爆発しています

漫画『チワワちゃん』を実写化。東京の街を失疾走する吉田志織が愛しい。
誰もが見知らぬ者同士とは大人だけの世界だと感じていた。しかし若者同士も自らの素性を積極的に明かさない。その理由は会ってないような者。東京の街を舞台に出会った若者たちの“パーティー”みたいな日々を激しいビートを斬新な映像で綴った東京ムービー。疾走するまで、消えてしまうまで青春を燃え尽きたい。

映画『芳華-Youth-』

戦争に青春を取られてしまう悲劇

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。

映画『キングダム』の作品情報

映画.comより一部引用

スタッフ・キャスト
監督
佐藤信介
原作
原泰久
脚本
黒岩勉 佐藤信介 原泰久
製作
北畠輝幸 今村司 市川南 谷和男 森田圭 田中祐介 小泉貴裕 弓矢政法 林誠 山本浩 本間道幸
エグゼクティブプロデューサー
木下暢起 伊藤響
企画
稗田晋 村田千恵子
プロデューサー
松橋真三 北島直明 森亮介 平野宏治
アソシエイトプロデューサー
高秀蘭
ラインプロデューサー
小沢禎二
中国ユニットラインプロデューサー
角田道明
撮影監督
河津太郎
撮影
島秀樹
照明
小林仁
録音
横野一氏工
美術監督
斎藤岩男
美術
瀬下幸治
装飾
秋田谷宣博
衣装デザイン
宮本まさ江
ヘアメイク
本田真理子
編集
今井剛
音楽
やまだ豊
音楽プロデューサー
千田耕平
主題歌
ONE OK ROCK
アクション監督
下村勇二
キャラクター特殊メイクデザイン
藤原カクセイ
特殊造形統括
藤原カクセイ
VFXスーパーバイザー
神谷誠 小坂一順
かつら
濱中尋吉
コンセプチュアルデザイン(山の民)
田島光二
DIプロデューサー
齋藤精二
カラーグレーダー
齋藤精二
スクリプター
田口良子
助監督
李相國
制作担当
吉田信一郎
中国ユニット制作担当
濱崎林太郎
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
中国史監修
鶴間和幸
信(山崎賢人)
えい政/漂(吉沢亮)
楊端和(長澤まさみ)
河了貂(橋本環奈)
成きょう(本郷奏多)
壁(満島真之介)
昌文君(高嶋政宏)
バジオウ(阿部進之介)
タジフ(一ノ瀬ワタル)
里典六平直政
朱凶深水元基
ムタ橋本じゅん
左慈坂口拓
ランカイ阿見201
魏興宇梶剛士
肆氏加藤雅也
竭氏石橋蓮司
騰要潤
王騎大沢たかお
2019年製作/134分/G/日本
配給:東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

タイトルとURLをコピーしました