実話映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!日本映画

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ - 映画・映像|東宝WEB SITE
「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」予告

 

『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』
121分/G/日本/2017

【監督】
河合勇人
【脚本】
林民夫
【製作】
辻本珠子 下田淳行
【出演】
広瀬すず
中条あやみ
山崎紘菜
富田望生
福原遥
真剣佑
天海祐希

スポンサーリンク
  1. 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』地上波 TBS放送 5月22日金曜 よる8:57から放送
    1. 5月22日金曜 よる8:57からTBS放送(地上波)
  2. 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のオススメ度は?
  3. 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報・概要
  4. 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のあらすじ・ネタバレ
      1. 広瀬すずさん主演作品
  5. 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の感想・内容
    1. 広瀬すずさんと中条あやみさんの等身大の姿
    2. 『チア☆ダン』のモデルになった人物の魅力
      1. 『チア☆ダン』書籍紹介サイトです
  6. 初代JETSメンバー
    1. F倉(ブン)(玉置彩乃/中条あやみ)
    2. N川(サトミ)(友永ひかり/広瀬すず)
    3. M村(マホ)
    4. T田(チン)
    5. Y田(アリサ)
    6. 広瀬すず演じるひかりと中条あやみさん演じる彩乃のリアルは?
      1. 岩井俊二監督作品の広瀬すずさん
    7. 怪我をしたのは広瀬すず演じるひかりではなく、、、
    8. センター交代は?ポイントでは重要ではないというが、、、
      1. 是枝監督作品の広瀬すずさん
    9. 厳しい決断かもしれませんが人情も必要、、、
      1. 門脇麦さん、小松菜奈さんの青春映画
    10. ブスと言われますが飛びっきりの笑顔の女性です
  7. 五十嵐裕子先生と「JETS」の全米への道のり年表
  8. 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の評価・結末
    1. 「この先生に付いて行こう」と思わせる先生
      1. フランスの金八先生
    2. 赴任先での失意と挫折
    3. 金八先生に憧れた少女時代「あんな先生になりたい」
    4. 「大人たちの影響で子供が成長していくのが素晴らしい」を体現したい
      1. レオニーの青春はどこへ向かう?
    5. 「先生の良さは卒業してからじゃあないとわからない」
      1. 松岡茉優さん絶賛演技
    6. やりたいことのために「日々、努力する」ことが大事
    7. 福井県民の気質も後押しした
    8. 偶然テレビで観た女子高生のチアダンスに衝撃を受けた
    9. 五十嵐先生の快進撃が始まる「夢は叶う」「人は変われる」
    10. 「夢」って言葉は曖昧だから美しいのです
      1. お母さんが先生
    11. 伝統ある高校「ゼロ」からの挑戦
    12. あなたたちは「JETS」ジェット噴射のように
  9. 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のキャストについて
  10. まとめ 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』一言で言うと!
  11. 合わせて観たい映画
    1. 【広瀬すずさん出演映画】
      1. 映画『三度目の殺人』
    2. 映画『一度死んでみた』
    3. 【夢に向かって頑張っている映画】
      1. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      2. 映画『レディ・マエストロ』
      3. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      4. 映画『さよなら くちびる』
      5. 映画『王様になれ』
      6. 映画『風をつかまえた少年』
      7. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      8. 映画『ガラスの城の約束』
      9. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      10. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
      11. 映画『旅のおわり世界のはじまり』
      12. 映画『トールキン 旅のはじまり』
      13. 映画『チワワちゃん』
      14. 映画『芳華-Youth-』
  12. 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』地上波 TBS放送 5月22日金曜 よる8:57から放送

5月22日金曜 よる8:57からTBS放送(地上波)

広瀬すずちゃんです。めっちゃ可愛いです。本当に可愛いです。何度でも言います。超絶可愛いです。

もちろん中条あやみさんも可愛いです。中條さんは「綺麗」に向かう年齢だったと思います。

チアダンスにかける青春スポ根映画です。人を応援するのがチアダンスですが、映画を観ていて「JETS」を応援している自分がいました。

スポンサーリンク

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のオススメ度は?

3.0

青春映画です

「オールバック(おでこ全開)」

「校則を守る」

「恋愛禁止」

「アメリカで優勝」

これが入部の条件です

女子高生におでこ全開はキツイです

間違いなく青春映画です

スポンサーリンク

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報・概要

『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(チアダン じょしこうせいがチアダンスでぜんべいせいはしちゃったホントのはなし)2017311日公開の青春映画。広瀬すず主演。監督は河合勇人。脚本は林民夫。福井県立福井商業に赴任した女性教員が女子生徒とチアダンスチーム『JETS』を結成し、全米チアダンス選手権大会で優勝するまでの実話を脚色して映画化。スポ根青春映画。中条あやみ、山崎紘菜、 富田望生 、福原遥、真剣佑、天海祐希ら出演。

スポンサーリンク

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のあらすじ・ネタバレ

友永ひかり(広瀬すず) は中学時代から想いを寄せている山下孝介(真剣佑)のサッカーでの活躍を応援したくチアリーダー部に入る。しかしそこには地獄の指導を行う顧問・早乙女薫子(天海祐希)がいた。しかも「アメリカで優勝」「オールバック(おでこ全開)」「校則を守る」「恋愛禁止」という厳しいルールと目的があった。ダンス経験もないが「笑顔」だけを褒めれて熱心に練習に励む。チーム内の不協和音と早乙女への反発を抱きつつもチームはアメリカへ行く。決勝の前、絶対的なセンターであった玉置彩乃(中条あやみ) が外されひかりがセンターをやることに、、、。落ち込む彩乃と戸惑うひかり。果たして、、、、。

広瀬すずさん主演作品

スポンサーリンク

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の感想・内容

広瀬すずさんと中条あやみさんの等身大の姿

みなさん、こんにちは。お元気お過ごしでしょうか?ラッキーマスクマン3号です。

緊急事態宣言がだいぶ緩和されてきました。でも油断は禁物です。

くれぐれも三密を守りましょう。もちろん、マスク、手洗い、うがいの習慣も引き続き継続させましょう。

いやあ、本映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の講評を行いますが、正直「困ってます」

何がって映画の演出はイマイチなんですが、やっぱり若い女子高生が頑張る姿に涙腺が決壊してしまったからです。

広瀬すずちゃん、めっちゃ可愛いです。本当に可愛いです。

この映画の撮影時は18、9歳ですから、彼女の巣に一番近いのではないでしょうか。等身大のすずちゃんです。

とにかく可愛いのです。何度でも言います。

「可愛いのです」顔も声も演技も全部が「超絶可愛い」のです。たまりません。

もちろん、中条あやみさんも可愛いですよ。中条さんは「綺麗」が入り始めていますね。

この二人を中心に映画を観れば良いと思われがちですが、実はこの映画の真の主人公は鬼教師の早乙女薫子(天海祐希)にあることを念頭に読んでくださいね。

その前にタイトル長すぎです。『チア☆ダン』にしちゃいます。

本映画は実話を元に映画化されてます。詳細は円山夢久著作『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』に書かれています。こちらを全部読ませていただきました。この著書とネット上にある情報を元に記事を書いていきます。

実際、わたしは映画に夢中になり、本を購入し、さらにネット上の情報を得て、非常の興味を持ちました。

『チア☆ダン』のモデルになった人物の魅力

一番はこの映画のモデルになった当時の女子高生たちが今現在は何をやっているのかです。

あれだけ情熱を注いだチアダンスを今も続けているのか、さらに「夢は叶う」「人は変われる」を連呼された結果、自身の夢は叶えているのかについて興味を持ちました。

それで著書にも書いてありましたが、まずは彼女たちのその後からご紹介します(一般の方なので仮名とさせて頂きます)

*円山夢久著作『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』から参考・引用させて頂きます。繰り返しますが、一般の方なので仮名とさせて頂きます。この著書はとても読みやく書かれています。教員と生徒たちの熱き物語です。

『チア☆ダン』書籍紹介サイトです

スポンサーリンク

初代JETSメンバー

F倉(ブン)(玉置彩乃/中条あやみ)

CA(キャビンアテンダント)として航空会社勤務。
福井商業高校卒業後、大学に進学。CA試験に合格。英語の教員実習のた母校を4年ぶりに訪れ五十嵐裕子先生と和解。

N川(サトミ)(友永ひかり/広瀬すず)

東京・横浜・千葉で会社勤務。
福井商業高校卒業後、大学に進学。大学内の部活に所属し、経験を活かし中心メンバーとして活躍した。

M村(マホ)

日本チアダンス協会公認インストラクター。
福井商業高校卒業後、上京。多くのダンススタジオのレッスンを得て、前田千代コーチに師事。JETSのコーチと振り付けを担当している。

T田(チン)

Grace JETS」を結成し、顧問。
福井商業高校卒業後、大学に進学し、テレビ局のテレビ制作部・営業部に勤めた後、結婚退職。2004JETSOGからなるチアダンスチーム「Venus」(20171月「Grace JETS」に改名)

Y田(アリサ)

プロ野球チームの公式マスコットガールの一員として活躍中。
福井商業高校卒業後、専門学校に進学し歌とダンスを勉強。

その他の初代JETSメンバーである、みほ、まや、ちなみ、ちあきさんたちも活躍しているとのことです。

*2017年1月1日現在の情報となります。

JETS卒業生は現在、数百人になると言われています。彼女たちは五十嵐裕子先生の「夢は叶う」を胸に卒業後も他分野で活躍しているとのこと。

USJダンサー、劇団四季、美容師、自衛艦、教員、モデル、インストラクターなど。T田さんが立ち上げた「Grace JETS」は地元、福井のイベントで、積極的にパフォーマンスを行っています。

広瀬すず演じるひかりと中条あやみさん演じる彩乃のリアルは?

さて、劇中の主人公は広瀬すず演じるひかり(N川)となっています。そして準主役が中条あやみさん演じる彩乃(F倉)です。

映画ではセンターを巡っての諍いもありますが、二人は気を取り直し、仲良くアメリカの舞台に立ちます。そして優勝します。20093月のことです。

でも実際はF倉さんは舞台に立つどころか、アメリカへは行っていません。

彼女はアメリカ行き直前に退部してます。20081224日です。しかも五十嵐先生と大ケンカの末の退部です(クリスマスのプレゼントが退部届けとは痛烈なメッセージです)

その際、F倉さんは五十嵐先生から「ビンタ」されています。なぜ、退部したのか真相は不明です。

いまだにF倉さんから明確に語られていません。しかし著書を読む限りF倉さんの気持ちがわかります。痛いほど伝わってきます。

彼女は初代JETSの部長としてメンバーを牽引してきました。五十嵐先生の手となり足となり一生懸命に頑張ってきました。

先生のあのキャラクターですから相当苦労したと思います。メンバーと先生に挟まれても泣き言ということはなかったようです。

岩井俊二監督作品の広瀬すずさん

怪我をしたのは広瀬すず演じるひかりではなく、、、

しかし、三年生になった時にF倉さんは、膝の手術を受けてダンスができず、裏方に回されます。

しかも五十嵐先生から痛烈な一言をもらいます。「ブンが躍りで引っ張る時代は終わった」です。

この言葉は重いと思います。重いどころではありません。

こんなに一生懸命やってきたのに「待ってるわ」とか「頑張れ!」ではなく奈落の底に落とされるようなことを言われたら誰でも傷つきます。

しかもF倉さんはとりわけセンターで踊ることに強いこだわりを持っていました。怪我を治したら再びセンターを夢見ていたと思いますが、11月の全日本チアダンス選手権大会では後列の一番端っこに回されます。

つまりセンターから降ろされたのです。

これは屈辱以外に何ものでもありません。後述しますが「裏切られた」感で心は閉ざされるのです。

センター交代は?ポイントでは重要ではないというが、、、

著書の中ではチアダンスにおいて、センターは審査のポイントには大きく影響しないと書いてありますが、そんなのは大人が言う「都合の良い綺麗ごと」です。

多感な女子高生にとってセンターは大事です。あの言葉は刀で心をバッサリと斬られたくらいの衝撃だったでしょう。

わたしのような素人でもセンターが一番の華だと感じます。

ポイント云々の勝負論も大事なことはわかりますが、「センター」を維持するモチベーションって大きな力をF倉さんに与えていたと思うのです。

それが無くなってしまったんです。「やりきった」と言う燃え尽き症候群ではなく、著書にも書いてありますが五十嵐先生に「裏切られた」感に包まれたのでしょう。

その気持ち、非常にわかります(実際にF倉さんでは勝てないと判断するのであるなら、それを本人の未来への希望を願っての言い方ってあると思うのです。その辺は疑問を持ってしまいました)

*映画の中ではアメリカの決勝前日にセンター交代となっていますが、それは本当にあったかはわかりません。

*ただ映画の演出として、センター交代を入れた可能性が高いと思います。

是枝監督作品の広瀬すずさん

厳しい決断かもしれませんが人情も必要、、、

テレビに出るAKBなどもセンターを目指しているではないですか。繰り返しますが、ポイント云々の勝つとか負けるとかの理論ではなく、もっと大事な感情の問題だと思うのです。

わたしは著書を読んで五十嵐先生は教員として素晴らしいと思いますが、この一件においては賛成できません。

全米で優勝すれば「勝てば官軍」で許されるのは数々の辛酸を舐めてきた五十嵐先生だけです。

F倉さんは3年間、部長としてどれだけ見えない努力と労力と犠牲を払ってきたのでしょうか。それを思うとわたしは涙が出てきます。

受けたダメージは一生涯に渡って付きまとう気がします。忘れたはずでも、ふとした瞬間に思い出し、忸怩たる想いを持ち続けることでしょう。

それは年齢を重ねれば重ねるほど「あの時、わたしは、、、、」と後悔の念として押し寄せてきます。

わたしごとですが、たまに「あの時、挑戦しておけばよかった」って思い出すことがありますから。

彼女は4年後、母校へ教育実習生として訪問し和解したと書いてあります。

逆に言えば「4年もかかっているのです」その間、彼女は他のメンバーと連絡は取り合っていたのかは不明です。

「裏切られた」「アメリカへ行かなかった」彼女の心を察すると胸が痛くなります。

わたしだったら絶対に五十嵐先生を許せないと思います。わたしだったらです。

心の傷はかさぶたと同じで、ジュクジュクしたり、乾いたりしますが、たやすく剥がされます。

F倉さんは結果としてCA(キャビン・アテンダント)として活躍しています。

彼女がCAになる動機付けしたのは五十嵐先生となっています。

200711月、日本航空のチアダンスチーム『JAL』と『JETS』の合同練習の際、五十嵐先生がF倉さんに「ブンも将来、キャビンアテンダントになるんだぞ」の一言で導かれたようです。

その後、大学へ進学したF倉さんは真面目に勉学に励みCAの試験に合格します。わたしの勝手な予想ですが、意地もあったんじゃないでしょうか。

それと師匠である五十嵐先生を「振り向かせたい」もあったのかもしれません。

今は『JETS』の教え通り「明るく、素直で、美しい」笑顔で活躍されていることを願うばかりです。

門脇麦さん、小松菜奈さんの青春映画

ブスと言われますが飛びっきりの笑顔の女性です

N川さんは本映画の主人公です。広瀬すずさんが本当に可愛いですね。

劇中、早乙女薫子(天海祐希)から「前髪あってもブスはブス」と言われますが、実際の広瀬さんがとても可愛いので、笑えません。

それで、N川さんはと言うと、ネットで実際のお顔がありますが、とても可愛らしい女性です。

著書の中で五十嵐裕子先生は彼女を初めて見たとき「一番入って欲しくない生徒、入ってくると厄介だな」と感じたそうです。

なぜなら、当時のN川さんは口角がへの字のように下がっている不満顔だったからだそうです。

これは映画とは違いますね。映画では「あなたは笑顔だけは良い、笑顔しかない」と言っているからです。

ただその後のN川さんは笑顔の猛練習を行いミス福井商業を獲得したそうです。

それと映画の中で広瀬さんは足を怪我して裏方に回りますが、実際に怪我をしたのはF倉さんです。

上述したように彼女はアメリカへ行きません。

でも映画では怪我をして復活した広瀬すずさんがセンターで踊って優勝します。

この辺りはやはり映画的な演出を施したのでしょう。さすがに怪我をしたからセンターから外すでは映画として夢がありません。

スポンサーリンク

五十嵐裕子先生と「JETS」の全米への道のり年表

20044

・五十嵐先生 福井商業高等学校赴任 バトン部顧問

200511

・全日本チアダンス選手権大会出場(初)

20061

・ゴリエ杯全日本チアダンス選手権 名古屋予選出場

20064

・新体制スタート 初代JETS入部

・改めて「アメリカで優勝」「オールバック(おでこ全開)」「校則を守る」「恋愛禁止」宣言をする。

23年生が全員退部。保護者会、教育委員会を巻き込む大騒動。

20066

五十嵐裕子先生、前任校の同窓会でかつての問題児・高須マミに再会。「先生の良さは卒業してからじゃあないとわからない」と言われ勇気が出る。

20069

・前田千代コーチのレッスンスタート

200610

「日誌事件」勃発 「これ以上、書けない、忙しいすぎる」JETSメンバーの悪口を聞いて五十嵐先生はショックでトイレで号泣。メンバーからの手紙で「オールバック」「お金」「人の意見を聞いて」と懇願されるも一切、受け入れず。

200611

・全日本チアダンス選手権大会 予選通過

20071

USAリージョナルス 名古屋大会2位

20073


USAリージョナルス初出場 ソングリーシングポンポン部門12

20074

・2代目JETS入部

20076

・ミスダンスドリルチーム 東海予選大会 POM部門2

20077

・ミスダンスドリルチーム 日本大会出場 POM部門最下位

200711

・全日本チアダンス選手権大会出場 本戦出場 ポンポン高校生部門7

20081

USAリージョナルス 愛知大会2位

20083

USAリージョナルス ファイナル初出場 ソングリーシングポンポン部門9

20084

・3代目JETS入部
5月、F倉さん、膝の手術受ける。五十嵐先生から「ブンが躍りで引っ張る時代は終わった」発言にショックを受ける。

20087

・ミスダンスドリルチーム日本大会 ダンス部門4位 ベストロールプレゼンテーション賞初入賞

20088

「ペットボトル事件」F倉さんと五十嵐裕子先生の喧嘩(N川さんとも小競り合い)

20089

・全日本チアダンス選手権大会 関西大会 23年生チアダンス部門優勝
1年生ポンポン部門優勝

200811

・全日本チアダンス選手権大会 チアダンス部門3

200812

「ビンタ事件」F倉さんが退部することに腹を立てた五十嵐裕子先生がほっぺたをビンタする。以後、二人は断絶。

20093

・全米チアダンス選手権大会 チームパフォーマンス部門優勝

スポンサーリンク

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の評価・結末

「この先生に付いて行こう」と思わせる先生

本映画の本当の主人公は早乙女薫子(天海祐希)のモデルとなった五十嵐裕子先生です。福井県立福井商業高等学校チアリーダー部JETSの顧問です。もはやカリスマです。

福井にこの人あり!です。

「完全に鬼です」ここまで鬼に徹しなければ、いや徹したからこそ、全米制覇できたのです。

そして五十嵐先生に反目しながら付いていった生徒たちも立派だったと思います。

では、なぜ五十嵐先生がチアダンスに目をつけたのかを探っていこうと思います。また映画では語られていない本当に事実もご紹介したいと思います。

フランスの金八先生

赴任先での失意と挫折

五十嵐裕子さんは福井県出身です。福井大学教育学部を卒業されて教員となります。

最初に赴任した高校は県立の農業高校です。生徒指導も担当しています。

生徒たちから「クソババア」「うざい」と言われます。

他の教職員ともうまく行きません(彼女は若かったから)ここで暗澹とした11年間を過ごし自ら異動届を出して福井県立福井商業高等学校へ移ります。

ここからが“JETS伝説が始まります。

五十嵐さんの苦悩と挫折と達成が描かれた本やネットでのインタビュー記事を読みましたが、映画では知り得ないことがたくさん書かれています。

そちらを読むとさらにこの映画『チア☆ダン』の隠された物語に心を打たれます。

金八先生に憧れた少女時代「あんな先生になりたい」

その前になぜ五十嵐さんが教員になったかについて書きたいと思います。まず五十嵐さんの生まれ1968年です。これ結構、重要です。

彼女が中学・高校生時代に放送されていたテレビドラマに多大な影響を受けたそうです。

『三年B組金八先生』と『スクール・ウォーズ』です。

今ではなかなか放送できないような演出が多いドラマですが、当時は日本中の若者を熱狂させたそうです。

わたしもネットなどで見たことがありますが、結構熱い先生たちです。びっくりします。

平気で生徒を殴っています。怒鳴っています。強要しています。

いやあ、当時はあんな先生たちで溢れていたのが信じられません。今だったら完全に「アウト!」です。

ハラスメントで、「ファイアー(首)」です。

映画『チア☆ダン』を観ると五十嵐先生役の早乙女薫子(天海祐希)もギリギリです。

厳しいのはわかっていますが、「ハラスメント」と言っても良いくらいの指導です。

「大人たちの影響で子供が成長していくのが素晴らしい」を体現したい

ネットなどでお顔を拝見するととても凛として笑顔がステキな女性なので、とても鬼には見えません。YouTubeではソバージュヘアーの美しい姿も拝見できます。本当に綺麗です。かっこいいです。

それでこのドラマを見て、五十嵐先生は「わたしもドラマや映画に出てくるような大人になれたら良いなあ」と思うようになります。

その根底にあるのは「大人たちの影響で子供が成長していくのが素晴らしい」「夢は叶う」「人は変われるんだ」という思いを強めたそうです。

そして教員になるために福井大学の教育学部へ歩を進めるのです。

レオニーの青春はどこへ向かう?

「先生の良さは卒業してからじゃあないとわからない」

福井大学を卒業されて初めて赴任のが県立の農業高校です。

バブル後という不安な時代の影響もあったのでしょうが、「行儀が悪い、ルールも守れない、犯罪を行う生徒」などもいて、心を痛めたそうです。

五十嵐さんは多くの経験と挫折を味わったそうです。大学で習う授業と現実のギャップにも苦しみました。

11年も教師として打ちのめされた日々が続きました。でも裏を返せばこの農業高校での経験があったからこそ、五十嵐さんもJETSも偉業を達することができたと言えます。

また農業高校時代に窃盗をした生徒がいて、その中の一人マミという子は高校を辞めます。最も相性の悪かった生徒です。

でも数年後再会してマミから「先生の良さは卒業してからじゃあないとわからない」と言われ勇気が出ます。

そして諦めかけていた「アメリカ」への気持ちを奮い立たせることになります。

このエピソードは良いですね。マミさんが素晴らしく成長したのが目に浮かびます。

松岡茉優さん絶賛演技

やりたいことのために「日々、努力する」ことが大事

実際、五十嵐さんのインタビューや円山夢久著書の本を読みますと「かなり押しが強い」「絶対に曲げない」「思い立ったら即行動」「人の意見は聞かない」のがよくわかります。

自分が正しいと思ったことは失敗してでもやり通すという指導に生徒も自身も傷つき、それが重荷となって、教師として不登校寸前までなったこともあるそうです。

映画を観ていると確かにその片鱗は伺えます。

自分の決めたことを生徒に一方的に押し付ける場面です。「前髪禁止」「オールバック(おでこ全開)」「制服はミニ丈NG」「恋愛禁止」そして「夢ノート」等々。

これだけやれば全米大会で優勝できる!と言ってのけます。

いやあ、すごいですね。確かに古き良き時代の熱血教師と言ったら聞こえはいいですが、女子高生ですよ。

福井県民の気質も後押しした

女子高生に「オールバック、前髪禁止」はきついでしょ。おでこ全開も恥ずかしいって思っちゃいますよね。

でも、生徒たちはこんな鬼先生についていくんですよ。

これ、五十嵐先生についていった理由はもちろんカリスマ性もあったと思いますし、生徒たちが純粋だったという理由が一番大きいと思います。

素直な子たちだったと思うのです。これは福井という地域的なことに関係すると思います。県民性による力は大きいと思います。

以下、福井県民の気質です。

忍耐強い
社長が多い
倹約家
商人気質
保守的
勤勉
成功を求める
共働きが非常に多い

中でも「忍耐強い」「成功を求める」気質が五十嵐さんと生徒を強く結びつけたと思います。

偶然テレビで観た女子高生のチアダンスに衝撃を受けた

さて、農業高校で11年間勤務しその後、異動届を出して本映画の舞台である福井県立福井商業高等学校へ移ります。

異動願いを出したのが2004年の1月で、決まったのが2月でした。それまではチアダンスのことなど全く知らなかったそうです。

何気なくテレビを見ていると、神奈川県立厚木高等学校ダンスドリル部IMPISHが、全米チアダンス選手権大会で日本人初の優勝を決めたことを伝えるニュース映像でした。

その映像に衝撃を受けました。

今まで五十嵐さんが見てきた女子高生とは真逆で、爽やかで活気に溢れており、全身からエネルギーが満ち溢れているのが伝わってきたそうです。

「こんな素晴らしい女子高生がいるのか」と感動したのです。

しかも厚木高校は県立高校です。

この瞬間、五十嵐さんの中でビッグバンが起きたのです。「次の赴任先では絶対にダンスをやる」と。

五十嵐先生の快進撃が始まる「夢は叶う」「人は変われる」

さあ、ここから五十嵐さんの快進撃が始まります。

その前に五十嵐さんの教員としてのポリシーを明記します。

「夢は叶う」「人は変われる」です。

この信念を持ち続けることで、夢を現実に引き寄せることが可能だということを生徒たちに伝えているのです。

良いですか、「夢は叶う」のです。「人は変われる」のです。「なりたい自分」に向かう努力をしてほしいと言っています。

うーん、とても教員らしいポリシーだと思います。

わたしも高校時代にやたら「夢を持て」を連発する先生がいて、ある日先生に尋ねたことがあるんです。「先生の夢はなんですか?」って。

そしたら無言になってしまって、答えられなかったんです。その時「夢のない奴が気安く言うな」って思っちゃいました(ごめんなさい、わたしひねくれてました)

「夢」って言葉は曖昧だから美しいのです

教育関係者にとっては「夢」って言葉ほど便利なものはないです。それは曖昧なワードだからです。

漠然と良い世界を誰でも描けるからです。

わたしの先生には夢がなかったから付いていかなかったけど、もし五十嵐先生のような明確な、いや強引すぎる夢を持っている先生に出会っていればわたしの人生の大きく変わったのかもしれません。

お母さんが先生

伝統ある高校「ゼロ」からの挑戦

さて、話を戻します。20044月に福井商業高等学校に移ります。

福井商業高等はスポーツも盛んで、中でも野球部が甲子園に出場するほどの実力を持っていました。部活の指導教員も実績十分な人たちばかりです(超有名な人ばかり!)

ここで五十嵐さん部活を応援するバトン部に目をつけます。当初は別の部活の顧問の予定でしたが、バトン部への顧問をお願いしたそうです。

最初の2年は地固めをして、3年目に「JETS」を作りました。

ここでも五十嵐さんは戦っています。いや「挑戦」しています。伝統あるバトン部です。

それをチアリーダー部に変えるのは当然のことながら猛反対を受けます。

生徒保護者も同僚もみんなからです。部員の退部も続出します。

そして遂に三年後に新入生だけでチアダンスのチームを作ることにこぎつけたのです。

二年生、三年生はほぼ強制退部に近いです。彼らと一年生は隔離したそうです。

これって結構なエネルギーを要すると思うのですよ。絶対に折れなかった、譲れなかった、いや負けなかったという不屈の精神がないとできないことだと思います。

何故ならば、教員の世界というのは社会の中でも閉鎖された組織です。出る杭は打たれる可能性が高いのです。

しかも教員の世界には出身大学によって大きな派閥も存在するのは周知の事実です。福井県でも同様ですから、五十嵐さんが自分を押し出して突き進んだことに違和感を覚えた教職員も多いはずです。

そして父兄からの反発は相当強かったと思います。足を引っ張ろうとした人たちに負けずに奮闘した姿を想像すると涙腺が緩むのです。

本映画『チア☆ダン』を観ているとそのバックグラウンド見えてきて泣けてくるのです。

あなたたちは「JETS」ジェット噴射のように

命名の由来はジェット噴射のように力強く、成長速度も勢いがあり、上手い、さらにチームワークも良くなる、という願いがあるそうです。

ただ、本当にアメリカへ行って全米チアダンス選手権で優勝するためには規律あるチームと人間性が求められます。

五十嵐先生はダンスの指導はしません。いえ、出来ません。

その代わり、一流の先生を呼んできます。

ですから部活をサボったり、約束を守れない人は問題外であり、厳しく指導したそうです。そりゃあ、そうでしょう。

多忙で一流のダンスの先生がわざわざ福井まで来るわけですから。

以下続く。

スポンサーリンク

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のキャストについて

友永ひかり(広瀬すず)
玉置彩乃(中条あやみ)
紀藤唯(山崎紘菜)
東多恵子(富田望生)
永井あゆみ(福原遥)
山下孝介(真剣佑)
村上麗華(柳ゆり菜)
矢代浩(健太郎)
絵里(南乃彩希)
大原櫻子
大野陽月華
ひかりの父(木下隆行)
多恵子の母(安藤玉恵)
教頭先生(緋田康人)
校長先生(きたろう)
早乙女薫子(天海祐希)

スポンサーリンク

まとめ 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』一言で言うと!

「生まれてきたからにはやりたいことやり尽くせ!」

「面白きことぞなき世を、面白く心なりけり」と言ったのは高杉晋作だったと思います。まさにこの言葉のいう通りの映画だと思います。「夢は叶う」「人は変われる」良い言葉です。つまり日々、目標を持って生きることが大切だってことですね。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【広瀬すずさん出演映画】

映画『三度目の殺人』

是枝監督作品に出演です。初々しい。

是枝監督映画『三度目の殺人』ネタバレ・あらすじ・結末。役所広司、福山雅治に圧勝!福山さんのロック節は健在。
映画『三度目の殺人』公式サイトにて作品情報・キャスト情報を記載しています。映画のネタバレ・あらすじ・結末についても記述しています。是枝監督、役所広司、福山雅治さんが組んだ名作です。弁護士と殺人者の息が詰まるサスペンス映画です。死刑制度とは何か。本当に殺人者か。“器”のような人間とは。空っぽの人間とは。

映画『ラストレター』

岩井俊二作品に出演です。可愛い。

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。

映画『一度死んでみた』

ちょっと違和感が、、、

【ネタバレ酷評】映画『一度死んでみた』あらすじ・感想。広瀬すずさん残念演技。この映画こそ「死んでくれ」と願ってしまった。
【ネタバレ酷評】映画『一度死んでみた』あらすじ・感想。広瀬すずさん残念演技。この映画こそ「死んでくれ」と願ってしまった。映画『一度死んでみた』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『一度死んでみた』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『一度死んでみた』の作品情報・概要。父親が嫌いな女子大生が、父の「死」(仮死状態)を通して父親との絆を取り戻すファミリーエンターテイメント映画。広瀬すず主演。吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦共演。

【夢に向かって頑張っている映画】

映画『パリに見出されたピアニスト』

夢の叶え方がわからない少年に手を差し伸べる人

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『レディ・マエストロ』

女性指揮者のパイオニアが困難を乗り越えて夢を実現する物語

実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。
映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館情報を記載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの実話物語です。貧困・差別・蔑視・嘲笑に負けず指揮者になる夢を掴んだたくましい女性。女性差別、ジャンダー、毒親問題も描いている。人生は困難なことが起きるが必ず乗り越えられると教えてくれる映画。素晴らしい。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『風をつかまえた少年』

両親、村、この国の役にたちたい。若者は挑戦しました

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『ガラスの城の約束』

毒親の妨害を振り切って夢はまっしぐら

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

映画『旅のおわり世界のはじまり』

異国の地で歌手になることを決意した女の子

女優前田敦子vs黒沢清監督 映画『旅のおわり世界のはじまり』 ネタバレ・あらすじ・感想・評価「本当の自分」が始まる物語
カンヌ常連監督、黒沢清最新作は前田敦子を迎えてウズベキスタンへ。テレビレポーターとしての仕事に疑問をもち、ウズベキスタンの街、自然、人々を通じて本当にやりたいことを見つける人間成長物語。前田敦子は女優だ。もうAKBの面影は見えない。黒沢監督の新境地と言える作品。新しい世界はいつも始められる。

映画『トールキン 旅のはじまり』

仲間と未来の夢を語り合う青年たち

映画『トールキン 旅のはじまり』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。『ホビットの冒険』『指輪物語』は四人の友情物語から始まった。
映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想を紹介。トールキンのSF冒険小説の最高傑作と言われる『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生秘話が明かされます。一番は友情です。四人の親友から名作は生まれたと言っても過言ではありません。友情の大切さをヒシヒシと描いています。

映画『チワワちゃん』

青春の儚いエネルギーが大爆発しています

漫画『チワワちゃん』を実写化。東京の街を失疾走する吉田志織が愛しい。
誰もが見知らぬ者同士とは大人だけの世界だと感じていた。しかし若者同士も自らの素性を積極的に明かさない。その理由は会ってないような者。東京の街を舞台に出会った若者たちの“パーティー”みたいな日々を激しいビートを斬新な映像で綴った東京ムービー。疾走するまで、消えてしまうまで青春を燃え尽きたい。

映画『芳華-Youth-』

戦争に青春を取られてしまう悲劇

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。
スポンサーリンク

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
河合勇人
脚本
林民夫
企画プロデュース
平野隆
プロデューサー
辻本珠子 下田淳行
共同プロデューサー
前田菜穂 原公男
ラインプロデューサー
及川義幸
撮影
花村也寸志
照明
永田英則
美術
金勝浩一
装飾
湯澤幸夫
録音
小松崎永行
編集
瀧田隆一
音楽
やまだ豊
主題歌
大原櫻子
挿入歌
大原櫻子
音楽プロデューサー
桑波田景信
チアダンス振付・指導
前田千代
VFXスーパーバイザー
小坂一順
スクリプター
杉本友美
助監督
李相國
制作担当
高瀬大樹
友永ひかり(広瀬すず)
玉置彩乃(中条あやみ)
紀藤唯(山崎紘菜)
東多恵子(富田望生)
永井あゆみ(福原遥)
山下孝介(真剣佑)
村上麗華(柳ゆり菜)
矢代浩(健太郎)
絵里(南乃彩希)
大原櫻子
大野陽月華
ひかりの父(木下隆行)
多恵子の母(安藤玉恵)
教頭先生(緋田康人)
校長先生(きたろう)
早乙女薫子(天海祐希)
2017年製作/121分/G/日本
配給:東宝