女優前田敦子vs黒沢清監督 映画『旅のおわり世界のはじまり』 ネタバレ・あらすじ・感想・評価「本当の自分」が始まる物語

上映中
スポンサーリンク
映画『旅のおわり世界のはじまり』公式サイト
シルクロードの美しい風景の中で描かれる心の冒険。夢を見失ったとき、新しい扉が開く。6月14日(金)全国ロードショー

映画『旅のおわり世界のはじまり』(120/日・ウズベキスタン・カタール/2019

スポンサーリンク

映画『旅のおわり世界のはじまり』のオススメ度は?

4

星4つ

第一に映像が美しいこと。そして力強いことが魅力です。

前田敦子さんの心情風景の表し方が素晴らしい。

これは恋人同士は必見です!!

前田敦子さんには、AKBのイメージは全くありません。

アイドルを目指す子も必見です。

以下、作品情報とか感想とか書いてあります。チャラーと読んでください。

スポンサーリンク

映画『旅のおわり世界のはじまり』の作品情報

【原題】
『旅のおわり世界のはじまり』
【製作年】
2019年
【製作国】
日本・ウズベクスタン・カタール
【上映時間】
120分
【日本公開】
2019年
【監督】
黒沢清
【脚本】
黒沢清
【キャスト】
前田敦子
染谷将太
柄本時生
アディズ・ラジャボフ
加瀬亮

スポンサーリンク

映画『旅のおわり世界のはじまり』の作品概要

やりたい仕事とやらされている仕事の狭間で動く女性の心情風景をウズベキスタンの自然、街、人々を通してロードムービーとして描いていく。また異国の文化、習慣、風習を敬うことも大事郷に入れば郷に従えを忘れてはいけないというメッセージもある。

スポンサーリンク

映画『旅のおわり世界のはじまり』のあらすじ・ネタバレ

テレビ番組のレポーターの葉子は幻の怪魚の取材で遠くウズベキスタンにいた。来る日も来る日も成果が上がらない。おまけにだから魚が見つからないと現地の人に文句を言われる始末。仕事が終わればホテルの部屋へ直行し日本にいる彼氏とラインのやりとりをする。そうかと思うと一人で街やバザールを徘徊し危険に身を置いたりする。自分が本当にやりたいことは何か、を模索しながらウズベキスタンで過ごすことになる。

スポンサーリンク

映画『旅のおわり世界のはじまり』の感想・評価・内容・結末

黒澤監督と前田敦子にとって3本目はロードムービー映画

黒沢清監督作品である。主演は前田敦子。黒澤監督と前田敦子にとって3本目の作品になる。本作は過去の黒沢作品のどれにも似ていないからとても新鮮だ。

ホラーでもサスペンスでもない映画が始まって少々戸惑ったが、黒沢監督が新しい何かを求めているのだろうとわかった。そして映画の感想はというと、「正直言ってとてもよかった、すごく良い映画だった」と思う。

黒沢監督自身の作家としての方向性を前田敦子演じる葉子の心情を投影してロードムービーとして描いている気がした。葉子は表面上は素直なテレビレポーターだが、意外や意外、冒険心があり、一人で夜中の街を徘徊したする。

前田敦子が街を走り回り、まるで迷走する様子が黒沢監督の現心情に重なっているように見えた。

車が行き交う道路を横断したり、言葉の通じないのにバスに乗ったり、暗い夜道を駆け抜けたりとまるでアッバス・キアロスタミのジクザグロードへのオマージュのようにも見えてきた。何故ならばこのウズベキスタンはイスラムの国だからだ。

テレビ番組制作には“郷に入れば郷に従え”精神はない

この映画を観ていると日本のテレビ番組の制作スタッフの横暴さが垣間見られる。実際、あれに近いと思う。

ジャパンマネーをかざして現地の文化、習慣、風習など全く無視して、とにかく画(え)になる撮影だけを求めている。

それは視聴者である私たちの喜怒哀楽を刺激するモノならなんでも良いのだ。郷に入れば郷に従え精神はこういった水洗トイレ的な番組スタッフには皆目ないだろう。恐らく黒沢監督はあえてそのことを描いていると思う。

何故ならば黒沢監督はずっと映画の人で生きてきたからだ。

外国を訪れる際にはその国の宗教観を勉強するべし

もう一つ演出だろうが、前田敦子の衣装が気になった。このイスラム色が強い国なのに素肌を露出する場面が多用されている。

特に前田敦子の足だ。実際、映画の中で前田敦子が歩くと皆が足を見る。振り返って見直す人もいる。演出として見ているのか、それとも実際に見ているかわからないが、外国を訪れる際、その国のマナーを勉強しておかなければいけないとメッセージもあるのか。

これはテレビ番組スタッフの馬鹿らしさを表しているのか。

若さゆえの心の迷走が見える

さて、映画の内容は本当はテレビ番組のレポーターなどやりたくないが、食べるために仕方なくやっている女性が本当にやりたいことへ挑戦するという決意表明を行って終わる物語だ。終始、前田の目は虚ろに見える。

心ここに有らずと言うか、何となく人と関わりを持ちたくない様子というか、、、でも仕事には文句を言わずに応じる。全力で挑む。ロケが終わると一目散にホテルの部屋に帰り日本の恋人とラインをする。

もちろん恋愛は大事だが、レポーターとしては未成熟に見えるのだ。その心情が本当に上手く現れている。心の動きを街やバザールを迷走することで描いている。

一人の女性の新たな挑戦の決意表明

そしてそしてクライマックスではあるが、この時の前田敦子の目からは一切の迷いがなくなっているこれは素晴らしい。実に力強い目をしている。

標高の高い場所でエディット・ピアフの「愛の讃歌」を歌い上げる。「そうだ、私はやっぱり歌手になるんだ」という決意の表明を行ったのだ。映画はここで完結する。

兎にも角にも黒沢監督の新たな出発を見届けたようで嬉しかった。黒沢作品の中で初めて「爽やか」な気分になった気がする。だいたい彼の作品は後ろ髪が引っ張られる感じがする。

*前田敦子さんはもう少し声量があった方がいいと感じた。

*エンディング場面はジュリー・アンドリュースを思い出した。

*前田敦子が「原発?」って叫ぶ場面が秀逸に感じました。

スポンサーリンク

映画『旅のおわり世界のはじまり』まとめ 一言で言うと!

自分のやりたい世界の扉はいつも開かれている!

勇気を持って、挑戦しよう。人生、一人じゃない。

本当に一生懸命やっている人は応援したくなります。

黒沢監督も前田敦子も将来、この作品が分岐点だったという映画であると祈りたい。

【夢に向かって頑張っている映画】

映画『パリに見出されたピアニスト』

夢の叶え方がわからない少年に手を差し伸べる人

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『レディ・マエストロ』

女性指揮者のパイオニアが困難を乗り越えて夢を実現する物語

実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。
映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館情報を記載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの実話物語です。貧困・差別・蔑視・嘲笑に負けず指揮者になる夢を掴んだたくましい女性。女性差別、ジャンダー、毒親問題も描いている。人生は困難なことが起きるが必ず乗り越えられると教えてくれる映画。素晴らしい。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『風をつかまえた少年』

両親、村、この国の役にたちたい。若者は挑戦しました

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『ガラスの城の約束』

毒親の妨害を振り切って夢はまっしぐら

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

映画『トールキン 旅のはじまり』

仲間と未来の夢を語り合う青年たち

映画『トールキン 旅のはじまり』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。『ホビットの冒険』『指輪物語』は四人の友情物語から始まった。
映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想を紹介。トールキンのSF冒険小説の最高傑作と言われる『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生秘話が明かされます。一番は友情です。四人の親友から名作は生まれたと言っても過言ではありません。友情の大切さをヒシヒシと描いています。

映画『チワワちゃん』

青春の儚いエネルギーが大爆発しています

漫画『チワワちゃん』を実写化。東京の街を失疾走する吉田志織が愛しい。
誰もが見知らぬ者同士とは大人だけの世界だと感じていた。しかし若者同士も自らの素性を積極的に明かさない。その理由は会ってないような者。東京の街を舞台に出会った若者たちの“パーティー”みたいな日々を激しいビートを斬新な映像で綴った東京ムービー。疾走するまで、消えてしまうまで青春を燃え尽きたい。

映画『芳華-Youth-』

戦争に青春を取られてしまう悲劇

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。

 

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ
監督
黒沢清
脚本
黒沢清
製作
坂本敏明
水野詠子
太田和宏
宮崎伸夫
吉田達也
山本浩
フルカット・ゾキロフ
プロデューサー
水野詠子
ジェイソン・グレイ
西ヶ谷寿一
アソシエイトプロデューサー
西宮由貴
協力プロデューサー
森山敦
山口幸彦
飯田雅裕
ラインプロデューサー
飯塚信弘
撮影
芦澤明子
照明
永田英則
録音
渡辺真司
美術
安宅紀史
スタイリスト
纐纈春樹
ヘアメイク
HAMA
VE&DIT
鏡原圭吾
編集
高橋幸一
音楽
林祐介
音楽プロデューサー
和田亨
音響効果
柴崎憲治
スクリプター
柳沼由加里
助監督
海野敦
制作担当
相良晶
タイトルデザイン
赤松陽構造
キャスト
前田敦子葉子
染谷将太吉岡
柄本時生佐々木
アディズ・ラジャボフテムル
加瀬亮岩尾