実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。

上映中
スポンサーリンク

映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画「レディ・マエストロ」
女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコ没後30年。マーラー「交響曲第4番」、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」ほか名曲と共に奏でる感動の実話/英題:The Conductor
9/20公開『レディ・マエストロ』予告編

『レディ・マエストロ』139/オランダ/2018
原題『De dirigen

【監督】
マリア・ペーテルス
【製作】
デイブ・シュラム
【出演】
クリスタン・デ・ブラーン
ベンジャミン・ウェインライト
スコット・ターナー・スコフィールド

スポンサーリンク
  1. 映画『レディ・マエストロ』のオススメ度は?
  2. 映画『レディ・マエストロ』の作品概要
  3. 映画『レディ・マエストロ』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『レディ・マエストロ』の感想・評価・内容・結末
    1. 何もないところから夢を掴んだアントニア
    2. 女性の挑戦を邪魔するオンパレードばかり
    3. 実母に捨てられたのではない、ほぼ誘拐に近い生い立ち
    4. とにかく諦めないこと、挑戦することを貫いた
    5. 一生懸命に頑張っている人は美しいから応援したくなる
    6. かつての師匠のハラスメントを許す
    7. 指揮者の才能は異次元の世界の能力だ
  5. まとめ 映画『レディ・マエストロ』一言で言うと!
      1. やっぱりクラッシックはとても心が癒されます
      2. ガーシュウィンは一度聴けば忘れられません
      3. ドボルザークの新世界の圧巻です。
      4. 女子テニスプレイヤー、ビリーの挑戦
      5. あらゆる差別や性差別のために戦う強気女性弁護士
  6. 合わせて観たい映画
    1. 【女性が社会で活躍する道筋を作った映画】
      1. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
      2. 映画『RBG 最強の85才』
      3. 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
    2. 【夢に向かって頑張っている映画】
      1. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      2. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      3. 映画『さよなら くちびる』
      4. 映画『王様になれ』
      5. 映画『風をつかまえた少年』
      6. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      7. 映画『ガラスの城の約束』
      8. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      9. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
  7. 映画『レディ・マエストロ』の作品情報

映画『レディ・マエストロ』のオススメ度は?

4

4つです。

勇気がもらえる映画です。

頑張れば夢は叶います。

一生懸命やればみんなが応援してくれます。

どんな困難でも乗り越えられます。

友だち、恋人と観に行ってください。

スポンサーリンク

映画『レディ・マエストロ』の作品概要

未だに世界の音楽界は閉鎖的な空気が蔓延している。指揮者の多くは男性ばかりで女性には情緒豊かな指揮ができないと囁かれているそうだ。本映画は約100年前、女性蔑視が厳しかった時代に果敢に指揮者への夢の階段を上った勇気あるアントニア・ブリコの実話物語である。どんなに馬鹿にされても邪魔されても決して自分の夢を捨てなかった強い魂を持った女性の映画です。

スポンサーリンク

映画『レディ・マエストロ』のあらすじ・ネタバレ

オランダ移民の貧しい家庭に生まれたウイリーは音楽への夢を捨てきれずにいた。ピアノを練習したいがアパートはボロくて筒抜けで音を出せない。音楽学校へ通いたくてもお金がない。運よくナイトクラブでピアノを弾くことになり、学費に当てる。恋人もできるが、夢を掴むためにオランダ、ドイツと渡り歩き、ついに師匠に支える。ベルリンフィルでも公演も大成功してアメリカへ凱旋帰国するが、、、、、。

スポンサーリンク

映画『レディ・マエストロ』の感想・評価・内容・結末

何もないところから夢を掴んだアントニア

「キャリアもお金も人脈もない、でも情熱があれば夢は叶う!どんな困難でも乗り越えられる」

この映画を観て一番強いメッセージがこの言葉でした。本当に勇気をもらいました。

でも同時に怒りがこみ上げてくるのも事実です

今わたしたちは21世紀に生きています。女性への差別(性差別)をなくそうという運動がありますが、この映画のクレジットに書かれているテキストを読んで愕然としました。

世界初の女性指揮者で、成功者であるのに指揮者の権威付けランキングのベスト100にも選ばれていません。

このアントニアだけではなく、女性が誰一人として選ばれていない現状に怒りを感じるのです。

まだまだ世界は性差別で溢れていると認識させられた映画でした。

女性の挑戦を邪魔するオンパレードばかり

さてさて、映画は若き貧しい少女が指揮者になりたくてなりたくてどうしようもない、何とかチャンスを掴みその夢を達成するというものです。

いたく単純な物語に思えますが、ちゃんと恋と別れがありロマンスムードを高めてくれるのが劇中ずっと流れる音楽たちです。

そしてこの映画の中で忘れてはいけないのが、やはりハラスメント女性蔑視の風潮があった時代のこと、そして性について悩むジェンダーの姿も盛り込まれていることです。もうひとつ、毒親の存在もあります。

ちょっと盛り込みすぎている感もありましたが、最後にはうまくまとめあげています。とてもわかりやすい構成となっています。

実母に捨てられたのではない、ほぼ誘拐に近い生い立ち

この物語は実話をベースに製作されています。主人公のアントニア/ウィリー(クリスタン・デ・ブラーン)はオランダで生まれて間もなく一時的な養子に出されます。

しかし養父母は実母にアントニアを返さずアメリカへ渡ってしまいます。ほぼ誘拐に等しいです。名前はウイリーと変えられニューヨークで貧しく育ちます。

ひょんなことからピアノを習い音楽への興味が広がります。

そして指揮者を目指すのです。当時、1920年代はまだまだ女性への差別が厳しく、さらに追い討ちをかけるように世界大恐慌に見舞われます。

音楽の大学で本格的なレッスンを学びたいのですが、不可能でした。

とにかく諦めないこと、挑戦することを貫いた

しかし彼女は諦めません。

夜のナイトクラブでピアノを演奏する仕事を見つけてなんかが学費を稼ぎます。

彼女は大金持ちのフランク・トムセン(ベンジャミン・ウェインライト) と恋に落ちますが、それを振り切ってドイツで指揮者の修行をします。

そこからも七転び八起きを経てアメリカへ帰国しますが、さらに厳しい差別と蔑視、嘲笑に合います。

それだけ女性が百人からなる男性の音楽隊を指揮するなんて生意気だと思われていた時代です。

どんなに辛かったことでしょう。

一生懸命に頑張っている人は美しいから応援したくなる

映画の中で彼女を支える人が何人か登場します。

別れた大金持ちのフランクは彼女が窮地の時に影から支えるし、ナイトクラブのリーダーのロビン(スコット・ターナー・スコフィールド )は遠くアメリカからドイツで勉強中のアントニアに匿名で仕送りをします。

わたしなりに、なぜみんなが彼女を応援したくなる理由を考えてみました。

それはやっぱり一生懸命に頑張っている人は美しいからです。そして応援したくなるのです

わたしたちの身近でも多く見られます。

例えばマラソン競技などを沿道で見ると本当に頑張っているのが直に伝わり応援してしまいます。それを同じではないでしょうか。

かつての師匠のハラスメントを許す

映画の終盤でかつてのピアノの師匠があの手この手で嫌がらせをします。嫉妬ですね。嫉妬は醜い感情ですね。

弟子時代に性的関係を拒絶され、しかも今じゃ有名になった弟子への嫌がらせです。セクハラ、パワハラです。

本当に最低な男ですが、アントニアは彼を許すのです。この場面は通常のアメリカ映画でしたら全面対決に持っていくのですが、割とアジアンティック発想だったのでホッとしました。

アントニアは全米で多くのコンサートを実施します。

そして女性だけの楽団を世界で初めて作り世界的な名声も集めていきます。

一応、女性指揮者のパイオニアになりますが、冒頭に挙げた通り実際は世界の指揮者ランキングベスト100にも選ばれていません。

技術がなかったのかわかりませんが、それはちょっと憤りを覚えました。

指揮者の才能は異次元の世界の能力だ

わたしは音楽についての専門家ではありませんが、指揮者というのは途轍もない才能を持っているそうです。人間とは思えません。宇宙人ではないかと思えます。

譜面てあるじゃないですか。わたしなど辛うじて読めますが、指揮者の場合、全ての楽器のスコアの一音一音を瞬時に読み、さらに物語を落とし込んでいくという全く訳のわからない世界があるそうです。

例えば10分くらいの曲でしたらわたしたちは音楽プレイヤーで聴くじゃないですか。でも彼らはスコアを読むことで聴くらしいのです。

ページをパラパラむめくり通常再生10分の曲をわずか1、2分で聴くことが出来るそうです。

もちろん頭の中ではちゃんと10分流れているそうです。

一体、どんな頭になっているのでしょうか?さっぱりわかりません。やっぱり天才なのです。

もうひとつ、彼女の師匠が言った言葉で「専制君主になれ!」も印象的でした。

支配者、独裁者、誰にも文句を言わせるな、力ずくでも従ってもらう、それくらいの強さがないと指揮者はできないということでしょう。

 

女性差別が激しかった時代にこれだけ頑張ってのですからアメリカ社会は彼女を時代のアイコンとして利用したことは言うまでもありません。

でも、でもです。何だか未だに評価が低いというのが解せない気持ちになりました。

昨年、今年と『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』『ビリーブ 未来への大逆転』などの女性の社会進出を支えた勇気ある人の映画多くなっています。

それはとても良いことです。けれど数年後、この映画のように何も評価されないような作品にならないことを祈るだけです。

*ドヴォルザークから、マーラー「交響曲第4番」、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」まで楽しめます。

スポンサーリンク

まとめ 映画『レディ・マエストロ』一言で言うと!

「挑戦する情熱こそが最高の才能である」

人間は自分で壁を作って、困難だと決めつけて諦めてしまうところがあります。わたしもそうですが、失敗した時の言い訳を作っているのです。でも人間はどんな困難でも乗り越えられる力があることを忘れてはいけません。そしてその情熱を見ている人がきっと応援してくれます。何事も一生懸命が大事と言うことです。

やっぱりクラッシックはとても心が癒されます

ガーシュウィンは一度聴けば忘れられません

ドボルザークの新世界の圧巻です。

女子テニスプレイヤー、ビリーの挑戦

あらゆる差別や性差別のために戦う強気女性弁護士

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【女性が社会で活躍する道筋を作った映画】

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

性差別と戦う女性弁護士の勇気を見よ!

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

映画『RBG 最強の85才』

これは上記のドキュメンタリー映画

映画『RBG 最強の85才』弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグの尽力でアメリカ女性の社会進出が加速した。あらすじ、ネタバレ、評価
アメリカ合衆国の法曹会で活躍する女性弁護士のドキュメンタリー映画である。あらゆる差別を撤廃するために弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグは半生を通して戦ってきた偉大な人物。性差別、人種差別、労働差別と日常生活から社会生活の隅々に渡り目を凝らし、弱き人々の声に耳を澄まし法律の改正を今なお積極的に行なっている。

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

女性テニスプライヤーが地位向上をかけて戦う

世紀の対決『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』この一戦から女性の地位が向上した
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ 』(122分/米/2017) 原題  『Battle of the Sexes』 女性の地位向上と男女差別是正を目指したテニス選手の物語でもあるが、LGBTへの理解を世界に示した勇...

【夢に向かって頑張っている映画】

映画『パリに見出されたピアニスト』

夢の叶え方がわからない少年に手を差し伸べる人

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『風をつかまえた少年』

両親、村、この国の役にたちたい。若者は挑戦しました

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『ガラスの城の約束』

毒親の妨害を振り切って夢はまっしぐら

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

 

スポンサーリンク

映画『レディ・マエストロ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マリア・ペーテルス
製作
デイブ・シュラム
製作総指揮
アンドレアス・クライン アンドリュー・アーンスター ディルク・シュバイツァー エリック・イングラン アド・ウエストレイト
脚本
マリア・ペーテルス
撮影
ロルフ・デケンズ
美術
ヤン・ルガース
衣装
リンダ・ボジャース
編集
ロビン・デ・ヨング
音楽
ボブ・ジマーマン クイントン・スクラム
アントニア/ウィリー(クリスタン・デ・ブラーン)
フランク・トムセン(ベンジャミン・ウェインライト)
ロビン(スコット・ターナー・スコフィールド)
アントニアの母(アネット・マレァブ)
アントニアの父(レイモント・ティリ)
マーク・ゴールドスミス(ゾーマス・F・サージェント)
ミスター・トムセン(シアン・トーマス)
ミセス・トムセン(ティム・アハーン)
ウィレム・メンデルベルクハイス・ショールテン・バン・アシャット
ディレクター・バーンズジェームズ・ソボル・ケリー
コンサートマスターピーター・バーシャム
2018年製作/139分/G/オランダ
原題:De dirigen
配給:アルバトロス・フィルム