映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」

スポンサーリンク
映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」お茶の間映画館

映画『市民ケーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『市民ケーン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『市民ケーン』
(1941年製作/119分/アメリカ)
原題『Citizen Kane』

【監督】
オーソン・ウェルズ
【製作】
オーソン・ウェルズ【脚本】ハーマン・J・マンキウィッツ オーソン・ウェルズ【撮影】
グレッグ・トーランド【編集】ロバート・ワイズ【音楽】バーナード・ハーマン
【出演】
オーソン・ウェルズ
ジョセフ・コットン ドロシー・カミンゴア エヴェレット・スローン レイ・コリンズ ジョージ・クールリス アグネス・ムーアヘッド ポール・スチュアート ルース・ウォリック アースキン・サンフォード ウィリアム・アランド ハリー・シャノン フィリップ・ヴァン・ツァント アラン・ラッド アーサー・オコンネル
【HPサイト】
映画『市民ケーン』IMDbサイト
【予告映像】
映画『市民ケーン』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『市民ケーン』NHK BSプレミアム放送 2021年6月15日(火)午後1時00分~3時00分 
    1. 6月15日(火)午後1時00分~3時00分
  2. 映画『市民ケーン』のオススメ度は?
  3. 映画『市民ケーン』の作品情報・概要
  4. 映画『市民ケーン』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『市民ケーン』の感想・内容
  6. 映画『市民ケーン』の考察・評価
  7. 映画『市民ケーン』の結末
  8. 映画『市民ケーン』のキャストについて
  9. まとめ 映画『市民ケーン』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
    1. 【人生について考えさせられる映画】
      1. 映画『ペイン・アンド・グローリー』
      2. 映画『マディソン郡の橋』
      3. 映画『人生の特等席』
      4. 映画『男と女 人生最良の日々』
      5. 映画『道』
      6. 映画『サウナのあるところ』
      7. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』
      8. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
      9. 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』
      10. 映画『七人の侍』
      11. 映画『ミリオンダラー・ベイビー』
      12. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』
      13. 映画『明日に向かって撃て!』
      14. 映画『運び屋』
      15. 映画『ともしび』
      16. 映画『さらば愛しきアウトロー』
      17. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』
      18. 映画『ある船頭の話』
      19. 映画『フリーソロ』
  12. 映画『市民ケーン』の作品情報

映画『市民ケーン』NHK BSプレミアム放送 2021年6月15日(火)午後1時00分~3時00分 

6月15日(火)午後1時00分~3時00分

『市民ケーン』を観ずして映画は語れません

スポンサーリンク

映画『市民ケーン』のオススメ度は?

4.5

4つ半です

物悲しいです

生きたいように生きたと思います

「真実の愛」を求めることがエネルギー

オーソン・ウェルズの才能が勿体無い

スポンサーリンク

映画『市民ケーン』の作品情報・概要

『市民ケーン』原題『 Citizen Kane1941年公開のアメリカ映画。オーソン・ウェルズの監督デビュー作品。製作・脚本・主演も兼任。世界映画史上のベストワンとして高く評価されている。アメリカ実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルとしている。それまでの映画撮影の常識を超えたパン・フォーカス、長回し、ローアングル、クレーン撮影、特殊メイク、フラッシュバックによる脚本などを取り入れ、後年の映画製作に多大な影響を与えた。第14回アカデミー賞では作品賞など9部門にノミネートされたが、脚本賞のみの受賞に留まった。ハーストが権力を使って、受賞を阻止したと言われている。

スポンサーリンク

映画『市民ケーン』のあらすじ・ネタバレ

かつて新聞王と謳われ、世間を騒がせた男チャールズ・フォスター・ケーン(オーソン・ウェルズ) は死の床に瀕している。彼の暮らす家は大豪邸だが、暗く荒廃している。親しい家族の姿もない。スノーボールを握りしめたケーンが最後の言葉を吐く。「バラの蕾」と。ケーンの死は全米に伝えられる。奇しくも彼が作り上げた新聞によって。各メディアは面白おかしくケーンの死亡記事を掻き立てる。ある新聞社ではケーンの半生の映画製作が行われている。そしてケーンが最後に残した「バラの蕾」の謎を解き明かすように記者に伝達される。記者たちは生前ケーンと親しかった人々の元へ取材に出かけていく。

スポンサーリンク

映画『市民ケーン』の感想・内容

「映画史を変えた映画」「黒澤明に影響を与えた映画」となります。

わたし自身が初めて本映画『市民ケーン』を観たのは高校生くらいでした。テレビで観ました。正直言って「何も面白くない」という印象を持ちました。

多分それは幼かったという理由もありますが、知識教養に乏しかったからだと思います。映画に求めることは「娯楽」であった少年ですから致し方がありません。

華やかなアメリカ映画に憧れを持つありきたりな少年だったのです。

それから成長するにつれ、アメリカの文化、風俗、歴史などを勉強して再び本映画『市民ケーン』を観て、初見と比べると随分と印象が変わりました。

感想としては「この映画はアメリカの栄光と影そのものだ」と思ったのです。

さて、本映画『市民ケーン』はアメリカ人にとっては間違いなくナンバーワン映画となっているそうです。

アメリカン・フィルム・インスティチュート(American Film Institute, AFI)という機関があります。

目的は「アメリカ合衆国において映画芸術の遺産を保護し前進させること」で、この機関が選出する「アメリカ映画ベスト100」でも第1位にランキングされているのが本映画『市民ケーン』です。

日本人のわたしたちにはいまひとつピンと来ないのは、アメリカ社会で生まれて、生きて、死んでいくことが宿命づけられていないからだと思います。

でも、何回も鑑賞すると「この映画は普遍的な物語だ」と納得できます。舞台を日本に置き換えても、そして現代中国に置き換えても、同じような人間模様が展開されることが予想できるからです。

成功を手に入れ、富を築いた人間は、実は大切なことをどんどん失っていきます。周りはわかっています。

気がつかないのは本人だけです。そして最後には「孤独な死」が待っているのです。

本映画『市民ケーン』を観ていると『平家物語』の冒頭を思い出します。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏ひとへに風の前の塵におなじ。」です。

新聞王チャールズ・フォスター・ケーン(オーソン・ウェルズ)は思いのままに生きた人物です。富も地位も名誉を得ました。

でも唯一、得られなかったは真実の愛だったのです。心にいつも空っ風が吹いていたと思います。

ケーンの最後の言葉「バラの蕾」 の解釈は多くの意見がなされています。

代表的なのは、幼少の頃、遊んでいたソリに刻印されたマークであり、ケーンはあの時代を回顧していたのだろうとの意見です。

つまり、母メアリー・ケーン(アグネス・ムーアヘッド)と父ジム・ケーン(ハリー・シャノン)との貧しい生活の中で暮らしたかったとも捉えることもできます。

父親は暴力を行うDV野郎でしたが、母親はとても聡明な人だったようです。ですからケーンは母メアリーと暮らしたかったという説明には合点が行きます。

さらに本映画『市民ケーン』の物語とは関係なく、脚本を書いたハーマン・J・マンキウィッツとオーソン・ウェルズのイタズラだったという説もあります。

本映画『市民ケーン』は当時絶大的な権力を持っていたウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルにしています。

ネットがある今と違って、映画の宣伝は新聞が主流でした。ですから、新聞社を敵に回すことは映画にとっては死活問題となります。

でも、ハーマン・J・マンキウィッツとオーソン・ウェルズの二人は敢えてハーストをからかうような表現として「バラの蕾」という言葉を使ったのです。

バラの蕾はハーストが当時結婚していた女優マリオン・デイビスの陰部を指しています。

ハーストとマリオンの営むを盗み聞きした使用人からもたらされた情報を「これは面白い!」と言って、映画の脚本に書いたというのが真相です。

そして映画の冒頭はケーン(オーソン・ウェルズ) の口元のアップで始まるという、とても大胆な描写を持って伝えてきます。

ケーンの唇を囲むようにヒゲがあります。まさしくそれは「バラの蕾」そのものでしょう。

二人の安易なノリで書かれた「バラの蕾」という言葉は、その後のアメリカ人、そして世界中の人々にとっては大きなミステリーとなって響くことになります。

そして色んな解釈をもってわたしたちを楽しませてくれています。

先に書きましたが、諸行無常の響きもあり、死ぬ間際の人間は回顧思想に包まれることで、自身の人生を肯定して最期を迎えるのだろうか、とも考えさせられます。

スポンサーリンク

映画『市民ケーン』の考察・評価

さて、次に本映画『市民ケーン』が映画製作に多大な影響を与えた事柄について紹介していきます。

1.フラッシュバックを用いた脚本
2.超クロースアップ撮影
3.クレーンショット撮影
4.パンフォーカス撮影
5.ローアングル撮影
6.特殊メイク
7.特殊撮影
8.モンタージュ編集

まず1.フラッシュバックを用いた脚本についてですが、今では当たり前となっている脚本技法です。狂言回しのような人物が過去を語り、それに合わせて映像が展開する技法です。ミステリー映画や探偵映画では「倒叙」とも呼ばれています。本映画『市民ケーン』でのフラッシュバックはまったく飽きさせません。フラッシュバックが多くなる映画は途中で飽きてしまったり、時間軸が整理しづらくなってしまう危険性をはらんでいます。でも本映画『市民ケーン』は映画に深く没入されるように作られています。後に黒澤明の『羅生門』『生きる』に多大な影響を与えました。

2.超クロースアップ撮影は冒頭のケーンの唇のアップを指しますが、当時の映画製作において、俳優の顔の一部分のアップはほとんど行われていません。理由は美的問題もありますが、目、鼻、口、耳などのパーツがすべて映ることが良しとされていた時代です。しかも超クロースアップを撮影するレンズもありませんでした。そのため、ケーンは撮影監督のグレッグ・トーランドに頼み作ってもらったそうです。

3.クレーンショット撮影はいま観てもまったく違和感がありません。新聞記者が二番目の妻スーザン・アレクサンダー(ドロシー・カミンゴア)を訪ねるショットが有名です。外から大型クレーンでネオンサインの看板の隙間をぬけていきます。そして天井からバーの内部へ入っていきます。この時のネオンサインの間を抜ける撮影は今であれば、CGで簡単に作成できます。でも当時はアナログです。カメラがクレーンによって近づいた時に、ネオンサインが上下に開いて、クレーンを通しているのです。この撮影で撮られた映像が世界のフィルムメーカーに衝撃を与えました。

4.パンフォーカス撮影とは画面全体にピントが合っている状態を指します。人間の目というのは対象物にピントが合うようにできています。近くの物を見ている時は遠くの物にピントは合っていません。映画も同様で、それまでは画面全体にピントが合う映画ありませんでした。不可能を言われていたからです。ピントを合わせるにはとてつもない光が必要です。でもウエルズは行ったのです。代表的な場面はケーンがウォルター・サッチャー(ケーンの後見人)(ジョージ・クールリス)に貰われていく場面です。室内ではケーンの両親がいます。その向こう、つまり窓枠の外側で少年ケーンが遊んでいます。それがくっきりと映っています。ピントがばっちり合っています。これがすごいショットと言われています。

5.ローアングル撮影ですが、映画でのカメラは下から上に向けてのショットはほとんど撮られない時代でした。それは天井には照明やら、フィルターやら、マイクロホンなどが設置されているからです。でも、ウエルズはやっています。特にケーンと親友ジェデッドアイア・リーランド(ジョセフ・コットン)が仲違いする場面です。下から撮っています。効果は抜群です。威張りちらすイメージのケーンと彼に反旗を翻すリーランドに緊張感が得られます。

6.特殊メイクはいまでは当たり前となっています。映画を製作するにおいてとても重要です。本映画『市民ケーン』でオーソン・ウェルズは若干25歳でした。ケーンの年老いた姿も演じる必要がありました。それまでのメイクでは満足できず、顔の型をとってのメイク技術を発明しました。いまでは当たり前の方法ですが、当時は顔に色をつけたりするだけのメイクが主流だったのです。顔の型をとって、そこにシワやたるみや、色を施すことでよりリアルな人物になれるのです。

7.特殊撮影は冒頭の場面でケーンがヒトラーと映る場面が有名です。これを観て、後世の『カメレオンマン』や『フォレンスガンプ』を想像した人はかなりの映画通です。実際、ウディ・アレンもロバート・ゼメキスも本映画『市民ケーン』から影響を受けたと認めています。

8.モンタージュも影響を与えました。物語の時間軸を大幅に短縮してわかりやすく表現しています。ケーン(オーソン・ウェルズ)と最初の妻エミリー・ノートン(ルース・ウォリック)が大豪邸で朝食を食べるシーンが有名です。大きなテーブルで二人は近距離に座っています。ショットが次々を変わります。二人の周りには豪華な調度品が溢れていきます。でも、二人の距離が離れていきます。これが素晴らしいのです。数年間を1分くらいで表しています「お金は得たけれど、愛を失った」という夫婦の終わりを意味しています。

スポンサーリンク

映画『市民ケーン』の結末

このように本映画『市民ケーン』は映画史に多大な影響を与えたということ、そしてアメリカンドリームの残像というか、アメリカの光と陰を見事に表したことから、アメリカ人にとってはとても有意義な映画です。

何度観ても、新しい発見があります。例えば、人生の半分を終わったわたしがいま観た感想は「好きな生き方ができて羨ましい」となります。

ケーンは自分の生きたいように生きたと思えるのです。誰の指図も受けず、やりたいように生きたのです。

好きになった女のために劇場をつくり、オペラ歌手としてデビューさせ、さらに豪華絢爛な調度品や動物を集めた大豪邸も建設して、満足だったのではないでしょうか。

もちろん、ケーンの求めた「真実の愛」は得られなかったのかもしれません。でも、人間は何かを手に入れると、次なる何かを追い求めてしまうものです。

ケーンは最後まで愛を追い求めたことで、生きる活力になったのだと思うのです。

故に彼にとって、満たされない心の状態でいることが、「人生」という存在価値そのものだったのではないでしょうか。

映画を撮ったオーソン・ウェルズのその後は不遇の日々を送ります。

ハーストを怒らせてしまって、映画業界から干させるのです。25歳でこれだけの名作を撮りながら、数本しか撮っていません。

日本ではどちらかというと英語教材のナレーションとして有名になりました。

オーソン・ウェルズ自体の最期も本映画『市民ケーン』同様に寂しいものだったそうです。

スポンサーリンク

映画『市民ケーン』のキャストについて

チャールズ・フォスター・ケーン(新聞王)(オーソン・ウェルズ)
ジェデッドアイア・リーランド(ケーンの親友)(ジョセフ・コットン)
スーザン・アレクサンダー(ケーンの2番目の妻)(ドロシー・カミンゴア)
バーンステイン(ケーンの親友)(エヴェレット・スローン)
ジェームズ・W・ゲティス(ケーンの政敵)(レイ・コリンズ)
ウォルター・サッチャー(ケーンの後見人)(ジョージ・クールリス)
メアリー・ケーン(ケーンの母)(アグネス・ムーアヘッド)
レイモンド(ケーンの執事)(ポール・スチュアート)
エミリー・ノートン(ケーンの最初の妻)(ルース・ウォリック)
ハーバート・カーター(インクワイラー紙の編集長)(アースキン・サンフォード)
ジェリー・トンプソン(ニュース記者)(ウィリアム・アランド)
ジム・ケーン(ケーンの父)(ハリー・シャノン)
ロールストン(ニュース映画のプロデューサー)(フィリップ・ヴァン・ツァント)
新聞記者:アラン・ラッド、アーサー・オコンネル

スポンサーリンク

まとめ 映画『市民ケーン』一言で言うと!

「生きてりゃいいさ」

自分の思い通りに生きて何が悪い、と感じた映画です。ケーンは愛を求めていたのいかどうかは問題ないと思います。自分の生きたい人生を生きぬいたことは間違い無いでしょう。そこに愛があったとかなかったとかは外野のわたしたちの慰問論になってしまいます。

 

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【人生について考えさせられる映画】

映画『ペイン・アンド・グローリー』

愛し合った日々は「尊い」決して色褪せない

映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。
映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。 映画『ペイン・アンド・グローリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ペイン・アンド・グローリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ペイン・アンド・グローリー』の作品情報・概要『ペイン・アンド・グローリー』原題『Dolor y gloria』英題『 Pain and Glory』2019年のスペインのドラマ映画。ペドロ・アルモドバル監督・脚本作品。アントニオ・バンデラス主演。ペネロペ・クルス、アシエル・エチェアンディア、レオナルド・スバラーリャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ共演。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、バンデラスが男優賞を受賞した。ペドロ・アルモドバルの自伝的要素が色濃く反映されている。母の死によって心身ともに満身創痍になった映画監督が復活への道を歩むまでを過去を回想しながら描いている。過去が栄光なら現在は痛み。

映画『マディソン郡の橋』

いくつになっても恋愛は人生の活力だ

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『人生の特等席』

老いても人生は良いものだ

映画『人生の特等席』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスが父娘に見えなかったのが残念。
映画『人生の特等席』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスが父娘に見えなかったのが残念。 映画『人生の特等席』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『人生の特等席』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『人生の特等席』の作品情報・概要 『人生の特等席』原題『Trouble with the Curve』ロバート・ロレンツ監督作品。2012年のアメリカ合衆国のスポーツ・ドラマ映画。クリント・イーストウッド主演作品。エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、マシュー・リラード、ジョン・グッドマンらが共演。イーストウッドにとっては自身の監督作以外でを取らない作品に出演するのは『ザ・シークレット・サービス』以来である。

映画『男と女 人生最良の日々』

青春時代に愛した人はやっぱり「素敵」だった?

映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。
映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。映画『男と女 人生最良の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトもご紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間情報もご確認できます。映画『男と女 人生最良の日々』の作品概要 クロード・ルルーシュ監督が1966年に発表しカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『男と女』原題『 Un homme et une femme』主人公二人、アンヌとジャン・ルイの53年後の物語。タイトルは『男と女 人生最良の日々』主演はアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。音楽はフランシス・レイ。

映画『道』

人はいつか本当に大切なことに気がつくのか、、、

映画『道』ネタバレ・あらすじ・結末。イタリア映画最高作品。人は「道」で人生の喜怒哀楽の機微を知る。失って気がつく大切な愛がある。
映画『道』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『道』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。『道』原題『 La Strada』1954年製作・公開のイタリア映画。イタリア映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニ監督作品。1956年のアカデミー外国語映画賞を受賞した。アンソニー・クインとジュリエッタ・マシーナが主演。イタリア映画の代表作品。

映画『サウナのあるところ』

ゆったりと優しい時間で過ごす人生に憧れます

映画『サウナのあるところ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想。フィンランドのサウナは人生の涙を流すところ。
映画『サウナのあるところ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『サウナのあるところ』(81分/フィンランド/2010) 原題『Miesten vuo...

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

まだまだ人生は終わっちゃいないよ!

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック最高演技。中年男が人生を再始動させる感動作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(122分/フランス/2018) 原題『Le grand bain』 映画...

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

わたしの人生には一点のサビはない!

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報・概要『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』原題『The Iron Lady』メリル・ストリープ主演で、第84回アカデミー賞においても主演女優賞を受賞。英国首相のマーガレット・サッチャーに“なりきり”演技が注目を集めた。共演はジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、リチャード・E・グラント、オリビア・コールマン、アレクサンドラ・ローチら。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

自給自足は確かに夢の人生です

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。
映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』の作品情報・概要 テレビ番組や映画の自然映像のキャメラマンのジョン・チェスター とオーガニックな食材を用いる料理家のモリーが自給自足が可能な農場を作り上げるまでの8年間をドキュメンタリーとして描いた作品。監督・脚本は夫はジョン・チェスター 自身。様々な困難に打ち克ちながら夢の実現へ向かう二人の軌跡を美しい自然映像と共に写し取っている秀作。

映画『七人の侍』

「生きる」勇気をもらえる映画です!

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし!
映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし! 映画『七人の侍』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の侍』IMDbサイトもご紹介し、作品・キャスト情報等もご確認頂けます。 映画『七人の侍』の作品概要 『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画。黒澤明監督作品。主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。東宝製作・配給。1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞し日本国民を歓喜の渦に巻き込み希望をもたらした。

映画『ミリオンダラー・ベイビー』

「悲しすぎる」「報われない」「理不尽だ」この人生は辛い

映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」映画『ミリオンダラー・ベイビー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミリオンダラー・ベイビー』IMDbサイトもご紹介し作品情報・キャスト情報のご確認もできます。     映画『ミリオンダラー・ベイビー』の作品概要 『ミリオンダラー・ベイビー』原作『Million Dollar Baby』2004年のアメリカ合衆国の映画。製作・配給会社はワーナー・ブラザースで、監督・製作・主演はクリント・イーストウッド。ジェリー・ボイドの短編集『Rope Burns:Stories From the Corner』を元にポール・ハギスが脚本を執筆。第77回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・助演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞。  

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

ただ愛する娘のために作り続けた情熱に涙します

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ネタバレ・あらすじ・結末。寡黙な男は宮殿を作ることで愛を語った。
映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認ください。フランス南東部の自然豊かな田舎町に実在する建築物がある。今では観光地となっている。この建築物はひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」である。本作は実話に基づいて映画化された。主演はジャック・ガンブラン。 その他レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コクが共演。

映画『明日に向かって撃て!』

やりたいことやり抜いて死んでやるぜ!

映画『明日に向かって撃て!』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。バート・バカラック「雨にぬれても」がニューマン&レッドフォードの哀愁歌
映画『明日に向かって撃て!』公式サイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。本映画のネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を書いています。ジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードが組んで第42回アカデミー賞で撮影賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞を獲得しました。実在の強盗ブッチ・キャシディの生涯を描いています。アメリカン・ニューシネマの代表的な作品です。

映画『運び屋』

彼が運んだのは家族との「人生」だった

クリント・イーストウッド監督作品『運び屋』実話は観れば観るほど、新しい発見がある。ネタバレ感想評価。
クリント・イーストウッド監督作品『運び屋』実話は観れば観るほど、新しい発見がある。ネタバレ感想評価。過去のクリント・イーストウッド作品を思い出すと、主人公は嫌な正確な奴がほとんどだ。イーストウッドは彼らの人生の舞台を苦悩や葛藤を描いている。でも決して“老い”に対する焦燥感に悩む人間を描いていない。このアールも87歳であるが、挑戦している。まさにクリント・イーストウッドそのものではないか。人生は続くのだ。いや続けるのが人生だ。

映画『ともしび』

人生に終焉にむ訪れた悲劇をどう受け止める?

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングを観ていると息ができなくなった
『ともしび』(93分/フランス・イタリア・ベルギー合作/2017) 原題 『Hannah』 映画『ともしび』のオススメ度は? 星4つ半です。 ストーリーはわかりにくいかもしれません。 でもやっぱりこの映...

映画『さらば愛しきアウトロー』

いつまでも現役で「カッコよく」死にたい

映画『さらば愛しきアウトロー』ロバート・レッドフォード引退作品。実話の銀行強盗フォレスト・タッカーは脱獄王だった。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
ハリウッドきってのハンサムスターの引退作品。実在した銀行強盗を演じている。武器は拳銃だが銀行に押し入るさい、一度も引き金を引いたことがない。そして刑務所へいくが、17回収容されて17回、脱獄している。「楽して生きるより、楽しく生きたい」が信条だ。レッドフォードの笑顔が良い。最後の最後まで皺くちゃな顔で笑っている。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

イタリア人「人生楽しんでます」

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。

映画『ある船頭の話』

オダギリジョー監督の人生観がわかる名作

映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ある船頭の話』公式サイトにて作品情報・上映館情報からネタバレ・あらすじ・感想・評価を記載。オダギリージョー監督、長編デビュー。日本人が忘れてしまっている大切なことを川の流れと共に描いています。移ろう時代の中で船頭をするトイチに柄本明。撮影監督にクリストファー・ドイル。新人女優、川島鈴遥。村上虹郎の好演。永瀬正敏、浅野忠信の存在感が抜群の映画。

映画『フリーソロ』

いつも死と背中合わせの人生に「存在理由」がある

ドキュメンタリー映画『フリーソロ』のアレックス「危険を冒すことで安心感を得る」ネタバレ・あらすじ・評価・感想・評価。撮影班の葛藤。CG一切無し。
映画『フリーソロ』公式サイトにて作品情報・上映館並びに時間を紹介。この映画はアレックスというクライマーが安全装置無しに、素手だけで米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑む様子をドキュメンタリーとして描いています。CG一切なし。撮影隊の心情もうまく描いています。ハラハラドキドキの100分。

 

スポンサーリンク

映画『市民ケーン』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
オーソン・ウェルズ
脚本
ハーマン・J・マンキウィッツ オーソン・ウェルズ
撮影
グレッグ・トーランド
編集
ロバート・ワイズ
音楽
バーナード・ハーマン
チャールズ・フォスター・ケーン(新聞王)(オーソン・ウェルズ)
ジェデッドアイア・リーランド(ケーンの親友)(ジョセフ・コットン)
スーザン・アレクサンダー(ケーンの2番目の妻)(ドロシー・カミンゴア)
バーンステイン(ケーンの親友)(エヴェレット・スローン)
ジェームズ・W・ゲティス(ケーンの政敵)(レイ・コリンズ)
ウォルター・サッチャー(ケーンの後見人)(ジョージ・クールリス)
メアリー・ケーン(ケーンの母)(アグネス・ムーアヘッド)
レイモンド(ケーンの執事)(ポール・スチュアート)
エミリー・ノートン(ケーンの最初の妻)(ルース・ウォリック)
ハーバート・カーター(インクワイラー紙の編集長)(アースキン・サンフォード)
ジェリー・トンプソン(ニュース記者)(ウィリアム・アランド)
ジム・ケーン(ケーンの父)(ハリー・シャノン)
ロールストン(ニュース映画のプロデューサー)(フィリップ・ヴァン・ツァント)
新聞記者:アラン・ラッド、アーサー・オコンネル
1941年製作/119分/アメリカ
原題:Citizen Kane
配給:ATG

タイトルとURLをコピーしました