映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ネタバレ・あらすじ・結末。寡黙な男は宮殿を作ることで愛を語った。

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ネタバレ・あらすじ・結末。寡黙な男は宮殿を作ることで愛を語った。2019年公開

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画「シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢」
ピカソも驚嘆の実話!愛娘のため33年かけたった一人で築いた奇想の宮殿
映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』(105分/G/フランス/2018
原題『L’Incroyable histoire du Facteur Cheval

【監督】
ニルス・タベルニエ
【製作】
アレクサンドラ・フェシュネル フランク・ミルサン
【出演】
ジャック・ガンブラン
レティシア・カスタ
ベルナール・ル・コク
フローレンス・トマシン

スポンサーリンク
  1. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のオススメ度は?
  2. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』の作品概要
  3. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』の感想・評価・内容・結末
    1. 人間の持つ力は無限だ
    2. 愛する娘のために理想宮を建設
    3. お金よりも名誉よりも地位よりも、家族愛なんです
    4. 不器用な愛を貫きながら妻に愛を伝える
    5. フランスが大国だった頃への懐古も見受けられる
    6. シュヴァルが失った物も手に入れた物も山あり谷ありだった
  5. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のキャストについて
    1. シュヴァル(ジャック・ガンブラン)
    2. フィロメーヌ(レティシア・カスタ)
    3. オーギュスト(ベルナール・ル・コク)
  6. まとめ 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』一言で言うと!
  7. 合わせて観たい映画
    1. 【以下、オススメフランス映画】
      1. 映画『ハイ・ライフ』
      2. 映画『パパは奮闘中』
      3. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      4. 映画『イメージの本』
      5. 映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
      6. 映画『サンセット』
      7. 映画『天国でまた会おう』
      8. 映画『ともしび』
  8. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』の作品情報

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のオススメ度は?

4.0

4つです。

人間の持つ力ってすごい

一途の愛がこんな素晴らしい建築物を作るとは

歩き続けた人生

石を積み上げた人生

妻子を愛した人生

不器用な男は優しい

一生懸命な人を応援したくなります

スポンサーリンク

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』の作品概要

フランス南東部の自然豊かな田舎町に実在する建築物がある。今では観光地となっている。この建築物はひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」である。本作は実話に基づいて映画化された。主演はジャック・ガンブラン。 その他レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コクが共演。

スポンサーリンク

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ

寡黙で不器用な郵便配達員のシュヴァルは人付き合いが苦手である。最初の妻が死に息子も養子に出されてしまう。ひとりぼっちになったシュヴァルを温かく見守るフィロメーヌ。やがて二人は結婚し最愛の娘を授かる。ある日、山で奇妙な石につまずき転んだことをきっかけにシュヴァルの理想宮造りが始まる。それは愛する娘のための宮殿だった。

スポンサーリンク

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』の感想・評価・内容・結末

人間の持つ力は無限だ

人間の力とは本当に未知なる可能性を持っていると改めて思い知らされた映画です。

たった一人の男がこんなに素晴らしい建築物を作り上げるとは、、、、。本当に驚きです。

ジョゼフ=フェルディナン・シュヴァルは実在した人物です。

31歳で郵便配達の仕事に就くと定年の60歳まで勤め上げました。

配達のために歩いた距離は一日32キロメートル。

29年間で222720kmは地球5週分にもなると言います。

その間、夜に理想宮のために10時間働きます。

93000時間です。

愛する娘のために理想宮を建設

彼がなぜ理想宮を作るのか、それは愛する娘のためです。

再婚して授かった娘が可愛くて仕方ないのです。

きっかけはある日、山を歩いていて躓いた奇妙な石から着想をえました。

それから長い93000時間が始まります。

最もシュヴァル(ジャック・ガンブラン)とっては苦労でもなんでもなかったのでしょう。

とにかく一度こうと決めたら絶対に曲げないという強さを持っています。

時にはその強さが変人だと蔑まれますが、全く微動だにしません。

とにかく信念を持って突き進みます。

お金よりも名誉よりも地位よりも、家族愛なんです

このシュヴァルの良いところはお金に左右されないところです。

これだけの建造物を作っていく過程でかなりの有名人になります。

周囲の人たちもお金の匂いがする理想宮に集まってきます。

でもシュヴァルは一向だにせずひたすら作り続けます。

ここに彼なりのを感じるのです。

不器用な愛を貫きながら妻に愛を伝える

人間、一つのことに一生懸命に取り組む人をみんなは認め賞賛します。

最初は笑っていた人たちもシュヴァルの生き方に共感していく様子に涙腺が緩みます。

ただシュヴァルは人に認められても特に嬉しそうな顔はしません。

黙々と淡々と、です。

シュヴァルが愛する妻への愛情表現を表す場面が忘れられません。

理想宮2階部分で石や泥を塗っている場面です。

階下には息子と妻。

息子が「身分の高い人の奥さんは旦那の浮気の心配ばかりして大変だ」というような話をします。

上で聞いていたシュヴァルは大笑いして砂利や石ころを下にいる妻の頭に落とすのです。

妻は怪訝な顔で「何するのよ」と言いますが、シュヴァルは笑い続けています。

この場面をわたしなりの解釈すると「お金なんかあったらロクなことないだろ、無くてもお前を愛しているよ」となります。

なんて素晴らしい演出なのでしょう。

フランスが大国だった頃への懐古も見受けられる

それとこの映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』にはフランスの植民地主義時代の憧れも少々見え隠れします。

シュヴァルが作り上げる理想宮はどこと無くアンコールワットに似ています。

そうです、フランスのかつての植民地です。

なぜシュヴァルがその様式を知ったかというと郵便配達で、送られてくる絵葉書ならびに写真を見たからです。

彼はそれらの絵や写真から空想し理想宮を建てるのです。

出来ることなら実際にアンコールワットへ足を運びたいけれど、金銭的にも身分的にも無理だとわかっていたのでしょう。

かつてアジアに覇権を広げていたフランスの栄華も少しだけ表していました。

シュヴァルが失った物も手に入れた物も山あり谷ありだった

シュヴァルは順調に理想宮を作ったのではありません。山あり谷あり、そして断崖から突き落とされたりします。

やっぱり一番のショックは愛する娘との別れだったのではないでしょうか。

さらに不幸が襲います。息子、妻と、、、、。

それにもめげず突き進む力に人間の持つ道なる可能性を感じずには要られませんでした。

スポンサーリンク

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のキャストについて

シュヴァル(ジャック・ガンブラン)

本映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』はまさにこのジャック・ガンブランの演技に尽きると言っていいでしょう。

これほどまでに無骨で不器用で、しかも優しい男を演じるのは彼の風貌もさることながら、長い俳優人生の賜物だと思います。

日本で言えばかつての高倉健さんでしょうか。

一見、強面で、近ずくのをためらいますが、一度分かり合えると優しさが伝わってきます。

最初の妻が亡くなった時の表情もいいのですが、やっぱり二番目の妻が出産して女の子を産んだ後です。

最初はどう接して良いのかわからず若干冷たい印象を持ちますが、次第に愛が溢れる子育てをします。

それがとても温かいのです。

さらに前妻との間に生まれて離れ離れに暮らしていた息子が帰ってきた時の無言の愛は映画史に残る演技だと感じました。

52 ベルリン国際映画祭(2002年)で『レセ・パセ 自由への通行許可証』銀熊賞(最優秀男優賞) を受賞しています。

フィロメーヌ(レティシア・カスタ)

この人の演技も良かったです。

美人でありながら村の人たちは「なぜ、あんな男と結婚するのか?」と疑問の視線を向けますが、一向に気にしません。

彼女はシュヴァルの真面目な人間性に惹かれて結婚したのです。

無口で不器用で優しさの表現も下手だけど仕事を真面目にやる、そして家族のため、娘のために一度決めたら最後までやり通す一途な性格、そして絶対に浮気などしないところが良かったのだと思います。

レティシア・カスタがシュヴァル演じるジャック・ガンブランを見つめる目は本当に子供を見守るような優しさです。

その表情には貧しくても愛されている喜びも見えます。

オーギュスト(ベルナール・ル・コク)

村の郵便局の局長であるオーギュストはシュヴァルの一番の理解者です。

シュヴァルが真面目であることを知っており、彼が宮殿作りをするのを見守ります。

町の人々からシュヴァルがバカにされても彼を庇います。

かと言ってシュヴァルに手を貸したりはしません。それが良いのです。

スポンサーリンク

まとめ 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』一言で言うと!

「男は黙って背中で語れ!」

本当の強さとはこういう男の人を指すのだろうか。寡黙であることと真面目であることが比例した時代があったのは確かです。女性が男性に求めるのは勤労と一途な愛だった時代があったのも事実です。ひとつのことを一生懸命に追求することで人々に賞賛された時代があったことも事実です。お金や地位や名誉より大切なのは自身の道を極めることが求められた時代があったことも事実です。そんな時代がもう一度きて欲しいと願うのも事実です。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【以下、オススメフランス映画】

映画『ハイ・ライフ』

ビノシュの妖艶さが際立つ

映画『ハイ・ライフ』ネタバレ・あらすじ・ジュリエット・ビノシュの狂気ぶりが最高!ロバート・パティンソンもカッコいい
人間の“命”への関心は尽きないものなのだろうか。地球では人口爆発、環境汚染、そして戦争を繰り返す愚かな人類は来たる未来に於いて、宇宙空間へと命の活路を求めて旅たつ可能性があるのか。本作は人間の欲望と命の尊厳について描いている。ビノシュの悪玉的で妖艶な演技が息を飲むほど美しい。やっぱり美女は悪女が似合う。

映画『パパは奮闘中』

妻が家を出た、、、娘とふたり暮らしが始まる

映画『パパは奮闘中』ロマン・デュラスの育メン度が上がる様が良い。ネタバレ、あらすじ、評価
現代社会において結婚し、子育てをする環境はとても厳しいと言える。夫は収入をあげようと必死に働くばかりに家庭のことを後回しにする。日々、家事、育児は妻にとっては大きな負担になっていく。本作は現代版『クレイマー、クレイマー』と言える。夫は妻が消えて、初めて妻のありがたみをわかった。そして妻の帰りを子供と待つ美しい物語だ。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

天才ダンサーは亡命しても天才だった

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『イメージの本』

芸術一色の映画

映画『イメージの本』は映画の神様ゴダールの平和を願う反戦映画である。ネタバレ、評価
『イメージの本』(84分/瑞西・仏/2018) 原題 『Le livre d'image』 監督 ジャン=リュック・ゴダール ゴダールは良い意味で毎回、期待を裏切ってくれる。いつも新しいことに挑戦している。 映画こそ総合芸術...

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

戦争の影にはいつも芸術が利用される

ドキュメンタリー映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』戦争にはステータスが必要だった。ネタバレ、感想
ヒトラーは本当に芸術が好きだったのだろうか。だから芸術作品を一生懸命に集めたのだろうか。若い頃、画家を志していた少年が何故、独裁者になり世界を恐怖の坩堝に叩き落としたのか。その理由はこの映画には描かれていないが、ヒトラーとナチスは芸術作品を収集することでステータスをあげて、権威を不動のものにしようとした野心はわかった

映画『サンセット』

難解な物語

ネメシュ・ラースロー監督作品。映画『サンセット』は難解であった。ネタバレなし、感想なし。
『サンセット』(142分/ハンガリー・フランス/2018) 原題『Napszallta』 監督 ネメシュ・ラースロー トップカットの油絵の印象がとても強く、ここから悲劇的な物語が始まると予見されるが、物語を理解するのが難しかった。...

映画『天国でまた会おう』

死んでも絶対に天国で会える

映画『天国でまた会おう』は芸術感満載のファンタジーである。しかし反戦映画でもある。
冒頭の戦争シーンは凄まじい映像で展開されているが、どことなくファンタジー感が溢れていて、悲劇性に欠けるような気がした。美しいすぎるのだ。監督の感性だろう。命からがら生き残った二人は戦争への憎しみから世紀の詐欺を企てる。これが中々面白い。なぜ騙すのかを考えると物語が一層理解できる。それと映画全般の美術が素晴らしい。仮面も素晴らしい。

映画『ともしび』

シャーロットの生き様が見える

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングを観ていると息ができなくなった
『ともしび』(93分/フランス・イタリア・ベルギー合作/2017) 原題 『Hannah』 映画『ともしび』のオススメ度は? 星4つ半です。 ストーリーはわかりにくいかもしれません。 でもやっぱりこの映...

 

スポンサーリンク

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ニルス・タベルニエ
製作
アレクサンドラ・フェシュネル フランク・ミルサン
脚本
ファニー・デマール ニルス・タベルニエ ロラン・ベルトーニ
撮影
バンサン・ガロ
美術
ジェレミー・デュシエ・リニョル
衣装
ティエリー・デレットル
音楽
バチスト・コルー ピエール・コルー
シュヴァル(ジャック・ガンブラン)
フィロメーヌ(レティシア・カスタ)
オーギュスト(ベルナール・ル・コク)
フェリシエンヌ(フローレンス・トマシン)
ナターシャ・リンディンガー
アリス(ゼリー・リクソン)
エリック・サバン
オレリアン・ウィイク
2018年製作/105分/G/フランス
原題:L’Incroyable histoire du Facteur Cheval
配給:KADOKAWA