映画『天国でまた会おう』は芸術感満載のファンタジーである。しかし反戦映画でもある。

2019年製作
スポンサーリンク
天国でまた会おう
『天国でまた会おう』3月1日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

『天国でまた会おう』(117分/仏/2017)

原題 Au revoir la-haut

とても美しい映画です。戦場での殺戮映像がありますが、どことなくファンタジー感が溢れていてあまり残酷には感じませんでした。そういった意味では戦争の悲惨さを伝えるにはちょっと不十分かもしれません。

けれども映画の芸術性の高さは最近観た中では飛び抜けている作品に感じました。予告や他の評論にも散見しますが、テリー・ギリアム、ティム・バートンを彷彿させるというコメント通りです。一瞬『未来世紀ブラジル』や『シザーハンズ』のあの場面を思い出したりします。

物語は戦争で傷つき、辛うじて生き残った二人が世紀の詐欺を行うというモノ。狙う相手がよりによって二人にとって因縁の相手。そこに悲劇が、、、。

この映画で観て欲しいのはやはり芸術的な美しさ。衣装もセットも良いが、仮面が面白い。その辺りを意識するともっと面白い。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『ホタル』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん悲痛」「反日メディア製作の虚飾映画」感想「特攻の母も泣いている」結末
映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『第三夫人と髪飾り』ネタバレ・あらすじ「一夫多妻の時代“愛のレッスン”は芸術的“官能美”」感想「新しい才能アッシュ・メイフェア監督登場」結末「現代ベトナム女性は自由?」
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子最高!」感想「三田佳子vs世良公則&高木美保共演」結末「蜷川幸雄絶好調」その後『バブルの悲劇』が日本を襲う
映画『鉄道員(ぽっぽや)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと小林稔侍さんの“友情”」感想「昭和の男の生き様あり!」結末。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

 

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ
監督 アルベール・デュポンテル
製作 カトリーヌ・ボゾルガン
原作 ピエール・ルメートル
脚本 アルベール・デュポンテル ピエール・ルメートル
撮影 バンサン・マチアス
美術 ピエール・クフェレアン
衣装 ミミ・レンピツカ
編集 クリストフ・ピネル
音楽 クリストフ・ジュリアン
キャスト
ナウエル・ペレーズ・ビスカヤートエドゥアール・ペリクール
アルベール・デュポンテルアルベール・マイヤール
ローラン・ラフィットプラデル
ニエル・アレストリュプマルセル・ペリクール
エミリー・ドゥケンヌマドレーヌ
メラニー・ティエリーポリーヌ
エロイーズ・バルステールルイーズ
フィリップ・ウシャン区長
アンドレ・マルコン憲兵
ミシェル・ビュイエルモーズジョゼフ・メルラン
カイヤン・コジャンディデュプレ
ジル・ガストン=ドレフュス市長
作品データ
原題 Au revoir la-haut
製作年 2017
製作国 フランス
配給 キノフィルムズ
上映時間 117
映倫区分 PG12

タイトルとURLをコピーしました