女性活躍映画

スポンサーリンク
SF映画

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」 映画『アバター(2009)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター(2009)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アバター(2009)』の作品情報・概要 『アバター』原題『Avatar』ジェームズ・キャメロン監督・脚本・製作・共同編集作品。2009年のアメリカの叙事詩的SF映画。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバーらが出演。20世紀フォックスとキャメロンのライトストーム・エンターテインメントによって製作され、フォックスから配給された。アバターシリーズの第1作目。12年間記録を保持していたキャメロンの『タイタニック』(1997年)を上回り、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)に抜かれるまでほぼ10年間、世界最高の興行収入歴代1位の作品となった。その後、2021年に中国での再公開によって『アベンジャーズ/エンドゲーム』の記録を抜き、世界最高の興行収入歴代1位の作品に再びなっている。
2022年製作

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ・あらすじ「新海誠時代到来」感想「宮崎駿を超える!」結末「声優・深津絵里凄し!」

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ・あらすじ「新海誠時代到来」感想「宮崎駿を超える!」結末「声優・深津絵里凄し!」映画『すずめの戸締まり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『すずめの戸締まり』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『すずめの戸締まり』の作品情報・概要『すずめの戸締まり』原題『Suzume』新海誠が監督・脚本を務める、2022年の日本のアニメーション映画。縦横比は前作『天気の子』までビスタサイズの16:9だったが、本作はシネスコの横長となる。キャッチコピーは「行ってきます。」「扉の向こうには、すべての時間があったー」。原菜乃華、松村北斗、深津絵里、染谷将太、伊藤沙莉、花瀬琴音、花澤香菜、神木隆之介、松本白鸚らが出演。
アクション映画

映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」

映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バーフバリ 伝説誕生』の作品情報・概要 『バーフバリ 伝説誕生』原題『Baahubali: The Beginning』2015年公開のインド映画。テルグ語、タミル語で撮影された全2部構成の叙事詩的映画『バーフバリシリーズ』の第1作目である。インド国内で最高額の予算で製作された本作は公開直後から高い評価を受け、インドの歴代興行収入最高額を記録。また、興行的に最も成功したテルグ語映画となった。プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、タマンナー、アヌシュカ・シェッティ、ラムヤ・クリシュナ、ナーサル、サティヤラージらが出演。
2022年製作

映画『七人の秘書 THE MOVIE』ネタバレ・あらすじ「木村文乃大躍進!」感想・結末。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』ネタバレ・あらすじ「木村文乃大躍進!」感想・結末。映画『七人の秘書 THE MOVIE』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の秘書 THE MOVIE』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『七人の秘書 THE MOVIE』の作品情報・概要『七人の秘書 THE MOVIE』田村直己監督作品。中園ミホ脚本。2020年に放送されたTVドラマ『七人の秘書』劇場映映画化。表向きは“名乗るほどの者ではない”と目立つようなことはせず、裏ではそれぞれがスキルを発揮して弱い者を救う秘書たちの姿を描く。木村文乃(映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』)、広瀬アリス(映画『劇場版ラジエーションハウス』)、菜々緒(映画『マスカレード・ホテル』)、シム・ウンギョン(映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』や 映画『新聞記者』)、大島優子、室井滋(映画『大コメ騒動』や映画『小さいおうち』)、江口洋介(映画『るろうに剣心 京都大火編』や映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』)、玉木宏(映画『極主夫道 ザ・シネマ』映画『キングダム2 遥かなる大地へ』や映画『空母いぶき』)、濱田岳(映画『大怪獣のあとしまつ』映画『劇場版 アーヤと魔女』や映画『引っ越し大名!』)、吉瀬美智子(映画『コンフィデンスマンJP』)、笑福亭鶴瓶(映画『ミニオンズ フィーバー』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、内村遥、岐洲匠、丸川原瑛都らが出演。
2021年製作

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ・あらすじ「金ロー観て泣こう」感想「佐藤健がカッコよすぎる」結末「続編期待!」

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ・あらすじ「金ロー観て泣こう」感想「佐藤健がカッコよすぎる」結末「続編期待!」映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の作品情報・概要 『るろうに剣心 最終章 The Beginning』2020年、新たな2部作として原作の「人誅編」をベースにした完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』が同年7月3日公開予定だった。第1作へと続く序章『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が8月7日にそれぞれ公開される予定だった。しか新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「The Final」は2021年の4月23日、「The Beginning」は同年6月4日に公開が延期された。佐藤健、有村架純、高橋一生、村上虹郎、安藤政信、大西信満、池内万作、藤本隆宏、和田聰宏、中村達也、荒木飛羽、窪田正孝、高杉亘、高橋努、堀田真由、石田法嗣、大西武志、渡辺真起子、奥野瑛太、平埜生成、一ノ瀬ワタル、成田瑛基、野中隆光、松澤匠、増田健一、渡部龍平、菅原健、菅原永二、長野克弘、朝香賢徹、北村一輝、江口洋介らが出演。  
2022年製作

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」映画『沈黙のパレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『沈黙のパレード』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『沈黙のパレード』の作品情報・概要『沈黙のパレード』東野圭吾の推理小説を映画化。西谷弘監督作品(映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』や映画『マチネの終わりに』)。福山雅治(映画『ラストレター』や映画『三度目の殺人』や映画『万引き家族』)、柴咲コウ(映画『燃えよ剣』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、北村一輝(映画『ヘルドッグス』)、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、岡山天音(映画『キングダム2 遥かなる大地へ』や映画『ホテルローヤル』や 映画『新聞記者』)、川床明日香、出口夏希、村上淳(映画『うみべの女の子』や映画『ある船頭の話』)、吉田羊、檀れい(映画『奥様は、取り扱い注意』)、椎名桔平らが出演。  
2022年製作

映画『NOPE ノープ』ネタバレ・あらすじ「ジョーダン・ピール監督の世界観」感想「意味は?」結末「ラストはすっきりする」

映画『NOPE ノープ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『NOPE ノープ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。
2022年製作

映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」

映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカ」感想「ヤマト」結末「海賊やめる?」 映画『ONE PIECE FILM RED』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ONE PIECE FILM RED』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ONE PIECE FILM RED』の作品情報・概要『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督作品。2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。FILMシリーズの第4作目。原作連載25周年記念作品。原作者である尾田栄一郎が総合プロデューサーを務める。田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 宝亀克寿 名塚佳織 Ado  津田健次郎 池田秀一 山田裕貴 粗品 せいや 新津ちせ 梶裕貴 田原アルノ 土門仁 小林通孝 斎藤志郎 小野健一 中村浩太郎 島田敏  二又一成 緑川光 中田譲治らが出演。
2022年製作

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』原題『Jurassic World: Dominion』2022年のアメリカ合衆国のSFアドベンチャー映画。コリン・トレヴォロウ監督作品。エミリー・カーマイケル脚本。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)の続編。「ジュラシック・パーク」フランチャイズの第6作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第3作目であり、完結編である。クリス・プラット(映画『ソー ラブ&サンダー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『パーフェクト ワールド』)、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、B・D・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ、ジャスミン・チウ、エルバ・トリルらが出演。
2022年製作

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ソー ラブ&サンダー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報・概要『ソー:ラブ&サンダー』原題『Thor: Love and Thunder』マーベル・コミックのキャラクター「ソー」をベースとする、2022年公開予定のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。タイカ・ワイティティ監督作品(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『彼らは生きていた』)。脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン。出演はクリス・ヘムズワース(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ジェイミー・アレクサンダー 、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウ(映画『アオラレ』や映画『ある少年の告白』)、ナタリー・ポートマン(映画『ポップスター』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)、クリス・プラット(映画『ジュラシック・ワールド』)、ブラッドリー・クーパー(映画『リコリス・ピザ』)や『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』) 、ビン・ディーゼル (映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、デイブ・バウティスタ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフらが出演。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。
2022.07.09
2021年製作

映画『リコリス・ピザ』ネタバレ・あらすじ「胸が軋むボーイ・ミーツ・ガール」感想「アラナ・ハイムを聴きたくなる」結末「やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは素晴らしい」

映画『リコリス・ピザ』ネタバレ・あらすじ「胸が軋むボーイ・ミーツ・ガール」感想「アラナ・ハイムを聴きたくなる」結末「やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは素晴らしい」映画『リコリス・ピザ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『リコリス・ピザ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『リコリス・ピザ』の作品情報・概要『リコリス・ピザ』原題『Licorice Pizza』2021年公開のアメリカ合衆国の青春映画。製作・脚本・撮影・監督はポール・トーマス・アンダーソン。主演はアラナ・ハイムとクーパー・ホフマン(監督の盟友だったフィリップ・シーモア・ホフマンの息子)が務めた。タイトルの“Licorice Pizza”は、1969年から1980年代後半にかけてカリフォルニア州南部で店舗を展開していたレコードチェーンの名前から取られた。ポール・トーマス・アンダーソン監督の自伝的映画。ショーン・ペン、トム・ウェイツ(映画『デッド・ドント・ダイ』)、ブラッドリー・クーパー(映画『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)、ベニー・サフディ、エスティ・ハイム、ダニエル・ハイム、ドナ・ハイム、モチ・ハイムらが出演。
いじめ・陰湿映画

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」映画『時をかける少女(2006)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『時をかける少女(2006)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『時をかける少女(2006)』の作品情報・概要『時をかける少女』細田守監督作品(映画『竜とそばかすの姫』)。英題『THE GIRL WHO LEAPT THROUGH TIME』2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された日本のSFアニメ映画。原作は筒井康隆。アニメーション制作はマッドハウス。 第30回 日本アカデミー賞(2007年)ではアニメーション作品賞を受賞。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」オリジナル映画は原田知世主演(映画『あなたの番です 劇場版』)、大林宣彦監督(映画『ふりむけば愛』)の『時をかける少女』がある。声優は仲里依紗(『生きてるだけで、愛。』)、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、関戸優希、桂歌若、安藤みどり、立木文彦(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』や映画『リメンバー・ミー』)、山本圭子らが担当。
2022年製作

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」映画『ベイビー・ブローカー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベイビー・ブローカー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベイビー・ブローカー』の作品情報・概要映画『ベイビー・ブローカー』原題『Broke』韓国製作。是枝裕和監督作品(映画『海街diary』や映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』や映画『真実』)。設置された「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」から赤ちゃんを盗み横流しする二人の男。赤ちゃんを捨てたが取り戻しに来る女。そして女刑事たちが繰り広げる物語。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、主演のソン・ガンホ(映画『パラサイト 半地下の家族』や映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』)が韓国人俳優初の男優賞を受賞。また、人間の内面を豊かに描いた作品に贈られるエキュメニカル審査員賞も受賞した。是枝裕和監督にとって、『真実』に続き外国製作作品2本目となる。
2022.06.24
2022年製作

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」映画『PLAN 75』の作品情報・概要映画『PLAN 75』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『PLAN 75』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『PLAN 75』2022年6月17日に公開された映画作品。早川千絵監督作品。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。75歳以上の高齢者に対して自らの生死の権利を保障し、支援する制度「PLAN 75」の施行に伴う制度の対象者たちや市役所の職員、スタッフの苦悩を描く。主演は本作が9年ぶりの映画主演作となる倍賞千恵子(映画『ハウルの動く城』や映画『小さいおうち』や映画「天気の子」)。磯村勇斗(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、たかお鷹(映画『MOTHER マザー』や映画『決戦は日曜日』)、河合優実(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『サマーフィルムにのって』)、ステファニー・アリアン、大方斐紗子(『あなたの番です 劇場版』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、串田和美(映画『誰も知らない』)らが出演。
アクション映画

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」 映画『ジュラシック・パークIII』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・パークIII』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・パークIII』の作品情報・概要『ジュラシック・パークIII』原題『Jurassic Park III』2001年に公開されたアメリカ映画。ジョー・ジョンストン監督作品。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くシリーズ第3作である。ユニバーサル映画提供。前2作はスティーブン・スピルバーグ(映画『ウエスト・サイド・ストーリー』や『E.T.(イーティー)』)監督。サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ、アレッサンドロ・ニボラ(映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』)、トレバー・モーガン、マイケル・ジェッター、ジョン・ディール、ブルース・A・ヤング、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』)らが出演。
2022年製作

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ「吉岡里帆vs中村倫也」感想「柄本佑適役!」結末「好きを、つらぬけ。」って大事!

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ「吉岡里帆vs中村倫也」感想「柄本佑適役!」結末「好きを、つらぬけ。」って大事!映画『ハケンアニメ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハケンアニメ!』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハケンアニメ!』の作品情報・概要『ハケンアニメ!』直木賞作家・辻村深月(映画『朝が来る』)がアニメ業界で奮闘する人々の姿を描いた小説「ハケンアニメ!」を映画化。吉野耕平監督作品。地方公務員からアニメ業界に飛び込んだ新人監督・斎藤瞳は、デビュー作で憧れの天才監督・王子千晴と業界の覇権をかけて争う。吉岡里帆(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『見えない目撃者』や『パラレルワールド・ラブストーリー』)、中村倫也(映画『ウェディング・ハイ』や映画『ファーストラヴ』や映画『私をくいとめて』)、柄本佑(映画『青くて痛くて脆い』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』)、工藤阿須加、小野花梨(映画『Ribbon』や映画『Bittersand』)、高野麻里佳、前野朋哉、矢柴俊博、新谷真弓、松角洋平、水間ロン、前原滉、みのすけ、古舘寛治、徳井優、六角精児(映画『すばらしき世界』や映画『大怪獣のあとしまつ』)、梶裕貴(映画『天気の子』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)らが出演。
2021年製作

映画『フォーエバー・パージ』ネタバレ・あらすじ「挑戦的な物語」感想「アメリカって怖い」結末「平和であることを願う」

映画『フォーエバー・パージ』ネタバレ・あらすじ「挑戦的な物語」感想「アメリカって怖い」結末「平和であることを願う」映画『フォーエバー・パージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『フォーエバー・パージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『フォーエバー・パージ』の作品情報・概要『フォーエバー・パージ』原題『The Forever Purge』アメリカのアクション・スリラー映画。エベラルド・ゴウト監督作品。「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ(映画『アンビュランス』や映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)&「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラム製作(映画『ハロウィン KILLS』や映画『ザ・スイッチ』や映画『透明人間』)。「パージ」シリーズの第5作。アメリカ政府は深刻化する移民増加問題の対策として、1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法化される法律「パージ」を発令するという過激な物語。アナ・デ・ラ・レゲラ、
テノッチ・ウエルタ、ジョシュ・ルーカス(映画『フォードvsフェラーリ』)、キャシディ・フリーマン、レベン・ランビン、アレハンドロ・エッダ、ウィル・パットンらが出演。
2022.05.26
ヒューマン映画

映画『涙そうそう』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみが可愛すぎる」感想「禁断の兄妹愛に?」結末「こんな妹が欲しい」

映画『涙そうそう』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみが可愛すぎる」感想「禁断の兄妹愛に?」結末「こんな妹が欲しい」 映画『涙そうそう』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『涙そうそう』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『涙そうそう』の作品情報・概要『涙そうそう』2006年の日本映画。土井裕泰監督作品(映画『花束みたいな恋をした』映画『罪の声』)。主演は妻夫木聡(映画『小さいおうち』や映画『浅田家!』や映画『一度死んでみた』)と長澤まさみ(映画『シン・ウルトラマン』や映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『コクリコ坂から』)。TBSテレビ50周年記念企画「涙そうそうプロジェクト」の劇場映画化作品。歌謡曲「涙そうそう」(作詞:森山良子・作曲:BEGIN)の歌詞をモチーフに映画化。沖縄で生まれ育った血のつながらない兄妹が織りなす、切ない愛の物語を描く。麻生久美子(映画『モテキ』や映画『マスカレード・ナイト』や映画『翔んで埼玉』)、塚本高史(映画『貞子』)、中村達也、平良とみ、森下愛子、大森南朋(『この道』や映画『空に住む』や映画『そして、バトンは渡された』)、船越英一郎、橋爪功(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』や映画『ある船頭の話』)、小泉今日子らが出演。
2021年製作

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」映画『シン・ウルトラマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シン・ウルトラマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シン・ウルトラマン』の作品情報・概要 『シン・ウルトラマン』2022年5月13日公開予定の日本のSF特撮映画。樋口真嗣監督作品。企画・脚本の庵野秀明(映画『風立ちぬ』や映画『ラストレター』)。ウルトラマンのデザイナーである成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬の念が込めれている。カラータイマーはない。1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画。タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」斎藤工(映画『糸』や『麻雀放浪記2020』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)、有岡大貴、早見あかり、田中哲司 (映画『余命10年』や映画『あなたの番です 劇場版』や映画『ホタル』)、西島秀俊(映画『ドライブ・マイ・カー』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、山本耕史(映画『ザ・マジックアワー』) 、岩松了(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、益岡徹(映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』)、長塚圭史、山崎一、和田聰宏(映画『引っ越し大名!』)、津田健次郎らが出演。主題歌は米津玄師(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)。
2022.05.16
2022年製作

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」映画『流浪の月』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『流浪の月』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『流浪の月』の作品情報・概要『流浪の月』李相日監督作品。2020年の本屋大賞に輝いた凪良ゆうの小説『流浪の月』を映画化。誘拐事件の“被害女児”だった女性と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生の物語。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”というレッテルを貼られながらも惹かれあう2人を描いた作品です。主演は広瀬すず(映画『いのちの停車場』や映画『海街diary』)、松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『新聞記者』)。横浜流星(映画『嘘喰い』や映画『あなたの番です 劇場版』)、多部未華子(映画『空に住む』)、趣里(『生きてるだけで、愛。』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、三浦貴大(映画『大綱引の恋』や映画『大コメ騒動』)、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明(映画『ある船頭の話』や映画『ノイズ』や映画『セーラー服と機関銃』や映画『楽園』)らが出演。
2022.06.26
イギリス映画

映画『オードリー・ヘプバーン』ネタバレ・あらすじ「映画史上最高の女優」感想「世界の映画女優の憧れ」結末「永遠のヒロインはヘプバーンだけ!」

映画『オードリー・ヘプバーン』ネタバレ・あらすじ「映画史上最高の女優」感想「世界の映画女優の憧れ」結末「永遠のヒロインはヘプバーンだけ!」 映画『オードリー・ヘプバーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オードリー・ヘプバーン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オードリー・ヘプバーン』の作品情報・概要『オードリー・ヘプバーン』原題『Audrey』ヘレナ・コーン監督作品。『ローマの休日』『暗くなるまで待って』などで知られるオードリー・ヘプバーン(映画『ローマの休日』や映画『マイ・フェア・レディ』や映画『ティファニーで朝食を』)のドキュメンタリー。永遠の妖精と呼ばれた彼女の素顔を、アーカイブ映像と近親者のインタビューなどによって映し出す。ヘプバーンの息子のショーン・ヘプバーン・ファーラー、孫であるエマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラーが出演。リチャード・ドレイファス(映画『スタンド・バイ・ミー』や映画『卒業(1967)』)、ショーン・ヘプバーン・ファーラー、エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー、クレア・ワイト・ケラー、ピーター・ボグダノビッチ、レッサンドラ・フェリ、フランチェスカ・ヘイワード 、キーラ・ムーアらが出演する。
2022.05.11
2018年製作

映画『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」

映画『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」映画『嘘を愛する女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『嘘を愛する女』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『嘘を愛する女』の作品情報・概要 『嘘を愛する女』、2018年1月20日公開の日本映画。中江和仁監督作品。TSUTAYA CREATERS'PROGRAM FILM 2015のグランプリ作品。中江は朝日新聞の記事「夫は だれだった」から着想を得た。長澤まさみ主演(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『キングダム』)。他に高橋一生(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『引っ越し大名!』)、DAIGO(映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』)、川栄李奈(映画『Diner ダイナー』)、野波麻帆 (映画『モテキ』や映画『浅田家!』)、初音映莉子、嶋田久作(映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『一度死んでみた』や映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、奥貫薫、津嘉山正種(映画『あのこは貴族』)、黒木瞳、吉田鋼太郎(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『カイジ ファイナルゲーム』)らが出演。
2022.05.11
SF映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の作品情報・概要 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』英題『EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.』2009年6月27日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督、脚本、製作総指揮を務める。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直す劇場版4部作の第2部『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直して公開。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』や映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』)、宮村優子、坂本真綾(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』)、三石琴乃(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』)、山口由里子、山寺宏一(映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子らが出演。  
2022.05.11
お茶の間映画館

映画『麗しのサブリナ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンだけを観る」感想「年齢差30歳の恋愛」結末「サブリナカット大流行」

映画『麗しのサブリナ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンだけを観る」感想「年齢差30歳の恋愛」結末「サブリナカット大流行」映画『麗しのサブリナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『麗しのサブリナ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『麗しのサブリナ』の作品情報・概要『麗しのサブリナ』原題『Sabrina』1954年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ。サミュエル・テイラーの戯曲『麗しのサブリナ』をビリー・ワイルダー監督(映画『昼下りの情事』や映画『アパートの鍵貸します』)が映画化した。オードリー・ヘプバーンは『ローマの休日』の大ヒットのプレッシャーを撥ね退けて大ヒットを記録。ハンフリー・ボガート(映画『カサブランカ』)、ウィリアム・ホールデン(映画『ワイルドバンチ』)、ウォルター・ハンプデン、ジョン・ウィリアムズ、マーサ・ハイヤー、ジョーン・ボーズ、マルセル・ダリオ 、マルセル・ヒライヤー 、ネラ・ウォーカー 、フランシス・X・ブッシュマン 、エレン・コービイらが出演。製作時ヘプバーンは25歳、ボガート56歳、ホールデンが36歳だった。年齢差を乗り越えて恋の成就となった。
2022.05.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました