女性活躍映画

スポンサーリンク
2021年製作

映画『レミニセンス』ネタバレ・あらすじ「意味は“回想”」感想「ヒュー・ジャックマン背が高い」結末「レベッカ・ファーガソンにため息」

映画『レミニセンス』ネタバレ・あらすじ「意味は“回想”」感想「ヒュー・ジャックマン背が高い」結末「レベッカ・ファーガソンにため息」 映画『レミニセンス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レミニセンス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『レミニセンス』の作品情報・概要『レミニセンス』原題『Reminiscence』2021年のアメリカ合衆国のSFサスペンススリラー映画。リサ・ジョイ監督・脚本作品で長編監督デビュー。ヒュー・ジャックマン、レベッカ・ファーガソン、タンディ・ニュートン、ダニエル・ウー、クリフ・カーティス、マリーナ・デ・タビラ、モージャン・アリア、ブレット・カレン、ナタリー・マルティネス、アンジェラ・サラフィアン、ニコ・パーカーらが出演。海面が上昇した近未来のマイアミにが舞台。主人公のニック・バニスター(ヒュー・ジャックマン)は、無骨で孤独な退役軍人である。彼の生業は顧客が望むあらゆる記憶を追体験させる機会を提供するというもの。それは特殊で危険な仕事である。
2021年製作

映画『マスカレード・ナイト』ネタバレ・あらすじ「木村拓哉vs長澤まさみ“鉄壁”大ヒット」感想・結末。

映画『マスカレード・ナイト』ネタバレ・あらすじ「木村拓哉vs長澤まさみ“鉄壁”大ヒット」感想・結末。映画『マスカレード・ナイト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マスカレード・ナイト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マスカレード・ナイト』の作品情報・概要『マスカレード・ナイト』2021年日本のミステリー映画。鈴木雅之監督作品。東野圭吾の長編ミステリ小説「マスカレード」シリーズの第3作目。主演は木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、中村アン、田中みな実、石黒賢、沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子らが出演。
2021.09.21
2020年製作

映画『ミス・マルクス』ネタバレ・あらすじ「ロモーラ・ガライの演技に注目」感想「報われない人生」結末「離れられない“男”っている」

映画『ミス・マルクス』ネタバレ・あらすじ「ロモーラ・ガライの演技に注目」感想「報われない人生」結末「離れられない“男”っている」映画『ミス・マルクス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミス・マルクス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミス・マルクス』の作品情報・概要『ミス・マルクス』原題『Miss Marx』2020年のイタリア・ベルギーの伝記映画。 スザンナ・ニッキャレッリ監督作品。出演はロモーラ・ガライ、パトリック・ケネディ、ジョン・ゴードン・シンクレア、フェリシティ・モンタギュー、カリーナ・フェルナンデス 、エマ・カニフェ、ジョルジュ・アレンデル、セレスタン・リーラント、オリバー・クリス、アレクサンドラ・ルイス、ジョージナ・サドラー、ミエル・バン・ハッセル、フレディ・ドレイブル、フィリップ・グレーニングら。哲学者、思想家、経済学者のカール・マルクスの末娘でイギリスの社会主義者として活動したエリノア・マルクスの人生を描いている。  
2019年製作

映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ・あらすじ「さんま出演どこ?」感想「長澤まさみ168センチ。キムタク176センチ?」結末「身長がミステリー」「ロケはロイヤルパークホテル」

映画『マスカレード・ホテル』ネタバレ・あらすじ「さんま出演どこ?」感想「長澤まさみ168センチ。キムタク176センチ?」結末「身長がミステリー」「ロケはロイヤルパークホテル」映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マスカレード・ホテル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マスカレード・ホテル』の作品情報・概要『マスカレード・ホテル』2011年製作の日本のミステリー映画。鈴木雅之監督作品。木村拓哉(映画『ハウルの動く城』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)主演。他は小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、濱田岳 、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』)、笹野高史(映画『ある船頭の話』や映画『小さいおうち』)、高嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、松たか子(映画『ラストレター』)、鶴見辰吾(映画『空に住む』や映画『翔んだカップル』)らが共演。 東野圭吾(『パラレルワールド・ラブストーリー』)の長編ミステリ小説を映画化。「マスカレード」シリーズの第1作目。2008年12月から2010年9月まで集英社の月刊誌『小説すばる』に掲載され、その後、2011年9月10日に集英社より単行本が発刊された。舞台となった架空のホテルは、巻末に取材協力団体として紹介されている日本橋の「ロイヤルパークホテル」
2021年製作

映画『うみべの女の子』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華さんを観る映画」感想「セックスしてもしても何かが足りない気がするのはなぜ」」結末「中二病ってある」

映画『うみべの女の子』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華さんを観る映画」感想「セックスしてもしても何かが足りない気がするのはなぜ」」結末「中二病ってある」映画『うみべの女の子』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『うみべの女の子』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『うみべの女の子』の作品情報・概要『うみべの女の子』2021年8月20日に公開された日本映画。ウエダアツシ監督作品。主演は石川瑠華(映画『イソップの思うツボ』や映画『猿楽町で会いましょう』)と青木柚。原作は浅野いにお。日本の成人向け青年漫画誌『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)にてまで連載された。多感な中学生の少年少女の友情、恋愛、イジメ、自殺問題、進学問題、親との関係を背景に性的関係をふんだんに取り入れて描いている。出演は前田旺志郎(映画『海街diary』)、中田青渚(映画『あの頃。』や映画『君が世界のはじまり』)、倉悠貴(映画『夏、至るころ』)、宮崎優、高橋里恩、平井亜門、円井わん、西洋亮、高崎かなみ、いまおかしんじ、村上淳(映画『ある船頭の話』)ら。
2021年製作

映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」

映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」 映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』の作品情報・概要『シャン・チー/テン・リングスの伝説』原題『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings』デスティン・ダニエル・クレットン監督作品(映画『黒い司法 0%からの奇跡』や映画『ガラスの城の約束』)。脚本はデヴィッド・キャラハムと共作。マーベル・コミックのキャラクター「シャン・チー」をベースに映像化。2021年のアメリカ製作のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作する、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第25作目。シム・リウ、オークワフィナ(映画『フェアウェル』)、張夢児、ファラ・チャンらが出演する。
2021年製作

映画『モンタナの目撃者』ネタバレ・あらすじ「アンジー“キレがない”」感想「ブラピ思い出のモンタナ焼失」結末「トラウマからの脱却」

映画『モンタナの目撃者』ネタバレ・あらすじ「アンジー“キレがない”」感想「ブラピ思い出のモンタナ焼失」結末「トラウマからの脱却」映画『モンタナの目撃者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『モンタナの目撃者』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『モンタナの目撃者』の作品情報・概要『モンタナの目撃者』原題『Those Who Wish Me Dead』2021年アメリカ映画。サバイバルスリラーのジャンルに入る。テイラー・シェリダン監督作品。アンジェリーナ・ジョリー主演。ニコラス・ホルト(映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』や映画『女王陛下のお気に入り』)、フィン・リトル、エイダン・ギレン(映画『ボヘミアン・ラプソディ』)、メディナ・センゴア、タイラー・ペリー(映画『バイス』)、ジェイク・ウェバー 、ジョン・バーンサル(映画『フォードvsフェラーリ』)らが出演。原作はマイケル・コリータの小説『Those Who Wish Me Dead』。原題を邦訳すると「私の死を願う者たち」となる。
いじめ・陰湿映画

映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」

映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」映画『羊たちの沈黙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『羊たちの沈黙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『羊たちの沈黙』の作品情報・概要『羊たちの沈黙』原題『The Silence of the Lambs』1991年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。ジョナサン・デミ監督作品。出演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン(映画『グリーンランド 地球最後の2日間』)など。原作はトマス・ハリスの同名小説。 幼少の頃受けたトラウマを抱える女性FBI訓練生が連続殺人事件を調査することになる。彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描き大ヒット。第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。 作品賞(エドワード・サクソン/ケネス・ウット/ロン・ボズマン)監督賞(ジョナサン・デミ)主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)主演女優賞(ジョディ・フォスター)脚色賞(テッド・タリー)アカデミー作品賞を受賞した唯一のホラー映画でもある。
いじめ・陰湿映画

映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督最盛期!」感想「日本映画興行収入トップ!」結末「千尋のモデルは実在する」

映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督最盛期!」感想「日本映画興行収入トップ!」結末「千尋のモデルは実在する」映画『千と千尋の神隠し』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『千と千尋の神隠し』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『千と千尋の神隠し』の作品情報・概要『千と千尋の神隠し』英題『Spirited Away』2001年に公開された日本の長編アニメーション映画。原作・脚本・監督は宮崎駿。第52回ベルリン国際映画祭では『ブラディ・サンデー』と同時に金熊賞を受賞し、さらに第75回アカデミー賞ではアカデミー長編アニメ映画賞を受賞という快挙を達成した。2001年(平成13年)7月20日に日本公開で、興行収入は316億8,000万円を記録し『タイタニック』(1997年)を抜いて当時の日本歴代興行収入第一位を達成。2020年に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が記録を更新するまでトップを保持した。声優は柊瑠美(映画『コクリコ坂から』や映画『劇場版 アーヤと魔女』)、入野自由(映画『星を追う子ども』)、夏木マリ(映画『大コメ騒動』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、内藤剛志、沢口靖子、我修院達也(映画『ハウルの動く城』)、神木隆之介(映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』)、玉井夕海、大泉洋(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、はやし・こば、上條恒彦、小野武彦、菅原文太らが務めた。
2020年製作

映画『劇場版 アーヤと魔女』ネタバレ・あらすじ「したたかな少女アーヤに好感」感想「声優は平澤宏々路」結末。

映画『劇場版 アーヤと魔女』ネタバレ・あらすじ「したたかな少女アーヤに好感」感想「声優は平澤宏々路」結末。映画『劇場版 アーヤと魔女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『劇場版 アーヤと魔女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『劇場版 アーヤと魔女』の作品情報・概要『アーヤと魔女』英題『 Earwig and the Witch』イギリス人作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズによるファンタジー小説を映画化。宮崎吾朗監督作品(映画『コクリコ坂から』)。スタジオジブリ制作のアニメーション映画。2020年12月30日に2021年4月29日に簡易版がNHK総合テレビジョンで放映され、て2021年8月27日に劇場公開された。魔法使いの家に養子として引き取られたアーヤがいじめに負けず奮闘する物語。宮崎駿は「マーヤはしたたかな少女」と評価している。
2021.09.01
2021年製作

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」映画『オールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オールド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オールド』の作品情報・概要『オールド』原題『Old』2021年製作のアメリカ合衆国のスリラー映画。M・ナイト・シャマラン監督作品。主演はガエル・ガルシア・ベルナル(映画『リメンバー・ミー』)。本作は2010年、フレデリック・ペータースとピエール・オスカル・レヴィーが発表したグラフィックノベル『Sandcastle』が原作となっている。出演はビッキー・クリープス、アレックス・ウルフ(映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、イーモン・エリオット、ノーラン・リヴァー、ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス、アレクサ・スウィントン、アビー・リー、ケン・レオン、アーロン・ピエール、ニキ・アムカ=バード、キャスリーン・チャルファント、グスタフ・ハマーステン、フランチェスカ・イーストウッド(映画『トゥルー・クライム』)、マシュー・シアー、M・ナイト・シャマラン
2021年製作

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』ネタバレ・あらすじ「平野紫耀vs橋本環奈の美男美女」感想「焦れったいすぎる」結末「もう続編ないでしょ!」

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』ネタバレ・あらすじ「平野紫耀vs橋本環奈の美男美女」感想「焦れったいすぎる」結末「もう続編ないでしょ!」映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』の作品情報・概要『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』2021年製作の青春恋愛映画。赤坂アカ原作で河合勇人監督作品。主演は平野紫耀と橋本環奈(映画『キングダム』や映画『今日から俺は!!劇場版』)。累計部数1500万部を超える大ヒット漫画を実写化。前作『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(2019年9月公開)の観客が180万人を超える大ヒットを受けての続編。「告白した方が負け」というテーマだけで展開。出演は佐野勇斗、浅川梨奈(映画『胸が鳴るのは君のせい』)、堀田真由、髙嶋政宏、佐藤二朗(映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』)、影山優佳、福原遥(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』)、板橋駿谷(映画『サマーフィルムにのって』や映画『君が世界のはじまり』)、高橋文哉ら。
2021年製作

映画『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」

 映画『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・あらすじ「濱口竜介vs村上春樹でカンヌ4冠受賞!」感想「西島秀俊vs三浦透子」結末「“振動として観る”映画」映画『ドライブ・マイ・カー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドライブ・マイ・カー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドライブ・マイ・カー』の作品情報・概要『ドライブ・マイ・カー』英題『Drive My Car』濱口竜介監督・脚本作品(映画『スパイの妻 劇場版』)。第74回「カンヌ国際映画祭」コンペティション部門へ正式出品。脚本賞、国際映画批評家連盟賞、エキュメニカル審査員賞、AFCAE賞を受賞。主演は西島秀俊(映画『奥様は、取り扱い注意』や映画『空母いぶき』や映画『風立ちぬ』)、三浦透子(映画『天気の子』)、霧島れいか、パク・ユリム、ジン・デヨン、ソニア・ユアン、ペリー・ディゾン 、アン・フィテ 、安部聡子、岡田将生(映画『さんかく窓の外側は夜』)出演。原作は村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を主軸に「シェラザード」と「木野」の要素を盛り込んで脚本を執筆している。さらにロシアの作家アントン・チェーホフの戯曲『ワーニャ伯父さん』とフランスの劇作家サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』 を練りこんでいる。撮影監督は四宮秀俊(映画『人数の町』や映画『さよなら くちびる』)、音楽は石橋英子。
いじめ・陰湿映画

映画『ハウルの動く城』ネタバレ・あらすじ「声優・歌唱の倍賞千恵子さん素敵!」感想「宮崎駿監督vsダイアナ・ウィン・ジョーンズ」結末「音楽は久石譲」

映画『ハウルの動く城』ネタバレ・あらすじ「声優・歌唱の倍賞千恵子さん素敵!」感想「宮崎駿監督vsダイアナ・ウィン・ジョーンズ」結末「音楽は久石譲」映画『ハウルの動く城』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハウルの動く城』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『ハウルの動く城』原題『Howl’s Moving Castle』2004年スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。原作はイギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』(原題:Howl's Moving Castle)から。宮崎にとっては『魔女の宅急便』以来、15年ぶりの他社原作からの作品となる。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの奇妙な共同生活が、宮崎監督により「戦火の恋」を柱として脚色され描かれている。物語は原作とはかなり異なる。特に後半は戦争描写が付け加えられている点。しかしながら原作者ジョーンズは宮崎監督を信頼して「ハウルの性格を変えないように」とだけ注文をつけた。映画鑑賞後は「とても素晴らしかった。宮崎は私が執筆したときと同じ精神で映画を作った」とコメントした。倍賞千恵子(映画『小さいおうち』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、木村拓哉、美輪明宏(映画『もののけ姫』)、我修院達也、神木隆之介(映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』や『君の名は。』)、伊崎充則、大泉洋(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、大塚明夫、原田大二郎、加藤治子らが声優を務めた。
2020年製作

映画『サマーフィルムにのって』ネタバレ・あらすじ「伊藤万理華を応援し続けた」感想「青春って素晴らしい」結末「脚本が絶品!」

映画『サマーフィルムにのって』ネタバレ・あらすじ「伊藤万理華を応援し続けた」感想「青春って素晴らしい」結末「脚本が絶品!」映画『サマーフィルムにのって』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サマーフィルムにのって』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『サマーフィルムにのって』の作品情報・概要『サマーフィルムにのって』2021年8月6日に公開された日本映画。松本壮史監督作品。主演は伊藤万理華(元乃木坂46)。出演は金子大地(『猿楽町で会いましょう』や『君が世界のはじまり』)、河合優実、祷キララ、小日向星一、池田永吉、篠田諒、甲田まひる、ゆうたろう、篠原悠伸 、板橋駿谷ら。時代劇映画オタクの女子高生が、タイムリープで未来からやってきた武士役のイメージにぴったりの少年に出会って、『武士の青春』という傑作時代劇を作ろうと奔走する姿を描く。友情、恋愛、夢、挑戦など若者の等身大の姿を描いた秀作。
2019年製作

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』ネタバレ・あらすじ「世界興行収入No. 1」感想「最後はヒーロー総動員」結末「マーベルは永遠に続く!」

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』ネタバレ・あらすじ「世界興行収入No. 1」感想「最後はヒーロー総動員」結末「マーベルは永遠に続く!」映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アベンジャーズ エンドゲーム』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の作品情報・概要『アベンジャーズ/エンドゲーム』原題『Avengers: Endgame』2019年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。アンソニー・ルッソとジョン・ルッソ監督作品。脚本はクリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリー。マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」をベースとしている。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワースら。『アベンジャーズ』シリーズの4作目。『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』』(2018年)の続編。「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の22作目。マーベル・スタジオが製作し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給し世界で大ヒットした。興行収入は27.9億ドルを挙げ、『アバター』(2009年)の記録を抜いた。日本でもヒットしたが、期待ほどの収入には至っていない。  
2018年製作

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』ネタバレ・あらすじ「ヒーロー乱立!」感想「ヒーローは死亡しない?」結末「マーベル世界制覇へ」

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』ネタバレ・あらすじ「ヒーロー乱立!」感想「ヒーローは死亡しない?」結末「マーベル世界制覇へ」 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の作品情報・概要 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』原題『Avengers: Infinity War』マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」をベースとした、2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。アンソニー・ルッソ、ジョン・ルッソ監督作品。脚本はクリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリーが担当。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンスら。「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の19作目。『アベンジャーズ』(2012年)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ ウルトロン』(2015年)の続編。マーベル・スタジオが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給する。2017年11月30日に初めてネット上で予告編が公開され、24時間以内の再生回数が2億3000万回に到達した。それまでは『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の記録(1億9700万回)を抜いて歴代最高記録を更新した。
お茶の間映画館

映画『もののけ姫』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督の最高傑作!」感想「年齢・経験・技量が最盛期」結末「日本映画興行記録達成!」

映画『もののけ姫』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督の最高傑作!」感想「年齢・経験・技量が最盛期」結末「日本映画興行記録達成!」 映画『もののけ姫』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『もののけ姫』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『もののけ姫』の作品情報・概要『もののけ姫』英題『The Princess Mononoke』宮崎駿監督作品。1997年、スタジオジブリ製作。構想16年、制作に3年をかけたと言われている。興行収入193億円。当初のタイトルは『アシタカせっ記』であったが、鈴木プロデューサーが金曜ロードショー内で放送した製作告知CMにて、『もののけ姫』のタイトルを発表してしまった。
2021.08.12
お茶の間映画館

映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」

映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」映画『ローマの休日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ローマの休日』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ローマの休日』の作品情報・概要『ローマの休日』原題『Roman Holiday』1953年製作のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー製作・監督(映画『西部の男』)。主演はグレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン(映画『マイ・フェア・レディ』や映画『ティファニーで朝食を』)。某国の王女としてヨーロッパを表敬訪問しているアン王女。イタリアのローマで癇癪を起こして夜中に脱走する。背の高い新聞記者と出会って、たった1日だけ恋に落ちる。世界的な観光スポットであるトレヴィの泉や真実の口などでロケを敢行。オードリー・ヘプバーン1953年のアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。その他、イーディス・ヘッドが「最優秀衣裳デザイン賞」を、イアン・マクレラン・ハンターが「最優秀原案賞」受賞。数年後、赤狩りでハリウッドを通報されたダルトン・トランボが脚本を書いていたと明かされた。
2021年製作

映画『イン・ザ・ハイツ』ネタバレ「若者の夢が踊り出すNYC」あらすじ感想「スペイン語とラップの相性は抜群!」結末「アメリカの差別・偏見はなくなるのか?」

映画『イン・ザ・ハイツ』ネタバレ「若者の夢が踊り出すNYC」あらすじ感想「スペイン語とラップの相性は抜群!」結末「アメリカの差別・偏見はなくなるのか?」映画『イン・ザ・ハイツ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『イン・ザ・ハイツ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『イン・ザ・ハイツ』の作品情報・概要『イン・ザ・ハイツ』原題『In the Heights』2021年に公開されたアメリカ合衆国のミュージカル映画。原作はリン=マニュエル・ミランダ。ジョン・M・チュウ監督作品。主演はアンソニー・ラモス。他にコーリー・ホーキンズ、レスリー・グレイス、メリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ダフネ・ルービン=ベガ、グレゴリー・ディアス4世、ステファニー・ベアトリス、ジミー・スミッツら。リン=マニュエル・ミランダが2005年に初演されたミュージカル『イン・ザ・ハイツ』を映画化した作品である。
SF映画

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の作品情報・概要 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』原題『Avengers: Age of Ultron』マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給。2015年のアメリカ合衆国製作。スーパーヒーロー映画。ジョス・ウェドン脚本・監督作品。「マーベル・コミック」のスーパーヒーローチームである『アベンジャーズ』が結集。2012年の映画『アベンジャーズ』の続編となる。「マーベル・コミック」様々なヒーロー、ヴィランを実写映画として登場させて、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱っている。『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)としては第11作品目の映画となる。登場人物の整理に戸惑うが、始まりから最後まで続くアクション、そしてCG技術の高さに驚愕する。ロバート・ダウニー・Jr.  クリス・ヘムズワース マーク・ラファロ クリス・エバンス スカーレット・ヨハンソン(映画『マッチポイント』や映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マリッジ・ストーリー』) ジェレミー・レナー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』) ドン・チードル アーロン・テイラー=ジョンソン 
エリザベス・オルセン ポール・ベタニー(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』) コビー・スマルダース(映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』) アンソニー・マッキー(映画『ミリオンダラー・ベイビー』) ヘイリー・アトウェル 
イドリス・エルバ(映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』や映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』) ステラン・スカルスガルド(映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『キューブリックに魅せられた男』) ジェームズ・スペイダー サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』) リンダ・カーデリニ(『グリーンブック』や映画『シンプル・フェーバー』) クローディア・キム
 トーマス・クレッチマン アンディ・サーキス ジュリー・デルピー
ケリー・コンドンら出演。
2021年製作

映画『ブラック・ウィドウ』ネタバレ・あらすじ「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」感想「フローレンス・ピューへ世代交代」結末「ケイト・ショートランド監督は女性活躍社会を牽引」

映画『ブラック・ウィドウ』ネタバレ・あらすじ「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」感想「フローレンス・ピューへ世代交代」結末「ケイト・ショートランド監督は女性活躍社会を牽引」映画『ブラック・ウィドウ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブラック・ウィドウ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブラック・ウィドウ』の作品情報・概要『ブラック・ウィドウ』原題『Black Widow』アメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。スパイ映画。マーベル・コミックに登場する同名キャラクターをベースにしている。2021年製作。ケイト・ショートランド監督作品。脚本はエリック・ピアソン。主演はスカーレット・ヨハンソン。フローレンス・ピュー、デビッド・ハーバー、O・T・ファグベンル) オルガ・キュリレンコ、ウィリアム・ハート、レイ・ウィンストン、レイチェル・ワイズ、エバー・アンダーソン、バイオレット・マッグロウ、ライアン・キエラ・アームストロング。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)直後のナターシャの物語となっている。「家族」「絆」「懐古」そして別れと新たな戦いの火蓋を切る物語となっている「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの24作目。
2021.08.01
アクション映画

映画『アベンジャーズ』ネタバレ・あらすじ「ディズニー配給で世界獲り!」感想「ロバート・ダウニー・Jr.完全復活」結末「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」

映画『アベンジャーズ』ネタバレ・あらすじ「ディズニー配給で世界獲り!」感想「ロバート・ダウニー・Jr.完全復活」結末「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」映画『アベンジャーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アベンジャーズ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アベンジャーズ』の作品情報・概要『アベンジャーズ』原題『Marvel’s The Avengers 』(北米でのタイトル)『Marvel Avengers Assemble 』(英国とアイルランドでのタイトル)は、2012年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。マーベル・コミック原作のスーパーヒーロー映画のクロスオーバー作品である。「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)に属する作品。『アイアンマン』(2008年)『インクレディブル・ハルク』(2008年)『アイアンマン2』(2010年)『マイティ・ソー』(2011年)『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)のクロスオーバー作品。「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスを飾る作品。シリーズ映画最大のヒットの始まりは本映画からと言われている。ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、サミュエル・L・ジャクソン、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ、コビー・スマルダース、ステラン・スカルスガルド、グウィネス・パルトロウ、ポール・ベタニー、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、イエジー・スコリモフスキ、パワーズ・ブースらが出演。
2021年製作

映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ「細田監督は心やさしい人だ」感想「Belle(中村佳穂)の歌が胸に染みる」結末「カンヌで輝く日本アニメは凄い!」

映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ「細田監督は心やさしい人だ」感想「Belle(中村佳穂)の歌が胸に染みる」結末「カンヌで輝く日本アニメは凄い!」 映画『竜とそばかすの姫』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『竜とそばかすの姫』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『竜とそばかすの姫』の作品情報・概要『竜とそばかすの姫』スタジオ地図制作による日本のアニメーション映画。2021年製作。細田守監督作品(『未来のミライ』に続くによる長編オリジナル作品第6作)2021年7月15日に第74回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌ・プルミエール」部門にてワールドプレミア上映。細田監督作品がカンヌ国際映画祭で上映されるのは『未来のミライ』(第71回カンヌ国際映画祭・監督週間)につづいて2作連続である。本作はIMAX版も同時公開される。ディズニー映画『美女と野獣』を彷彿させるが、現代のネット社会をうまく取り込んで表現していると評価が高い。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました