映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」

スポンサーリンク
映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」アクション映画

映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『バーフバリ 伝説誕生』
2015年製作/138分/R15+/インド
原題:Baahubali
配給:ツイン
【監督】
S・S・ラージャマウリ
【原案】V・ビジャエーンドラ・プラサード【脚本】S・S・ラージャマウリ【撮影】K・K・センティル・クマール【美術】サブ・シリル【音楽】M・M・キーラバーニ
【出演】
プラバース 
ラーナー・ダッグバーティ タマンナー アヌシュカ・シェッティ ラムヤ・クリシュナ
 ナーサル 
サティヤラージ

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』外部リンク

HPサイト】
映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト

【予告映像】
映画『バーフバリ 伝説誕生』トレーラー

【公式Twitter
映画『バーフバリ 伝説誕生』

IMDbサイト】
映画『バーフバリ 伝説誕生』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『バーフバリ 伝説誕生』

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』のオススメ度は?

4.0

星4つです

インド映画「凄し!」

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』の作品情報・概要

『バーフバリ 伝説誕生』原題『Baahubali: The Beginning』2015年公開のインド映画。テルグ語、タミル語で撮影された全2部構成の叙事詩的映画『バーフバリシリーズ』の第1作目である。インド国内で最高額の予算で製作された本作は公開直後から高い評価を受け、インドの歴代興行収入最高額を記録。また、興行的に最も成功したテルグ語映画となった。プラバース
、ラーナー・ダッグバーティ、タマンナー、アヌシュカ・シェッティ、ラムヤ・クリシュナ、
ナーサル、
サティヤラージらが出演。

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』の受賞歴

多数

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ

映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ:起

マヒシュマティ王国のシヴァガミはとある理由から赤ん坊を守るため逃げ出し、神に祈って自らの命と引き換えに赤ん坊を守ります。

その子は滝の下の村の者に拾われてシヴドゥと名付けられて大人になりました。その間に何度も滝を登ろうとするシヴドゥでしたが、木の仮面を拾って虜になります。

映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ:承

シヴドゥは招かれるようにして滝の上に到達し、仮面の持ち主であるアヴァンティカ を見つけました。

彼女は仲間と共にマヒシュマティ王国に囚われているデーヴァセーナを助けようと準備を整えていたのです。

シヴドゥは彼女の強さと魅力に惹かれ、寝ている隙にこっそり刺青を施します。

彼女は見知らぬ男に対して怒りをあらわにしますが、それでもシヴドゥは彼女に女性としての魅力があるということに気付かせ、アヴァンティカ はシヴドゥに心を許すように….

しかし、シヴドゥは自分の使命にアヴァンティカ を巻き込めないと考えて彼の下を去ろうとしました。

シヴドゥは追手に襲われる彼女を助けつつ、その使命を自ら全うすることにします。

映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ:転

マヒシュマティ王国に潜入したシヴドゥは「バーフバリ」と多くのものに呼ばれたことを気にかけつつ、護衛に扮して玉座へ。

誰がバーフバリという名を呼び始めたのかと問われる中、シヴドゥは前に出て気を引きます。宮廷内を逃げ回りつつ、捕えられていたデーヴァセーナを助け出しました。

シヴドゥは彼女や王国に使えるカッタッパから実の父であるバーフバリの伝説を聞きます。

その昔、シヴァガミという女性が政治を執り行っていた際に2人の王子がいました。

バーフバリとバラーラデーヴァはどちらも腕っぷしがありましたが、バーフバリは民たちのことをよく考えているという面があったのです。

そうした中、どちらが王になるかを決める大きな戦いが発生。

映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ:結

サケートが国の情報を持って逃走し、バーフバリが彼を捕えるとカーラケーヤが責めてこようとしていることが分かります。

10万の兵を相手にするため、三叉戦法で迎え撃つことになり、2人の王子はそれぞれ準備を整えました。

バーフバリはバラーラデーヴァの父であるビッジャラデーヴァから十分な武器を用意してもらえず、ビッジャラデーヴァはバラーラデーヴァを支援。

それでもバーフバリは機転を聞かせて自軍を勝利に導き、シヴァガミの窮地に駆け付けるという働きを見せます。

バラーラデーヴァは敵将を討ち取りましたが、仲間の犠牲をいとわなかった結果、王として認められなかったのです。

シヴァガミはバーフバリを王としたという話まで聞いたシヴドゥですが、カッタッパがなぜ裏切ったのかー続編にて詳細が語られていきます。

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』の感想・内容

シヴドゥはアヴァンティカ が追われていた際に彼女を助けますが「バーフバリ」と呼ばれ、畏敬の念を抱かれているのを感じつつ困惑していましたね。

マヒシュマティ王国で黄金の像が建設されている場でも、老人を助けた際にまた「バーフバリ」と呼ばれた…。

彼の困惑する様子がさらに伝わっていきます。果たしてバーフバリがその後、どうなったのかが気になる終わりだったので続編が見たくなりましたね。

今作の見どころとして、ダンスや歌のシーンが印象的。シヴドゥが子供のころから大人になるまでにあたり滝に挑んで登ろうとしていましたね。

大人になってからもその挑戦が続くのですが、女神のような姿が見えつつも歌に誘われて登っていくのが凄かったです。

また、ダンスはアヴァンティカ とのシーンがステキでしたね。シヴドゥは踊りながら彼女の髪をほどいたり、口紅を施したりするのは華麗だなと思いました。

アヴァンティカ は戦士として強く生きていましたが、女性としての魅力もあるのだと認識していくようなロマンスが描かれていくのが良かったです。

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』の考察・評価

また、アクションも見ものでしたね。特に10万の兵と戦うシーンはこの時代ならではという感じでした。

バラーラデーヴァはチャリオットなどの兵器を与えられ、敵陣を突っ切る様は迫力が凄かったです。

馬に乗り物を引かせる戦闘には大きなカッターのような刃物が取り付けられており、敵兵を次々と倒していくのは容赦ないなと思いました。

そんなバラーラデーヴァのチャリオットを敵将が破壊した際にはハラハラしましたが、バーフバリが現れて戦うのも見ものでしたね。

戦うための道具を十分に与えられなかったバーフバリですが、赤い布をたくさん集めて一枚の大きな布にして油を染み込ませます。

そうして投石機を使って丸石と共に飛ばし、敵を覆うようにしつつ火を放って一網打尽にしました。

一面が炎上して敵が燃えていく様子は迫力があって、バーフバリの作戦に息を飲みましたね。

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』の結末

勇ましいバーフバリが途中で仲間の危機に駆け付けて、防御網が破壊されたのにも関わらず味方を鼓舞。

焚きつけられた者たちは物怖じせず、敵に向かっていくのも見どころでした。

それぞれが個別に戦うのも見もので、過去でバーフバリが軽やかに剣を振り回したり、バラーラデーヴァがフレイルのような武器を豪快に使ったりするのです。

それぞれの戦いにも目を奪われつつ、国政がらみの関係も気になる物語!どうしてシヴァガミが逃げるにいたったか、バーフバリに起きた出来事と共に続きを見たいと思いました。

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』のキャストについて

王子マヘンドラ・バーフバリ/国王アマレンドラ・バーフバリ(プラバース)
バラーラデーヴァ(ラーナー・ダッグバーティ)
アヴァンティカ(タマンナー)
デーヴァセーナ(アヌシュカ・シェッティ)
シヴァガミ(ラムヤ・クリシュナ)
ビッジャラデーヴァ(ナーサル)
カッタッパ(サティヤラージ)

スポンサーリンク

まとめ 映画『バーフバリ 伝説誕生』一言で言うと!

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画「天気の子」考察、物語の中で出現する「銃」の正体、歌の意味など
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

 

 

スポンサーリンク

映画『バーフバリ 伝説誕生』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
S・S・ラージャマウリ
原案
V・ビジャエーンドラ・プラサード
脚本
S・S・ラージャマウリ
撮影
K・K・センティル・クマール
美術
サブ・シリル
音楽
M・M・キーラバーニ
王子マヘンドラ・バーフバリ/国王アマレンドラ・バーフバリ(プラバース)
バラーラデーヴァ(ラーナー・ダッグバーティ)
アヴァンティカ(タマンナー)
デーヴァセーナ(アヌシュカ・シェッティ)
シヴァガミ(ラムヤ・クリシュナ)
ビッジャラデーヴァ(ナーサル)
カッタッパ(サティヤラージ)
2015年製作/138分/R15+/インド
原題:Baahubali
配給:ツイン

タイトルとURLをコピーしました