映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。

スポンサーリンク
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。お茶の間映画館

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

Mission: Impossible - Rogue Nation (2015) - IMDb
Directed by Christopher McQuarrie. With Tom Cruise, Rebecca Ferguson, Jeremy Renner, Simon Pegg. Ethan and his team take on their most impossible mission yet w...
Final International Trailer
Ethan and team take on their most impossible mission yet, eradicating the Syndicate - an International rogue organization as highly skilled as they are, committ...

 

『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』(132分/G/アメリカ/2015
原題『Mission: Impossible – Rogue Nation

【監督】
クリストファー・マッカリー
【脚本
クリストファー・マッカリー
【製作】
トム・クルーズ J・J・エイブラムス ブライアン・バーク デビッド・エリソン
ダナ・ゴールドバーグ ドン・グレンジャー
【出演】
トム・クルーズ
ジェレミー・レナー
サイモン・ペッグ
レベッカ・ファーガソン

スポンサーリンク
  1. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』フジテレビ 土曜プレミアム2020年 5月9日(土) 21:00~23:40 放送
    1.  5月9日(土) 21:00~23:40 放送
  2. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のオススメ度は?
  3. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要
  4. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の感想・評価・内容・結末
    1. 宇宙での映画製作を明言したトム・クルーズは最強の映画俳優
      1. 今では売れっ子のレベッカ・ファーガソン
    2. 物語は追わなくてもいいです「トム・クルーズ」だけを観れば良い
      1. 女スパイの金字塔はやっぱりエンジェルたち
    3. イーサン・ハントは不死身・無敵の最強スパイだから死にません
      1. ブラアックパンサーは世界各地で監視しています
    4. トム・クルーズ当時53歳「挑戦」することの大切さを伝えてくれた
    5. 映画人として人間としての「生き様」が観える映画
  6. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のキャストについて
    1. イーサン・ハント(トム・クルーズ)
    2. ウィリアム・ブレント(ジェレミー・レナー)
    3. ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)
    4. イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)
  7. まとめ 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメアクション映画】
      1. 映画『フレンチ・コネクション』
      2. 映画『ハンター』
      3. 映画『デス・ショット』
      4. 映画『七人の侍』
      5. 映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』
  9. 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』フジテレビ 土曜プレミアム2020年 5月9日(土) 21:00~23:40 放送

 5月9日(土) 21:00~23:40 放送

世界のトム・クルーズです。世界一のアクションもできる俳優です。唯一無二の存在です。

アクションはできるが演技がイマイチな俳優はたくさんいます。その逆で演技はできるがアクションができない俳優もたくさんいます。

でもトム・クルーズは演技もアクションも両方できるのです。嘘偽りはありません。

役作りでダイエットする俳優はたくさんいますが、そのレベルではありません。

命を削っての映画製作です。

トム・クルーズを観よ!です。

スポンサーリンク

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のオススメ度は?

3.0

3つです

トム・クルーズだけを観て欲しい

スタント無しです

CG合成もほぼ無し

当時53歳です

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible – Rogue Nation2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ

イーサン・ハント(トム・クルーズ)は世界最高にエージェント、つまりスパイである。最高というのは頭脳明晰で体力も精神力も最強であること。IMFImpossible Mission Force、不可能作戦部隊)に所属して世界の治安を乱す者たちを監視している。ハントの元に謎の犯罪組織「シンジケート」の情報が寄せられた。ハントは調査のために飛ぶ。彼らは世界中の国々から集められた優秀なスパイがあ作ったならずもの国家(ローグ・ネイション)を自称していた。悪を許せないハントは彼らの陰謀を阻止するために動くが、、、。

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の感想・評価・内容・結末

宇宙での映画製作を明言したトム・クルーズは最強の映画俳優

もうトム・クルーズには言うことはありません。と言うか「お腹いっぱい」の映画です。

若い方はトム・クルーズのことを「アクション俳優」を思っているかもしれません。でもトムは演技派の俳優であることは間違い無いのです。

過去作をザッと眺めると素晴らしい作品だなあっと今さらながらにため息が出ます。わたしの個人的な趣向で並べてみます。

『マグノリア』(1999年)

『アイズ ワイド シャット』(1999

『バニラ・スカイ』(2001

74日に生まれて』(1989

『レインマン』(1988

『ザ・エージェント』(1996

ご覧になった方の多くはおそらくご年配だと思いますが、本当に素晴らしい演技の俳優でした。

もちろん今もいい演技をしますが、最近は命を削るような作品に積極的に出演しています。もちろんプロデューサーとしても参加しています。

もうガムシャラに映画製作に励んでいるように見えます。今後も年齢という体力的なハンディを乗り越えて映画を作り続けるかと思います。

先日、発表されましたが、トム・クルーズは宇宙での映画製作を明言しました。今は「死なないで欲しい」と願うばかりです。

今では売れっ子のレベッカ・ファーガソン

物語は追わなくてもいいです「トム・クルーズ」だけを観れば良い

さて、本映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』は1996年製作の『ミッション:インポッシブル』シリーズ第5弾です。

スパイ映画です。最初から書いておきますが、スパイ映画にはお約束事があります。裏切りです。

必ず親しい人が敵側と内通しているという常道の物語です。ですからスパイ映画を観ていると「コイツが怪しい」ということばかり気になってしまい、物語に追いつけなくなります。

でもそれはそれでいいのです。なぜなら、スパイ映画の結末は「必ず正義は勝つ!」でまとまります。

もっと言うなら「アメリカ側が勝つ!」ことがほとんどです。

本映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』は世界中を飛び回りますし、世界各国のリーダーの名前や政治が絡んできます。

こういう世界常識を散りばめた内容に女性や子どもは弱いかと思います。

でも気にしないでください。「え、なんで今イギリスのいるの?」とか「オーストリアの首相死んじゃったけど、、、」とか「モロッコに来ちゃったけど」などと考えてはダメです。

トム・クルーズだけを観ていればいいのです。

良いですか、確かに変貌する国際情勢の危機の中、世界平和のために戦うイーサン・ハントことトム・クルーズですが、わたしたちがこの映画から刺激を受けて自ら「世界の悪を倒す!」「わたしもスパイになる」などと誓うのだけは止めてください。

良いですか、本映画はトム・クルーズだけを観ていれば良いのです。

女スパイの金字塔はやっぱりエンジェルたち

イーサン・ハントは不死身・無敵の最強スパイだから死にません

でも一応、簡単に物語をご説明します。

イーサン・ハント(トム・クルーズ)は腕の良いエージェントです。スパイのことです。

頭脳明晰、体力も精神力もスバ抜けています。誰もイーサンに勝つことはできません。無敵です。

彼は過去に引退したり復活したりを繰り返しています(引退ビジネスで大成功しているプロレスラーの大仁田厚さんよりは少ないですが)イーサンが現れるところに危機ありで、世界の悪の巣窟の現場があります。

であるなら、イーサンがいなくなれば悪者もいなくなると言えます。イーサンがいると世界は騒乱に巻き込まれると言っても良いのです。

それで本映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』は世界中のスパイが集まってならずもの国家(ローグ・ネイション)を作っています。

何やら悪巧みをしていることに危機を察知したイーサンが彼らの陰謀を阻止する話です。

たった一人でならずものたちに立ち向かっていきます。「絶対死ぬでしょ!」などのツッコミは厳禁です。

イーサンは不死身・無敵なのです。

ブラアックパンサーは世界各地で監視しています

映画『ブラックパンサー』ネタバレ・あらすじ・感想。マーベル初黒人ヒーローがトランプ大統領にパンチ!
映画『ブラックパンサー』ネタバレ・あらすじ・感想。マーベル初黒人ヒーローがトランプ大統領にパンチ!映画『ブラックパンサー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブラックパンサー』ディズニー・スタジオ公式サイトならびにIMDbサイトも案内しています。作品情報・キャスト情報をご確認できます。 映画『ブラックパンサー』の作品情報・概要『ブラックパンサー』『Black Panther』2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとして第18作品目の映画となる。製作はマーベル・スタジオ。配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。ライアン・クーグラー監督作品。出演はチャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ。2019年(第91回)アカデミー賞で、ルドウィグ・ゴランソンが作曲賞、ハナー・ビーチラーが美術賞、ルース・E・カーターが衣装デザイン賞を受賞。

トム・クルーズ当時53歳「挑戦」することの大切さを伝えてくれた

それで上記しましたが、イーサンは世界中を飛びわ回ります。何度も死にそうになります。

しかしどんな時も死の寸前で切り抜けます。わかっていても手に汗を握ります。

これが『ミッション:インポッシブル』シリーズの一番の魅力なのです。「わかっているのに止められない」のです。

この際、注意して欲しいのは1962年生まれのトムと製作された年をカウントして置くことです。本映画は2015年製作です。

トム・クルーズは53歳ですよ。53歳でこの動きってあり得ないでしょ。上半身裸が出てきますがほとんど贅肉がついていません。

それがすごいのです。つまりトム・クルーズは映画を作るために常日頃から節制している証拠であり、「挑戦する」ことの素晴らしさと「人生を生きる」意味について大スクリーンからメッセージを送っているのですよ。

まずはアクション。世界中のトムファンが一番心配したのは何と言っても飛行機に飛び移り、翼を走り、ドアにしがみ付いている場面です。

スタントは一切使っていません。しかも本当に空を飛んでいます。

高度5千フィートです。1500メートル上空ですよ。

繰り返しますが、飛行機が空を飛んでいるんですよ。その中で演技をするんですよ。まさに狂気の沙汰ですよ。この飛行機の撮影は8回やったそうです。

クレイジーでしょ!

決死の飛行機スタントに言及!映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』今だから言える“ぶっちゃけ裏話”映像

映画人として人間としての「生き様」が観える映画

その他、格闘アクションもカーアクションもバイクも高所からの飛び降りも全部トム・クルーズがやっています。

まあ、それは過去作でもやっていたので驚かないのですが、もう一つ注目してい欲しいのはやっぱり水中シーンですね。3分間、息を止めて演技をしなければいけません。

ワンテイクです。このシーンのために呼吸法を習得してトムは最終的に6分間も息を止めることができることになったそうです。

もうおかしいでしょ!確かに職業として俳優を選んだわけですが、ここまでやり切る俳優は世界にトム・クルーズくらいではないでしょうか。

体重の増減で役作りで話題を振りまく俳優は多くいます。でもそれってそんなに難しいことではないと思うのです。

ちゃんとした指導者や経験者からのアドバイスを受ければ良いからです。でもトム・クルーズの狂気の役作りにおいては先駆者がいないと思うのです。

だから毎回、命がけなんですよね。今では保険会社が加入に異議を唱えているそうです。ここまで映画に情熱を注ぐ俳優を観ない理由はありません。

人間としても生き様を見習いたい映画です。

もう一度書きますが「映画の物語は特に気にしない」で良いのです。

トム・クルーズだけを観てください。

わたしたちが世界の陰謀論に首を突っ込もうとしても無理ですし、もしそうなったらアッサリと殺されちゃいます。

おそらく、トム・クルーズは映画撮影の最中に「死ねたら本望」と考えているのではないでしょうか。

今後、トムに期待したいのはアクションプラス、『マグノリア』のような怪奇な演技を内包した作品を作って欲しいです。

イルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソンは良かったですよ。本作以降の活躍が目覚ましいです。

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のキャストについて

イーサン・ハント(トム・クルーズ)

IMFImpossible Mission Force、不可能作戦部隊)のベテランエージェント。スパイ。頭脳、体力、精神力に優れている。どんな危険に陥っても乗り越えられる人間。もうトム・クルーズにはあっぱれです。というか「お腹いっぱい」です。今やアクション俳優です。本映画ではほとんどのアクションを自らやっています。体もとても50歳を超えている人間とは思えません。

ウィリアム・ブレント(ジェレミー・レナー)

イーサン・ハントの直属の上司。IMFをこよなく愛する。本作では解体の危機になったが、ハントのおかげで復活。そして棚から牡丹餅で長官になる。ジェレミー・レナーは腰が据わった演技でした。落ち着きがあります。信頼もできる人物です。

ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)

イーサン・ハントの友人であり相棒。コンピュータスキルが抜群。ハントを助けることが仕事ですが、本作では人質になります。サイモン・ペッグはこのようなアクションとスリルが溢れる映画にはもってこいだと思います。このちょっと間抜けた雰囲気がとてもいいエッセンスになっています。ほっとする演技ですね。

イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)

イギリスMI6の諜報員。ハントを助けたり裏切ったりします。レベッカ・ファーガソンは本映画で大躍進することになります。どこか影にある雰囲気です。しっとりとした瞳が魅力です。演技も良かったです。短期間で格闘技を習得したそうです。

まとめ 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』一言で言うと!

「映画になりたい」

トム・クルーズを観ているこんな言葉が去来してきます。相撲取りは「土俵で死ねたら本望」とか芸人が「舞台で死にたい」などと言って仕事愛を表現しますが、トムの場合はそれらを凌駕しているとしか思えません。命のカウントがいくつあっても足りない気がします。本当に映画の撮影中に亡くなったらシャレになりませんが、案外トムはそう願っているのかもしれません。

合わせて観たい映画

【オススメアクション映画】

映画『フレンチ・コネクション』

ジーン・ハックマンが走る走る走る

映画『フレンチ・コネクション』ネタバレ・あらすじ・結末。“相棒ムービー”の決定版。水谷豊はジーン・ハックマンを見ただろう。
1971年製作のアメリカ映画。原作『The French Connection』(ロビン・ムーア )による同名のノンフィクション小説を映画化。第44回アカデミー賞に8部門でノミネートされ、作品賞、 監督賞、 主演男優賞、 脚色賞、編集賞の5部門を受賞した。主演はジーン・ハックマン。本作で世界的なスターになった。映画『フレンチ・コネクション』インターネット・ムービー・データベースにて作品情報・キャストについてご確認ください。

映画『ハンター』

スティーブ・マックィーンも自らスタンとしてます

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

映画『デス・ショット』

ブルース・ウイルスはアクションしているのでしょうか

『デス・ショット』最初から“ハリウッド”満載。カーアクションと銃撃戦で全く飽きない
全米を震撼させる凶悪な銀行強盗を一銀行マンが追跡し、戦う物語。それを助けるのが元警察官で隣人の男。演じるのはブルース・ウイルス。ハリウッドお決まりのカーアクションと銃撃戦。途中、ブルース・ウイルスが加勢して一件落着。ブルースは引退した警察官として出演。最後の最後に美味しいところを持っていきます。

映画『七人の侍』

黒澤明はリアリティーにこだわった

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし!
映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし! 映画『七人の侍』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の侍』IMDbサイトもご紹介し、作品・キャスト情報等もご確認頂けます。 映画『七人の侍』の作品概要 『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画。黒澤明監督作品。主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。東宝製作・配給。1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞し日本国民を歓喜の渦に巻き込み希望をもたらした。

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』

ドウェイン・ジョンソンはは肉体派アクション俳優代表

金曜ロードSHOW!映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』ネタバレ・あらすじ・結末。ドウェイン・ジョンソン映画史上最強ヒーロー。「友情映画」の鉄板。
映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』IMDbサイトの作品情報・キャスト情報への紹介もしています。映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の作品概要 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』原題『Jumanji: Welcome to the Jungle』は、2017年にアメリカ合衆国で公開されたアクション・冒険・コメディー映画。ロビン・ウイリアムズ主演の『ジュマンジ』の続編。前作から20年後を舞台にゲームの中に閉じ込められた高校生たちの冒険を描いている。ドウェイン・ジョンソン、ケビン・ハート、ジャック・ブラック、カレン・ギラン出演。監督はジェイク・カスダン。同時期に劇場公開されていた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』』をトップから引きずり下ろした。
映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
クリストファー・マッカリー
製作
トム・クルーズ J・J・エイブラムス ブライアン・バーク デビッド・エリソン ダナ・ゴールドバーグ ドン・グレンジャー
製作総指揮
ジェイク・マイヤーズ
原作
ブルース・ゲラー
原案
クリストファー・マッカリー リュー・ピアース
脚本
クリストファー・マッカリー
撮影
ロバート・エルスウィット
美術
ジム・ビゼル
衣装
ジョアンナ・ジョンストン
編集
エディ・ハミルトン
音楽
ジョー・クレイマー
テーマ曲
ラロ・シフリン
イーサン・ハント(トム・クルーズ)
ウィリアム・ブレント(ジェレミー・レナー)
ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)
イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)
ルーサー・スティッケル(ビング・レイムス)
ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)
アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)
アトリー(サイモン・マクバーニー)
イギリス首相(トム・ホランダー)
ヤニク・ヴィンター(イエンス・フルテン)
2015年製作/132分/G/アメリカ
原題:Mission: Impossible – Rogue Nation
配給:パラマウント

タイトルとURLをコピーしました