映画『トイ・ストーリー3』ネタバレ・あらすじ・感想。アンディとウッディ&おもちゃの「人間成長物語」人生とは別れと出会いの連続である。

映画『トイ・ストーリー3』ネタバレ・あらすじ・感想。アンディとウッディ&おもちゃの「人間成長物語」人生とは別れと出会いの連続である。アニメーション

映画『トイ・ストーリー3』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『トイ・ストーリー3IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

ディズニー公式|Disney.jp
ディズニーの公式サイト。映画、ブルーレイ・オンデマンド、音楽、イベント・ライブ、パーク&リゾート、モバイル、ゲーム、キャラクター、ショッピングなどディズニーの最新情報をお届けします。 - ディズニー公式|Disney.jp
Toy Story 3 (2010) - IMDb
Directed by Lee Unkrich. With Tom Hanks, Tim Allen, Joan Cusack, Ned Beatty. The toys are mistakenly delivered to a day-care center instead of the attic right ...
Toy Story 3: Trailer #2
Woody, Buzz, and the rest of their toy-box friends are dumped in a day-care center after their owner, Andy, departs for college.

 

『トイ・ストーリー3』(103分/G/アメリカ/2010
原題『Toy Story 3

【監督】
リー・アンクリッチ
【脚本】
マイケル・アーント
【製作】
ダーラ・K・アンダーソン
【出演】
トム・ハンクス
ティム・アレン
ジョーン・キューザック
ネッド・ビーティ
ドン・リックルズ
マイケル・キートン

 

スポンサーリンク
  1. 映画『トイ・ストーリー3』日本テレビ金曜ロードSHOW! 2020.5.8 よる9時~10時54分放送
    1. 2020.5.8 よる9時~10時54分放送
      1. トム・ハンクスさん、コロナ克服快気祝い
  2. 映画『トイ・ストーリー3』のオススメ度は?
  3. 映画『トイ・ストーリー3』の作品情報・概要
  4. 映画『トイ・ストーリー3』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『トイ・ストーリー3』の感想・評価・内容・結末
    1. シリーズ最高傑作です
      1. すべてはここから始まった!おもちゃ映画の金字塔
    2. アンディもウッディも人間として成長した
      1. これがシリーズ最終作品になるかもです
    3. おもちゃの役目をまっとうしたウッディたち
      1. ピクサー映画最高傑作と呼び声の高い作品
    4. アンディがウッディだけを大学へ運ぶ意味は、、
    5. おもちゃが安心して暮らせる場所を探して
      1. やっぱり『アナ雪2』は必見です
    6. 「おもちゃは見かけに寄らない」と思わせたヴィラン
    7. 涙腺決壊の演出に大満足
      1. 遂に『スター・ウォーズ』シリーズが終わりました
    8. 誰もが経験する“濃密な創造世界”がある
    9. おもちゃがアンディの成長に貢献した
      1. ラプンツェルの成長速度は尋常じゃないほど早い
    10. 人生に別れは絶対に必要な出来事
      1. ディズニー作品でもっとも泣けた実写映画
  6. 映画『トイ・ストーリー3』のキャストについて
  7. まとめ 映画『トイ・ストーリー3』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメディズニー映画】
      1. 映画『アナと雪の女王2』
      2. 映画『美女と野獣(1991)』
      3. 映画『塔の上のラプンツェル』
      4. 映画『アラジン』
  9. 映画『トイ・ストーリー3』の作品情報

映画『トイ・ストーリー3』日本テレビ金曜ロードSHOW! 2020.5.8 よる9時~10時54分放送

2020.5.8 よる9時~10時54分放送

トム・ハンクスさん、コロナ克服快気祝い

『トイ・ストーリー』と言ったらトム・ハンクスです。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹り、世界中の映画ファンを心配させました。

しかし見事、完治しました。

新型コロナウイルスに感染して、最初に実名公表した有名人と言っていいでしょう。

彼が感染を公表した功績はとても大きかったと言えます。世界中の人々に「誰もが感染する危険性がある」と認識させたからです。

そして本作のテレビ放送。トム・ハンクスの声は唐沢寿明さんです。

わたしたち日本人にはウッディの声はもう彼しか想像できませんが、できることならトム・ハンクスの快気祝いとして観るのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

映画『トイ・ストーリー3』のオススメ度は?

4.0

4つです

アンディの成長物語

ウッディの成長物語

おもちゃの使命は?

アンディの使命は?

「別れ」があるから人生が輝く

スポンサーリンク

映画『トイ・ストーリー3』の作品情報・概要

『トイ・ストーリー3』原題『Toy Story 3』は、アメリカ合衆国のピクサー・アニメーション・スタジオが製作したフルCGの長編アニメーション映画。シリーズ第三弾。最高のヒット作となる。前2作で監督を務めたジョン・ラセターは製作総指揮に付く。2010年第83回アカデミー賞にて5部門にノミネートされ、長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞。アニメ作品で作品賞にノミネートされるという快挙も果たした(『美女と野獣』『カールじいさんの空飛ぶ家』に続き三作目である)

スポンサーリンク

映画『トイ・ストーリー3』のあらすじ・ネタバレ

アンディは17歳になり大学へと進学する。引越しの荷造りが大変だ。母親からおもちゃの整理について問われ、妹も広いアンディの部屋に早く移りたいと言ってくる。おもちゃたちの心境は複雑だ。ウッディは10年来、アンディと過ごしたが最近はめっきり遊んでもらえない。アンディは大学行きの荷物の中にウッディだけを入れて残りは屋根裏部屋へ運ぼうと考えている。しかしアンディが目を離した隙に母親が屋根裏部屋行きのおもちゃをゴミと間違えて捨ててしまう。誤って捨てられたおもちゃを助けるべくウッディは決死の覚悟でゴミ収集車へ向かう、、、。

スポンサーリンク

映画『トイ・ストーリー3』の感想・評価・内容・結末

シリーズ最高傑作です

映画におけるシリーズ物って第三作くらいになるともう「飽き飽き」してくるんです。大体の筋が読めるのです。

『ハリポッター』も『ロード・オブ・ザ・リング』もそうですし、『スターウォーズ』シリーズも辛いものがあります。

でも、でもです。この『トイ・ストーリー3』はシリーズ最高傑作と断言してもいいと思います

間違いなくここで終わっておくべきでした。2019年に『トイ・ストーリー4』が公開されましたが、これには閉口せざるを得ませんでした。

すべてはここから始まった!おもちゃ映画の金字塔

アンディもウッディも人間として成長した

この『トイ・ストーリー3』が素晴らしいのはやはり人間成長物語があるからです。「人間?」とツッコミが入りますが、そんな屁理屈は無しとしましょう。

ウッディたちおもちゃの成長が著しいのです。結論から言いますと、ウッディたちは持ち主であるアンディと別れます。

この別れ方が実に良いのです。ウッディも別れを選びますが、最終的な別れの決定はアンディがします。ここなんです。ここがとても大事なのです。

これがシリーズ最終作品になるかもです

おもちゃの役目をまっとうしたウッディたち

アンディはウッディと10年来の友人です。

おもちゃの役割は「持ち主に楽しんでもらうこと」です。十二分に楽しんでもらったと思います。

そしてアンディは17歳になり大学へ進学することになります。引越しの準備をしています。もう青年になったアンディはあまりおもちゃに興味を持っていません。

母親に言われるがごとくおもちゃの整理に入ります。多くのおもちゃは捨てられるか、よくて廃品回収に出されるかです。

ピクサー映画最高傑作と呼び声の高い作品

アンディがウッディだけを大学へ運ぶ意味は、、

大学行きの段ボールにウッディだけを愛おしそうに詰め込んで残りは屋根裏部屋へ片付けることにしました。

しかし手違いからゴミ捨て場に運ばれることになりました。

ここから物語が大きく動いていきます。ウッディはゴミ収集車に運ばれた仲間を救出します。

そして救出されたおもちゃたちはひょんなことから託児所「サニーサイド保育園」に運ばれます。

そこにはたくさんの子供がいて、おもちゃたちは新しい持ち主に胸をときめかしますが、子供たちはまだおもちゃの扱い方を知らないため、ひどい仕打ちを受けます。

おもちゃが安心して暮らせる場所を探して

しかしこの保育園には古参のおもちゃたちが牛耳っており、安心して暮らしていけません。

ウッディはアンディの元へ取ろうとした矢先にボニーという女の子に拾われます。

これが運命の出会いとなります。ボニーはとても恥ずかしがり屋です。

そしておもちゃの扱いがとても優しいのです。そしてウッディは保育園の仲間たちのことが気になります。

なんとかアンディの屋根裏部屋に連れ戻したいのです。しかしことは上手く運びません。

やっぱり『アナ雪2』は必見です

「おもちゃは見かけに寄らない」と思わせたヴィラン

本映画『トイ・ストーリー3』に登場するヴィラン(悪役)はピンク色のクマの人形です。

ロッツォ・ハグベアと言います。イチゴの匂いがするそうです。

『トイ・ストーリー』のヴィランはシドという悪ガキの人間でした。『トイ・ストーリー2』では、プロスペクターという爺さんと、おもちゃの高額売買を生業とする人間でした。

しかし本作ではとても愛嬌のあるピンクのクマです。『美女と野獣』のテーマではありませんが、人は見かけに寄らないならぬ「おもちゃは見かけに寄らない」となります。

涙腺決壊の演出に大満足

さてさて、物語は勧善懲悪と進みます。それはオッケーです。

ピクサーとディズニーは子どもたちに夢と希望を与えてくれますから、この王道は守って頂かないといけません。

わかっていても「泣ける」のです。涙腺を決壊させる演出の数々が本当に素晴らしいのです。

わたしに訪れた第一回目はゴミ焼却場の場面です。ウッディたちは燃え盛る溶鉱炉へ落とされそうになります。一同、覚悟を決めます。

みんなが迫るくる火を目前に手を繋ぐのです。「死ぬときは一緒だよ」という言葉が飛来します。

もう本当に焼かれる寸前に奇跡的に助かります。もう涙、決壊です。ここはたまりません。

遂に『スター・ウォーズ』シリーズが終わりました

誰もが経験する“濃密な創造世界”がある

そして一番感動した場面は最後の最後にきます。アンディーとボニーがおもちゃの引き継ぎをする場面です。

成長したアンディがボニーにおもちゃの素晴らしさを語ります。恥ずかしがり屋のボニーが心を開いていきます。

当初、アンディはウッディだけは新居へ持っていくつもりでしたが、ボニーがウッディを気に入っているためあげることにします。

ここでもアンディの気持ちがわかります。わたしたちも同じような経験をしたことがあると思います。

ずっと大切にしてきた物を失う時の感情には濃密な創造世界がさざ波のように押し寄せてくるのです。

大切にしてきた物への愛着は単なる思い出ではなく、そこには純粋は世界があったからです。

だからアンディがウッディを手放す時の気持ちがわたしたちの心の琴線に強烈に触れるのです。この映画の醍醐味はここにあると思います。

おもちゃがアンディの成長に貢献した

もちろんウッディも然り。

アンディと過ごした世界と別れを決意し、新しい持ち主のボニーの世界へと身を委ねるのです。

ここには「アンディよ、未来へ行け」とか「アンディ、君の人生は輝く」といったエールが聞こえてきました。

先に上げた人間成長物語とはあの腕白であったアンディが優しい青年に成長したこと、そしてウッディたちおもちゃも一人の子どもを優しい青年へと成長させた責任を果たしたおもちゃといった二つのことが上げられます。

ラプンツェルの成長速度は尋常じゃないほど早い

人生に別れは絶対に必要な出来事

話は変わりますが、なんでもかんでも物を捨てる人っていますよね。捨てる美学を語る人たちが。

気持ちはわからないでもないですが、わたしも中々決心ができなくて捨てられない性格です。かと言ってゴミ部屋にはしたくないです。

ただ、人生には別れは絶対的に必要不可欠なことだと思います。

別れる時の一瞬の感情だけで良いと思うのです。

それは感謝の気持ちだと思います。

もっとはっきりいうと「新しい未来へ向かう」という決意で別れるのが最良かと思います。

コロナでSTAY HOME状態の中、部屋の片付けをした人も多いと思います。

色んな思い出を発掘して、余韻に浸ったりしたことでしょう。

コロナも間も無く過去の残骸となる日が来るでしょう。

今日、この日を過ごしていることを数年後、思い出すかもしれません。

その時は笑っている自分でいたいと思わせてくれる映画でした。

ディズニー作品でもっとも泣けた実写映画

スポンサーリンク

映画『トイ・ストーリー3』のキャストについて

ウッディ(トム・ハンクス)

バズ・ライトイヤー(ティム・アレン)

ジェシー(ジョーン・キューザック)

ロッツォ・バブベア(ネッド・ビーティ)

ミスター・ポテトヘッド(ドン・リックルズ)

ケン(マイケル・キートン)

ウッディ(日本語吹き替え)唐沢寿明

ジェシー(日本語吹き替え)日下由美

バズ・ライトイヤー(日本語吹き替え)所ジョージ

レックス(日本語吹き替え)三ツ矢雄二

ハム(日本語吹き替え)大塚周夫

スポンサーリンク

まとめ 映画『トイ・ストーリー3』一言で言うと!

「人生にとって別れは必要なこと」

生きるにおいて「別れ」は絶対に必要なことです。いつまでも過去にここだわる人生は無意味に感じます。『ニュー・シネマ・パラダイス』のアルフレッドがローマへ旅立つトトに言います「二度と戻ってくるな。郷愁はお前をダメにする」若い時、この言葉を聞いて「?」と思いましたが、今は十二分に理解できます。なぜなら時間は未来へしか進まないからです。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメディズニー映画】

映画『アナと雪の女王2』

ディズニー史上最高のプリンセス誕生

【ネタバレ考察】映画『アナと雪の女王2』あらすじ・解説・結末。オラフ声優武内駿輔さんOK。
ディズニー映画『アナと雪の女王2』ネタバレ・あらすじ・解説・結末まで書いています。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作によるアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。『アナと雪の女王』(2013年)の続編。2019年11月22日に日米同時公開。キャッチコピーは「なぜ、エルサに力は与えられたのか」前作ではアナが主人公だったが本作ではエルサが主人公となっている。

映画『美女と野獣(1991)』

「人は見かけに寄らない」野獣に恋した女性

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『塔の上のラプンツェル』

ラプンツェルは18年間「STAY HOME」しました

映画『塔の上のラプンツェル』ネタバレ・あらすじ。コロナ王国のプリンセス。誘拐・監禁・STAY HOME18年から自由と結婚をGET!
映画『塔の上のラプンツェル』コロナ王国のプリンセス。誘拐・監禁・STAY HOME18年から自由と結婚をGET! 映画『塔の上のラプンツェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『塔の上のラプンツェル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『塔の上のラプンツェル』の作品情報・概要 『塔の上のラプンツェル』原題『Tangled』2010年のアメリカ合衆国のアニメ映画。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目。原作のグリム童話『ラプンツェル(髪長姫)』をモチーフに製作。 

映画『アラジン』

プリンセスと泥棒の恋物語

ディズニー映画『アラジン』実写 ウィル・スミスが青い ネタバレ・あらすじ・評価・結末
『千夜一夜物語』の一つにこの『アラジン』がある。不朽の名作と言われる所以は恋愛、友情、ファンタジーを喜怒哀楽の表現で進行していく。子供から大人まで、アジアからヨーロッパ、アフリカの人々誰もがわかりやすい物語が特徴である。今回ディズニーが実写化した。監督はガイ・リッチー。ウィル・スミスの演技が全篇で楽しめる。
スポンサーリンク

映画『トイ・ストーリー3』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
リー・アンクリッチ
製作
ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮
ジョン・ラセター
原案
ジョン・ラセター アンドリュー・スタントン リー・アンクリッチ
脚本
マイケル・アーント
編集
ケン・シュレッツマン
音楽
ランディ・ニューマン
美術監督
堤大介
ウッディ(トム・ハンクス)
バズ・ライトイヤー(ティム・アレン)
ジェシー(ジョーン・キューザック)
ロッツォ・バブベア(ネッド・ビーティ)
ミスター・ポテトヘッド(ドン・リックルズ)
ケン(マイケル・キートン)
レックス(ウォーレス・ショーン)
ハム(ジョン・ラッツェンバーガー)
ミセス・ポテト(ヘッドエステル・ハリス)
アンディ(ジョン・モリス)
バービー(ジョディ・ベンソン)
ボニー(エミリー・ハーン)
アンディの母(ローリー・メトカーフ)
スリンキー・ドッグ(ブレイク・クラーク)
チャッターホン(テディ・ニュートン)
チャックルズ(バド・ラッキー)
モリー(ベアトリス・ミラー)
バス・ライトイヤー(スペイン語)(ハビエル・フェルナンデス=ペーニャ)
ミスター・ブリックルパンツ(ティモシー・ダルトン)
ボニーの母(ロリ・アラン)
トリクシー(クリスティン・スカール)
バターカップ(ジェフ・ガーリン)
ドーリー(ボニー・ハント)
トゥイッチ(ジョン・サイガン)
エイリアンたち(ジェフ・ピジョン)
ストレッチ(ウーピー・ゴールドバーグ)
チャンク(ジャック・エンジェル)
軍曹(R・リー・アーメイ)
スパークス(ジャン・ラブソン)
シド(エリック・フォン・デットン)
お豆3兄妹(チャーリー・ブライト)
お豆3兄妹(アンバー・クローナー)
お豆3兄妹(ブリアンナ・メイワンド)
ジャック・ウィリス
ウッディ(日本語吹き替え)唐沢寿明
ジェシー(日本語吹き替え)日下由美
バズ・ライトイヤー(日本語吹き替え)所ジョージ
レックス(日本語吹き替え)三ツ矢雄二
ハム(日本語吹き替え)大塚周夫
ミスター・ポテトヘッド(日本語吹き替え)辻萬長
ミセス・ポテトヘッド(日本語吹き替え)松金よね子
スリンキー・ドッグ(日本語吹き替え)永井一郎
ロッツォ・バグベア(日本語吹き替え)勝部演之
バービー(日本語吹き替え)高橋理恵子
アンディ(日本語吹き替え)小野賢章
ケン(日本語吹き替え)東地宏樹
2010年製作/103分/G/アメリカ
原題:Toy Story 3
配給:ディズニー