ライター紹介

スポンサーリンク

わたしの自己紹介をさせて頂きます。 Lucky gender(ラッキー・ジェンダー)と言います。

ざっくり言うと“報われない世代出身”で、大学を卒業した時は不景気でした。

若い人を使うのが上手いプロダクションで営業から制作とあらゆる業務をこなしました。10年以上、ほぼ休み無しです。

金曜日20時の再発注が怖かったです。

次第に心身のバランスが崩れて休職、そして退職しました。

極度の“鬱状態”に陥りました。

現代社会が抱えるうつ病という病です。

それから人生を見つめました。「何事にもとらわれない生き方を!」です。

今はごく少ない友人たちと小さな仕事をしながらブログをやってます。

社畜の生活も懐かしいと思えるようになりました。

今、一番大事にしていることは「静寂と知性とユーモア、そしてアート」のある暮らしです。

芸術の中で一番好きなのは映画なんです。

映画がわたしを生かしてくれてます。

プロダクション時代もずっと映画だけは観ていました。

「映画は映画館で観る!」を貫いています。年間、200本は映画館で観ています。

最近は映画に影響されて性の多様性、人格の多様性の時代が来たと感じています。

わたし自身、多様性を持った人間です。

性別という括りもありません。

男女もありません。

適当をモットーに頑張りますのでお付き合いくださいね。

スポンサーリンク

ラッキーマスクマン2号 映画素人のアニメ好きです

たまにお世話になります。ラッキーマスクマン2号です。

Lucky gender(ラッキー・ジェンダー)さんの様に詳しくありません。

アニメ好きですが、声優とかには詳しくありません。

あくまでも作品が好きって感じです。

私の率直な感想をわかりやすく書いていければ良いかと思います。

よろしくお願いします。