パニック映画

スポンサーリンク
2022年製作

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
2022.07.02
いじめ・陰湿映画

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」映画『時をかける少女(2006)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『時をかける少女(2006)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『時をかける少女(2006)』の作品情報・概要『時をかける少女』細田守監督作品(映画『竜とそばかすの姫』)。英題『THE GIRL WHO LEAPT THROUGH TIME』2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された日本のSFアニメ映画。原作は筒井康隆。アニメーション制作はマッドハウス。 第30回 日本アカデミー賞(2007年)ではアニメーション作品賞を受賞。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」オリジナル映画は原田知世主演(映画『あなたの番です 劇場版』)、大林宣彦監督(映画『ふりむけば愛』)の『時をかける少女』がある。声優は仲里依紗(『生きてるだけで、愛。』)、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、関戸優希、桂歌若、安藤みどり、立木文彦(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』や映画『リメンバー・ミー』)、山本圭子らが担当。
アクション映画

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」 映画『ジュラシック・パークIII』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・パークIII』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・パークIII』の作品情報・概要『ジュラシック・パークIII』原題『Jurassic Park III』2001年に公開されたアメリカ映画。ジョー・ジョンストン監督作品。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くシリーズ第3作である。ユニバーサル映画提供。前2作はスティーブン・スピルバーグ(映画『ウエスト・サイド・ストーリー』や『E.T.(イーティー)』)監督。サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ、アレッサンドロ・ニボラ(映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』)、トレバー・モーガン、マイケル・ジェッター、ジョン・ディール、ブルース・A・ヤング、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』)らが出演。
2022年製作

映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ・あらすじ「トップ・オブ・エンタメ作品決定!」感想「トム・クルーズ“驚異と狂気“!」結末「次回作は宇宙で撮影!」

映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ・あらすじ「トップ・オブ・エンタメ作品決定!」感想「トム・クルーズ“驚異と狂気“!」結末「次回作は宇宙で撮影!」映画『トップガン マーヴェリック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『トップガン マーヴェリック』の作品情報・概要『トップガン マーヴェリック』原題『Top Gun: Maverick』2022年公開予定のアメリカ合衆国のアクション映画。1986年の『トップガン』の続編。ジョセフ・コシンスキー監督作品。脚本はアーレン・クルーガー、エリック・ウォーレン・シンガー、クリストファー・マッカリーが務めている。トム・クルーズ(映画『トップガン』や映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、ジョン・ハム(映画『リチャード・ジュエル』や映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』)、グレン・パウエル(映画『ガーンジー島の読書会の秘密』)、ルイス・プルマン、チャールズ・パーネル、バシール・サラディン、モニカ・バルバロ、ジェイ・エリス、ダニー・ラミレス、グレッグ・ターザン・デイビス、エド・ハリス 、バル・キルマー(映画『ソング・トゥ・ソング』)、リリアナ・ウレイ、アンソニー・エドワーズ、メグ・ライアン(映画『めぐり逢えたら』)らが出演。
2022.06.21
アクション映画

映画『トップガン』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズが世界へ」感想「青春映画」結末「米海軍全面協力」

映画『トップガン』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズが世界へ」感想「青春映画」結末「米海軍全面協力」映画『トップガン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トップガン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『トップガン』の作品情報・概要 『トップガン』(原題: Top Gun)は、1986年のアメリカのアクションドラマ映画。1986年の全米興行成績1位を記録。トニー・スコット監督作品。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマー(映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』)、脚本はジム・キャッシュとジャック・エップス・ジュニアが務め、3年前に『カリフォルニア』誌に掲載された「Top Guns」という記事に着想を得ている。主演は、トム・クルーズ(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、ケリー・マクギリス、バル・キルマー(映画『ソング・トゥ・ソング』)、アンソニー・エドワーズ、トム・スケリット(映画『エイリアン』)、マイケル・アイアンサイド、ジョン・ストックウェル、バリー・タブ、リック・ロソビッチ、ティム・ロビンス(映画『ショーシャンクの空に』や映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』)、クラレンス・ギルヤード・Jr.、ウィップ・ヒューブリー、ジェームズ・トルカン、メグ・ライアン(映画『めぐり逢えたら』や映画『ノッティングヒルの恋人』)、エイドリアン・パスダーらが出演。製作にはアメリカ海軍が全面協力。
2022.05.26
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』多田俊介監督作品。ベストセラー作家・田中芳樹による大長編SF小説で過去にアニメ化もされた「銀河英雄伝説」を、Production I.Gが新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第3章。
2022.05.26
2021年製作

映画『フォーエバー・パージ』ネタバレ・あらすじ「挑戦的な物語」感想「アメリカって怖い」結末「平和であることを願う」

映画『フォーエバー・パージ』ネタバレ・あらすじ「挑戦的な物語」感想「アメリカって怖い」結末「平和であることを願う」映画『フォーエバー・パージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『フォーエバー・パージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『フォーエバー・パージ』の作品情報・概要『フォーエバー・パージ』原題『The Forever Purge』アメリカのアクション・スリラー映画。エベラルド・ゴウト監督作品。「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ(映画『アンビュランス』や映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)&「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラム製作(映画『ハロウィン KILLS』や映画『ザ・スイッチ』や映画『透明人間』)。「パージ」シリーズの第5作。アメリカ政府は深刻化する移民増加問題の対策として、1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法化される法律「パージ」を発令するという過激な物語。アナ・デ・ラ・レゲラ、
テノッチ・ウエルタ、ジョシュ・ルーカス(映画『フォードvsフェラーリ』)、キャシディ・フリーマン、レベン・ランビン、アレハンドロ・エッダ、ウィル・パットンらが出演。
2022.05.26
2022年製作

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」映画『死刑にいたる病』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『死刑にいたる病』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『死刑にいたる病』の作品情報・概要『死刑にいたる病』白石和彌監督作品(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『凪待ち』)。櫛木理宇による長編サスペンス小説を映画化。連続殺人鬼である榛村大和から手紙を受け取った大学生の筧井雅也。彼から「罪は認める。しかし最後の1件だけは冤罪だ。最後の1件を誰が行ったかを調べてほしい」と依頼を受けて奔走する。DV・虐待、養護施設問題、さらに死刑制度へ是非についても提起している。サイコキラーがいかにして人の心をコントロールして描写が良い。主演の阿部サダヲ(映画『MOTHER マザー』)の怪演が背筋を寒くさせる。岡田健史(映画『望み』や映画『そして、バトンは渡された』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、岩田剛典(映画『空に住む』や映画『ウェディング・ハイ』)、宮崎優(映画『うみべの女の子』)、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト(映画『あの頃。』)、吉澤健(『麻雀放浪記2020』)、音尾琢真、岩井志麻子、コージ・トクダ、中山美穂(映画『ラストレター』)らが出演。
2022.05.16
2021年製作

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」映画『シン・ウルトラマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シン・ウルトラマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シン・ウルトラマン』の作品情報・概要 『シン・ウルトラマン』2022年5月13日公開予定の日本のSF特撮映画。樋口真嗣監督作品。企画・脚本の庵野秀明(映画『風立ちぬ』や映画『ラストレター』)。ウルトラマンのデザイナーである成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬の念が込めれている。カラータイマーはない。1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画。タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」斎藤工(映画『糸』や『麻雀放浪記2020』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)、有岡大貴、早見あかり、田中哲司 (映画『余命10年』や映画『あなたの番です 劇場版』や映画『ホタル』)、西島秀俊(映画『ドライブ・マイ・カー』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、山本耕史(映画『ザ・マジックアワー』) 、岩松了(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、益岡徹(映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』)、長塚圭史、山崎一、和田聰宏(映画『引っ越し大名!』)、津田健次郎らが出演。主題歌は米津玄師(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)。
2022.05.16
いじめ・陰湿映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ・あらすじ「庵野秀明の故郷で完結」感想「シンジと碇ゲンドウ」結末「ヱヴァが終わって僕らはどう生きる?」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ・あらすじ「庵野秀明の故郷で完結」感想「シンジと碇ゲンドウ」結末「ヱヴァが終わって僕らはどう生きる?」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の作品情報・概要『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』英題『EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.』は、2012年11月17日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督、脚本、製作総指揮を務める、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第3作にあたる。大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下「TVシリーズ」と表記)を、新たな設定とストーリーで「リビルド(再構築)」したものが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズである。緒方恵美(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』や映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』や映画『SING シング ネクストステージ』)、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、石田彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、麦人、大塚明夫(映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『ハウルの動く城』)、沢城みゆきらが声優を担当。
2022.05.11
SF映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の作品情報・概要 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』英題『EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.』2009年6月27日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督、脚本、製作総指揮を務める。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直す劇場版4部作の第2部『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直して公開。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』や映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』)、宮村優子、坂本真綾(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』)、三石琴乃(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』)、山口由里子、山寺宏一(映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子らが出演。  
2022.05.11
2022年製作

映画『劇場版ラジエーションハウス』ネタバレ・あらすじ「テレビ映画はポンコツ」感想「脚本酷し」結末「キャストが可哀想」

映画『劇場版ラジエーションハウス』ネタバレ・あらすじ「テレビ映画はポンコツ」感想「脚本酷し」結末「キャストが可哀想」映画『劇場版ラジエーションハウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『劇場版ラジエーションハウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『劇場版ラジエーションハウス』の作品情報・概要『ラジエーションハウス』原作:横幕智裕、作画:モリタイシによる日本の漫画を『劇場版ラジエーションハウス』として2022年4月公開。鈴木雅之監督作品。X線撮影などで病変を写す診療放射線技師と画像診断をする放射線科医の活躍を描く。2019年にフジテレビ系「月9」枠にてテレビドラマ化され(全11話+特別編1話)、2021年には第2作が放送[3]。2022年には劇場版が公開されることも発表された。2022年3月時点で累計部数は230万部を突破している。主演は窪田正孝(映画『決戦は日曜日』や映画『えんとつ町のプペル』)。他に本田翼(映画『天気の子』や映画『新聞記者』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)、広瀬アリス、浜野謙太 、丸山智己、矢野聖人、鈴木伸之、佐戸井けん太 、浅見姫香 、遠藤憲一(映画『誰も知らない』)、キムラ緑子(映画『海街diary』や映画『すばらしき世界』)、和久井映見(映画『さんかく窓の外側は夜』)らが出演。
2022.05.11
2022年製作

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』の作品情報・概要『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』マーベル・コミックのキャラクター「ドクター・ストレンジ」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。サム・ライミ監督作品(映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』)脚本はジェイド・バートレットとマイケル・ウォルドロン、出演はベネディクト・カンバーバッチ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『1917 命をかけた伝令』)、エリザベス・オルセン(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメスら。『ドクター・ストレンジ』(2016年)の続編でシリーズ2作目、また「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品。
2022.05.11
いじめ・陰湿映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ネタバレ・あらすじ「邦画アニメの歴史が変わった」感想「庵野秀明総監督降臨」結末「碇シンジ・緒方恵美 」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ネタバレ・あらすじ「邦画アニメの歴史が変わった」感想「庵野秀明総監督降臨」結末「碇シンジ・緒方恵美 」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の作品情報・概要『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.)2007年9月1日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督・脚本を務める。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第1作にあたる。スタジオカラー設立第1回作品でもある。 画コンテは樋口真嗣が担当。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『SING シング ネクストステージ』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、三石琴乃、山口由里子、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』や映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人(映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』)、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子、麦人、西村知道、宇垣秀成、中博史、丸山詠二、大原さやか(『君の名は。』)、永野広一 らが担当。
2021年製作

映画『ハッチング 孵化』ネタバレ・あらすじ「ハンナ・ベルイホルム監督の感性」感想「北欧ホラーを牽引」結末「ドッペルゲンガー映画」

映画『ハッチング 孵化』ネタバレ・あらすじ「ハンナ・ベルイホルム監督の感性」感想「北欧ホラーを牽引」結末「ドッペルゲンガー映画」映画『ハッチング 孵化』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハッチング 孵化』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハッチング 孵化』の作品情報・概要『ハッチング 孵化』原題『Pahanhautoja』フィンランド製作のホラー映画。ハンナ・ベルイホルム監督作品。母親の愛を渇望し、困惑する少女の自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種である「ドッペルゲンガー(自己像幻視)」映画。シーリ・ソラリンナ、ソフィア・ヘイッキラ、ヤニ・ボラネン、レイノ・ノルディンらが出演。北欧ホラーというジャンルを開拓した。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン綺麗になった」感想「ダニエル・ラドクリフはもう大人」結末「J・K・ローリングの印税が気になる」

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン綺麗になった」感想「ダニエル・ラドクリフはもう大人」結末「J・K・ローリングの印税が気になる」映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』原題『Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 2』デビッド・イェーツ監督作品。J・K・ローリングによる世界的ベストセラーシリーズを映画化した最終章2部作の完結編。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』や映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』) ルパート・グリント(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』や映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』) エマ・ワトソン(映画『チャーリーとチョコレート工場』) レイフ・ファインズ(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『オフィシャル・シークレット』や映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』) マイケル・ガンボン(映画『ジュディ 虹の彼方に』) マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』) アラン・リックマン ロビー・コルトレーン ヘレナ・ボナム・カーター ボニー・ライトらが出演。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン可愛い」感想「J・K・ローリングの印税が気になる」結末「ダニエル・ラドクリフ成長」

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン可愛い」感想「J・K・ローリングの印税が気になる」結末「ダニエル・ラドクリフ成長」映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』原題『Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1』J・K・ローリングの児童小説を映画化した大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」の最終章前編。ヴォルデモートの復活により魔法界に暗雲がたちこめるなか、打倒のカギとなる“分霊箱”を探す旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニーたちの成長を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、レイフ・ファインズ(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『オフィシャル・シークレット』)、マイケル・ガンボン(映画『ジュディ 虹の彼方に』や『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、ヘレナ・ボナム・カーター、ボニー・ライト、ジェームズ・フェルプス、オリバー・フェルプスらが出演。
2022.04.19
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』の作品情報・概要 『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』多田俊介監督作品。過去にアニメ化もされた田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第2章。
アクション映画

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと賢者の石』原題『Harry Potter and the Philosopher's Stone』イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが生活保護を受けながら1997年に発表した、子供向けファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第1巻。同年のカーネギー賞佳作(commended)に選出。その他、数々の賞を受賞。2001年には映画化された。誰もが幼い頃、「魔法使いに憧れた」ことをファンタジー映画として描き世界中の子どもたちと熱狂させた。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』や映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、リチャード・ハリス(映画『許されざる者(1992)』)、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、イアン・ハート(映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、ゾー・ワナメイカー、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッドリーらが出演。
2022.04.18
2018年製作

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ネタバレ「豪華俳優共演ジョニデも」あらすじ「ハリポタ金ロー」感想「J・K・ローリング脚本」結末

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ネタバレ「豪華俳優共演ジョニデも」あらすじ「ハリポタ金ロー」感想「J・K・ローリング脚本」結末映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の作品情報・概要『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』原題『Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald』2018年のファンタジー映画。「ファンタスティック・ビースト」シリーズの2作目。「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当「魔法ワールド」フランチャイズの10作目の作品。舞台はイギリスとフランス。エディ・レッドメイン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)、キャサリン・ウォーターストン(映画『mid90s ミッドナインティーズ』)、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラビッツ(映画『THE BATMAN ザ・バットマン』)、
カラム・ターナー、カルメン・イジョゴ(『イット・カムズ・アット・ナイト』)、クローディア・キム(映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ウィリアム・ナディラム、ケビン・ガスリー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ(映画『グッバイ、リチャード!』や映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
2022.04.18
2022年製作

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『モービウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『モービウス』の作品情報・概要『モービウス』原題『Morbius』マーベル・コミックの同名のキャラクターをベースにした、2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。ダニエル・エスピノーサ監督作品。コロンビア ピクチャーズとマーベル・エンターテインメント製作。「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の第3作目。ジャレッド・レト(映画『ハウス・オブ・グッチ』)、マット・スミス(映画『ラストナイト・イン・ソーホー』や映画『オフィシャル・シークレット』)、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』)、マイケル・キートン(映画『スパイダーマン ホームカミング』や映画『バットマン』)らが出演。血液の病気を持っている天才医師のマイケル・モービウスは自身を実験台にして吸血鬼化していく。
2022.04.02
2021年製作

映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』ネタバレ・あらすじ「マッケンナ・グレイスが可愛い」感想「キッズ大活躍&応援映画」結末「同窓会映画」

映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』ネタバレ・あらすじ「マッケンナ・グレイスが可愛い」感想「キッズ大活躍&応援映画」結末「同窓会映画」映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』の作品情報・概要『ゴーストバスターズ/アフターライフ』原題『Ghostbusters: Afterlife』ジェイソン・ライトマン監督作品(『フロントランナー』)。2021年のアメリカの超自然的コメディ映画。『ゴーストバスターズ』(1984年)、『ゴーストバスターズ2』(1989年)の続編。「ゴーストバスターズ」フランチャイズでは第4作目となる。ライトマン監督の父はシリーズ第1作目と第2作目の監督を務めたアイヴァン・ライトマン。脚本はライトマンとギル・ケナンが務める。出演は、キャリー・クーン(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、フィン・ウルフハード(映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』)、マッケナ・グレイス、ポール・ラッド(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)らで、ビル・マーレイ(映画『オン・ザ・ロック』や映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』)、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソン、シガニー・ウィーバー(映画『エイリアン』)、アニー・ポッツ(映画『トイ・ストーリー』)がオリジナル作品からの再出演となる。
2022.02.07
2022年製作

映画『355』ネタバレ・あらすじ「女性活躍映画」感想「人種を超えた女性スパイ」結末「第三次世界大戦阻止へ全力疾走!」

映画『355』ネタバレ・あらすじ「女性活躍映画」感想「人種を超えた女性スパイ」結末「第三次世界大戦阻止へ全力疾走!」 映画『355』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『355』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『355』の作品情報・概要『355』原題『The 355』2022年イギリス製作のスパイアクション映画。サイモン・キンバーグ監督作品。世界各国(アメリカ、イギリス、ドイツ、コロンビア、中国)の凄腕エージェントによるドリームチームの活躍を描いたスパイアクション映画。第3次世界大戦勃発をもくろむ国際テロ組織に戦いを挑む女性の活躍を描いている。ジェシカ・チャステイン(映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』)、ペネロペ・クルス(映画『誰もがそれを知っている』や映画『ペイン・アンド・グローリー』)、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー(映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』や映画『マーウェン』)、ルピタ・ニョンゴ(映画『ブラックパンサー』や映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』や映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』)らが出演。
2021年製作

映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ・あらすじ「グロい」&「ゾクッと」感想「ラクーンシティには行きたくない」結末「食欲でません」

映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ・あらすじ「グロい」&「ゾクッと」感想「ラクーンシティには行きたくない」結末「食欲でません」映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の作品情報・概要『バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』原題『Resident Evil: Welcome to Raccoon City』ヨハネス・ロバーツ監督・脚本作品(映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』)。2021年のサバイバルアクションホラー映画。ミラ・ジョボビッチ主演(『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)による実写映画カプコンのゲームシリーズの大ヒットを記録した『バイオハザード』の第1作目と第2作目のストーリーを基とした作品である。映画『バイオハザード』シリーズのリブート作品。出演はカヤ・スコデラーリオ(映画『テッド・バンディ』)、ハナ・ジョン=カーメン、ロビー・アメル、トム・ホッパー、アバン・ジョーギア、ドナル・ローグ、ニール・マクドノー(映画『父親たちの星条旗』)ら。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました