パニック映画

スポンサーリンク
2020年製作

映画『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です

映画『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です 映画『アオラレ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アオラレ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アオラレ』の作品情報・概要『アオラレ』原題『Unhinged』2020年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画。デリック・ボルテ監督作品。主演はラッセル・クロウ。原題を直訳すると「不安定な」となる。現代アメリカの社会問題である、自動車運転のマナーから起きる事件をモチーフに製作。交通渋滞、無用なクラクション、無理な割り込みと追い越し、そして“アオリ運転”から発生する傷害、殺人事件を浮き彫りにしている。実際はどこの国でも起きている問題を映像化。ラッセル・クロウの演技が秀逸。
お茶の間映画館

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」 映画『タイタニック(1997)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『タイタニック(1997)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『タイタニック(1997)』の作品情報・概要『タイタニック』原題『Titanic』ジェームズ・キャメロン監督・脚本(映画『エイリアン2』)による1997年のアメリカ映画。沈みゆく豪華客船の中で描く『ロミオとジュリエット』的悲恋映画。上流階級と下層階級の人間模様を描いた傑作である。レオナルド・ディカプリオ(映画『仮面の男』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)とケイト・ウィンスレット主演。ビリー・ゼイン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、フランシス・フィッシャー(映画『許されざる者(1992)』や映画『トゥルー・クライム』)、バーナード・ヒル、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)、グロリア・スチュアートらが出演。全世界で興行収入は21.9億ドルに達する。『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜く。第70回アカデミー賞(1998年のアカデミー賞)において、作品賞、監督賞、撮影賞、美術賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」大ヒットした。
2021.05.12
2021年製作

映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」

映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」映画『奥様は、取り扱い注意』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『奥様は、取り扱い注意』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『奥様は、取り扱い注意』の作品情報・概要『奥様は、取り扱い注意』2017年10月4日から12月6日まで日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマを映画化。主演は綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『ザ・マジックアワー』)、西島秀俊(映画『空母いぶき』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 や映画『コンフィデンスマンJP』)、鶴見辰吾(映画『翔んだカップル』や映画『空に住む』や映画『太陽は動かない』)、小日向文世(映画『カツベン!』)、六平直政(映画『キングダム』や『ソローキンの見た桜』)原案・脚本は直木賞作家の金城一紀。
2021年製作

映画『太陽は動かない』ネタバレ・あらすじ「心臓爆破させる高技術所持なら他の方法で解決できる」感想「なぜ電話する?」結末「スマートウオッチで身体情報を自動送信すれば!」

映画『太陽は動かない』ネタバレ・あらすじ「心臓爆破させる高技術所持なら他の方法で解決できる」感想「なぜ電話する?」結末「スマートウオッチで身体情報を自動送信すれば!」映画『太陽は動かない』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『太陽は動かない』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『太陽は動かない』の作品情報・概要『太陽は動かない』2021年製作のアクション映画。作家・吉田修一の小説「太陽は動かない」「森は知っている」を原作にしたサスペンスアクション。藤原竜也主演(映画『カイジ ファイナルゲーム』や映画『Diner ダイナー』)、竹内涼真(『名探偵ピカチュウ』)、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人(映画『ラストレター』や映画『ヤクザと家族 The Family』 )鶴見辰吾(映画『翔んだカップル』や映画『空に住む』)、佐藤浩市(映画『楽園』や映画『空母いぶき』)らが共演。心臓に爆弾を埋め込まれた2人のエージェント(諜報員)が、極秘情報をめぐる頭脳戦に挑む。ロケはブルガリア、インド、中国などで行われた。カーアクションは必見。『海猿』の羽住英一郎監督作品。脚本は映画『糸』や映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の林民夫。
SF映画

映画『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ「マイケル・クライトンを再評価」感想「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」結末

映画『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ「マイケル・クライトンを再評価」感想「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」結末映画『ウエストワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ウエストワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『ウエストワールド』原題『Westworld』1973年のアメリカ映画。後に世界的な大ヒットスティーヴン・スピルバーグ監督『ジュラシック・パーク』の原作者マイケル・クライトンの初監督作品。アメリカの富裕層のためのテーマパーク「デロス」で人間の欲望、願望が叶えられることが、ロボットの暴走を招く結果を描いた秀逸な作品。後の『ターミネーター』に影響を与えた。アメリカ・HBOが本作をドラマシリーズとして放映した。
2021.03.02
お茶の間映画館

映画『新幹線大爆破』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん“新境地への挑戦”」感想「戦後30年の日本社会は今と似ている」結末

映画『新幹線大爆破』ネタバレ・あらすじ「高倉健さん“新境地への挑戦”」感想「戦後30年の日本社会は今と似ている」結末映画『新幹線大爆破』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『新幹線大爆破』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『新幹線大爆破』の作品情報・概要『新幹線大爆破』英題『The Bullet Train, Super Express 109』)1975年の日本映画。大スター総出演のパニックアクション映画。海外での評価が高く後の映画製作に大きな影響を与えた。東映の岡田社長の鶴の一声で製作が決まった。ヤクザ映画からの脱皮を模索していた高倉健にとってはイメージチェンジに成功した作品。高度経済成長を遂げた日本への批判も込めらている。監督は映画『カイジ ファイナルゲーム』の佐藤東弥の父である佐藤純弥。
2020年製作

映画『ズーム 見えない参加者』ネタバレ・あらすじ「Zoom交霊会というアイデアに驚愕」感想「英国のフィルムメーカーに感謝」結末

映画『ズーム 見えない参加者』ネタバレ・あらすじ「Zoom交霊会というアイデアに驚愕」感想「英国のフィルムメーカーに感謝」結末 映画『ズーム 見えない参加者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ズーム 見えない参加者』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください映画『ズーム 見えない参加者』の作品情報・概要『ズーム 見えない参加者』原題『Host』2020年イギリス製作。世界を恐怖のどん底に陥れた新型コロナウイルス。全世界的に外出自粛がなされ、人との交流も、文化芸術活動も行われなくなった。そしてZoomを介して人々はコミュニケーションを図る時代に入った。本映画はロックダウンされたイギリスを舞台にZoomを介して死者と交信を行う「Zoom交霊会」をモチーフに映画化した作品である。監督はロブ・サベッジ。編集はブレンナ・ランゴット。出演はヘイリー・ビショップ、ラディーナ・ドランドバ、ジェマ・ムーア、キャロライン・ウォード、エマ・ルイーズ・ウェッブ、エドワード・リナードら。
2021.02.17
2020年製作

映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』ネタバレ・あらすじ・感想。“コロナ禍”の今こそ観るべき映画。乳酸菌は偉大!

映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』ネタバレ・あらすじ・感想。“コロナ禍”の今こそ観るべき映画。乳酸菌は偉大!映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』の作品情報・概要漫画家・清水茜の『はたらく細胞』英題『Cells at Work!』の劇場公開作品。人間の体内にある細胞(主に免疫系の諸細胞が中心)を擬人化した画期的な作品。人体で正義と悪役を割り振って子どもから大人まで、わかりやすい物語で「健康」についてを訴求している。本編では乳酸菌が“腸”で大活躍する。人体のミスタリーについて学べる。真の健康についての造形を深めることができる作品。
2021.06.01
2019年製作

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。今年一番の「おバカさん」映画で夏を乗り切りましょう!

映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。今年一番の「おバカさん」映画で夏を乗り切りましょう!映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』の作品情報・概要『海底47m 古代マヤの死の迷宮』原題『47 Meters Down: Uncaged』2019年に公開された米英合作のパニック映画。ヨハネス・ロバーツ監督作品。主演ソフィー・ネリッセ。共演はコリーヌ・フォックス、ブリアンヌ・チュー、システィーン・スタローン(シルベスター・スタローンの次女)本作は2017年に公開された映画『海底47m』の続編である。メキシコのマヤ文明とサメを合体させて物語化した。
2021.06.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました