映画『ブラックアダム』ネタバレ・あらすじ「ドウェイン・ジョンソンの肉体美」感想「まさかのスーパーマン」結末「MCUを追い越せ!」

映画『ブラックアダム』ネタバレ・あらすじ「ドウェイン・ジョンソンの肉体美」感想「まさかのスーパーマン」結末「MCUを追い越せ!」 2022年製作

映画『ブラックアダム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ブラックアダム』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ブラックアダム』
2022年製作/124分/G/アメリカ
原題:Black Adam
配給:ワーナー・ブラザース映画

【監督】
ジャウム・コレット=セラ
【製作】ボー・フリン ハイラム・ガルシア ドウェイン・ジョンソン ダニー・ガルシア【製作総指揮】トビー・エメリッヒ リチャード・ブレナー デイブ・ノイスタッター クリス・パン ウォルター・ハマダ アダム・シュラグマン ジェフ・ジョンズ エリック・マクレオド スコット・シェルドン【キャラクター創造】ビル・パーカー C・C・ベック【脚本】アダム・スティキエル ローリー・ヘインズ ソフラブ・ノシルバン【撮影】ローレンス・シャー【美術】トム・マイヤー【衣装】カート&バート【編集】マイク・セイル ジョン・リー【音楽】ローン・バルフェ【視覚効果監修】ビル・ウェステンホファー
【出演】
ドウェイン・ジョンソン
オルディス・ホッジ ノア・センティネオ サラ・シャヒ マーワン・ケンザリ クインテッサ・スウィンデル モー・アマー ボディ・サボンギ ピアース・ブロスナン

映画『ブラックアダム』外部リンク

HPサイト】
映画『ブラックアダム』公式サイト

【予告映像】
映画『ブラックアダム』トレーラー

【公式Twitter
映画『ブラックアダム』

IMDbサイト】
映画『ブラックアダム』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『ブラックアダム』

映画『ブラックアダム』のオススメ度は?

4.0

星4つです

ドウェイン・ジョンソンの「肉体美」

映画『ブラックアダム』の作品情報・概要

『ブラックアダム』原題『Black AdamDCコミックスのヴィラン「ブラックアダム」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ジャウム・コレット=セラ監督作品。脚本はアダム・スティキエル、ロリー・ヘインズ・ソーラブ・ノシルヴァーニが務め、ドウェイン・ジョンソンオルディス・ホッジノア・センティネオ、サラ・シャヒ、マーワン・ケンザリ、クインテッサ・スウィンデル、モー・アマー、ボディ・サボンギ、ピアース・ブロスナンらが出演する。「DCエクステンデッド・ユニバース」(DCEU)の11作目の作品。

映画『ブラックアダム』の受賞歴

無し(2022年12月現在)

映画『ブラックアダム』のあらすじ・ネタバレ

映画『ブラックアダム』のあらすじ・ネタバレ:起

カーンダック国にて紀元前の時代に、アクトン王はエタニウム鉱石を探すべく民を奴隷のように扱ってました。

その際にフルートという少年が民を鼓舞し、王に立ち向かおうとしますが捕えられて処刑されそうに…。

すると、魔術師たちがフルートに力を与え、「シャザム」となった彼はアクトン王と対峙。争いの末、シャザムは墓に入ることになったのです。

そうした物語が語り継がれる中、現代ではインターギャングが街を支配していました。

そんな中、アドリアナはアクトン王の王冠を探してシャザムの墓にたどり着きます。

王冠を手に入れたアドリアナでしたがそこに、インターギャングの兵士がやって来てアドリアナに銃を向け、彼女は墓に刻まれた古代文字を読み上げるとシャザムが復活。

彼は兵を一掃し、アドリアナは弟と共にその場を離れますが、傷ついたシャザムが降ってきたため家に連れて行きます。

映画『ブラックアダム』のあらすじ・ネタバレ:承

シャザムの力を継承したアダムが目覚めると、アドリアナのアモンのアモンがいました。

アダムは五千年ぶりの目覚めだと認識し、アモンに引き止められつつもその地を離れようとします。

そこに、ジャスティス・ソサエティの4人が立ちはだかりました。

ホークマン、ドクター・フェイト、サイクロン、アトム・スマッシャーらヒーロー達の任務はアダムの捕獲。

しかし、インターギャングを倒せる彼の存在は国にとって勇者そのものだったため、ヒーロー達は戸惑いつつもアダムを取り逃がしてしまいます。

映画『ブラックアダム』のあらすじ・ネタバレ:転

王冠を持っていたアドリアナがインターギャングに狙われ、アモンが誘拐される事態が発生。

アダムはアモンを必ず助けると約束し、アドリアナが仲介することでジャスティス・ソサエティの4人も協力します。

インターギャングを指揮していたイシュマエルが鉱山にいるとわかり、彼らは専用の飛行機に乗って向かいました。

ホークスが敵地潜入のための作戦を説明する中、アダムは一人で鉱山へ。

敵兵を蹴散らしつつ、イシュマエルとアモンの元にたどり着きます。

イシュマエルはアクトン王の王冠とアモンを交換すると言い、アドリアナは王冠を渡しに近づきます。

アクトン王の子孫だったイシュマエルは今度こそ王冠の力を手に入れたと喜びつつアモンへ発砲。

アダムは銃弾を防ぎつつ、怒りによる大爆発を引き起こしてしまいます。

映画『ブラックアダム』のあらすじ・ネタバレ:結

アモンたちの命は無事でしたが、アダムは自身の力に不安を覚えたことでジャスティス・ソサエティに収容されることにします。こうしてアダムは彼らの基地に仮死状態で収容されたのです。

未来を見ることができるドクター・フェイトは、旧友であるホークスが死ぬ未来を未だに見ることに不安を感じます。

すると、死んだはずのイシュマエルが王冠の力を得て悪魔・サバックとして蘇ったのです。

ドクター・フェイトはホークスの死を防ぐべく、アダムを復活させることを決意。

彼が到着するまで悪魔と対峙した結果、ドクター・フェイトは命を落としました。

復活したアダムはホークスたちと協力して悪魔を撃破。国を守ると決め、アドリアナやアモンの無事を喜ぶのでした。

映画『ブラックアダム』の感想・内容

アダムがシャザムとして強大な力を得たという紀元前のお話が語られましたが、本当は彼の子であるフルートがシャザムの力を得ていたとは驚きですね。

映画の後半で明かされる驚きの真実となりましたが、真っ黒なスーツになったのは家族を失ったのが原因だとわかり、納得できました。

アダムはアクトン王の兵の手にかかり死にかけた…。

そこにシャザムの力を得ていたフルートがやって来て、アダムにシャザムの力を与えることで治療したのです。

その後、フルートが殺されたアダムはシャザムの力を暴発させてアクトン王を住処もろとも破壊…。

そのことを知った神がアダムを閉じ込めたという物語は感動と驚愕の両方を感じさせました。

そうした過去を持つアダムでしたが、現代に蘇って猛威を振るうのが見どころでしょう。

無数の敵兵が放つ銃弾を弾く身体を持ちつつ、彼にとっては銃弾がスローに見える様子でしたね。

冷静にミサイルの向かう先を変えたり、雷の力で敵を蹴散らす様は見ものでした。

また、ミサイルや銃器、テレビなども含めて紀元前には無かったものに対して戸惑う姿も印象的です。

映画『ブラックアダム』の考察・評価

アダムを捕えに来たヒーローたちも個性的で良かったです。

アトム・スマッシャーはまだ10代という雰囲気が若々しく感じました。

おじさんの代から使われているスーツを着ると、色は違いますがデザインがデッド・プールを思い出させてくれます。

まだまだ戦闘経験は少ないようで、4人が集まって初めてアダムと戦う際には道を間違えたり、街のものを壊してしまったりと冷や冷やさせられる場面も多かったですね。

そんなスマッシャーですが、能力を使うと巨大化して戦うことができるため、圧倒的な制圧力を見せてくれました。

サイクロンへ好意を見せ始めていたので、また活躍する様を見たいです。

サイクロンはIQが高く、風やナノマシンを操るという能力の持ち主!彼女が風をまといつつ、アダムに立ち向かう姿は華麗だなと思いました。

工事用の足場のパイプを投げつけたり、宙を自在に舞ったりする姿は女性ならではの軽やかさも感じます。

映画『ブラックアダム』の結末

ホークマンは頑強な黄金の翼、機転を利かせた戦いを見せてくれましたね。

彼の親友である魔術師のドクター・フェイトと協力していく様子も見ものでした。

ドクター・フェイトの魔法は分身を作りだしたり、アダムを動けなくしたりと目が離せません。

彼が命を懸けてホークマンを守るというラストも踏まえて、2人の関係性が印象に残ります。

強大な力を持ったアダムと4人のヒーローが戦うことになってどうなるかと思いましたが、最後は悪魔のサバックを相手に協力していくという展開が良かったですね。

ヒーローを描く作品としても見ものでしたが、最後の最後でスーパーマンが現れるとはこれまた予想外…。

果たしてスーパーマンとアダムはどのように話を付けるのか、とても気になりました。

映画『ブラックアダム』のキャストについて

まとめ 映画『ブラックアダム』一言で言うと!

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『アド・アストラ』の意味とネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブラピ史上最高演技。宇宙は自身の心にある。困難を克服して栄光を掴む。
映画『RRR』ネタバレ・あらすじ「大迫力」感想「友情映画」結末「インド映画の実力!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。

合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

映画『ブラックアダム』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジャウム・コレット=セラ
製作
ボー・フリン ハイラム・ガルシア ドウェイン・ジョンソン ダニー・ガルシア
製作総指揮
トビー・エメリッヒ リチャード・ブレナー デイブ・ノイスタッター クリス・パン ウォルター・ハマダ アダム・シュラグマン ジェフ・ジョンズ エリック・マクレオド スコット・シェルドン
キャラクター創造
ビル・パーカー C・C・ベック
脚本
アダム・スティキエル ローリー・ヘインズ ソフラブ・ノシルバン
撮影
ローレンス・シャー
美術
トム・マイヤー
衣装
カート&バート
編集
マイク・セイル ジョン・リー
音楽
ローン・バルフェ
視覚効果監修
ビル・ウェステンホファー
ブラックアダム/テス・アダム(ドウェイン・ジョンソン)
ホークマン/カーター・ホール(オルディス・ホッジ)
アトム・スマッシャー/アル・ロススタイン(ノア・センティネオ)
アドリアナ(サラ・シャヒ)
イシュマエル(マーワン・ケンザリ)
サイクロン/マクシーン・ハンケル(クインテッサ・スウィンデル)
カリーム(モー・アマー)
アモン(ボディ・サボンギ)
ドクター・フェイト/ケント・ネルソン(ピアース・ブロスナン)

2022年製作/124分/G/アメリカ
原題:Black Adam
配給:ワーナー・ブラザース映画

タイトルとURLをコピーしました