映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」

スポンサーリンク
映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」2022年製作

映画『さがす』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『さがす』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『さがす』
(2022年製作/123分/PG12/日本)
配給:アスミック・エース
【監督】
片山慎三
【脚本】片山慎三 小寺和久 高田亮【エグゼクティブプロデューサー】豊島雅郎 仲田桂祐 土川勉【プロデューサー】井手陽子 山野晃 原田耕治【ラインプロデューサー】和田大輔【撮影】池田直矢【録音】秋元大輔【装飾】松塚隆史【衣装】百井豊【ヘアメイク】宮本奈々【カラリスト】大西悠斗【音響効果】井上奈津子【編集】片岡葉寿紀【音楽】高位妃楊子【音楽プロデューサー】安井輝【助監督】相良健一【キャスティング】田坂公章【スケジュール】山田卓司【制作担当】姫田伸也
【出演】
佐藤二朗 
伊東蒼 清水尋也 
森田望智 
石井正太朗 
松岡依都美
 成嶋瞳子 品川徹

スポンサーリンク
  1. 映画『さがす』外部リンク
      1. 【サイコパス登場映画】『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
  2. 映画『さがす』のオススメ度は?
      1. 【サイコパス登場映画】『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」
  3. 映画『さがす』の作品情報・概要
      1. 【サイコパス登場映画】『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」
  4. 映画『さがす』の受賞歴
      1. 【サイコパス登場映画】『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です
  5. 映画『さがす』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【サイコパス登場映画】『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」
  6. 映画『さがす』の感想・内容
      1. 【サイコパス登場映画】『恋する寄生虫』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん&菅田将暉くん祝!結婚おめでとう」感想「林遣都くんの成長ぶりも見もの」結末「エンディングの花火が『糸』そっくり」
  7. 映画『さがす』の考察・評価
      1. 【サイコパス登場映画】『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」
  8. 映画『さがす』の結末
      1. 【サイコパス登場映画】『ザ・スイッチ』ネタバレ・あらすじ「JKと連続殺人鬼が入れ替わる」感想「キャスリン・ニュートン可愛い」結末「ビンス・ボーンも可愛い」
  9. 映画『さがす』のキャストについて
    1. 原田智(佐藤二朗)
    2. 原田楓(伊東蒼)
    3. 山内照巳(清水尋也)
    4. ムクドリ(森田望智)
    5. 花山豊(石井正太朗)
    6. 蔵島みどり(松岡依都美)
    7. 原田公子(成嶋瞳子)
    8. 馬渕(品川徹)
      1. 【サイコパス登場映画】『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ・あらすじ「BLホラーを開拓」感想「幽霊より、人間の方が怖い」結末
  10. まとめ 映画『さがす』一言で言うと!
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12.  合わせて観たい映画
    1. 中学生が出てくる映画
      1. 映画『糸』
      2. 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
      3. 映画『ほしのこえ』
      4. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』
      5. 映画『秒速5センチメートル』
    2. 【ホラー・サスペンス映画オススメ一覧】
      1. 映画『透明人間』
      2. 映画『ミッドサマー』
      3. 映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
      4. 映画『ナイチンゲール』
      5. 映画『ダーティーハリー』
      6. 映画『テッド・バンディ』
      7. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      8. 映画『シャイニング』
      9. 映画『ドクター・スリープ』
      10. 映画『ジョーカー』
  13. 映画『さがす』の作品情報

映画『さがす』外部リンク

HPサイト】
映画『さがす』公式サイト

【予告映像】
映画『さがす』トレーラー

【公式Twitter

映画『さがす』
IMDbサイト】

映画『さがす』

Rotten Tomatoesサイト】

映画『さがす』

【サイコパス登場映画】『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」映画『MOTHER マザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『MOTHER マザー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『MOTHER マザー』の作品情報・概要大森立嗣監督・脚本作品(映画『タロウのバカ』)。港岳彦も脚本。主演は長澤まさみ(映画『すばらしき世界』や映画『SING シング ネクストステージ』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『コクリコ坂から』)。阿部サダヲ、夏帆(映画『海街diary』や映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)、皆川猿時(映画『ウェディング・ハイ』)、 仲野太賀(映画『あの頃。』や映画『タロウのバカ』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』)、土村芳(映画『空母いぶき』)、荒巻全紀、大西信満、木野花(映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)らが共演。新人の奥平大兼はオーディションを受けての映画デビューとなる。実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て製作。企画・製作は『新聞記者』『宮本から君へ』『ヤクザと家族 The Family』などを手がけ脚光を浴びた河村光庸。 制作はスターサンズ。

スポンサーリンク

映画『さがす』のオススメ度は?

4.0

星4つです

すごい映画です

作家性が高いです

ヨーロッパではヒットするでしょう

【サイコパス登場映画】『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」
映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」 映画『ドント・ルック・アップ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドント・ルック・アップ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドント・ルック・アップ』の作品情報・概要 『ドント・ルック・アップ』原題『Don’t Look Up』アダム・マッケイ脚本・共同製作・監督作品。アメリカのブラックコメディ映画。レオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』や映画『仮面の男』)、ジェニファー・ローレンス、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル(映画『mid90s ミッドナインティーズ』や映画『行き止まりの世界に生まれて』や映画『リチャード・ジュエル』)、マーク・ライランス 、タイラー・ペリー(『バイス』や映画『モンタナの目撃者』)、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ビューティフル・ボーイ』) 、ロン・パールマン(映画『塔の上のラプンツェル』) 、アリアナ・グランデ (映画『チャーリーズ・エンジェル』)、スコット・メスカディ 、ケイト・ブランシェット(映画『ソング・トゥ・ソング』)、メリル・ストリープ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』や映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マディソン郡の橋』)らが出演。地球に彗星が衝突するまでの日々をアメリカ大統領のバカっぷりと主軸に、SNSという軽薄な潮流をコメディとして描く名作。

スポンサーリンク

映画『さがす』の作品情報・概要

『さがす』2022121日公開の日本映画。『岬の兄妹』で衝撃を与えた片山慎三監督作品(商業映画監督デビュー)主演は佐藤二朗(映画『今日から俺は!!劇場版』や映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』。伊東蒼(映画『空白』)、清水尋也(映画『青くて痛くて脆い』『パラレルワールド・ラブストーリー』)、森田望智(映画『Bittersand』)、石井正太朗、松岡依都美(映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)、成嶋瞳子、品川徹(映画『Diner ダイナー』)らが出演。指名手配中の連続殺人犯を捕まえうと懸賞金300万円がもらえると聞いた父が行方不明となる。不安と孤独を押し殺しながら父親を探す娘の姿を描く。アスミック・エースとDOKUSO映画館による次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI(シネムニ)」第1弾作品。第26回釜山国際映画祭 ニューカレンツ(コンペティション)部門正式出品。人間とは”“死とはを強烈に衝撃的に、かつ残酷なまでに訴求してくる名作。

【サイコパス登場映画】『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」

映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」
映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」映画『羊たちの沈黙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『羊たちの沈黙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『羊たちの沈黙』の作品情報・概要『羊たちの沈黙』原題『The Silence of the Lambs』1991年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。ジョナサン・デミ監督作品。出演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン(映画『グリーンランド 地球最後の2日間』)など。原作はトマス・ハリスの同名小説。 幼少の頃受けたトラウマを抱える女性FBI訓練生が連続殺人事件を調査することになる。彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描き大ヒット。第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。 作品賞(エドワード・サクソン/ケネス・ウット/ロン・ボズマン)監督賞(ジョナサン・デミ)主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)主演女優賞(ジョディ・フォスター)脚色賞(テッド・タリー)アカデミー作品賞を受賞した唯一のホラー映画でもある。

スポンサーリンク

映画『さがす』の受賞歴

無し(2022年1月現在)

【サイコパス登場映画】『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です

スポンサーリンク

映画『さがす』のあらすじ・ネタバレ

原田智(佐藤二朗) と原田楓(伊東蒼)は大阪の下町で平穏に暮らしていた。智は大阪人気質で冗談ばかりいう人物。中学生の楓はしっかり者。ある日、智が「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」と言った。最初こそ冗談だと思ったが、翌日、父は消えてしまった。呆然とする楓。そして孤独と不安が押し寄せくる。警察に相談しても「大人の失踪は結末が決まっている」と相手にもされない。楓はひとりで父親を「さがす」ことを決心する。そして大阪にある日雇い労働の現場で父の名前を目にする。さらにそこで出会った青年の顔が指名手配犯の顔と瓜二つであることに衝撃を覚える。

【サイコパス登場映画】『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」

スポンサーリンク

映画『さがす』の感想・内容

「とても衝撃的な映画」となります。恐ろしい映画とも言えます。ハッピーエンドかバッドエンドという稚拙な作品ではありません。

「考えさせる映画」「人間とは何か」について、心に突き刺す映画だと思います。邦画でこのような深い物語を紡ぐことができる監督はあまりいません。

片山慎三監督は本映画『さがす』が商業長編デビュー作ですが、もっと早くから活躍していてもおかしくない逸材です。

「深い」です。「重い」です。そして心を「突き刺して」きます。つまり「痛い」のです。

心を突き刺してきたのは一体なんでしょうか?それは本映画『さがす』を鑑賞した人たち各々異なりますが、「突き刺したモノ」を自身で消化、あるいは何かに昇華させる必要があると思います。

それが片山慎三監督からのメッセージだと思うのです。

わたしなりに考えています。「命とは」「生きるとは」「死とは」等々。まだまだ心に突き刺さったままです。「さがし」続けよと思います。

【サイコパス登場映画】『恋する寄生虫』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん&菅田将暉くん祝!結婚おめでとう」感想「林遣都くんの成長ぶりも見もの」結末「エンディングの花火が『糸』そっくり」

スポンサーリンク

映画『さがす』の考察・評価

本映画『さがす』の主演の佐藤二朗はとても良いです。わたしは個人的にあまり好きではなかったのです。

それは時折見せるコミカルな演技が苦手だからです。でも、本映画『さがす』を観ると、「これはひとつのだなあ」と納得したのです。

渥美清の寅さんも然り。近年では天海祐希さんも他の追随を許さない「マンネリ演技」はもはやなのです。

ですから本映画『さがす』のように重たい物語の中で展開される佐藤二朗のコミカルなギャグは一瞬の安らぎを覚えることができました。

娘・原田楓を演じた伊東蒼さんは連続してダメ父に翻弄されることになりました。

映画『空白』ではあっという間に轢き殺されてしまいましたが、内気で素直で、真面目な中学生役を見事に演じていました。

さて、本映画『さがす』の舞台は大阪です。大阪には日本一の日雇い人夫たちが暮らす街があります。

数年前に殺人を犯して潜伏していたあの事件とオーバーラップしてきます。忘れてはいけない事件でした。

片山監督が本映画『さがす』の発案の元になったのは自身の父親が「今日、指名手配犯を見たぞ」に行くつくと語っています。

それを土台に日本で起きた猟奇的な殺人事件を脚本に積み重ねて出来上がったと思われます。緻密で、深く、芸術性の高い脚本だと言えます。

【サイコパス登場映画】『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」
映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報・概要『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』原題『Prisoners of the Ghostland』2021年のアメリカのスリラー映画。園子温監督ハリウッドデビュー作品。ニコラス・ケイジ主演。ソフィア・ブテラ、ビル・モーズリー、ニック・カサベテス、TAK∴、中屋柚香、YOUNG DAIS、古藤ロレナ、縄田カノン、栗原類、渡辺哲、潤浩らが出演。場所や時代設定が独創的である。時代劇と西部劇の融合で、近未来に訪れるディズトピア社会を描いている。脚本はアーロン・ヘンドリーとレザ・シクソ・サファイ。

スポンサーリンク

映画『さがす』の結末

さて、本映画『さがす』を遠慮なく評論させていただきます。「完璧な映画」です。脚本も演出も撮影も美術も、そして演技において全てが満点です。メッセージ性も高いのです。

まず、主要登場人物である原田智(佐藤二朗) 、原田楓(伊東蒼) 、山内照巳(清水尋也)を三部に分けて、しかも時間軸の交差点をうまく描いたというところが絶妙でした。

鑑賞した人は気が付いたと思いますが、この3人が一同に会した場面はありません。まず映画の冒頭で、 原田楓が夜の大阪の街頭を走る場面でドキドキしました。

彼女の前作映画『空白』です。スーパーで万引きの疑いをかけられて、表へ飛び出し、最後は轢き殺されます。最後と言っても、映画が始まって数分で死にます。

「え、また?」と思った人も多いとはずです。さらにスーパーの警備室へ行くと、父親・原田智(佐藤二朗)が万引きしたことがわかる場面は逆説的にシンクロします。

こちらの店長は穏便に収めてくれます。でも映画『空白』の松坂桃李くんはとても厳しかったです。

楓演じる伊東蒼さんのキャラもわかりやすいです。父子家庭なので、しっかり者で、気が強いという性格をうまく表しています。

父親がくちゃくちゃと音を出して食べる姿に嫌悪感を剥き出します。同級生の花山豊(石井正太朗)に対しても強気です。

さらに唖然とさせたのは教師の蔵島みどり(松岡依都美)宅の夕食場面です。みどりの子どもが「イチゴ味」のゼリーを食べたいというが、決して渡しません

そして外に出て、ゴミを放置します。言い方によっては「育ちが悪い」と映ります。こんな気が強い中学生ですが、最後はきっちりと涙を流します。

前半の悪態が倍になって活きてくるのです。

名無し演じる山内照巳(清水尋也)の演技には背中にカミソリを当てられる感覚が続きました。「ゾッと」するのです。

彼のイメージは外国人女性を殺害して、西成で日雇い労働をやっていた殺人犯と、自殺志願者をツイッターで探し出し、殺しクーラーボックスに保管していた殺人犯の二人を合わせた人物として描いています。

日本を震撼とさせた実際に事件ですから、なおさら恐怖心が募りました。

「爪を噛むクセ」というのが不気味さを増します。清水くんの「目つきがヤバイ」と感じました。

伊東蒼さんも同様に「清水尋也の目に圧倒された」と言っています。ただ最終的に山内には天罰が降るという展開には納得しています。

そして原田智演じる佐藤二朗は「絶品」でした。いつものようなコミカルな演技はほぼ封印しています。

でも、我慢しているのか「あれあれ」と思わせる場面があり、そこで笑ってしまいました。

片山慎三監督から「一切の抑揚を無くす演技」が求められていたそうです。最後に「泣く」んですよ。これがよかったです。

彼は自分が犯した罪の深さを知っているのです。だから泣いたと思うのです。

人間って「悪いことをした時」とか「取り返しのつかない悔恨」に包まれると涙が出てくるのです。

そして涙は「赦し」を請う手段であって、同情されることを期待しているのです。

でもこの場面の楓は同情しているけれど、「お父ちゃん、人殺したらあかんやん」と言っているのです。ですから、二人は余計に泣いてしまうのです。

この泣く場面は映画史に残る名場面になるのではないでしょうか。

名無しが死んで、事件は一件落着なんです。智と楓の二人は卓球をやります。

長いショットです。この数分のショットって、本当に意味があるのです。

観ているわたしたちは「さがす」のです。いや「さがす時間」なのです。

わたしたちは本映画『さがす』を冒頭から一気に振り返ります。一体、どこに「正義あるのか」「人間とは何か」「人を殺してもいいのか」などなど。二人がラリーを行うさなかに考えてしまうのです。

原田智(佐藤二朗) は結果的に二人殺したことになります。

体の不自由になった妻・原田公子(成嶋瞳子)とサイコパス・山内照巳(清水尋也) です。

前者は森鴎外の『高瀬舟』とクリント・イーストウッドの『ミリオンダラー・ベイビー』に通じます。

後者は正義感もはらんでいます。

この二つの殺人で共通しているのは「愛する娘のため」です。

妻が生きていると楓の将来に暗雲が立ち込めます。

山内が生きていると自身も共犯になり、楓に辛い思いをさせます。

この二つの殺人を犯した智の人生は辛いです。

【サイコパス登場映画】『ザ・スイッチ』ネタバレ・あらすじ「JKと連続殺人鬼が入れ替わる」感想「キャスリン・ニュートン可愛い」結末「ビンス・ボーンも可愛い」

スポンサーリンク

映画『さがす』のキャストについて

原田智(佐藤二朗)

大阪の下町で日雇い労働者として生計を立てている。妻は難病で死んでしまった。娘の将来が心配である。お金がないから。妻の介護の件で山内照巳(清水尋也) と出会い、妻殺しを依頼する。さらに自殺希望者とツイッターで探し出して、、、。

 

原田楓(伊東蒼)

中学生。気が強い。父親想い。元気で明るく積極的。将来的な夢は不明。とりあえず高校へは進学したいと思っている。貧乏であることも知っているが悲観していない。

山内照巳(清水尋也)

関東方面から関西へ逃れてきている。自殺希望者を募って殺害を繰り返しているサイコパス。生きている人間には興味がなく、死んでいる人間に性的興奮を覚える。原田智の弱みに付け込んで、「役に立つ殺人」もあると誘い込んで行く。

ムクドリ(森田望智)

自殺希望者。ビルの屋上から飛び降りたが失敗。口が悪い。生きていることに疲れているわけではなく、死に対する憧れが強い。山内照巳にとっては意外な人物であった。「本当に死にたい奴」だった。

花山豊(石井正太朗)

原田楓のことが好きな少年。楓のためならなんでも協力するという純朴な少年。

蔵島みどり(松岡依都美)

原田公子(成嶋瞳子)

馬渕(品川徹)

【サイコパス登場映画】『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ・あらすじ「BLホラーを開拓」感想「幽霊より、人間の方が怖い」結末

映画『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ・あらすじ「BLホラーを開拓」感想「幽霊より、人間の方が怖い」結末
映画『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ・あらすじ「BLホラーを開拓」感想「幽霊より、人間の方が怖い」結末映画『さんかく窓の外側は夜』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『さんかく窓の外側は夜』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『さんかく窓の外側は夜』の作品情報・概要『さんかく窓の外側は夜』ヤマシタトモコによる日本の漫画作品である。実写の映画化に関してはワタナベエンターテインメントと松竹による共同製作プロジェクトの第1弾作品として製作。「BLホラー」を開拓した画期的な映画。監督はCMディレクターとして評価の高い森ガキ侑大。主演は岡田将生と『一度死んでみた』の志尊淳。平手友梨奈、『パラレルワールド・ラブストーリー』の筒井道隆、映画『さよなら くちびる』のマキタスポーツ、映画『マチネの終わりに』や映画『コンフィデンスマンJP』の桜井ユキ、映画『君の膵臓をたべたい(2017)』の北川景子らが共演。

スポンサーリンク

まとめ 映画『さがす』一言で言うと!

「片山慎三監督作品をもっと観たい!」

本映画『さがす』は一般的には「受けがよくない」映画になるかもしれません。エンタメ系の映画ファンは理解できないと思います。どちらかと言うと、「コアな映画ファン」向けでしょう。デビューは遅いですが、熟している映画監督です。できるだけたくさんの映画を世に送ってほしいです。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画「天気の子」考察、物語の中で出現する「銃」の正体、歌の意味など
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

中学生が出てくる映画

映画『糸』

13歳で出会った二人が18年後結ばれるってあり得るのか?

映画『糸』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。中島みゆきさんの「評価はいかに?」小松菜奈&榮倉奈々最高演技!音楽勝ち映画決定版!
映画『糸』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。中島みゆきさんの「評価はいかに?」小松菜奈&榮倉奈々最高演技!音楽勝ち映画決定版!映画『糸』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『糸』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『糸』の作品情報・概要『糸』2020年8月21日に公開された日本映画。監督は『楽園』『友罪』の瀬々敬久。主演は菅田将暉と小松菜奈。中島みゆきの楽曲『糸』をモチーフに製作された。平成生まれの若者が出会い、別れ、再会を通して最後に成就する恋愛物語。その過程で米当時多発テロ、リーマンショック、東日本大震災等に事件、事故、震災を挿入しな描いている。共演は二階堂ふみ、成田凌 、斎藤工、榮倉奈々など豪華なことで話題となる。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

中学生の少年少女が夏の夜を右往左往します

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。DAOKO×米津玄師が歌う楽曲『打上花火』が切ない&全部持って行った。
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。DAOKO×米津玄師が歌う楽曲『打上花火』が切ない&全部持って行った。「気持ち悪い」と酷評されている理由は?映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の作品情報・概要。DAOKO×米津玄師が歌う楽曲「打上花火」のメロディーが心に残るアニメ映画。岩井俊二監督が1993年フジテレビで発表した実写版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をアニメ化。設定は小学生から中学生になっている。総監督・新房昭之、監督・武内宣之。脚本は大根仁。企画・プロデュースは新海誠の『天気の子』川村元気。広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子、浅沼晋太郎、豊永利行ら。

映画『ほしのこえ』

中学生の恋が、、、

新海誠監督 映画『ほしのこえ』ミカコとノボルの宇宙恋愛物語の結末。感想・評価・ ネタバレ・あらすじ
日本を越えて世界に衝撃を与えた作品である。『ほしのこえ』は新海誠がたった一人で作り上げた。会社勤めをしながらも映画制作への情熱が消えず昼夜を通して作ったという。若き日の新海誠の情熱がほとばしる素晴らしい作品である。本映画は数々の賞を獲得した。そして新海は空高く羽ばたいた。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』

中学では友だちだったのに高校になったら「姉弟」ってなに?

【ネタバレ酷評】映画『思い、思われ、ふり、ふられ』あらすじ・感想。浜辺美波、北村匠海 、福本莉子、赤楚衛二出演。「中身空っぽすぎ」映画。
【ネタバレ酷評】映画『思い、思われ、ふり、ふられ』ネタバレ・あらすじ・感想。浜辺美波、北村匠海 、福本莉子、赤楚衛二出演。「中身空っぽすぎ」映画。映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の作品情報・概要『思い、思われ、ふり、ふられ』咲坂伊緒による日本の漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)2015年7月号から2019年6月号まで連載された。高校生の男女四人の恋愛物語。『東宝シンデレラオーディション』出身の浜辺美波『君の膵臓をたべたい』と福本莉子『屍人荘の殺人』を迎えて製作。北村匠海、赤楚衛二ら若手俳優の出演が話題となる。東宝配給。

映画『秒速5センチメートル』

小中高から社会人になるまで一途な恋

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

【ホラー・サスペンス映画オススメ一覧】

映画『透明人間』

エリザベス・モス最高演技!「ストーキングの恐怖」と「女性の自由」を描く

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ミッドサマー』

フェスティバル・スリラーを開拓したアリ・アスター監督作品

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

青春ホラー映画の金字塔

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・感想と結末までのあらすじ。ラストの“口撃”が最強兵器だった。
『IT』(イット)は、1990年のアメリカ合衆国のホラー映画。原作はスティーヴン・キングのホラー小説『IT-イット-』2017年に『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で登場人物の子ども時代を描く。本作『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』はその27年後を描いている。映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』公式サイトにて作品情報・キャスト・ネタバレ・あらすじ・結末について書いています。

映画『ナイチンゲール』

気分が悪くなるほど悲惨は映画です

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

ゾディアック事件をモチーフに、、、

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『テッド・バンディ』

このテッド・バンディがいたからサイコパス映画が生まれてのかも、、

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

ドイツにもサイコパスはいます

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『シャイニング』

やはりキューブリック描くと100倍の怖さです

映画『シャイニング』ネタバレ・あらすじ。キューブリックが映画人の尊敬を集めるのは挑戦魂が貪欲だったから。誰もキューブリックの真似はできない
映画『シャイニング』IDMnサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『シャイニング』(119分/アメリカ/1980年) 原題『The Shining』 【監督】 ...

映画『ドクター・スリープ』

キューブリックに捧げる映画誕生!

映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ドクター・スリープ』公式サイト・作品・キャスト紹介ならびに上映館情報、ネタバレ・あらすじ・結末まで書いています。『ドクター・スリープ』原題『Doctor Sleep』(2013年発表)は、スティーヴン・キング原作のホラー小説「シャイニング」の40年後を描いた続編。監督はマイク・フラナガン。出演はユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソンと新鋭カイリー・カラン 。キングは続編を書かないことで有名だがスタンリー・キューブリック監督『シャイニング』への批判を込めて書いたと言われている。

映画『ジョーカー』

こんなに真面目で努力しているのに、、、

404 NOT FOUND | 運だぜ!アート
映画・サウンド・デザイン・写真などのアート全般を独自目線で甘口評価

 

スポンサーリンク

映画『さがす』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
片山慎三
脚本
片山慎三 小寺和久 高田亮
エグゼクティブプロデューサー
豊島雅郎 仲田桂祐 土川勉
プロデューサー
井手陽子 山野晃 原田耕治
ラインプロデューサー
和田大輔
撮影
池田直矢
録音
秋元大輔
装飾
松塚隆史
衣装
百井豊
ヘアメイク
宮本奈々
カラリスト
大西悠斗
音響効果
井上奈津子
編集
片岡葉寿紀
音楽
高位妃楊子
音楽プロデューサー
安井輝
助監督
相良健一
キャスティング
田坂公章
スケジュール
山田卓司
制作担当
姫田伸也
原田智(佐藤二朗)
原田楓(伊東蒼)
山内照巳(清水尋也)
ムクドリ(森田望智)
花山豊(石井正太朗)
蔵島みどり(松岡依都美)
原田公子(成嶋瞳子)
馬渕(品川徹)
2022年製作/123分/PG12/日本
配給:アスミック・エース

タイトルとURLをコピーしました