映画『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です

スポンサーリンク
映画『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です2020年製作

映画『アオラレ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『アオラレ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『アオラレ』
(2020年製作/90分/PG12/アメリカ)
原題『Unhinged』

【監督】
デリック・ボルテ
【製作】リサ・エルジー マーク・ギル アンドリュー・ガン【製作総指揮】ガイ・ボサム クリスタル・ブルボ メアリー・C・ラッセル クリストファー・ミルバーン ギャレス・ウェスト ピーター・タッチ アンダース・エアデン【脚本】カール・エルスワース
【撮影】ブレンダン・ガルビン【美術】フレデリック・ワフ【衣装】デニス・ウィンゲイト【編集】マイク・マカスカー スティーブ・ミルコビッチ ティム・ミルコビッチ【音楽】デビッド・バックリー【音楽監修】セリーナ・アリザノビッチ

【出演】
ラッセル・クロウ
カレン・ピストリアス ガブリエル・ベイトマン ジミ・シンプソン オースティン・P・マッケンジー
【HPサイト】
映画『アオラレ』公式サイト
【予告映像】
映画『アオラレ』トレーラー

スポンサーリンク

映画『アオラレ』のオススメ度は?

3.0

星3つです

ラッセル・クロウの豹変ぶりに驚愕!

謝って逃げましょう!

スポンサーリンク

映画『アオラレ』の作品情報・概要

『アオラレ』原題『Unhinged2020年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画。デリック・ボルテ監督作品。主演はラッセル・クロウ。原題を直訳すると「不安定な」となる。現代アメリカの社会問題である、自動車運転のマナーから起きる事件をモチーフに製作。交通渋滞、無用なクラクション、無理な割り込みと追い越し、そしてアオリ運転から発生する傷害、殺人事件を浮き彫りにしている。実際はどこの国でも起きている問題を映像化。ラッセル・クロウの演技が秀逸。

スポンサーリンク

映画『アオラレ』のあらすじ・ネタバレ

真夜中、静かな住宅街に巨漢の男が車(ラッセル・クロウ)から降りて一軒の家へ入っていく。叫び声がする。男はガソリンを撒いて火をつけて逃走する。

朝、美容師のレイチェル(カレン・ピストリアス) は、相変わらず朝寝坊をして、息子カイル(ガブリエル・ベイトマン) を不安にさせる。朝食もそこそこにカイルを学校まで送迎するために車を発進させる。しかし、道は大渋滞の兆しが見て取れる。カイルはだらしない母親のせいで、放校寸前だ。レイチェルの運転マナーは最悪。スマホを見ながら、強引な車線変更と割り込みを繰り返す。前方の車が青信号なのに発進しないことに腹を立てたレイチェルはクラクションを鳴らす。男はレイチェルに謝罪を要求するが拒否。すると男はレイチェルを執拗に追い回す。カイルを学校に送り届けてひと安心していると、先ほどの男が付け回していることに気がつく。そして、、、、。

スポンサーリンク

映画『アオラレ』の感想・内容

「車に乗るのを止めようと思った映画」となります。正直言って、いまのストレス社会で生きていると「あり得る」と感じました。たったひとつのクラクションからこのような惨劇が起きる可能性はあります。もし「無い」という人がいたら、それは遠い平和だった過去から来た人ではないでしょうか。日本も世界もコロナ禍で、終わりのない苛立ちを抱きながら生活しています。自由は抑制され、人との距離感も希薄になっています。その分、人と接した時に感じるストレスは相当大きいです。ましてや、その人物が自分とは違う価値観や、反対の思想の持ち主であったのなら、苛立ちが沸点に向かって爆発してしまう可能性の社会でわたしたちは生きています。

本映画『アオラレ』は、両者のストレスが頂点に向かう寸前で出会ってしまった起きた物語です。つまり一方の人間だけが怒りを発散するのであれば、このような末路にならなかったはずです。「売られた喧嘩は買う」「やったらやり返す」「謝ったら負け」を信望とするアメリカ社会の誇りを見事に否定してくれた映画です。わたしは「逃げるが勝ち」「謝って帰ろう」と考えるタイプの人間です。だって、あんまり面倒臭いことに巻き込まれたくないじゃあないですか。時間の無駄ですよ。後々、「あの時、謝ったよね」と言われてら「命の危険を感じたから」と言います。

スポンサーリンク

映画『アオラレ』の考察・評価

さて、本映画『アオラレ』の主人公はラッセル・クロウです。オスカー俳優です。名優です。 映画『グラディエーター』の時のような筋骨隆々の姿はありません。不気味な巨漢の男を演じています。とにかく横にデッカいです。こんな男が近寄ってきたら、逃げたくなります。でも、レイチェル(カレン・ピストリアス) は食ってかかるのです。これがいけなかったのです。きっかけはレイチェル運転の車の前の男が青信号なのに発進しなかったことに腹を立ててクラクションを鳴らしたのです。これって、よくあることですね。それに対して男は謝罪を求めるのですが、レイチェルは男をバカにして走り去ろうとするのです。男にとっても気分は悪いですよね。

この時点で、観ているわたしたちはどちら側に心を同調して良いのか、迷いが出ます。というのは男は映画の冒頭で、妻を殺して火をつけています。完全に狂っています。でもレイチェルの人間性に好感を持てないのです。何故なら、生活態度が非常にだらしないのです。朝、ベッドからなかなか出てきません。小学生の息子カイル(ガブリエル・ベイトマン) に急かされてやっとでてきます。カイルの表情は不安げです。「遅刻を心配」しています。母親が車で送迎するのですが、何度か遅刻しているため、学校で問題となっています。今度遅刻したら退学の危機です。レイチェルは時間にルーズです。出発したは良いが、ロサンゼルスのラッシュの真っ只中に突入です。下道を走っても、ハイウエイに乗っても渋滞です。カイルの心中は穏やかでいられません。しかもレイチェルの交通マナーは超がつくほど悪いのです。運転しながらのスマホは当たり前、強引な車線変更、割り込みは繰り返すし、バックで走ったりします。これでは後々起きた事件に対して「自業自得だろ」と口をついてしまいます。

さて、そしてレイチェルのご機嫌を最大限に損ねる出来事が起きます。まずは早朝、弁護士からの電話で、離婚訴訟中の夫からの要求に腹を立てています。彼女はフリーランスの美容師で、クライアントに登録していたのですが、遅刻ぐせのため「首を宣告」されるのです。お先真っ暗です。それが車中で起きました。そのイライラを背負って渋滞の中、前方の車にクラクションを鳴らしてしまったのです。男(ラッセル・クロウ)は当初は紳士的に解決を望みましたが、レイチェルの悪態に腹を立てます。実は男も離婚問題を抱えており、前夜、妻を殺害して放火してきたばかりです。男は死ぬ場所を探していたと思いますが、気の強いレイチェルに対して怒りを覚えるのです。

こうしてストレスが沸点に達している二人が出会ったらもう収集はつきません。激突必至です。いやいや、本当に恐ろしい展開が待っています。ラッセル・クロウの演技が本当に不気味なんです。眉間にシワを寄せて、じっと見つめてくるのです。ゾクゾクします。しかもあの巨漢で近寄ってきます。さらに頭が良いのです。携帯、スマホ、タブレットを駆使してレイチェルを追跡するのです。車追跡映画の『激突!』は追跡者の姿が見えないところに恐怖が内存されていましたが、本映画『アオラレ』は姿形も頭脳も見える恐怖感が続くのです。「何をしでかすかわからない」ではなく「コイツだったら何でもする」という恐怖感です。

スポンサーリンク

映画『アオラレ』の結末

さてさて、映画的な結末は勧善懲悪で終わります。男(ラッセル・クロウ)イコール悪者で、殺してハッピーエンドです。うーん、この結末はどうなのでしょうか。確かに男の行為は行き過ぎた感があります。しかしながら、もっと違う結末があっても良かったと思うのです。殺され方も予想した通り、母親のレイチェルがアンディを守るために戦って、殺しましたというもの。しかも撲殺です。車を主体とした映画であるなら、車によって殺された方が納得できます。安易ではありますが、レイチェルが男を轢き殺すとなります。もしくは男が車にレイチェルとアンディをさらって、車に大量の爆弾を詰め込み、ロサンゼルスのハイウエイに入り、自ら渋滞を作っての爆死とか、、、、。まあ、これはわたしの個人的な夢想なので、忘れてください。しかしながら本映画『アオラレ』を観た後の車の運転には気をつけました。車間距離を普段の倍は開けました。そしてこれからはあまり車を運転しないような生活を目指そうと誓いました。

スポンサーリンク

映画『アオラレ』のキャストについて

男(ラッセル・クロウ)
レイチェル(カレン・ピストリアス)
カイル(ガブリエル・ベイトマン)
アンディ(ジミ・シンプソン)
オースティン・P・マッケンジー

スポンサーリンク

まとめ 映画『アオラレ』一言で言うと!

「負けるが勝ち」

わたしはヘナチョコなので、こちらが悪くなくても謝ってしまうところがあります。もちろん、海外では通用しないのでしょう。でも、人間というのはメンツを大事しますから、怒った相手に対してこちらも怒りを露わにすると、相手のメンツを潰す結果に繋がります。いざと言う時は証拠のビデオを回してから、謝るのが賢明かと思います。やっぱり常軌を逸した人物とはすぐさま離れる術を身につけた方が良いです。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。
スポンサーリンク

映画『アオラレ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
デリック・ボルテ
製作
リサ・エルジー マーク・ギル アンドリュー・ガン
製作総指揮
ガイ・ボサム クリスタル・ブルボ メアリー・C・ラッセル クリストファー・ミルバーン ギャレス・ウェスト ピーター・タッチ アンダース・エアデン
脚本
カール・エルスワース
撮影
ブレンダン・ガルビン
美術
フレデリック・ワフ
衣装
デニス・ウィンゲイト
編集
マイク・マカスカー スティーブ・ミルコビッチ ティム・ミルコビッチ
音楽
デビッド・バックリー
音楽監修
セリーナ・アリザノビッチ
男(ラッセル・クロウ)
レイチェル(カレン・ピストリアス)
カイル(ガブリエル・ベイトマン)
アンディ(ジミ・シンプソン)
オースティン・P・マッケンジー
2020年製作/90分/PG12/アメリカ
原題:Unhinged
配給:KADOKAWA

タイトルとURLをコピーしました