映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。

スポンサーリンク
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。アメリカ映画

映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『サイコ (1960年の映画)IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

Psycho (1960) - IMDb
Directed by Alfred Hitchcock. With Anthony Perkins, Janet Leigh, Vera Miles, John Gavin. A Phoenix secretary embezzles ,000 from her employer's client, goes...
Psycho
Blu-Ray Trailer for Psycho

 

映画『サイコ (1960年の映画)

109分/アメリカ/1960

原題『Psycho

【監督】
アルフレッド・ヒッチコック
【脚本】
ジョセフ・ステファノ
【製作】
アルフレッド・ヒッチコック
【音楽】
バーナード・ハーマン
【出演】
アンソニー・パーキンス
ベラ・マイルズ
ジョン・ギャビン
マーティン・バルサム
ジョン・マッキンタイア
サイモン・オークランド
ジャネット・リー

スポンサーリンク
  1. 映画『サイコ(1960年の映画)』NHK BSプレミアム放送 6月3日(水)午後1時00分〜2時50分
    1. 6月3日(水)午後1時00分〜2時50分
  2. 映画『サイコ (1960年の映画)』のオススメ度は?
  3. 映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要
      1. 新しい恐怖映画の才能が登場しました
  4. 映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『サイコ (1960年の映画)』の感想・内容
      1. 近年最も恐ろしかった映画作品
      2. クリント・イーストウッドもサイコパスを扱っています
      3. サイコパスと言ったらテッド・バンディです
  6. 映画『サイコ (1960年の映画)』の評価・結末
      1. ドイツにもテッド・バンディがいました
      2. キューブリックが描く恐怖は圧巻です
  7. 映画『サイコ (1960年の映画)』のキャストについて
    1. ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)
    2. マリオン・クレイン(ジャネット・リー)
    3. ライラ・クレイン(ベラ・マイルズ)
    4. サム・ルーミス(ジョン・ギャビン)
    5. ミルトン・アーボガスト(私立探偵)(マーティン・バルサム)
  8. まとめ 映画『サイコ (1960年の映画)』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【ホラー・サスペンス映画オススメ】
      1. 映画『ミッドサマー』
      2. 映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
      3. 映画『ナイチンゲール』
      4. 映画『ダーティーハリー』
      5. 映画『テッド・バンディ』
      6. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      7. 映画『シャイニング』
      8. 映画『ジョーカー』
  10. 映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報

映画『サイコ(1960年の映画)』NHK BSプレミアム放送 6月3日(水)午後1時00分〜2時50分

6月3日(水)午後1時00分〜2時50分

アルフレッド・ヒッチコック

もはや語るまでもありません。

「サスペンス映画の神様」です。

ヒッチコックがいたからこそ、現代の映画があると言って過言ないです。

人は見かけではわかりません

何度観てもわかっているのに「怖い」です。

スポンサーリンク

映画『サイコ (1960年の映画)』のオススメ度は?

4.0

4つです

面白いです

引き込まれます

ゾクゾクします

最後はスッキリします

人は見かけに寄らない

スポンサーリンク

映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要

『サイコ』原題『Psycho1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

新しい恐怖映画の才能が登場しました

スポンサーリンク

映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ

不動産会社勤務のマリオン・クレイン(ジャネット・リー)は恋人サム・ルーミス(ジョン・ギャビン) と結婚したいが成就できずイライラしている。会社で預かったお金を持ち逃げして一路カルフォルニアのサムの元へ車を走らせる。途中、宿泊で立ち寄ったベイツ・モーテルのハンサムな青年ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス) と話すことになる。一緒に食事とするが「なんとなく違和感」を覚え部屋に戻る。それからシャワーを浴びるが、、、、

スポンサーリンク

映画『サイコ (1960年の映画)』の感想・内容

もうヒッチコックと言ったらサスペンス映画の巨匠として世界中のフィルムメーカーの多大な影響を与えた映画監督です。「ヒッチコックを知らずして映画は語れない」と言われるほどです。ヒッチコックの映画製作は脚本・演出・撮影・編集・音楽の全てにおいて後世に影響を与えています。多くのヒッチコック研究本が示すように特殊撮影技術は現在でも有効的です。本映画『サイコ (1960年の映画)』は間違いなくヒッチコック最大のヒット作となっています。出来ることなら本映画と合わせて『ヒッチコック』(Hitchcock)を観るとより一層ヒッチコックの映画の虜になると思います。

近年最も恐ろしかった映画作品

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

さて、物語ですが単にクライムサスペンスだけの内容ではありません。一人の青年が次々と殺人を犯して行きます。一見サイコパスな人物を誇張した映画と思われますが、改めて鑑賞するとそこには毒親問題”“性同一性問題”“自己愛性パーソナリティー”“解離性同一性障害など、現代社会が抱える諸問題を内包していることがわかります。当時はそのような言葉があったかはわかりません。サイコパスという言葉も1966年から1974年にかけて多発した猟奇的殺人の『ゾディアック事件』から知られるようになりました。でも本映画『サイコ (1960年の映画)』は1960年公開映画です。

クリント・イーストウッドもサイコパスを扱っています

もちろん、ヒッチコックは以前から人間の猟奇的・変質的な趣向を描く映画を撮っていますが、後世になってヒッチコックの洞察力、先見性の高さに驚かされる結果につながっています。映画監督を生業にしている人物には正直言って「変人が多い」です。もちろんヒッチコックも変人ですが、『ヒッチコック』(Hitchcock)を観るとごく普通の私生活だとわかります。妻であるアルマさんと生涯を共にする愛妻家ぶりが印象でした。

サイコパスと言ったらテッド・バンディです

スポンサーリンク

映画『サイコ (1960年の映画)』の評価・結末

さて、映画ですが、今観てもドキドキさせられます。やっぱり白黒撮影だった当時は一カットごとの照明が素晴らしく力強さが伝わってきます。演出も予期せぬジャンプショットがあったりとハラハラさせます。さらに編集は妻であるアルマさんの影響も強く圧巻です。そして、何と言っても音楽・効果音が素晴らしいですね。音楽はバーナード・ハーマンです。不安・恐怖・絶望へと導く旋律がたまりません。この音楽の使い方も後世の映画製作に多大な影響を与えています。

ドイツにもテッド・バンディがいました

主演のノーマン・ベイツを演じたアンソニー・パーキンスは一見、どこにでもいる好青年です。とてもハンサムです。しかしマリオン・クレイン(ジャネット・リー)はノーマンと話してすぐに違和感を覚えます。「なんかおかしい」という表情が実に素晴らしいです。さらにノーマンを訪ねてきたマリオンの姉のライラ・クレイン(ヴェラ・マイルズ)と私立探偵のミルトン・アーボガスト(マーティン・バルサム)に対しての不審な問答ぶりを観ていると、こちらまで恐怖を覚えます。まさにアンソニー・パーキンスの演技の賜物でしょう。

キューブリックが描く恐怖は圧巻です

映画の結末もスッキリします。犯人は誰で、どうしてこう言った犯罪が起きたのか等の背景を精神科医によって語らせています。これも素晴らしい演出だと思います。医者というだけで観ているわたしたちに「説得力と安心感」を与えます。でも同時にこのような病気がある恐ろしさも伝えています。最後のノーマン・ベイツを演じたアンソニー・パーキンスにキャメラがゆっくりと近寄る際、なにやら呟いて終わります。最後のダメ押しです。ヒッチコックはトップカットかあらあ最後まで観客を楽しませる工夫を施しているのには今でも驚かされます。

*ヒッチコックは自身の作品のどこかしらに出演しており、それを探すのがファンの恒例となっています。

*本映画の企画はパラマウントに通らず、ヒッチコックの自己資金で製作されたそうです。財産すべてを投げ出して取り組んだそうです。結果はヒッチコック作品最大のヒットとなりました。

スポンサーリンク

映画『サイコ (1960年の映画)』のキャストについて

ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)

母親思いの好青年。ハンサムで人当たりも良い。アンソニー・パーキンスは本当に綺麗な顔をしています。このような人物は誰からも好かれる印象を持ちます。でも話をするとどこか違和感を覚えます。それが恐怖へと繋がります。非常に素晴らしい演技だと思います。

マリオン・クレイン(ジャネット・リー)

不動産会社勤務。サム・ルーミス(ジョン・ギャビン) との成就しない遠距離恋愛に疲れています。お客から預かったお金を銀行に入れず持ち逃げします。映画序盤で殺されますが、印象に残る演技でした。何と言っても顔のアップでしょう。これほどの美人が大アップの絶叫は当時としては画期的だったそうです。死にっぷりが良かったです。

ライラ・クレイン(ベラ・マイルズ)

マリオン姉です。妹が心配で探しています。ノーマンの母親を見つける場面はハラハラしました。ベラ・マイルズはお客の目線で描かれていました。彼女の目線や動きはわたしたちそのものです。良かったです。

サム・ルーミス(ジョン・ギャビン)

マリオンの恋人。離婚歴あり。養育費も払っている。金物店経営。優柔不断。マリオンと真剣交際をしているのか不明。金銭的にもマリオンに頼っている。当初、警察はサムが絡んでいると睨みます。その辺りはもっと絡んで欲しかったです。演技は普通です。

ミルトン・アーボガスト(私立探偵)(マーティン・バルサム)

ノーマンに殺されます。殺され方が秀逸でした。階段から落下する場面は映画史に残ります。

スポンサーリンク

まとめ 映画『サイコ (1960年の映画)』一言で言うと!

「恐怖は突然やってくる」

まったく普通の日常生活を営んでいるわたしたちには無関係と思わせる映画ですが、ある日「恐怖のどん底」に落とされないとは言い切れません。特に「あの人は本当に良い人だね」と思わせる人が意外や意外、とても癖の強い人であったとか多分にあります。ここまでは行きませんが「あの人は面倒臭いわ」ってよくあります。人は一見しただけではわかりません。いくつもの顔を持っている人はそこら中にいます。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ホラー・サスペンス映画オススメ】

映画『ミッドサマー』

フェスティバル・スリラーを開拓したアリ・アスター監督作品

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

青春ホラー映画の金字塔

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・感想と結末までのあらすじ。ラストの“口撃”が最強兵器だった。
『IT』(イット)は、1990年のアメリカ合衆国のホラー映画。原作はスティーヴン・キングのホラー小説『IT-イット-』2017年に『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で登場人物の子ども時代を描く。本作『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』はその27年後を描いている。映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』公式サイトにて作品情報・キャスト・ネタバレ・あらすじ・結末について書いています。

映画『ナイチンゲール』

気分が悪くなるほど悲惨は映画です

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

ゾディアック事件をモチーフに、、、

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『テッド・バンディ』

このテッド・バンディがいたからサイコパス映画が生まれてのかも、、

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

ドイツにもサイコパスはいます

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『シャイニング』

やはりキューブリック描くと100倍の怖さです

映画『シャイニング』ネタバレ・あらすじ。キューブリックが映画人の尊敬を集めるのは挑戦魂が貪欲だったから。誰もキューブリックの真似はできない
映画『シャイニング』IDMnサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『シャイニング』(119分/アメリカ/1980年) 原題『The Shining』 【監督】 ...

映画『ジョーカー』

こんなに真面目で努力しているのに、、、

映画『ジョーカー』トッド・フィリップス「共感の欠如がテーマ」影響を受けた映画考察と続編でヴィランはどうなる?。
映画『ジョーカー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『ジョーカー』(122分/アメリカ/2019) 原題『Joker』 【監督】 トッ...

 

スポンサーリンク

映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
アルフレッド・ヒッチコック
脚本
ジョセフ・ステファノ
原作
ロバート・ブロック
撮影
ジョン・L・ラッセル
美術
ジョセフ・ハーレイ ロバート・クラットワージー ジョージ・マイロ ソウル・バス
音楽
バーナード・ハーマン
編集
ジョージ・トマシーニ
助監督
ヒルトン・A・グリーン
タイトルバック・絵コンテ
ソウル・バス
Norman_Bates(アンソニー・パーキンス)
Lila_Crane(ベラ・マイルズ)
Sam_Loomis(ジョン・ギャビン)
Milton_Arbogast(マーティン・バルサム)
Sheriff_Chabers(ジョン・マッキンタイア)
Dr._Richmond(サイモン・オークランド)
Marion_Crane(ジャネット・リー)
1960年製作/109分/アメリカ
原題:Psycho
配給:パラマウント

タイトルとURLをコピーしました