映画『パブリック 図書館の奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。エミリオ・エステベス監督「“義務”ではなく“道徳上の任務”」を大事にしたい。

スポンサーリンク
映画『パブリック 図書館の奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。エミリオ・エステベス監督「“義務”ではなく“道徳上の任務”」を大事にしたい。2018年公開

映画『パブリック 図書館の奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『パブリック 図書館の奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『パブリック 図書館の奇跡』
(119分/G/アメリカ/2018)
原題『The Public』

【監督】
エミリオ・エステベス
【製作】
リサ・ニーデンタール エミリオ・エステベス
アレックス・ルボビッチ スティーブ・ポンス
【脚本】
エミリオ・エステベス
【撮影】
フアン・ミゲル・アスピロス
【美術】
デビッド・J・ボンバ
【編集】
リチャード・チュウ
【音楽】
タイラー・ベイツ ジョアン・ハイギンボトム
【出演】
エミリオ・エステベス
アレック・ボールドウィン
ジェナ・マローン
テイラー・シリング
クリスチャン・スレイター
ガブリエル・ユニオン
ジェフリー・ライト
マイケル・K・ウィリアムズ
チェ・“ライムフェスト”・スミス
ジェイコブ・バルガス
【HPサイト】
映画『パブリック 図書館の奇跡』公式サイト
【予告映像】
映画『パブリック 図書館の奇跡』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『パブリック 図書館の奇跡』のオススメ度は?
  2. 映画『パブリック 図書館の奇跡』の作品情報・概要
  3. 映画『パブリック 図書館の奇跡』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『パブリック 図書館の奇跡』の感想・内容
    1. トニー・モリソン「図書館は民主主義の柱である」を体現した映画
      1. 人は人生という「道」を通して何を知るのだろうか?
    2. 東京の公共施設にホームレスが「入れてくれ!」と懇願した事件を思い出す
      1. 「糸」は二人に一体何をもたらしたのか?
    3. 舞台はアメリカのオハイオ州のシンシナティの公共図書館
    4. 図書館員としての責任を真っ直ぐ描きながらメディアを批判している
      1. 二宮くんの好演が冴えています
    5. 視聴率を取るために炎上させているのはメディア
  5. 映画『パブリック 図書館の奇跡』の結末・評価
    1. 図書館員スチュアートの実直さとジョシュとレベッカの非人間的な姿をうまく対比
      1. のんちゃんが静かにしっとりとそして激しく「戦争反対」を唱えています
    2. ジミー・クリフの『i can see clearly now』を合掌しながら投降
      1. 団塊の世代の人たちの時代が羨ましい
  6. 映画『パブリック 図書館の奇跡』のキャストについて
  7. まとめ 映画『パブリック 図書館の奇跡』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【図書館が登場するオススメ映画】
      1. 映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
      2. 映画『君の膵臓をたべたい(2017)』
      3. 映画『父と暮せば』
      4. 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
      5. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』
      6. 映画『ドリーミング村上春樹』
      7. 映画『アメリカン・アニマルズ』
  9. 映画『パブリック 図書館の奇跡』の作品情報

映画『パブリック 図書館の奇跡』のオススメ度は?

4.0

4つです

「図書館は民主主義の柱である」

エミリオ・エステベス監督・脚本・製作・主演

ジミー・クリフの『Ican see clearly now』が良い

bright (bright) sunshinin’ day!(気持ちのいい晴れた日になるよ)

スポンサーリンク

映画『パブリック 図書館の奇跡』の作品情報・概要

『パブリック 図書館の奇跡』原題『The Public2018年制作のアメリカ合衆国のドラマ映画。かつての青春スターブラット・パックのひとりであるエミリオ・エステベス監督・脚本・製作・主演。ある公共図書館の元副理事がロサンゼルスタイムズに寄稿したエッセイにインスピレーションを受けてエステベスが11年かけて映画化。共演は『天才作家の妻 40年目の真実』のクリスチャン・スレーター、『ブラック・クランズマン』『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』』のアレック・ボールドウィンら。

スポンサーリンク

映画『パブリック 図書館の奇跡』のあらすじ・ネタバレ

オハイオ州シンシナティの公共図書館に勤務するスチュアート・グッドソン(エミリオ・エステベス) は真面目に働いている。ある日の顔なじみのホームレスから思いも寄らない言葉を言われる。「今夜は帰らない、ここを占拠する」です。理由はシンシナティを未曾有の大寒波の襲来があるから。しかしホームレスが占拠することに大反対する人間もいる。スチュアートは自身もかつての荒んだ生活、そしてホームレス生活者という境遇もあり、彼らと一緒になってバリケードを作り一夜を過ごすことに、、、。しかし警察の実行部隊が突入の準備を始めて、、、、。

スポンサーリンク

映画『パブリック 図書館の奇跡』の感想・内容

トニー・モリソン「図書館は民主主義の柱である」を体現した映画

まず本映画『パブリック 図書館の奇跡』で最も印象的な言葉は「図書館は民主主義の柱である」です。

これは胸に響きました。アメリカのノーベル文学賞受賞作家トニー・モリソンの言葉です。

その言葉をさらに印象深くするのは「図書館は緊急時の避難所であるべきだ」とホームレスのジャクソン(マイケル・K・ウィリアムズ) が言い放った瞬間です。

そうです、そうなんです。まさに図書館は人命救助の貢献しなければいけない場所なのです。ハッと我に返りました。

人は人生という「道」を通して何を知るのだろうか?

東京の公共施設にホームレスが「入れてくれ!」と懇願した事件を思い出す

確か昨年2019年の台風時だったと思いますが、東京の公共施設にホームレスが押し寄せて「入れてくれ!」と懇願したが、施設側が断ったといった事件がありました(詳細は改めて書きます)

そのことがSNSを通じて報道されると賛否両論が起きました。もちろん男性を擁護する声もありましたが、逆にホームレスである男性を嘲笑う内容もありました。

「臭い」とか「汚い」とかさらには「自分でホームレスを選んだくせに」などです。もし本映画『パブリック 図書館の奇跡』が昨年、公開されていたのなら、このような悲劇はなかったかもしれません(いや、あったかなあ)

「糸」は二人に一体何をもたらしたのか?

舞台はアメリカのオハイオ州のシンシナティの公共図書館

本映画『パブリック 図書館の奇跡』はアメリカのオハイオ州のシンシナティにある図書館が舞台になっています。

この図書館には朝からホームレスが列をなして入場を待っています。彼らは昼間は図書館で過ごし、夜になると雨風が凌げる場所を探して寝ています。

図書館側は柔軟に彼らを受け入れています。スチュアート・グッドソン(エミリオ・エステベス) は図書館で真面目に働いています。

しかし、少し前にちょっとした問題を犯してしまいました。あるホームレスの体臭が臭かったため、追い出したのです。

するとそのホームレスが市を訴えます。しかも数千万円の慰謝料を支払わなければいけません。

スチュアートにとっては頭の痛いタネです。しかもその問題に首を突っこむのが次期市長を目指すジョシュ・デイヴィス(クリスチャン・スレイター) です。

とても粘着質の嫌な人間です。実はスチュアートはかつてはホームレスをしていた時期がありました。

しかも万引きなどの軽犯罪も行なっていました。ですから彼はホームレスの気持ちがわかるのですが、痛恨のミスをしてしまったことを悔いています。

図書館員としての責任を真っ直ぐ描きながらメディアを批判している

映画はスチュアートが図書館員としての責任を真っ直ぐに描いています。

それは冒頭に書いた「図書館は民主主義の柱である」をそのままにホームレスを守ります。

そしてある夜、事件が起きます。途轍もない寒波がシンシナティーを襲います。一夜、外にいれば凍死してしまいます。

彼らは図書館を占拠します。要求は「一晩、泊めてくれ」です。スチュアートは最初こそ戸惑いますが、図書館の責務を全うします。

彼らと一緒に過ごし、ピザの宅配まで取ります。図書館が占拠されたという情報はあっと言う間にニュースで報道されます。

野次馬も多く集まります。最悪なのはテレビ局のレポーター・レベッカ・パークス(ガブリエル・ユニオン)です。

騒ぎを炎上させて、SNSを通じて自己アピールしているのです。これを描いた監督のエミリオ・エステベスは素晴らしいと思います。

二宮くんの好演が冴えています

視聴率を取るために炎上させているのはメディア

日本でもそうですが、大抵の民放のアナウンサー兼レポーターというのはテレビ局に入った瞬間に「知性教養を失う」と言って良いでしょう。

それまでは報道について勉強していたのに、局に入った瞬間におバカさんになってしまうのは、やはり有名になって不特定多数から「承認」してもらわなければ、社内的立場も下がるからでしょう。

よくテレビ中継でアナウンサーが棒読みの原稿を読んでいますが、そこに事件や事故に対する深い造詣は読み取れません。

その場で深刻な表情で報道することで視聴率は上がり、自身の嘘の仮面が一枚増えるだけです。

スポンサーリンク

映画『パブリック 図書館の奇跡』の結末・評価

図書館員スチュアートの実直さとジョシュとレベッカの非人間的な姿をうまく対比

本映画『パブリック 図書館の奇跡』は図書館員スチュアートの実直さとジョシュとレベッカの非人間的な姿をうまく対比させながら描いています。

そしてこのスチュアートに加担するのがアンダーソン(ジェフリー・ライト) 館長です。アンダーソンは占拠された図書館に自ら入り、ホームレスたちと一緒にバリケードを作ります。

彼がなぜこのような行動に至ったかについては詳細に描かれていませんが、おそらくホームレスの多くが自身と同じ黒人であることも一因ではないでしょうか。

外では警察が突入のチャンスを伺っています。指揮するのはビル・ラムステッド(アレック・ボールドウィン) です。

しかし彼にもプライベートな問題がありました。数年前に消えた息子を探しています。ドラッグに溺れているそうです。

そして息子がこの図書館に避難しており、スチュアートが見つけてくれたのです。ビルも突入すべきか考えます。

外ではメディアが過剰な報道を繰り返しています。「暴動だ」とか「テロだ」などです。しかし、ここで女神が舞い降ります。スチュアートの女友達・アンジェラ(テイラー・シリング) が館内を撮影した映像を受け取り報道します。

それを見た市民たちが集まってきます。彼らの手には善意ある衣服や食事があります。この場面はホッとさせてくれる演出でした。

のんちゃんが静かにしっとりとそして激しく「戦争反対」を唱えています

ジミー・クリフの『i can see clearly now』を合掌しながら投降

さて、物語の結末は「まさか強行突入か」と思わせながら実に平和的な幕切りが待っています。

全員が裸になって投降するのです。大寒波の寒い中、全員が素っ裸です。ジャクソンが先頭に立ちます。

スチュアートもアンダーソンも一緒にです。そして歌を歌うのです。ジミー・クリフの『I can see clearly now(アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ)』です。これが良いのです。

It’s gonna be a bright (bright)(これから天気がよくなるよ(輝くんだ)

bright (bright) sunshinin’ day!(気持ちのいい晴れた日になるよ)

こんなことを書くと偏見かもしれませんが、ホームレスの人たちも希望を持って生きているということを伝えてくれています。偏見はいけません。

同じ人間なのです。生きるために必死なのは事実なのです。

どんな状況に置かれても人間は生きていく権利を持っています。それを奪うことはできません。自由なんです。自由!

とても良い映画でした。

団塊の世代の人たちの時代が羨ましい

スポンサーリンク

映画『パブリック 図書館の奇跡』のキャストについて

スチュアート・グッドソン(エミリオ・エステベス)
ビル・ラムステッド(アレック・ボールドウィン)
マイラ(ジェナ・マローン)
アンジェラ(テイラー・シリング)
ジョシュ・デイヴィス(クリスチャン・スレイター)
レベッカ・パークス(ガブリエル・ユニオン)
アンダーソン(ジェフリー・ライト)
ジャクソン(マイケル・K・ウィリアムズ)
ビッグ・ジョージ(チェ・“ライムフェスト”・スミス)
エルネスト・ラミレス(ジェイコブ・バルガス)

スポンサーリンク

まとめ 映画『パブリック 図書館の奇跡』一言で言うと!

「図書館は民主主義の柱である」

とても良い言葉です。図書館へ行けばみんな平等に学ぶことができます。子どもから老人まで、そして日本人も外国人もです。そして図書館には世界中の本があります。あらゆる思想の宝庫です。良い本、悪い本と分ける人もいますが、図書館は分け隔てなく置いてあります。それ自体がとても民主的だと言えます。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【図書館が登場するオススメ映画】

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

フレデリック・ワイズマン監督のドキュメンタリー

フレデリック・ワイズマン監督作映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』“図書館は人である”図書館を愛する人は人に優しい人。ネタバレ・あらすじ・内容・感想
映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(205分/アメリカ/2017) 原題『Ex Libris: The New Yo...

映画『君の膵臓をたべたい(2017)』

16歳の高校生の純愛物語

映画『君の膵臓をたべたい(2017)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「通り魔殺人」意味は?「後悔せず“今”を生きよう!」
映画『君の膵臓をたべたい(2017)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「通り魔殺人」意味は?「後悔せず“今”を生きよう!」映画『君の膵臓をたべたい(2017)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『君の膵臓をたべたい(2017)』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『君の膵臓をたべたい(2017)』の作品情報・概要『君の膵臓をたべたい』原作者・住野よるによる日本の青春小説。小説投稿サイト「小説家になろう」で好評を得て出版され200万部の大ヒットを受けて映画化された。略称は「キミスイ」。監督は月川翔。主演は浜辺美波と北村匠海。書籍にない12年後を小栗旬と北川景子が演じている。 第41回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀脚本賞を吉田智子、新人俳優賞を浜辺美波と北村匠海が受賞している。主題歌はMr.Children「himawari」を制作。

映画『父と暮せば』

宮沢りえちゃんは図書館で働いています

映画『父と暮せば』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。好演・宮沢りえvs圧巻・原田芳雄 が描く黒木和雄監督「反戦映画」8月6、9日は絶対に忘れない。
映画『父と暮せば』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。好演・宮沢りえvs圧巻・原田芳雄 が描く黒木和雄監督「反戦映画」8月6、9日は絶対に忘れない。映画『父と暮せば』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『父と暮せば』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『父と暮せば』の作品情報・概要。『父と暮せば』作家・井上ひさしによる戯曲を黒木和雄監督が映画化。主演・宮沢りえ。共演は原田芳雄と浅野忠信。原爆投下後の1948年の広島を舞台に被爆した父の亡霊と娘を描いた二人芝居。舞台劇の構成で展開していく。原爆で破壊された広島の街はCGで再現。撮影箇所は父娘の家と図書館くらいである。宮沢りえと原田芳雄の演技が素晴らしい。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

ニューヨークの大学生も図書館で勉強します

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは?
映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレン最新作「雨のマンハッタン愛」曇りのティモシー・シャラメと太陽のエル・ファニングに分け入るセリーナ・ゴメスは? 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の作品情報・概要.。『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』原題『A Rainy Day in New York』2019年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。ウディ・アレン監督作品。主演はティモシー・シャラメとエル・ファニング。共演はセレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーなど。1935年生まれで85歳のウディ・アレンがマンハッタンへ戻ってきた話題作。雨のニューヨークで繰り広げられる若者の恋物語。Me Too運動の影響でアメリカでは公開されていない。

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』

ローラ・アルバートは大の図書館好き!

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』ネタバレ・あらすじ・感想。ローラ・アルバートの才能を評価。SNS炎上ビジネスの先駆け。
映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏...

映画『ドリーミング村上春樹』

村上春樹作品は図書館で読むと感慨深いかも

映画『ドリーミング村上春樹』ネタバレ・あらすじ・結末。デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムの村上春樹愛は仕事に直結している究極のハルキスト。
デンマーク人翻訳家デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー映画。1995年ホルムは日本を旅した時に『ノルウェイの森』と出会った。読み終えてすぐに村上春樹の翻訳家になることを決意する。そして今ではデンマーク語の翻訳の大家となっている。そんな彼女が村上作品を翻訳する際の格闘と苦悩と挑戦をキャメラは追いかけている。

映画『アメリカン・アニマルズ』

おバカな大学生が図書館から盗んだものは!

映画『アメリカン・アニマルズ』実話。バリー・コーガン一色だ。バカな大学生4人が安易に計画した強盗事件。ネタバレ、あらすじ、評価
アメリカのバカな大学生が退屈しのぎに盗みを働く。狙いは図書館が所蔵するダーウィンの『種の起源』や画家ジョン・ジェームズ・オーデュボンの傑作『アメリカの鳥類』の初版本。時価1200万ドルという値打ちがある。懸命に作戦を練るが所詮は素人。失敗に終わり警察に捕まる。そして刑務所へ。単なる刺激を求めた出来心で彼らは何を失ったのか。
スポンサーリンク

映画『パブリック 図書館の奇跡』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
エミリオ・エステベス
製作
リサ・ニーデンタール エミリオ・エステベス アレックス・ルボビッチ スティーブ・ポンス
製作総指揮
クレイグ・フィリップス リチャード・ハル ジャネット・テンプレトン レイ・ブデロー ジョーダン・ブデロー ボブ・ボンダー ブライアン・グールディング ドナル・オサリバン
脚本
エミリオ・エステベス
撮影
フアン・ミゲル・アスピロス
美術
デビッド・J・ボンバ
衣装
クリストファー・ローレンス
編集
リチャード・チュウ
音楽
タイラー・ベイツ ジョアン・ハイギンボトム
スチュアート・グッドソン(エミリオ・エステベス)
ビル・ラムステッド(アレック・ボールドウィン)
マイラ(ジェナ・マローン)
アンジェラ(テイラー・シリング)
ジョシュ・デイヴィス(クリスチャン・スレイター)
レベッカ・パークス(ガブリエル・ユニオン)
アンダーソン(ジェフリー・ライト)
ジャクソン(マイケル・K・ウィリアムズ)
ビッグ・ジョージ(チェ・“ライムフェスト”・スミス)
エルネスト・ラミレス(ジェイコブ・バルガス)
2018年製作/119分/G/アメリカ
原題:The Public
配給:ロングライド

タイトルとURLをコピーしました