映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ネタバレ・あらすじ「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を“アポなし取材”感想「アメリカ銃社会に変わり無し!」結果

スポンサーリンク
映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ネタバレ・あらすじ「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を“アポなし取材”感想「アメリカ銃社会に変わり無し!」結果。アメリカ映画

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ボウリング・フォー・コロンバイン』
(120分/カナダ・アメリカ合作/2002)
原題『Bowling for Columbine』


【監督】
マイケル・ムーア
【製作】
マイケル・ムーア チャールズ・ビショップ ジム・ザーネッキ
マイケル・ドノバン キャスリーン・グリン
【製作総指揮】
ボルフラム・ティッチー
【脚本】
マイケル・ムーア
【撮影】
ブライアン・ダニッツ マイケル・マクドノー
【編集】
カート・エングフェール
【音楽】
ジェフ・ギブス
【出演】
マイケル・ムーア
チャールトン・ヘストン マット・ストーン
マリリン・マンソン ジョージ・W・ブッシュ


【HPサイト】映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』IMDbサイト
【予告映像】映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』NHK BSプレミアム放送 11月9日(月)午後1時00分~3時00分
    1. 11月9日(月)午後1時00分~3時00分
  2. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のオススメ度は?
  3. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の作品情報・概要
  4. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の感想・内容
      1. 河瀬直美監督はドキュメンタリー作家としても「素晴らしい」です
      2. 昭和最大の未解決事件「グリコ・森永」をドキュメンタリータッチで描いています
  6. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の結末・評価
      1. ドキュメンタリー映画として描いても良いのでは!と思わせる作品です
      2. ある意味ドキュメンタリー企画から派生した映画です
      3. これは事実かフィクションか?と思わせる画期的な映画
      4. 日本にも世界にも村社会という「現実」はあります
  7. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のキャストについて
  8. まとめ 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【ドキュメンタリー映画オススメ】
      1. 映画『行き止まりの世界に生まれて』
      2. 映画『ようこそ映画音響の世界へ』
      3. 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』
      4. 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』
      5. 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』
      6. 映画『キューブリックに魅せられた男』
      7. 映画『ドリーミング村上春樹』
      8. 映画『サウナのあるところ』
      9. 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』
      10. 映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
      11. 映画『アートのお値段』
      12. 映画『フリーソロ』
      13. 映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
      14. 映画『イメージの本』
      15. 映画『シード 生命の糧』
      16. 映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』
      17. 映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』
      18. 映画『RBG 最強の85才』
      19. 映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』
      20. 『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』
      21. 『私は、マリア・カラス』
      22. 『エリック・クラプトン~12小節の人生~』
      23. 映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』
  10. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の作品情報

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』NHK BSプレミアム放送 11月9日(月)午後1時00分~3時00分

11月9日(月)午後1時00分~3時00分

マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画です

元祖アポなし”“突撃取材を観ましょう!

「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を解き明かします

でも「アメリカの銃社会に変化無し」です

アメリカって不思議な国です

スポンサーリンク

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のオススメ度は?

4.0

4つです

マイケル・ムーアの突撃取材が面白い

ちょっと太りすぎかな

「アメリカの恥」を追求し世界に伝播

でも「アメリカは変わらない」のでは?

チャールトン・ヘストン は「痛かった」

スポンサーリンク

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の作品情報・概要

『ボウリング・フォー・コロンバイン』原題『Bowling for Columbine2002年に製作されたアメリカ映画である。マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画。1999420日に発生した『コロンバイン高校銃乱射事件』を主軸に展開。最初は犯人である二人の少年像へ向かうが次第に「アメリカ社会」への批判と非難を強めていく。アポなし突撃取材の手法は秀逸。アメリカの黒歴史からブッシュ政権への批判と巨大スーパーマーケットKマートの銃弾販売禁止に至るまでの突撃具合には頭がさがる。2002年カンヌ国際映画祭 55周年記念特別賞受賞、2003年アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞受賞作品。

スポンサーリンク

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のあらすじ・ネタバレ

1999420日は全米を震撼させる事件が起きた。アメリカ・コロラド州コロンバイン高校で少年二人が銃を乱射し12名が殺害され、多くの負傷者を出しました。彼らがなぜこのような凶行に至ったかを突撃アポなし取材のマイケル・ムーアが解き明かしていきます。コロンバイン高校の生息者へのインタビューから、世界における銃による死亡者数、さらにアメリカの暴力の歴史と黒人差別。隣国カナダとの比較を通して独自の見解を展開していく。全米ライフル協会を悪玉に仕立てるが、銃による殺人の原因はそこには至らない。「アメリカ建国の黒歴史」と「アメリカの恥」を徹底的に追求していく。

スポンサーリンク

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の感想・内容

「見応えのある映画」です。本映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』は監督のマイケル・ムーアの突撃アポを主軸に描いています。テーマを銃乱射事件においており、「なぜ、少年たちが銃を乱射したのか」と考えがちですが、結局のところ明確な真相はわかりません。代わって「なぜアメリカは銃による殺人件数が多いのか」に向かっていきます。ここが面白いのです。もちろんマイケル・ムーアは映画撮影当初は少年たちの心の闇を追求しようとしたと思います。しかし犯人とされた少年たちはすでに死亡していますから、想像する他ありません。「いじめ」とか「愉快犯」あるいは「精神疾患者」等です。

河瀬直美監督はドキュメンタリー作家としても「素晴らしい」です

映画『朝が来る』ネタバレ・あらすじ「朝斗のまなざし」描く河瀬直美監督最高!「“不妊治療”と“特別養子縁組”制度」への理解「世界を目指す」蒔田彩珠の好演!感想・結末。
映画『朝が来る』ネタバレ・あらすじ「朝斗のまなざし」描く河瀬直美監督最高!「“不妊治療”と“特別養子縁組”制度」への理解「世界を目指す」蒔田彩珠の好演!感想・結末。映画『朝が来る』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『朝が来る』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『朝が来る』の作品情報・概要『朝が来る』 英題『True Mothers』カンヌ国際映画祭で高く評価されている河瀬直美監督が辻村深月による長編ミステリー小説である『朝が来る』を映画化。子どもが出来ない夫婦は不妊治療を諦め、特別養子縁組制度を用いて子どもを迎え入れる。その子どもの実母は中学生で妊娠してしまいやむをえず子供を手放してしまう。しかし両者は数年後に対面する。変わり果てた実母の要求は「子どもを返してくれ、出来なければお金をくれ」出演は永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子。

またアメリカ社会で起きる「銃による殺人件数(10000人余り死亡)」が多い理由は現全米ライフル協会の存在が大きく加担しているという方向へ向けます。しかしこちらの明確な答えには至っていません。結果的には「アメリカの暴力の歴史」と「白人層の恐怖の裏返し」に行き着きます。つまりヨーロッパの階級社会から逃れてきた白人たちはアメリカ大陸で自由を得た魚のように縦横無尽に駆け回り、先住民を殺しまくります。そこには銃がありました。土地を手に入れた白人たちは労働力をアフリカへ求めます。黒人奴隷です。黒人奴隷は一切の報酬をもらわずにアメリカ建国のために働きました。その時も白人だけが銃を所持することが許されていました。

昭和最大の未解決事件「グリコ・森永」をドキュメンタリータッチで描いています

さらに公民権運動の際も白人は黒人からの仕返しに怯えて黒人たちに銃口を向けます。本映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の後半にマイケル・ムーアとチャールトン・ヘストン が対面しますが、両者とも同じような答えを導きだします。「暴力の歴史」と「仕返しの恐怖」です。つまりコロンバインで銃乱射事件を機にマイケル・ムーアはアメリカ社会の根強い負の怨念を炙り出すことに成功しているのです。それは素晴らしいです。

ここまで書くと『コロンバイン高校銃乱射事件』を出汁に使った感がありますが、マイケル・ムーアはちゃんとこの事件に対して未来への布石を打っています。その場面は結構感動します。事件で銃撃を受けた二人の青年を連れて、Kマート本社を訪れます。Kマートはアメリカ第2の大手スーパーマーケット・チェーンストアです。突撃アポなし訪問です。そして店舗で銃弾の販売をやめるよう交渉し、成功するのです。もちろん強引な交渉ですし、売り手側にとっては大迷惑かもしれません。さらにマイケル・ムーアの良い人アピールの売名行為を非難する人もいるでしょう。しかしながら高評価を得ていることも確かです。アメリカでは銃や銃弾は近所のスーパーマーケットで気軽に買うことができる異常性について世界に訴求するには十二分だったと思います。本映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』を観たアメリカ人はもう日常的に銃がありますし、どこにでも売っていますから「キョトン?」状態だったかもしれませんが、世界の人にとってはショックだったと思います。

スポンサーリンク

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の結末・評価

本映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のタイトルにボウリングが付けられた理由は銃乱射事件を起こした少年たちが犯行を犯す直前にボウリングを行なっていたことに起因します。ただ少年たちとボウリングがどのような因果関係があるのかはわかりません。高校の体育の授業でボウリングの科目があったこと、ボウリングのピンの形が人間に似ており、射撃の練習でピンが使われることなどをイメージしてタイトルが決められたと思われます。

ドキュメンタリー映画として描いても良いのでは!と思わせる作品です

さらにこれは演出というより後付けの編集ですが、アメリカが世界の各地で行った暴力的な歴史を紹介しているところも見逃せません。その結果として『アメリカ同時多発テロ事件』へと持っていきます(これはいささか強引ですが)1953年のイランのモサデク政権転覆しパラディ政権の樹立、1954年のグアテマラの民主政権を転覆、1963年、南ベトナムのディエム大統領暗殺を支援、その他はチリクーデターを支援しピノチェト政権樹立からエルサルバドル、そしてアフガニスタンではビンラディンへの支援でソ連に対抗し、後のイスラム過激派の源流を作る皮肉な結果となります。イラクのフセインにも資金を供与していますし、パナマのノリエガも同様にアメリカからの支援を受けていますが、結果的に彼らは利用されたのちに始末されています。このおぞましい惨状をルイ・アームストロングが歌う『What a Wonderful World』で編集しているところは作為的であり、演出家としては秀逸だと感じました。なぜなら「世界は決して素晴らしくないでしょ!」

ある意味ドキュメンタリー企画から派生した映画です

もうひとつ忘れてはいけないのはお隣の国カナダでの銃の現状です。本映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』製作時のアメリカにおける銃による殺人件数は年間11127件です。ドイツは381件、フランスは255件、カナダは165件、イギリスは68件、オーストラリアは65件、日本は39件です。カナダもアメリカと同じく銃社会です。カナダ国民の7割近くが銃を持っています。彼らは主に狩猟で銃を用いるそうですが、それもアメリカとて同じです。そしてもっと興味ふかいのはカナダ人は自宅に鍵をかけない習慣があるところです。ここの着眼点は良いと思います。わたしたち日本人も昔は鍵をかけなくても安心できる社会がありました。でも今は無理です。しかし本映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の製作当時のアメリカ・デトロイトのお隣のカナダ・サーニアの住民の多くは鍵をかけう習慣がないとのこと。これと銃乱射事件がどう関係あるのかは明確な答えはありませんが、わたしたちに「平和な社会」とか「人を信頼している」などをイメージさせるには十分な演出だと感じました。

これは事実かフィクションか?と思わせる画期的な映画

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。

名優チャールトン・ヘストンへのインタビューは「痛い」です。かつての映画『ベン・ハー』『猿の惑星』の世界的な俳優の年老いて力もない姿にマイケル・ムーアが容赦なしに質問する場面は辛いものがありました。チャールトン・ヘストンは全米ライフル協会の会長になっていますが、結局は看板スターが必要だった協会の神輿にすぎません。映画ファンとしては観ていて辛いですね。

さて本映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』を総括すると「マイケル・ムーアのドキュメンタリー映画」となります。自身を世界にアピールしながらアメリカの銃社会の現状を訴求しています。何を解決したかは上記した通り、一番はKマートにおける銃弾の販売中止になります。そして「アメリカの恥」を世界に知らしめたところではないでしょうか。そのために強引なアポなし取材、独創的な比較、意図的な編集を行っています。プロパガンダ的映画と言われそうですが、他のテレビメディアと比べるとまだ紳士的ではないでしょうか。こういった思い切った映画製作を行うことがマイケル・ムーア監督の持ち味であり、人気の所以だと思います。マイケル・ムーアを観ることで理解できる「アメリカの摩訶不思議映画」と捉えると楽しめる作品です。

日本にも世界にも村社会という「現実」はあります

*それにしてもマイケル・ムーアの太り具合が心配になります。「めっちゃハンバーガー好きなんだろうな」って想像してしまいます。

*映画『ロード・オブ・ザリング』『彼らは生きていた』https://undazeart.com/they-shall-not-grow-old/のピーター・ジャクソンと被って見えた時期がありましたが、最近は見分けできるようになりました。

*マリリン・マンソンの歌詞が『コロンバイン高校銃乱射事件』の少年たちが犯行に至る動機付けと騒がれたが、マイケル・ムーアはそれを一掃しているところが良い。

スポンサーリンク

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のキャストについて

マイケル・ムーア
チャールトン・ヘストン
マット・ストーン
マリリン・マンソン
ジョージ・W・ブッシュ

スポンサーリンク

まとめ 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』一言で言うと!

「そこの真実へ向かって突撃するぜ!」

マイケル・ムーア監督は当時では異端な存在だったと思います。誰もここまで「アポなし突撃取材」は行っていなかった時代です。先駆者です。今では炎上ビジネスと言われても仕方ない手法だったと思います。でも知名度が上がればアポなし自体が一つの売名ビジネスですから突撃さっれる方も受けざるを得ない状況になります。そうなるともう成功だと思うのです。やりすぎはいけませんが、世界に貢献するのであれば歓迎されるべき手法だと思います。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ドキュメンタリー映画オススメ】

映画『行き止まりの世界に生まれて』

この映画はダントツで素晴らしい「少年の叫び」を聞いてください

映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オバマ前大統領推薦。毒親を根絶せよ!
映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オバマ前大統領推薦。毒親を根絶せよ! 映画『行き止まりの世界に生まれて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『行き止まりの世界に生まれて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『行き止まりの世界に生まれて』の作品情報・概要『行き止まりの世界に生まれて』原題『Minding the Gap』ビン・リュー監督作品のドキュメンタリー映画。2018年公開。イリノイ州ロックフォードで育ったスケートボード好きの3人の青年たちの「心の闇」を描いている。共通しているのは暴力を振るう「毒親」だった。サンダンス映画祭ブレイクスルー映画製作米国ドキュメンタリー部門特別審査員賞を受賞。第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネート。オバマ前大統領が絶賛した映画。

映画『ようこそ映画音響の世界へ』

映画をより高い芸術へと導く人たちの物語

映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」
映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」映画『ようこそ映画音響の世界へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ようこそ映画音響の世界へ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ようこそ映画音響の世界へ』の作品情報・概要映画産業の中心であるアメリカ・ハリウッドで映画における音響の歴史と変遷、さらに新しい技術への挑戦をドキュメンタリーとして記録した映画。トーキー前と後、更にステレオ、ドルビーへ進化を遂げる過程に存在した多くの音響デザイナーたちが映画への飽くなき挑戦を音を主人公にして描いている。監督はミッジ・コスティン、出演にジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、クリストファー・ノーラン、アルフォンソ・キュアロンら。映画ファンなら珠玉の一品と言える名作。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

愛する人と農業だけで暮らせたら本当に幸せ

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。
映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』の作品情報・概要 テレビ番組や映画の自然映像のキャメラマンのジョン・チェスター とオーガニックな食材を用いる料理家のモリーが自給自足が可能な農場を作り上げるまでの8年間をドキュメンタリーとして描いた作品。監督・脚本は夫はジョン・チェスター 自身。様々な困難に打ち克ちながら夢の実現へ向かう二人の軌跡を美しい自然映像と共に写し取っている秀作。

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

三島由紀夫がたった一人で全共闘と対峙します

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』ネタバレ・感想。三島由紀夫圧勝!東大全共闘の遠吠えが虚しい。
映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』ネタバレ・感想。三島由紀夫圧勝!東大全共闘の遠吠えが虚しい。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』の作品情報・概要 1969年(昭和44年)5月13日に東京大学駒場キャンパス900番教室(現・講堂)で行われた、三島由紀夫と東大全共闘の討論会についての記録したフィルムを再編集した映画。ドキュメンタリー作品。本討論会はTBSだけが撮影を許された。討論会に出席していた存命の人物も多く登場して、フィルムの三島由紀夫について語っている。

映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』

村西とおるさんはすごい「嘘が全くありません」

映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』ネタバレ・あらすじ・感想。村西とおる監督を知れば真実の“愛”に出会える
映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』ネタバレ・あらすじ・感想。村西とおる監督を知れば真実の“愛”に出会える 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 公式サイトを案内し作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認が可能です。 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』の作品情報・概要日本のアダルトビデオに革命を起こした村西とおる監督を追いかけたドキュメンタリー映画。前科7犯に、借金50億円を抱えるという破天荒な男・村西とおる日本の「AV界の帝王」である。1996年夏、50億円の負債を追った村西とおるは再起を図るため、北海道で世界初となる4時間超のDVD用Vシネマと35本のヘアヌードビデオの撮影を同時にスタートさせた。その際に密着した映像記録を再編集して作り上げたのが本作。

映画『キューブリックに魅せられた男』

キューブリック捧げ過ぎてこんな姿に、、、

映画『キューブリックに魅せられた男』ネタバレ・あらすじ・感想。キューブリック映画を愛することが人生の“フィルムワーカー”
2017年製作/94分/G/アメリカ映画。原題は『Filmworker』放題は『キューブリックに魅せられた男』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報も紹介しています。ネタバレ・あらすじ・感想までを書いています。『バリー・リンドン』で念願のキューブリック作品に出演したレオン・ビターリは俳優を引退してキューブリックに弟子入りする。信頼を得てあらゆる雑務を命じられる。24時間365日寝食を忘れ尽くす。なぜからがこれほどまでにキューブリックに心酔するのかをキャメラは捉えている。肉体も精神も疲れ果てはレオン・ビターリに神々しく見えてくる。

映画『ドリーミング村上春樹』

村上春樹が好き過ぎて翻訳家になった女性がいます

映画『ドリーミング村上春樹』ネタバレ・あらすじ・結末。デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムの村上春樹愛は仕事に直結している究極のハルキスト。
デンマーク人翻訳家デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー映画。1995年ホルムは日本を旅した時に『ノルウェイの森』と出会った。読み終えてすぐに村上春樹の翻訳家になることを決意する。そして今ではデンマーク語の翻訳の大家となっている。そんな彼女が村上作品を翻訳する際の格闘と苦悩と挑戦をキャメラは追いかけている。

映画『サウナのあるところ』

フィンランドではサウナに入れば誰もが「平等」です

映画『サウナのあるところ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想。フィンランドのサウナは人生の涙を流すところ。
映画『サウナのあるところ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『サウナのあるところ』(81分/フィンランド/2010) 原題『Miesten vuo...

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』

最後の最後にジルベルトが登場、、、

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』作品情報・ネタバレ・あらすじ・評価。ボサノバの巨匠は気まぐれ姿見せず
映画『ジョアン・ジルベルトを探して』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ジョアン・ジルベルトを探して』(111分/スイス・ドイツ・フランス合作/2018) 原題『Where Are You, Joao Gilber...

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

図書館とは人なんです

フレデリック・ワイズマン監督作映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』“図書館は人である”図書館を愛する人は人に優しい人。ネタバレ・あらすじ・内容・感想
映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(205分/アメリカ/2017) 原題『Ex Libris: The New Yo...

映画『アートのお値段』

アート作品の値段はこうして決定されます。

映画『アートのお値段』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ザザビーズの大宣伝映画。バスキアの「Untitled」(前澤友作氏、落札の瞬間映像あり)高額理由に納得。
映画『アートのお値段』公式サイトにて作品情報・上映館の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。われわれのような一般人には夢のような話です。ウォホール、ヘリング、バスキア作品がなぜ高額なのかわかります。ジェフ・クーンズの100億円のうさぎも登場。村上隆も。ZOZO前社長前澤友作氏、落札の瞬間映像あり

映画『フリーソロ』

命をかけて岩山を登る男アレックス

ドキュメンタリー映画『フリーソロ』のアレックス「危険を冒すことで安心感を得る」ネタバレ・あらすじ・評価・感想・評価。撮影班の葛藤。CG一切無し。
映画『フリーソロ』公式サイトにて作品情報・上映館並びに時間を紹介。この映画はアレックスというクライマーが安全装置無しに、素手だけで米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑む様子をドキュメンタリーとして描いています。CG一切なし。撮影隊の心情もうまく描いています。ハラハラドキドキの100分。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

芸術はいつの世も戦争に翻弄される運命にある

ドキュメンタリー映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』戦争にはステータスが必要だった。ネタバレ、感想
ヒトラーは本当に芸術が好きだったのだろうか。だから芸術作品を一生懸命に集めたのだろうか。若い頃、画家を志していた少年が何故、独裁者になり世界を恐怖の坩堝に叩き落としたのか。その理由はこの映画には描かれていないが、ヒトラーとナチスは芸術作品を収集することでステータスをあげて、権威を不動のものにしようとした野心はわかった

映画『イメージの本』

神さま、仏さま、ゴダールさま。

映画『イメージの本』は映画の神様ゴダールの平和を願う反戦映画である。ネタバレ、評価
『イメージの本』(84分/瑞西・仏/2018) 原題 『Le livre d'image』 監督 ジャン=リュック・ゴダール ゴダールは良い意味で毎回、期待を裏切ってくれる。いつも新しいことに挑戦している。 映画こそ総合芸術...

映画『シード 生命の糧』

タネを消滅させて人間は何を得るのだろうか?

映画『シード 生命の糧』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。種の消滅は地球を破壊する。種の保存は知性教養の象徴である。
映画『シード 生命の糧』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『シード 生命の糧』(94分/アメリカ/2016) 原題『Seed: The Untold S...

映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』

イタリアの地で実際の歌声を聴けるなら本望です

映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』ネタバレ・あらすじ・評価・内容
映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』(160分/イタリア/2016) 原題『IL VOLO with Placido Domingo Notte Magica - Tr...

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』

確かにニューヨークの代表のホテルですが、、、

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』は92分のCM。中身なし。時代に取り残されたホテル感が満載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
映画スター、プロスポーツ選手、政治家、王族が宿泊したホテルとして有名。カーライルホテルはそれを冠にして繁栄してきたと公言しているような映画だ。アメリカの人々が「いつか泊まりたい」と羨望してそうだ。映画は92間、このホテルのCMを見せられている気分になる。自慢、見栄のオンパレード。肝心のホテルのサービスや他のホテルとの違いが見受けられない。泊まりたくなる魅力が伝わってこない。

映画『RBG 最強の85才』

アメリカ最強の女性弁護士はほっこりバアさんだった

映画『RBG 最強の85才』弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグの尽力でアメリカ女性の社会進出が加速した。あらすじ、ネタバレ、評価
アメリカ合衆国の法曹会で活躍する女性弁護士のドキュメンタリー映画である。あらゆる差別を撤廃するために弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグは半生を通して戦ってきた偉大な人物。性差別、人種差別、労働差別と日常生活から社会生活の隅々に渡り目を凝らし、弱き人々の声に耳を澄まし法律の改正を今なお積極的に行なっている。

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』

永遠にエレガンスでいてください

『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』(84分/英/2018)
原題 『Westwood: Punk, Icon, Activist』 世界的に有名なファッションデザイナーである。大変申し訳ないが存じ上げなかった。でもデザインは見たことがある、いやあるような気がする。まだ存命なので当然ドキ...

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

ホイットニー、なぜ「ヘルプ!」と叫ばなかったのだ

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

『私は、マリア・カラス』

あなたの一途な生き方が世界に響いてます

『私は、マリア・カラス』(114分/仏/2017)
原題 『Maria by Callas』 全身芸術家、マリア・カラス。生涯芸術家、マリア・カラス。完璧しか許されなかった芸術家。 マリア・カラスは孤独だったのか?あの満願の笑みの裏側に“不幸が似合う女”の...

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』

とにかく死ななくて良かったね

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(135分/英/2017)
原題 『Eric Clapton: Life in 12 Bars』 クラプトンは身をもって自らの恥部を公表することで薬物やアルコールの危険性を訴えているのかもしれない。この映画を観れば絶対にドラッグやアル...

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』

佐川くんはなぜ殺人を犯したのか、その真実

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
フランスでオランダ人女性を殺害してその肉を食べた男が佐川氏である。世界中に報道された。しかし佐川氏はパリ警察より釈放され日本に帰国した。作家、アダルト俳優、漫画家とうの仕事で生計を立てたいたが、数年前に脳梗塞を患い下半身が不自由になる。弟の介護に頼り暮らしている。フランスの撮影クルーが佐川氏と弟の日常を残酷なまでに記録したドキュメンタリー作品。
スポンサーリンク

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マイケル・ムーア
製作
マイケル・ムーア チャールズ・ビショップ ジム・ザーネッキ マイケル・ドノバン キャスリーン・グリン
製作総指揮
ボルフラム・ティッチー
脚本
マイケル・ムーア
撮影
ブライアン・ダニッツ マイケル・マクドノー
編集
カート・エングフェール
音楽
ジェフ・ギブス
マイケル・ムーア
チャールトン・ヘストン
マット・ストーン
マリリン・マンソン
ジョージ・W・ブッシュ
2002年製作/120分/カナダ・アメリカ合作
原題:Bowling for Columbine
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

タイトルとURLをコピーしました