映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』ネタバレ・あらすじ・感想。トラボルタ「ストーカー」を怪演してラズベリー賞最低主演男優賞を受賞。

スポンサーリンク
映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』ネタバレ・あらすじ・感想。トラボルタ「ストーカー」を怪演してラズベリー賞最低主演男優賞を受賞。2019年公開

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『ファナティック ハリウッドの狂愛者』
(88分/PG12/アメリカ/2019)
原題『The Fanatic』

【監督】
フレッド・ダースト
【製作】
オスカー・ジェネラル ダニエル・グロドニック ビル・ケンライト
フレッド・ダースト ジョン・トラボルタ
【脚本】
デイブ・ビーカーマン フレッド・ダースト
【撮影】
コンラッド・W・ホール
【編集】
マルコム・クロウ ニック・ボイタス
【音楽】
ゲイリー・ヒクソン ジョン・スウィハート ブルブク・シーリング
【出演】
ジョン・トラボルタ
デボン・サワ
アナ・ゴーリャ
ジェイコブ・グロドニック
ジェームズ・パクストン
【HPサイト】
映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』公式サイト
【予告映像】
映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』のオススメ度は?
  2. 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の作品情報・概要
  3. 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の感想・内容
    1. トラボルタ「怪演」の末ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞を受賞
      1. 今年の邦画一番のヒット作はホラーです
    2. 「ストーキング映画」としては普通
      1. 長澤まさみちゃんも怖いです
    3. トラボルタの容姿と仕草が独特
    4. 冷たくされたことで「ストーカー」へと豹変
      1. 死体をネタにしたブラックコメディーだけど、、、
    5. SNSの普及によって「スターへの誹謗中傷」「距離感が縮まったファンへの対応」についても描写している
  5. 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の結末・評価
    1. 大スターの態度も褒められてものではありません
      1. ムラ社会って怖いと感じてしまった映画
    2. 最終的にストーキングされたスターが警察に捕まる
    3. ジョン・トラボルタを楽しむ映画
      1. 巨大権力ってやっぱり怖い存在です
  6. 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』のキャストについて
  7. まとめ 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【ホラー&サスペンス映画オススメ】
      1. 映画『事故物件 恐い間取り』
      2. 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』
      3. 映画『ミッドサマー』
      4. 映画『透明人間』
      5. 映画『ルース・エドガー』
      6. 映画『サイコ (1960年の映画)』
      7. 映画『ナイチンゲール』
      8. 映画『ダーティーハリー』
      9. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      10. 映画『テッド・バンディ』
      11. 映画『私の知らないわたしの素顔』
  9. 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の作品情報

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』のオススメ度は?

3.5

3つ半

ジョン・トラボルタ最狂です

かつてのセクシーさは皆無

奇妙です

イメチェン目指したが、、、

ラズベリー賞最低主演男優賞を受賞

スポンサーリンク

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の作品情報・概要

『ファナティック ハリウッドの狂愛者』原題『The Fanatic2019年制作のアメリカ合衆国のスリラー映画。 フレッド・ダースト監督作品。ジョン・トラボルタが狂気に満ちたストーカーを演じる。イメージチェンジを図るつもりだったかは定かではないがトラボルタは本映画『The Fanatic』と『ワイルド・レース』で第40回ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞を受賞するという結果になった。



スポンサーリンク

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』のあらすじ・ネタバレ

映画オタクのムース(ジョン・トラボルタ) はロサンゼルのストリートで大道芸人として生計を立ている。風貌も奇妙、挙動もおかしいため仲間からバカにされ、いじめられている。ある日ムースが憧れる大スター・ハンター・ダンバー(デボン・サワ) のサイン会へ行く。しかしハンターから冷たくあしらわれたことに腹を立て「復讐」へ向かう。自身は「ストーカーではない」と叫びながら、ハンターの屋敷へ忍び込むが、、、。

スポンサーリンク

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の感想・内容

トラボルタ「怪演」の末ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞を受賞

とても面白かったです。まさかあの「トラボルタが?」って映画なんです。本当にびっくりします。

かつて青春映画で歌って踊れる大スターを演じて世界中の女性の心を虜にしました。

その後、低迷しましたが・タランティーノの『パルプ・フィクション』で完全復活し、ギャングや刑事もの映画で、今度は若者の心を虜にした大スターです。

その大スターがここまでイメージチェンジすることに驚きを禁じえません。おそらくですが、トラボルタはつまり髪の毛にコンプレックスがあったと思います。

でも最近、カミングアウトしてスキンヘッド姿を披露しています。ですから心機一転を図っての出演だったと思います。

かつてジェームス・ボンドを演じたショーン・コネリーが同じようにカミングアウトして、新しいキャラクターで成功を図ったようにトラボルタも追随すると思われます。

しかし結果的に映画は大不評だっとそうです。しかもトラボルタは本映画『The Fanatic』と『ワイルド・レース』で40回ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞を受賞するという結果になりました。

今年の邦画一番のヒット作はホラーです

「ストーキング映画」としては普通

本映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』は物語的にはイマひとつと言っていいでしょう。「ストーキング映画」です。

このジャンルの映画はたくさんあります。わたし的にはクリント・イーストウッド監督・出演の『恐怖のメロディ』です。1971年製作です。まさにストーカー映画の先駆けです。

その後は数多くのストーカー映画が作れています。多くはストーキングしていくる人間を徹底的に変質者扱いし、やっつけるという内容ばかりです。

逆にストーキングする人間の心の描写とか、改心していく内容の映画はあまり知りません。

長澤まさみちゃんも怖いです

トラボルタの容姿と仕草が独特

本映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の然り。

ムース(ジョン・トラボルタ) は大道芸人として生計を立ています。しかし全く面白くありません。稼ぎも少ないことがわかります。

容姿と仕草が独特です。おデブちゃんで、髪型の奇妙、そしていつも挙動不審な動きをするのです。前後に体を忙しく震わせています(映画内でハンター・ダンバー(デボン・サワ) が「ADHD野郎」と言い放つ場面があります)

仲間の大道芸人からもバカにされ、いじめられています。ムースの良いところと言われると映画オタクと言うしかありません。映画への造詣がとにかく深いのす。

冷たくされたことで「ストーカー」へと豹変

ムースには憧れの大スターがいます。アクション俳優のハンター・ダンバー(デボン・サワ)です。ムースの部屋はハンターのポスターで埋め尽くされています。

さらに仲の良い書店でハンターが映画で使用した皮のベストを買って、ハンターの真似事をします。

そして、ハンターのサイン会があると知り、緊張しながらも足を運びます。でもそのサイン会でハンターに冷たくされたことが発端となって「ストーカー行為」へと向かうのです。

ストーカー映画の多くは「冷たくされた」とか「雑に扱われた」と言う理由からのものが多いです。

人間というの生き物は進化して思考する能力を身につけたから起こる現象だと思います。つまり「プライドを傷つけられた」復讐なのです。

今までこんなに応援して、愛していた存在である人間からr冷酷に扱われたり、罵倒されたことでプライドが傷つけられ、なおかつ「お前はそんなひどい奴じゃない」と歪んだ正義感を持って行動に移すのです。

本映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の中でもムースがハンターの行いを諌める場面があります。

死体をネタにしたブラックコメディーだけど、、、

A24製作映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。性癖は「知らない方が良い」がもたらす人間関係崩壊物語。
A24製作映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。性癖は「知らない方が良い」がもたらす人間関係崩壊物語。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』の作品情報・概要A24は現在アメリカで最も注目されているインディペンデント系エンターテインメント企業で、映画製作・配給会社である。本映画は『スイス・アーミー・マン』の大ヒットで世界的な注目を勝ち取ったダニエル・シャイナート監督・脚本を務めている。原題『The Death of Dick Long』直訳すると「デッカイチ○コの死」となる。実際に起きた出来事をモチーフに、アメリカの田舎町を舞台に「人に言えない」「知らない方が良い」てん末を描いたブラックコメディーである。マイケル・アボット・Jr.、バージニア・ニューコム、アンドレ・ハイランド出演。

SNSの普及によって「スターへの誹謗中傷」「距離感が縮まったファンへの対応」についても描写している

本映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』はSNSの普及によって「スターへの誹謗中傷」「距離感が縮まったファンへの対応」など、人々が考えるべき現代ならではの問題にも言及していると書かれています。

これは対象がスターだけではなく一般人でも同様にストーキングされる時代ならではの現象です。それに拍車をかけているのは間違いなくSNSです。

製作意図の背景はここにあります。また本映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』ハンターは大スターとして最悪の対応をとっており、敢えてスターやセレブたちの反面教師的な表現をしているとのことです。

スポンサーリンク

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の結末・評価

大スターの態度も褒められてものではありません

もちろんストーキングは悪いのですが、やっぱり大スター・ハンター・ダンバーの態度も褒められてものではありません。「謙虚さがない」のです。

大スターとなれば鼻が高くなるものです。いつも皆から祭り上げられて神輿の上状態が心地よいのでしょう。

不思議なもので人間は立場が上になればなるほど下の立場の人を見ようとしません。これはおそらくですが、「地に足がついていない」からだと思います。

宙に浮かんでいるからです。例えばですが、山登りって上を上を目指して歩くじゃなあいですか。

そして上へ着いたら今度は下の景色を見ると思います。この時って実際「地に足がついている」状態なのです。

だから下を見ることが可能となるのです。でも大スターのようにイメージ上で担がれると地から離れますから下を見ることが出来ないのです。これは誰もが陥りやすいトラップだと思います。

ムラ社会って怖いと感じてしまった映画

最終的にストーキングされたスターが警察に捕まる

さて本映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』は最終的にストーキングされたハンターが警察に捕まるという結末を迎えます。

その点は他の作品とはちょっと違います。でももう少し捻って欲しかったというのが本音です。

監督のフレッド・ダーストは奇をてらった展開を考えたと思いますが、急ぎすぎましたね。ツッコミどころ満載でした。

あの場面で「ムースを警察に突き出しておけば」とか「なんでトドメを刺さない」などです。ちょっと勿体無い結末でしたね。

ジョン・トラボルタを楽しむ映画

さて本映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』はある意味ジョン・トラボルタを楽しむ映画と言っていいです。

かつて世界中の女の子を失神させたあのセクシーさが全くありません。そしてクールなギャングスターも想像できません。

めっちゃカッコ悪いです。おデブ、ハゲ、挙動不審、弱い、、、、。いやあ、俳優ってすごいですね。というより大変ですね。

容姿がビジネスとなるのは若い時で、年老いていくと俳優って本当に大変です。これを機にトラボルタが新しい表現を描けることを祈るしかありません。トラボルタだけを観るべし!

巨大権力ってやっぱり怖い存在です

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。

スポンサーリンク

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』のキャストについて

ジョン・トラボルタ
デボン・サワ
アナ・ゴーリャ
ジェイコブ・グロドニック
ジェームズ・パクストン

スポンサーリンク

まとめ 映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』一言で言うと!

「誰もがストーカーになったり、されたりする時代」

正直、人間というのはある日突然、豹変することってあります。本当にわかりません。。昨日まで無神論者だった人が今日から新興宗教に入信したり、、、。ストーキング問題も同様で、普段真面目な人が突然ストーキングを始めることもあります。何がそうさせるのかは多くの原因はあると思いますが、やはり「恨み」を抱かせるような行いをしないように心がけています。それと「謙虚」でいること。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。
スポンサーリンク

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
フレッド・ダースト
製作
オスカー・ジェネラル ダニエル・グロドニック ビル・ケンライト フレッド・ダースト ジョン・トラボルタ
製作総指揮
ネブ・チュピン デビッド・ギルベリー チャールズ・ドーフマン カーク・ショウ ブレット・サクソン ジェフ・ボウラー
原案
フレッド・ダースト
脚本
デイブ・ビーカーマン フレッド・ダースト
撮影
コンラッド・W・ホール
美術
ジョー・レモン
衣装
タミカ・ジャクソン
編集
マルコム・クロウ ニック・ボイタス
音楽
ゲイリー・ヒクソン ジョン・スウィハート ブルブク・シーリング
ムース(ジョン・トラボルタ)
ハンター・ダンバー(デボン・サワ)
リア(アナ・ゴーリャ)
ジェイコブ・グロドニック
ジェームズ・パクストン
2019年製作/88分/PG12/アメリカ
原題:The Fanatic
配給:イオンエンターテイメント

タイトルとURLをコピーしました