映画『探偵物語(1983)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子&松田優作主演。主題歌「あんなに激しい潮騒」が切ない昭和の恋物語。

スポンサーリンク
映画『探偵物語(1983)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子&松田優作主演。主題歌「あんなに激しい潮騒」が切ない昭和の恋物語。お茶の間映画館

映画『探偵物語(1983)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『探偵物語(1983)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『探偵物語(1983)』
(111分/日本/1983)


【監督】
根岸吉太郎
【脚本】
鎌田敏夫
【原作】
赤川次郎
【製作】
角川春樹
【プロデューサー】

黒澤満 長谷川安弘 紫垣達郎
【出演】
薬師丸ひろ子
秋川リサ
岸田今日子
北詰友樹
坂上味和
松田優作
【HPサイト】
KADOKAWAグループHPサイト
映画『探偵物語(1983)』IMDbサイト
【予告映像】
映画『探偵物語(1983)』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『探偵物語(1983)』NHK BSプレミアム放送 9月14日(月)午後9時00分~10時52分
    1. 9月14日(月)午後9時00分~10時52分
  2. 映画『探偵物語(1983)』のオススメ度は?
  3. 映画『探偵物語(1983)』の作品情報・概要
      1. 薬師丸ひろ子さんの輝きを観よ!
  4. 映画『探偵物語(1983)』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『探偵物語(1983)』の感想・内容
    1. 新東京国際空港でのキスシーンはとても印象的すぎる映画
      1. 今年一番の邦画ヒット作はなんとホラー!
    2. 赤川次郎原作小説の映画化
    3. “探偵ごっこ”から始まった殺人事件解決物語
      1. 遂に100万人突破!大ヒット御礼
    4. 時代にあったと思いますが「あり得ない」設定に笑ってしまう
  6. 映画『探偵物語(1983)』の結末・評価
    1. 目の前に背の高い年上のハンサム男性が現れると女子大生は、、、
      1. 長澤まさみちゃんってこんな怪演するのか
    2. 1980年代の男性はまだ女性に対して処女性を求めていたこともわかる
    3. 根岸吉太郎監督の生涯一の演出だと言えるラストシーン
      1. ジブリから団塊の世代へ捧ぐ!
  7. 映画『探偵物語(1983)』のキャストについて
  8. まとめ 映画『探偵物語(1983)』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメ昭和を感じる映画】
      1. 映画『絶唱(1975)』
      2. 映画『七人の侍』
      3. 映画『キューポラのある街』
      4. 映画『嵐を呼ぶ男』
      5. 石原裕次郎が「昭和」なのか昭和が「石原裕次郎」だったのか
      6. 映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』
      7. 映画『居酒屋兆治』
  10. 映画『探偵物語(1983)』の作品情報

映画『探偵物語(1983)』NHK BSプレミアム放送 9月14日(月)午後9時00分~10時52分

9月14日(月)午後9時00分~10時52分

薬師丸ひろ子さんです

松田優作さんです

赤川次郎さん原作です

昭和です

主題歌が素晴らしい

スポンサーリンク

映画『探偵物語(1983)』のオススメ度は?

4.0

4つです

面白いです

薬師丸ひろ子さん「かわいい」

松田優作さん「素敵」

主題歌が胸に染み入ります

空港での別れの場面は名シーン

スポンサーリンク

映画『探偵物語(1983)』の作品情報・概要

赤川次郎原作の同名小説の映画化。薬師丸ひろ子が大学進学のため休業していたが、進学が決まり復帰作として出演。相手役はハードボイルド路線で売っていた松田優作。年齢差と身長差30センチが話題となる。清純派アイドル女優として売り出していた薬師丸は体当たりのラブシーンに挑戦している。かなり濃厚なキスで話題をさらった。薬師丸ひろ子が門柱を乗り越えたりする様は痛快であるし、運動神経の良さがわかる映画。

薬師丸ひろ子さんの輝きを観よ!

映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。 映画『Wの悲劇』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『Wの悲劇』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『Wの悲劇』の作品情報・概要 『Wの悲劇』(ダブリューのひげき)は、1984年12月15日に公開された日本の青春映画。澤井信一郎監督作品。薬師丸ひろ子主演。カラー・108分。三田佳子、世良公則、三田村邦彦、高木美保共演。夏樹静子原作小説をモチーフにしている。舞台劇を構成を取りながらスターを目指す女優の恋愛、成功、失敗物語を内包した秀逸の脚本となっている。芸能界のタブー的な要素も盛り込んで話題となった。
映画『翔んだカップル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子「相米慎二監督との出会い」が女優に道を開いた
映画『翔んだカップル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子「相米慎二監督との出会い」が女優に道を開いた。映画『翔んだカップル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んだカップル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『翔んだカップル』の作品情報・概要『翔んだカップル』日本の青春映画(1980年7月26日に東宝系で全国公開)相米慎二初監督作品。脚本は丸山昇一。鶴見辰吾と薬師丸ひろ子の初主演映画。石原真理子のデビュー作。漫画家の柳沢きみおが週刊少年マガジンで連載していた作品を映像化。高校生が“同棲”するというトピックスで人気を博した。
スポンサーリンク

映画『探偵物語(1983)』のあらすじ・ネタバレ

父子家庭で育った新井直美(薬師丸ひろ子) はお嬢様大学に通っている。一週間後、アメリカへ留学する。その前に憧れの先輩・永井裕(北詰友樹) とデートする。旅立つ前に結ばれたいと思っている。ホテルで「いざこれからベッドへ」の場面で突然「叔父だ」と言って男が入ってくる。探偵の辻山秀一(松田優作)だ。その瞬間、直美の恋が終わる。辻山は家政婦・長谷沼君江(岸田今日子) が雇ったボディーガードでもあった。直美は腹正しくも辻山に惹かれていく。そして殺人事件に巻き込まれる、、、。

スポンサーリンク

映画『探偵物語(1983)』の感想・内容

新東京国際空港でのキスシーンはとても印象的すぎる映画

薬師丸ひろ子さんと松田優作さんコンビということで大ヒットした映画です。今観ても胸が締め付けられます。

若き薬師丸ひろ子さんの生き生きとした演技も素晴らしいのですが、数年後に亡くなってしまう松田優作さんのことを想像させてしまうからでしょう。

本映画『探偵物語(1983)』の時の薬師丸さんは19歳。松田優作さんは33歳です。

当時は年の差カップルと言われていたそうですが、今では145歳のカップルは珍しくありません。そして身長差が30センチということでも話題になったそうです。

確かに最後の新東京国際空港でのキスシーンはとても印象的です。薬師丸さんが背伸びしています。綺麗なショットです。

今年一番の邦画ヒット作はなんとホラー!

赤川次郎原作小説の映画化

さて、映画は赤川次郎さん同名の小説をモチーフにしています。主人公・新井直美(薬師丸ひろ子) は大学生。父子家庭です。

一週間後アメリカへ留学する予定です。性格がとてもポジティブ。積極的な人間です。思い立ったら即行動するタイプです。

サークルに好きな人がいます。永井裕(北詰友樹) です。留学の前に永井と結ばれたいと思っています。海へバイクで行き、そのままホテルに入りました。

そこへ現れるのは辻山秀一(松田優作)です。直美の叔父を名乗って二人の逢瀬を邪魔します。永井は帰っていきます。直美は辻山を警察に突き出します。

辻山は探偵であることがわかります。家政婦の長谷沼君江(岸田今日子) が雇っていました。

“探偵ごっこ”から始まった殺人事件解決物語

つまり「お嬢様に悪い虫がつかないように」見張らせていたのです。直美は頭にきます。そしてひょんなことから事件に巻き込まれていきます。

辻山の元妻が殺人事件の容疑者になって全国に指名手配されたのです。即行動の直美は二人を自宅に匿います。

しかし、直美が殺したと思われる相手はヤクザの息子という厄介な展開になっています。直美は探偵ごっこのつもりから本格的に真犯人を探そうと奔走します。

遂に100万人突破!大ヒット御礼

時代にあったと思いますが「あり得ない」設定に笑ってしまう

物語は最終的に全面解決へ進みます。ただ時代を感じる映像と今では考えられないような安易は物語になっています。

まず殺人を犯す人物は永井の恋人の進藤正子(坂上味和) です。彼女は永井がお嬢さんでお金持ちが好きなので、売春をやって貢いでいます。そして妊娠しています。

殺されたヤクザ・国崎和也(鹿内孝) が売春の手配をしているのですが、あまりの強引な客引きに激怒した正子が殺すのです。

その殺し方ですが、ちょっと笑ってしまうというか、「あり得ない」とツッコミを入れてしまいます。

ラブホテルの隣の部屋の浴室の天井から忍び込み、シャワーを浴びている和也の背中をナイフで刺します。

ヤクザだったら「気がつけよ!」と再びツッコミを入れてしまいます。それに正子が素っ裸で天井から降りてくるところも笑ってしまいました。

時代にあったと思いますが「あり得ない」設定に笑ってしまいます。

スポンサーリンク

映画『探偵物語(1983)』の結末・評価

目の前に背の高い年上のハンサム男性が現れると女子大生は、、、

でも、でもです。こういう時代だったのです。良いのです、これで!素直に観ましょう。

本映画『探偵物語(1983)』は殺人事件解決物語ではないのです。やっぱりアメリカ留学前のお嬢様の恋物語なのです。

本当はサークルの先輩である永井に恋しており、自身の処女を捧げてから留学する予定だったのでしょう。でもそれが未遂に終わります。

そして目の前に背の高い年上のハンサムな人が現れました。探偵は離婚歴があり、元妻への未練もある男です。

そしてちょっとドジな姿に胸がキュンとなってしまった直美です。もう大人の男性に速攻で落ちてしまったのでしょう。

長澤まさみちゃんってこんな怪演するのか

1980年代の男性はまだ女性に対して処女性を求めていたこともわかる

しかし元々、気が強い性格ですから素直に告白など出来ません。辻山も直美に惹かれていますが、やっぱり仕事ですから依頼主のお客には手を出せません。

事件が解決して残り15分くらいは直美と辻山の恋の駆け引きが展開されています。直美が辻山のアパートへ来て、想いを告げます。

「今日はここにいたい」と伝えています。でも辻山は我慢します。子ども相手する辻山に知らない男をホテルに泊まったことを話します。

辻山は「初めてだったんだろ、初めてなのになんで見ず知らずの男と寝たりするんだよ」と諌めます。

そしてアパートを出る際に背中を向ける辻山に「ホテルで何もなかった。わたし辻山さんのことを好きになったの」と言って帰っていきます。

この演出は今では使われないかもしれません。それは女性に「処女性が美」とされていた昔とは違うからです。

本映画『探偵物語(1983)』からは1980年代の男性はまだ女性に対して処女性を求めていたこともわかります。その時の辻山のショックそうな顔に現れています。

根岸吉太郎監督の生涯一の演出だと言えるラストシーン

そして、そしてです。この映画の名場面へと繋がっていく過程が素晴らしいのです。アパートを出た直美は呆然としながら帰路に着きますが、絶妙のタイミングで主題歌が流れるのです。

「あんなに激しい潮騒が~」って。薬師丸さんの透き通った声が心に入ってきます。後ろを振り替える直美、でも辻山はいません。

門柱を乗り越えても後ろを振り返ります。でもいません。わたしはスクリーンに向かって「おい、辻山の意気地なし」と叫んでしまいました。

そして朝の新東京国際空港へ繋げます。もう失恋の顔の直美です。

でも、でもです。現れるんですよね。

ボーディングパスをもらって搭乗へと向かうエスカレーターを降りる直美の目が輝きます。シカゴ行きの搭乗アナウンスが切なく聞こえてきます。

そしてエスカレーターを逆走します。無音になります。フェンス越しに辻山とキスします。

二人だけの世界です。背伸びしてます。長いキスです。一切、言葉はありません。

飛行機の音が入ります。離れます。

そして見つめ合います。軽いキスを辻山がします。

カメラが二人を邪魔しないように引いていきます。徐々に二人は離れます。

エスカレーターの前で立ち止まる直美。拡がった距離の中で、名残惜しそうに見つめ合う二人。

軽く手をふる直美、辻山は微動だにしません。

直美はエスカレーターを降りて去っていきます。そして辻山が一人見送る遠景で終わるのです。

これは良い演出ですね。素晴らしいです。根岸吉太郎監督の生涯一の演出ではないでしょうか。本当にここは良かった。このショットだけを観れば良い映画です。

ジブリから団塊の世代へ捧ぐ!

スポンサーリンク

映画『探偵物語(1983)』のキャストについて

新井直美(薬師丸ひろ子)
直木幸子(秋川リサ)
長谷沼君江(岸田今日子)
永井裕(北詰友樹)
進藤正子(坂上味和)
辻山秀一(松田優作)

スポンサーリンク

まとめ 映画『探偵物語(1983)』一言で言うと!

「あんなに激しい潮騒ってキスのことだった」

主題歌が切ないですね。胸に染み入ります。薬師丸さんの声が良い。激しい潮騒ってキスのことだったんですね。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメ昭和を感じる映画】

映画『絶唱(1975)』

山口百恵さんと三浦友和さんがとにかく綺麗で!

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『七人の侍』

日本を代表する映画と言ったらこれ!

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし!
映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし! 映画『七人の侍』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の侍』IMDbサイトもご紹介し、作品・キャスト情報等もご確認頂けます。 映画『七人の侍』の作品概要 『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画。黒澤明監督作品。主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。東宝製作・配給。1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞し日本国民を歓喜の渦に巻き込み希望をもたらした。

映画『キューポラのある街』

吉永小百合さんって本当に永遠のアイドル

映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。
映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。 映画『キューポラのある街』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キューポラのある街』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『キューポラのある街』の作品概要。原作は早船ちよの小説。1962年(昭和37年)4月8日に公開された浦山桐郎監督デビューd作の日本映画である。上映時間は99分。脚本は浦山の師匠である今村昌平と共同執筆。吉永小百合主演に日活作品。
映画『愛と死の記録』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。渡哲也&吉永小百合「悲恋を通して核兵器反対」を描く名作。広島と長崎を忘れてはいけない。
映画『愛と死の記録』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。渡哲也&吉永小百合「悲恋を通して核兵器反対」を描く名作。広島と長崎を忘れてはいけない。映画『愛と死の記録』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と死の記録』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『愛と死の記録』の作品情報・概要『愛と死の記録』1966年製作の日本映画。吉永小百合、渡哲也主演。中尾彬、芦川いづみ、浜川智子共演。蔵原惟繕監督作品。原作は大江健三郎の「ヒロシマ・ノート」の中で紹介された実話をベースにしている。当初は浜田光夫だったが右目を負傷し、渡哲也が代役となった。本映画で共演した吉永小百合と渡哲也は私生活でも恋愛に発展したことで話題となる。
映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。
映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。 映画『キューポラのある街』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キューポラのある街』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『キューポラのある街』の作品概要。原作は早船ちよの小説。1962年(昭和37年)4月8日に公開された浦山桐郎監督デビューd作の日本映画である。上映時間は99分。脚本は浦山の師匠である今村昌平と共同執筆。吉永小百合主演に日活作品。

映画『嵐を呼ぶ男』

石原裕次郎が「昭和」なのか昭和が「石原裕次郎」だったのか

映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。
映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。 映画『キューポラのある街』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キューポラのある街』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『キューポラのある街』の作品概要。原作は早船ちよの小説。1962年(昭和37年)4月8日に公開された浦山桐郎監督デビューd作の日本映画である。上映時間は99分。脚本は浦山の師匠である今村昌平と共同執筆。吉永小百合主演に日活作品。
映画『太陽の季節』ネタバレ・あらすじ・結末。石原慎太郎衝撃のデビュー作で芥川賞受賞作品。若者のエネルギーの爆発と新時代の生き方を表現。
石原慎太郎の短編小説を映画化。(湘南あたりの)裕福な家庭に育った若者の無軌道な生活を通して、暴走化する感情が物質化する新世代・新時代を描いた作品。文學界新人賞を受賞。翌年1956年(昭和31年)1月23日には、第34回(1955年下半期)芥川賞を受賞。その後フランスのヌーヴェルバーグのゴダール、トリフォーに影響を与えたと言われている。
映画『夜霧よ今夜も有難う』ネタバレ・あらすじ・感想。裕次郎も良いが浅丘ルリ子さんがめっちゃチャーミング。
映画『夜霧よ今夜も有難う』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『夜霧よ今夜も有難う』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 ...

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』

山田洋次監督はずっと昭和にこだわっています

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』ネタバレ・あらすじ・結末。山田洋次版『ニュー・シネマ・パラダイス』横尾忠則さん激怒はなぜ?昭和回顧。
映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』公式サイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の作品概要 山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品。97年の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、22年ぶりに製作。過去の映像アーカイブから渥美清さんを鮮明に蘇らせている。吉岡秀隆と後藤久美子が主演。倍賞千恵子、前田吟、浅丘ルリ子、夏木マリ、池脇千鶴、桜田ひより出演。

映画『居酒屋兆治』

高倉健さんの顔って本当に「芸術的」にハンサム

映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。
映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。映画『居酒屋兆治』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『居酒屋兆治』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。居酒屋兆治』(いざかやちょうじ)は、山口瞳の連作的長編小説です。『兆治』(ちょうじ)と題し『波』(1979年10月号から1980年11月号に連載、改題して新潮社より1982年6月に刊行されました)
スポンサーリンク

映画『探偵物語(1983)』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
根岸吉太郎
脚本
鎌田敏夫
原作
赤川次郎
製作
角川春樹
プロデューサー
黒澤満 長谷川安弘 紫垣達郎
撮影
仙元誠三
美術
徳田博
音楽
加藤和彦
主題歌
薬師丸ひろ子
録音
橋本文雄
照明
渡辺三雄
編集
鈴木晄
助監督
一倉治雄
スチール
藤沢俊夫 遠藤功成
新井直美(薬師丸ひろ子)
直木幸子(秋川リサ)
長谷沼君江(岸田今日子)
永井裕(北詰友樹)
進藤正子(坂上味和)
和田(ストロング金剛)
ラブホテルのマネージャー(三谷昇)
佐藤(山西道広)
若い男(清水昭博)
警官(林家木久扇)
国崎剛造(藤田進)
直美を誘う男(加藤善博)
黒背広の男A(草薙良一)
黒背広の男B(清水宏)
黒背広の男C(檀喧太)
黒背広の男D(南雲勇助)
アパートの住人(榎木兵衛)
国崎三千代(中村晃子)
国崎和也(鹿内孝)
赤川晶(荒井注)
高峰刑事(蟹江敬三)
岡野(財津一郎)
辻山秀一(松田優作)
1983年製作/111分/日本
配給:東映

タイトルとURLをコピーしました