映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。

スポンサーリンク
映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。お茶の間映画館

映画『居酒屋兆治』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『居酒屋兆治』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『居酒屋兆治』
125分/日本/1983
原題『Love

【監督】
降旗康男
【製作】
田中壽一
【出演】
高倉健
加藤登紀子
大原麗子
田中邦衛

【HPサイト】
映画『居酒屋兆治』IMDbサイト
【予告映像】
映画『居酒屋兆治』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『居酒屋兆治』NHK BSプレミアム放送 11月23日(月)午後1時00分〜3時08分
    1. 11月23日(月)午後1時00分〜3時08分
  2. 映画『居酒屋兆治』のオススメ度は?
  3. 映画『居酒屋兆治』の作品概要
  4. 映画『居酒屋兆治』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『居酒屋兆治』の感想・内容
    1. 『居酒屋兆治』は正に“THE SHOUWA”と言える映画
      1. クリント・イーストウッドの「背中」にはハリウッドが見える
    2. 「過去を背負って生きる美学」を押し付けられる
      1. アラン・ドロンの「背中」には死の匂いがある
    3. 地元へ帰ってヒーローだけど「過去の女性」に、、、
      1. いつか二宮くんも「背中」で演技できる俳優になってほしいと願う
  6. 映画『居酒屋兆治』の結末・評価
    1. 妻は「黙っている」ことが美学の時代があった、、、、
      1. 長澤まさみさんは「背中」が美しい女性です
    2. 昭和の人たちみんなが「過去を背負っている」
      1. 三浦友和さんの「背中」はでっかい人生を背負ってます
    3. 日本人に植え付けられた戦争敗者の劣等感が見えてくる映画
      1. 石原裕次郎の「背中」も「人間」もデカかった
  7. 映画『居酒屋兆治』のキャストについて
    1. 藤野伝吉(兆治)(高倉健)
    2. 藤野茂子(加藤登紀子)
    3. 神谷さよ(大原麗子)
    4. 岩下義治(田中邦衛)
    5. 河原(伊丹十三)
  8. まとめ 映画『居酒屋兆治』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメ昭和を感じる映画】
      1. 映画『風立ちぬ(1976)』
      2. 映画『あいつと私(1961)』
      3. 映画『太陽の季節』
      4. 映画『嵐を呼ぶ男』
      5. 映画『夜霧よ今夜も有難う』
      6. 映画『七人の侍』
      7. 映画『キューポラのある街』
      8. 『男はつらいよ お帰り 寅さん』
      9. 映画『居酒屋兆治』
      10. 映画『探偵物語(1983)』
      11. 映画『Wの悲劇』
      12. 映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』
      13. 映画『炎の舞』
      14. 映画『ホワイト・ラブ』
      15. 映画『若い人(1962)』
      16. 映画『となりのトトロ』
      17. 映画『父と暮せば』
      18. 映画『絶唱(1975)』
      19. 映画『潮騒 しおさい(1975)』
      20. 映画『七人の侍』
      21. 映画『カツベン!』
      22. 映画『エリカ38』
  10. 映画『居酒屋兆治』の作品情報

映画『居酒屋兆治』NHK BSプレミアム放送 11月23日(月)午後1時00分〜3時08分

11月23日(月)午後1時00分〜3時08分

『居酒屋兆治』(いざかやちょうじ)は、山口瞳の連作的長編小説です。『兆治』(ちょうじ)と題し『波』(1979年10月号から1980年11月号に連載、改題して新潮社より1982年6月に刊行されました)

東京・国立にある広さ5坪の縄のれんのモツ焼き屋「兆治」を舞台に、店に集う客たちのさまざまな愛憎劇を描いています。

本映画は1983年に降旗康男監督、高倉健主演により映画化された作品です。

この小説は1992年7月10日、フジテレビによってもテレビドラマ化されています。兆治役は映画渡辺謙です。

また2020年に遠藤憲一主演によりテレビドラマ化されています。NHKです。

スポンサーリンク

映画『居酒屋兆治』のオススメ度は?

3.0

3つです。

男の美学でしょうか。

黙っている男が持て囃された時代です。

昭和ですね。

スポンサーリンク

映画『居酒屋兆治』の作品概要

映画『居酒屋兆治』(いざかやちょうじ)は、山口瞳の小説をもとに製作された日本映画。高倉健主演。加藤登紀子、大原麗子、田中邦衛出演。

スポンサーリンク

映画『居酒屋兆治』のあらすじ・ネタバレ

居酒屋を営む兆治はかつて甲子園を目指したこともある有望な投手だった。しかし肩を壊しプロ入りを断念。その後、就職しサラリーマンになる。しかしオイルショック際、自身の出世と引き換えに総務部で人員整理(首切り)の仕事に反発して退職し、その後、居酒屋を開業した。謙虚な彼の性格で店は繁盛している。妻子も幸せだ。しかし昔付き合った女が事件を起こし、兆治は巻き込まれていく、、、、。

スポンサーリンク

映画『居酒屋兆治』の感想・内容

『居酒屋兆治』は正に“THE SHOUWA”と言える映画

この映画『居酒屋兆治』は正に“THE SHOUWA”と言える映画だと思います。映像はとても懐かしいです。

北海道の田舎町でロケされています。

兆治演じる高倉健さんの朴訥さが良いです。妻の茂子は加藤登紀子さんですが、夫の秘密を知っているのにじっと耐えている様に共感を覚え応援したくなります。

そしてさよ演じる大原麗子さんが本当に綺麗なんです、幸なき女で、薄命な運命を予感させますが、そのダメっぷり女が見事です。

クリント・イーストウッドの「背中」にはハリウッドが見える

「過去を背負って生きる美学」を押し付けられる

この『居酒屋兆治』を観ていると男は黙っている方がかっこいいとか、賢者は貝になるとか考えさせれれますが、今では通用しない気もします。

一言でいうなら「過去を背負って生きる美学」を押し付けられる気もします。

兆治はかつて甲子園を目指すほどの実力のある投手でした。しかし肩を痛めて野球選手の夢を断念します。

その後、サラリーマンになり順調に出世するが、総務部に移され、人員整理の職の担当に嫌気がさし退職します。

その後、居酒屋を始めます。

アラン・ドロンの「背中」には死の匂いがある

地元へ帰ってヒーローだけど「過去の女性」に、、、

兆治は地元も戻りますが、かつての仲間たちの間ではいまだにヒーローです。

その夢を持った40、50代の連中が店の常連です。仲間と楽しく暮らしています。妻子もいます。

でもここに過去付き合ったさよの存在が兆治に災難をもたらします。

さよは兆治と恋人関係でしたが、別れて地元のお金持ちと結婚して子供もいます。でも兆治のことが忘れられません。

精神的にも追い詰めれて蒸発を繰り返します。そして放火騒ぎを起こして行方不明になります。

いつか二宮くんも「背中」で演技できる俳優になってほしいと願う

スポンサーリンク

映画『居酒屋兆治』の結末・評価

妻は「黙っている」ことが美学の時代があった、、、、

ここで兆治が疑われます。警察はかつての恋人であった兆治と共犯しているといいます。

街の人々は兆治とさよのことは知っていますが、妻の茂子は知らない設定になっています。

でも実際は茂子は知っていますが、さよの件について兆治に尋ねたりしません。兆治も言いません。

この黙っていることが良いことかわかりません。わたしでしたらはっきりと聞くと思います。

その方が夫婦としての信頼関係が築けます。この映画のこの夫婦関係がいいという人もいますが、わたしは何だか逆に希薄な気がするのです。

長澤まさみさんは「背中」が美しい女性です

昭和の人たちみんなが「過去を背負っている」

さて、冒頭にこの映画は“THE SHOUWA”と書きましたが、風景や雰囲気だけのことではありあません。

高倉健さんそのものもそうですが、みんなが過去を背負っている感が半端ないのです。

まるで戦争で負けた罪を背負っているようにも見えます。1983年ですから終戦後、38年です。

あの戦争以後、日本人は心のどこかに「俺が悪いんだ」とか「わたしが我慢すれば良いのだ」という生き方を美化するようになった気がします。

人間は最初に自身の非を認めると楽になる生き物です。

また弱点をさらしておくことで、みんなが真綿を扱うように優しく接してくれます。

三浦友和さんの「背中」はでっかい人生を背負ってます

日本人に植え付けられた戦争敗者の劣等感が見えてくる映画

よく「俺はダメな奴なんですよ」「わたし、クズなんです」などと言われたら「そうだね」とは言えません。

逆に「そんなことないよ」「大丈夫だよ」って励ますじゃあないですか。あれって一種の自己防衛です。

ですからこの『居酒屋兆治』を観ているとか「過去を背負って生きる美学」を押し付けられるような気がするのです。

でもこの映画が悪いと言っているのではありません。

この映画から戦後、日本人に植え付けられた戦争敗者の劣等感が見えてくるのです。そう言った意味でこの『居酒屋兆治』を観ると面白いと思います。

*追伸
この映画『居酒屋兆治』は過去に引きずられる人間を描いた名作です。でもよくよく鑑賞してみると、兆治は過去のことを懐かしんだり、後悔したりしていません。兆治は堅実に今を生きているのです。でもなぜか兆治が過去を引きずって生きているかのような印象を与えるのは、周囲の人たちが兆治の元へ集まり、思い出話ばかりするからでしょう。兆治はそれらの話については頷くだけです。そして一番、兆治が「過去を引きずる男」にしたのはさよです。普通、女の人って過去の男を捨ててどんどん未来へ歩いていくものです。ましては子どもを産んでからは子どもに全力をかけます。でも本映画『居酒屋兆治』のさよは「ずっと兆治」です。ここはあんまり納得できません。なぜ兆治が良いのかをもっと描いて欲しかったです。だた昭和映画の代表作なのでやっぱり「戦争」を背負っている感を前面に出す必要があったので、さよの後悔度を強くしたのかもしれません。

石原裕次郎の「背中」も「人間」もデカかった

スポンサーリンク

映画『居酒屋兆治』のキャストについて

藤野伝吉(兆治)(高倉健)

高校時代は投手として活躍。地元の英雄。プロ野球選手の道を目指していたが肩の怪我で断念。、その後、一流企業に入るが退社して地元で居酒屋を開く。高倉健さんはやっぱり「高倉健さん」でした。理屈抜きで良いのです。

藤野茂子(加藤登紀子)

兆治の妻。おそらく兆治の過去のことを知っている。でも一切、聞かない。加藤登紀子さんの演技は本当に“芯”が入っているものでした。一切ブレません。

神谷さよ(大原麗子)

かつて兆治と恋愛関係にあった。お金持ちを結婚して子どももいる。しかし兆治のことが忘れられない。家出を繰り返す。そして放火騒ぎ。大原麗子さんの「ダメっぷり」が見ものです。こんな綺麗な人をダメにしたらダメ。でもさよが一番「過去を背負っている」人でした。

岩下義治(田中邦衛)

兆治の親友。兆治のためなら命をかけるくらい気持ちの強い男。田中邦衛さんは本当に独特の演技を魅せてくれます。とても味のある人ですね。ずっと観ていたい俳優さんです。

河原(伊丹十三)

嫌味な人。本映画『居酒屋兆治』で一番印象が強い演技をしていたのが伊丹十三さんだと思います。上手かったです。。憎まれ役がぴったりでした。劇中、河原が言っていることって当たっていると思うのです。本当に良い演技でした。

神谷久太郎(左とん平)
井上美里(英二)
吉野耕造(佐藤慶)
有田(山谷初男)
小寺(河原さぶ)
越智(平田満)
堀江(池部良)
秋本(小松政夫)
峰子(ちあきなおみ)
松川(東野英治郎)
相場先生(大滝秀治)
相場多佳(石野真子)

スポンサーリンク

まとめ 映画『居酒屋兆治』一言で言うと!

「昭和の男の背中を見ろ!」

高倉健さんと言えば、もう「背中」なんですよ。この人の後ろ姿を見るだけで何も要りません。哀愁とか悲恋とか、悲しい出来事を全てが詰まっているというか。もちろん高倉健さんのことを知っている訳ではありません。しかしこれほどまでに背中だけで演技できる人はいないのではないでしょうか。素晴らしすぎる。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメ昭和を感じる映画】

映画『風立ちぬ(1976)』

山口百恵と三浦友和、、、素晴らしい

映画『風立ちぬ(1976)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵さんほど「薄明」と「悲劇」が似合うスターはいない。
映画『風立ちぬ(1976)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵さんほど「薄明」と「悲劇」が似合うスターはいない。映画『風立ちぬ(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『風立ちぬ(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『風立ちぬ(1976)』の作品情報・概要『風立ちぬ』1976年製作の日本映画。山口百恵主演文芸作品第5弾。ホリプロの堀威夫社長が率先して映画化。東宝配給。前作『エデンの海』でコンビを解消したかのように思われた山口百恵と三浦友和コンビが復活して大ヒット。『絶唱』と同様、悲恋映画である。山口百恵は当時の不治の病である結核で亡くなる役を熱演。若杉光夫監督作品。往年のスター芦田伸介、河津清三郎、宇野重吉らが出演。若き日の森次晃嗣と松平健が初々しい。

映画『あいつと私(1961)』

石原裕次郎と芦川いづみの純愛

映画『あいつと私(1961)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。石原裕次郎の魅力が「やっとわかった」まさに「太陽の笑顔」の男です。
映画『あいつと私(1961)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。石原裕次郎の魅力が「やっとわかった」まさに「太陽の笑顔」の男です。映画『あいつと私(1961)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『あいつと私(1961)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『あいつと私(1961)』の作品情報・概要『あいつと私』(あいつとわたし)石坂洋次郎の同名小説を映画化。監督は『狂った果実』の中平康。主演は『嵐を呼ぶ男』などの石原裕次郎。共演は『愛と死の記録』芦川いづみ、吉永小百合ら。出生と育ちが複雑な青年を太陽のように明るく演じる裕次郎が魅力。60年代当時の若者を「安保反対」と「興味なし」2種類に分けて描いているのも秀逸。

映画『太陽の季節』

石原裕次郎衝撃のデビュー作

映画『太陽の季節』ネタバレ・あらすじ・結末。石原慎太郎衝撃のデビュー作で芥川賞受賞作品。若者のエネルギーの爆発と新時代の生き方を表現。
石原慎太郎の短編小説を映画化。(湘南あたりの)裕福な家庭に育った若者の無軌道な生活を通して、暴走化する感情が物質化する新世代・新時代を描いた作品。文學界新人賞を受賞。翌年1956年(昭和31年)1月23日には、第34回(1955年下半期)芥川賞を受賞。その後フランスのヌーヴェルバーグのゴダール、トリフォーに影響を与えたと言われている。

映画『嵐を呼ぶ男』

暴れん坊ドラマーの裕次郎です

映画『嵐を呼ぶ男』ネタバレ・あらすじ・結末。時代が石原裕次郎だった。昔から芸能界は恐ろしかった。
映画『嵐を呼ぶ男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『嵐を呼ぶ男』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予...

映画『夜霧よ今夜も有難う』

男は背中で泣いている

映画『夜霧よ今夜も有難う』ネタバレ・あらすじ・感想。裕次郎も良いが浅丘ルリ子さんがめっちゃチャーミング。
映画『夜霧よ今夜も有難う』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『夜霧よ今夜も有難う』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 ...

映画『七人の侍』

日本を代表する映画と言ったらこれ!

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし!
映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし! 映画『七人の侍』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の侍』IMDbサイトもご紹介し、作品・キャスト情報等もご確認頂けます。 映画『七人の侍』の作品概要 『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画。黒澤明監督作品。主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。東宝製作・配給。1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞し日本国民を歓喜の渦に巻き込み希望をもたらした。

映画『キューポラのある街』

吉永小百合さんって本当に永遠のアイドル

映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。
映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。 映画『キューポラのある街』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キューポラのある街』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『キューポラのある街』の作品概要。原作は早船ちよの小説。1962年(昭和37年)4月8日に公開された浦山桐郎監督デビューd作の日本映画である。上映時間は99分。脚本は浦山の師匠である今村昌平と共同執筆。吉永小百合主演に日活作品。
映画『愛と死の記録』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。渡哲也&吉永小百合「悲恋を通して核兵器反対」を描く名作。広島と長崎を忘れてはいけない。
映画『愛と死の記録』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。渡哲也&吉永小百合「悲恋を通して核兵器反対」を描く名作。広島と長崎を忘れてはいけない。映画『愛と死の記録』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と死の記録』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『愛と死の記録』の作品情報・概要『愛と死の記録』1966年製作の日本映画。吉永小百合、渡哲也主演。中尾彬、芦川いづみ、浜川智子共演。蔵原惟繕監督作品。原作は大江健三郎の「ヒロシマ・ノート」の中で紹介された実話をベースにしている。当初は浜田光夫だったが右目を負傷し、渡哲也が代役となった。本映画で共演した吉永小百合と渡哲也は私生活でも恋愛に発展したことで話題となる。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』

山田洋次監督はずっと昭和にこだわっています

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』ネタバレ・あらすじ・結末。山田洋次版『ニュー・シネマ・パラダイス』横尾忠則さん激怒はなぜ?昭和回顧。
映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』公式サイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の作品概要 山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品。97年の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、22年ぶりに製作。過去の映像アーカイブから渥美清さんを鮮明に蘇らせている。吉岡秀隆と後藤久美子が主演。倍賞千恵子、前田吟、浅丘ルリ子、夏木マリ、池脇千鶴、桜田ひより出演。

映画『居酒屋兆治』

高倉健さんの顔って本当に「芸術的」にハンサム

映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。
映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。映画『居酒屋兆治』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『居酒屋兆治』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。居酒屋兆治』(いざかやちょうじ)は、山口瞳の連作的長編小説です。『兆治』(ちょうじ)と題し『波』(1979年10月号から1980年11月号に連載、改題して新潮社より1982年6月に刊行されました)

映画『探偵物語(1983)』

薬師丸ひろ子と松田優作の恋愛映画

映画『探偵物語(1983)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子&松田優作主演。主題歌「あんなに激しい潮騒」が切ない昭和の恋物語。
映画『探偵物語(1983)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子&松田優作主演。主題歌「あんなに激しい潮騒」が切ない昭和の恋物語。 映画『探偵物語(1983)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『探偵物語(1983)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『探偵物語(1983)』の作品情報・概要赤川次郎原作の同名小説の映画化。薬師丸ひろ子が大学進学のため休業していたが、進学が決まり復帰作として出演。相手役はハードボイルド路線で売っていた松田優作。年齢差と身長差30センチが話題となる。清純派アイドル女優として売り出していた薬師丸は体当たりのラブシーンに挑戦している。かなり濃厚なキスで話題をさらった。薬師丸ひろ子が門柱を乗り越えたりする様は痛快であるし、運動神経の良さがわかる映画。

映画『Wの悲劇』

「ああ、薬師丸ひろ子、ああ、薬師丸ひろ子」ため息が出ます

映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。 映画『Wの悲劇』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『Wの悲劇』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『Wの悲劇』の作品情報・概要 『Wの悲劇』(ダブリューのひげき)は、1984年12月15日に公開された日本の青春映画。澤井信一郎監督作品。薬師丸ひろ子主演。カラー・108分。三田佳子、世良公則、三田村邦彦、高木美保共演。夏樹静子原作小説をモチーフにしている。舞台劇を構成を取りながらスターを目指す女優の恋愛、成功、失敗物語を内包した秀逸の脚本となっている。芸能界のタブー的な要素も盛り込んで話題となった。

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』

寅さんは帰ってきたのでしょうか?

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』ネタバレ・あらすじ・結末。山田洋次版『ニュー・シネマ・パラダイス』横尾忠則さん激怒はなぜ?昭和回顧。
映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』公式サイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の作品概要 山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品。97年の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、22年ぶりに製作。過去の映像アーカイブから渥美清さんを鮮明に蘇らせている。吉岡秀隆と後藤久美子が主演。倍賞千恵子、前田吟、浅丘ルリ子、夏木マリ、池脇千鶴、桜田ひより出演。

映画『炎の舞』

戦争が二人を引き裂いたのか、、、

映画『炎の舞』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵最高演技!「妖艶・狂愛・絶望・発狂」の末の自死に「絶句する」
映画『炎の舞』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵最高演技!「妖艶・狂愛・絶望・発狂」の末の自死に「絶句する」映画『炎の舞』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『炎の舞』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『炎の舞』の作品情報・概要『炎の舞』1978年製作の日本映画。原作は加茂菖子の小説『執炎』監督は河崎義祐。山口百恵・三浦友和ゴールデンカップルの9作目。平家の落人の末裔を演じる山口百恵の神秘性と激しい情愛に恐怖を感じるほどの演技と言える。能の舞もあり芸術性の高い映画である。反戦映画の部類に入る。

映画『ホワイト・ラブ』

山口百恵&三浦友和がスペインで親になる

映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画!
映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画!映画『ホワイト・ラブ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ホワイト・ラブ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ホワイト・ラブ』の作品情報・概要『ホワイト・ラブ -White Love-』1979年製作の日本映画。東宝配給。山口百恵・三浦友和の主演コンビ10作目。原案は一般からの公募で中川美知子さん作品。監督は小谷承靖。サンフランシスコロケをした『ふりむけば愛』以来の2度目の海外ロケはスペイン。マドリードやサラゴサ、さらにパンプローナの「サン・フェルミン祭(牛追い祭り)」の映像は必見。出演に若き日の田中邦衛、岩城滉一ら。文芸シリーズと打って変わって爽やかなハッピーエンドを迎える物語。

映画『若い人(1962)』

石原裕次郎と吉永小百合のまさかの共演

映画『若い人(1962)』ネタバレ・あらすじ・感想。教師の石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」の浅丘ルリ子との三角関係。
映画『若い人(1962)』ネタバレ・あらすじ・感想。教師の石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」の浅丘ルリ子との三角関係。 映画『若い人(1962)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『若い人(1962)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『若い人(1962)』の作品情報・概要 『若い人』は、石坂洋次郎の長編小説を映画化。映画化は本作を含めて4作品。テレビドラマにおいても数本ある人気作。ミッションスクールの男性教員と女子生徒と同僚の教員との三角関係を交えて映像化。監督は『伊豆の踊子(1974)』『潮騒 しおさい(1975)』 『絶唱(1975)』の西河克己。主演は『あいつと私(1961)』などの石原裕次郎と『キューポラのある街』の吉永小百合。共演は『夜霧よ今夜も有難う』などの浅丘ルリ子。

映画『となりのトトロ』

わたしもとなりに「トトロ」が欲しい

映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。
映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。映画『となりのトトロ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『となりのトトロ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『となりのトトロ』の作品情報・概要『となりのトトロ』英題『My Neighbor Totoro』1984年スタジオジブリ製作による長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。音楽は久石譲。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー映画。肺を病んだ母親のために田舎へ引っ越した草壁一家。12歳のサツキと4歳のメイは不思議な生き物に出会う。子どもにしか見えないトトロとの交流を通じて「母への想い」を噛み締めながら少しずつ成長していく物語。

映画『父と暮せば』

宮沢りえちゃんと応援したくなる映画です

映画『父と暮せば』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。好演・宮沢りえvs圧巻・原田芳雄 が描く黒木和雄監督「反戦映画」8月6、9日は絶対に忘れない。
映画『父と暮せば』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。好演・宮沢りえvs圧巻・原田芳雄 が描く黒木和雄監督「反戦映画」8月6、9日は絶対に忘れない。映画『父と暮せば』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『父と暮せば』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『父と暮せば』の作品情報・概要。『父と暮せば』作家・井上ひさしによる戯曲を黒木和雄監督が映画化。主演・宮沢りえ。共演は原田芳雄と浅野忠信。原爆投下後の1948年の広島を舞台に被爆した父の亡霊と娘を描いた二人芝居。舞台劇の構成で展開していく。原爆で破壊された広島の街はCGで再現。撮影箇所は父娘の家と図書館くらいである。宮沢りえと原田芳雄の演技が素晴らしい。

映画『絶唱(1975)』

あまりにも悲劇すぎる映画です

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『潮騒 しおさい(1975)』

三浦友和の「男気」に山口百恵が惚れます

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。

映画『七人の侍』

黒澤明という「昭和の怪物」がいました

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし!
映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし! 映画『七人の侍』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の侍』IMDbサイトもご紹介し、作品・キャスト情報等もご確認頂けます。 映画『七人の侍』の作品概要 『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画。黒澤明監督作品。主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。東宝製作・配給。1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞し日本国民を歓喜の渦に巻き込み希望をもたらした。

映画『カツベン!』

成田凌くんの最高演技かも!

映画『カツベン!』ネタバレ・あらすじ・結末。周防正行&成田凌主演。活動弁士へ愛を込めて。大正時代へGO。日本映画の原点。
映画『カツベン!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カツベン!』の作品概要『カツベン!』は、2019年12月13日公開の日本映画[。周防正行監督作品。主演は成田凌。大正時代、映画は活動写真と呼ばれていた。映画の上映に合わせて解説を入れる弁士たちの腕によって興業の成否が問われていた。周防監督が当時の世相、風俗を再現して挑んだ作品。

映画『エリカ38』

エリカは間違いなく昭和の女です

映画『エリカ38』実話・ネタバレ・あらすじ・感想 浅田美代子の詐欺師が最高!
映画『エリカ38』は実際にあった詐欺事件をモチーフにドラマとドキュメンタリー仕立ての構成で作られている。実年齢が60歳でありながら38歳と偽り男たちを色仕掛けで取り込み大金をせしめていく。見事!とい言いたくなるが、エリカ自身も男に騙されて身を滅ばせてしまった被害者と言える。本作では詐欺に引っかからない方法も学ぶことができる
スポンサーリンク

映画『居酒屋兆治』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
降旗康男
脚本
大野靖子
原作
山口瞳
製作
田中壽一
制作補
佐々木健一
撮影
木村大作
美術
村木与四郎
音楽
井上尭之
録音
紅谷愃一
照明
安河内央之
編集
鈴木晄
助監督
桃沢裕幸
スチール
橋山直己
藤野伝吉(兆治)(高倉健)
藤野茂子(加藤登紀子)
神谷さよ(大原麗子)
岩下義治(田中邦衛)
河原(伊丹十三)
神谷久太郎(左とん平)
井上美里(英二)
吉野耕造(佐藤慶)
有田(山谷初男)
小寺(河原さぶ)
越智(平田満)
堀江(池部良)
秋本(小松政夫)
沢井(石山雄大)
佐野(細野晴臣)
松川(東野英治郎)
相場先生(大滝秀治)
相場多佳(石野真子)
小関警部(小林稔侍)
中村巡査部長(三谷昇)
桐山少年(佐野秀太郎)
峰子(ちあきなおみ)
ミーコ(好井ひとみ)
エミリー(水木薫)
河原洋子(中島唱子)
秋本鈴子(立石涼子)
岩下靖子片(山満由美)
モツ屋(あき竹城)
アベックの男(武田鉄矢)
アベックの女(伊佐山ひろ子)
1983年製作/125分/日本
原題:Love
配給:東宝

タイトルとURLをコピーしました