映画『名探偵ピカチュウ』ピカチュウはうさぎ?ハリウッドで実写化 ネタバレ・感想・内容・結果

上映中
映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト
ピカチュウ”がハリウッドで初の実写映画化!見た目はカワイイけど・・・中身は“おっさん”!?全世界待望の感電超大作 5月3日(金)日本先行公開!まだ誰も見たことのないピカチュウの物語が幕を開ける! #名探偵ピカチュウ

『名探偵ピカチュウ』(97分/米/2019)
原題『Pokemon Detective Pikachu』


映画『名探偵ピカチュウ』のオススメ度は?

3

星3つです。
友だちと一緒に行くのがベストです。
恋人と行くのであれば、グッズを買ってもらいましょう!
お子さんと行けばさらに家族愛が深まる作品です。
ポップコーンとコーラ必須の映画ですね。
以下、作品情報とか感想とか書いてあります。チャラーと読んでください。

映画『名探偵ピカチュウ』の作品情報

【原題】
『Pokemon Detective Pikachu』
【製作年】
2019年
【製作国】
アメリカ合衆国
【上映時間】
97分
【日本公開】
2019年
【世界公開】
2019年
【監督】
ロブ・レターマン
【脚本】
ダン・ヘルナンデス ベンジー・サミット ロブ・レターマン デレク・コノリー

【キャスト】
ジャスティス・スミス
キャスリン・ニュートン
渡辺謙
ビル・ナイ
リタ・オラ
スキ・ウォーターハウス
ライアン・レイノルズ名探偵ピカチュウ(声)
竹内涼真ポケモントレーナー

映画『名探偵ピカチュウ』の作品概要

誰もがポケモンと暮らす未来がやってくる。本作はその時が訪れた際、どのように対応すれば良いかを映像と音でわかりやすい物語にして教えてくれる教科書である。
映画『名探偵ピカチュウ』のあらすじ・ネタバレ
行方不明になった父親をピカチュウと手を合わせて探す物語。

映画『名探偵ピカチュウ』の感想・評価・内容・結末

そもそもピカチュウってウサギなんですか?

「ピカチュウってウサギですか?」と聞かれたらなんて答えますか?
実はこれを質問したのは私なんです。私、恥ずかしながらピカチュウのこと全く知らないのです。これほど世界的なキャタクターだとは思いも寄らなかったのです。
確かに一昨年、『ポケモン』のネットゲームっていうんですか、街中でスマホを片手に徘徊する人たちが、何やらポケモン関係のことをやっているということは見聞きしたことがありました。でも私の生活に全く関係ないので気にしていませんでした。
気にしていないというより、「興味がなかったのです」

“アニメ不感症”を克服するためにピカチュウ観ました

そもそもアニメ自体に興味がないのです。
幼い頃、アニメを見せてもらえなかった影響もあります。感情移入ができないのです。
でも、今年はホラー系の映画とアニメ映画をできるだけ観に行こうと決めていたのです。ちなみにジブリとかディズニー映画も何度かトライしましが、何も感じないほど、鈍感、つまり“アニメ不感症”なのです。
でも漫画は読むんです。あの動かない絵が好きなんです。
『ワンピース』も『ドラゴンボール』も、そしてそして『ガラスの仮面』なんて大大大好きなんです。
ただアニメになるともう興味がなくなってしまうんです。なぜでしょうか?

アニメ映画の苦い記憶があります

ちなみに私、バツイチ、独身、子供なし(不妊治療経験済み)です。と言っても負い目はありません。
もし子供がいたら、たぶん映画はアニメ中心になっていたのかあと思うこの頃です。
映画館によっては“抱っこでシネマ”なんてのもやってますから、それはそれで楽しめる気がします。色々と思い出します。
あれは『もののけ姫』でした。恋人と観てました。物語はあんまり覚えていませんが、終盤のとても良い場面でスクリーンの方から「ピョコピョコ」という音が聞こえてきました。
暗がりで目を凝らすと小さなお子さんが歩いていました。そして歩く度に「ピョコピョコ」と音がしたのです。そうです、クツの音でした。
もちろん、どんなクツを履こうが自由ですがめまいを感じるショックを覚えました。もちろん、『もののけ姫』がどんな物語だったのかは記憶の彼方に消え去っております。

日本のオリジナル作品がハリウッドでどう作られるかに興味あります

さてさて、本作『名探偵ピカチュウ』のオリジナルは日本とのこと。それが今や世界を席巻しています。
ハリウッド製作です。観るしかありません。
アニメ映画不感症から脱出するチャンスです。朝一番で行きました。お子さんがいると思いましたが、いませんでした。
東南アジア風の少年二人がいました。できれば子供たちがどんな反応をするのかを研究したかったのに残念です。
私が観たのは吹き替え版なので、ひょっとしたら後ろに座っているアジア風の人は日本人なのか?ってことが気になってしまいました。だって、結構笑っているのです。

もうすでにイヌ、ネコより親密な存在になっているポケモン

映画ですが、とにかくお金がかかっているなあ、と思いました。実写とCGの融合をうまくやるのがハリウッド界隈のフィルムメーカーの必須と言われていましたが、今はもう到達している感じがします。
トップカットは風の音から研究所に入るところはとても気に入っています。
それからなんとピカチュウ狩りのような展開は今一つ理解できなったのですが、つまりピカチュウという動物?は人間のペット、いやお友達のような存在になっており、みんなピカチュウと暮らしているということ。
つまり未来においてピカチュウはイヌ、ネコと変わって最も人間に親しい存在であるということがわかりました。可愛いのでしょう。

どんなモノにでも命があることを痛感しました

でも私、小さい頃、ぬいぐるみもお人形も全く興味なかったのです。
友達が寝るときにぬいぐるみと一緒じゃないと眠れないという話を聞いた時、一人で寝る私が異常なのかと感じたほどです。
でもネコは飼っていました。一緒に寝ていました。それは命があるからです。
心臓の鼓動も呼吸も体温も感じるからです。だからぬいぐるみや人形には惹かれなかったのです。
でも本作『名探偵ピカチュウ』でみんながピカチュウと暮らしている理由はおそらく“命”があるからなのでしょう。だからこそ人はピカチュウに惹かれているのだと思います。それは納得。

ピカチュウが人を助けて、少年に希望を与えてくれます

で、映画の内容は小さな頃はピカチュウが好きだったけれど、父の失踪と同時に嫌いになった少年の元にピカチュウが現れて、一緒に悪を退治し、失踪した父親を探すという物語ってことになります。
良くあるお話です。物語の中で色んなピカチュウ、いやポケットモンスターが登場します。
これらのキャラクターデザインを思いついた人はすごいと思いました。
私は絵が描けないというコンプレックスを持ってますから、絵を描ける作家を尊敬していますし、羨ましい限りです(できれば今からでも絵が描けるようになりたいです)

映像も音もとにかく飽きさせません 全開です

映画は綺麗な映像と音で全く飽きることがありません。
森へ行ったり、街へ行ったり、過去?とか行ったりします。
場面転換が激しくて付いていくのがやっとですが、ところどころ気になる点があったので書きます。主人公ティムが歩く街はアジアをイメージしているだろうか、日本語のサインがありました。
ちょっとブレードランナーぽい演出ですね。恐竜みたいなのが出てきましたが、あれはポケモンではないのでしょうか。
ちなみに追いかけられるシーンはジュラシックパークを思い出しました。
その流れで山が大崩壊するの辛うじて覚えている『もののけ姫』のラストシーンに似ていますが、アニメ映画の終盤の常套演出なのでしょうか、等々。

夏の『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』への期待度上がりました

以上ですが、一通り鑑賞しました。良かったです。覚えています。でもピカチュウが探偵という感じはしなかったのですが。パンフレットを買おうか迷いましたが、やめました。なぜなら今夏、『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が上映されます。こちらは本家本元、日本製作です。こちらに全力をかけたいと思います。

映画『名探偵ピカチュウ』まとめ 一言で言うと!

ポケモン、みんな飼えば世界が平和になる!
こんな可愛いキャラクターが一家に一匹、いや一人に一匹いれば幸せになるでしょう。癒しですかね。
*でも本作は争いばかりでしたが。

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ
監督 ロブ・レターマン
製作 メアリー・ペアレント ケイル・ボイター 片上秀長 ドン・マッゴーワン
製作総指揮 ジョー・カラッシオ・Jr. アリ・メンデス 石原恒和 大久保賢司 宮原俊雄 ヒロ・マツオカ コウジ・ウエダ
原案 ダン・ヘルナンデス ベンジー・サミット ニコール・パールマン
脚本 ダン・ヘルナンデス ベンジー・サミット ロブ・レターマン デレク・コノリー
撮影 ジョン・マシソン 美術 ナイジェル・フェルプス 衣装 スージー・ハーマン 編集 マーク・サンガー ジェームズ・トーマス 音楽 ヘンリー・ジャックマン
キャスト
ジャスティス・スミスティム
キャスリン・ニュートンルーシー
渡辺謙ヨシダ警部補
ビル・ナイ
リタ・オラ
スキ・ウォーターハウス
ライアン・レイノルズ名探偵ピカチュウ(声)
竹内涼真ポケモントレーナー
作品データ
原題 Pokemon Detective Pikachu
製作年 2019年
製作国 アメリカ
配給 東宝
上映時間 97分
映倫区分 G