ノルウェー映画

スポンサーリンク
2019年製作

映画『ある人質 生還までの398日』ネタバレ・あらすじ「後藤健二さんを思い出してしまう」感想「イスラム国側の視点も欲しい」結末

映画『ある人質 生還までの398日』ネタバレ・あらすじ「後藤健二さんを思い出してしまう」感想「イスラム国側の視点も欲しい」結末 映画『ある人質 生還までの398日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ある人質 生還までの398日』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ある人質 生還までの398日』の作品情報・概要実話映画。デンマークで体操選手として活躍していたダニエルが、足を負傷して新たな夢である写真家を目指す。当時24歳だったダニエルはシリアへ取材へ向かう。そして2013年5月から翌2014年6月まで、398日間にわたってシリアで過激派組織IS(イスラム国)に拉致・監禁される。デンマーク政府は「テロリストとは一切交渉しない」ため家族がダニエル救出のための身代金を集める。そして奇跡の生還を果たす。ダニエルと共に監禁されていたアメリカ人ジャーナリスト・ジェームズ・フォーリーの人柄も描かれている。また人質救出の専門家という“特殊な存在”の人物の活躍も描かれている。ニールス・アルデン・オプレブ監督作品
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました