格差社会映画

2023年製作

映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』ネタバレ・あらすじ「声優・花江夏樹素敵!」感想「鬼頭明里最高!」結末「下野紘応援します」

映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』ネタバレ・あらすじ「声優・花江夏樹素敵!」感想「鬼頭明里最高!」結末「下野紘応援します」 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』の作品情報・概要 2020年10月に公開された劇場版「無限列車編」は興行収入400億円を超える歴史的大ヒットを記録。本映画は『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』「鬼滅の刃」のテレビシリーズ第3期「刀鍛冶の里編」の放送開始(2023年4月)を前に、第2期「遊郭編」の第10、11話と「刀鍛冶の里編」の第1話を特別劇場上映することに。外崎春雄監督作品。原作は吾峠呼世晴。声優は花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、小西克幸、河西健吾、花澤香菜、関俊彦、置鮎龍太郎、宮野真守、石田彰、古川登志夫、鳥海浩輔、沢城みゆき、逢坂良太らが担当。
2023年製作

映画『レジェンド&バタフライ』ネタバレ・あらすじ「キムタクの評価高い」感想「綾瀬はるか濃姫敵役」結末「宮沢氷魚次回作『ドラフトキング』期待!」

映画『レジェンド&バタフライ』ネタバレ・あらすじ「キムタクの評価高い」感想「綾瀬はるか濃姫敵役」結末「宮沢氷魚次回作期待!」映画『レジェンド&バタフライ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レジェンド&バタフライ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。
YouTubeで予告映像もご覧ください。
2022年製作

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン天才」感想「『タイタニック』のケイト・ウィンスレット来たあ!」結末「シガニー・ウィーバー」

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン天才」感想「『タイタニック』のケイト・ウィンスレット来たあ!」結末「シガニー・ウィーバー」映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の作品情報・概要 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』原題『Avatar: The Way of Water』ジェームズ・キャメロン製作・脚本・監督作品。2022年のアメリカ合衆国のSF映画。同年12月16日に日米同時公開された。『アバター』の続編であり、全5作からなるアバターシリーズの2作目にあたる。前作の主人公であるジェイク・サリーとネイティリの子どもたちが新たな主人公となる。前作から13年もの時を経て流体シミュレーションやレンダリングが大幅に強化され、キャラクターだけでなく背景の水や炎の挙動まで緻密に描写されるようになった。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーブン・ラング、ケイト・ウィンスレット、クリフ・カーティス、ジェイミー・フラッターズ、ブリテン・ダルトン、トリニティ・ジョリー・ブリス、ベイリー・バス、フィリップ・ジョルジョ、デュアン・エバンス・Jr、ジャック・チャンピオンらが出演。  
SF映画

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」 映画『アバター(2009)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター(2009)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アバター(2009)』の作品情報・概要 『アバター』原題『Avatar』ジェームズ・キャメロン監督・脚本・製作・共同編集作品。2009年のアメリカの叙事詩的SF映画。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバーらが出演。20世紀フォックスとキャメロンのライトストーム・エンターテインメントによって製作され、フォックスから配給された。アバターシリーズの第1作目。12年間記録を保持していたキャメロンの『タイタニック』(1997年)を上回り、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)に抜かれるまでほぼ10年間、世界最高の興行収入歴代1位の作品となった。その後、2021年に中国での再公開によって『アベンジャーズ/エンドゲーム』の記録を抜き、世界最高の興行収入歴代1位の作品に再びなっている。
アクション映画

映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」

映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バーフバリ 伝説誕生』の作品情報・概要 『バーフバリ 伝説誕生』原題『Baahubali: The Beginning』2015年公開のインド映画。テルグ語、タミル語で撮影された全2部構成の叙事詩的映画『バーフバリシリーズ』の第1作目である。インド国内で最高額の予算で製作された本作は公開直後から高い評価を受け、インドの歴代興行収入最高額を記録。また、興行的に最も成功したテルグ語映画となった。プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、タマンナー、アヌシュカ・シェッティ、ラムヤ・クリシュナ、ナーサル、サティヤラージらが出演。
2021年製作

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ・あらすじ「金ロー観て泣こう」感想「佐藤健がカッコよすぎる」結末「続編期待!」

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ・あらすじ「金ロー観て泣こう」感想「佐藤健がカッコよすぎる」結末「続編期待!」映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の作品情報・概要 『るろうに剣心 最終章 The Beginning』2020年、新たな2部作として原作の「人誅編」をベースにした完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』が同年7月3日公開予定だった。第1作へと続く序章『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が8月7日にそれぞれ公開される予定だった。しか新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「The Final」は2021年の4月23日、「The Beginning」は同年6月4日に公開が延期された。佐藤健、有村架純、高橋一生、村上虹郎、安藤政信、大西信満、池内万作、藤本隆宏、和田聰宏、中村達也、荒木飛羽、窪田正孝、高杉亘、高橋努、堀田真由、石田法嗣、大西武志、渡辺真起子、奥野瑛太、平埜生成、一ノ瀬ワタル、成田瑛基、野中隆光、松澤匠、増田健一、渡部龍平、菅原健、菅原永二、長野克弘、朝香賢徹、北村一輝、江口洋介らが出演。  
2022年製作

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」映画『沈黙のパレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『沈黙のパレード』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『沈黙のパレード』の作品情報・概要『沈黙のパレード』東野圭吾の推理小説を映画化。西谷弘監督作品(映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』や映画『マチネの終わりに』)。福山雅治(映画『ラストレター』や映画『三度目の殺人』や映画『万引き家族』)、柴咲コウ(映画『燃えよ剣』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、北村一輝(映画『ヘルドッグス』)、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、岡山天音(映画『キングダム2 遥かなる大地へ』や映画『ホテルローヤル』や 映画『新聞記者』)、川床明日香、出口夏希、村上淳(映画『うみべの女の子』や映画『ある船頭の話』)、吉田羊、檀れい(映画『奥様は、取り扱い注意』)、椎名桔平らが出演。  
2022年製作

映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」

映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」映画『ヘルドッグス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヘルドッグス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヘルドッグス』の作品情報・概要『ヘルドッグス』原田眞人監督作品。深町秋生による小説を映画化。岡田准一(映画『燃えよ剣』や映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』)、坂口健太郎(映画『余命10年』や映画『海街diary』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)、松岡茉優(映画『万引き家族』や映画『蜜蜂と遠雷』)、MIYAVI、北村一輝、大竹しのぶ(映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『借りぐらしのアリエッティ』)、金田哲、木竜麻生、中島亜梨沙、杏子、大場泰正、吉原光夫、尾上右近、田中美央、村上淳、酒向芳、赤間麻里子、吉田壮辰、小柳アヤカらが出演。
アクション映画

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報・概要『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』原題『Captain America: The First Avenger』2011年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。主演はクリス・エヴァンス(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)。「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・アメリカ』の実写映画作品としては、1990年の『キャプテン・アメリカ 卍帝国の野望』以来の新作。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』としては、第5作品目の映画となり、その中の『キャプテン・アメリカ』シリーズの第1作目。ヘイリー・アトウェル(映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『カセットテープ・ダイアリーズ』)、セバスチャン・スタン(映画『355』や映画『ブラックパンサー』)、トミー・リー・ジョーンズ(映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』や映画『アド・アストラ』)、ヒューゴ・ウィービング、ドミニク・クーパー、スタンリー・トゥッチ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『プライベート・ウォー』)、トビー・ジョーンズ(映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』)、リチャード・アーミテージ、ニール・マクドノー(映画『父親たちの星条旗』や映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』)、デレク・ルーク、ケネス・チョイ(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』や映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)らが出演。  
2022年製作

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』ネタバレ・あらすじ「山崎賢人大成長」感想「吉沢亮は美形すぎる」結末「大沢たかおのゲイっぽさが最高だ!」

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』ネタバレ・あらすじ「山崎賢人大成長」感想「吉沢亮は美形すぎる」結末「大沢たかおのゲイっぽさが最高だ!」映画『キングダム2 遥かなる大地へ』の作品情報・概要映画『キングダム2 遥かなる大地へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キングダム2 遥かなる大地へ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『キングダム2 遥かなる大地へ』佐藤信介監督作品。原泰久の人気漫画を実写化した2019年公開の大ヒット映画「キングダム」の続編。キャッチコピーは「命をたぎらせ、生きろ。」主演は山崎賢人(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』)。他に吉沢亮(映画『キングダム』や映画『さくら』や映画『青くて痛くて脆い』)、橋本環奈(映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』や映画『今日から俺は!!劇場版』)、清野菜名、満島真之介(映画『三度目の殺人』)、岡山天音(映画『王様になれ』や映画『ホテルローヤル』)、三浦貴大(映画『大綱引の恋』や映画『流浪の月』や映画『望み』)、濱津隆之、真壁刀義、山本千尋、豊川悦司(映画『ラストレター』)、高嶋政宏(映画『燃えよ剣』)、要潤、加藤雅也、高橋努、渋川清彦(映画『孤狼の血 LEVEL2』)、平山祐介、玉木宏、小澤征悦、佐藤浩市(映画『楽園』や映画『太陽は動かない』や映画『南極物語(1983)』)、大沢たかお(映画『世界の中心で、愛をさけぶ』)らが出演。
2021年製作

映画『モガディシュ 脱出までの14日間』ネタバレ・あらすじ「韓国vs北朝鮮inソマリア」感想「友情が芽生えるか?」結末「CG無しモロッコ撮影の大迫力」

映画『モガディシュ 脱出までの14日間』ネタバレ・あらすじ「韓国vs北朝鮮inソマリア」感想「友情が芽生えるか?」結末「CG無しモロッコ撮影の大迫力」映画『モガディシュ 脱出までの14日間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『モガディシュ 脱出までの14日間』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『モガディシュ 脱出までの14日間』の作品情報・概要『モガディシュ 脱出までの14日間』原題『모가디슈』リュ・スンワン監督作品。2021年制作の韓国のアクション・スリラー映画。ソマリア内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちの生死をかけた脱出劇を実話を基に描く。2021年度の韓国No.1大ヒットを記録、第42回青龍映画賞で作品賞、監督賞、助演男優賞など5部門を受賞した。キム・ユンソク、チョ・インソン、チョン・マンシク、ホ・ジュノ、ク・ギョファン、キム・ソジン 、キム・ジェファ、パク・ギョンヘらが出演。CG無し。モロッコにて撮影。
2022年製作

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」映画『ベイビー・ブローカー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベイビー・ブローカー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベイビー・ブローカー』の作品情報・概要映画『ベイビー・ブローカー』原題『Broke』韓国製作。是枝裕和監督作品(映画『海街diary』や映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』や映画『真実』)。設置された「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」から赤ちゃんを盗み横流しする二人の男。赤ちゃんを捨てたが取り戻しに来る女。そして女刑事たちが繰り広げる物語。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、主演のソン・ガンホ(映画『パラサイト 半地下の家族』や映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』)が韓国人俳優初の男優賞を受賞。また、人間の内面を豊かに描いた作品に贈られるエキュメニカル審査員賞も受賞した。是枝裕和監督にとって、『真実』に続き外国製作作品2本目となる。
2022年製作

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」映画『PLAN 75』の作品情報・概要映画『PLAN 75』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『PLAN 75』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『PLAN 75』2022年6月17日に公開された映画作品。早川千絵監督作品。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。75歳以上の高齢者に対して自らの生死の権利を保障し、支援する制度「PLAN 75」の施行に伴う制度の対象者たちや市役所の職員、スタッフの苦悩を描く。主演は本作が9年ぶりの映画主演作となる倍賞千恵子(映画『ハウルの動く城』や映画『小さいおうち』や映画「天気の子」)。磯村勇斗(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、たかお鷹(映画『MOTHER マザー』や映画『決戦は日曜日』)、河合優実(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『サマーフィルムにのって』)、ステファニー・アリアン、大方斐紗子(『あなたの番です 劇場版』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、串田和美(映画『誰も知らない』)らが出演。
2021年製作

映画『フォーエバー・パージ』ネタバレ・あらすじ「挑戦的な物語」感想「アメリカって怖い」結末「平和であることを願う」

映画『フォーエバー・パージ』ネタバレ・あらすじ「挑戦的な物語」感想「アメリカって怖い」結末「平和であることを願う」映画『フォーエバー・パージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『フォーエバー・パージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『フォーエバー・パージ』の作品情報・概要『フォーエバー・パージ』原題『The Forever Purge』アメリカのアクション・スリラー映画。エベラルド・ゴウト監督作品。「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ(映画『アンビュランス』や映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)&「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラム製作(映画『ハロウィン KILLS』や映画『ザ・スイッチ』や映画『透明人間』)。「パージ」シリーズの第5作。アメリカ政府は深刻化する移民増加問題の対策として、1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法化される法律「パージ」を発令するという過激な物語。アナ・デ・ラ・レゲラ、
テノッチ・ウエルタ、ジョシュ・ルーカス(映画『フォードvsフェラーリ』)、キャシディ・フリーマン、レベン・ランビン、アレハンドロ・エッダ、ウィル・パットンらが出演。
イギリス映画

映画『オードリー・ヘプバーン』ネタバレ・あらすじ「映画史上最高の女優」感想「世界の映画女優の憧れ」結末「永遠のヒロインはヘプバーンだけ!」

映画『オードリー・ヘプバーン』ネタバレ・あらすじ「映画史上最高の女優」感想「世界の映画女優の憧れ」結末「永遠のヒロインはヘプバーンだけ!」 映画『オードリー・ヘプバーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オードリー・ヘプバーン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オードリー・ヘプバーン』の作品情報・概要『オードリー・ヘプバーン』原題『Audrey』ヘレナ・コーン監督作品。『ローマの休日』『暗くなるまで待って』などで知られるオードリー・ヘプバーン(映画『ローマの休日』や映画『マイ・フェア・レディ』や映画『ティファニーで朝食を』)のドキュメンタリー。永遠の妖精と呼ばれた彼女の素顔を、アーカイブ映像と近親者のインタビューなどによって映し出す。ヘプバーンの息子のショーン・ヘプバーン・ファーラー、孫であるエマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラーが出演。リチャード・ドレイファス(映画『スタンド・バイ・ミー』や映画『卒業(1967)』)、ショーン・ヘプバーン・ファーラー、エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー、クレア・ワイト・ケラー、ピーター・ボグダノビッチ、レッサンドラ・フェリ、フランチェスカ・ヘイワード 、キーラ・ムーアらが出演する。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン可愛い」感想「J・K・ローリングの印税が気になる」結末「ダニエル・ラドクリフ成長」

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソン可愛い」感想「J・K・ローリングの印税が気になる」結末「ダニエル・ラドクリフ成長」映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』原題『Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1』J・K・ローリングの児童小説を映画化した大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」の最終章前編。ヴォルデモートの復活により魔法界に暗雲がたちこめるなか、打倒のカギとなる“分霊箱”を探す旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニーたちの成長を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント(映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、レイフ・ファインズ(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『オフィシャル・シークレット』)、マイケル・ガンボン(映画『ジュディ 虹の彼方に』や『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、ヘレナ・ボナム・カーター、ボニー・ライト、ジェームズ・フェルプス、オリバー・フェルプスらが出演。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフ成長している」感想「エマ・ワトソン可愛い」結末「J・K・ローリング印税は?」

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフ成長している」感想「エマ・ワトソン可愛い」結末「J・K・ローリング印税は?」映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと謎のプリンス』原題『 Harry Potter and the Half-Blood Prince』イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが2005年に発表した、ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第6巻を2009年に映画化された。ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となった魔法使いのハリー・ポッターが、史上最悪の魔法使いヴォルデモートとの対決に備え、ヴォルデモートの過去と弱点に迫る一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、マイケル・ガンボン、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、ジム・ブロードベント、トム・フェルトン、ボニー・ライト、イバナ・リンチ、デビッド・シューリス(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ナタリア・テナ、ヘレナ・ボナム・カーター(映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ・あらすじ「アルフォンソ・キュアロン監督作品」感想「エマ・ワトソン可愛い」「J・K・ローリング印税は?」結末。

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ・あらすじ「アルフォンソ・キュアロン監督作品」感想「エマ・ワトソン可愛い」「J・K・ローリング印税は?」結末。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の作品情報・概要『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』原題『Harry Potter and the Prisoner of Azkaban』J・K・ローリングが1999年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの第3巻を映画化。ホグワーツ魔法魔術学校の3年生となったハリー・ポッターが、魔法牢獄アズカバンから脱走した囚人の騒動を通じて、両親の死にまつわる真相を知らされる1年間を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、デビッド・シューリス ティモシー・スポール、エマ・トンプソン、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッド、リー
トム・フェルトンらが出演。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末 映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと秘密の部屋』原題『Harry Potter and the Chamber of Secrets』イギリスの作家、J・K・ローリングが1998年に発表した、ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第二弾の映画化。ホグワーツ魔法魔術学校の2年生となったハリー・ポッターが、親友とともにホグワーツ城で起こった「秘密の部屋」事件を解決するまでの1年間を描く。J・K・ローリングの世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズ映画化第2作。
アクション映画

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと賢者の石』原題『Harry Potter and the Philosopher's Stone』イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが生活保護を受けながら1997年に発表した、子供向けファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第1巻。同年のカーネギー賞佳作(commended)に選出。その他、数々の賞を受賞。2001年には映画化された。誰もが幼い頃、「魔法使いに憧れた」ことをファンタジー映画として描き世界中の子どもたちと熱狂させた。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』や映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、リチャード・ハリス(映画『許されざる者(1992)』)、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、イアン・ハート(映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、ゾー・ワナメイカー、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッドリーらが出演。
2021年製作

映画『英雄の証明』ネタバレ・あらすじ「犯罪者から英雄へ」感想「SNSの恐怖」結末「イラン映画の巨匠アスガー・ファルハディ」

映画『英雄の証明』ネタバレ・あらすじ「犯罪者から英雄へ」感想「SNSの恐怖」結末「イラン映画の巨匠アスガー・ファルハディ」 映画『英雄の証明』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『英雄の証明』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『英雄の証明』の作品情報・概要 『英雄の証明』原題『A Hero』原題・ペルシア語『 قهرمان』イランのドラマ映画。アスガル・ファルハーディー監督・脚本作品(映画『誰もがそれを知っている』)。出演はアミール・ジャディディ、サハル・ゴルデュースト、モーセン・タナバンデなど。2021年7月に第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、グランプリを獲得。第94回アカデミー賞国際長編映画賞にイラン代表作として出品された。SNSやメディアの歪んだ正義と不条理によって、人生を根底から揺るがす事態に巻き込まれていく男の姿を描く。
2021年製作

映画『花束みたいな恋をした』ネタバレ・あらすじ「菅田将暉&有村架純vs坂元裕二最強映画!」感想「ミレニアル世代の悲恋」結末「別れたことがハッピー」

映画『花束みたいな恋をした』ネタバレ・あらすじ「菅田将暉&有村架純vs坂元裕二最強映画!」感想「ミレニアル世代の悲恋」結末「別れたことがハッピー」映画『花束みたいな恋をした』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『花束みたいな恋をした』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『花束みたいな恋をした』の作品情報・概要『花束みたいな恋をした』2021年1月29日に公開された日本の青春恋愛映画。 土井裕泰監督作品(映画『罪の声』)。菅田将暉(映画『糸』や映画『タロウのバカ』)と有村架純(映画『前科者』)のダブル主演。脚本家・坂元裕二のオリジナル脚本による恋愛映画。主人公の男女による5年間の恋を描く。略称は「はな恋」。共通のサブカルチャーで結ばれた二人が同棲して別れるまでを描いている。他に清原果耶(映画『望み』や映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』)、細田佳央太、韓英恵(映画『誰も知らない』)、中崎敏、小久保寿人、瀧内公美、森優作、古川琴音(『チワワちゃん』)、篠原悠伸(映画『幕が下りたら会いましょう』や映画『サマーフィルムにのって』)、八木アリサ(映画『太陽は動かない』)、押井守、佐藤寛太、岡部たかし、オダギリジョー(映画『ある船頭の話』や映画『大怪獣のあとしまつ』)、戸田恵子(映画『ザ・マジックアワー』や映画『トイ・ストーリー4』)、岩松了(映画『ヤクザと家族 The Family』)、小林薫(映画『もののけ姫』や映画『日本独立』)らが出演。
2022年製作

映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」

映画『アンビュランス』ネタバレ・あらすじ「ツッコミどころ満載」感想「マイケル・ベイ監督の“お家芸”」結末「休む暇無し映画」映画『アンビュランス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アンビュランス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンビュランス』の作品情報・概要『アンビュランス』原題『Ambulance』2022年公開のアメリカ合衆国のアクションスリラー映画。 マイケル・ベイ製作・監督作品(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)。脚本はクリス・フェダック。主演はジェイク・ギレンホール(映画『ゴールデン・リバー』や映画『ワイルドライフ』)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(映画『マトリックス レザレクションズ』)、エイザ・ゴンザレス(映画『マーウェン』)。マイケル・ベイ監督の圧倒的な演出と展開の特徴である「ベイ・ヘム(Bay-hem)」健在。カーチェイス、爆発、銃撃、炎上が休みなく続く。
2021年製作

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」映画『ナイトメア・アリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイトメア・アリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイトメア・アリー』の作品情報・概要『ナイトメア・アリー』原題『Nightmare Alley』2021年のアメリカ合衆国のネオ・ノワールサイコスリラー映画。ギレルモ・デル・トロ脚本・監督作品。キム・モーガン脚本執筆。ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路』が原作。主演はブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)。他にケイト・ブランシェット(映画『ドント・ルック・アップ』や映画『ソング・トゥ・ソング』)、トニ・コレット、ウィレム・デフォー(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や映画『ポップスター』)、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ(映画『ドント・ウォーリー』)、ロン・パールマン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』や映画『塔の上のラプンツェル』)、メアリー・スティーンバージェン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』)、デヴィッド・ストラザーンが出演している。
タイトルとURLをコピーしました