映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

スポンサーリンク
映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。アクション映画

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』
2011年製作/124分/G/アメリカ
原題:Captain America: The First Avenger
配給:パラマウント
【監督】
ジョー・ジョンストン
【製作】ケビン・ファイギ【製作総指揮】アラン・ファイン スタン・リー デビッド・メイゼル ジョー・ジョンストン ルイス・デスポジート ナイジェル・ゴステロウ【共同製作】スティーブン・ブルサード ビクトリア・アロンソ【原作】ジャック・カービー スタン・リー【脚本】クリストファー・マーカス スティーブン・マクフィーリー【撮影】シェリー・ジョンソン【美術】リック・ハインリクス【衣装】アンナ・B・シェパード【編集】マイケル・マカスカー ロバート・ダルバ ジェフ・フォード【音楽】アラン・シルベストリ【音楽監修】デイブ・ジョーダン
【出演】
クリス・エバンス ヘイリー・アトウェル セバスチャン・スタン トミー・リー・ジョーンズ ヒューゴ・ウィービング ドミニク・クーパー スタンリー・トゥッチ トビー・ジョーンズ リチャード・アーミテージ ニール・マクドノー デレク・ルーク 
ケネス・チョイ
 サミュエル・L・ジャクソン

スポンサーリンク
  1. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』外部リンク
  2. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のオススメ度は?
  3. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報・概要
  4. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の受賞歴
  5. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ:承
    3. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ:結
  6. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の感想・内容
  7. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の考察・評価
  8. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の結末
  9. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のキャストについて
  10. まとめ 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』一言で言うと!
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  13. 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』外部リンク

HPサイト】
映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』公式サイト

【予告映像】
映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』トレーラー

【公式Twitter
映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』

IMDbサイト】
映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』

スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のオススメ度は?

4.0

星4つです

スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報・概要

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』原題『Captain America: The First Avenger』2011年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。主演はクリス・エヴァンス(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)。「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・アメリカ』の実写映画作品としては、1990年の『キャプテン・アメリカ 卍帝国の野望』以来の新作。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』としては、第5作品目の映画となり、その中の『キャプテン・アメリカ』シリーズの第1作目。ヘイリー・アトウェル(映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『カセットテープ・ダイアリーズ』)、セバスチャン・スタン(映画『355』や映画『ブラックパンサー』)、トミー・リー・ジョーンズ(映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』や映画『アド・アストラ』)、ヒューゴ・ウィービング、ドミニク・クーパー、スタンリー・トゥッチ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『プライベート・ウォー』)、トビー・ジョーンズ(映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』)、リチャード・アーミテージ、ニール・マクドノー(映画『父親たちの星条旗』や映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』)、デレク・ルーク、ケネス・チョイ(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』や映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)らが出演。

スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の受賞歴

無し

スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ:起

世界大戦中のアメリカにて、スティーブ・ロジャースは身体が小さく弱々しい見た目でしたが、人一倍正義感の強い青年でした。

彼はアメリカ兵として志願をしていましたが採用されず、親友のバッキーから励まされるのです。

なんとか入隊にこぎつけたスティーブに天気が訪れます。

「スーパーソルジャー計画」を進めていた博士がスティーブを実験体として使いたいと誘い、国のために戦いたいと思ったスティーブはそれを受けました。

実験は成功し、たくましい身体つきとスーパーパワーを得たスティーブに博士たちは喜びます。

しかし、実験成功を見届けた者の中にスパイが紛れ込んでいたことで博士は凶弾に倒れまいました。

スティーブは逃げたスパイを追って捕えますが、彼は「ヒドラ万歳」と言って毒を飲み息絶えたのです。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ:承

その後、スティーブは青色ベースのスーツを着た「キャプテン・アメリカ」として活躍することになります。

しかし、彼を待っていたのは戦地ではなく、CMの出演や各地への応援イベントの出席…。

志願兵や資金の調達に一躍買っていましたが、スティーブは戦線で戦って国を勝利に導きたいと思っていたこともあり前向きになれません。

そんな彼に軍人のエージェントであるカーターが声を掛けるようになりました。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ:転

そして、バッキーが戦地から戻っていないと言う話を聞いたスティーブは敵地に潜入して捕えられたバッキーを探します。

バッキーや他の捕虜を見つけたスティーブは逃走を手伝いつつ、シュミットと対峙。

その男は「四次元キューブ」を利用して兵器を作っており、スティーブは彼を捕えようとしましたが逃げられてしまいました。

バッキーはスティーブに感謝しつつ、シュミットが「ヒドラ」と呼ばれる組織を築いているとわかって彼らは敵の基地をせん滅をしていきます。

そして、雪山の基地へ向かうため敵の列車に乗り込みますが、バッキーが列車から落下…。

スティーブは雪山から麓を見やると絶望的な高さであることを認識しました。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ:結

スティーブは親友の死を嘆きつつもシュミットの基地へ。

シュミットは四次元キューブを持って大型飛行機に乗って逃げようとし、スティーブは彼を追い詰めました。

キューブの力によりシュミットは消滅し、飛行機が街に落ちないようスティーブは操縦しようとしますが上手くいかず海へ落とすことに…。

彼は最後にカーターとの会話を経て、極寒の海に沈んでいきました。

その後、戦争が終わって海から四次元キューブと氷漬けになったスティーブが回収されるのですが、これはまた次の映画につながっていきます

スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の感想・内容

2次世界大戦におけるアメリカでより強い兵器として人間を強くしようというテーマで、正義のスーパーヒーローが誕生する物語が見どころでしたね。

戦時中なので過酷な状況もありましたが、スティーブたちが協力して戦地に赴くシーンは目を見張ります。

その中でも、スティーブことキャプテン・アメリカの戦い方はアメリカの国旗を模した丸い盾を使うのが特徴的!

最強の鉱石から作られた盾を使い、敵の銃弾や攻撃を防ぐだけでなく、ブーメランのように投げて攻撃にも使うのです。

攻守に長けた盾を使うスティーブも運動能力が飛躍的に上がっているため、とても強い…。

銃を装備した者たちや戦車を相手にしても倒していきました。

軍人として鍛えてきた技量やいくつもの戦地を潜り抜けてきた経験を活かしつつ、窮地を脱するための機転を利かせるのがカッコイイです。

スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の考察・評価

そうした戦いぶりを見て「一人の兵士として強く、たくましい」という象徴的な存在になったキャプテン・アメリカでしたが、彼に憧れて兵に志願する者が増えるのもわかる気がしました。

「自分も訓練して強くなって国のために戦おう!」と思えるのは、戦時中ならではの心境でしょうね。

時代背景やヒーローの活躍と言ったバランスの良さを感じさせる映画です。

「スーパーソルジャー計画」で使われた血清は、人の心の力も増幅させてしまうものでした。

そのため、正義感の強いスティーブが必要でしたが実はこの血清を以前にシュミットへ使ったことで、悪の心が強かった彼はヒドラとして兵器開発を進めることにつながってしまいました。

シュミットは真っ赤な骨のような顔と頭という見た目をしており「レッドスカル」と呼ばれていたのも印象深いです。

普通の人の顔だった彼が変装をはがすようにして、その恐ろしい姿を現す瞬間は恐怖を感じさせました。

スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の結末

シュミットもまた、より強大兵器を求めていたようでしたが「四次元キューブ」を使おうとしていたのも考えさせられます。

このキューブを巡る戦いが『アベンジャーズ』でも起きるため、今後どういった脅威をもたらすのかにも注目ですね。

最後にスティーブは飛行機と共にその身を犠牲にし、カーターが悲しそうにするというラストは感動的なシーンとなりました。

2人の関係を応戦したくなる展開が印象に残りつつも、スティーブの現代での活躍を示唆する終わり方が気になります。

死んだと思われていたスティーブが、現代になって蘇るという展開はおもしろいと思いつつも、次回作である『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が楽しみになりました。

スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のキャストについて

スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)
ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)
バッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)
フィリップス大佐(トミー・リー・ジョーンズ)
シュミット/レッド・スカル(ヒューゴ・ウィービング)
ハワード・スターク(ドミニク・クーパー)
エイブラハム・アースキン博士(スタンリー・トゥッチ)
ドクター・ゾラ(トビー・ジョーンズ)
ハインツ・クルーガー(リチャード・アーミテージ)
ダム・ダム・デューガン(ニール・マクドノー)
ゲイブ・ジョーンズ(デレク・ルーク)
ジム・モリタ(ケネス・チョイ)
ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)

スポンサーリンク

まとめ 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』一言で言うと!

「マーベルは観なきゃ!」

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画「天気の子」考察、物語の中で出現する「銃」の正体、歌の意味など
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ドクター・スリープ』ネタバレ・あらすじ・結末。トラウマを乗り越えろ!自分らしく生きろ!レベッカ・ファーガソンが美しすぎる。
映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジョー・ジョンストン
製作
ケビン・ファイギ
製作総指揮
アラン・ファイン スタン・リー デビッド・メイゼル ジョー・ジョンストン ルイス・デスポジート ナイジェル・ゴステロウ
共同製作
スティーブン・ブルサード ビクトリア・アロンソ
原作
ジャック・カービー スタン・リー
脚本
クリストファー・マーカス スティーブン・マクフィーリー
撮影
シェリー・ジョンソン
美術
リック・ハインリクス
衣装
アンナ・B・シェパード
編集
マイケル・マカスカー ロバート・ダルバ ジェフ・フォード
音楽
アラン・シルベストリ
音楽監修
デイブ・ジョーダン
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)
ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)
バッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)
フィリップス大佐(トミー・リー・ジョーンズ)
シュミット/レッド・スカル(ヒューゴ・ウィービング)
ハワード・スターク(ドミニク・クーパー)
エイブラハム・アースキン博士(スタンリー・トゥッチ)
ドクター・ゾラ(トビー・ジョーンズ)
ハインツ・クルーガー(リチャード・アーミテージ)
ダム・ダム・デューガン(ニール・マクドノー)
ゲイブ・ジョーンズ(デレク・ルーク)
ジム・モリタ(ケネス・チョイ)
ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)
2011年製作/124分/G/アメリカ
原題:Captain America: The First Avenger
配給:パラマウント

タイトルとURLをコピーしました