映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』ネタバレ・あらすじ「ヒーロー乱立!」感想「ヒーローは死亡しない?」結末「マーベル世界制覇へ」

スポンサーリンク
映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』ネタバレ・あらすじ「ヒーロー乱立!」感想「ヒーローは死亡しない?」結末「マーベル世界制覇へ」2018年製作

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』
(2018年製作/150分/G/アメリカ)
原題『Avengers: Infinity War』

【監督】
アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
【製作】ケビン・ファイギ【製作総指揮】ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ マイケル・グリロ トリン・トラン ジョン・ファブロー ジェームズ・ガン スタン・リー【共同製作】ミッチ・ベル【脚本】クリストファー・マルクス スティーブン・マクフィーリー【撮影】トレント・オパロック【美術】チャールズ・ウッド【衣装】ジュディアナ・マコフスキー【編集】ジェフリー・フォード マシュー・シュミット【音楽】アラン・シルベストリ【音楽監修】デイブ・ジョーダン【視覚効果監修】ダン・デレウー【ビジュアル開発主任】ライアン・メイナーディング

【出演】
ロバート・ダウニー・Jr.  クリス・ヘムズワース マーク・ラファロ クリス・エバンス スカーレット・ヨハンソン ベネディクト・カンバーバッチ ドン・チードル トム・ホランド チャドウィック・ボーズマン ポール・ベタニー
 エリザベス・オルセン アンソニー・マッキー
セバスチャン・スタン トム・ヒドルストン イドリス・エルバ ピーター・ディンクレイジ ベネディクト・ウォン ポム・クレメンティエフ カレン・ギラン デイブ・バウティスタ ゾーイ・サルダナ 
ビン・ディーゼル
 ブラッドリー・クーパー グウィネス・パルトロウ ベニチオ・デル・トロ ジョシュ・ブローリン クリス・プラット ダナイ・グリラ レティーシャ・ライト ウィリアム・ハート ウィンストン・デューク フローレンス・カスンバ ジェイコブ・バタロン ケリー・コンドン アリアナ・グリーンブラット マイケル・ジェームズ・ショウ キャリー・クーン トム・ボーン=ローラー テリー・ノタリー ロス・マーカンド サミュエル・L・ジャクソン コビー・スマルダース

HPサイト】

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』公式サイト

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』IMDbサイト

【予告映像】
映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の日本でのテレビ放送は未定。
    1. 過去のアベンジャーズシリーズのテレビ放送は惨敗しているため日本は視聴率をとるのは難しいと言える。
  2. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のオススメ度は?
  3. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の作品情報・概要
  4. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ:起
    2. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ:承
    3. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ:転
    4. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ:結
  5. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の感想・内容
  6. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の考察・評価
  7. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の結末
  8. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のキャストについて
  9. まとめ 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
  12. 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の作品情報

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の日本でのテレビ放送は未定。

過去のアベンジャーズシリーズのテレビ放送は惨敗しているため日本は視聴率をとるのは難しいと言える。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のオススメ度は?

3.5

3つ半

頭が混乱します

ヒーローが多すぎます

でも観た方がいいです

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の作品情報・概要

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』原題『Avengers: Infinity War』マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」をベースとした、2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。アンソニー・ルッソ、ジョン・ルッソ監督作品。脚本はクリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリーが担当。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンスら。「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の19作目。『アベンジャーズ』(2012年)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ ウルトロン』(2015年)の続編。マーベル・スタジオが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給する。20171130日に初めてネット上で予告編が公開され、24時間以内の再生回数が23000万回に到達した。それまでは『IT/イットそれが見えたら、終わり。』の記録(19700万回)を抜いて歴代最高記録を更新した。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ・ネタバレ

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ:起

サノスは故郷である「タイタン」の星が資源よりも生命が増えてしまって滅んだという経緯を持っていました。そのため、6つのインフェルニティ・ストーンを集めて宇宙上の生命の半分を消すことを使命と考え、その内の1つ目を入手します。次にロキの持つスペース・ストーン(四次元キューブ)を狙うのでした。

ソーとロキは故郷のアスガルドが崩壊した後、ハルクと数人の市民と共に宇宙を漂っており、そこにサノスが強襲してきたのです。ハルクはサノスに敗北して地球に送られ、ロキは不意打ちを仕掛けますが殺されました。ソーはその光景を目の当たりにし、宇宙船ごと爆破させられた後、ガーディアンズに救出されます。

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ:承

ハルクは魔術師・ストレンジに助けられ、トニーに連絡を取りますがアベンジャーズが解散していると知って驚きました。ストレンジの持つタイム・ストーンを狙ってサノスの部下が現れ、彼ごと捕えて宇宙船に乗ってタイタンへ宇宙船に忍び込んだトニーと彼を慕うピーターは、ストレンジを助けてタイタンへ向かいました。

宇宙を脅威から守るガーディアンズ。船長のクイルの他5人で構成されおり、その中のガモーラはサノスの娘でした。次に狙われるストーンを守りに行くメンバーと、助けられたソーがサノスを倒すための武器を得るメンバーに別れて行動を始めます。

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ:転

惑星「ノーウェア」に着いたピーターたちはサノスを見つけますが、既にリアリティ・ストーンが奪われており幻覚を見せられます。サノスはガモーラを連れ去って彼女の妹であるネビュラを人質にし、ソウル・ストーンは「ヴォーミア」にあると吐かせました。ストーンを入手するためには愛するものの魂を捧げなければいけないと知ったサノスは、娘のガモーラを犠牲にしてソウル・ストーンを手に入れるのです。

タイタンに戻ったサノスを待ち受けていたのはトニーやストレンジ、クイルたちでした。クイルはガモーラを奪い返したい一心で戦い、トニーたちはガントレットを外そうとするのですがサノスに敵わずボロボロになった者たちを見たストレンジは観念してタイム・ストーンを渡し、サノスは最後の一つであるマインドストーンを求めて地球へ向かいました。

地球ではワンダと共にいたヴィジョンのマインド・ストーンがサノスの部下に狙われたことで、スティーブやナターシャが助けに来ます。一行はワカンダへ避難し、王のティ・チャラと妹の力を借りてマインド・ストーンをヴィジョンから取り外すことにしました。そこにサノスの部下が兵の大軍を連れて来て襲ってきたことで、ワカンダの兵やスティーブたちが一丸となって戦います。

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ:結

新たな武器を手に入れたソーが加勢に来ましたが、サノスもすぐさま現れてビジョンを追い詰めました。スティーブたちはサノスを止めようとしますが敵わずヴィジョンのマインド・ストーンが奪われてサノスはガントレットに装着し、指を鳴らして去るのです。

6つのインフェルニティ・ストーンの力により宇宙上から生命の半分が消滅。トニー、スティーブ、ソー、ナターシャ、バーナー博士といった面々は、目の前で仲間が消えていくのを見届けることしかできなかったのです

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の感想・内容

・熾烈な戦いにハラハラ!

サノスは愛する娘・ガモーラを犠牲にしてでも、「生物が生き残るためだ」と思ってインフェルニティ・ストーンを集めるのです。もちろん、無作為に半分の命が奪われると知ったアベンジャーズやガーディアンズたちはストーンを守るために戦うのですがサノスの圧倒的なパワーを前に、血を一滴流させるのもやっとという展開はハラハラさせられました。

サノスの部下も強く、魔術を使ってトリッキーに戦うストレンジが捕まったり、超能力を操るワンダや最強だと思われたビジョンも倒されたりするのです。映画全体を通してトニーが想像していた宇宙の脅威が現実になったような世界の終わりを見せられた気がしましたね。

そんな中、今作で新しく登場するヒーローたちが次々に倒れ、消滅させられるラスト残されたアベンジャーズの悲しみが伝わってきましたね。特に消えたくないと怯えるピーターと彼を見届けるトニーの姿は印象的です。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の考察・評価

多くのヒーローや登場人物がいる中、それぞれの関係性や戦いに注目できるシーンが多いのも見どころでした。

スパイダーマンであるピーターがトニーを慕って宇宙船まで付いて来て懸命に戦ったり、ブラックパンサーであるティチャラとスティーブたちが協力したりするのにはワクワクさせられます。サノスの部下や無数の敵を前に奮闘するアクションシーンは、爆撃があったり個々の力を最大限に発揮したりするので見入ってしまいます。また、バナー博士がハルクの力を頼らずに、ハルクバスターに乗り込んで戦う様子は少し面白いのも見どころでしょう。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の結末

関係性で注目すべきはクイルはガモーラを、ワンダはビジョンを、それぞれ最愛の相手の頼みを聞こうとするシーンでしょうね。クイルもワンダも相手の命を奪うという決断を迫られ、生半可の意思では実行できなかったと思います。サノスの企みを阻止すべく彼らが涙を呑んで決断する様子は感傷的な気分にさせられました。

戦いや感情的な部分などの緩急のバランスが良かった映画だと思いました。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のキャストについて

トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)
ソー(クリス・ヘムズワース)
ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)
スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
ジェームズ・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル)
ピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)
ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)
ヴィジョン(ポール・ベタニー)
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)
サム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー)
バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)
ロキ(トム・ヒドルストン)

スポンサーリンク

まとめ 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』一言で言うと!

「マーベルが世界制覇!を狙う」

マーベル作品は「永遠に続く」かもしれません。マーベルが映画界を引っ張っていくかもしれません。これだけ劇場に足を運ばせる作品はありません。ですから観るべきでしょう。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【】

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
製作
ケビン・ファイギ
製作総指揮
ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ マイケル・グリロ トリン・トラン ジョン・ファブロー ジェームズ・ガン スタン・リー
共同製作
ミッチ・ベル
脚本
クリストファー・マルクス スティーブン・マクフィーリー
撮影
トレント・オパロック
美術
チャールズ・ウッド
衣装
ジュディアナ・マコフスキー
編集
ジェフリー・フォード マシュー・シュミット
音楽
アラン・シルベストリ
音楽監修
デイブ・ジョーダン
視覚効果監修
ダン・デレウー
ビジュアル開発主任
ライアン・メイナーディング
トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)
ソー(クリス・ヘムズワース)
ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)
スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
ジェームズ・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル)
ピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)
ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)
ヴィジョン(ポール・ベタニー)
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)
サム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー)
バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)
ロキ(トム・ヒドルストン)
ヘイムダル(イドリス・エルバ)
エイトリ(ピーター・ディンクレイジ)
ウォン(ベネディクト・ウォン)
マンティス(ポム・クレメンティエフ)
ネビュラ(カレン・ギラン)
ドラックス(デイブ・バウティスタ)
ガモーラゾーイ・サルダナ
グルート(声)(ビン・ディーゼル)
ロケット(声)(ブラッドリー・クーパー)
ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)
コレクター(ベニチオ・デル・トロ)
サノス(ジョシュ・ブローリン)
ピーター・クイル/スター・ロード(クリス・プラット)
オコエ(ダナイ・グリラ)
シュリ(レティーシャ・ライト)
サディアス・ロス長官(ウィリアム・ハート)
エムバク(ウィンストン・デューク)
アヨ(フローレンス・カスンバ)
ネッド(ジェイコブ・バタロン)
FRIDAY(声)(ケリー・コンドン)
ガモーラ(幼少期)(アリアナ・グリーンブラット)
コーヴァス・グレイブ(マイケル・ジェームズ・ショウ)
プロキシマ・ミッドナイト(キャリー・クーン)
エボニー・マウ(トム・ボーン=ローラー)
カル・オブシディアン(テリー・ノタリー)
レッド・スカル(ロス・マーカンド)
ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)
マリア・ヒル(コビー・スマルダース)
2018年製作/150分/G/アメリカ
原題:Avengers: Infinity War
配給:ディズニー

タイトルとURLをコピーしました