映画『アベンジャーズ エンドゲーム』ネタバレ・あらすじ「世界興行収入No. 1」感想「最後はヒーロー総動員」結末「マーベルは永遠に続く!」

スポンサーリンク
映画『アベンジャーズ エンドゲーム』ネタバレ・あらすじ「世界興行収入No. 1」感想「最後はヒーロー総動員」結末「マーベルは永遠に続く!」2019年製作

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『アベンジャーズ エンドゲーム』
2019年製作/182分/G/アメリカ)
原題『Avengers: Endgame

【監督】
アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
【製作】
ケビン・ファイギ【製作総指揮】ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ マイケル・グリロ トリン・トラン ジョン・ファブロー ジェームズ・ガン スタン・リー【製共同製作】ミッチ・ベル クリストファー・マルクス スティーブン・マクフィーリー【脚本】クリストファー・マルクス スティーブン・マクフィーリー【撮影】トレント・オパロック【美術】チャールズ・ウッド【衣装】ジュディアナ・マコフスキー【編集】ジェフリー フォード マシュー・シュミット【音楽】アラン・シルベストリ【音楽監修】デイブ・ジョーダン【視覚効果監修】ダン・デレウー【ビジュアル開発主任】ライアン・メイナーディング

【出演】
ロバート・ダウニー・Jr.  クリス・エバンス マーク・ラファロ クリス・ヘムズワース
 スカーレット・ヨハンソン
 ジェレミー・レナー ドン・チードル ポール・ラッド ブリー・ラーソン カレン・ギラン ダナイ・グリラ
 ベネディクト・ウォン ジョン・ファブロー ブラッドリー・クーパー グウィネス・パルトロウ  ジョシュ・ブローリン ベネディクト・カンバーバッチ チャドウィック・ボーズマン トム・ホランド ゾーイ・サルダナ エバンジェリン・リリー テッサ・トンプソン レネ・ルッソ エリザベス・オルセン アンソニー・マッキー セバスチャン・スタン トム・ヒドルストン ポム・クレメンティエフ デイブ・バウティスタ レティーシャ・ライト ジョン・スラッテリー ティルダ・スウィントン ヘイリー・アトウェル ナタリー・ポートマン 
マリサ・トメイ タイカ・ワイティティ アンジェラ・バセット マイケル・ダグラス ミシェル・ファイファー ウィリアム・ハート コビー・スマルダー ス
ウィンストン・デューク リンダ・カーデリニ マキシミリアーノ・ヘルナンデス フランク・グリロ 真田広之 トム・ボーン=ローラー ジェームズ・ダーシー ジェイコブ・バタロン ビン・ディーゼル ロバート・レッドフォード クリス・プラット サミュエル・L・ジャクソン レクシー・レーブ ロス・マーカンド エマ・ファーマン マイケル・ジェームズ・ショウ テリー・ノタリー ケリー・コンドン エバ・ルッソ タイ・シンプキンス カラン・マルベイ
【HPサイト】
映画『アベンジャーズ エンドゲーム』公式ウェブサイト
映画『アベンジャーズ エンドゲーム』IMDbサイト
【予告映像】
映画『アベンジャーズ エンドゲーム』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』日本でのテレビ放送は未定
    1. 視聴率予想としては10パーセント越えれば良い
  2. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のオススメ度は?
  3. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の作品情報・概要
  4. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ:起
    2. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ:承
    3. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ:転
    4. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ:結
  5. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の感想・内容
  6. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の考察・評価
  7. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の結末
  8. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のキャストについて
  9. まとめ 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  12. 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の作品情報

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』日本でのテレビ放送は未定

視聴率予想としては10パーセント越えれば良い

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のオススメ度は?

3.5

3つ半

最後まで頭が混乱します

完全に整理ができません

地球にはこんなにたくさくの「ヒーロー」がいた

安心して暮らせます

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の作品情報・概要

『アベンジャーズ/エンドゲーム』原題『Avengers: Endgame2019年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。アンソニー・ルッソとジョン・ルッソ監督作品。脚本はクリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリー。マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」をベースとしている。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワースら。『アベンジャーズ』シリーズの4作目。『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』』(2018年)の続編。「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の22作目。マーベル・スタジオが製作し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給し世界で大ヒットした。興行収入は27.9億ドルを挙げ、『アバター』(2009年)の記録を抜いた。日本でもヒットしたが、期待ほどの収入には至っていない。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ・ネタバレ

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ:起

「タイタン」に取り残されたトニーはネビュラと共に宇宙を漂っていると、ダンヴァースに助けられます。彼女は宇宙の星々を助けるヒーローであり、地球でスティーブやナターシャと合流するのを手伝いました。

サノスがストーンの力を使ったと知ったアベンジャーズは彼のいる星に向かいます。ダンヴァースと共に攻め入ったことでサノスの動きを止めることができ、ソーがガントレットごと手を切り離しました。しかし、サノスは「ストーンを破壊するために力を使った」とのことそれを聞いたソーは、今度は首を斬り落とします。消された者たちはもう戻らないとアベンジャーズは察するのでした。

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ:承

それから5年が経過し、量子世界にいたスコットが地球に戻ったことである可能性が生まれます。スコットが使うピム粒子を使えば特定の時間を行き来できるかもしれないそれを聞いたスティーブとナターシャはトニーに助力を求め、再びアベンジャーズを招集します。

ハルクはたるんで太ったソーを説得してみんなの元に連れ帰り、ナターシャは犯罪組織を壊滅させていたバートンを迎えに行きました。トニーの協力もあって時間移動を可能にしたアベンジャーズは6つのストーンを集めに行くのです。

スティーブとトニーたちはロキの杖と四次元キューブがある時代のニューヨークに行き、杖のマインド・ストーンは入手できました。しかし、四次元キューブはロキに持ち去られてしまったことで、さらに昔にさかのぼることになります。トニーは父親が生きている時代で、保管されていた四次元キューブ(スペース・ストーン)を手に入れました。

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ:転

ソーは「アスガルド」のリアリティ・ストーンを手に入れ、ハルクはタイム・ストーンを持つストレンジの師匠の元へ。未来で怒ることを説明してストーンを必ず元の時代に戻すと約束したのです。

「ヴォーミア」に到着したナターシャとバートンはソウル・ストーンのために一人が犠牲にならなければならないと知ります。どちらも犠牲になる方を選ぼうとした結果ナターシャが亡くなり、バートンはストーンを入手しました。

ネビュラは過去のパワー・ストーンを手に入れますが、その時代に生きていたサノスに計画がバレてしまいます。

アベンジャーズは現代に戻り、6つのインフェルニティ・ストーンを利用してハルクが指を鳴らしました。消えた者たちが戻ったかと確認しようとすると、サノスの軍が強襲。ネビュラを利用してサノスは時を超えてやって来たのです。トニー、スティーブ、ソーはサノスを倒すため再び対決すると大軍を呼び寄せるサノスすると、復活した者たちが味方を大勢率いて現れました。

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のあらすじ:結

ワンダやストレンジ、ピーターたちが集う中、サノスにストーンを渡さないように奔走します。それでも劣勢となった状況を見たトニーは、ストーンの力を使えばサノス群を消滅できると考え、自らの命を犠牲にしました。

その後トニーの葬式が行われ、スティーブは元の時代にストーンを戻しに行きます。スティーブはそのまま過去の時代にとどまって生きることを決め、歳をとった状態で仲間と再会するのでした。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の感想・内容

・展開に引き込まれる!

アベンジャーズの戦いを締めくくる壮大なアドベンチャー映画でしたね。消えてしまった者が復活できる術はないかと思いきや、身体を小さくしたりできるスコットにより新しい可能性が出てくるのに引き込まれました。どうなるのか分からないストーリーが続く中、過去作品の懐かしいシーンが登場するのが見どころです。そうしてワクワクしつつ見ていると、サノスの脅威に再びさらされるのも注目でしょう。序盤でサノスを倒したと思いきや、過去から再びやってくるという展開は全く予想できませんでしたね。一方で、消えた者たちが一斉に登場しスティーブが「アッセンブル!」と言うのに合わせて、全員が駆けだすというシーンは胸が熱くなりました。それぞれの個性を活かして大群と戦い、壮大なアクションを繰り広げるラストバトルも含めて盛り上がりが多い!そのため、ストーリーと合わせてとても引き込まれました

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の考察・評価

・感動的なシーンも多かった!

トニーが過去に戻り、父とであるシーンは感動させられたのも印象的です。親子関係があまり良くなかった親子でしたが、トニーに娘ができた影響もあって理解を深めたようで良かったです。そんなトニーですがラストでストーンの力を使ってしまいました。彼が死にゆく様を看取る仲間たちの様子は見ていて涙が出ましたねピーターが駆け寄って勝ったことを告げ、ペッパーは「もう大丈夫。ゆっくり眠って」と声をかけて笑顔で見送るのです。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の結末

また、今作で犠牲になったのナターシャのシーンも印象的で、バートンか彼女が犠牲にならなければいけない中で互いに崖から飛び降りようとするのにはハラハラさせられました。バートンには子供も妻もいて、ナターシャも共に暮らしていた家族のような存在がいる中、どちらが死んでも悲しい展開です。

スティーブは自身の人生を改めて歩み、最愛のカーターと共に過ごすことができたのは「良かったな」という感動があったの見どころでしょう。これまでのシリーズを見てきたからこそ、各登場人物に思いをはせることができて最後まで楽しました!

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のキャストについて

トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)
ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)
ソー(クリス・ヘムズワース)
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)
クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー)
ジェームズ・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル)
スコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)
キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)
ネビュラ(カレン・ギラン)
オコエ(ダナイ・グリラ)
ウォン(ベネディクト・ウォン)
ハッピー・ホーガン(ジョン・ファブロー)
ロケット(声)(ブラッドリー・クーパー)
ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)
サノス(ジョシュ・ブローリン)
スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)

 

スポンサーリンク

まとめ 映画『アベンジャーズ エンドゲーム』一言で言うと!

「アメリカで生まれ育ったのであれば理解できたのか」

正直、最後の最後まで頭が混乱したと言うか、未だに整理整頓ができていません。日本人だからでしょうか。それともわたしの理解、処理能力が足りないからでしょうか。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エンドゲーム』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
製作
ケビン・ファイギ
製作総指揮
ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ マイケル・グリロ トリン・トラン ジョン・ファブロー ジェームズ・ガン スタン・リー
共同製作
ミッチ・ベル クリストファー・マルクス スティーブン・マクフィーリー
脚本
クリストファー・マルクス スティーブン・マクフィーリー
撮影
トレント・オパロック
美術
チャールズ・ウッド
衣装
ジュディアナ・マコフスキー
編集
ジェフリー・フォード マシュー・シュミット
音楽
アラン・シルベストリ
音楽監修
デイブ・ジョーダン
視覚効果監修
ダン・デレウー
ビジュアル開発主任
ライアン・メイナーディング
トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)
ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)
ソー(クリス・ヘムズワース)
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)
クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー)
ジェームズ・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル)
スコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)
キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)
ネビュラ(カレン・ギラン)
オコエ(ダナイ・グリラ)
ウォン(ベネディクト・ウォン)
ハッピー・ホーガン(ジョン・ファブロー)
ロケット(声)(ブラッドリー・クーパー)
ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)
サノス(ジョシュ・ブローリン)
スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)
ピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)
ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)
ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ(エバンジェリン・リリー)
ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)
フリッガ(レネ・ルッソ)
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)
サム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー)
バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)
ロキ(トム・ヒドルストン)
マンティス(ポム・クレメンティエフ)
ドラックス(デイブ・バウティスタ)
シュリ(レティーシャ・ライト)
ハワード・スターク(ジョン・スラッテリー)
エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)
ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)
ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)
メイおばさん(マリサ・トメイ)
コーグ(声)(タイカ・ワイティティ)
ラモンダ(アンジェラ・バセット)
ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)
ジャネット・ヴァン・ダイン(ミシェル・ファイファー)
サディアス・ロス長官(ウィリアム・ハート)
マリア・ヒル(コビー・スマルダース)
エムバク(ウィンストン・デューク)
ローラ・バートン(リンダ・カーデリニ)
ジャスパー・シットウェル(マキシミリアーノ・ヘルナンデス)
ブラック・ラムロウ(フランク・グリロ)
アキヒコ(真田広之)
エボニー・マウ(トム・ボーン=ローラー)
エドウィン・ジャーヴィス(ジェームズ・ダーシー)
ネッド(ジェイコブ・バタロン)
グルート(声)(ビン・ディーゼル)
アレクサンダー・ピアース(ロバート・レッドフォード)
ピーター・クイル/スター・ロード(クリス・プラット)
ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)
モーガン・スターク(レクシー・レーブ)
レッド・スカル(ロス・マーカンド)
キャシー・ラング(エマ・ファーマン)
コーヴァス・グレイブ(マイケル・ジェームズ・ショウ)
カル・オブシディアン(テリー・ノタリー)
FRIDAY(声)(ケリー・コンドン)
ライラ・バートン(エバ・ルッソ)
ハーレー・キーナー(タイ・シンプキンス)
ジャック・ロリンズ(カラン・マルベイ)
2019年製作/182分/G/アメリカ
原題:Avengers: Endgame
配給:ディズニー

タイトルとURLをコピーしました