映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」

スポンサーリンク
映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」SF映画

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』
(2015年製作/141分/G/アメリカ)
原題『Avengers: Age of Ultron』

【監督】
ジョス・ウェドン
【製作】ケビン・ファイギ【製作総指揮】ルイス・デスポジート アラン・ファイン ビクトリア・アロンソ ジェレミー・ラッチャム パトリシア・ウィッチャー ジョン・ファブロー スタン・リー【共同製作】ミッチ・ベル【脚本】ジョス・ウェドン【撮影】ベン・デイビス【美術】チャールズ・ウッド【衣装】アレクサンドラ・バーン【編集】ジェフリー・フォード リサ・ラセック【音楽】ブライアン・タイラー ダニー・エルフマン【音楽監修】デイブ・ジョーダン【視覚効果監修】クリストファー・タウンゼント
【出演】
ロバート・ダウニー・Jr.  クリス・ヘムズワース マーク・ラファロ クリス・エバンス スカーレット・ヨハンソン ジェレミー・レナー ドン・チードル アーロン・テイラー=ジョンソン 
エリザベス・オルセン ポール・ベタニー コビー・スマルダース アンソニー・マッキー ヘイリー・アトウェル 
イドリス・エルバ ステラン・スカルスガルド ジェームズ・スペイダー サミュエル・L・ジャクソン リンダ・カーデリニ クローディア・キム
 トーマス・クレッチマン アンディ・サーキス ジュリー・デルピー
ケリー・コンドン
【HPサイト】
映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』I公式ウェブサイト (日本語)
映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』IMDbサイト
【予告映像】
映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』テレビ朝日「日曜プライム拡大版」2019年5月5日21:00 – 23:14放映され視聴率は6.4%だった
    1. 日本では苦戦している結果と言える。
  2. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のオススメ度は?
  3. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の作品情報・概要
  4. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』:起
    2. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』:承
    3. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』:転
    4. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』:結
  5. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の感想・内容
    1. 人工知能は敵か味方か!?
  6. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の考察・評価
    1. 新しい登場人物に注目!
  7. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の結末
    1. 「ビジョン」として蘇るという展開
  8. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のキャストについて
  9. まとめ 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  12. 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の作品情報

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』テレビ朝日「日曜プライム拡大版」2019年5月5日21:00 – 23:14放映され視聴率は6.4%だった

日本では苦戦している結果と言える。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のオススメ度は?

4.0

星4つです

頭が混乱します

なんとなく繋がります

コメディ要素が強い

アクションも良い

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の作品情報・概要

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』原題『Avengers: Age of Ultron』マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給。2015年のアメリカ合衆国製作。スーパーヒーロー映画。ジョス・ウェドン脚本・監督作品。「マーベル・コミック」のスーパーヒーローチームである『アベンジャーズ』が結集。2012年の映画『アベンジャーズ』の続編となる。「マーベル・コミック」様々なヒーロー、ヴィランを実写映画として登場させて、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱っている。『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)としては第11作品目の映画となる。登場人物の整理に戸惑うが、始まりから最後まで続くアクション、そしてCG技術の高さに驚愕する。ロバート・ダウニー・Jr.  クリス・ヘムズワース マーク・ラファロ クリス・エバンス スカーレット・ヨハンソン(映画『マッチポイント』や映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マリッジ・ストーリー』) ジェレミー・レナー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』) ドン・チードル アーロン・テイラー=ジョンソン 
エリザベス・オルセン ポール・ベタニー(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』) コビー・スマルダース(映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』) アンソニー・マッキー(映画『ミリオンダラー・ベイビー』) ヘイリー・アトウェル 
イドリス・エルバ(映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』や映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』) ステラン・スカルスガルド(映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『キューブリックに魅せられた男』) ジェームズ・スペイダー サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』) リンダ・カーデリニ(『グリーンブック』や映画『シンプル・フェーバー』) クローディア・キム
 トーマス・クレッチマン アンディ・サーキス ジュリー・デルピー
ケリー・コンドンら出演。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のあらすじ・ネタバレ

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』:起

アベンジャーズはシールドに潜むヒドラの一員がロキ(トム・ヒドルストン)の杖の力を利用した実験をしていると知って取り返しに行きます。そこにいたワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン) と弟のピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー(アーロン・テイラー=ジョンソン) はトニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr. に恨みを持ち、実験によりスーパーパワーを持つのに成功。ワンダは力を使ってトニーに恐怖を見せたことにより、彼は宇宙の脅威を恐れてより強い力を求めるのです。トニーは人工知能「ジャービス」を元に奪い返したロキの杖のパワーを合わせて「ウルトロン」を作りましたが、ウルトロンは人間が地球を脅かすと判断したため絶滅させようとします。

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』:承

そして、ウルトロンは最強の鉱石であるヴィブラニウム製の身体を得ようと密輸組織を襲い、アベンジャーズも急行。ウルトロンを止めようとしますが、彼に味方するワンダがスティーブやナターシャ、バナー博士に過去のトラウマや恐怖を見せて邪魔をするのです。ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ) 博士は自身を制御できずにハルクとなってしまい、近くの街で暴れまわったためトニーは大型のアイアンマンスーツを身に付けて力ずくで彼を止めました。

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』:転

ハルクが暴れたことでアベンジャーズに対する非難の声が強くなり、彼らはバートンの家に身を潜めることにします。平和な家庭を築くバートンの家で束の間の休息を得る中フューリーが現れ、ジャービスが電子ネットワーク上で生きているとわかりました。ウルトロンはヴィブラニウムの身体を完成させて意識を移そうとしましたが、トニーたちはその身体を奪いに行くのです。ワンダとピエトロはウルトロンが人間を滅ぼそうとしていると知ってアベンジャーズに協力。そうして奪ったヴィブラニウムの身体にトニーは人工知能のジャービスの意識を宿したことでヴィジョンが誕生します。彼の額にはマインド・ストーンが埋め込まれており、アベンジャーズに協力的な姿勢を示すのでした。

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』:結

その頃、ウルトロンとの戦いの際に捕らえられていたナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン) は、密かにバートンへ居場所を伝えます。ウルトロンはソコヴィアの街の地盤に細工をし、空高く浮上させて隕石のように落とそうと考えていたのです。街に取り残された人々は逃げ場がない中、アベンジャーズが助けに現れました。ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン) が用意したヘリキャリアに人々を乗せるため、ウルトロンの用意した無数の敵と戦うアベンジャーズたちソーが雷の力で一掃したり、ハルクは暴れつつも敵を倒します。トニーやスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス) も人を助けつつ、街を地上に戻す方法を考えました。そんな中、ピエトロは住民を助けようとしたバートンをかばって亡くなり、ワンダは悲しみ、その隙にウルトロンは街を落とすためのスイッチを作動させました。トニーは避難が終わったことを確認して街と地盤ごと粉々にしようと言い、ソーの力を借りて崩壊させたのです。地上には細かな破片が降り注ぎましたが被害を最小限に抑えました。

この後、サノスがヴィジョンのマインド・ストーンを始めとした「インフェルニティ・ストーン」を集め始めることで、アベンジャーズは戦いに巻き込まれていくのです。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の感想・内容

人工知能は敵か味方か!?

ロキの杖の力を利用してワンダとピエトロがスーパーパワーを持つという設定や、人工知能「ウルトロン」が人を滅亡させようとするストーリーに引き込まれましたね。対するアベンジャーズは様々な恐怖やトラウマと戦うことになり、彼らの過去が少し明かされるというのも目を見張ります。ナターシャがスパイになるまでの厳しい状況を生きてきたり、スティーブが世界大戦中に生きた時代を思い出したりするのです。また、トニーが恐怖を増幅させられたことで見た最悪な未来は宇宙の脅威により仲間が死にゆく姿それにより強迫観念に駆られたトニーが味方のためを思ってウルトロンを作り出すのですが、思い通りにはいきませんでした。その失敗もあり、ジャービスの意識を移そうとした際にはスティーブたちに止められて一触即発の状況となったのにもハラハラさせられましたね。予想できない展開の連続が楽しめる映画でした。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の考察・評価

新しい登場人物に注目!

今作から登場する人物の中で、ピエトロはちょっと生意気な面もありバートンに対して自身のスピードを自慢気に言う姿が印象的でしたね。それに対してバートンは小さく悪態をつきますが、大人な対応を取るのです。そんな二人はラストで驚きの展開にピエトロが自身の死を覚悟してバートンと小さい子を助けて死んでしまいました。彼の死を察したワンダが慟哭するような演出は見ている側の心境と重なります。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の結末

「ビジョン」として蘇るという展開

ジャービスはアイアンマンスーツのナビゲーションをする人工知能で、トニーを全面的にサポートする頼もしい存在でした。序盤でウルトロンに破壊されたと思いきや、まだ存在していると知った時は嬉しかったです。そして、ウルトロンが身体を持ったのと同じようにジャービスもヴィブラニウム製の身体を得て「ビジョン」として蘇るという展開が熱い!ウルトロンのように人間を敵視するのではと恐々としましたが、アベンジャーズの味方になってくれて良かったです。強固な身体を持ち、額のマインドストーンからビームを発して敵を切断したりしてとても強いのが見どころでした。

ヴィジョンやワンダは次作以降のキーパーソンになるため、今後の活躍も見逃せません。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のキャストについて

トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)
ソー(クリス・ヘムズワース)
ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)
クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー)
ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル)
ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー(アーロン・テイラー=ジョンソン)
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)
ヴィジョン/JARVIS(声)ポール・ベタニー
マリア・ヒル(コビー・スマルダース)
サム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー)
ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)
ヘイムダル(イドリス・エルバ)
エリック・セルヴィク(ステラン・スカルスガルド)
ウルトロン(ジェームズ・スペイダー)
ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)
ローラ・バートン(リンダ・カーデリニ)
チョ博士(クローディア・キム)
ストラッカー(トーマス・クレッチマン)
ユリシーズ・クロー(アンディ・サーキス)
マダムB(ジュリー・デルピー)
FRIDAY(声)ケリー・コンドン

スポンサーリンク

まとめ 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』一言で言うと!

「脳みそ混乱間違いなし!」

マーベルシリーズは多すぎて、さらにごちゃごちゃしていて、入り辛いかと思います。でも勇気を出して観始めると完全に「ハマります」最初こそ「え、どうなってるの?」と混乱しますが、自然と頭の中でまとまっていきます。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジョス・ウェドン
製作
ケビン・ファイギ
製作総指揮
ルイス・デスポジート アラン・ファイン ビクトリア・アロンソ ジェレミー・ラッチャム パトリシア・ウィッチャー ジョン・ファブロー スタン・リー
共同製作
ミッチ・ベル
脚本
ジョス・ウェドン
撮影
ベン・デイビス
美術
チャールズ・ウッド
衣装
アレクサンドラ・バーン
編集
ジェフリー・フォード リサ・ラセック
音楽
ブライアン・タイラー ダニー・エルフマン
音楽監修
デイブ・ジョーダン
視覚効果監修
クリストファー・タウンゼント
トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)
ソー(クリス・ヘムズワース)
ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)
クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー)
ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル)
ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー(アーロン・テイラー=ジョンソン)
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)
ヴィジョン/JARVIS(声)ポール・ベタニー
マリア・ヒル(コビー・スマルダース)
サム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー)
ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)
ヘイムダル(イドリス・エルバ)
エリック・セルヴィク(ステラン・スカルスガルド)
ウルトロン(ジェームズ・スペイダー)
ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)
ローラ・バートン(リンダ・カーデリニ)
チョ博士(クローディア・キム)
ストラッカー(トーマス・クレッチマン)
ユリシーズ・クロー(アンディ・サーキス)
マダムB(ジュリー・デルピー)
FRIDAY(声)ケリー・コンドン
2015年製作/141分/G/アメリカ
原題:Avengers: Age of Ultron
配給:ディズニー

タイトルとURLをコピーしました