2021年7月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)

スポンサーリンク
2021年7月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)作品情報

2021年7月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

2021年7月劇場公開・鑑賞映画

スポンサーリンク
  1. 『東京リベンジャーズ』(2021年製作/120分/PG12/日本)
  2. 『イン・ザ・ハイツ』(2021年製作/143分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  3. 『復讐者たち』(2020年製作/110分/G/ドイツ・イスラエル合作)
  4. 『ゴジラvsコング』(2021年製作/114分/G/アメリカ)
  5. 『RUN ラン』(2020年製作/90分/G/アメリカ)
  6. 『ブラック・ウィドウ』(2021年製作/134分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  7. 『竜とそばかすの姫』(2021年製作/121分/G/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  8. 『ライトハウス』(2019年製作/109分/R15+/アメリカ・ブラジル合作)
  9. 『ファイナル・プラン』(2020年製作/98分/G/アメリカ)
  10. 『17歳の瞳に映る世界』(2020年製作/101分/PG12/アメリカ)
  11. 『スーパーノヴァ』(2020年製作/95分/G/イギリス)
  12. 『海辺の金魚』(2021年製作/76分/G/日本)
  13. 『ロックダウン・ホテル 死・霊・感・染』(2020年製作/80分/G/カナダ)
  14. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年製作/155分/G/日本)
  15. 『クルエラ』(2021年製作/134分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  16. 『アメリカン・ユートピア』(2020年製作/107分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  17. 『Bittersand』(2021年製作/99分/G/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  18. 『シンプルな情熱』(2020年製作/99分/R18+/フランス・ベルギー合作)
  19. 『狂猿』(2021年製作/107分/PG12/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  20. 『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年製作/141分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  21. 『アベンジャーズ』(2012年製作/144分/G/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  22. 『天空の城 ラピュタ』(1986年製作/124分/日本)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  23. 『西部の男』(1940年製作/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!
  24. 『バットマン』(1989年製作/126分/アメリカ)
      1. 『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

『東京リベンジャーズ』(2021年製作/120分/PG12/日本)

配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:英勉
原作:和久井健
脚本:高橋泉
製作:石原隆 池田宏之 松本智
プロデューサー:岡田翔太 稲葉尚人
撮影:江崎朋生
照明:三善章誉
録音:加来昭彦
美術:佐久嶋依里 加藤たく郎
装飾:堀口浩明
衣装:宮本まさ江 佐藤美幸
ヘアメイク:濱田理恵
編集:相良直一郎
音響効果:柴崎憲治
音楽:やまだ豊
主題歌:SUPER BEAVER
アクション監督:諸鍛治裕太
VFXスーパーバイザー:村上優悦
助監督:古川豪
制作担当:木村利明 片平大輔
ラインプロデューサー;石渡宏樹

出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗
間宮祥太朗 吉沢亮 堀家一希 湊祥希 伊織もえ

スポンサーリンク

『イン・ザ・ハイツ』(2021年製作/143分/G/アメリカ)

原題:In the Heights
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:ジョン・M・チュウ
製作:リン=マニュエル・ミランダ キアラ・アレグリア・ヒューディーズ スコット・サンダース アンソニー・ブレグマン マーラ・ジェイコブス
製作総指揮:デビッド・ニックセイ ケビン・マコーミック
原作:リン=マニュエル・ミランダ
脚本:キアラ・アレグリア・ヒューディーズ
撮影:アリス・ブルックス
美術:ネルソン・コーツ
衣装:ミッチェル・トラバーズ
編集:マイロン・カースタイン
作詞:リン=マニュエル・ミランダ
作曲:リン=マニュエル・ミランダ
振付:クリストファー・スコット
音楽監修:スティーブン・ギジッキ

出演:アンソニー・ラモス コーリー・ホーキンズ レスリー・グレイス メリッサ・バレラ オルガ・メレディス ダフネ・ルービン=ベガ グレゴリー・ディアス4世 ステファニー・ベアトリス ジミー・スミッツ

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『イン・ザ・ハイツ』ネタバレ「若者の夢が踊り出すNYC」あらすじ感想「スペイン語とラップの相性は抜群!」結末「アメリカの差別・偏見はなくなるのか?」
映画『イン・ザ・ハイツ』ネタバレ「若者の夢が踊り出すNYC」あらすじ感想「スペイン語とラップの相性は抜群!」結末「アメリカの差別・偏見はなくなるのか?」映画『イン・ザ・ハイツ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『イン・ザ・ハイツ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『イン・ザ・ハイツ』の作品情報・概要『イン・ザ・ハイツ』原題『In the Heights』2021年に公開されたアメリカ合衆国のミュージカル映画。原作はリン=マニュエル・ミランダ。ジョン・M・チュウ監督作品。主演はアンソニー・ラモス。他にコーリー・ホーキンズ、レスリー・グレイス、メリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ダフネ・ルービン=ベガ、グレゴリー・ディアス4世、ステファニー・ベアトリス、ジミー・スミッツら。リン=マニュエル・ミランダが2005年に初演されたミュージカル『イン・ザ・ハイツ』を映画化した作品である。
スポンサーリンク

『復讐者たち』(2020年製作/110分/G/ドイツ・イスラエル合作)

原題:Plan A
配給:アルバトロス・フィルム

監督:ドロン・パズ ヨアブ・パズ
製作:スカディ・リス ミヌ・バラティ アブラハム・ピルヒ ヒリック・ミハエリ シャロム・アイゼンバフ
製作総指揮:モリー・コナーズ アマンダ・バワーズ ジェーン・オスター ビンセント・モラーノ
脚本:ドロン・パズ ヨアブ・パズ
撮影:モシェ・ミシャリ
美術:レナート・シュマーデラー
衣装:グトルン・ライエンデッカー
編集:エイナ・グレイザー=ザーヒン
音楽:タル・ヤルデーニ

出演:アウグスト・ディール シルビア・フークス マイケル・アローニ ニコライ・キンスキー ミルトン・ウェルシュ オズ・ゼハビ ヨエル・ローゼンキアー イーシャイ・ゴーラン

スポンサーリンク

『ゴジラvsコング』(2021年製作/114分/G/アメリカ)

原題:Godzilla vs. Kong
配給:東宝

監督:アダム・ウィンガード
製作:メアリー・ペアレント アレックス・ガルシア エリック・マクレオド ジョン・ジャシュニ トーマス・タル ブライアン・ロジャース
製作総指揮:ジェイ・アッシェンフェルター ハーバート・W・ゲインズ ダン・リン ロイ・リー 坂野義光 奥平謙二
原案:テリー・ロッシオ マイケル・ドハティ ザック・シールズ
脚本:エリック・ピアソン マックス・ボレンスタイン
撮影:ベン・セレシン
美術:オーウェン・パターソン トーマス・S・ハモック
衣装:アン・フォーリー
編集:ジョシュ・シェファー
視覚効果監修:ジョン・“DJ”・デジャルダン

出演:アレクサンダー・スカルスガルド ミリー・ボビー・ブラウン レベッカ・ホール ブライアン・タイリー・ヘンリー 小栗旬 エイザ・ゴンザレス ジュリアン・デニソン カイル・チャンドラー デミアン・ビチル ランス・レディック ケイリー・ホトル

スポンサーリンク

『RUN ラン』(2020年製作/90分/G/アメリカ)

原題:Run
配給:キノフィルムズ

監督:アニーシュ・チャガンティ
製作:ナタリー・カサビアン セブ・オハニアン
脚本:アニーシュ・チャガンティ セブ・オハニアン
撮影:ヒラリー・ファイフ・スペラ
美術:ジャン=アンドレ・カリエール
衣装:ヘザー・ニール
編集:ニック・ジョンソン ウィル・メリック
音楽:トリン・バロウデイル

出演:ダイアン(サラ・ポールソン)クロエ(キーラ・アレン)

スポンサーリンク

『ブラック・ウィドウ』(2021年製作/134分/G/アメリカ)

原題:Black Widow
配給:ディズニー

監督:ケイト・ショートランド
製作:ケビン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ ブラッド・ビンダーバウム ナイジェル・ゴステロウ スカーレット・ヨハンソン
共同製作:ミッチ・ベル ブライアン・チャペック
原案:ジャック・シェイファー ネッド・ベンソン
脚本:エリック・ピアソン
撮影:ガブリエル・ベリスタイン
美術:チャールズ・ウッド
衣装:ジャイニー・テマイム
編集:リー・フォルソム・ボイド マシュー・シュミット
音楽:ローン・バルフェ
音楽監修:デイブ・ジョーダン
視覚効果監修:ジェフ・バウマン
ビジュアル開発監修:アンディ・パーク

出演:ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン) エレーナ(フローレンス・ピュー) アレクセイ/レッド・ガーディアン(デビッド・ハーバー) メイソン(O・T・ファグベンル) オルガ・キュリレンコ ロス長官(ウィリアム・ハート) ドレイコフ(レイ・ウィンストン) メリーナ(レイチェル・ワイズ) エバー・アンダーソン バイオレット・マッグロウ ライアン・キエラ・アームストロング

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『ブラック・ウィドウ』ネタバレ・あらすじ「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」感想「フローレンス・ピューへ世代交代」結末「ケイト・ショートランド監督は女性活躍社会を牽引」
映画『ブラック・ウィドウ』ネタバレ・あらすじ「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」感想「フローレンス・ピューへ世代交代」結末「ケイト・ショートランド監督は女性活躍社会を牽引」映画『ブラック・ウィドウ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブラック・ウィドウ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブラック・ウィドウ』の作品情報・概要『ブラック・ウィドウ』原題『Black Widow』アメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。スパイ映画。マーベル・コミックに登場する同名キャラクターをベースにしている。2021年製作。ケイト・ショートランド監督作品。脚本はエリック・ピアソン。主演はスカーレット・ヨハンソン。フローレンス・ピュー、デビッド・ハーバー、O・T・ファグベンル) オルガ・キュリレンコ、ウィリアム・ハート、レイ・ウィンストン、レイチェル・ワイズ、エバー・アンダーソン、バイオレット・マッグロウ、ライアン・キエラ・アームストロング。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)直後のナターシャの物語となっている。「家族」「絆」「懐古」そして別れと新たな戦いの火蓋を切る物語となっている「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの24作目。

 

スポンサーリンク

『竜とそばかすの姫』(2021年製作/121分/G/日本)

配給:東宝
監督:細田守
原作:細田守
脚本:細田守
企画:スタジオ地図
作画監督:青山浩行
CG作画監督:山下高明
CGキャラクターデザイン:ジン・キム 秋屋蜻一
CGディレクター:堀部亮 下澤洋平
美術監督:池信孝
プロダクションデザイン:上條安里 エリック・ウォン
色彩設計:三笠修
衣装:伊賀大介 森永邦彦 篠崎恵美
撮影監督:李周美 上遠野学 町田啓
編集:西山茂
音楽監督:岩崎太整
音楽:岩崎太整 ルドウィグ・フォシェル 坂東祐大
メインテーマ:millennium parade × Belle
リレコーディングミキサー:佐藤忠治
スーパーバイジングサウンドエディター:勝俣まさとし
ミュージックスーパーバイザー:千陽崇之
キャスティングディレクター:増田悟司 今西栄介
制作:スタジオ地図

出演:すず(内藤鈴)/ベル中村佳穂 しのぶくん(久武忍)成田凌 カミシン(千頭慎次郎)染谷将太 ルカちゃん(渡辺瑠果)玉城ティナ ヒロちゃん(別役弘香)幾田りら 吉谷さん(森山良子) 喜多さん(清水ミチコ) 奥本さん(坂本冬美) 中井さん(岩崎良美) 畑中さん(中尾幸世) ジャスティン(森川智之) ひとかわむい太郎/ぐっとこらえ丸(宮野真守) すずのお母さん(島本須美) すずのお父さん(役所広司) 石黒賢 ermhoi HANA 竜(佐藤健) イェリネク(津田健次郎) スワン(小山茉美)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ「細田監督は心やさしい人だ」感想「Belle(中村佳穂)の歌が胸に染みる」結末「カンヌで輝く日本アニメは凄い!」
映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ「細田監督は心やさしい人だ」感想「Belle(中村佳穂)の歌が胸に染みる」結末「カンヌで輝く日本アニメは凄い!」 映画『竜とそばかすの姫』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『竜とそばかすの姫』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『竜とそばかすの姫』の作品情報・概要『竜とそばかすの姫』スタジオ地図制作による日本のアニメーション映画。2021年製作。細田守監督作品(『未来のミライ』に続くによる長編オリジナル作品第6作)2021年7月15日に第74回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌ・プルミエール」部門にてワールドプレミア上映。細田監督作品がカンヌ国際映画祭で上映されるのは『未来のミライ』(第71回カンヌ国際映画祭・監督週間)につづいて2作連続である。本作はIMAX版も同時公開される。ディズニー映画『美女と野獣』を彷彿させるが、現代のネット社会をうまく取り込んで表現していると評価が高い。
スポンサーリンク

『ライトハウス』(2019年製作/109分/R15+/アメリカ・ブラジル合作)

原題:The Lighthouse
配給:トランスフォーマー

監督:ロバート・エガース
製作:ホドリゴ・テイシェイラ ジェイ・バン・ホイ ロバート・エガース ロウレンソ・サンターナ ユーリー・ヘンリー
製作総指揮:アーノン・ミルチャン ヤリフ・ミルチャン マイケル・シェイファー ジョシュ・ピーターズ アイザック・エリクソン ソフィー・マス カイト・オルティス ロドリゴ・グティエレス クリス・コロンバス エレノア・コロンバス
脚本:ロバート・エガース マックス・エガース
撮影:ジェアリン・ブラシュケ
美術:クレイグ・レイスロップ
衣装:リンダ・ミューア
編集:ルイーズ・フォード
音楽:マーク・コーベン

イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)
トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)

スポンサーリンク

『ファイナル・プラン』(2020年製作/98分/G/アメリカ)

原題:Honest Thief
配給:ハピネットファントム・スタジオ

監督:マーク・ウィリアムズ
製作:マーク・ウィリアムズ マイルズ・ネステル タイ・ダンカン クレイグ・チャップマン ジョナ・ループ
製作総指揮:リサ・ウィルソン アンドレア・アジェミアン チャールズ・ドーフマン デビッド・ギルベリー サイモン・ウィリアムズ クリステル・コナン ジェームズ・スウォーブリック ウィル・ヤング マーティン・スプロック ジョナサン・ブロス ジョー・シンプソン ジョン・ジェンクス ジェイ・テイラー
原案:スティーブ・オルリッチ マーク・ウィリアムズ
脚本:スティーブ・オルリッチ マーク・ウィリアムズ
撮影:シェリー・ジョンソン
美術:トム・リゾウスキ
衣装:デボラ・ニューホール
編集:マイケル・P・ショーバー
音楽:マーク・アイシャム

出演:トム・カーター(リーアム・ニーソン) アニー・サンプター(ケイト・ウォルシュ) サム・ベイカー捜査官(ロバート・パトリック)ラモン・ホール捜査官(アンソニー・ラモス) ショーン・マイヤーズ捜査官(ジェフリー・ドノバン) ジョン・ニーブンズ捜査官(ジェイ・コートニー)

スポンサーリンク

『17歳の瞳に映る世界』(2020年製作/101分/PG12/アメリカ)

原題:Never Rarely Sometimes Always
配給:ビターズ・エンド、パルコ

監督:エリザ・ヒットマン
製作:アデル・ロマンスキー サラ・マーフィ
製作総指揮:ローズ・ガーネット ティム・ヘディントン リア・ブーマン エリカ・ポートノイ アレックス・オルロフスキー バリー・ジェンキンス マーク・セリアク
脚本:エリザ・ヒットマン
撮影:エレーヌ・ルバール
美術:メレディス・リッピンコット
衣装:オルガ・ミル
編集:スコット・カミングス
音楽:ジュリア・ホルター

出演:オータム(シドニー・フラニガン) スカイラー(タリア・ライダー) ジャスパー(セオドア・ペレリン) オータムの義父(ライアン・エッゴールド) オータムの母(シャロン・バン・エッテン)

スポンサーリンク

『スーパーノヴァ』(2020年製作/95分/G/イギリス)

原題:Supernova
配給:ギャガ

監督:ハリー・マックイーン
製作:エミリー・モーガン トリスタン・ゴリハー
製作総指揮:メアリー・バーク エバ・イェーツ ビンセント・ガデル
脚本:ハリー・マックイーン
撮影:ディック・ポープ
美術:サラ・フィンレイ
衣装:マシュー・プライス
編集:クリス・ワイアット
音楽:キートン・ヘンソン

出演:サム(コリン・ファース) タスカー(スタンリー・トゥッチ) ピッパ・ヘイウッド ジェームズ・ドレイファス

スポンサーリンク

『海辺の金魚』(2021年製作/76分/G/日本)

配給:東映ビデオ

監督:小川紗良
脚本:小川紗良
企画:小出大樹
プロデュース:小出大樹
共同プロデューサー:岡田真 佐藤現
撮影:山崎裕
録音:島津未来介
効果整音:高木創
美術:菊地実幸 安藤秀敏
衣装:田口慧
ヘアメイク:入江美雪希
編集:小川紗良
音楽:渡邊崇
主題歌:橋本絵莉子
助監督:石井将
制作担当:望月ひかる
スチール:川島小鳥
グラフィックデザイン:多田明日香

出演:花(小川未祐) 晴海(花田琉愛) タカ兄(芹澤興人) 貫太(福崎那由他) 花の母親(山田キヌヲ)

スポンサーリンク

『ロックダウン・ホテル 死・霊・感・染』(2020年製作/80分/G/カナダ)

原題:Hall
配給:TOCANA

監督:フランチェスコ・ジャンニーニ
製作:タマラ・デュピュイ フランチェスコ・ジャンニーニ ダニエル・ロイ
脚本:デリック・アダムス アダム・コロドニー フランチェスコ・ジャンニーニ

出演:カロライナ・バルトチャク 釈由美子 マーク・ギブソン ベイリー・タイ ジュリアン・リッチングス

スポンサーリンク

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年製作/155分/G/日本)

配給:東宝、東映、カラー

総監督:庵野秀明
監督:鶴巻和哉 中山勝一 前田真宏
企画:庵野秀明
原作:庵野秀明
脚本:庵野秀明
エグゼクティブプロデューサー:緒方智幸
コンセプトアートディレクター:前田真宏
総作画監督:錦織敦史
作画監督:井関修一 金世俊 浅野直之 田中将賀 新井浩一
副監督:谷田部透湖 小松田大全
デザインワークス:山下いくと 渭原敏明 コヤマシゲト 安野モヨコ 高倉武史 渡部隆
CGIアートディレクター:小林浩康
CGI監督:鬼塚大輔
3Dアニメーションディレクター:松井祐亮
3Dモデリングディレクター:小林学
3Dテクニカルディレクター:鈴木貴志
3Dルックデヴディレクター:岩里昌則
2DCGディレクター:座間香代子
動画検査:村田康人
色彩設計:菊地和子
美術監督:串田達也
撮影監督:福士享
特技監督:山田豊徳
編集:辻田恵美
音楽:鷺巣詩郎
テーマソング:宇多田ヒカル
音響効果:野口透
録音:住谷真
台詞演出:山田陽
総監督助手:轟木一騎
制作統括プロデューサー:岡島隆敏
アニメーションプロデューサー:杉谷勇樹
設定制作:田中隼人
プリヴィズ統括制作:川島正規
制作:スタジオカラー
製作:カラー

出演:緒方恵美 林原めぐみ 宮村優子 坂本真綾 三石琴乃 山口由里子 石田彰 立木文彦 清川元夢 関智一 岩永哲哉 岩男潤子 長沢美樹 子安武人 優希比呂 大塚明夫 沢城みゆき 大原さやか 伊瀬茉莉也 勝杏里 山寺宏一 内山昂輝 神木隆之介

スポンサーリンク

『クルエラ』(2021年製作/134分/G/アメリカ)

原題:Cruella
配給:ディズニー

監督:クレイグ・ギレスピー
製作:アンドリュー・ガン マーク・プラット クリスティン・バー
製作総指揮:エマ・ストーン ミシェル・ライト ジャレッド・レボフ グレン・クローズ
原作:ドディ・スミス
原案:アライン・ブロッシュ・マッケンナ ケリー・マーセル スティーブ・ジシス
脚本:デイナ・フォックス トニー・マクナマラ
撮影:ニコラス・カラカトサニス
美術:フィオナ・クロンビー
衣装:ジェニー・ビーバン
編集:タチアナ・S・リーゲル
音楽:ニコラス・ブリテル
音楽監修:スーザン・ジェイコブス
日本版エンドソング:柴咲コウ

出演:エステラ/クルエラ(エマ・ストーン) バロネス(エマ・トンプソン) ジャスパー(ジョエル・フライ) ホーレス(ポール・ウォルター・ハウザー) エミリー・ビーチャム アニータ(カービー・ハウエル=バプティスト) マーク・ストロング キャサリン(エミリー・ビーチャム)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『クルエラ』ネタバレ・あらすじ「ヴィランという人生もオッケー!」感想「困難を乗り越えて生きる女性」結末「エマ・ストーンの目は“大きすぎる”」
映画『クルエラ』ネタバレ・あらすじ「ヴィランという人生もオッケー!」感想「困難を乗り越えて生きる女性」結末「エマ・ストーンの目は“大きすぎる”」映画『クルエラ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クルエラ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『クルエラ』の作品情報・概要『クルエラ』原題『Cruella』2021年のアメリカ合衆国のコメディ映画。クレイグ・ガレスピー監督作品。出演はエマ・ストーン(映画『女王陛下のお気に入り』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)とエマ・トンプソン、ジョエル・フライ、ポール・ウォルター・ハウザー(映画『リチャード・ジュエル』や『ブラック・クランズマン』)、エミリー・ビーチャム(映画『リトル・ジョー』)、 カービー・ハウエル=バプティスト、マーク・ストロング(映画『ストックホルム・ケース』)など。 ディズニーのアニメ映画『101匹わんちゃん』の悪役クルエラ・ド・ヴィルの若き日の姿を描くオリジナルストーリー。エマ・ストーンがクルエラを演じる。ディズニー映画のヴィランとして悪名高い女性を主人公に描くは『マレフィセント』に続く。設定舞台を1960年代のイギリス・ロンドンに設定。パンクミュージックを流すことで時代をうまく表している。
スポンサーリンク

『アメリカン・ユートピア』(2020年製作/107分/G/アメリカ)

原題:David Byrne’s American Utopia
配給:パルコ

監督:スパイク・リー
製作:デビッド・バーン スパイク・リー
製作総指揮:ジェフ・スコール デビッド・リンド ダイアン・ワイアーマン レン・ブラバトニック デビッド・バイザー チャーリー・コーエン カート・ドイチェ ビル・ポーラッド クリスタ・ゾフシン・ワークマン ジョン・カーメン メレディス・ベネット クリスティン・カスケイ マイク・アイザックソン
撮影:エレン・クラス
編集:アダム・ガフ
振付:アニー・B・パーソン
字幕監修:ピーター・バラカン

出演:デビッド・バーン ジャクリーン・アセベド グスタボ・ディ・ダルバ ダニエル・フリードマン クリス・ジャルモ ティム・ケイパー テンダイ・クンバ カール・マンスフィールド  マウロ・レフォスコ ステファン・サンフアン アンジー・スワン ボビー・ウーテン3世

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」
映画『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」映画『アメリカン・ユートピア』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アメリカン・ユートピア』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アメリカン・ユートピア』の作品情報・概要アメリカの伝説的なパンクグループ「トーキング・ヘッズ」のボーカルだったデビッド・バーンが2018年に発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」を原案に作られたブロードウェイ舞台を映像化。監督は『マルコムX』や「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督。舞台ではあらゆる国籍の人間が「歌って、踊って、演奏」を繰り広げて構成されている。一切のケーブルを排除して、生演奏、生歌唱で行われている。照明の美しさも秀逸。スパイク・リーの撮影と編集テクニックに惚れ惚れする。
スポンサーリンク

『Bittersand』(2021年製作/99分/G/日本)

配給:ラビットハウス

監督:杉岡知哉
脚本:杉岡知哉
製作:多湖慎一 堀義貴 藤崎淳 勝股英夫 尾崎勝弘
企画:狩野善則
エグゼクティブプロデューサー:福嶋更一郎 津嶋敬介 佐倉寛二郎
プロデューサー:宮川宗生 柴原祐一
ラインプロデューサー:濱松洋一
撮影:山崎裕典
照明:小西章永
録音:高島良太
美術:松永桂子
衣装:齋藤ますみ
ヘアメイク:柳原まみ
音響効果:渋谷圭介
編集:高良真秀
音楽:安達練
主題歌:add
助監督:井手博基

出演:吉原暁人(井上祐貴) 井葉有介(萩原利久) 石川絵莉子(木下彩音) 原田澄子(森田望智) 遠藤拓真(柾木玲弥) 上原亜紗美(小野花梨) 野田彩加(溝口奈菜) 澤村涼平(遠藤史也) 宮本智恵(搗宮姫奈) 君島耕太(宗綱弟) 藤田真司(前原瑞樹) 小川直倫(小西詠斗) 高橋菜那(栗林藍希) 谷村志穂(赤澤巴菜乃) 絡まれる男(西洋亮) 松尾肇(つぶやきシロー) 八木哲朗(米村亮太朗)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『シンプルな情熱』(2020年製作/99分/R18+/フランス・ベルギー合作)

原題:Passion simple
配給:セテラ・インターナショナル

監督:ダニエル・アービッド
製作:ダビド・ティオン フィリップ・マルタン
原作:アニー・エルノー
脚本:ダニエル・アービッド
撮影:パスカル・グラネル
美術:シャルロット・ドゥ・カドビル
衣装:オリオル・ノーグ
編集:トマ・マルシャン

出演:エレーヌ(レティシア・ドッシュ) アレクサンドル(セルゲイ・ポルーニン)
ルー=テモ・シオン アニタ(キャロリーヌ・デュセイ) エレーヌの前夫(グレゴワール・コラン) 精神科医(スリマヌ・ダジ)

スポンサーリンク

『狂猿』(2021年製作/107分/PG12/日本)

配給:SPACE SHOWER FILMS
監督:川口潤
企画:佐藤優子
撮影:川口潤 大矢大介 鳥居洋介 村尾照忠
録音:川口潤
編集:川口潤 築地亮佑
MA:三留雄也
写真撮影:岸田哲平 中河原理英

出演:葛西純 佐々木貴 藤田ミノル 本間朋晃 伊東竜二 ダニー・ハボック 武田誠志
杉浦透 佐久間俊行 登坂栄児 松永光弘

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

 

2021年7月動画配信・DVD鑑賞映画

スポンサーリンク

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年製作/141分/G/アメリカ)

原題:Avengers: Age of Ultron
配給:ディズニー

監督:ジョス・ウェドン
製作:ケビン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート アラン・ファイン ビクトリア・アロンソ ジェレミー・ラッチャム パトリシア・ウィッチャー ジョン・ファブロー スタン・リー
共同製作:ミッチ・ベル
脚本:ジョス・ウェドン
撮影:ベン・デイビス
美術:チャールズ・ウッド
衣装:アレクサンドラ・バーン
編集:ジェフリー・フォード リサ・ラセック
音楽:ブライアン・タイラー ダニー・エルフマン
音楽監修:デイブ・ジョーダン
視覚効果監修:クリストファー・タウンゼント

出演:トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.) ソー(クリス・ヘムズワース) ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ) スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス) ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン) クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー) ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル) ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー(アーロン・テイラー=ジョンソン) ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン) ヴィジョン/JARVIS(声)ポール・ベタニー マリア・ヒル(コビー・スマルダース) サム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー) ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル) ヘイムダル(イドリス・エルバ) エリック・セルヴィク(ステラン・スカルスガルド) ウルトロン(ジェームズ・スペイダー) ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン) ローラ・バートン(リンダ・カーデリニ) チョ博士(クローディア・キム) ストラッカー(トーマス・クレッチマン) ユリシーズ・クロー(アンディ・サーキス) マダムB(ジュリー・デルピー) FRIDAY(声)ケリー・コンドン

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」
映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の作品情報・概要 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』原題『Avengers: Age of Ultron』マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給。2015年のアメリカ合衆国製作。スーパーヒーロー映画。ジョス・ウェドン脚本・監督作品。「マーベル・コミック」のスーパーヒーローチームである『アベンジャーズ』が結集。2012年の映画『アベンジャーズ』の続編となる。「マーベル・コミック」様々なヒーロー、ヴィランを実写映画として登場させて、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱っている。『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)としては第11作品目の映画となる。登場人物の整理に戸惑うが、始まりから最後まで続くアクション、そしてCG技術の高さに驚愕する。ロバート・ダウニー・Jr.  クリス・ヘムズワース マーク・ラファロ クリス・エバンス スカーレット・ヨハンソン(映画『マッチポイント』や映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マリッジ・ストーリー』) ジェレミー・レナー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』) ドン・チードル アーロン・テイラー=ジョンソン 
エリザベス・オルセン ポール・ベタニー(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』) コビー・スマルダース(映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』) アンソニー・マッキー(映画『ミリオンダラー・ベイビー』) ヘイリー・アトウェル 
イドリス・エルバ(映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』や映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』) ステラン・スカルスガルド(映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『キューブリックに魅せられた男』) ジェームズ・スペイダー サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』) リンダ・カーデリニ(『グリーンブック』や映画『シンプル・フェーバー』) クローディア・キム
 トーマス・クレッチマン アンディ・サーキス ジュリー・デルピー
ケリー・コンドンら出演。
スポンサーリンク

『アベンジャーズ』(2012年製作/144分/G/アメリカ)

原題:The Avengers
配給:ディズニー

監督:ジョス・ウェドン
製作:ケビン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート パトリシア・ウィッチャー ビクトリア・アロンソ ジェレミー・ラッチャム アラン・ファイン ジョン・ファブロー スタン・リー
原案:ザック・ペン ジョス・ウェドン
脚本:ジョス・ウェドン
撮影:シーマス・マッガーベイ
美術:ジェームズ・チンランド
衣装:アレクサンドラ・バーン
編集:ジェフリー・フォード リサ・ラセック
音楽:アラン・シルベストリ
音楽監修:デイブ・ジョーダン
視覚効果監修:ジャネク・サーズ

出演:トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.) スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス) ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)
ソー(クリス・ヘムズワース) ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン) クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー) ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン) ロキ(トム・ヒドルストン) エージェント・コールソン(クラーク・グレッグ) エージェント・マリア・ヒル(コビー・スマルダース) エリック・セルヴィグ(ステラン・スカルスガルド) ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ) JARVIS(声)ポール・ベタニー マキシミリアーノ・ヘルナンデス イエジー・スコリモフスキ パワーズ・ブース

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『アベンジャーズ』ネタバレ・あらすじ「ディズニー配給で世界獲り!」感想「ロバート・ダウニー・Jr.完全復活」結末「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」
映画『アベンジャーズ』ネタバレ・あらすじ「ディズニー配給で世界獲り!」感想「ロバート・ダウニー・Jr.完全復活」結末「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」映画『アベンジャーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アベンジャーズ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アベンジャーズ』の作品情報・概要『アベンジャーズ』原題『Marvel’s The Avengers 』(北米でのタイトル)『Marvel Avengers Assemble 』(英国とアイルランドでのタイトル)は、2012年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。マーベル・コミック原作のスーパーヒーロー映画のクロスオーバー作品である。「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)に属する作品。『アイアンマン』(2008年)『インクレディブル・ハルク』(2008年)『アイアンマン2』(2010年)『マイティ・ソー』(2011年)『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)のクロスオーバー作品。「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスを飾る作品。シリーズ映画最大のヒットの始まりは本映画からと言われている。ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、サミュエル・L・ジャクソン、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ、コビー・スマルダース、ステラン・スカルスガルド、グウィネス・パルトロウ、ポール・ベタニー、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、イエジー・スコリモフスキ、パワーズ・ブースらが出演。
スポンサーリンク

『天空の城 ラピュタ』(1986年製作/124分/日本)

配給:東映
監督:宮崎駿
プロデューサー:高畑勲
製作:徳間康快
企画:山下辰巳 尾形英夫
原作:宮崎駿
脚本:宮崎駿
作画監督:丹内司
美術:野崎俊郎 山本二三
特殊効果:阿部郷 寺岡伸治
色指定:保田道世
音楽:久石譲
挿入歌:井上杏美
アニメーション制作:スタジオジブリ
出演:パズー(田中真弓) シータ(横沢啓子) ドーラ(初井言榮) ムスカ(寺田農) ポムじい(常田富士男) 将軍(永井一郎) 親方(糸博) おかみ(鷲尾真知子) シャルル(神山卓三) ルイ(安原義人) アンリ(亀山助清) 老技師(槐柳二) マッジ(TARAKO)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

スポンサーリンク

『西部の男』(1940年製作/アメリカ)

原題:The Westerner
配給:大映洋画部
監督:ウィリアム・ワイラー
脚色:ジョー・スワーリング ニーベン・ブッシュ
原作:スチュアート・N・レイク
製作:サミュエル・ゴールドウィン
撮影:グレッグ・トーランド
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演:コール・ハーデン(ゲイリー・クーパー) ロイ・ビーン(ウォルター・ブレナン) ケリフェト・マシューズ(フレッド・ストーン) ジェーン=エレン・マシューズ(ドリス・ダベンポート) ウェード・ハーパー(フォレスト・タッカー) リリー・ラングトリー(リリアン・ボンド) チキンフット(ポール・ハースト) サウスウェスト(チル・ウィルス) モート・ボロー(チャールズ・ハルトン) キング・エヴァンス(トム・タイラー) Teresitaルピタ・トバー バート・コブル(ダナ・アンドリュース) Juan_Gomezジュリアン・リヴェロ Homesteaderロジャー・グレイ Second_Homesteaderアーサー・エイルスワース シェード・ウィルキンス(トレヴァー・バーデット)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『西部の男』ネタバレ・あらすじ「『ローマの休日』へと続く」感想「ゲイリー・クーパーは超ハンサム」結末「ウィリアム・ワイラー監督は多彩」
映画『西部の男』ネタバレ・あらすじ「『ローマの休日』へと続く」感想「ゲイリー・クーパーは超ハンサム」結末「ウィリアム・ワイラー監督は多彩」  映画『西部の男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『西部の男』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『西部の男』の作品情報・概要 『西部の男』原題『The Westerner』ウィリアム・ワイラー監督作品(映画『おしゃれ泥棒』)。1940年のアメリカ西部劇映画。ゲイリー・クーパー(映画『昼下りの情事』)、ウォルター・ブレナン、ドリス・ダヴェンポート、フレッド・ストーン、ドリス・ダベンポート、フォレスト・タッカー、リリアン・ボンドポール・ハースト、チル・ウィルス、チャールズ・ハルトン、トム・タイラー、ルピタ・トバー、ダナ・アンドリュースら。ウォルター・ブレナンが第13回アカデミー賞助演男優賞を受賞した。3回目である。
スポンサーリンク

『バットマン』(1989年製作/126分/アメリカ)

原題:Batman
配給:ワーナー・ブラザース映画

監督:ティム・バートン
製作:ピーター・グーバー ジョン・ピーターズ
製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー マイケル・E・ウスラン
原作:ボブ・ケイン
脚本:サム・ハム ウォーレン・スカーレン
撮影:ロジャー・プラット
美術:アントン・ファースト
編集:レイ・ラブジョイ
音楽:ダニー・エルフマン
主題歌:プリンス

出演:バットマン/ブルース・ウェイン(マイケル・キートン) ジョーカー/ジャック・ネイピア(ジャック・ニコルソン) ヴィッキー・ヴェイル(キム・ベイシンガー) アレクサンダー・ノックス(ロバート・ウール) ジェームズ・ゴードン市警本部長(パット・ヒングル) ハーヴェイ・デント(ビリー・ディー・ウィリアムズ) アルフレッド・ペニーワース(マイケル・ガフ) カール・グリソム(ジャック・パランス) アリシア・グリソム(ジェリー・ホール) ボブ(トレイシー・ウォルター) 市長(リー・ウォレス) エックハート警部補(ウィリアム・フットキンス)

『運だぜ!アート』激アツ評論へG0!

映画『バットマン』ネタバレ・あらすじ「ヴィラン応援映画誕生」感想「ジャック・ニコルソン怪演」結末「“オスカー”前のキム・ベイシンガー必見!」
映画『バットマン』ネタバレ・あらすじ「ヴィラン応援映画誕生」感想「ジャック・ニコルソン怪演」結末「“オスカー”前のキム・ベイシンガー必見!」映画『バットマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バットマン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バットマン』の作品情報・概要『バットマン』原題『Batman』DCコミックスによる同名のアメリカン・コミックス『バットマン』を原作としている。1989年待望の映画化。アメリカ製作。アクション・SF・サアスペンス映画。『ビートルジュース』を大ヒットさせて、評価を得たティム・バートン監督。主演はマイケル・キートン(映画『トイ・ストーリー3』)。ジョーカー役には名優ジャック・ニコルソン(映画『シャイニング』や映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』)。『L.A.コンフィデンシャル』でオスカーを受賞する女優キム・ベイシンガーの演技も初々しい。ロバート・ウール、パット・ヒングル(映画『ガントレット』や『ダーティハリー4』)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』)、マイケル・ガフ、ジャック・パランス、ジェリー・ホール、トレイシー・ウォルター(映画『ハンター』)、リー・ウォレス、ウィリアム・フットキンスらが出演。

 

タイトルとURLをコピーしました