映画『西部の男』ネタバレ・あらすじ「『ローマの休日』へと続く」感想「ゲイリー・クーパーは超ハンサム」結末「ウィリアム・ワイラー監督は多彩」

スポンサーリンク
映画『西部の男』ネタバレ・あらすじ「『ローマの休日』へと続く」感想「ゲイリー・クーパーは超ハンサム」結末「ウィリアム・ワイラー監督は多彩」いじめ・陰湿映画

映画『西部の男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『西部の男』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『西部の男』
(1940年製作/アメリカ)
原題『The Westerner』

【監督】
ウィリアム・ワイラー
【脚色】ジョー・スワーリング ニーベン・ブッシュ【原作】スチュアート・N・レイク【製作】サミュエル・ゴールドウィン【撮影】グレッグ・トーランド【音楽】ディミトリ・ティオムキン
【出演】
ゲイリー・クーパー ウォルター・ブレナン
フレッド・ストーン ドリス・ダベンポート フォレスト・タッカー リリアン・ボンド ポール・ハースト チル・ウィルス チャールズ・ハルトン トム・タイラー ピタ・トバー ダナ・アンドリュース ジュリアン・リヴェロ ロジャー・グレイ アーサー・エイルスワース トレヴァー・バーデット
【HPサイト】
映画『西部の男』IMDbサイト
【予告映像】
映画『西部の男』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『西部の男』NHK BSプレミアム放送 2021年7月16日(金)午後1時00分~2時41分
    1. 7月16日(金)午後1時00分~2時41分
  2. 映画『西部の男』のオススメ度は?
  3. 映画『西部の男』の作品情報・概要
  4. 映画『西部の男』のあらすじ・ネタバレ
      1. 「巨匠サム・ペキンパー最高傑作」
  5. 映画『西部の男』の感想・内容
      1. 「同窓会に行きたくなる」
      2. 「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」
      3. 「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」
  6. 映画『西部の男』の考察・評価
      1. 「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」
      2. 「雄大なアメリカ大地を堪能できる」
      3. 「絶好調」クリント・イーストウッド&「世界的大女優」シャーリー・マクレーン
  7. 映画『西部の男』の結末
      1. クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載
  8. 映画『西部の男』のキャストについて
  9. まとめ 映画『西部の男』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11.  合わせて観たい映画
    1. 【イジメの描写がある映画】
      1. 映画『さくら』
      2. 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
      3. 映画『愛と青春の旅だち』
      4. 映画『望み』
      5. 映画『ホテルローヤル』
      6. 映画『プラダを着た悪魔』
      7. 映画『事故物件 恐い間取り』
      8. 映画『MOTHER マザー』
      9. 映画『誰も知らない』
      10. 映画『万引き家族』
      11. 映画『レ・ミゼラブル』
      12. 映画『リチャード・ジュエル』
      13. 映画『楽園』
      14. 映画『ジョーカー』
      15. 映画『ドッグマン』
  12. 映画『西部の男』の作品情報

映画『西部の男』NHK BSプレミアム放送 2021年7月16日(金)午後1時00分~2時41分

7月16日(金)午後1時00分~2時41分

スポンサーリンク

映画『西部の男』のオススメ度は?

3.0

星3つです

『ローマの休日』へ続く映画

『許されざる者』へ続く映画

ウィリアム・ワイラー監督

スポンサーリンク

映画『西部の男』の作品情報・概要

『西部の男』原題『The Westerner』ウィリアム・ワイラー監督作品(映画『おしゃれ泥棒』1940年のアメリカ西部劇映画。ゲイリー・クーパー(映画『昼下りの情事』)、ウォルター・ブレナン、ドリス・ダヴェンポート、フレッド・ストーン、ドリス・ダベンポート、フォレスト・タッカー、リリアン・ボンドポール・ハースト、チル・ウィルス、チャールズ・ハルトン、トム・タイラー、ルピタ・トバー、ダナ・アンドリュースら。ウォルター・ブレナンが第13回アカデミー賞助演男優賞を受賞した。3回目である。

スポンサーリンク

映画『西部の男』のあらすじ・ネタバレ

南北戦争が終結しても、アメリカは混迷していた。移民の多くは西部へと歩を進めていた。テキサスの小さな町で権威を誇っているロイ・ビーン(ウォルター・ブレナン)は牛飼いたちの後ろ盾になる存在で、酒屋の経営と判事を務めていた。「法律は俺だ」と威張りちらしている。次々と入植してくる農民たちを目の敵にしている。理由は「土地が奪われる」から。ある日、農民のひとりを捕まえて、法廷にかけて即、絞首刑にする。同じ日に馬泥棒の嫌疑で捕まったコール・ハーデン(ゲイリー・クーパー)も絞首刑と判決されたが、機転を利かして刑の延期に成功する。コールはビーンが恋い焦がれる舞台女優リリー・ラングトリー(リリアン・ボンド)を知っており、髪のひとふさを持っていると嘘をついたのだ。リリーに会いたいビーンは「会わせてくれたら無罪だ」と言い放つ。

「巨匠サム・ペキンパー最高傑作」

スポンサーリンク

映画『西部の男』の感想・内容

「奇妙な男同士の友情映画」となります。1940年アメリカ製作です。アメリカ映画、つまり「ハリウッド黄金期」を迎えています。40年代後半にはテレビの登場で、徐々に映画館へ足を運ぶ人は少なくなりますが、日本のそれとは違って、ハリウッド映画は生き残ります。

さて、本映画『西部の男』は巨匠となるウィリアム・ワイラーの若き日の名作と言えます。ワイラー作品で最も有名なのは『 ローマの休日』を思い浮かべる方も多いと思いますが、実は結構な「男臭い」映画をたくさん撮っています。その中で西部劇として代表的な作品が本映画『西部の男』と言えるでしょう。いまでは考えられないような独裁者”“頑固者さらに、高いプライドを持った男を主人公にしています。しかも「良い人」とは言い切れない男たちです。

「同窓会に行きたくなる」

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』ネタバレ・あらすじ「同窓会に行きたくなる」感想「年老いた役者を観るには辛い」結末「コメディとしてはオッケー」
映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』ネタバレ・あらすじ「同窓会に行きたくなる」感想「年老いた役者を観るには辛い」結末「コメディとしてはオッケー」映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』の作品情報・概要『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』原題『The Comeback Trail』2020年のアメリカ合衆国のクライムコメディ映画。ジョージ・ギャロ監督作品。脚本家ハリー・ハーウィッツの『The Comeback Trail』のリメイク作品。年老いた映画プロデューサー役のロバート・デ・ニーロ(映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』)、引退した往年の大スターをトミー・リー・ジョーンズ(映画『アド・アストラ』)、老齢なギャングのボスをモーガン・フリーマン(映画『ショーシャンクの空に』や映画『インビクタス/負けざる者たち』や映画『許されざる者(1992)』)が演じている。

本映画『西部の男』は後のアメリカ映画に多大な影響を与えます。『牛泥棒』『奴らを高くつるぜ』そして『許されざる者』です。特にクリント・イーストウッドの名作『許されざる者』は本映画『西部の男』無くしては語れません。というのはクリント・イーストウッドが映画俳優になるきっかけを与えた映画が。『牛泥棒』で、『牛泥棒』は本映画『西部の男』の影響を受けて製作されているからです。

「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」

映画『荒野の七人』ネタバレ・あらすじ「黒澤明は偉大なり!」感想「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」結末「インディアン(ネイティブアメリカン)に寄り添った物語」
映画『荒野の七人』ネタバレ・あらすじ「黒澤明は偉大なり!」感想「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」結末「インディアン(ネイティブアメリカン)に寄り添った物語」 映画『荒野の七人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野の七人』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『荒野の七人』の作品情報・概要『荒野の七人』原題『The Magnificent Seven』1960年のアメリカ合衆国の西部劇映画。 ジョン・スタージェス監督作品。ユル・ブリンナー主演。スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、ホルスト・ブッフホルツ、ロバート・ボーン、ブラッド・デクスター、イーライ・ウォラックらが出演。 黒澤明監督の日本映画『七人の侍』(1954年)の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して描いたリメイク映画。第二作『続・荒野の七人』(1966年)、第三作『新・荒野の七人 馬上の決闘』(1969年)、第四作『荒野の七人・真昼の決闘』(1972年)などの続編が製作されることになる。音楽のエルマー・バーンスタインの名声を高めた。旋律は早坂文雄さんに似ている。

本映画『西部の男』を鑑賞すると酒場のオーナー兼判事役のロイ・ビーン(ウォルター・ブレナン)は『許されざる者』のリトル・ビル・ダゲット(ジーン・ハックマン)に踏襲されています。完全な独裁者です。「俺が法律だ」の人物です。ただし、本映画『西部の男』には奇妙な友情関係が芽生える点は異なっています。コール・ハーデン(ゲイリー・クーパー)は馬泥棒の汚名を着せられて、絞首刑寸前ですが、ビーンが崇拝している女優リリー・ラングトリー(リリアン・ボンド)を知っていると嘘をついて、刑の延長につなげます。安易ですが、ジーンは「リリーを好きな奴に悪いやつはいない」と言うのです。この辺りの脚本はちょっと安っぽいなあと感じずに要られません。

「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」

映画『ガンヒルの決斗』ネタバレ・あらすじ「カーク・ダグラスvsアンソニー・クイン 」感想「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」結末「汽車を用いての決闘場面は秀逸」
映画『ガンヒルの決斗』ネタバレ・あらすじ「カーク・ダグラスvsアンソニー・クイン 」感想「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」結末「汽車を用いての決闘場面は秀逸」 映画『ガンヒルの決斗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ガンヒルの決斗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ガンヒルの決斗』の作品情報・概要『ガンヒルの決斗』原題『 Last Train from Gun Hill』1959年のアメリカ合衆国の映画。ジョン・スタージェス監督作品。カーク・ダグラス主演。映画『道』アンソニー・クイン。キャロリン・ジョーンズ、アール・ホリマン、ブラッド・デクスター、ブライアン・ハット、ジヴァ・ロダンらが共演。当時としては珍しくインディアン(ネイティブ・アメリカン)の人たちを絶対悪にしていない作品。汽車が敷設されている描写にアメリカに新しい時代が来ていること描いている。

スポンサーリンク

映画『西部の男』の考察・評価

本映画『西部の男』の本質的なメッセージには村社会の建国があると思います。ロイ・ビーン(ウォルター・ブレナン)たちは西部へやってきて町を作っています。彼らはその町の先人であり、町を支配していたいのです。町は農地や牧場も含まれます。そしてジェーン=エレン・マシューズ(ドリス・ダベンポート)らの農民も自分の土地を求めて「西へ西へ」と移動して来たのです。広いアメリカですから、最初に手をつけた者がその土地の所有者になっていたのでしょう。さらに力で他者の土地を奪うこともできた時代だったのでしょう。

「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」

ですからビーンは新しい入植者たちに「奪われない」ように権威を誇らなくてはいけなかたです。完全なる独裁者であり、憎まれ役をやっていたのです。この気持ちは理解できます。一方、新しい入植者たちも必死です。食べるために頑張りますし、土地も手に入れたいのです。自ずと新旧の住民間で摩擦が起きて、火がつくのが目に見えます。「フロンティアスピリッツの国」アメリカ人ですから、互いに一歩も引きません。そして大変な事件へと発展していくのです。

「雄大なアメリカ大地を堪能できる」

ただですね、コール・ハーデン(ゲイリー・クーパー) の立ち位置がちょっと微妙なんですよ。ビーンとジェーンらの農民たちの間に立つのですが、「良い人ぶっている」と映ってしまうのです。まあ、調整役をかって出るのですが、もっとうまくやれば犠牲者が出なかったのではと思うのです。そしてアメリカの保安官という職業についてもちょっと疑問符が浮かんできます。コールがジーンを逮捕するためを直訴すると「保安官になれる」のです。この仕組みがよくわかりませんでした。でもこれはクリント・イーストウッドの『奴らを高くつるぜ』に受け継がれているのでそちらを鑑賞してください。

「絶好調」クリント・イーストウッド&「世界的大女優」シャーリー・マクレーン

スポンサーリンク

映画『西部の男』の結末

さて、本映画『西部の男』のもうひとつの鑑賞方法は「まだ映画が発明される前」というところも意識すると良いでしょう。有名女優リリー・ラングトリー(リリアン・ボンド)は舞台を中心に活躍しています。全米を巡業しながらの大スターです。今も昔もスターに恋い焦がれる人の気持ちは同じです。妄信的ななりがちです。いまはネット配信で、お目当てのスターの映像をすぐさま拝めますが、当時は「ポスター」や「プロマイド」だったのです。あまりにも抽象的な情報だったので、スターという存在はますます巨大化して、憧れを抱くのも当然だったことを描いています。この演出は見事ですね。

さてさて、本映画『西部の男』の監督ウィリアム・ワイラーは『ベンハー』などの大スペクタル映画から『ローマの休日』などの恋愛映画も撮る、とても多彩な才能を発揮した人です。でもやっぱり初期の男臭い映画が好きなアメリカ人も多いと聞きます。また主演のゲイリー・クーパーもオードリー・ヘップバーンと『昼下りの情事』に出演します。晩年でしたが、とてもスマートなおじさまを演じていました。

クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載

映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載
クリント・イーストウッド監督作品第二弾。映画『荒野のストレンジャー』インターネット・ムービー・データベース(英語)にて作品情報・キャストなども紹介しています。ドン・シーゲル、セルジオ・レオーネと映画を撮って監督業への造形を深めたクリント・イーストウッドが初めて西部劇を撮った。原題 『High Plains Drifter』はまるで亡霊のような名無しの男のガンマンをイーストウッドが演じている。今でもこの映画の謎解きに夢中になる人が多い。映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載映画『荒野のストレンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野のストレンジャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『荒野のストレンジャー』の作品概要『荒野のストレンジャー』原題『High Plains Drifter』1973年に公開されたアメリカの西部劇映画。監督・主演はクリント・イーストウッド。監督第二弾で初めて西部劇を撮ることになった。映画の師匠であるセルジオ・レオーネとドン・シーゲル両監督へ感謝の気持ちが読み取れる。二人の監督から学び、そして影響を受けているのが如実にわかる作品でもある。

スポンサーリンク

映画『西部の男』のキャストについて

コール・ハーデン(ゲイリー・クーパー)
ロイ・ビーン(ウォルター・ブレナン)
ケリフェト・マシューズ(フレッド・ストーン)
ジェーン=エレン・マシューズ(ドリス・ダベンポート)
ウェード・ハーパー(フォレスト・タッカー)
リリー・ラングトリー(リリアン・ボンド)
チキンフット(ポール・ハースト)
サウスウェスト(チル・ウィルス)
モート・ボロー(チャールズ・ハルトン)
キング・エヴァンス(トム・タイラー)
Teresitaルピタ・トバー
バート・コブル(ダナ・アンドリュース)
Juan_Gomezジュリアン・リヴェロ
Homesteaderロジャー・グレイ
Second_Homesteaderアーサー・エイルスワース
シェード・ウィルキンス(トレヴァー・バーデット)

スポンサーリンク

まとめ 映画『西部の男』一言で言うと!

「男に権威を与えるとロクなことがない」

男って本当に支配欲が強いと思います。自身の保身のために罪のいないひとを陥れたり、犯罪を行ったり、、、、。もちろん、映画の中での出来事ですが、権威を与えると尊大になる人とは関わりたくないです。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『めぐり逢えたら』ネタバレ・あらすじ「ラブコメの女王決定!」メグ・ライアン可愛い「欲求不満男」トム・ハンクス。感想「エンパイアーステートでハッピー」結末。
映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」
映画『第三夫人と髪飾り』ネタバレ・あらすじ「一夫多妻の時代“愛のレッスン”は芸術的“官能美”」感想「新しい才能アッシュ・メイフェア監督登場」結末「現代ベトナム女性は自由?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」
映画『ヤクザと家族 The Family』ネタバレ・あらすじ「家族愛が描けてない」感想「勉強不足では?」結末

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【イジメの描写がある映画】

映画『さくら』

「レズビアン」とからかわれても強い小松菜奈

映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」映画『さくら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『さくら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『さくら』の作品情報・概要直木賞作家・西加奈子原作『さくら』を映画監督の矢崎仁司が映像化。さくらは長谷川家の犬の名前。主演は『思い、思われ、ふり、ふられ』『君の膵臓をたべたい(2017)』の北村匠海。『青くて痛くて脆い』『キングダム』の吉沢亮、『糸』『閉鎖病棟 それぞれの朝』『さよなら くちびる』の小松菜奈、『赤い雪 Red Snow』『ある船頭の話』永瀬正敏、そして寺島しのぶが脇を固めている。

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

「イジメ」に負けず人生を全うした鹿野靖明さん

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ネタバレ・あらすじ「障害者と介助者との対等な関係を描く」感想「自由に生きたい」結末
映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ネタバレ・あらすじ「障害者と介助者との対等な関係を描く」感想「自由に生きたい」結末映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の作品情報・概要渡辺一史著作『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』をモチーフに映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が製作された。2018年12月28日に公開。主演は大泉洋。共演は『引っ越し大名!』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』高畑充希、『コンフィデンスマンJP』の三浦春馬。実在の人物である鹿野靖明氏の物語。筋ジストロフィーという難病を抱え、北海道札幌市に在住していた男性の鹿野靖明と彼を支えるボランティアの交流をユーモアたっぷりに描いている。鹿野の自由奔放な性格と障害者を障害者扱いしない描写が評価された。札幌フィルムコミッション支援作品。

映画『愛と青春の旅だち』

教育という名の訓練か「イジメ」なのかわかりません

【ネタバレ考察】映画『愛と青春の旅だち』あらすじ「ラストの主題歌で感涙」感想「フォーリー軍曹はアカデミー賞受賞」結末
【ネタバレ考察】映画『愛と青春の旅だち』あらすじ「ラストの主題歌で感涙」感想「フォーリー軍曹はアカデミー賞受賞」結末・ 歌詞・名言・テーマ曲と音楽の紹介。映画『愛と青春の旅だち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と青春の旅だち』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『愛と青春の旅だち』の作品情報・概要『愛と青春の旅だち』原題『An Officer and a Gentleman』1982年のアメリカの青春恋愛映画。テイラー・ハックフォード監督作品。リチャード・ギア主演。デブラ・ウィンガー、デビッド・キース、リサ・ブロント共演。鬼軍曹フォーリーを演じたルイス・ゴセット・ジュニアが1982年度アカデミー助演男優賞を受賞している。主題歌『愛と青春の旅だち』もアカデミー歌曲賞を受賞している。ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌った。本映画の成功は『トップガン』製作の後押しになったと言われている。

映画『望み』

「真実を!」盾にするマスコミの「イジメ」こそ根絶せねば

映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。映画『望み』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『望み』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『望み』の作品情報・概要『望み』2020年公開のドラマ映画。殺人事件で行方不明となった息子を巡って「加害者か、それとも被害者か」揺れ動く家族の心情を描いている。マスコミのバッシング、遠ざかる知り合い、そして夫婦の価値観の相違などを家を通して描いている。原作は雫井脩介の長編小説。堤幸彦監督作品(映画『十二人の死にたい子どもたち』)主演は堤真一(映画『一度死んでみた』)共演は石田ゆり子(映画『マチネの終わりに』)、清原果耶(映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』)岡田健史。

映画『ホテルローヤル』

ラブホテル経営の娘という理由でイジメられます

【ネタバレ酷評】映画『ホテルローヤル』ネタバレ・あらすじ「深夜テレビのドラマ?」感想「あんたは何をしたいの?」結末「原作の垂れ流し」
【ネタバレ酷評】映画『ホテルローヤル』ネタバレ・あらすじ「深夜テレビのドラマ?」感想「あんたは何をしたいの?」結末「原作の垂れ流し」主題歌Leola「白いページの中に」、釧路、ロケ地。映画『ホテルローヤル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ホテルローヤル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ホテルローヤル』の作品情報・概要第149回直木賞を受賞した桜木紫乃の自伝的小説である連作短編集をモチーフに武正晴監督が映画化。桜木さんの実家がラブホテルを経営している経験を基に小説を書いたそうだ。ホテルに訪れる人々が織りなす人間模様を、ユーモアたっぷりに描いている。主演は波瑠。共演は松山ケンイチ、余貴美子、原扶貴子、伊藤沙莉、『新聞記者』『青くて痛くて脆い』岡山天音。

映画『プラダを着た悪魔』

これを「パワハラ」と呼ばずになんという?

映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。
映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。映画『プラダを着た悪魔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プラダを着た悪魔』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『プラダを着た悪魔』の作品情報・概要『プラダを着た悪魔』原題『The Devil Wears Prada』2006年に公開されたアメリカ映画。原作はローレン・ワイズバーガー。ワイズバーガー自身が『ヴォーグ』で編集長アシスタントを経験した体験をもとに書かれた。華やかなファッション業界の様子と厳しい現実、そして夢へ向かって「頑張る女性」たちをユーモアたっぷりに描いている。アン・ハサウェイ主演で世界的な大スターになった。映画『マディソン郡の橋』映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』メリル・ストリープ共演。

映画『事故物件 恐い間取り』

映像業界には「イジメ」はないのか?

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『MOTHER マザー』

親が子どもを「イジメる」ことを虐待と言います

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。映画『MOTHER マザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『MOTHER マザー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『MOTHER マザー』の作品情報・概要。大森立嗣監督・脚本作品。港岳彦も脚本。主演は長澤まさみ。阿部サダヲ、夏帆、皆川猿時、 仲野太賀、土村芳、荒巻全紀、大西信満、木野花らが共演。新人の奥平大兼はオーディションを受けての映画デビューとなる。実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て製作。企画・製作は『新聞記者』『宮本から君へ』などを手がけ脚光を浴びた河村光庸。 制作はスターサンズ。

映画『誰も知らない』

世間から無視されることは「イジメ」かもしれない

映画『誰も知らない』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督に多大な影響を与えた映画。
映画『誰も知らない』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督に多大な影響を与えた映画。 映画『誰も知らない』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『誰も知らない』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。  映画『誰も知らない』の作品情報・概要 2004年に公開された是枝裕和監督の日本映画。 主演の柳楽優弥が2004年度の第57回カンヌ国際映画祭にて史上最年少および日本人として初めての最優秀主演男優賞を獲得。1988年に発生したネグレクト、『巣鴨子供置き去り事件』をモチーフに是枝裕和監督が脚本を執筆。映像化まで15年の構想得て製作された。是枝監督の長編作4本目で世界にその名を轟かせた名作。

映画『万引き家族』

「イジメられる」から学校へ行かないのではない

映画『万引き家族』ネタバレ・あらすじ・感想。カンヌ最高賞!是枝監督vs松岡茉優+リリー・フランキー+安藤サクラ&樹木希林の名作。
映画『万引き家族』ネタバレ・あらすじ・感想。カンヌ最高賞!是枝監督vs松岡茉優+リリー・フランキー+安藤サクラ&樹木希林の名作。映画『万引き家族』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『万引き家族』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『万引き家族』の作品情報・概要『万引き家族』2018年6月8日公開の日本映画。是枝裕和監督作品。第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得。リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林出演。是枝監督14作品目。一貫して「家族」「弱者」「日本社会」を描いている。胸に突き刺さるような名作である。

映画『レ・ミゼラブル』

移民に対する「イジメ」は怨念を産みます

【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。
【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。映画『レ・ミゼラブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レ・ミゼラブル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レ・ミゼラブル』の作品情報・概要文豪ビクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユで撮影された映画。移民・難民・貧困・差別・暴力・無教養・無寛容にならざるを得ない人間模様を通して無限地獄へと誘う。人はこれほどまでに愚かな生き物かをまざまざと見せつけられる。監督のラジ・リは生まれがモンフェルメイユで現在も住んでいる。フランス・パリの華やかな世界とは裏腹に移民国家である実情が力強く表現されている。

映画『リチャード・ジュエル』

メディアが寄ってたかって弱者を「イジメる」構図は世界共通

映画『リチャード・ジュエル』ネタバレ・あらすじ・感想。メディアと国家権力とSNS時代の恐怖をクリント・イーストウッドが警鐘。
映画『リチャード・ジュエル』ネタバレ・あらすじ・感想。メディアと国家権力とSNS時代の恐怖をクリント・イーストウッドが警鐘。映画『リチャード・ジュエル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『リチャード・ジュエル』公式サイトを紹介して、作品・キャスト情報も確認できます。映画『リチャード・ジュエル』の作品概要 『リチャード・ジュエル』原題『Richard Jewell』2019年のアメリカ合衆国の伝記ドラマ映画。監督はクリント・イーストウッド。主演はポール・ウォルター・ハウザーとサム・ロックウェル。アトランタ五輪の際、警備していた人物が爆破物を発見して多くの人命を救ったのに関わらず犯人扱いされた。メディアと国家の狂気を描いている。  

映画『楽園』

ムラ社会という閉鎖的な「イジメ」はどこにでもあります

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『楽園』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像も紹介しています。ネタバレ・あらすじ・結末まで書いています。2019年10月18日に公開の日本映画。監督・脚本は瀬々敬久。主演は綾野剛。第76回ヴェネツィア国際映画祭公式イベント「Focus on Japan」正式出品作品。原作は吉田修一の短編小説集『犯罪小説集』

映画『ジョーカー』

アーサーがジョーカーになったのは社会的な「イジメ」から

映画『ジョーカー』ネタバレ・あらすじ・評価・感想。「神or悪魔?」を観て決めよ!ジョーカー続出でアメリカ熱狂。
映画『ジョーカー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館ならびにあらすじ・ネタバレ・感想・結末・評価について記載してます。本映画はいま世界中で話題沸騰になっています。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得しています。貧しいアーサーが如何にジョーカーになるのか、正義と悪は表裏一体。アメリカに根付く格差社会への反発。世界はジョーカーを救世主と見るか、悪魔と見るのか。

映画『ドッグマン』

この「イジメ」の構図はひどすぎる

不条理すぎる映画『ドッグマン』実話の解説・感想・ネタバレ・あらすじ・評価。マッテオ・ガローネ監督の描く人間の本質は闇だ。
映画『ドッグマン』公式サイトにて作品情報・上映館も紹介とネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末について記述。マッテオ・ガローネ監督の描く人間の不条理という感情はとても厳しい。胸が痛くなる。正直者は損をするのか。でも本作のマルチェロも立派な悪人だ。犬をモチーフに描いている。最後の最後でマルチェロは犬のように勝ち誇ったように叫ぶが、なぜか負け犬の遠吠えに聞こえた。生きるって難しい。

 

スポンサーリンク

映画『西部の男』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ウィリアム・ワイラー
脚色
ジョー・スワーリング ニーベン・ブッシュ
原作
スチュアート・N・レイク
製作
サミュエル・ゴールドウィン
撮影
グレッグ・トーランド
音楽
ディミトリ・ティオムキン
コール・ハーデン(ゲイリー・クーパー)
ロイ・ビーン(ウォルター・ブレナン)
ケリフェト・マシューズ(フレッド・ストーン)
ジェーン=エレン・マシューズ(ドリス・ダベンポート)
ウェード・ハーパー(フォレスト・タッカー)
リリー・ラングトリー(リリアン・ボンド)
チキンフット(ポール・ハースト)
サウスウェスト(チル・ウィルス)
モート・ボロー(チャールズ・ハルトン)
キング・エヴァンス(トム・タイラー)
Teresitaルピタ・トバー
バート・コブル(ダナ・アンドリュース)
Juan_Gomezジュリアン・リヴェロ
Homesteaderロジャー・グレイ
Second_Homesteaderアーサー・エイルスワース
シェード・ウィルキンス(トレヴァー・バーデット)
1940年製作/アメリカ
原題:The Westerner
配給:大映洋画部

タイトルとURLをコピーしました