映画『おしゃれ泥棒』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オードリー・ヘップバーン「痩せすぎ」『暗くなるまで待って』はさらに痩せることに、、、

スポンサーリンク
映画『おしゃれ泥棒』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オードリー・ヘップバーン「痩せすぎ」『暗くなるまで待って』はさらに痩せることに、、、お茶の間映画館

映画『おしゃれ泥棒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『おしゃれ泥棒』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『おしゃれ泥棒』
(123分/アメリカ/1966)
原題『How to Steal a Milion』

【監督】
ウィリアム・ワイラー
【脚色】
ハリー・カーニッツ
【原作】
ジョージ・ブラッドショウ
【製作】
フレッド・コールマー
【撮影】
チャールズ・ラング
【音楽】
ジョン・ウィリアムズ
【出演】
オードリー・ヘプバーン
ピーター・オトゥール
イーライ・ウォラック
ヒュー・グリフィス
シャルル・ボワイエ
フェルナン・グラベ
マルセル・ダリオ
ジャック・マラン
【HPサイト】
映画『おしゃれ泥棒』IMDbサイト
【予告映像】
映画『おしゃれ泥棒』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『おしゃれ泥棒』NHK BSプレミアム放送 10月6日(火)午後1時00分~3時04分
    1. 10月6日(火)午後1時00分~3時04分
  2. 映画『おしゃれ泥棒』のオススメ度は?
  3. 映画『おしゃれ泥棒』の作品情報・概要
  4. 映画『おしゃれ泥棒』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『おしゃれ泥棒』の感想・内容
      1. NHK BSプレミアム一番のハンサム俳優です
      2. 山口百恵さんはオードリー・ヘプバーンを好きだったのでしょうか
      3. この時代の女優さんはみんなオードリーのように細い
      4. 吉永小百合さんて結構「激しい」演技をするんですね
      5. 間違いなく選ばれた「大スター」の薬師丸ひろ子
      6. オードリー・ヘプバーンがイタリア映画に出ていたらと勝手に想像してしまう
  6. 映画『おしゃれ泥棒』の結末・評価
      1. オードリーのような美女は詐欺師が似合います「浅田美代子」も似合う
      2. 日本一の詐欺師はやっぱり長澤まさみちゃんです
      3. 男を騙すために生きるニューヨーカー
  7. 映画『おしゃれ泥棒』のキャストについて
  8. まとめ 映画『おしゃれ泥棒』一言で言うと!
  9. 合わせて観たい映画
    1. 【オードリー・ヘプバーン主演の映画】
      1. 映画『パリの恋人』
      2. 映画『昼下りの情事』
      3. 映画『ティファニーで朝食を』
    2.  【人生について考えさせられる映画】
      1. 映画『ペイン・アンド・グローリー』
      2. 映画『マディソン郡の橋』
      3. 映画『人生の特等席』
      4. 映画『男と女 人生最良の日々』
      5. 映画『道』
      6. 映画『サウナのあるところ』
      7. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』
      8. 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
      9. 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』
      10. 映画『七人の侍』
      11. 映画『ミリオンダラー・ベイビー』
      12. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』
      13. 映画『明日に向かって撃て!』
      14. 映画『運び屋』
      15. 映画『ともしび』
      16. 映画『さらば愛しきアウトロー』
      17. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』
      18. 映画『ある船頭の話』
      19. 映画『フリーソロ』
  10. 映画『おしゃれ泥棒』の作品情報

映画『おしゃれ泥棒』NHK BSプレミアム放送 10月6日(火)午後1時00分~3時04分

10月6日(火)午後1時00分~3時04分

『ローマの休日』のウィリアム・ワイラーと再びコンビを組みます

オードリー・ヘプバーン「 細すぎ」ます

パリの街を闊歩します

衣装も車も小物もおしゃれ感満載です

スポンサーリンク

映画『おしゃれ泥棒』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

オードリー・ヘップバーン

可愛すぎるが、、、

細すぎる、、、

こんなおしゃれな泥棒がいたら、、、

スポンサーリンク

映画『おしゃれ泥棒』の作品情報・概要

『おしゃれ泥棒』原題『How to Steal a Million1966年のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー監督のロマンティックコメディ。映画『ティファニーで朝食を』映画『昼下りの情事』映画『パリの恋人』のオードリー・ヘプバーン主演。共演はピーター・オトゥール、ヒュー・グリフィス、シャルル・ボワイエ、『続・夕陽のガンマン』のイーライ・ウォラック。パリを舞台に贋作作家の娘が美術品泥棒と恋に落ちる。衣装、車、小物などのデザインが素晴らしい。

スポンサーリンク

映画『おしゃれ泥棒』のあらすじ・ネタバレ

パリを拠点に画商として美術品を収集販売しているシャルル・ボネ (ヒュー・グリフィス)は美しい娘ニコル・ボネ( オードリー・ヘプバーン)と優雅に暮らしている。しかしボネの本当に姿は贋作作家であり、ニコルは心を痛めていた。美術館からの要請で彫刻のビーナスを貸し出すことに。保険にかけるために鑑定を受けることになり、、、。偽物をバレたら親娘にとっては死活問題。なんとか取り戻す方法を考えるが、、、。以前、自宅に泥棒に入ったサイモン・デルモット(ピーター・オトゥール)に「ビーナスを盗んで」とお願いするも、、、

スポンサーリンク

映画『おしゃれ泥棒』の感想・内容

オードリー・ヘップバーン主演の映画です。「とてもかわいい映画」です。

原題は撮影中は”How To Steal A Million Dollars And Live Happily Ever After100万ドルを盗んで幸せに暮らす方法)だったそうだが、あまりも長いため、アメリカ公開前現在のように短くなった。邦題はとてもいいと思います。

NHK BSプレミアム一番のハンサム俳優です

映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。聖書を読めば深く理解できる物語。ジェームズ・ディーンは永遠なり。
映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。聖書を読めば深く理解できる物語。ジェームズ・ディーンは永遠なり。映画『エデンの東』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エデンの東』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『エデンの東』の作品情報・概要『エデンの東』原題『East of Eden』1955年公開のアメリカ映画。監督は『欲望という名の電車』『波止場』のエリア・カザン。原作はジョン・スタインベックの同名小説。主演はジェームズ・ディーン。本作で世界の大スターになるが、公開後、事故死。共演がジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、ジョー・ヴァン・フリート、リチャード・ダヴァロス、バール・アイヴス。音楽はレナード・ローゼンマン。第28回アカデミー賞で監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞にノミネート。ジョー・ヴァン・フリートがアカデミー助演女優賞を受賞した。第8回カンヌ国際映画祭劇映画賞も受賞している。アメリカ人が愛する映画。

オードリー・ヘプバーン主演、ウィリアムワイラー監督のロマンティックコメディーです。

オードリー・ヘプバーンめちゃくちゃ細いです。バンビちゃんのようです。でも動きはとても軽やかなので、体調は問題ないのかも。

本作は1965年撮影です。オードリー・ヘプバーンには5歳の息子がいます。この体で子どもを産んだのかと心配になる位細いです。

腕などはニンジンくらいの太さなのではないでしょうか。顔もすごく小さくて痩せているから頬もコケちゃっています。

しかも髪はショートなので、女性らしさがあまり見られません。ユニセックスを意識しているのでしょうか。

しかも本冊から2年後に発表する暗くなるまで待ってはなんと体重を5.8キロ落としています。いくら過去作とは言え心配になってしまいます。しかもこの時、離婚寸前だったのです。

山口百恵さんはオードリー・ヘプバーンを好きだったのでしょうか

さて映画はお金持ちの娘のニコルのはちゃめちゃな恋愛コメディーかと思われますか、父親の有名な画商は、実は天下逸品の贋作作りの名人なのです。

ゴッホやセザンヌの名画を模倣して本物だと言って売りさばいている詐欺師なのです。ニコルはいつ父が捕まるか気が気ではありません。

でもこういう贋作作りの娘であったのなら、もう少し陰日向で生きるような女性が似合っていると思うのです。自身の父が違法なことをしていると言うコンプレックスがあると思うのです。

でもニコルはとてもきらびやかで華やかで、おしゃれで社交的な人間なのです。それをオードリー・ヘプバーンが演じると、さらに人目を引くのです。

誰もが振り返ってしまうほどの魅力です。逆に言うとこういう犯罪者の背景を隠すためにわざと面では華やかにした方が、バレないと言う防御効果もある効果があるという設定なのでしょう。

この時代の女優さんはみんなオードリーのように細い

父親のシャルル・ボネはとにかく腕が良い贋作作家なんです。しかもめちゃくちゃいい陽気なんです。人がいいんです。優しいんです。そして娘思いなんです。

日陰で暮らすような人間ではなく太陽の前で堂々として振る舞うのです。ここが面白いですね。本物よりも本物と贋作をつくりあげる場面で印象に残っているのはゴッホの作品を作るときにゴッホの生きた時代のほこりを再現するところです。

この場面にはうならしていただきました。ここなんです、ここに贋作作りの職人たるプライドの偏見が見えるのです。

悪いことをしていると言う意識はありません。それよりも良い仕事をすると言う意識が高いのです。

吉永小百合さんて結構「激しい」演技をするんですね

ですからパリの一等地に住んでいると言うプライドの高さが伺えます。ウィリアムワイラーのこういった演出は冴えていますね。1

960年代のパリの町並みの映像も頻繁に出てきます。とてもきれいです。歩く人々にも気品を感じます。遠くにエッフェル塔や凱旋門が見えたりします。

パリを走る車がとてもかっこいいのです。カーマニアが見たら垂涎の気持ちになるのではないでしょうか。オープンカーに乗るオードリーもまたおしゃれな服装なんです。

オードリーはこの映画で何回もコスチュームを変えます。その度に「あー、この人はやっぱり大スターなのだ」と思わざるをえません。清掃婦の衣装も様になっているのです。

間違いなく選ばれた「大スター」の薬師丸ひろ子

さてオードリーの映画と言えば必ず恋人役が出てきます。今回の恋人は泥棒です。サイモンはボネの贋作を盗もうとしてオードリー見つかってしまいます。

ちょっと間抜けなんです。オードリーは警察に通報しようとしましたが止めます。警察が絵画を調べたら贋作だとばれてしまうからです。

オードリーとサイモンはいわゆる相互フォローして一見落着になります。しかしですね、恋の行方はここからが始まるんですね。オードリーの父が美術館に預けていたチェルニーのビーナスと言う彫刻が保険にかけられることになるのです。

保険にかけられる前に本物か偽物かを専門家に頼んで鑑定してもらうことになるのです。もし鑑定されたら偽物だと分かってしまいます。ボネとニコルにとっては死活問題です。

なんとしてでも美術館に展示されているビーナスを取り戻さなくてはいけません。しかしビーナスが展示されている警備は完璧です。

当時としては最先端の赤外線センサーが張り巡らされており、もし誰かが手を差し伸べいようものなら、警報音が鳴り響き、警備員が殺到します。が鳴り警備員が殺到します。ニコルは絶望しています。

オードリー・ヘプバーンがイタリア映画に出ていたらと勝手に想像してしまう

でもニコルは閃きます。泥棒に入ったサイモンにビーナスを盗んでもらおうと思案するのです。この展開はいいですね、非常に面白いです。

昔の映画ならではの展開だと思います。良い脚本だと思います。相談されたサイモンは断ります。そりゃそうでしょう。

自分には何もメリットがないのです。危険を犯してビーナスを手に入れても、ニコラに渡しておしまいです。失敗したらお縄頂戴です。

しかしここで心が動くんですよね。あまりにも可憐なニコラに惚れてしまうのです。いえ正確には出会ったあの夜にもう好きになっています。

好きになってしまったら彼女の思いを成し遂げてあげるのが男です。成し遂げられたら彼女の心を自分のものにできると思うのです。男ってそういうもんです。

そして2人は夜の美術館に忍び込んでビーナスを盗み取るのです。

スポンサーリンク

映画『おしゃれ泥棒』の結末・評価

本映画を観ると確かにセキュリティーがしょぼいなぁって思います。警備員も訓練が行き届いているとは思いません。しかも勤務中にワインを飲んだりしています。

また使う道具も実にアナログなんです。特に物置に閉じ込められて表にある鍵を磁石で引っ張る場面とか、ヒモを使って鍵を開ける場面などは少し笑ってしまいます。

でも、でもですね、やっぱり1960年代の映画と言うのはワクワクさせるのですよ。本映画はロマンティックコメディーなのですが、緊迫感も孕んだ構成となっています。

おそらくですがこの時代はフィルムノワールの影響もあって、若干サスペンス映画を意識したのではないでしょうか。

ましてやオードリーはその後サスペンス映画にも出ています。効果音もドキドキさせます。先に見たようこそ音響の世界にもありましたがハリウッドでは音に対する研鑽がなされようとしていた時代だったと言うこともわかっています。

オードリーのような美女は詐欺師が似合います「浅田美代子」も似合う

ですから一概に笑ってはいけない映画だと思うのです。アナログを使ってのアイディアが思う存分見えるのです。

例えばブーメランを飛ばす場面などは、当時監視カメラがなかったことを表していますし、警備員が警報機を切るために鍵を何度も挿入して開ける場面はまるでスパイ映画を見ているような気にさせてくれます。凸凹のボタンも良いですね。

日本一の詐欺師はやっぱり長澤まさみちゃんです

もちろん美術館を掃除する場面は手磨きです。女性が膝をついて一生懸命磨いています。モップではないんです。

ましてや自動掃除機でもありません。こういった人間が自ら動く演技を見ているとほっとします。全部が全部デジタルのコンピューターでやらせる作業では無いからです。

今だったらチャーリーズエンジェルのようにすべてスマホひとつで解決するような問題でしょう。とことん頭を使ってアイデアを出し、研究し、実験し、創造された時代の映画はとても素晴らしいと思います。

男を騙すために生きるニューヨーカー

さてさてニコラとサイモンは念願を果たしてビーナスを盗み出します。いや取り戻します。

そしてサイモンは自分の素性を明かすのです。実は泥棒ではなく美術専門の探偵であったのです。

かねてよりボネの贋作疑いがあり、遠くロンドンから調査に来ていたそうです。誰もいないと思って忍び込んだあの晩にニコラに見つかってしまったのです。

狙いはゴッホの絵絵具を削りとって検査にかけるものでした。でもニコラと恋に落ちてしまいました。

物語はハッピーエンドへと向かいます。贋作職人のボネは逮捕されません。

サイモンは取引します。一切贋作作りをやめろと。そして新倉との結婚を認めてくれた。これで一見落着です。サイモンは報告しません。

つまり職務放棄する代わりにニコラとの結婚は許されます。

芸術の秋ですから美術館へ行くば気持ちがいい

まあ映画ですから仕方ないのですが、もしこれ依頼した方のクライアントが知ったら激怒するでしょう。職務怠慢です。

贋作が贋作ではないかを調査するのに報告しません。しかも詐欺師の娘が美しいので「報告しないから、娘と結婚させてくれ」です。取引ですね。

まぁまぁいいでしょう、このような美しい女性だったら誰もが欲しくなってしまうのです。最後はサイモンがニコラの心を泥棒すると言う形で終わった映画でした。

スポンサーリンク

映画『おしゃれ泥棒』のキャストについて

Nicoleオードリー・ヘプバーン
Simon_Dermottピーター・オトゥール
David_Lelandイーライ・ウォラック
Bonnetヒュー・グリフィス
De_solnayシャルル・ボワイエ
Grammontフェルナン・グラベ
Senop_Paravideoマルセル・ダリオ
Chief_Guardジャック・マラン
Guardムスタシュ
Auctioneerロジェ・トレビレ
Insurance_Clerkエディー・メイリン
Marcelバート・バートラム

スポンサーリンク

まとめ 映画『おしゃれ泥棒』一言で言うと!

「面白いです」

この時代のアメリカ映画って面白いです。でも実際のアメリカ社会はベトナム戦争が泥沼化して暗澹たる日々だったと思います。オードリー・ヘプバーン、とても細いです。元々、痩せているかと思いますが、今ではちょっと出演が難しいくらいではないでしょうか。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オードリー・ヘプバーン主演の映画】

映画『パリの恋人』

あっと言う間に一流モデルでパリへそして「恋愛」に落ちる

映画『パリの恋人』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンの歌と踊りに大満足できます。
オードリー・ヘプバーン最初のミューカル映画。大スター、フレッド・アステアとの共演。監督はスタンリー・ドーネン。1957年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。映画『パリの恋人』以下のサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。

映画『昼下りの情事』

オードリー・ヘプバーンとゲイリー・クーパーの年齢差の恋愛物語

映画『昼下りの情事』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンとゲイリー・クーパーの年齢差の恋愛物語はリアルか否か?
映画『昼下りの情事』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報の紹介もしています。『昼下りの情事』原題は『Love in the Afternoon』1957年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。小説『アリアーヌ(英語版)』(クロード・アネ著)を原作としている。ビリー・ワイルダー監督作品。ゲイリー・クーパーとオードリー・ヘプバーン主演。『麗しのサブリナ』に次いで2度目となった。主題曲「魅惑のワルツ」も世界的にヒットした。

映画『ティファニーで朝食を』

悪女になりきれないオードリー・ヘプバーン

映画『ティファニーで朝食を』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンが可愛すぎて物語に入れない。日本人蔑視の表現あり。
映画『ティファニーで朝食を』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ティファニーで朝食を』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報の紹介をしています。『ティファニーで朝食を』原題『 Breakfast at Tiffany’s』アメリカ合衆国の小説家トルーマン・カポーティによる中編小説を元に1961年映画化された。監督はブレイク・エドワーズ。主演はオードリー・ヘプバーンとジョージ・ペパード。

 

 【人生について考えさせられる映画】

映画『ペイン・アンド・グローリー』

愛し合った日々は「尊い」決して色褪せない

映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。
映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。 映画『ペイン・アンド・グローリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ペイン・アンド・グローリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ペイン・アンド・グローリー』の作品情報・概要『ペイン・アンド・グローリー』原題『Dolor y gloria』英題『 Pain and Glory』2019年のスペインのドラマ映画。ペドロ・アルモドバル監督・脚本作品。アントニオ・バンデラス主演。ペネロペ・クルス、アシエル・エチェアンディア、レオナルド・スバラーリャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ共演。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、バンデラスが男優賞を受賞した。ペドロ・アルモドバルの自伝的要素が色濃く反映されている。母の死によって心身ともに満身創痍になった映画監督が復活への道を歩むまでを過去を回想しながら描いている。過去が栄光なら現在は痛み。

映画『マディソン郡の橋』

いくつになっても恋愛は人生の活力だ

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『人生の特等席』

老いても人生は良いものだ

映画『人生の特等席』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスが父娘に見えなかったのが残念。
映画『人生の特等席』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスが父娘に見えなかったのが残念。 映画『人生の特等席』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『人生の特等席』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『人生の特等席』の作品情報・概要 『人生の特等席』原題『Trouble with the Curve』ロバート・ロレンツ監督作品。2012年のアメリカ合衆国のスポーツ・ドラマ映画。クリント・イーストウッド主演作品。エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、マシュー・リラード、ジョン・グッドマンらが共演。イーストウッドにとっては自身の監督作以外でを取らない作品に出演するのは『ザ・シークレット・サービス』以来である。

映画『男と女 人生最良の日々』

青春時代に愛した人はやっぱり「素敵」だった?

映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。
映画『男と女 人生最良の日々』ネタバレ・あらすじ・感想。痴呆、消えゆく記憶。でも愛した人だけは鮮明なのだ。映画『男と女 人生最良の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトもご紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間情報もご確認できます。映画『男と女 人生最良の日々』の作品概要 クロード・ルルーシュ監督が1966年に発表しカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『男と女』原題『 Un homme et une femme』主人公二人、アンヌとジャン・ルイの53年後の物語。タイトルは『男と女 人生最良の日々』主演はアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。音楽はフランシス・レイ。

映画『道』

人はいつか本当に大切なことに気がつくのか、、、

映画『道』ネタバレ・あらすじ・結末。イタリア映画最高作品。人は「道」で人生の喜怒哀楽の機微を知る。失って気がつく大切な愛がある。
映画『道』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『道』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。『道』原題『 La Strada』1954年製作・公開のイタリア映画。イタリア映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニ監督作品。1956年のアカデミー外国語映画賞を受賞した。アンソニー・クインとジュリエッタ・マシーナが主演。イタリア映画の代表作品。

映画『サウナのあるところ』

ゆったりと優しい時間で過ごす人生に憧れます

映画『サウナのあるところ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想。フィンランドのサウナは人生の涙を流すところ。
映画『サウナのあるところ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『サウナのあるところ』(81分/フィンランド/2010) 原題『Miesten vuo...

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

まだまだ人生は終わっちゃいないよ!

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック最高演技。中年男が人生を再始動させる感動作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(122分/フランス/2018) 原題『Le grand bain』 映画...

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

わたしの人生には一点のサビはない!

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報・概要『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』原題『The Iron Lady』メリル・ストリープ主演で、第84回アカデミー賞においても主演女優賞を受賞。英国首相のマーガレット・サッチャーに“なりきり”演技が注目を集めた。共演はジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、リチャード・E・グラント、オリビア・コールマン、アレクサンドラ・ローチら。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

自給自足は確かに夢の人生です

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。
映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』の作品情報・概要 テレビ番組や映画の自然映像のキャメラマンのジョン・チェスター とオーガニックな食材を用いる料理家のモリーが自給自足が可能な農場を作り上げるまでの8年間をドキュメンタリーとして描いた作品。監督・脚本は夫はジョン・チェスター 自身。様々な困難に打ち克ちながら夢の実現へ向かう二人の軌跡を美しい自然映像と共に写し取っている秀作。

映画『七人の侍』

「生きる」勇気をもらえる映画です!

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし!
映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし! 映画『七人の侍』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の侍』IMDbサイトもご紹介し、作品・キャスト情報等もご確認頂けます。 映画『七人の侍』の作品概要 『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画。黒澤明監督作品。主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。東宝製作・配給。1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞し日本国民を歓喜の渦に巻き込み希望をもたらした。

映画『ミリオンダラー・ベイビー』

「悲しすぎる」「報われない」「理不尽だ」この人生は辛い

映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」映画『ミリオンダラー・ベイビー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミリオンダラー・ベイビー』IMDbサイトもご紹介し作品情報・キャスト情報のご確認もできます。     映画『ミリオンダラー・ベイビー』の作品概要 『ミリオンダラー・ベイビー』原作『Million Dollar Baby』2004年のアメリカ合衆国の映画。製作・配給会社はワーナー・ブラザースで、監督・製作・主演はクリント・イーストウッド。ジェリー・ボイドの短編集『Rope Burns:Stories From the Corner』を元にポール・ハギスが脚本を執筆。第77回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・助演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞。  

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

ただ愛する娘のために作り続けた情熱に涙します

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ネタバレ・あらすじ・結末。寡黙な男は宮殿を作ることで愛を語った。
映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認ください。フランス南東部の自然豊かな田舎町に実在する建築物がある。今では観光地となっている。この建築物はひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」である。本作は実話に基づいて映画化された。主演はジャック・ガンブラン。 その他レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コクが共演。

映画『明日に向かって撃て!』

やりたいことやり抜いて死んでやるぜ!

映画『明日に向かって撃て!』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。バート・バカラック「雨にぬれても」がニューマン&レッドフォードの哀愁歌
映画『明日に向かって撃て!』公式サイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。本映画のネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を書いています。ジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードが組んで第42回アカデミー賞で撮影賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞を獲得しました。実在の強盗ブッチ・キャシディの生涯を描いています。アメリカン・ニューシネマの代表的な作品です。

映画『運び屋』

彼が運んだのは家族との「人生」だった

クリント・イーストウッド監督作品『運び屋』実話は観れば観るほど、新しい発見がある。ネタバレ、感想、評価。
過去のクリント・イーストウッド作品を思い出すと、主人公は嫌な正確な奴がほとんどだ。イーストウッドは彼らの人生の舞台を苦悩や葛藤を描いている。でも決して“老い”に対する焦燥感に悩む人間を描いていない。このアールも87歳であるが、挑戦している。まさにクリント・イーストウッドそのものではないか。人生は続くのだ。いや続けるのが人生だ。

映画『ともしび』

人生に終焉にむ訪れた悲劇をどう受け止める?

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングを観ていると息ができなくなった
『ともしび』(93分/フランス・イタリア・ベルギー合作/2017) 原題 『Hannah』 映画『ともしび』のオススメ度は? 星4つ半です。 ストーリーはわかりにくいかもしれません。 でもやっぱりこの映...

映画『さらば愛しきアウトロー』

いつまでも現役で「カッコよく」死にたい

映画『さらば愛しきアウトロー』ロバート・レッドフォード引退作品。実話の銀行強盗フォレスト・タッカーは脱獄王だった。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
ハリウッドきってのハンサムスターの引退作品。実在した銀行強盗を演じている。武器は拳銃だが銀行に押し入るさい、一度も引き金を引いたことがない。そして刑務所へいくが、17回収容されて17回、脱獄している。「楽して生きるより、楽しく生きたい」が信条だ。レッドフォードの笑顔が良い。最後の最後まで皺くちゃな顔で笑っている。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

イタリア人「人生楽しんでます」

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。

映画『ある船頭の話』

オダギリジョー監督の人生観がわかる名作

映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ある船頭の話』公式サイトにて作品情報・上映館情報からネタバレ・あらすじ・感想・評価を記載。オダギリージョー監督、長編デビュー。日本人が忘れてしまっている大切なことを川の流れと共に描いています。移ろう時代の中で船頭をするトイチに柄本明。撮影監督にクリストファー・ドイル。新人女優、川島鈴遥。村上虹郎の好演。永瀬正敏、浅野忠信の存在感が抜群の映画。

映画『フリーソロ』

いつも死と背中合わせの人生に「存在理由」がある

ドキュメンタリー映画『フリーソロ』のアレックス「危険を冒すことで安心感を得る」ネタバレ・あらすじ・評価・感想・評価。撮影班の葛藤。CG一切無し。
映画『フリーソロ』公式サイトにて作品情報・上映館並びに時間を紹介。この映画はアレックスというクライマーが安全装置無しに、素手だけで米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑む様子をドキュメンタリーとして描いています。CG一切なし。撮影隊の心情もうまく描いています。ハラハラドキドキの100分。
スポンサーリンク

映画『おしゃれ泥棒』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ウィリアム・ワイラー
脚色
ハリー・カーニッツ
原作
ジョージ・ブラッドショウ
製作
フレッド・コールマー
撮影
チャールズ・ラング
音楽
ジョン・ウィリアムズ
衣装デザイン
ジヴァンシー
Nicoleオードリー・ヘプバーン
Simon_Dermottピーター・オトゥール
David_Lelandイーライ・ウォラック
Bonnetヒュー・グリフィス
De_solnayシャルル・ボワイエ
Grammontフェルナン・グラベ
Senop_Paravideoマルセル・ダリオ
Chief_Guardジャック・マラン
Guardムスタシュ
Auctioneerロジェ・トレビレ
Insurance_Clerkエディー・メイリン
Marcelバート・バートラム
1966年製作/アメリカ
原題:How to Steal a Milion
配給:20世紀フォックス

タイトルとURLをコピーしました