映画『ともしび』シャーロット・ランプリングを観ていると息ができなくなった

上映中
スポンサーリンク

『ともしび』93/フランス・イタリア・ベルギー合作/2017
原題 Hannah

映画「ともしび」
ひとりの女性が、もう一度“生きなおし”を図るまでの、哀しみと決意を追う人生最後のドラマ。『さざなみ』『まぼろし』につづくシャーロット・ランプリング渾身の感動作!
映画「ともしび」予告編
スポンサーリンク

映画『ともしび』のオススメ度は?

4.5

星4つ半です。

ストーリーはわかりにくいかもしれません。

でもやっぱりこの映画はシャーロット・ランプリングを観るだけで良いのです。

すっごい演技です。

顔のシワの一本から演技しています。

もう恐ろしいくらい入っています。

恋人と観に行ってください。

スポンサーリンク

映画『ともしび』の作品概要

本作は2017年・第74回ベネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞した作品。シャーロット・ランプリングが主演。とても力強い演技をしてます。圧巻です。長い夫婦生活でお互い信頼し合っていたはずだが、裏切られる苦悩を描いている。夫とは何だったのか、他人だったのか。信じるか否か、もう一度「生き直す」ことを決意するのか。老いた心と体にそんな力があるのだろうか。失意の中で彼女は何を思う。

スポンサーリンク

映画『ともしび』のあらすじ・ネタバレ

ベルギーのある小さな都市。アンナ(シャーロット・ラン プリング)とその夫(アンド レ・ウィルム)は、慎ましやかに過ごしていた。しかしある日、地獄に落とされることになる。夫が犯したある罪を犯した。子どもに対する罪だ。それから二人の生活の歯車が狂い始める。当初は見て見ぬ振りをしていたが、周囲からの侮蔑、息子家族からの拒絶から失意のどん底に叩き落される。年老いた二人に最早、生きる希望などない。果たして、、、。

スポンサーリンク

映画『ともしび』の感想・評価・内容・結末

大女優シャーロット・ランプリング主演の映画である。なかなか難しい映画だ。まずこの映画はほとんどセリフがない。ランプリングの表情と動きだけで90分続くと思って良い。ランプリング演じるアンナは心に重たい何かを背負っているのはわかる。それが夫の事だと言うこともわかる。しかしそれがどんな罪なのか映画の終盤まで明かされない。おそらくではあるが夫が子供に対して何か犯した罪だろう。だから夫は警察に逮捕されてしまった。夫が逮捕されるまでは2人は慎ましやかな生活を送っていた。淡々とした静かな日常だ。でも夫の逮捕によって全てが狂ってしまった。一気に不協和音が訪れた。

映画の冒頭シーンがとても印象的だ。スクリーンの右側にシャーロット演じるアンナの顔のアップ。アンナは叫び声を出している。長い声だ。顔が紅潮していく。何かを吐き出すような叫びだ(後ほどわかるが、アンナはこの叫びによって心の苦しみを吐露していたのだろう)この映画はほとんど笑わない(いや一度笑った。確かボイストレーニングの教室で、アフリカ系の女性の声を聴いて一瞬だけ笑った)でもすぐに口角を垂らした。不機嫌な顔というか疲れきった顔になった。

アパートの暗闇の中にいると、誰かがノックする。女の声だ。最初は静かにアンナを呼ぶが、どんどんエキサイトしていく。罵声に変わる。「子供にあんなことをするなんて」この言葉で十分だ。辛い仕打ちが永遠に続くような気持ちになる。もう一つ辛いことが起きる。あんなは孫に会いに行くが、合わせてくれない。息子はアンナに向かって帰ってくれ、もう関わらないでくれと言い放つ。ここからも何があったか想像できる。しかしアンナは夫が無実だと信じている。しかしタンスの上から発見された封筒には

映画情報を読むと、この映画はシャーロットの人生そのものだと書いてある。シャーロットのプライベートの夫が浮気を繰り返し、その影響でアンナは鬱で苦しんだそうだ。

映画の終わり方も独特だ。1人孤独に地下鉄に乗ってドアが閉まる。1人でどこかへ行くのか、誰かに、助けを乞うのか、、、。もしや死を探しているのか、、、。アンナのこの先に起きるあらゆることを想像してしまった。

結局、人生とは一人になっても生き抜かなくてはいけないのか。誰も助けてはくれない。時には叫びたい時がある。泣きたい時がある。でも出来ない。心が苦しい。折れてしまいそうだ。孤独だ。孤独でいることも必要な試練なのか。

人生とは無情だ。そんな気持ちになった。

スポンサーリンク

映画『ともしび』まとめ 一言で言うと!

人には誰にも知られたくない秘密のひとつもある。

いくら親しくなっても自分の全てをさらけ出すまでの関係は好きではない。秘密のひとつくらい持っていたい物だ。でもその秘密が反社会的とか非社会的であると厄介だ。表面上は穏やかで良い人でも、特殊な“癖”を持っている人って案外いる。それは趣向であるから仕方ないと言えば仕方ないが、くれぐれも健全な秘密を持つことを進言したい。

 

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【特殊な夫婦関係を描いた映画】

映画『ガラスの城の約束』

夫婦ともに世捨て人です。子どもを支配しています。

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『ワイルドライフ』

ずっと夫を愛していた。でもダメ夫とわかると不倫に走る妻。

ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』ネタバレ・あらすじ 毒親を優しく見るエド・オクセンボールドの優しさ
ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』はアメリカが抱える社会問題をテーマに描いている。“毒親”についてだ。子どもに過干渉するのも毒親だが、一番は“無関心”であることが最悪だ。人間は無視されることほど傷つくことはない。この作品の少年は母親から存在を消されてもポジティブに生きる姿勢を持ったことが救いだ。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』

イタリアの夫婦関係は明るい不倫ばかり。

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ゴタゴタホームコメディではない。社会が抱える諸問題を代弁した作品 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
巨匠、ガブリエレ・ムッチーノ監督がハリウッドから帰国して本作を撮った。家族を通して社会が抱える問題の関係性の持つエネルギーについて描いている。久しぶりに会った親族はどこかよそよそしい。嵐で二日間缶詰めになることでお互いが抱える問題をぶつけ合う。罵詈雑言が続くがイタリア語が気持ちよく観ていて楽しい。

映画『ピアッシング』

夫の性癖を満たすことにほくそ笑む妻

村上龍原作 映画『ピアッシング』は“性”への飽く無き追求と新しい愛の形を描く ネタバレ・あらすじ・感想・評価
人間の性への追求は飽きることがない。本作は村上龍原作の小説を映画化したものだ。映像化することで若干、原作より性描写は柔らかくしている。殺したい衝動を持つ男と死にたい衝動を持つ女が出会って一夜を過ごす。二人はお互いの性癖を理解する。「その前に食事しよう」の意味を考えると納得できる。大人のための大人の映画です。

映画『コレット』

お互い競うように浮気します。恋愛は男女問いません。

映画『コレット』ネタバレ、あらすじ。女流作家シドニー=ガブリエル・コレットを演じるキーラ・ナイトレイの演技は絶品。女性の挑戦、勇気、希望の映画です。
今だに女性の社会進出を歓迎しない男は多い。世界的な女性作家シドニー=ガブリエル・コレットでさえも夫の強制により社会に出る機会を長く待った。この物語は文才のないダメ夫に嫁いだばかりに、作家としての才能を開花する女性の物語である。同時に女性の権利を広く訴えることでフランス女性たちに勇気と希望を与えた人生をつぶさに描いている。
スポンサーリンク

映画『ともしび』の作品情報

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ
監督 アンドレア・パラオロ
製作 アンドレア・ストゥコビッツ ジョン・エンゲル クレマン・デュバイン
脚本 アンドレア・パラオロ オーランド・ティラド
撮影 チェイス・アービン
美術 マリアンナ・シベレス
衣装 ジャッキー・フォコニエ
編集 パオラ・フレディ
音楽 ミケリーノ・ビシェリャ

キャスト
シャーロット・ランプリングアンナ
アンドレ・ウィルムアンナの夫
ステファニー・バン・ビーブエレーヌ
シモン・ビショップ二コラ
ファトゥ・トラオレ演技の先生

作品データ
原題 Hannah
製作年 2017
製作国 フランス・イタリア・ベルギー合作
配給 彩プロ
上映時間 93
映倫区分 G