映画『シャレード(1963)』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンのジバンシィ」「ケイリー・グラントは渋い」結末「祝・結婚!年齢差カップル」

スポンサーリンク
お茶の間映画館

映画『シャレード(1963)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『シャレード(1963)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『シャレード(1963)』
(113分/G/アメリカ/1963)
原題『Charade』

【監督】
スタンリー・ドーネン
【製作】
スタンリー・ドーネン
【原作】
ピーター・ストーン マルク・ベーム
【脚本】
ピーター・ストーン
【撮影】
チャールズ・ラング・Jr.
【音楽】
ヘンリー・マンシーニ
【出演】
オードリー・ヘプバーン
ケイリー・グラント
ウォルター・マッソー
ジェームズ・コバーン
スコビー
ネッド・グラス
ドミニク・ミノット
【HPサイト】
映画『シャレード(1963)』IMDbサイト
【予告映像】
映画『シャレード(1963)』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『シャレード(1963)』NHK BSプレミアム放送 11月25日(水)午後1時00分~2時55分
    1. 11月25日(水)午後1時00分~2時55分
  2. 映画『シャレード(1963)』のオススメ度は?
  3. 映画『シャレード(1963)』の作品情報・概要
  4. 映画『シャレード(1963)』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『シャレード(1963)』の感想・内容
      1. 長澤まさみさん演じる“毒親”は「サスペンス」色が強い
      2. 何十年前の恋人に思いを寄せられると「サスペンス」ドラマになりそう
      3. ムラ社会自体が「サスペンス」の巣窟だったりして、、、
      4. こんな町ってあったら住みたい「サスペンス」に巻き込まれたい
      5. 小松菜奈さんの微笑みが「サスペンス」です
      6. 政治って「サスペンス」だったんだ
  6. 映画『シャレード(1963)』の結末・評価
      1. まさか息子が犯人?「サスペンス」でないことを祈る家族
      2. ずっと過去の女性にこだわる男って怖い「サスペンス」野郎
      3. 黒沢清監督が「サスペンス」だとわかった映画
  7. 本映画『シャレード(1963)』のヘンリー・マンシーニ
  8. 映画『シャレード(1963)』のキャストについて
  9. まとめ 映画『シャレード(1963)』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11. 合わせて観たい映画
    1. 【オードリー・ヘプバーン主演の映画】
      1. 映画『パリの恋人』
      2. 映画『昼下りの情事』
      3. 映画『ティファニーで朝食を』
      4. 映画『おしゃれ泥棒』
    2. 【ホラー&サスペンス映画オススメ】
      1. 映画『事故物件 恐い間取り』
      2. 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』
      3. 映画『ミッドサマー』
      4. 映画『透明人間』
      5. 映画『ルース・エドガー』
      6. 映画『サイコ (1960年の映画)』
      7. 映画『ナイチンゲール』
      8. 映画『ダーティーハリー』
      9. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      10. 映画『テッド・バンディ』
      11. 映画『私の知らないわたしの素顔』
  12. 映画『シャレード(1963)』の作品情報

映画『シャレード(1963)』NHK BSプレミアム放送 11月25日(水)午後1時00分~2時55分

11月25日(水)午後1時00分~2時55分

オードリー・ヘプバーンです

ケイリー・グラントです

ロマンティック・サスペンス映画の先駆けです

 

スポンサーリンク

映画『シャレード(1963)』のオススメ度は?

3.0

3つです

オードリー・ヘプバーン「細い」

ケイリー・グラントは渋い

年齢差カップル誕生映画

ロマンティック・サスペンス映画の先駆けとなる作品

ジバンシィの衣装提供したことも大きな話題となりました

スポンサーリンク

映画『シャレード(1963)』の作品情報・概要

『シャレード』原題『Charade1963年のアメリカ映画。主演はケーリー・グラントとオードリー・ヘプバーン。世界的な大スター共演で話題になった。ロマンティック・サスペンス映画の先駆けである。フランスのファッションブランド、ジバンシィがオードリー・ヘプバーンに衣装提供したことも大きな話題となった。

スポンサーリンク

映画『シャレード(1963)』のあらすじ・ネタバレ

薄明の線路。列車から人間が投げ出される。「殺人だ」を予告させる冒頭。一転して白いゲレンデのスキー場。お金持ちに嫁いだレジー・ランバート(オードリー・ヘプバーン) は従姉妹をバカンスに来ている。しかし夫と離婚を決意する。理由は夫が「嘘つき」だkら。レジーをじっと見つめる男がいる。ピーター・ジョシュア(ケイリー・グラント) だ。絶妙のタイミングでレジーに近寄る。良い印象を残して去る。パリに戻ったレジーはもぬけの殻となった住まいに驚愕する。さらに夫が殺されている事実にも。夫には秘密がありかつて25万ドルを仲間と強奪したことが明らかになっていく、、、、。

スポンサーリンク

映画『シャレード(1963)』の感想・内容

「楽しんで観ることができる」映画です。もうこの映画はクラシック映画の恋愛物語の代表選手です。ロマンティック・サスペンスという新ジャンルを作りました。その潮流は現在の恋愛映画に多く引き継がれています。まずオードリー・ヘプバーンの美しさに目を奪われます。しかし「痩せすぎ感」が否めません。フランスのファッションブランド、ジバンシィがオードリー・ヘプバーンに衣装提供したことでも話題となりました。劇中のオードリーの衣装チェンジを楽しんでください。

長澤まさみさん演じる“毒親”は「サスペンス」色が強い

本映画『シャレード(1963)』より3年前に長男を出産しています。出産後半年で映画『ティファニーで朝食を』を撮っています。『噂の二人』を挟んで本映画『シャレード(1963)』に出演ですが、いまのハリウッドでは絶対に出演NGになるほどダイエットしていると思います。映画『ノッティングヒルの恋人』でジュリア・ロバーツが言っていますが「10年間ずっと食べたい物を我慢してダイエットを続ける仕事」と言っています。女優やモデルに対して「細いが美」を求める風潮は今でもありますが、最近では少しずつ改善されてきました。やはり命に関係のあることですから。

何十年前の恋人に思いを寄せられると「サスペンス」ドラマになりそう

さて本映画『シャレード(1963)』は映画『昼下りの情事』映画『パリの恋人』同様、年齢差カップル誕生映画です。ヘプバーンは大物俳優と共演して伸びてきました。彼女は『ローマの休日』のグレゴリー・ペックから始まってついに憧れのケイリー・グラントとの共演を果たします。確かに「大物食い」と思われるでしょうが、実際はヘプバーンの魅力がスクリーンを占める割合の方が大きいのではないでしょうか。共演したケイリー・ブラントはもちろんハンサムですし、渋いのです。演技的にも素晴らしいものがあります。でもがあるかないかというとやっぱり女性であるオードリー・ヘプバーンの方が勝ると思うのです。

ムラ社会自体が「サスペンス」の巣窟だったりして、、、

例えば庭先にバラとユリを隣同士に植えると同じような背丈なので双方の魅力は半減します。でもバラとヒマワリを隣同士に植えたのなら双方の持ち味が違いますから、魅力は倍増します。二人は男女の違いがありますし、体躯から放たれるエネルギーも異なりますから、相乗効果として本映画『シャレード(1963)』は上手く成り立ったと思います。結婚して出産したヘプバーンの表情は柔和であることも良い雰囲気を醸し出していると思います。

こんな町ってあったら住みたい「サスペンス」に巻き込まれたい

さて本映画『シャレード(1963)』はロマンティック・サスペンス映画の走りと言って良い作品です。若干コメディ色はありますが、劇中にはアクション、殺人が展開されます。そして最後は恋愛物語として完結します。レジー・ランバート(オードリー・ヘプバーン) はお金持ちと結婚してフランスで優雅に暮らしています。従姉妹とスキーへ出かけてパリの自宅に帰宅すると「もぬけの殻」です。彼女の私物が全部無くなっています。そしてエドアルド・グランピエール警部(ジャック・マラン)に参考人として連行されます。しかも夫が列車から突き落とされて殺害されたことを告げられ、遺体の確認をします。この夫の殺人場面が映画のトップカットなのも意味深です。まだ日が昇る前、薄明の線路をカメラは360度回転して移します。列車が向こうからやってきます。そして死体へと繋がります。謎解きと言えば謎解きですが、この冒頭の場面は特に重要ではないのです。印象としては残りますが、物語の展開にはそれほど意味がありません。たぶん監督のスタンリー・ドーネンはヒッチコックを信望していたので、自身の映画でサスペンス色を出したくてトップカットを撮影したのではないでしょうか。

小松菜奈さんの微笑みが「サスペンス」です

本映画『シャレード(1963)』は「嘘つき」がテーマになっていると思います。登場する人物のほとんどがその素性を偽っています。まず殺された夫、そしてピーター・ジョシュア(ケーリー・グラント)、ハミルトン・バーソロミュー(ウォルター・マッソー)らは二転三転して嘘を繰り返します。その度にレジーナ・ランパートは翻弄されて戸惑う顔の表情で次のシーンへと導いていきます。その表情はちょっと大げさですが、意味深な顔としてはオッケーではないでしょうか。ただやっぱりケイリー・グラントの顔は悪役になりきれないとイメージがあるので「この人は正義の人だよね」と思って観ちゃうのです。そこが勿体無いと感じます。

政治って「サスペンス」だったんだ

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。
スポンサーリンク

映画『シャレード(1963)』の結末・評価

本映画『シャレード(1963)』の結末は実に呆気ないです。悪人だと疑っていたピーター・ジョシュア(ケイリー・グラント) がアメリカ大使館の職員だとわかり、しかも結婚の約束をするところで終わります。「ちょっと待ってよ!」とツッコミを入れたくなります。何故ならばレジー・ランバート(オードリー・ヘプバーン) はつい先日、夫を殺されたばかりです。確かに愛のない結婚生活だったかもしれませんが、この展開は早すぎます。ここは演出の問題だと思いますが、劇中のランバートは熱心にピーター、アダムを誘います。かなり積極的にベッドへ誘います。夫が死んで数日しか経っていないのに。でも、当時の映画製作って現在のようにモラル的な批判、批評をする人もいなかったのでしょう。ヒットすればオッケーなのです。そして世界的大スターのオードリー・ヘプバーンとケイリー・グラントの共演で映画を観る人が喜べば良かったのです。これはこれで歓迎です。今は映画を観る人すべてが「評論家」になっていますから、映画製作する人たちは大変でしょう。

まさか息子が犯人?「サスペンス」でないことを祈る家族

さてさて本映画『シャレード(1963)』には後の大スターになる俳優も出演しています。筆頭はジョージ・ケネディです。この人ほどクセの強く、男臭い役者はいません。『暴力脱獄』ではポール・ニューマンと共演しています。そして『サンダーボルト』ではクリント・イーストウッドとジェフ・ブリッジスと共演して主役を食っちゃうほどの演技を披露しています。本映画『シャレード(1963)』でもその片鱗が伺えます。そしてもう一人、ジェームズ・コバーンです。映画『突撃隊』でスティーブ・マックィーンと対等に渡り合っています。その他、多くの西部劇作品に出ています。演技的はスクリーンの前面には出てきませんが、立ち姿が印象に残る俳優です(ウォルター・マッソーも良い俳優ですが、わたし的にはあまり印象に残る作品がありません)

ずっと過去の女性にこだわる男って怖い「サスペンス」野郎

さて本映画『シャレード(1963)』以降のオードリー・ヘプバーンは『マイ・フェア・レディ』『おしゃれ泥棒』そして『暗くなるまで待って』まで一直線に銀幕を駆け抜けます。『暗くなるまで待って』のサスペンス色はまさに本映画『シャレード(1963)』での経験が生かされている名作だと思います。そう言った意味でも本映画『シャレード(1963)』はヘプバーンのフィルモグラフィーを占うにはとても参考になる映画です。

黒沢清監督が「サスペンス」だとわかった映画

スポンサーリンク

本映画『シャレード(1963)』のヘンリー・マンシーニ

本映画『シャレード(1963)』の音楽は今やアメリカ映画の伝説的な作曲家ヘンリー・マンシーニが担当しています。もうこのサスペンスな旋律は心臓をドキドキさせます。サスペンス映画における音楽のあり方を決定つけた人でしょう。アカデミー賞では1961年『ティファニーで朝食を』歌曲賞、劇・喜劇映画音楽賞を獲得。1962年『酒とバラの日々』歌曲賞を獲得して、本映画『シャレード(1963)』で3年連続の快挙が期待されましたが惜しくも受賞ならずでした。しかしヘンリー・マンシーニ精力的に映画音楽を作り続けた偉大な作曲家です。

スポンサーリンク

映画『シャレード(1963)』のキャストについて

レジー・ランバート(オードリー・ヘプバーン)
ピーター・ジョシュア(ケイリー・グラント)
バーソロミュー(ウォルター・マッソー)
テックス(ジェームズ・コバーン)
スコビー
ネッド・グラス
ドミニク・ミノット

スポンサーリンク

まとめ 映画『シャレード(1963)』一言で言うと!

「ロマンティック・サスペンスって体験してみたい」

たまにそんな気持ちになることがあります。それは日常生活があまりにも単調で「何か面白いことないかなあ」って夢想してしまうのです。一番は誰かと不倫したらとてもスリルがあるのでは?などと。でも不倫がサスペンスになったら最悪ですよね。あくまでも夢想するだけに留まるようにしています。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「クソ人間」「児童失踪2万件(年間)」の韓国の闇を暴く!
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オードリー・ヘプバーン主演の映画】

映画『パリの恋人』

あっと言う間に一流モデルでパリへそして「恋愛」に落ちる

映画『パリの恋人』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンの歌と踊りに大満足できます。
オードリー・ヘプバーン最初のミューカル映画。大スター、フレッド・アステアとの共演。監督はスタンリー・ドーネン。1957年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。映画『パリの恋人』以下のサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。

映画『昼下りの情事』

オードリー・ヘプバーンとゲイリー・クーパーの年齢差の恋愛物語

映画『昼下りの情事』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンとゲイリー・クーパーの年齢差の恋愛物語はリアルか否か?
映画『昼下りの情事』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報の紹介もしています。『昼下りの情事』原題は『Love in the Afternoon』1957年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。小説『アリアーヌ(英語版)』(クロード・アネ著)を原作としている。ビリー・ワイルダー監督作品。ゲイリー・クーパーとオードリー・ヘプバーン主演。『麗しのサブリナ』に次いで2度目となった。主題曲「魅惑のワルツ」も世界的にヒットした。

映画『ティファニーで朝食を』

悪女になりきれないオードリー・ヘプバーン

映画『ティファニーで朝食を』ネタバレ・あらすじ・結末。オードリー・ヘプバーンが可愛すぎて物語に入れない。日本人蔑視の表現あり。
映画『ティファニーで朝食を』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ティファニーで朝食を』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報の紹介をしています。『ティファニーで朝食を』原題『 Breakfast at Tiffany’s』アメリカ合衆国の小説家トルーマン・カポーティによる中編小説を元に1961年映画化された。監督はブレイク・エドワーズ。主演はオードリー・ヘプバーンとジョージ・ペパード。

映画『おしゃれ泥棒』

贋作作家の娘がよりによって泥棒にこいします

映画『おしゃれ泥棒』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オードリー・ヘップバーン「痩せすぎ」『暗くなるまで待って』はさらに痩せることに、、、
映画『おしゃれ泥棒』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オードリー・ヘップバーン「痩せすぎ」『暗くなるまで待って』はさらに痩せることに、、、映画『おしゃれ泥棒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『おしゃれ泥棒』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『おしゃれ泥棒』の作品情報・概要『おしゃれ泥棒』原題『How to Steal a Million』1966年のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー監督のロマンティックコメディ。映画『ティファニーで朝食を』映画『昼下りの情事』映画『パリの恋人』のオードリー・ヘプバーン主演。共演はピーター・オトゥール、ヒュー・グリフィス、シャルル・ボワイエ、『続・夕陽のガンマン』のイーライ・ウォラック。パリを舞台に贋作作家の娘が美術品泥棒と恋に落ちる。衣装、車、小物などのデザインが素晴らしい。

【ホラー&サスペンス映画オススメ】

映画『事故物件 恐い間取り』

中田監督新作は事故物件芸人ホラー

映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。
映画『事故物件 恐い間取り』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。亀梨和也&奈緒&中田秀夫vs松原タニシ「事故映画にさせない」力がある。映画『事故物件 恐い間取り』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『事故物件 恐い間取り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『事故物件 恐い間取り』の作品情報・概要『事故物件怪談 恐い間取り』事故物件住みます芸人・松原タニシによるノンフィクション書籍を映画化。監督は『リング』『貞子』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫。主演はジャニーズ事務所所属で男性アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也。脚本はブラジリィー・アン・山田。テレビ番組の企画に体当たりで挑んだことが松原タニシの「ライフワーク」となっている。事故物件の存在を世に広めた作品。

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』

グアテマラという国の怨念物語

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。
映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。グアテマラの呪われた軍事政権にパンチ!ラ・ヨローナの復讐が始まる。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』の作品情報・概要第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門受賞作品。中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」と軍事政権時代のエフライン・リオス・モントの民族弾圧や虐殺を盛り込んで製作された映画。ホラー&サスペンス映画であるが、実話的要素も強い。監督はデビュー作「火の山のマリア」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したハイロ・ブスタマンテ。主演は同作のマリア・メルセデス・コロイ。2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション部門に出品作品。

映画『ミッドサマー』

新しいジャンル“フェスティバル・スリラー”誕生です

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『透明人間』

姿も形も見えない恐ろしさってどんな感じだろうか?

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『ルース・エドガー』

なんとも言えない「あと味」が残る映画です

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『サイコ (1960年の映画)』

サスペンスの神様と言ったらヒッチコックです

映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。
映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。映画『サイコ (1960年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『サイコ (1960年の映画)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『サイコ (1960年の映画)』の作品情報・概要『サイコ』原題『Psycho』1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。脚本はジョセフ・ステファノ。サイコ・スリラー系のサスペンス映画の代表的な作品。音楽のバーナード・ハーマンの旋律が冴え渡っている。作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。企画にパラマウントが難色を示したためヒッチコックが自己資金で製作。公開されるや全世界で大ヒット。ヒッチコックは破産を免れた。妻・アルマの貢献が高いと言われている。本作の製作工程をのちに映画化した『ヒッチコック』(Hitchcock)もある。

映画『ナイチンゲール』

人種・女性差別を楽しむゲスな人間がいました

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

「サイコパスって?」を世界に広めた映画

映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

レイプと殺人を楽しむクソ野郎です

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『テッド・バンディ』

テッド・バンディ無くしてサイコパスは語れません

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『私の知らないわたしの素顔』

ビノシュの妖艶さが恐ろしさを増長させます

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。
映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレ・あらすじ・感想。ジュリエット・ビノシュに恋したらダメ男になる。フランス最高女優。ラブシーンが美しい。映画『私の知らないわたしの素顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私の知らないわたしの素顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『私の知らないわたしの素顔』の作品情報・概要フランス映画。恋愛サスペンス。原作はカミーユ・ロランス。監督はサフィ・ネブー。主演にフランスの大女優ジュリエット・ビノシュを迎えている。パリの高層マンションで二人の子どもと暮らす美しい大学教授が若い男にフラれて、SNSに没頭し、恋に落ちていく。映画の展開はサスペンス色を抑えながらも突然、事実が明らかになる。しかし再び迷宮へと導いていく。フランス映画独特の表現を継承している秀作である。

 

 

スポンサーリンク

映画『シャレード(1963)』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
スタンリー・ドーネン
製作
スタンリー・ドーネン
原作
ピーター・ストーン マルク・ベーム
脚本
ピーター・ストーン
撮影
チャールズ・ラング・Jr.
音楽
ヘンリー・マンシーニ
レジー・ランバート(オードリー・ヘプバーン)
ピーター・ジョシュア(ケイリー・グラント)
バーソロミュー(ウォルター・マッソー)
テックス(ジェームズ・コバーン)
スコビー(ジョージ・ケネディ)
ネッド・グラス
ドミニク・ミノット
ジャック・マラン
ポール・ボニファ
1963年製作/113分/G/アメリカ
原題:Charade

タイトルとURLをコピーしました